1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 21:39:56.74 ID:3OMcH3Mw0

 ザー ザーザー
  ザー    ザー


灼  「……」

灼  (雨か……)

灼  (……同じだな。あの時と)


 コンッ コンッ

美穂子「お待たせしました。準備が出来ましたのでご案内しますね」

灼  「…はい」

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

美穂子「こちらです。どうぞ」ガチャ

灼  「どうも」スッ



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 21:43:09.21 ID:3OMcH3Mw0

灼  (……意外)

灼  (こういうところって、もっと本とか並んでるお堅いイメージがあったけど)

灼  (調度品はファンシーなものばかり。ぬいぐるみに旅行写真まで)

   「驚いたかしら?」

灼  「ええ。もっと堅いイメージを持っていましたから」

   「アハ。その子の趣味なのよねぇ」ケラケラ

美穂子「そ、それは言わないでくださいっ!」カァァッ



久  「はじめまして。検事の竹井久です」

灼  「……」ペコリ

久  「…うん。それじゃ、そこに座って」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 21:48:53.21 ID:3OMcH3Mw0

久  「それじゃあ……っと、ちょっと待っていてね」

久  (美穂子)クイッ

美穂子(! 上埜さんの指示!)

美穂子(ええっと、このボタンだったかしら)ピッ

 ガガー ガー

美穂子「ひゃっ!?」ビクッ

久  (美穂子……またボイスレコーダーの操作、間違えたわね)ハァ

美穂子「上埜さぁん……」ウルウル

久  (そのボタンじゃなくて……)クイッ クイッ



灼  「それ、ボイスレコーダーですよね。音声の録音ですか?」

美穂子「ええ、そうなんでs…… はうっ!?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 21:57:03.70 ID:3OMcH3Mw0

久  「…ごめんなさいね? 黙って録音しようとしちゃって」

灼  「構いません。私も同じことしようとしてましたから」スッ

美穂子「あ、同じボイスレコーダー!」

久  「そう。じゃ、気を取り直して始めましょうか」ニコッ

久  (……この子、抜け目無いわね…。これは気を引き締めて行かないと、ね)


久  「これから、あなたに先の事件について…高鴨穏乃さんのことについて、話していただきます」

久  「話す内容には、もしかしたら話したくないこともあるかもしれない」

久  「その時は黙っていても大丈夫だから。『黙秘権』ってヤツね」

久  「それと、もしかしたら『私が話す内容』に抗議したくなることがあるかもしれない」

久  「抗議は自由にしてくれて構わないのだけれど……当然、それは『真実』でなきゃいけない」

久  「人として、当然のことよね?」ニッコリ


久  「それじゃ、話してもらおうかしら。あなたと、高鴨さんのことを」

灼  「…はい」

――――――――――



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:02:46.43 ID:3OMcH3Mw0

――――――――――

 <私と穏乃の関係……だったら、まずは高校の頃から話すべきでしょうか>

 <高校。だいぶ昔になるわね?>

 <はい、穏乃とは古い付き合いでしたから>


灼  「…私は部室の掃除して戸締りしてから行くから」

憧  「じゃよろしくっ、灼!」

宥  「毎日ありがとうね……」プルプル

玄  「おねーちゃん、また震えだしてるよ! 早くお家に帰ってコタツへ!」パタパタ

穏乃「それじゃあまた明日!」

灼  「うん。また明日」

 ……バタン



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:06:57.28 ID:3OMcH3Mw0

灼  「……」

灼  「…行ったよ。ハルちゃん」


赤土「やっと行ったかー」ヌッ

灼  「うん。お待たせ、ハルちゃん」

赤土「ホントに待ちくたびれたよー」


 ダキッ


灼  「あ……っ」

赤土 「灼とこうやって抱き合うのがさ……」

灼  「私もだよ…ハルちゃん」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:11:11.75 ID:3OMcH3Mw0

赤土 「ほら、顔。こっち向けて」

灼  「うん……」カァァッ

赤土 「あはは、顔赤くなってるよ?」

灼  「も、もうっ! じらさないでよ、ハルちゃん!」

赤土 「はは、ホントに灼は可愛いなあ! ……ん」チュッ

灼  「! ……ん… ちゅ……」


 プハッ


灼  「…はあっ……はあっ……」

赤土 「ふう……灼、すごいなー」

灼  「へ……?」

赤土 「キスだけで、そんな蕩けた顔になっちゃうんだ?」ニヤニヤ

灼  「―――!? は、ハルちゃんの馬鹿っ」プンスコ

赤土 「はいはい。……じゃ、続き。しよっか?」

灼  「……うん」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:14:57.54 ID:3OMcH3Mw0

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

灼  「ハルちゃん」

赤土 「んー?」

灼  「来週の土曜日、空いてる? 久しぶりに2人で遊びに行きたいな」

赤土 「あー……ごめんな?」

赤土 「その日は実業団の頃の同僚と飲みに行く約束が会ってさ」

灼  「そっか…それじゃ仕方ないね」

赤土 「悪いね、灼。この埋め合わせはまたいつかするからさ」

灼  「ううん。…ね、ハルちゃん」

赤土 「?」

灼  「好きだよ。大好き」

赤土 「……うん。ありがとうな」

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:19:38.85 ID:3OMcH3Mw0

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

灼  (……来てしまった。ハルちゃんの家の前)

灼  (顔見るためだけに休みを潰してここまで来るって…さすがに病的かな)

灼  (…でも仕方ないよ! 土日は学校が無いからハルちゃん成分を補給できないから!)

灼  (全部学校が悪い!)

灼  (ハルちゃんをじっくり視覚で堪能したら帰るし……何も変なことはしてない、うん)


 ガチャッ


灼  (! 出てきた! ハルちゃん!)



灼  (……え?)

灼  (女の人と一緒?)



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:25:14.47 ID:3OMcH3Mw0

灼  (なんで? どうしてハルちゃんの家から女の人が出てくるの?)

灼  (しかもあれは……)

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

灼  「どういうこと。この前の土曜日」

赤土 「……」

灼  「どうして私以外の女の人を家に入れてるの?」

灼  「……しかも、あの人。なんで」

赤土 「なんで小鍛治健夜なのか、ってかい?」

灼  「! ……」コクリ

赤土 「別に、何もおかしくないだろ?」

赤土 「麻雀界最強の存在に一矢報いた。 ……惚れられる理由としては、何もおかしくはないよな」

灼  「でも! 小鍛治プロへの恐怖は!?」

赤土 「長く付き合ってる内に、薄れてきたよ。今ではタメ口で話し合える仲さ」

灼  「……そんな」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:29:04.55 ID:3OMcH3Mw0

灼  「……ハルちゃん」ワナワナ

灼  「これって……浮気だよ?」ポロ

灼  「私に黙って、そんな人と付き合ってただなんて……」ポロポロ

灼  「ひどいよ…あんまりだよ……」ヒック グスッ

赤土 「……あのさ」



赤土 「私、灼と付き合ってたの?」

灼  「!?」

赤土 「付き合おうって言った覚え、まったく無いんだけど。灼、何か勘違いしてない?」

灼  「………!!」ダダッ

赤土 「あっ、おい灼!」

 バタンッ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:33:27.54 ID:3OMcH3Mw0

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

灼  「グスッ……スンッ……」

灼  (捨てられたんだ……私)

灼  (ハルちゃんに捨てられて……私、もう何も残ってないよ……)

灼  「……ばがー……ハルぢゃんの、ばがー……グズッ」



   「灼さん?」

灼  「!」バッ

灼  「だ、誰っ!?」

   「あ、ここにいた。もー、探しましたよ灼さん!」

灼  「あ……」

灼  「……シズ」

穏乃 「でへへへ……」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:39:35.54 ID:3OMcH3Mw0

灼  「……」

 グシグシッ

灼  「……何しに来たの。私を探してた、って言ってたけど」

穏乃 「いやー。部室に入ろうとしたら、灼さんが猛ダッシュで出ていくもんですから」

穏乃 「…心配になっちゃって」

灼  「別に。何もない」

穏乃 「何もないって……」

灼  「ちょっと走りたくなっただけ。シズなら分かるでしょ」

穏乃 「確かに分かるなーその気持ち」ウンウン

穏乃 「……って! 灼さんそんなキャラじゃないでしょう!!」

灼  「…シズには関係ないよ」

穏乃 「関係大有りですよ!!」ズイッ

灼  「!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:46:47.72 ID:3OMcH3Mw0

穏乃 「関係ないなんて……そんな悲しいこと言わないでくださいよ」

穏乃 「私たち、チームメイトじゃないですか!」ニッ

灼  「……チームメイト」


灼  (…良い子だな、シズ)

灼  (私にまで気を配れて…。本当に、人の気持ちを大切に出来る子だと思う)

灼  (でも……。余計に言えないよ)

灼  (そのチーム内でのいざこざなんて……)


灼  「それでも関係ない。私の問題だから」

穏乃 「むー……」

穏乃 「……! そうだ!」ピコーン


穏乃 「山行きましょう! 山!!」フンスッ

灼  「山……?」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:51:59.20 ID:3OMcH3Mw0

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

灼  「ぜーっ…ぜーっ……」ハァ ハァ

穏乃 「ほら、もうちょっとですよ! ファイトですっ!」ヒョイヒョイッ

灼  「なんでこんな時間に山に……はあっ」

灼  「無茶苦茶……すぎるっ……」

穏乃 「まーこの山はちょっと登るの辛いですからねー」スイスイー

灼  「……まったく辛そうな気配がないんだけど」ジトー



穏乃 「…あ! 見えました! こっちですよーこっちー!」ピョンピョンッ

灼  「待って、待ってってば……。 …ふうっ」

灼  「……」

灼  「わあ……っ」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 22:55:13.74 ID:3OMcH3Mw0

saki-001745-030



灼  「綺麗……星が、こんなにも」

穏乃 「どうですか? 私のとっておきの場所なんですよ!」ドヤ

穏乃 「……私、悩んだりへこんだりした時にはいつもここに来るんです」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:00:32.60 ID:3OMcH3Mw0

穏乃 「この星空を見てると、自分なんてちっちゃな存在なんだな、って思えて」

穏乃 「そうすると、それまで悩んでたことなんかもくだらないことだと思えるんです」

灼  「……」

灼  「ちなみに、その悩みって?」

穏乃 「テストの点数が悪かったとか、給食で嫌いなものしか出ないとか……」

灼  「ふーん」

穏乃 「あっ! 今ショボいって思ったでしょう!」

灼  「そんなことないよ」

穏乃 「絶対嘘だー!」ムキーッ



穏乃 「……だから、灼さんも」

穏乃 「何か悩みがあるなら、こう……なんていうんですか?」

穏乃 「この星空に投げ捨てる感じで……えっと、とにかく捨てちゃえばいいですよ! うん!」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:05:49.98 ID:3OMcH3Mw0

灼  「…そっか。捨てちゃう、か」

穏乃 「そうそう! ポイって!」

灼  「……」スーッ



灼  「ハルちゃんの馬鹿ぁぁぁぁぁぁっ!!!」

 バカーッ バカーッ バカーッ



穏乃 「おおっ、山彦!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:11:11.56 ID:3OMcH3Mw0

灼  「……ありがと、シズ」

穏乃 「すっきりしました?」

灼  「うん。多分、これで大丈夫だと思う」ニコッ

穏乃 「! ……良かったあっ!」ガッツポッ

灼  「? なに?」

穏乃 「ほら、今笑ったじゃないですか!」

灼  「あれ。本当?」

穏乃 「ホントですよ! 今日ずっと笑ってくれなかったから……」

穏乃 「やっぱり、笑ってる灼さんの方が好きですよ! 私!」

灼  「……うん。ありがとう、シズ」

穏乃 「どういたしまして!」


 <なるほどねー。それで2人は仲良くなったと>

 <はい。今の私があるのは、あの時のシズのおかげです。本当に感謝しています>

 <……そう>




40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:19:02.67 ID:3OMcH3Mw0

 <それで。アナタたち阿知賀女子麻雀部はその年、インターハイに出場したのよね>

 <はい>

 <その準決勝で……出会った、と。あの魔物と>

 <……はい>

 <じゃ、次はそのことを話してもらおうかしら>



   『副将戦、終了ーッ!!』

   『なんと! ここに来て意外な展開!! 誰も予想しない伏兵が現れたァーッ!!』

   『阿知賀女子の鷺森灼が他校を蹂躙! 一気にトップに躍り出ました!!』

   『2位との差はおよそ30000点! これは決勝進出も確定かァーッ!?』


灼  「……ふう」

穏乃 「お疲れ様です!」

灼  「あ。シズ」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:25:08.64 ID:3OMcH3Mw0

穏乃 「すごかったです! あのメンツ相手に圧勝だなんて!」

灼  「シズに楽をさせてあげたかったから張り切った。……ここまではさすがに予想外だったけど」

灼  「あとはシズに任せた。頑張って」

穏乃 「任せてくださいっ!!」


穏乃 「……と、言いたいんですけれど……」

灼  「? なに?」

穏乃 「大将戦の相手。なんだか、ヤバそうな感じがするんですよねー」タハハ

穏乃 「……勝てるか心配で」



灼  「ガラにも無いこと言って」ズバッ

穏乃 「私の不安を一刀両断!?」ガーン



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:29:12.72 ID:3OMcH3Mw0

灼  「シズはそんなこと、深く考えない方が良いよ」

灼  「ただ、麻雀を楽しんで来ればいい」

穏乃 「灼さん……」



穏乃 「それ、もしかして遠回しに私をバカ扱いしてません?」

灼  「そんなことない」

穏乃 「嘘だぁっ! 酷いよ灼さん!」



穏乃 「…うん。でも、ちょっと不安が収まりました」

穏乃 「楽しんできます! 麻雀!」

灼  「行ってらっしゃい。頑張って」




   『た……大将戦、終了ーっ!!』

   『これは…た、大変なことになってしまいました!!』



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:37:48.12 ID:3OMcH3Mw0

   『白糸台高校の大将、大星が阿知賀女子をメッタ打ちに!!』

   『オーラスでは役満・字一色を直撃させ、トップを奪い返しました!!』

   『なお阿知賀女子の大将、高鴨は対局終了と同時に卓から崩れ落ち……』

   『救急隊によって運ばれていきました! 小鍛治プロ、これは何が起こったんでしょうか?』

  『おそらく、大星選手が一和了ごとに雀力を載せていたんでしょう』

   『雀力?』

  『ええ。麻雀をする際に生じるエネルギーなのですが……あまりに大きい雀力は、身体に影響を及ぼします』

  『私が現役の頃も、よく対戦相手を病院に送ってしまいましたから』

   『はい、毎度おなじみの自分自慢でした!』

  『自慢じゃないよ!?』



灼  「シズ! シズ!!」

   「ちょっと退いたってなー。ストレッチャー乗せなアカンからな?」

   「(医療)にわかは相手にならんよ! ほら、どいたどいた!」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:44:17.62 ID:3OMcH3Mw0

 ジョウタイハ!?
   コキュウガアンテイシマセン! イッコクモハヤク モヨリノビョウインヘ!


灼  「……シズ」



 <それからシズは病院に運ばれました>

 <ただ、近場の病院では満足な治療は受けられなかったみたいで……>

 <遠くの病院に入院することになったんです。確か岩手だったか>

 <ははーん。分かったわ>

 <その時の経験から、今の職に就くことを決めたわけね>

 <……医師に>

 <はい>

 <…もう、あんな経験はしたくありませんでしたから>

 <親友が目の前に倒れていて、何もできない……そんな無力感を味わうのは>



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 23:52:51.53 ID:3OMcH3Mw0

 <…私が医師として働き出して数年が経った頃でした>

 <夜中に、急に運び込まれてきた患者がいたんです>

 <雀力によるショック症状。…まさか、と思いました>



灼  「状態は?」

    「呼吸が安定してないねー。ぜんそくっぽい症状も見られるよー」

灼  「患者の性別と年齢」

    「えーと…高鴨穏乃さん、女性。28歳だねー」

灼  「! 今なんて!?」

    「えーと、女性でー」

灼  「その前! 名前!」

    「だからー、高鴨穏乃さんだよー」

灼  (……シズ!?)



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:02:14.47 ID:bOhhJMPt0

   「ベリーロングに待ってましたよ、灼先生」

灼  「患者は? どこ?」

   「ヒア。こちらですよー」



穏乃 「ぜーっ、ぜーっ……ぜひゅっ、こひゅー……」

灼  「……シズ」

   「? 知り合いですか?」

灼  「ちょっとね」



灼  (シズ……。あの時は、私は何も出来なかった)

灼  (でも今は違う。 私の手で、シズを助けてあげるから!)ゴッ

灼  「鎮静剤を」

   「イェア。お待ちをー」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:08:16.36 ID:bOhhJMPt0

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

穏乃 「いやー、お恥ずかしい! こんなみっともない姿を見せちゃって……」タハハ

灼  「そんなことない。病人はみんなそうだよ」

灼  「……久しぶりだね、シズ」

穏乃 「うん。お久しぶりです、灼さん」

灼  「あの時のインターハイ以来だから10年くらいかな」

穏乃 「そうですねぇ」シミジミ

灼  「…あれからどうしてたの? シズ、携帯持ってなかったから連絡も出来ないし……」

穏乃 「岩手の宮守っていうところに通ってましたよ。それで卒業して……」

穏乃 「あ、そうそう! 卒業してから私、プロ雀士になったんですよ!」

灼  「プ、プロ雀士!?」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:13:48.86 ID:bOhhJMPt0

灼  「どういうこと!? プロ雀士って……」

穏乃 「宮守にいたトシさんって人がプロと関わってて。紹介してもらったんですよー」

灼  「そうじゃなくて!!」


灼  「…シズ、分かってるでしょ? 雀力のショック症状のこと」

穏乃 「……うん」

灼  「一度ショックを受けると、次からはもっと軽い雀力でも同じ症状を起こすことになる」

灼  「…同じ、じゃないね。前回よりも、もっと重いショック症状を」

穏乃 「そうですね、何度も経験してますから。よーく分かりますよ」

灼  「分かってるなら何で!? 今日運ばれてきたのも試合が原因なんでしょ!」

灼  「そんな身体で…プロ雀士なんて……」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:23:28.04 ID:bOhhJMPt0

穏乃 「…うん。危ないのは分かってます」

灼  「だったら……」

穏乃 「けれど。それで、私が麻雀を辞めちゃったら」

穏乃 「今まで私が麻雀を打ってきた時間…麻雀部で過ごしてきた時間」

穏乃 「……灼さんと過ごしてきた時間を」

穏乃 「そのすべてを、否定してしまうことになりそうでイヤだったんです」

灼  「…そんな」

穏乃 「だからプロになったんです。ほら! 一応私、人並み以上の力はありますから!」

穏乃 「それなのにプロにならなかったら……それは、麻雀に対する逃げですから」

灼  「……そっか」

穏乃 「あっ! でも安心してください! 最近はショック症状もだいぶ和らいできているんですよ!」

灼  「今日運ばれてきたのは?」

穏乃 「……てへ」

灼  「てへじゃないっ!」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:32:22.00 ID:bOhhJMPt0

 <それから、またシズとの付き合いが始まりました>

 <…一応聞いておくんだけど、付き合いっていうのは……>

 <当然、友達としての付き合いですよ? 恋愛感情とか、そういうやましいことは…>

 <なんだ、つまんないのー>


 <時々病院に来診に来て、私が身体を診る>

 <驚いたのは、日々私を訪れるたびに、シズの雀力ショックが治っていくことでした>

 <治る? ショック症状が起こらなくなるってこと?>

 <ええ。人並み外れた回復力があれば、あり得ないことではないものです>

 <……そんな中でした。シズからあの話をされたのは>



灼  「…すごいね。もう完治といってもいいくらい」

穏乃 「本当ですか?」

灼  「うん。麻雀を打ったあとの精密検査でもこの値なら、もうほとんどショック症状が起きることはない」

穏乃 「ううう…… よっしゃーっ!!」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 00:38:19.94 ID:bOhhJMPt0

灼  「でも油断しちゃダメだよ。あくまで、プロの平均雀力をベースに考えてるから」

灼  「並みのプロよりずっと強い雀力を受けた時はどうなるか分からない」


穏乃 「強い雀力、か」

穏乃 「……」

灼  「? シズ、もしかして何か悩み?」

穏乃 「ふぇっ!? 灼さん、何で分かったんですか!?」

灼  「いつもゆるみきったシズの顔がいつになく難しい顔になってたから」

穏乃 「えー、そんな分かりやすいですか? 私……」


灼  「……何か悩みがあるなら、相談してほしい」

灼  「高校の時は、シズに助けられた」

灼  「今度は私が助けたい。シズの力になりたい」

穏乃 「灼さん…」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 01:03:37.30 ID:bOhhJMPt0

穏乃 「…うん! じゃ、話しちゃいます!」



灼  「大星淡と!?」

穏乃 「はい。新鋭プロだけで行う大会があるんですけど、その決勝に……」

穏乃 「ま、インハイではボコボコにやられちゃいましたけど。今回h」

灼  「シズ」

穏乃 「…はい」

灼  「これは友人としてじゃなく、一人の医師として言わせてもらう」

灼  「……棄権して」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 01:12:35.79 ID:bOhhJMPt0

穏乃 「あー……。やっぱり、そうですか」

灼  「大星の雀力ははっきり言って危険。それこそ、小鍛治プロの再来と言われるほどに」

灼  「それに加え、シズは過去に一度大星の雀力を受けている。…良いこととは思えない」

灼  「死……とまでは言わないけれど……。最悪、それに近い状態になる可能性も」



穏乃 「うーん。だけども、それは出来ないんですよね」

灼  「…どうして」

穏乃 「もうスポンサーとかもたくさん付いちゃってて。今から棄権するとスポンサーへの損害が」

灼  「そんなことよりも命の心配をしてよ!」

穏乃 「……それと」

穏乃 「私としても、もう一度挑戦したいんです。彼女に」

灼  「……命をかけてまで?」

穏乃 「はい。私のためにも……彼女のためにも」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 01:19:33.90 ID:bOhhJMPt0

灼  「彼女のため?」

穏乃 「はい。……淡、あのインハイのことがトラウマになってるんです」

灼  「トラウマ……」

穏乃 「ほら、私が倒れちゃったじゃないですか。あれ以来、ここぞという時に麻雀が怖くなっちゃうみたいで」

灼  「…そんな状態でも決勝まで来れるっておそろしいね」

穏乃 「そこで! 私が決勝でどどんっと登場して、身体は全然大丈夫ってことを見せてあげれば……」

穏乃 「…少しは、自信を取り戻してくれるんじゃないかなって」


灼  (……そうか。シズはあの時から変わってないんだ)

灼  (私を助けてくれたときみたいに。人のことを大切に思って行動できる子)

灼  (……)


灼  「……分かった」

灼  「もう棄権してなんて言わないよ。そこまでシズが考えてるならね」

穏乃 「灼さんっ!」

灼  「頑張って、シズ。 …大星を助けてあげて」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 01:25:26.15 ID:bOhhJMPt0

穏乃 「ありがとうございますっ、灼さん!!」ガバッ

灼  「うわ、シズっ……抱きつかないでっ」アタフタ

穏乃 「……それで、灼さん。そのう……」

灼  「なに?」

穏乃 「1つ、お願いがあるんです」

灼  「いいよ、何でも言ってみて?」


穏乃 「……ひょっとしたら、淡と打つことでまたショック症状が起きちゃうかもしれません」

穏乃 「私、調べたんです。最悪、植物状態になる可能性まであるって」

灼  「……」

穏乃 「今の医療技術なら、そんな状態でもチューブに繋がれれば生きることが出来るって」

穏乃 「…でも、イヤなんです。そんなになってまで生きつづけるなんて……」

穏乃 「だから、灼さん」



穏乃 「その時が来たら、あなたの手で……お願いします」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 01:33:56.47 ID:bOhhJMPt0

 <……なるほど。本人に頼まれた、と。そう言うわけね>

 <……>コクン

 <…そう。それから?>



   「急患だよー!!」

灼  (急患……まさか!?)

   「穏乃さんだよー! 灼せんせー、はやくお願いしますー!」

灼  「……くっ!!」



   「ウェイトしてましたよー」

灼  「状態は!?」

   「呼吸はナッシン、心拍もストップしてますね。デンジャラスな状態です」

灼  「除細動器! それから強心剤を!!」

灼  「く……どいてっ!! 心臓マッサージは私がする!」

灼  「っ! っ! っ!」ドンッ ドンッ ドンッッ



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 01:38:30.93 ID:bOhhJMPt0

灼  (シズ……!)

灼  (戻ってきてっ……戻ってきてよっ……!!)



灼  (……!!)

   「心拍戻ったよー! ちょー嬉しいよー!!」

灼  「…は」

灼  「よ、よかったぁっ……」ホウッ



   「ですが自発呼吸は未だカムバックしませんね」

灼  「……う」

灼  「…人工呼吸器を、お願いします」

   「ラジャです。チューブを」

   「分かったよー」

灼  (……シズの身体に…チューブが……)



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 01:52:06.00 ID:bOhhJMPt0

――――――――――

灼  「……」

久  「…それから、穏乃さんは?」

灼  「運び込まれてから6日後に自発呼吸は戻りました」

灼  「ですが、それきり。それ以降は快復の見込みも無く……」

久  「……そう」



久  「それで、殺したってわけね。穏乃さんを」

灼  「殺したって、そんな言い方っ!!」

美穂子「上埜さんっ」

久  「美穂子は黙ってて。 …違う? 鷺森さん」





82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:10:03.75 ID:bOhhJMPt0

灼  「……これは終末医療」

久  「へえ、終末医療って言い張るわけ」

久  「…じゃあ、質問させてもらおうかしら」

灼  「……」


久  「病院に運び込まれた時、穏乃さんはどんな状態なんだっけ?」

灼  「心拍・呼吸がともに停止していた」

久  「その後は?」

灼  「心拍は戻すことに成功。呼吸はその6日後に戻った」

久  「うん、そうだったわね」

久  「……つまり」

久  「それからは穏乃さんは『生きている』とみなされるわけよね。『終末医療が必要ない』ほどに」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:18:16.92 ID:bOhhJMPt0

久  「どう? このことについては何か言うことはあるかしら?」

灼  「……私はシズから頼まれていた」

灼  「『もし私が医療技術に頼らないと生きられないような身体になったら、その時は』と」

灼  「あの時のシズはまさにそれだった! だから私は……」

久  「…確かに、本人からの意思表示は尊厳死を行う上で、非常に大切なものになるわ」

灼  「じゃあ!」

久  「だけど。 …それを聞いたのは、いつだった?」

灼  「病院に運び込まれる前d」

久  「まだ元気な時だったわね。 死の間際に言ったことならまだしも、そんな元気な時の言葉だなんてアテにならないわ」

灼  「運び込まれた後のシズは口もきけない状態だったんですよ!」

久  「……」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:27:43.59 ID:bOhhJMPt0

久  「……尊厳死が認められるケースについての話をしましょうか」

灼  「話をすり替えないでください」

久  「尊厳死が認められるケースとして、裁判所が認めているのは僅かな場合のみなの」

久  「『快復の見込みがなく』『肉体的苦痛を伴い』『死期が迫っている』……この3つの条件を満たすときよ」

久  「今回の場合……穏乃さんは、心臓も動いていて呼吸もしていたのよね?」

灼  「自発呼吸は戻りましたが不安定なものでした。完全に戻ったとは……」


 ドンッ


灼  「!」ビクッ

久  「……」

久  「こちらの質問にイエスかノーで答えてね?」ニコッ

美穂子(上埜さん……。私、こういうときの上埜さんだけは……)ゾゾッ

久  「もう一度聞くわ。心臓は動いていた。呼吸はしていたか」

灼  「……はい」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:32:05.03 ID:bOhhJMPt0

久  「ん。それで、脳については?」

久  「脳もその役割を果たしていた。違う?」

灼  「萎縮が確認されていた。完全に役割を果たしていたわけじゃ」

久  「灼さん」



久  「分からない? あなたははいかいいえで答えればいいの」

久  「で、脳は? 働いていたの?」

灼  「……」コクン

久  「返事をする」

灼  「…はい」

久  「ん。良い子ね」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:41:06.64 ID:bOhhJMPt0

久  「心臓は動いている。呼吸もしている。脳もはたらいている」

久  「これを『快復の見込み無し』と見ることは出来ないわ」

灼  「だから、それは自発呼吸も不安定で脳も!」

久  「じゃ、次ね。『肉体的苦痛』について」

灼  「……!」ググ

久  「穏乃さんは『肉体的苦痛』を感じていた。それは証明できる?」

灼  「話、聞いてました? シズは話せない状態で……」

久  「それじゃ、証明することはできないわけね? 次」

灼  「ま、待って!」

久  「……」ハァ

久  「何?」

灼  「シズは発作を起こす度に『お恥ずかしい』とか『面目ない』って言う、繊細な子だった!」

灼  「そんなシズにとって、植物状態になった姿を見せるのは苦痛であると言えるんじゃっ……!?」

久  「お話にならないわね」

久  「それは『精神的苦痛』。『肉体的苦痛』とは違うのよ」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:49:29.91 ID:bOhhJMPt0

久  「最後に『死期が迫っている』かどうかね」

久  「これは議論するまでもないわね。快復の見込みがあるんだから……」

灼  「死期が迫っているかどうかなんて、病状ひとつひとつでそれぞれ違ってきます」

灼  「ショック症状の場合はショックが起こる度に、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされる」

灼  「これに線引きをするなんて不可能です」

久  「……そう」

久  「分かったわ、参考にさせていただくわね」

灼  (……体よくあしらわれた感じ。多分、まったく聞いてないんだろうな)



久  「じゃ、以上の話から。さっき述べた3条件は満たしていないものであることは明らかね」

灼  「3つ目の条件」

久  「…概ね、条件は満たしていないと考えられるわね」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:54:48.74 ID:bOhhJMPt0

久  「これを尊厳死と認めるわけにはいかない。これは立派な殺人よ」

灼  「……」

久  「……」


 バァンッ!!


久  「アナタはその手で!」

久  「まだ命がある穏乃さんを殺したのよ!!」

灼  「……」



灼  「…じゃあ、私はどうすれば良かったっていうんですか?」

久  「……」

灼  「チューブの交換の時、血が混じっているのを見たんです」

灼  「ストレス性の胃潰瘍です。 ……シズは、あの状態にストレスを感じていたんです! 苦しんでいたんです!」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:59:19.56 ID:bOhhJMPt0

灼  「……あれ以上」

灼  「シズを苦しめなきゃいけなかったんですか? 治る見込みも無いのに……」

久  「それでも、命は尊重しなきゃならないものよ」

灼  「命を大切にするのは自分自身のためでしょう!? 命があることで、苦しんでいるのなら……」



灼  「…私だって……」ウル

灼  「私だって……シズに、生きていてほしかった……」ポロ

灼  「だけど、ずっと苦しませてまで生きてもらうだなんて……」ポロポロ

久  「……そう。だから、殺したのね?」

灼  「……」

灼  「…はい」コクン




久  「殺した、そう自白したわね」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 03:01:25.88 ID:bOhhJMPt0

灼  「え……?」

久  「美穂子」

美穂子「あ、はいっ」


 スッ


灼  「何、これ……」

久  「逮捕状よ」

久  「…鷺森灼。高鴨穏乃の殺害容疑で逮捕します」

灼  「……」

美穂子「あの。手錠、失礼しますね」




    ガチャン








103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 03:10:24.13 ID:bOhhJMPt0

         ―それから2週間後、鷺森灼被告は殺人の罪で起訴された。―


     ―検察側は『本人の意思表示が無い』『快復の見込みが無いとは言えない』―
          ―という二点から、鷺森被告の行為が罪であったと指摘。―
 

―その一方で、被害者・高鴨穏乃が遺書を残していたことが、本人の母から明らかにされた。―

 ―遺書の最後には『自分の最後は鷺森医師にすべて任せる』とはっきりと書かれていた。―




                       ―しかし―

     ―裁判所は『快復の見込みが無いとは言えない』という検察側の考えを重く受け止め―
 
       ―鷺森被告に、執行猶予付きの懲役刑という判決を下した。―







                        ―カン―



元スレ
穏乃「灼さん。その時が来たら、あなたの手で……」