6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 18:45:18.08 ID:sJJ5NRZS0.net

男「俺お前のことが好きなんだ!」

幼馴染「ええ・・・本気で言ってるの・・・?」

男「なんてな!冗談だよ。冗談!」

幼馴染「だよね・・・(あー、びっくりした)」

男「ははは・・・・・・」ギラギラ



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 18:49:24.82 ID:sJJ5NRZS0.net

あくる日
男「幼馴染!今日の授業んとこどうしてもわかんなくてさ!教えてくれないか?茶くらい出すぜ」

幼馴染「えー?別にいいけど・・・男の家で?」

男「頼むよ~、お願い!次赤点取ると進級やばいんだ!」

幼馴染「男、そんな成績悪かったっけ?まあそれなら協力するよ」

男「しゃあ!お前ならそう言ってくれると思ってたぜ!」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 18:53:57.29 ID:sJJ5NRZS0.net

幼馴染(昨日は変なこと言われて気まずくなったけど・・・いつも通りの男だね。)

男の家

幼馴染「お邪魔しまーす」

男「おう来たか!まあ玄関先でもなんだから上がれよ!」

幼馴染「あれおばさんは?いつもおばさんが来るのに」

男「おふくろは今留守だぜ。お茶入れてくるから部屋で待ってて!」

幼馴染「うん」

男「それにしてもやけに薄着だなあ?お前暑がりだっけ?」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 18:55:13.80 ID:sJJ5NRZS0.net

男「・・・」

幼馴染「え・・?どうかした?」

男「いやなんでもないよ」

幼馴染(ちょっと怖かった・・・何だろうあの目)



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 19:05:00.36 ID:sJJ5NRZS0.net

部屋
幼馴染「入るのも久々だなあ」

幼馴染「あ、これ・・・町内会のソフトボールの時の写真・・・」

幼馴染「男ってこのころ小さかったなあ・・・」

幼馴染「いつの間にか背も抜かれてたけどね」

幼馴染「へへ・・・懐かしいや」

幼馴染「今の男もいいけど昔の男もいいね・・・って何言ってんだろ・・・ああああああ!」

男「お前・・・何喚いてんの?」

幼馴染「」



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 19:07:08.48 ID:sJJ5NRZS0.net

男「ま、まあお茶でも飲めよ・・・高い奴だぞ」

幼馴染「ありがと・・・」
ゴクゴク

5分後
幼馴染「あ・・・なんか眠くなってきちゃった・・・」

男「おい大丈夫か?」ニヤニヤ

幼馴染「う~ん」

男「へへへ・・・」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 19:12:11.06 ID:sJJ5NRZS0.net

そして
幼馴染「う~ん・・・」

男「おい、起きたか?」

幼馴染「あ・・・寝ちゃったんだ・・・あれ、ここは?」

男「俺の寝室だよ」ズン

幼馴染「・・・え?・・何・・?ちょっと怖いよ・・」

男「なあ、お前、俺の気持ちわかってるんだろ?」

幼馴染「え・・・」

男「年頃の男の家にそんな薄着で来るなんてそうとしか思えねえぜ!」ズズン

幼馴染「あっ!や・・・やめて・・・」

男「昔と違って俺のほうが力あるだろ?なあいいだろ?」

幼馴染「なんでこんなこと・・・」ホロリ

男「あー、もう我慢できない!」ビリリ

幼馴染「あっ!」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 19:17:59.89 ID:sJJ5NRZS0.net

幼馴染「ちょっ・・・!そんなとこ触るな!」アン

男「もしかして期待してたんじゃないのか?敏感になってるぞオラオラ」

男「お前初めてだろ?だと思って具合が悪いだろうからこの日のためにいろいろ用意してたんだぜ」

幼馴染「男・・・お願いだろやめてくれ・・・こんなのおかしいよ・・・男らしくないよ・・」

男「俺はこういうやつなんだよ・・・!もう準備できたな!入れるぞ!」

幼馴染「ヒギイ!!」

男「なんだこれ!!すげえ締まってくる!やっぱりお前待ってたんだろ!オラオラ!」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 19:21:37.97 ID:sJJ5NRZS0.net

男「やべえよ・・・すげえ締まりだ!」

幼馴染「・・・ウン・・・グ・・・」ポロポロ

男「やべえ・・・腰振るの止まらねえぞ!!!!」

幼馴染「・・・アウ」ボロボロ

男「もうでそうだ!!!!!!お前の中にぶちまけてやる!!!!!!」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 19:25:15.01 ID:sJJ5NRZS0.net

男「・・・フウ・・・」

幼馴染「・・・ヒグ・・・ヒグ・・・」

男「なあ、良かっただろ?俺達体の相性も最高だ。付き合ってくれよ・・・」

幼馴染「・・ヒグヒグ・・・・」

男「そうか、素直じゃないな」
パシャパシャ

男「この写真をばらまかれたくなかったら明日も俺の家に来い!わかったな?」

幼馴染「・・・」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 19:33:45.88 ID:sJJ5NRZS0.net

そして
幼馴染「・・・いってきます・・・」

幼馴染(・・・あれから3か月の間ボクは男に辱められ続けた。毎日のように、嬲るように攻められたつづけた・・・)

幼馴染(・・・しかしそんな恥辱を与えられているのに・・・身体は男の攻めを求めている・・・)

幼馴染「お邪魔します・・・」

男「クイクイ」

幼馴染「・・・」

部屋で

幼馴染「・・・今日は何させるつもりなの・・・」

男「お望みはあるかい?」

幼馴染「・・・ボクはそんな・・・」

男「そうか・・・ならお前明日から来なくていいよ。もう飽きたから」

幼馴染「・・!」ビクン

男「今日はもう帰れ。ばらしたらわかってるよな?」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 19:42:21.75 ID:sJJ5NRZS0.net

男「どうした・・・?早く帰れよ」ニヤニヤ

幼馴染「・・・」

男「飛んだ変態だな。犯されて癖になってたのか?」

男「別にヤってもいいぜ?その代り・・・お願いするならそれなりの態度があるよな?」

幼馴染「・・・・お、お・・いし・・・す」

男「聞こえねーよ。鳥のさえずりか?」

幼馴染「ぼ、ボク、やっぱり君がいないとダメなんだ・・・ボクをは、辱めてください・・・・」カア

男「そうかそうか、ならこの反りあがったナニを鎮めてもらおうか?」

幼馴染「・・・」コク

ジリジリ
ハム

男「いいぞ・・・ずいぶん巧くなったな・・・俺の調教がよほど効いたらしい」

ズボズボズボズボ

男「辱められてる相手に蹂躙されて自主的に食わさせられてる気分はどうだ??」
ガクン
幼馴染「・・・!?」(息が・・・!)



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 19:45:58.11 ID:sJJ5NRZS0.net

男「いい感じだ・・・!もうでそうだ・・・飲めよ!いいな!」
ドピュ
幼馴染「・・・!?」

男「フウ・・・」

幼馴染「は、はやく・・・はやく頂戴!も、もう・・・」

男「え?やるなんて一言も言ってないけど」

幼馴染「・・・!?」

男「さっさと帰れよ。もうお前には飽きたって言っただろ?」

幼馴染「そ、そんな・・・」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/03(火) 19:52:09.86 ID:sJJ5NRZS0.net

男「なんてな・・・!冗談だよ!おまえは・・・可愛い奴だな」

幼馴染「・・・え?」

男「なあ、俺と結婚しよう!」

幼馴染「ええ・・・でもボクたちじゃできないよ・・・男同士で・・・」

男「いやできる!同性愛を認めてるオランダに来てくれ!!!」

幼馴染「・・・!?」

幼馴染「・・・うん」

幼馴染「幸せにしてね?」

男「おう!」

二人は幸せなkiss

Happy End


元スレ
幼馴染「ボク君がいないとダメなんだよ・・・」男「あっそ」