SS速報VIP:衣「はろうぃんって、なんなのだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1351670317/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) 2012/10/31(水) 16:58:37.24 ID:hMd+yR2K0

咲さんの誕生日祝いに何か書こうと思ったらいつの間にか終わってしまったので
テーマを「ハロウィン」にしてちょろっと書いてみました

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1351670317




2: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 17:00:22.28 ID:hMd+yR2K0

―帰り道―
『いよいよ明日はハロウィンです』

衣「透華、はろうぃんってなんだー」ピョコピョコ

透華「ハロウィンというのは外国のお祭りで、日本ですと仮装をしてパーティーをしたりかぼちゃのお菓子を作ったりしますわね」スタスタ

一「最近定着し始めたお祭りだからね」トテトテ

衣「明日屋敷でハロウィンパーティーをしないか? すっごく楽しそうだぞ」

衣「透華お願い」ウワメヅカイ

一「ぼくも興味あるなー、ここ最近麻雀ばっかりだし」

透華「仕方ありませんわね、帰ったらハギヨシにお願いしましょう」

衣・一「わーい」





3: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 17:01:00.06 ID:hMd+yR2K0

透華「というわけで、急な話ですが明日の準備お願いできますかしら」

ハギヨシ「かしこまりました、透華お嬢様」

衣「ついでに清澄とかも呼ばないか、人がたくさんいる方が楽しいぞ」

透華「そうですわね…… 今回は誘いませんわ」

衣「透華のケチ」フン

一「あはは」

透華「元々クリスマスパーティには皆さんを誘うつもりですわ、ですから今回は身内だけで楽しみましょう。ねぇ衣」

衣「本当か、だったら我慢するぞ」ウキウキ



4: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 17:01:38.14 ID:hMd+yR2K0

―翌日の夜―

透華「というわけで、今日はハロウィンパーティーですわ」

全員「かんぱーい」

透華「さて各自、仮装して参加するよう言いましたが…」

衣「衣はトナカイの衣装にしてみたのだ。どうだ、似合うだろう」フンス

全員「(似合ってて)かわいいー(だけど何でトナカイ?)」

透華「ずっと部屋に飾っておきたいくらいですわ」



5: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 17:02:18.73 ID:hMd+yR2K0

一「ぼくの衣装はどうかな、少し迷ったけどゴ―ストにしてみたの」クルクル

透華「普段の服と違ってなかなか新鮮ですわ」

一「えへへ(透華にほめられたー)」ズキュン

純「何でおれはアリスの衣装着てるんだ、俺が用意したのはスーツだぞ」

一・透「普段パンツスタイルだからね/ですからね」

智紀「純もたまにはスカートとか履くべき」

衣「プププ、純が女装してるー」

純「おい! 俺は女だぞ、まったくお前たちは」ブツブツ

智紀「私は無難に魔女・・・」カタカタ

一「うん、予想通りだね」

透華「こほん、各々衣装の公開も終わったところで、そろそろ食事にしましょう」パチン

ハギヨシ「それでは、私が配膳させていただきます」



6: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 17:03:21.01 ID:hMd+yR2K0

衣「もうお腹いっぱいなのだ」

透華「そうですわね、特にデザートのパンプキンケーキは最高でしたわ」

一「そのケーキ、ハギヨシさんに手伝ってもらって作ったんだよ」

透華「あら、一が作ったんですの、最近ますます料理の腕上げたんじゃありませんの」

一「透華が喜んでくれるなら、料理くらいどうってことないよ(小声)」

智紀「透華はこういうときだけ鈍感……」ボソッ

透華「お二人とも何かおっしゃりませんでしたか?」


衣「透華、今日はパーティー開いてくれてありがとう」ダキ

衣「お父様とお母様が亡くなって以来、パーティーはご無沙汰だったからな、だけど透華や一みたいな仲間に囲まれて衣は幸せだ」

透華「湿っぽい話は嫌いですわ、これからは楽しい企画をどんどん建てますから覚悟してもらいますわ」

衣「それでね、透華にプレゼントがあるの、一と一緒に選んだぞ」

一「透華の好みを一番知ってるのは僕だからね」エッヘン

透華「ありがたくいただきますわ、あらこれはアロマオイルですわね」

衣「透華にはいろいろ迷惑かけてるからな、日頃のお礼だぞ」

透華「衣・一、ありがたく使わせていただきますわ」

衣「安心したら眠くなってきたぞ……」コックリ

透華「あいかわらず衣はこどもですわね」フフフ

衣「こどもじゃない… ころもだー・・・」ムニャムニャ

透華「今日は良い夢が見られると良いですわね」ナデナデ


衣「むにゃむにゃ…… 次は清澄にいくのだ…… ニャムニャム」zzz

龍門編終わり



8: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 20:15:11.29 ID:hMd+yR2K0

清澄編

―部室―

咲「今日、何の日か知ってる? 京ちゃん」

京太郎「咲の誕生日会はこの前終わったし、普通の日だろ」

咲「もー、今日はハロウィンだよー、ということでトリック・オア・トリートお菓子くれないとイタズラしちゃうよ」

京太郎「へっ、咲の悪戯なんて全然怖くないぜ」

優希「はぁ、京太郎は相変わらずの駄犬ぶりだじぇ」タメイキ

和「須賀君には失望しました。ですから咲さん私の胸に飛び込んできて下さい、慰めてあげますよ」ハアハア

咲「京ちゃんが鈍感なのは前からだもん」


衣「欝な展開を衣の登場で払拭するのだー」デデーン




9: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 20:19:48.90 ID:hMd+yR2K0

咲「なんで衣ちゃんが清澄に?」

衣「私が来ると久から聞いてないのか、透華が連絡したはずなんだが・・・」イソイソ

衣「久はロッカーに隠れて待機していろと言っていたのだが」シュン

純「相手がこどもの衣とはいえロッカーに二人はきつかった」

衣「こどもじゃないぞー」ポカポカ


咲「えっと、衣ちゃんが仮装してるってことはハロウィンかな」

衣「流石咲だな話が分かる、さてとお菓子くれないと全員焼き鳥にするぞー」

京太郎「セリフが違う!?」


和「用件は分かりましたが、井上さん、恰好は・・・」

純「こんな恰好で悪いか! 衣の保護者として付いて行くならこの恰好で行けって透華が言うから」タメイキ

優希「純は全然似合ってないな、のどっちが着た方が数倍は似合うじぇ」

純「うるさいぞタコス女、文句あるのか」

優希「あまりにも似合ってないからな! うわっ、その手をやめるじぇー」ダッシュ



10: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 20:24:42.77 ID:hMd+yR2K0

久「あら、やっぱり面白い事になってるわね」

まこ「お前さんはまた面倒な事を……」

久「良いじゃない、たまには息抜きさせてもらわないとね。これでも受験勉強大変なのよ」カタヲモム

久「さて、天江さんもかわいらしい恰好してるし、今日は全員仮装して打つわよ」

まこ「ワシに決定権はないのか……」

衣「こんなこともあろうかと、衣装各種は透華に準備してもらったぞ」


咲「部長質問があります
  私の衣装なんですけど、なんで幼稚園の子が着るような服なんですか」

久「前々から着せたかったのよ」ウットリ

和「部長 すばらです」グッ

咲「そういう部長は吸血鬼ですか、イメージ通りですね」

久「失礼しちゃうわね、風評被害よ。これは天江さんのリクエスト」

和「私は妖精ですか… 悪くないチョイスです」クルクル

京太郎「おもちが強調されててすばらな服だ」ハナチヂタラー

優希「また京太郎がのどちゃんをいかがわしい目でみてるじぇ」ゲシ

咲「京ちゃんの変態!」

京太郎「そういう優希はカボチャか、スゴく似合ってるぞ」プププ

優希「衣装すら用意されてない、京太郎に言われる筋合いないじぇ」

まこ「ワシは安定の魔女服じゃな… しかしこの服胸のところがスカスカなんじゃが」

衣・純「あっ(察し)」




11: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 21:26:56.71 ID:hMd+yR2K0

優希「ダブリ― 一発だじぇ」

和「ツモ 1000 2000」

咲「カン 嶺上開花です」

衣「河底撈魚」

衣「海底摸月」


衣「衣がいちばーん」

咲「やっぱり満月じゃなくても衣ちゃんの支配から抜け出すのは難しいや」

優希「少しだけ自信なくすじぇ、咲ちゃんも容赦ないじぇ」

和「優希も頑張ってます、あの二人が異常なだけですから」ナデナデ

純「俺もフルパワーの衣と戦うのは、少し怖いんだぞ」クシャクシャ

優希「フン、男女に慰められても、ちっとも嬉しくないじぇ」

純「なんだと、次は俺と勝負しろ。ぎったんぎったんにしてやる」

優希「望むところだじぇ」





12: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 21:29:01.06 ID:hMd+yR2K0

久「私が引退しても麻雀部大丈夫かなって思ってたんだけど、この分なら大丈夫そうね」

久「以前のあの子だったら、あんな格好してたら気が散って天江さんから上がる事も出来なかったでしょうね」

まこ「お前さんの言いたい事は良く分かる。せいぜいウチの店でこき使って大舞台で緊張しないように鍛えてやるわい」


咲「カン もう一個カン 麻雀って楽しいよね」ゴッ

カン





13: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 21:31:21.21 ID:hMd+yR2K0

最後に白糸台の場合

~部室~
照「咲から連絡が無い」

菫「はあ?」

照「咲の誕生日にプレゼント贈ったのに、咲から電話一つない」

菫「妹さんと仲直りしたんだったな、あの妹さんなら何かありそうなものだが」

照「やっぱり『私には妹は居ない』なんて言ってたの根に持ってるんだ」

照「今から長野に行って来る」

菫「おい待て、明日から定期考査だぞ。あとお前一人で迷子にならずに行けるのか」

照「大丈夫……だもん」




14: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 21:33:23.70 ID:hMd+yR2K0

あわあわ「テルー、プリン買って来たよ」

照「プリン!食べるー」

あわあわ「今日はハロウィンでかぼちゃプリン安かったから、これスミレの分」

菫「ああ、すまないな」

照「モグモグ」シアワセ

あわあわ「あとウチに咲から荷物が届いたの」

照「咲から荷物、早く見せて!」ズイッ

あわあわ「テルは咲の事になると人が変わったみたいになるよね」ヨッコイショ

あわあわ「これだよ、あと手紙も入ってた」

照「咲の匂いがする(クンカクンカ)はっ、幸せすぎて意識が飛びそうになった」

照「気を取り直してっと」

咲『お姉ちゃん、誕生日プレゼントありがとう 珍しくまともなプレゼントだったからびっくりしたよ 菫さんに付いて来てもらって買ったのかな♪
本当は当日に電話かメールしようと思ったんだけど、どうせなら31日に届くようにお菓子とかお蕎麦贈ったら喜ぶかと思って (ペッコリン)
菫さんとか渋谷さんが喜びそうな物を入れておいたので、皆で分けてね

追伸
冬休みにはお母さんも入れて四人で過ごしたいな』





15: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 21:34:46.60 ID:hMd+yR2K0

照「これがツンデレ…… すばらです」

菫「いや、違うだろ。でも妹さんはなかなか気がきくな」モグモグ

あわあわ「スミレー、松実さんからも麻雀部に手紙来てたよ」

菫「ゲフンゲフン、ど、どこだ」アワアワ

あわあわ「まったく二人ともしっかりしてよね」ドウゾ


菫「ふむふむ、来月こっちに来るから東京の名所を案内してほしいのか」


菫「仕方ないな、私の方が詳しいからな。け、決して楽しみじゃないぞ」ワクワク

あわあわ「そんなこと言いながら、スミレ情報誌めくってるね」

照「菫が案内するなら大丈夫」モグモグ

あわあわ「それ私のプリン テルが私のプリン食べたー」ポカポカ

白糸台編終わり



16: ◆JUqLaP4uNg 2012/10/31(水) 21:39:38.53 ID:hMd+yR2K0

短いですが、ここで終わらせていただきます
他の学校は、時間の都合でカットさせていただきました

ぱっと思いつく範囲では千里山と姫松は衣装関連で弄りやすそうなメンバーが一人ずつ居るので書きやすそう
風越と宮守は、みんなでワイワイやってそうなイメージですね



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) 2012/10/31(水) 23:20:16.54 ID:hMd+yR2K0

おまけ

咲「遅刻しちゃったよー」

咲(京ちゃんときたら、すっかり私の誕生日忘れてるんだもん
  今日はその埋め合わせで、一日付き合ってくれる事になった)

咲「和ちゃんに相談したら私に似合う服を選んでくれたんだけど、この服は無いよな……
  でも、せっかくのデートだしこのくらい良いよね」

 咲が着ているのは、黒を基調としてフリルの付いた服、いわゆるゴスロリである

咲「待ち合わせ場所はここだよね」キョロキョロ

咲「あっ、京ちゃ…」

そこで咲が見たのは京太郎が他の女性と親しげに歩いているところだった

咲「あれは、鶴賀の東横さん…… だよね。でも何で京ちゃんと歩いてるの」

咲「ねえ、誰か答えてよ ねえ何で腕なんて組んで歩いてるの」

咲「今日は私とデートじゃなかったの」

咲「いやあああああああああああああああああああああああああああああああっっ!!!」

某スレでチョロっとはなしてた時のネタを使わせていただきました

これでマジ終わりです


元スレ
SS速報VIP:衣「はろうぃんって、なんなのだ」