1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 22:52:23.84 ID:1GyBurZQ0.net

ガタンゴトン…ガタンゴトン…

キキーーーーッガコン


学生「(…あれ、いつもは止まらないのに)」

幼女「(とまっちゃった)」

サラリーマン「(なんで止まったんだ?)」

JK「(まじうざいんだけど)」


車掌「お急ぎのところ大変申し訳ございません」

サラリーマン「(なんだ?痴漢か?)」


車掌「只今、線路内に人が立ち入ったため、停車いたしました」

学生「(線路内って、地下鉄だぞ)」

サラリーマン「(やっぱり痴漢か)」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 22:54:22.85 ID:1GyBurZQ0.net

車掌「というのはちょっとした冗談で」

学生「(はぁ?)」

サラリーマン「(……。)」


車掌「たった今私は面白いことを思いつきました」

JK「(何それまじうけんだけど)」


車掌「これからご乗車の皆様同士でセックスしていただきます」


一同「……。」


サラリーマン「(何言ってんだこの車掌)」

学生「(おいおいこいつ大丈夫か)」

幼女「(せっくすってなんだろう…)」

JK「(せせせっせセックス!?)」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 22:55:27.92 ID:1GyBurZQ0.net

車掌「皆様、私のことを『何言ってんだこの車掌』などとお思いでしょう」

車掌「無論、私は大マジです」

車掌「お客様の中でどなたか二人がセックスされるまで発車いたしません」


サラリーマン「(あーあこいつクビだわ)」

学生「(Twitterで呟こう)」

幼女「(せっくすってなんだろう…)」

JK「(なっ何言ってるか分かんないんだけど!!)」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 22:56:27.95 ID:1GyBurZQ0.net

車掌「発車だけに…」


サラリーマン「(発射か?)」

学生「(発射、だろ)」

JK「(…?)」

幼女「(発射、でしょ?)」


車掌「…とにかく、今ご乗車のどなたか同士がセックスされるまで発車いたしません」

学生「(言わねぇのかよ)」

サラリーマン「(言わねぇのかよ)」

幼女「言わねぇのかよ」

JK「(気になるんだけど)」



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 22:57:58.64 ID:1GyBurZQ0.net

学生「(でもこれ)」

サラリーマン「(どうなるんだ…?)」

幼女「おねぇちゃん、せっくすってなぁに?」

JK「!?はぁ!?////っままじ意味わかんないんだけど!!//////」

幼女「わかんないの?」

JK「は、はぁ!?わかるんだけど!!」

サラリーマン「(…///)」

学生「(分かるのかよ)」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:00:05.69 ID:1GyBurZQ0.net

サラリーマン「あの」

学生「え?あ、はい」

サラリーマン「これって、どうなるんですかね」

学生「さぁ…」

サラリーマン「誰かするんですかね」

学生「何を」

サラリーマン「何をって…その////」

学生「セックスですか?」

サラリーマン「!?は、はい」

学生「しないんじゃないですか」

サラリーマン「そ、そうですよね、ですよね」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:01:18.79 ID:1GyBurZQ0.net

幼女「せっくすってなぁに?おねぇちゃんしたことある?」

JK「!?」

幼女「ないの?」

JK「は、はぁ!?関係ないんだけど!!」

学生「(ないのか…)」

サラリーマン「(ないのか…///)」

幼女「ないのか…」



車掌「さぁ皆さん、会社に、学校に、遅刻してしまいますよ」


学生「(こいつ本気か…)」

サラリーマン「(会議が…)」

JK「(ガッコーサボれるし…)」

幼女「(だれかしろよ…)」



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:02:53.44 ID:1GyBurZQ0.net

サラリーマン「あの」

学生「はい」

サラリーマン「やっぱりしなきゃいけないんじゃないですかね…?」

学生「どうなんでしょうね」

サラリーマン「…。」

学生「常識的に考えて、公衆の面前でセックスするのは公然猥褻にあたりますし」

サラリーマン「まぁ…」

学生「とは言え、この際四の五の言ってられないかもしれませんね」

サラリーマン「え!するんですか!?」

学生「誰かがセックスするのを待ちましょう、それが賢明です」

サラリーマン「はぁ…」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:04:08.10 ID:1GyBurZQ0.net

JK「(もしかして処女捨てられるチャンス…?)」

幼女「でもだれとするの?」

JK「それな。ここはやっぱり…」

JK「…!?」

幼女「(しくった)」

JK「…。」

幼女「(はぁ…しかたないなぁ)」


幼女「…もれちゃう」

JK「は?」

幼女「おしっこもれちゃう~~~~~!!!」

JK「なにそれやばいんだけど!!」

幼女「もれるぅ~~~~~~!!!」

幼女「(ほら、いそがないと幼女ちゃんがもらしちゃうよー)」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:05:07.25 ID:1GyBurZQ0.net

サラリーマン「どどうしましょう漏れちゃいますよ」

学生「確かに可哀想ですね」

サラリーマン「そうじゃなくて」

学生「?」

サラリーマン「私もなんです」

学生「……。」

学生「どっちが」

サラリーマン「固体が」

学生「それは笑えませんね」

サラリーマン「厳密に言うと極めて液体に近いです」

学生「もう聞きたくないです」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:06:21.82 ID:1GyBurZQ0.net

幼女「おねぇちゃん!!もれちゃう!!!」

JK「ちょ、はぁ!?まじ八方塞がりなんですけど!!」

JK「(でもこれでせ…セックスしても言い訳できる気が…)」

幼女「ほら!!はやく!!」

JK「う、うん…って、何を!?」

幼女「!!も、もれるぅ~~~~~~!!」

幼女「(っぶねー)」


サラリーマン「…。」

学生「(ついに無言になった)」

学生「…もしかして漏れました?」

サラリーマン「いまはなしかけないで」

学生「すみません」

学生「(でもこれでセックスしても言い訳が立つ…のか?)」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:08:06.33 ID:1GyBurZQ0.net

車掌「おやおや、果たしてどの液が最初に発射されるのか…」

車掌「勿論、然るべき液体が発射された場合は、私も電車を発車いたします」

学生「(今更言いやがった)」

幼女「(今かよ)」

JK「(どーゆう意味?)」

サラリーマン「(…。)」

車掌「皆様が液を飛ばせば、私も駅まで飛ばします」

学生「(大して上手くねぇよ)」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:10:38.87 ID:1GyBurZQ0.net

JK「…あ、あのさ///」

学生「はい?」

JK「ぁ…あたしと、その…」

学生「セックスですか?」

JK「!!」

学生「僕と」

JK「ち、ちげーし!!別にあんたなんか」

学生「ええ、分かってますよ。状況が状況です」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:11:48.66 ID:1GyBurZQ0.net

学生「一人は小さな女の子、もう一人は二つの意味で大の大人」

学生「残された僕達がセックスするのが妥当と思われます」

JK「その…////」

学生「何でしょう」

JK「優しくしてね…?///」

学生「気が早いですね」


――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――
―――――――――



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:12:55.24 ID:1GyBurZQ0.net

サラリーマン「ッラァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ」

ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!


車掌「えー…只今、車内点検のため停車しております」



おわり



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 23:13:44.92 ID:1GyBurZQ0.net

尻すぼみですまん
寝る


元スレ
車掌「これからご乗車の皆様どうしでセックスしていただきます」