SS速報VIP:浜面「男のくせに、もアウト?女性によるセクハラ5パターン ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1311679781/



1: 2011/07/26(火) 20:29:41.23 ID:0AzC/Fk70

内容
・浜面がアイテムに超セクハラされる話です
・間違ってもアイテムが超浜面にセクハラされる話じゃないです
・そんなに長くない…超中編かもです。
・ネットの記事を見て思いついたものです。


・超台本+説明です
・作者は日本語が超変です、みんなで脳内補完して下さい。
・後、超誤字が多いです、頑張って直すんでミスしたら超すみません。




2: 2011/07/26(火) 20:30:35.20 ID:0AzC/Fk70

~ファミレス~

麦野「浜面ーカルピス持ってきて」

絹旗「あっ!私超ジンジャエールで」

フレンダ「コーラって訳よ!ダッシュで!」

浜面「なんでまとめて言うんだよ!!」

滝壺「大丈夫だよ、はまづらそんな皆から命令されるはまづらを私は応援する」

麦野「オラッ!サッサッといく!」シッシッ

浜面「クッ…」



3: 2011/07/26(火) 20:31:11.02 ID:0AzC/Fk70

学園都市で暗部で働く男。

浜面仕上。

彼が今セクハラで悩んでいる。

「アイテム」では全員上司が女性なのである。

浜面「にしても…みんな扱い酷いよなー」ジャー

浜面「毎日のように嫌がらせしてくるし……」ジャー

浜面「!?」ハッ



4: 2011/07/26(火) 20:31:44.40 ID:0AzC/Fk70

浜面「これってまさか……この前ニュースで見た『女性から男性へのセクハラ』じゃないのか…?」ジャー

浜面「か…確認してみよう…」

ピッ
浜面携帯を取り出しニュースにアクセスするのだった。

浜面「あっ…あった、これだ」

浜面「なになに……」



5: 2011/07/26(火) 20:32:40.81 ID:0AzC/Fk70

「男のくせに」もアウト?女性によるセクハラ5パターン

セクハラ(セクシャル・ハラスメント)といえば、

「男性から女性に対するもの」というイメージが強いかもしれないが、
近年は男性が被害者となるケースも増えているようだ。


そこで、一体どのような場合に『女性から男性に対するセクハラ』が成立するのかについて、


5パターンにまとめてみたので確認してみよう。




6: 2011/07/26(火) 20:33:21.71 ID:0AzC/Fk70

■1:性的な経験や性生活について質問する

職場で休憩時間などに、プライベートなことに話が及ぶことはあるだろう。
もちろん、職場での人間関係を円滑にするために、他愛ない雑談で盛り上がるのはいいことである。

ただし、女性が男性に対して、「ねぇ、A君って彼女いるの?」などと、

女性関係について詮索するのはセクハラに該当するおそれがあります。

特に、相手が回答を渋っているのに、しつこく回答を迫ったり、
さらには「最近ごぶさたなんじゃないの?」なんて質問内容が、

性生活にまで及んでしまったりするのは、限りなく『クロ』に近いケースといえるだろう。



7: 2011/07/26(火) 20:34:28.78 ID:0AzC/Fk70

浜面「性的な質問か…」

浜面「そう言えば……初めて二人っきりに滝壺となった時に…」



~回想~

浜面と滝壺は二人っきりで他のメンバーを待っていた。

滝壺は他のメンバーと違い「切り札」なので滅多に仕事には参加しない。

そのため浜面と二人っきりになる事が多いのだ。

滝壺「ねぇ…はまづら……」



8: 2011/07/26(火) 20:35:03.39 ID:0AzC/Fk70



浜面「え…?なんだ…た…滝壺?」

滝壺「はまづらは彼女とかいる……?」///

浜面「え…いないけど……」

滝壺「……そう……」///



~~終了~~



9: 2011/07/26(火) 20:36:04.39 ID:0AzC/Fk70


浜面「いやいやいやいや」

浜面「滝壺は嫌がれせとかそんなつもりはねーし、むしろ日常会話だと思ってるよ」

浜面「そういう子だよ!俺のかわいいバニーは!」

浜面「だいたい彼女、彼氏聞く位いーだろ…別に!!」

浜面「……俺は嫌だけど……」

浜面「滝壺は…まぁ…滝壺だからな…」




10: 2011/07/26(火) 20:36:54.69 ID:0AzC/Fk70

浜面「だいたい滝壺より酷いのとかもっといるぞ」

浜面「例えばフレンダとかな……」

~~回想~~

フレンダ「ほらっさっさっと来い!」

浜面「クッ」

フレンダはサバ缶の好きな何処にでもいる普通の女の子。

今日もサバ缶を買うため下っ端の浜面を連れ出し、街に来たのである。




11: 2011/07/26(火) 20:38:24.30 ID:0AzC/Fk70

浜面「なんで俺が…こんな事を…」

フレンダ「うるさいわね…あんたはアイテムのパシリなんだからつべこべ言わず働きなさいって訳よ」

浜面「これ仕事じゃないよね!」

フレンダがサバ缶の買い物が終わるとデパートの洋服売り場に来た。

フレンダ「うわー結局この服可愛いって訳よ」キラキラ

浜面「ふぅ……」スタ

浜面はベンチに座る。

浜面「ようやく…休める…」



12: 2011/07/26(火) 20:39:02.19 ID:0AzC/Fk70

フレンダはサバ缶の好きな爆弾使いの何処にでもいる普通の女の子。

洋服を見ていたら1時間…2時間…となってしまうのである。

浜面「おいフレンダ!まだか!もう二時間過ぎたぞ!」

浜面が音を上げる。

フレンダ「うっさいわね…あんた女と付き合ったこと無いでしょ!」



13: 2011/07/26(火) 20:39:50.67 ID:0AzC/Fk70

浜面「な…なんで…関係ないだろ」

フレンダ「女の買い物が長いのは当然でしょ!」

フレンダ「そんな事も分かんないって事は結局付き合ったこと無いって訳よ!」

浜面「うっ……」

フレンダ「ふん!大体…あんたみたいな馬面に付き合える女子なんかそうは居ないんだから!」///

~~終了~~



15: 2011/07/26(火) 20:40:18.94 ID:0AzC/Fk70

浜面「うん、むかつく」

浜面「フレ/ンダにされればいいのに」

浜面「付き合える女子なんかいないって…大声で言うか…」

浜面「でもフレンダはまだ抵抗できるからな…」

浜面「絹旗だったら…無理矢理泣かされてるし…」



16: 2011/07/26(火) 20:40:45.89 ID:0AzC/Fk70

~~回想~~

_映画館_

絹旗「…………」イライラ


浜面「おら、ジンジャエール持ってきたぞ」

絹旗「超遅いです!浜面!」パーンチ

ブン

浜面「な、なんだよ」



18: 2011/07/26(火) 20:43:04.74 ID:0AzC/Fk70

絹旗「この私から一時でも離れるなんて超許しませんよ!」

浜面「お、お前が行かせたんだろ……」

浜面「…なんだよ…何切れてんだよ…」

絹旗「行かせましたけど……早く戻ってきて欲しかったんです……」///


浜面「なんだ…上映時間始まるからか?」

絹旗「クッ……」ムカッ

絹旗「だから女心が分かんないです!浜面のバカ!!」




20: 2011/07/26(火) 20:44:33.82 ID:0AzC/Fk70

絹旗「浜面なんて絶対彼女ができません!」

浜面「なんだよ…大体ガキの気持ちなんて分かったって彼女できねーよ!」

絹旗「えっ…?」

浜面「お前みたいなガキの気持ち分かっても女の気持ちが分かんなきゃ意味ねーだろって言ってんだよ!」

絹旗「…………う」キリッ




21: 2011/07/26(火) 20:45:44.78 ID:0AzC/Fk70

浜面「……………………?」

絹旗「超はまづらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」ナミダメ

浜面「うわあああああああああああああああ」

~~終了~~

浜面「うわー思い出したくないもん」

浜面「あの後映画見れなかった、とかでまた機嫌悪くなるし…」



22: 2011/07/26(火) 20:47:16.82 ID:0AzC/Fk70

浜面「フォローが大変だったからな…」

浜面「結局一生映画に付き合う事で許してくれたけど……」

浜面「なんだ、その制約……?」

浜面「一生俺で遊ぶつもりかよ……」

浜面「いざとなったら絹旗は逆らえないな…」

浜面「でも麦野の方がもっともっと怖い…」




23: 2011/07/26(火) 20:47:47.37 ID:0AzC/Fk70

~~回想~~

麦野と浜面でアイテムの隠れ家で他の三人を待ってた時の
事である。

浜面「はーまだかな」

麦野「……………」

麦野「浜面……」

浜面「あ?何だ?」



24: 2011/07/26(火) 20:49:00.39 ID:0AzC/Fk70

麦野「お、お前さ…彼女いないでしょ…?」

浜面「ブッ」

浜面「な、なんだよ急に!」

麦野「答えろよ…」

浜面「教える義理はね、ねーな」

麦野「……………」ムカ

ビュゥウウン

浜面「ひゃああ」



25: 2011/07/26(火) 20:50:36.95 ID:0AzC/Fk70

麦野「言えよ」

浜面「べ、別にここまでムキにならなくても…」

ビュン

浜面「はぁあああああああああああ」

浜面「危ないよ…」

麦野「言えって言ってんでしょ!!!」


浜面「分かった!分かった!いないいない」

麦野「え……?」



26: 2011/07/26(火) 20:51:05.11 ID:0AzC/Fk70

浜面「浜面仕上には恋人は居ません!」

麦野「……………」

浜面「……………」

麦野「……………」

浜面「……………あの…?」

麦野「アッハハハハハハハハハハハハ」



27: 2011/07/26(火) 20:51:43.36 ID:0AzC/Fk70

浜面「」

麦野「ハッハッハッ」

麦野「だよね~お前みたいな無能力者いるわけないよね~」

浜面「」

~~終了~~

浜面「いや~酷いわ」

浜面「何あれ?」



28: 2011/07/26(火) 20:52:27.57 ID:0AzC/Fk70



浜面「よく人の不幸で笑えるわ…」

浜面「あの後麦野すっげー上機嫌だったし…訳分からない…」

浜面「ここまでチェックすると皆当てはまるな…」


浜面「もっと読んでみるか」




29: 2011/07/26(火) 20:53:06.31 ID:0AzC/Fk70

■2:性的な噂をたてたりからかいの対象にしたりする

本人に直接質問するケースでなくとも、

女性同士で男性社員の性的な話題で盛り上がることでも


セクハラが成立するおそれがあります。

典型例として、
「営業部のB氏ってさぁ何だか童貞くさくない?」「えー私もそう思ってたキャハハ」といったものが挙げられます。



30: 2011/07/26(火) 20:54:43.59 ID:0AzC/Fk70

浜面「………」

浜面「よく……やってるなな…」

浜面「前に滝壺が…」





~~回想~~

あれは浜面が本部で仮眠を取って居た時

別室でアイテムメンバーの会話を聞いた時だ。



31: 2011/07/26(火) 20:55:12.64 ID:0AzC/Fk70

ワイワイ

ガヤガヤ

浜面「……ん…?」

浜面「なんか話してる……?」

浜面「俺の事…?」



32: 2011/07/26(火) 20:55:38.31 ID:0AzC/Fk70



フレンダ「いやーでもさー本当浜面ってばまぬけよねーwwww」

絹旗「本当ですね」



麦野「…………」イラッ

滝壺「どうしたの?むぎの」

麦野「いや……なんでも」



33: 2011/07/26(火) 20:56:11.59 ID:0AzC/Fk70



滝壺「ところではまつらはえっちとかした事あるのかな?」

フレンダ「え?」

絹旗「」

麦野「…………」

滝壺「どうかな?」

フレンダ「いやー浜面は童貞でしょ!」



34: 2011/07/26(火) 20:56:52.22 ID:0AzC/Fk70

絹旗「そ、そうですよ浜面に女性をリードする器量があると超思えません!!」

麦野「……ねーよ」

滝壺「でもこれ」

滝壺はみんなにカードを見せる。

滝壺「これえっちなお店のカードだよ」



35: 2011/07/26(火) 20:57:53.46 ID:0AzC/Fk70

フレンダ「」

絹旗「」

麦野「」

それは浜面がソープ嬢にもらった名刺だった。

滝壺がこっそり抜いてたのである。(性的な意味ではない)

フレンダ「浜面…」

絹旗「超…」


麦野「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね 」

~~終了~~



36: 2011/07/26(火) 20:59:33.96 ID:0AzC/Fk70

浜面「・・・・・・・・・・」

浜面「思い出したくない…」

浜面「あの後麦野がビーム出しながら襲ってきたんだよな…」

浜面「俺が巨乳のソープ嬢から貰った名刺持ちながら…」

浜面「でも名刺見たら大人しくなったんだよな…」

~~~

麦野「今回だけよ…」

~~~

浜面「って…なんでだろう?」



37: 2011/07/26(火) 21:00:26.26 ID:0AzC/Fk70

~~回想~~

フレンダ「たくっ…あと[ピーーー]って訳よ!」

絹旗「ほ、本当です!乙女の部屋にこんな物持ち込むんんて…」

麦野「……」ムカムカ

滝壺「……」チュー

滝壺はオレンジジュースを飲む。




38: 2011/07/26(火) 21:02:31.66 ID:0AzC/Fk70


フレンダ「でもあいつこれだけじゃなくエロ本持ち込んでるじゃない?」

絹旗「え、エロ本ですか?」

麦野「………」

絹旗「仕事場にですか…?」

フレンダ「うんって、訳よ」

絹旗「そこまで…浜面は常識はずれでは…」



39: 2011/07/26(火) 21:03:04.01 ID:0AzC/Fk70

滝壺「バニーの本だよ」

フレンダ「!!」

麦野「!!」

絹旗「!!」

滝壺「部屋に入ったらバニー本があったよ」

麦野「はーまづらぁ」


フレンダ「殺す」

~~終了~~



40: 2011/07/26(火) 21:04:57.50 ID:0AzC/Fk70

浜面「最悪だよ…」

浜面「本屋で買ってきて、どこに置いたか忘れてた」




浜面「バニー本が隠れ家にあるなんて……」



41: 2011/07/26(火) 21:06:40.36 ID:0AzC/Fk70

浜面「その後フレンダは蹴ってきたな~」

浜面「俺が綺麗な足が傷つくから止めろって言ったら」

~~~~

フレンダ「!?」

フレンダ「あんた…私の脚そんな風に見てたの……」

フレンダ「…脚褒めてくれたの…あんただけって訳よ…」////


~~~
浜面「とか言って、やめてくれたな」

浜面「なんだったんだろう…」



42: 2011/07/26(火) 21:07:10.79 ID:0AzC/Fk70

~~回想~~

麦野「気持ち悪いわね~」


滝壺「うん」


絹旗「私達をバニー姿にしてズリネタにしてたんでしょうか…?」

フレンダ「うわっ…」

麦野「やめてよ、気持ち悪い…」



43: 2011/07/26(火) 21:07:46.89 ID:0AzC/Fk70




絹旗「でも超してますよ…絶対!」

滝壺「はまづら、キモイよ」

麦野「浜/面確定ね」

~終了~



44: 2011/07/26(火) 21:08:28.21 ID:0AzC/Fk70

浜面「しねえよ!」

浜面「ここでする訳ねえだろ!どんだけ挑戦者なの俺!」

~~~

絹旗「ズリネタにするんじゃねぇ~」

~~~

浜面「って後で絹旗が来たけど」

浜面「しない、しないお前には絶対しないから!って言ったら」

浜面「余計キレたよ…何だ?反抗期か?」




45: 2011/07/26(火) 21:09:11.26 ID:0AzC/Fk70

~回想~

麦野「たくっ最低な奴ね浜面は!」

絹旗「本当です、乙女の部屋でオナニーするなんて!」

滝壺「………」

フレンダ「そういえば何でこんな奴取ったの?麦野」

麦野「えっ?」

絹旗「そうですね、超気になります」




46: 2011/07/26(火) 21:09:49.90 ID:0AzC/Fk70

滝壺「なんで?」



麦野「……………」

麦野「……………」

麦野「……………」///カッ

麦野「あ、あれよ」

麦野「私達みたいな美人と関わってても勃起しないよな男を選んだのよ」




47: 2011/07/26(火) 21:10:26.92 ID:0AzC/Fk70

フレンダ「え?」

絹旗「」

滝壺「病気…なの?」

麦野「そうそう…中国の宦官みたいなものよ」アセアセ

~~終了~~




48: 2011/07/26(火) 21:11:46.89 ID:0AzC/Fk70

浜面「現役だよ」

浜面「バリバリの現役だよ」

浜面「一日何回してると思ってんだ」

浜面「麦野の奴~変な事いうなよ~」

浜面「あの後滝壺が…




49: 2011/07/26(火) 21:13:03.68 ID:0AzC/Fk70

~~~~~

滝壺「はまづら…大きくならないんでしょ…」////

滝壺「治してあげようか…?」///

~~~~~
浜面「いやいやいやいやいや、滝壺さん落ち着いてよ!」



浜面「本当に麦野に嫌われてんだなぁ…俺…」

浜面「さて…次のチェックをしよう」



66: 2011/07/27(水) 17:08:01.43 ID:vYcadsPH0

■3:性差別的な発言をする

うっかり口に出してしまいがちな性差別的な発言もセクハラの一環です。

例えば

「男のくせにだらしがない」

「そんな女々しいことでどうするの?」といった表現は、

言った側としては相手を奮起させるつもりなのかもしれませんが、

相手の感じ方しだいではセクハラとなりえます。




67: 2011/07/27(水) 17:08:47.81 ID:vYcadsPH0

浜面「へーこれもアウトか」




浜面「俺、よく言われるぜー」



68: 2011/07/27(水) 17:10:21.77 ID:vYcadsPH0

~回想~

あれは麦野に頼まれて滝壺を送っていった時の事だ。

ブロロロロロロロ

浜面(今日は空いてるな…スイスイ行ける)

滝壺「ねー浜面」

浜面「んー?」

滝壺「私になにかあったら助けてくれる?」



69: 2011/07/27(水) 17:11:02.05 ID:vYcadsPH0

浜面「へっ?」

滝壺「どうなの?」

浜面「もちろん助けるよ!任せろ!」

滝壺「はまづら…」///

滝壺「男らしいね…」

浜面「男とか関係ねえよ、俺が俺自身が滝壺を守りたいんだ」

滝壺「はまづら…」///

~終了~



70: 2011/07/27(水) 17:11:32.95 ID:vYcadsPH0

浜面「ちょっと違うかな?」

浜面「でも大体あってる、にゃあ」

浜面「なーんてな」

浜面「HAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA」

浜面「えーとっ……」

浜面「フレンダの場合は…」



71: 2011/07/27(水) 17:12:06.37 ID:vYcadsPH0

~回想~

レストラン_


浜面「お前が飯おごってくれるなんて珍しいな」モグモグ

フレンダ「ふん、別にちょっと小銭が入っただけよ!」モグ

フレンダ「この借りは高くつくって訳よ」




72: 2011/07/27(水) 17:12:42.75 ID:vYcadsPH0




浜面「えっ……」

フレンダ「当たり前でしょ、このご飯代は私をお姫様のようにピンチになったら」

フレンダ「助けてもらうって金って訳よ」

浜面「どういう状況だよ!それ!」

フレンダ「お、王子様とお姫様って訳よぉ……」ゴニョゴニョ////




73: 2011/07/27(水) 17:13:19.46 ID:vYcadsPH0

浜面「ん?なんか言ったか?」

フレンダ「何でもない!」



モグモグ

モグモグ



フレンダ「ところで……女の子に奢られるのって…嫌?」

浜面「へ?」




74: 2011/07/27(水) 17:13:59.46 ID:vYcadsPH0



フレンダ「普通は嫌かなーって思った訳……」

浜面「いやいや、俺はお前達と違って安月給だし助かるよ」

浜面「しかもこんな栄養あって、うまいし」

フレンダ「そう……」エヘヘ///

浜面「本当……」



75: 2011/07/27(水) 17:14:31.87 ID:vYcadsPH0




浜面「麦野もよく奢ってくれるから助かるよ…」











フレンダ「へ?」






76: 2011/07/27(水) 17:15:03.89 ID:vYcadsPH0

浜面「ああ…麦野も最近よく奢ってくれんだ」

浜面「何なんだろうなww」

フレンダ「」

浜面「ハハハ」

フレンダ「…」ズーン

~終了~



77: 2011/07/27(水) 17:15:32.03 ID:vYcadsPH0



浜面「なんか、すっごい落ち込んでたな……フレンダ」

浜面「先越されたとかなんとか…」

浜面「変な奴……」

浜面「絹旗はどうだったっけ?」




78: 2011/07/27(水) 17:16:14.02 ID:vYcadsPH0

~回想~

浜面「なー絹旗なんでこんなに買うんだよ」

絹旗「うるさいですね、超黙って付いて来てください」

浜面達はスーパーに来ている。

なぜか絹旗の買出しに浜面が連れ出されたのだ。

浜面「大体なんで俺が着いて来なくちゃ行けないんだよ」




79: 2011/07/27(水) 17:17:22.27 ID:vYcadsPH0

絹旗「当たり前じゃないですか」

絹旗「浜面は超浜面なんですから、私達の困る事は手伝うのが超当然です」

浜面「みんなそう言って俺の事こき使って…」

絹旗「浜面みたいな役立たずはそれぐらいしか使えませんから」

浜面「俺にプライベートは無いのかよ」

絹旗「…」ムカッ



80: 2011/07/27(水) 17:17:54.46 ID:vYcadsPH0

絹旗「うるさいですね、男の癖にぐちゃぐちゃ言わないで下さい!」







浜面「何だよ…もう…」

~終了~



81: 2011/07/27(水) 17:18:28.86 ID:vYcadsPH0

浜面「絹旗もうぜーな」

浜面「年下の癖になんであんな生意気なんだ」

浜面「大体、無口よりおしゃべりの方がもてるだろ」

浜面「たくっ…」

浜面「麦野はどうだったかな?」




82: 2011/07/27(水) 17:19:09.11 ID:vYcadsPH0

~回想~

麦野「はい、浜面あーん」

浜面「ん?ああ」

パクッ

モグモグ

麦野「美味しい?」

浜面「ああ」



83: 2011/07/27(水) 17:19:50.96 ID:vYcadsPH0

浜面「しかし、麦野っていつもこんな店来てるのか?」

浜面はワインを飲む麦野の話しかける。

麦野「ん?そうよ」

浜面達が来ているのは第五学区の超高級レストラン(個室)。

麦野はドレス、浜面はノーネクタイ+スーツだ。




84: 2011/07/27(水) 17:20:21.36 ID:vYcadsPH0

浜面「すげーなレベル5の財力ってのは」

麦野「何言ってんのよ、はした金よ」

浜面「へへ…なんか悪いな…」

麦野「いいわよ、部下を労うのも仕事だから」



麦野「これで浜面が和むでくれたら奢ったかいがあったわ」ナデナデ

浜面「よ、よせよ照れるじゃねーか」///




85: 2011/07/27(水) 17:20:48.80 ID:vYcadsPH0

麦野「アハハ」

麦野「浜面可愛いじゃない」

浜面「クッ…」///



麦野「でもさ…あんたも男なんだし奢られてばっかりって駄目なんじゃない?」

浜面「へ?」






86: 2011/07/27(水) 17:21:14.89 ID:vYcadsPH0

麦野「あんたも奢りなさいよ」




浜面「」



87: 2011/07/27(水) 17:21:57.67 ID:vYcadsPH0

浜面「いや~そうしてやりたいのは山々何だけど・・・」

麦野「ん?」

浜面「安月給で奢りたくても無いんですよ…」

浜面「飯ぐらいだったら俺が作って食わせてやるけど…」

麦野「ん?浜面料理できるの?」

浜面「まぁ…自立してるし多少はな…」



88: 2011/07/27(水) 17:22:24.20 ID:vYcadsPH0

麦野「ふーん」

麦野「楽しみにしてる」

ギュ

浜面「うわぁ」

浜面「な、何だよ急に!!」

麦野「エヘヘ」////

~終了~




89: 2011/07/27(水) 17:23:05.50 ID:vYcadsPH0




浜面「麦野酔ってたな~」

浜面「もうあれから俺に抱きつきまくりでさ」

浜面「あんまり酒が強くないんだな」





90: 2011/07/27(水) 17:24:00.45 ID:vYcadsPH0









浜面「ここまで全て当てはまる」

浜面「俺ってやっぱ奴隷なんだな」

浜面「誰か解放してくれるリンカーンはいないのか?」



浜面「さて次の項目…」



118: 2011/07/30(土) 14:41:07.07 ID:HNUIUmIa0

■4:身体を執拗に眺めまわす、不必要なボディタッチ

身体を執拗に眺めまわしたり、

不必要にボディタッチしたりするのは、

男性から女性に対するセクハラの典型例です。

これらの行為は、女性から男性であっても、相手に不快感を与える場合はもちろんセクハラ。

筋肉フェチの女性はご用心?また、親愛の情を示すつもりのボディタッチは、


相手が嫌がっていないかどうか注意しましょう。



119: 2011/07/30(土) 14:42:02.82 ID:HNUIUmIa0

浜面「うむ………」

浜面「みんなよくやるな」

浜面「ベタベタ触って来るんだよ」

浜面「自分筋肉質だからね」ドヤッ

浜面「滝壺とかもう…それはそれは…」



120: 2011/07/30(土) 14:42:32.32 ID:HNUIUmIa0

~回想~

サワッ

浜面「わっ!!」

滝壺「………」

浜面「な、なんだよ急に…滝壺…」

滝壺「はまづら…お尻小さい…」



121: 2011/07/30(土) 14:43:01.64 ID:HNUIUmIa0

浜面「はぁ…?」

滝壺「ほら…」

さわさわ

滝壺「きゅってなってる」

浜面「…うっ…やめろよっ…」///

滝壺「なんで?」ナデナデ



122: 2011/07/30(土) 14:43:33.20 ID:HNUIUmIa0

浜面「た、楽しくないだろ?」

滝壺「楽しいよ」ナデナデ

浜面「頼む…やめてくれ…」

滝壺「いいでしょ……減るものじゃ無いんだし…」ナデナデ

浜面「うぅ……」

~終了~



123: 2011/07/30(土) 14:44:03.59 ID:HNUIUmIa0

浜面「…」

浜面「滝壺があんな子だったなんて…」

浜面「なんか…げんなり…」

浜面「…」

浜面「次行くかぁ…」



124: 2011/07/30(土) 14:44:54.97 ID:HNUIUmIa0

~回想~

浜面「あーあちー」パタパタ

浜面「こう熱いと何も考えられねえな」

浜面は隠れ家で留守番してた。

麦野の命令で今日隠れ家に宅急便が来るのだ。

しかしクーラーが壊れて浜面は蒸し暑いのだ





125: 2011/07/30(土) 14:45:30.19 ID:HNUIUmIa0

浜面「駄目だ!脱ごう」

ヌギッ

浜面は上半身裸になった。

浜面「まー夏だし、いいよな」

ピンポーン

そうすると隠れ家のチャイムが鳴った。



126: 2011/07/30(土) 14:45:56.33 ID:HNUIUmIa0

浜面「おっ」

ガチャ

届け物が来たと思いドアを開けたらそこには金髪の少女が居た。

浜面「ん?フレンダか…どうした?」

フレンダ「え!?」

フレンダ「…」

フレンダ「…ちょっと寄りに来たって訳よ…」///




127: 2011/07/30(土) 14:48:38.69 ID:HNUIUmIa0

フレンダは目浜面から逸らす。

浜面「……?」

浜面「まあ…入れよ」

フレンダ「………」

浜面「どうした?」

フレンダ「なんで裸な訳…?」



128: 2011/07/30(土) 14:49:16.64 ID:HNUIUmIa0

浜面「あぁ…暑いんだよ」

浜面「クーラー壊れてるだろ」ビシッ

浜面はクーラーに指をさす。

フレンダ「だからって……」じっー

浜面「あちぃ……」パタパタ




129: 2011/07/30(土) 14:49:45.72 ID:HNUIUmIa0

フレンダ「………」じっー

フレンダ「浜面ちょっと来て」

浜面「ああ?」

浜面「何だよ…」

浜面がフレンダが前の方まで来ると

さわっ…

浜面「ん?…どうした?」

フレンダは浜面の腕を触る。



130: 2011/07/30(土) 14:50:20.19 ID:HNUIUmIa0

フレンダ「浜面…筋肉質ね」

浜面「スキルアウト時代に鍛えたからな」

スキルアウトは能力者と対抗するため

運動選手並みに鍛えている。

そのため浜面は随分と逞しい体をしていた。

モミモミ

浜面「あんま触るなよ」////

フレンダ「……」ゴクリ




131: 2011/07/30(土) 14:50:48.13 ID:HNUIUmIa0

浜面「……どうした?」

ギュ

浜面「!?」

浜面「フレンダ?」

フレンダは浜面の胸に飛び込んできた。

スリスリ

フレンダ「はぁ~安心するぅ~って訳ょ~」//

浜面「…おい、暑いぞフレンダ」

~終了~



132: 2011/07/30(土) 14:51:48.92 ID:HNUIUmIa0

浜面「あの時はなんだったんだ?」

浜面「暑苦しくて敵わないぜ」

浜面「それ言ったら…」

~~~

フレンダ「涼しい所行く?」

~~~

浜面「……って…よく分かんないな」

浜面「さて…絹旗はひどかった…」



147: 2011/07/30(土) 18:19:31.96 ID:HNUIUmIa0

~回想~

それはアイテムの宴会の時だった。

仕事が終わり皆で打ち上げしようと飲み食いした。

麦野「はぁ~」

フレンダ「アハハハハハハ」

滝壺「zzzzzzzzzzzz」

絹旗「////////////」

浜面「」



148: 2011/07/30(土) 18:20:35.19 ID:HNUIUmIa0

麦野が酒を持ってきて皆で飲み

全員酔いつぶれてた。

麦野はテンションが下がり

フレンダは寝ながら笑ってるし

滝壺は寝てるし

絹旗はなんだか顔赤いし

浜面(みんなそんなに強くないんだな~)クイッ

浜面がチューハイを口に注ぐと

絹旗が肩に寄りかかってきた。



149: 2011/07/30(土) 18:21:18.72 ID:HNUIUmIa0

浜面「おい、大丈夫か?」グイグイ

絹旗「はぁ~」////

浜面「絹旗…」

浜面(中坊に酒はきついか…)

ギュッ

浜面「!?」

絹旗「・・・・・・・」////

浜面「き、きぬはた?」

絹旗の右手は浜面の股間を触った。

浜面「絹旗、手どけろって…!」



150: 2011/07/30(土) 18:22:14.45 ID:HNUIUmIa0

絹旗「ん」

モニュ

浜面「」

モニュモニュ

絹旗「柔らかい…」

浜面「絹旗酔ってるんだな?」

絹旗「…」

浜面「止めてくれよ」

絹旗「う…るさいです」

絹旗「超…窒素装甲…くらいたくなかったら黙ってて下さい…」モニュ



151: 2011/07/30(土) 18:22:51.37 ID:HNUIUmIa0

浜面「…」

浜面は絹旗の目がマジだったので何も言えなかった。

絹旗は暫く浜面の男性器を優しくいじくり

絹旗「はぁわ…」

絹旗「硬くなって来ました…」

など呟いた。

その内アイテムのメンバーが気づき




152: 2011/07/30(土) 18:23:25.98 ID:HNUIUmIa0

フレンダ「アハハ、絹旗ー浜面で遊んでるの?」

フレンダ「入れてよ!」

そう言い浜面の左腕を掴んだ。

浜面「フレンダ?」

フレンダ「……ん」ゴソッ

フレンダは浜面の服に手を入れると

浜面の乳首をつまんだ。

キュ

フレンダ「アハハ、結局乳首立ってるじゃない」




153: 2011/07/30(土) 18:24:24.89 ID:HNUIUmIa0

浜面「なっ…」///

浜面は恥ずかしくなってきた。

女の子二人に言い様にされているこの状況が。

麦野「浜面、万歳しなさい」

浜面「へ?」

麦野「万歳だよ、早く」

浜面「……?」

言われたとおりすると後ろから麦野にシャツを脱がされた。

浜面「な、何すんだよ!」



154: 2011/07/30(土) 18:24:54.45 ID:HNUIUmIa0

麦野「…いい体ね」ナデ




浜面「寒いんだけど…」

麦野「……」

麦野「じゃあ温めてあげる」

ギュ

浜面(ええええええええええええ)




155: 2011/07/30(土) 18:25:30.82 ID:HNUIUmIa0

麦野は浜面を後ろから抱きついた。

そして自分の胸を浜面の頭に乗せた。

麦野「…暖かい?」

浜面「」

フレンダ「………」




156: 2011/07/30(土) 18:25:59.86 ID:HNUIUmIa0

フレンダは上半身が露になった逞しい体をみて

ムラムラしてきた。



チュッ

浜面の乳首に口付けする。



157: 2011/07/30(土) 18:26:34.21 ID:HNUIUmIa0

浜面「ンッ!?」

フレンダ「ぺろぺろ」

フレンダは浜面の左の方の乳首をなめ始めた。

浜面「フレンダ…くすぐったい…」

フレンダ「興奮してくれないって訳?」ペロ

上目遣いでなめ続ける。

浜面「・・・・・・・・・・・」




158: 2011/07/30(土) 18:27:19.72 ID:HNUIUmIa0

気がつくと浜面のズボンは大きく膨れ上がっていた。

三人は興味深深にそれをさわる。

絹旗「すごい…です…」モニュ

フレンダ「ほー若いって訳よ」ツンツン

麦野「ふーん」

三者三様の行動を見せる。

浜面「…」

チュ

麦野が軽く浜面の頬に口付けする。



159: 2011/07/30(土) 18:27:46.92 ID:HNUIUmIa0

麦野「浜面、ズボン脱げよ」

浜面「へ?」

麦野「それとも脱がされたいの?」

浜面「う……」

カチャ

浜面は言われるがままベルトをはずし

ズボンのボタンを取る。

ザッ

ズボンを下ろすと浜面のシンボルが出てきた。




160: 2011/07/30(土) 18:28:50.56 ID:HNUIUmIa0

絹旗「はぁ…」

フレンダ「…グロイわね…」

麦野「普通こんなもんよ」ツンッ

クイッ

シンボルが動く。

浜面「…っ」

絹旗「出してもいいんですよ」ニギュ

浜面「そうか…?」



161: 2011/07/30(土) 18:29:22.82 ID:HNUIUmIa0

絹旗「はい」

浜面「ていうかもう限界なんだけど…」

絹旗「超出してください、せーし」グイ

浜面「うぁ!!」ビクッ

絹旗は尿道に爪を立てると

元気よく精子が出た。



ビュッ

ビュッ



フレンダ「…」



162: 2011/07/30(土) 18:30:08.40 ID:HNUIUmIa0

麦野「一杯でたわね…」

絹旗「ですね…」

浜面「う…っう…」ビクッ

ペロ

絹旗「あんまり美味しくないです…」

絹旗は浜面のシンボルを握って、手付いた精子を舐める。

麦野「…そうね」ペロ

フレンダ「浜面の汗の方が美味しいって訳よ…」ペロ




163: 2011/07/30(土) 18:30:37.61 ID:HNUIUmIa0

浜面「…っ…はっ…」ビクッビクッ

麦野「はぁ~」

麦野「眠くなっちゃった、私寝るわ」

フレンダ「私も~」

絹旗「浜面、自分で出したものは自分で片して下さいね」ペロ

絹旗は手に付いた精子を舐める。

スッ

浜面「…ん…んっ…」ビクッビクッ


~終了~



164: 2011/07/30(土) 18:31:06.11 ID:HNUIUmIa0

浜面「うう…」

浜面「男の裸が珍しいからっておもちゃにしやがって…」

浜面「酷いぜ」

浜面「あの後下半身丸出しの所を滝壺に見られたし…」

浜面「…」

浜面「…次行こう」




165: 2011/07/30(土) 18:31:37.38 ID:HNUIUmIa0

~回想~

浜面「zzzzzz」

浜面「zzzzzzzzz」

浜面「zzzzzzzzzzzzz」


モニュ

浜面「んんっん」

モニュ

浜面「んー」



166: 2011/07/30(土) 18:32:05.74 ID:HNUIUmIa0

モニュ

??「起きろよ」

モニュ

浜面「え…?」

モニュ

??「寝ぼけてんの?」

???「たくっ、しょうがないわねー」

シュッ 

シュッ

浜面「んっぅ・・・?」



167: 2011/07/30(土) 18:32:39.94 ID:HNUIUmIa0

浜面が目を開けると

麦野が隣に寝ていた。

浜面「麦野…?何やってんだ?」

麦野「ああん?夜這いだよ」

浜面「冗談はいいから…」

麦野「冗談じゃないわよ、ここ気持ちよくしてやるから」

浜面は下半身は何も穿いていない

麦野は浜面の股間を触り、言った。

浜面「なっ…?」



168: 2011/07/30(土) 18:33:11.80 ID:HNUIUmIa0

麦野「固くなってきたじゃない♪」モニュ

浜面「よ、よせよ」

麦野「言う事聞かないって事?」モニッュ

麦野は少し強く男性器を握る。

浜面「え…?」

麦野「取っちゃうよ…」

陰茎に爪を立てる。

浜面「う…悪い…」



169: 2011/07/30(土) 18:33:38.43 ID:HNUIUmIa0

   





麦野「…うそよ、そんな事しないわよ」

浜面「本当かよ」

麦野「私の大切な物だもん」///

浜面「………?」



















170: 2011/07/30(土) 18:34:15.77 ID:HNUIUmIa0

二人は密着し合っていた。

その中で麦野は真剣に浜面のシンボルを握っていた。

浜面はそんな麦野をみている。

浜面(随分楽しそうだな…)

と感心してるとある事に気づく。




麦野の胸部が露になったのだ。




171: 2011/07/30(土) 18:34:42.30 ID:HNUIUmIa0

浜面「!?」

豊かな胸部の谷間に目が行き興奮してしまった。

グィ

男性器が大きく動く。

麦野「!?」

麦野は驚愕し、浜面の方を見る。

麦野「どうしたの?」



172: 2011/07/30(土) 18:35:09.49 ID:HNUIUmIa0

浜面「え…いやっ…」

浜面は目をそらせる。

しかし麦野は気づいてしまった。

自らの胸部が露出していた事を…

麦野「はまづーらぁ、私の胸見たろ…」

浜面「いや…」

麦野「証拠はあるんだよ!さっきよりでけえじゃねえか!」

さらに男性器を強く握る。

浜面「う…」



173: 2011/07/30(土) 18:35:36.87 ID:HNUIUmIa0

麦野「そんなに見たいの?」

浜面「っ…」

麦野「見せてやるよ」

浜面「え…?」

ヌギッ

麦野はTシャツを脱ぐと薄い紫の下着が出てきた。



174: 2011/07/30(土) 18:36:50.83 ID:HNUIUmIa0

浜面「…」

麦野「これでいい?」

浜面「…」

麦野はもう一度浜面のシンボルを触った。

優しく…軽く…


ツンッ

浜面「んっ…うっ…」

麦野「え?」

ビクッ

ビクッ

浜面「はっ…っ…」ビクッ




175: 2011/07/30(土) 18:37:21.91 ID:HNUIUmIa0

麦野「…何よ…もう出たの?」

浜面「うぅ…」ビク

麦野「下着に精子がかかったじゃない…」

浜面「……うっ」ビクッ

麦野「ちゃんと後で洗いなさいよ」ビシッ

浜面「……うっ…っ」

~終了~



176: 2011/07/30(土) 18:37:48.93 ID:HNUIUmIa0

浜面「麦野こえー」

浜面「あの後本当に洗濯させられたよ…」

浜面「男に普通やらせるか?」

浜面「男として満たないんだな…」


浜面「…」

浜面「さて最後の項目だ」




195: 2011/08/01(月) 12:00:06.07 ID:ueJUGhpS0

■5:プライベートに誘う

最近は『肉食系女子』『草食系男子』という言葉があるように、

女性のほうが恋愛に積極的な傾向があります。

職場の男性を好きになって、アプローチをかけることもあるかもしれません。

相手の男性もまんざらでもないというのであれば問題はないのですが、

そうでない場合はセクハラが成立するおそれがあります。

特に、女性が上司という場合には、男性が断りづらいために心理的負担が大きく

、セクハラ以外にもパワハラ(パワー・ハラスメント)の問題も生じます。

また、誘いを断られたことの腹いせに、その男性を職場で無視したり、不利に扱ったりすることは当然ながらご法度です。




196: 2011/08/01(月) 12:00:32.65 ID:ueJUGhpS0

浜面「…」

浜面「断れない…」

浜面「そう、断れないんだよな」

浜面「滝壺でも断れない…」




197: 2011/08/01(月) 12:01:14.04 ID:ueJUGhpS0

~回想~

二人はレストランに来ていて

その帰り道の時だ。

滝壺「ごめんね、はまづら」

滝壺「着いて来て貰って」

浜面「いや…かまわないぜ…」

滝壺「……」




滝壺「はまづら、もう一つ付き合って…欲しいんだけど…」

浜面「…?いいけど…」



198: 2011/08/01(月) 12:01:50.35 ID:ueJUGhpS0

滝壺「じゃあ目をつぶって…」

浜面「…?」

パチッ

目を瞑る浜面。

滝壺「絶対に目を開けないで」

ギュ

滝壺は浜面の手を握る。



199: 2011/08/01(月) 12:02:40.50 ID:ueJUGhpS0

浜面「おい、滝壺…」

滝壺「着いてきて…」

浜面は滝壺に言われるがままに歩かされ、階段を登ったりすると

カチャ

浜面(ん…?どこかに入った?)

滝壺「はまづら、目開けて……」

浜面「ん?」

浜面が目を開けるとそこはキラキラと光る薄暗い

部屋だった。



200: 2011/08/01(月) 12:03:06.72 ID:ueJUGhpS0

浜面「ここは…?」

滝壺「ホテルだよ…」

浜面「へ?」

滝壺「はまづら…しよ…」///

ギュ

滝壺は浜面に抱きつく

浜面「!?」



201: 2011/08/01(月) 12:03:51.34 ID:ueJUGhpS0

滝壺は浜面の胸に耳を当てる

滝壺「はまづら…ドキドキしてる…」

チュ

滝壺は浜面に口付けする。

浜面「////」

ドサッ

滝壺はそのまま浜面をベットの上に押し倒した。

浜面「た…滝壺…」

滝壺「優しくするね…」ナデ




202: 2011/08/01(月) 12:04:39.15 ID:ueJUGhpS0

滝壺はゆっくり浜面の服を脱がし始めた。

浜面「…ん…ん」

浜面は自分の肌に触れる滝壺の手に興奮してしまった。

滝壺がズボンを脱がそうとする時は浜面のシンボルは大きくなっていた。

滝壺「大きいね」モミ

浜面「んっ…」

そしてズボンと下着を脱がし、浜面のシンボルが出てきた。




203: 2011/08/01(月) 12:05:41.52 ID:ueJUGhpS0

滝壺「……」ツン

滝壺は好奇心からその奇妙な物体に触れてみる。

浜面「うッ……」

滝壺はジャージと下着をを脱ぐと

浜面のシンボルを持って滝壺の大切な所へ挿入した。

浜面「な、生はまずいって…」

滝壺は浜面の言葉に耳を貸さず、行為に夢中になる

滝壺「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」




204: 2011/08/01(月) 12:07:15.01 ID:ueJUGhpS0

興奮した滝壺勢いよく腰を揺らす。

浜面「んっ…っ…」

滝壺「んっ……」グチュ

浜面「もう…でるっ…」

滝壺「んっ…んっ?」グチュグチュ

浜面「滝壺っ…やばいって…っ」


滝壺「あっ…はぁ…」グチュン



205: 2011/08/01(月) 12:08:07.18 ID:ueJUGhpS0

浜面「!?」

ドピュ

ドピュ

滝壺「んんっ……ん~っ」ピシュピシュ

滝壺「で……でてる…」

浜面「はっ…あっ…」

浜面「……」

浜面(な…中で出しちゃった…)

滝壺「はまづらぁ…」///




206: 2011/08/01(月) 12:09:05.63 ID:ueJUGhpS0

浜面「た…たきつぼ…」

滝壺「はまづら…」

二人は繋がったまま話す

滝壺「もう一回…」///

浜面「」

~終了~



207: 2011/08/01(月) 12:10:30.90 ID:ueJUGhpS0

浜面「…」

浜面「セクハラだ」

浜面「完全にセクハラだ」

浜面「…ひどいー」

浜面「でも…2人で来た絹旗とフレンダよりは…」



219: 2011/08/01(月) 17:19:44.44 ID:ueJUGhpS0

~回想~

あれはフレンダが浜面を誘い

バーに飲みに行った時の事。

浜面「ほら、ちゃんとしろよ」

フレンダ「もう~歩けないって訳よ~」////

浜面「おい、大丈夫か?」

フレンダ「おぶって欲しい…訳よ…」///

浜面「あーもー仕方ねーな」

ガシッ

フレンダ「あんっ」////



220: 2011/08/01(月) 17:20:17.38 ID:ueJUGhpS0

ガチャ




浜面「ん?絹旗もいたのか?」

絹旗「はい」ペラッ

絹旗は雑誌のパンフレットをめくる。

絹旗「最近はフレンダの所に泊まってます…」

浜面「…」

浜面(まさか…この前一緒にホラー映画観たからじゃないよな…)




221: 2011/08/01(月) 17:20:53.24 ID:ueJUGhpS0

絹旗「…」ペラッ

フレンダ「ふにゃ…」///

浜面(こんな時間まで起きてるのもねぇ……)

絹旗「…」ペラッ

浜面「おーらフレンダ!ベットに運ぶぞ」

フレンダ「うん…お願い」

絹旗「…」




223: 2011/08/01(月) 17:21:21.20 ID:ueJUGhpS0

~フレンダの寝室~

浜面「よいしょっと…」

パフゥ

フレンダ「うーん」

浜面「ん?枕が二つある…」

フレンダ「絹旗と…ねてんのよ…」

浜面「……」

浜面(マジか…)

浜面「じゃあ…俺帰るわ…」



224: 2011/08/01(月) 17:22:06.09 ID:ueJUGhpS0

フレンダ「ふぇ?泊まっていきなさいよぉ…」ガシッ

服を引っ張るフレンダ。

浜面「……どこに寝るんだよ」

フレンダ「ここでいいっじゃん…」

浜面「はぁ?」

フレンダ「お礼って訳よ」グイッ

チュッ

浜面「!?」



225: 2011/08/01(月) 17:22:34.16 ID:ueJUGhpS0

チュッバ

チュプ

チュプ

チュッポン

フレンダ「はぁ~」///

浜面「お…い…やめろっ…」

ドンッ

浜面は気づいたら押し倒されていた。

フレンダ「…」ニヤッ



226: 2011/08/01(月) 17:23:13.85 ID:ueJUGhpS0

フレンダは服を脱ぎ上半身裸になり、

自分の乳房を浜面の右手に当てさせた。

フレンダ「そんなことぉ…っ…」ムギッ

フレンダ「いえるの…んぅ…」ムギュ

浜面「んっ…」////



ビンッ

浜面の下半身が反応してきた。

フレンダ「う…ぅん…体は正直…」




227: 2011/08/01(月) 17:23:42.86 ID:ueJUGhpS0

絹旗「何してるんですか!」







フレンダ「!?」

浜面「!?」



228: 2011/08/01(月) 17:24:29.08 ID:ueJUGhpS0

絹旗「浜面といちゃいちゃして…私も超混ぜてください!」

フレンダ「…」

フレンダ「いいわよ…絹旗」

フレンダ「おいで…」

絹旗「はい」

絹旗はベットに上がり浜面の顔へと座った。

絹旗「まずはちゅーして下さい」

浜面「え…?」

チュ

チュプ

チュプぅ

チュパ

絹旗「はぁ…はぁ…」



229: 2011/08/01(月) 17:25:38.53 ID:ueJUGhpS0

浜面「はっ…はっ」

フレンダ「んっ…んぅ…」クニュ

乳首を摘ませるフレンダ。


浜面「よ…よせよお前たち…」

絹旗「…」カチン

絹旗「生意気ですね、浜面の癖に!」

フレンダ「けっきょく…そうってわけよ~」ギシギシ

フレンダ興奮して腰を動かし始めた。




230: 2011/08/01(月) 17:26:21.08 ID:ueJUGhpS0

絹旗「罰です!」

絹旗「舐めて下さいね!」

絹旗は下着を脱ぎ、下半身を露出させ浜面の顔に座った。

浜面「んっ…!?」

浜面「ふがふが」

絹旗「あぁ…ん…しゃ…しゃべらないで下さぃ…」////

フレンダは浜面のズボンを脱がし

浜面のシンボルを出した。

フレンダはそれを持ちフレンダの大切な所へ入れた。

フレンダ「んっ…うっ…」グイッ



231: 2011/08/01(月) 17:27:04.23 ID:ueJUGhpS0

浜面「…むががああ?うえうだ」

絹旗「はぁっ…はぁっん…」

絹旗「…」///

絹旗「しゃ、しゃべらないで下さい…」////

フレンダ「あっ…ん…」

ギシッ

フレンダ「はぁ……はぁ……」

ギシッギシッ

フレンダ「はぁああん」

グッ




232: 2011/08/01(月) 17:28:44.34 ID:ueJUGhpS0

浜面「ん」

絹旗「あぁ…んっ」///

ビシュ

ビシッ

ビシュ

フレンダ「……んっ……っ~」///

フレンダ「はぁっ~~でたぁ~」///





233: 2011/08/01(月) 17:29:13.55 ID:ueJUGhpS0

浜面「な…中はまずいでしょ…」

フレンダ「細かいわね…どうでもいいでしょ…」

絹旗「…」

フレンダ「絹旗?」

絹旗「浜面!」

絹旗「私にもして下さい!」

浜面「」

~終了~



234: 2011/08/01(月) 17:29:41.92 ID:ueJUGhpS0

浜面「…」

浜面「フレンダ…酷いよ…」

浜面「…二人は酷いな~」

浜面「あの後さ…絹旗もやったし…」




235: 2011/08/01(月) 17:30:08.59 ID:ueJUGhpS0

~回想~

浜面「えっ…いや…」

浜面「ゴムないし…」

絹旗「いいです!そんなの早く!」

浜面「だめっ…だ___

ゲシッ

絹旗は浜面のシンボルを踏んだ。

浜面「!?」

絹旗「フレンダは良くて私は駄目なんですか?」ゲシッ




236: 2011/08/01(月) 17:31:03.66 ID:ueJUGhpS0

浜面「うっ…んっ…」ビンッ

絹旗「ふふーん、硬くなりましたね♪」

浜面は下半身は何も穿いてない絹旗を見て
そうなったのだ。


浜面「うっんん……」

絹旗「~~♪」

ガシッ

絹旗は浜面を抱きしめてそのまま

浜面を上にした。

絹旗「挿入してください」

浜面「えっ…?」



237: 2011/08/01(月) 17:31:42.14 ID:ueJUGhpS0

絹旗「早くしてください…」

グチュ

絹旗「あっ…っ…」

浜面は絹旗の言われたとおり自らのシンボルを

絹旗の性器にいれた。

ゆっくり

ゆっくり

ゆっくり

奥まで入れた。

絹旗「あっん…はぁっ…」




238: 2011/08/01(月) 17:34:47.23 ID:ueJUGhpS0

絹旗「おっぱい…なめてください…」

浜面「ああ…」

浜面は言われるがまま絹旗の乳首をなめる。

ペロッ

絹旗「んあっっ」ビクッ

ぺロぺロ

絹旗「はぁっ…はぁ」

チュパ

絹旗「んっ…んっ」



239: 2011/08/01(月) 17:35:41.59 ID:ueJUGhpS0

浜面「動いていいのか…絹旗?」

絹旗「はい…動いてください…」

ギシッ

絹旗「あん」

ギシッギシッ

絹旗「あっ…あっん」

ギシッギシッギシッギシッギシッギシッ

グッ

絹旗「ん」

ドピュ

ピュ

ピュ

絹旗「あ…っん…っ……っはぁ…ん…」////



240: 2011/08/01(月) 17:36:08.53 ID:ueJUGhpS0

浜面「これでいいのか?」

絹旗「はい…」///

絹旗「では…浜面これから一緒に寝ましょう」

浜面「」

~終了~



241: 2011/08/01(月) 17:36:35.37 ID:ueJUGhpS0

浜面「絹旗も強引だな」

浜面「無理矢理抱かせるなんて…」

浜面「でも理不尽さでいったら…」

浜面「むぎのなんか…」




280: 2011/08/02(火) 17:12:29.19 ID:qC0hwI0I0

~回想~

浜面が麦野を家に送って言った時の事だ

ガチャ

浜面「ほら着いたぞ麦野」


麦野「ん?」

麦野「あーありがと」




281: 2011/08/02(火) 17:13:10.42 ID:qC0hwI0I0

麦野「ん…」

クンクン

浜面「え…?どうした?」

麦野「くっせーな!はまづらぁ!」

浜面「へ?」

麦野「風呂貸してやるから入って来い!!」

浜面「え?」

麦野「いいから入ってこーい!!!!!!!!」

バキューン

浜面「はぃいいいいいいいいいいいい」

ダッダッダッダッダッ

麦野「…」

麦野「…」ニヤリ



282: 2011/08/02(火) 17:13:39.57 ID:qC0hwI0I0

~風呂~

浜面「なんだ…あれは…」ゴシッ

浜面「機嫌悪いのかなぁ…」ゴシッゴシッ

浜面は麦野の言われた通り

体を洗う。

浜面「…」ジャー

ガチャ

麦野「浜面ー?」ヌギッ



283: 2011/08/02(火) 17:14:33.32 ID:qC0hwI0I0

浜面「あ?何だ麦野?」

麦野「体洗った?」ヌギッ

浜面「おう、洗ったぞ」

麦野「そう…じゃあ…私も洗って」

ガラッ

浜面「…はいっ?」

浜面の前には全裸の麦野が立っていた。

麦野「…」プルッ

豊かな胸部や下半身を一切隠さず

浜面の前に立ったのである。

浜面「…」

麦野「どきなさいよ」



284: 2011/08/02(火) 17:15:16.60 ID:qC0hwI0I0

浜面「ああ…」

麦野は浜面の座ってた椅子に座る。

浜面「…」ゴクッ

浜面はその綺麗な白い肌に見とれた。

麦野「…」

麦野「何してるの…?早く洗いなさいよ…」

浜面「へ…?」




285: 2011/08/02(火) 17:15:56.40 ID:qC0hwI0I0

麦野「早くして」

浜面は言われた通りタオルにボディーソープを付け

麦野の背中を洗い始めた。

ゴシッ

ゴシッ

ゴシッ

浜面は背中を丁寧にやさしく洗う

麦野「終わった?」

浜面「あ…ああ」

麦野「じゃあ、前もお願い」



286: 2011/08/02(火) 17:17:10.02 ID:qC0hwI0I0

浜面「ええっ?」

麦野「は・や・く」

浜面は前からだと自らのシンボルが機能してしまうため

後ろから抱きついた。

ギュ

麦野「!?」

麦野「…」///

麦野は浜面のシンボルが背中に辺り

頬を赤らめた。




287: 2011/08/02(火) 17:17:50.72 ID:qC0hwI0I0

浜面はタオルにボディーソープをつけようと

すると……

麦野「待って」

浜面「!?」

麦野「肌が傷つけない様に手で洗いなさい」

浜面「え…?ああ…」

ぬるっ

手にボディーソープ付け麦野に触る。



288: 2011/08/02(火) 17:18:57.93 ID:qC0hwI0I0

麦野「あ…っ」

クチュ

乳房を両手で包み撫でる。

クニュ

麦野「んっ…っ…」

少し胸を揉む。

クニュ

浜面「…」

クニュ

浜面「…」

クニュ

麦野「っ……はぁっ…っ…」

そして少し乳首を摘む

キュ

麦野「っう…っあんっ……!」



289: 2011/08/02(火) 17:19:34.74 ID:qC0hwI0I0

浜面「……」

麦野「はまづーらぁ…」///

浜面「ん?」

麦野「こっちも…」

麦野は股を開いた

浜面「…」ゴクッ

スッ

麦野「…っ…」

クチッ

麦野「あっ…んっ…」

クチュ

麦野「あっ…っっ…」



290: 2011/08/02(火) 17:20:13.75 ID:qC0hwI0I0

麦野「はまづらぁ」///


浜面「ああ…?」

麦野「抱っこ…して」

浜面「ん…っ」

スイッ

浜面は麦野を持ち上げて尻を触りながら

自分の下腹部へ座らせた。

麦野「ん?」

麦野は浜面に座ると違和感を感じた。




291: 2011/08/02(火) 17:20:50.42 ID:qC0hwI0I0


そう

浜面のシンボルが絶頂に達してたのである。





292: 2011/08/02(火) 17:21:45.11 ID:qC0hwI0I0

麦野「はまづらぁー」

浜面「あ?」

麦野「XXXでかくなってんじゃねーか」ニギュ

浜面「んっ…っ」

麦野「入れなさいっ…」

浜面は麦野を持ち上げ麦野の大切な所へ挿入する。

麦野「んっ…んっ…んん」クチュ

浜面「ん…っ…ぅ…」

麦野「動いて…」




293: 2011/08/02(火) 17:22:26.84 ID:qC0hwI0I0

男性のシンボルが入るきるとこういった。

グチュ

麦野「はっ…んっ」

グチュグチュ

麦野「んっ…あんっ…」

グチュグチャグチュ

麦野「はぁっ…はぁっ…ああん」

浜面「で…でる…」



294: 2011/08/02(火) 17:22:57.90 ID:qC0hwI0I0

麦野「いいよ…なかで…っ…」

浜面「え?」ビクッン

ドクン

ドクン

ドクン

麦野「っ…ふぅ…ふぅ…」

浜面「…っ…うっ」




295: 2011/08/02(火) 17:23:25.51 ID:qC0hwI0I0

麦野「早いわよ、浜面」

浜面「え?」

麦野「次はベットでしなさいよ」

浜面「」

~終了~



302: 2011/08/02(火) 17:43:02.40 ID:qC0hwI0I0

~終了~

浜面「酷いな~」

浜面「もうこれは立派なセクハラだ」

浜面「よし!訴えてやる」

ダッ

浜面「お前達!」ビシッ

麦野「はまづらぁ、遅いわよ」

絹旗「超遅いです!」

フレンダ「遅いって訳よ」

滝壺「遅いはまづらは応援できないよ」///




303: 2011/08/02(火) 17:43:40.87 ID:qC0hwI0I0

浜面「コレを見ろ!そして神妙にお縄に付け」

ケータイを見せる。

4人「はぁ?」

読解中

4人「…」

4人「…」

4人「…」

4人「…」

終了

浜面「どうだ!お前達訴えてやるからな!」




305: 2011/08/02(火) 17:44:19.98 ID:qC0hwI0I0

4人「…」

浜面「えっ…?」

浜面「どうしたの…?」

麦野「よーするに浜面は私達からエッチな事されるのが嫌だったんだ…」ゴゴゴ

浜面「えっ…?」

フレンダ「あーんな大きくしてたのに…」ゴゴゴ

浜面「あのっ…?」

絹旗「まあいいです…調教すればいいだけですから」ニコッ




306: 2011/08/02(火) 17:44:53.31 ID:qC0hwI0I0

麦野「フレンダ!ホテル予約して」

フレンダ「分かったって訳よ」

浜面「……」タラタラ

滝壺「はまづらぁ?大丈夫だよ…皆優しくしてくれるよ」////

フレンダ「さっさっと行けって訳よ」ゲシッ

麦野「アハハ、今日はパーティーだぁ」

浜面「えーと」

浜面「不幸だぁあああああああああああああああああ」

おわり




307: 2011/08/02(火) 17:46:05.84 ID:qC0hwI0I0

おまけ

浜面「てな訳なんだよ…不思議だろ?」

上条「そうだな…不思議だよな」

一方「分かンねェな」


浜面「女って言うのは男にいたずらしたいものなのかな?」

上条「そうだな俺もインデックスに俺が寝てる時騎上位させられたし」

上条「御坂にホテル一緒に入らされたり…」



308: 2011/08/02(火) 17:47:34.57 ID:qC0hwI0I0

上条「五和に襲われたり」

上条「神裂にポッキーゲームやらされたりしたな」


浜面「へぇー」

一方「俺も…」



309: 2011/08/02(火) 17:48:18.79 ID:qC0hwI0I0

一方「俺もだァ」

一方「黄泉川と一緒に風呂入ってる時に股間触られたり」

一方「寝てる時に番外固体が襲って来るンだァぜ」

上条「辛いなぁ…」

浜面「女って分かんねぇな」

一方・上条「ああ」

おわりのおわり



311: 2011/08/02(火) 17:49:26.96 ID:qC0hwI0I0

ここまで見てくれた方

読んでくれた方

コメントしてくれた方ありがとうございます!


元スレ
SS速報VIP:浜面「男のくせに、もアウト?女性によるセクハラ5パターン ?」