SS速報VIP:男「友姉さんいいな」友「男んとこのお姉さんのがいい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1331472835/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:33:55.86 ID:boKCClGbo

姉「し、失礼します…」

姉「え?まぁその通りなんですが…」

姉「いいじゃないですか!小さい頃はよく一緒に寝たでしょ!」

姉「そ、それは関係ありません!偶然です!」

姉「たまたま怖い映画を見た後だったんです!その夜はたまたま一緒に寝たくなるんですよ!」

姉「本当です!」

姉「ほんとですよぉ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1331472835(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:34:30.38 ID:boKCClGbo

姉「…弟君?寝ちゃいました?」

姉「……」モソモソ

姉「はわ!?お、お、起きてるなら起きてると言ってください!」

姉「え?なんで抱きついてるか、ですか…」

姉「…えと」

姉「そう!私冷え性なんですよ!」

姉「初めて聞いた?今初めて言いましたから!」

姉「だからこうして弟君を湯たんぽ変わりにしてるんです!」

姉「あぁ!待ってください!本物より弟君湯たんぽのほうがいいんですー!」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:35:19.81 ID:boKCClGbo

男「こんな感じで冬場はほぼ毎晩だよ」

友「かわいーじゃねーか」

男「かわいいかな?」

友「おまえんとこのお姉さん小さいだろ」

男「身長がね」

友「だけど年上じゃん」

男「…うん」

友「ギャップがやばい」

男「…うん?」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:35:47.56 ID:boKCClGbo

男「ロリコン?」

友「違う」

男「俺は友姉さんのがいいと思うな」

友「あの男勝りの何処がいいんだよ」

男「頼りになるし、カッコいいじゃん」

友「ガサツなだけだって」

男「そーかなー」

友「こないだなんてよぉ――」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:36:15.26 ID:boKCClGbo

友姉「おい、ピーマン残すなっつったろ。ちゃんと食え」

友姉「はぁ?知るかよ。食え」

友姉「これでも少なめに盛ったんだぞ」

友姉「…ったく、しゃーねーな。半分食ってやるよ」

友姉「文句あるなら晩飯食わなくてもいいんだぞ?」

友姉「はは、よく食ったな。えらいえらい」

友姉「からかってねーって。褒めてんだよ」

友姉「拗ねんなよ。うりうり~」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:36:42.49 ID:boKCClGbo

友「ウザイだろ?」

男「優しいじゃん」

友「超ウザイだろ!?」

男「友姉さんなりのスキンシップだよ」

友「馬鹿にされただけだろー」

男「違うって」

友「いーや、絶対そうだね」

男「ひねくれてるなぁ」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:37:08.40 ID:boKCClGbo

友姉「――おわっ!?」

友姉「お、おま!なな、なんてカッコで歩いてんだ!」

友姉「風呂上りで暑かっただぁ!?知るか!服着ろ服!」

友姉「あ、赤くなってねーよ!」

友姉「親しき仲にも礼儀あり、だ!」

友姉「ば、馬鹿馬鹿!こっちくんな!」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:38:00.70 ID:boKCClGbo

友「な?」

男「意味が分からないよ」

友「あの図体でだぜ?弟の裸見て恥ずかしがるとかなくね?」

男「それこそギャップ萌えじゃないの?」

友「身長の高い女の人はちょっと…」

男「…そう」

友「ロリコンじゃねーって」

男「分かったよ」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:38:26.42 ID:boKCClGbo

男「僕は友姉さん好きだけどなぁ」

友「身長が低いほうがぜってーいい。かわいいは正義って言うじゃん」

男「初めて聞いたよ」

友「言うんだよ」

男「……」

友「……」

男「強引なとこ似てるよね」

友「おまえのおっとりした所、お姉さんにそっくりだぜ」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:38:54.72 ID:boKCClGbo

男「お風呂で思い出したんだけどさ」

友「覗いたのか?」

男「覗かないよ」

友「おまえのお姉さんが俺の姉だったら俺は覗くね!」

男「断言されても、返答に困るよ」

友「それより何を思い出したんだ?」

男「ああ、こないだのことなんだけどね――」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:39:29.93 ID:boKCClGbo

姉「お、弟君!あれはどういうことですか!」

姉「お風呂のお湯加減に決まっています!いつもお姉ちゃん言ってるでしょ!」

姉「弟君が入った後は熱過ぎると言っているんです!」

姉「熱過ぎるのは体に毒だとテレビでも言ってましたよ!?」ハラリ

姉「だから!……へ?タオル?」

姉「……」

姉「~~ッッ!!」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:40:04.27 ID:boKCClGbo

男「今さら裸見たって、こっちはなんとも思わないよね」

友「恥ずかしさに悶えてるトコ想像したらムラムラしてきた」

男「凹凸の少ない体見ても興奮しないでしょ」

友「少ないのか?」

男「…多少あったかな?」

友「そこ重要よ!?」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:40:47.90 ID:boKCClGbo

友「男のお姉さんはかわいくてい~よな~」

男「友姉さんだって美人だろ」

友「口開かなきゃな」

男「たしかに多少粗い口調だけどさ」

友「それだけじゃないんだってばよ」

男「そうなの?」

友「人を顎で使うんだ。嫁さんにしたら、旦那を尻に敷くタイプだね」

男「僕はそれぐらいのほうが好きだな」

友「おまえMだもんな」

男「ち、違うよ!」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:41:24.66 ID:boKCClGbo

友姉「ん、それな」

友姉「そっちじゃねーって。隣の甘そうなやつ」

友姉「そうそう、そのミカンな。早く剥け」

友姉「分からねーやつだなぁ。食べさせろっつってんだよ」

友姉「さみーから、こたつから手ぇ出したくない~」

友姉「たーべーさーせーろー」

友姉「うひゃっあ!?」

友姉「ミカンの汁目に飛ばすなよ!」

友姉「ぎゃー!」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:42:00.50 ID:boKCClGbo

友「姉貴ミカン、俺ビンタ食らう…みたいな…?」

男「友が悪いだろ」

友「寒いから手を出したくないと言い切る姉もおかしいだろ」

男「友に甘えたかったんじゃない?」

友「ないないない。何かとコキ使われてるし」

男「んー、僕の場合は逆だな」

友「逆?」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:42:37.16 ID:boKCClGbo

姉「失礼します」

姉「昨日ケーキを作ったんです。一緒に食べませんか?」

姉「いいですいいです!コーヒーも私が用意します!」

姉「弟君はお砂糖は入れない派でしたよね?」

姉「待っててくださいね。お姉ちゃんの特性コーヒーを淹れてきますから!」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:43:02.97 ID:boKCClGbo

友「至れり尽くせりだな」

男「過保護じゃない?」

友「そんだけ愛されてるってことだろ」

男「…限度があるよ」

友「他にもあるのか?」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:43:48.51 ID:boKCClGbo

姉「お、弟君」

姉「はい、またケーキ作ったんです。こないだおいしいって言ってくれたから…」

姉「…とても嬉しかったので」

姉「はい、またチーズケーキです」

姉「……」

姉「あ、飽きちゃいますよね!ごめんなさい…」

姉「今度はチョコケーキにしますね!」

姉「…ケーキ自体…飽きちゃいましたか」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:44:46.11 ID:boKCClGbo

友「お姉さんが作ったケーキ残したの?ん?お?」

男「食べたよ!ちゃんと食べた!」

友「残してたらやばかったな。俺のコークスクリューが抉り込むようにおまえの頬を」

男「続き話していい?」

友「どうぞ」



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:46:13.31 ID:boKCClGbo

姉「弟君?」

姉「無理しても食べなくても…」

姉「世界一おいしい?」

姉「いくつ食べても飽きない?」

姉「……」

姉「…私の分まで食べてしまいましたね」

姉「弟君……」

姉「私、弟君のお姉ちゃんでよかったです」

姉「な、なんでもありません!独り言ですよー」

姉「まだまだありますから、いーっぱい食べてくださいね♪」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:46:45.93 ID:boKCClGbo

男「こうして土日はチーズケーキの日になりました」

友「俺だったら毎日喜んで食べるね」

男「実際経験してないからそういうことが言えるんだ」

友「別にケーキがまずいってわけでもないだろ?」

男「おいしいけど…」

友「けどなんだよ」

男「…さすがに飽きる」

友「自慢しやがって!このこのォ!」

男「あたた!」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:47:40.55 ID:boKCClGbo

友姉「へぇ、男君とこのお姉さんは料理が上手いのか」

友姉「遊び行った時に手作りケーキご馳走になった?」

友姉「……うまかったのかよ」

友姉「そりゃ良かったな」

友姉「…別に怒ってねーし」

友姉「私だってな、その気になりゃケーキぐらい楽勝だ」

友姉「オリーブオイル?も、勿論知ってるぜ!」

友姉「あれだろ?スパゲッティにかけるやつだろ!?」

友姉「う、うちじゃパスタじゃなくてスパゲッティなんだよ!」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:48:07.54 ID:boKCClGbo

友「パスタをスパゲティって言うのはお年寄りとうちの姉貴ぐらいだな」

男「気にすることないでしょ」

友「最近の冷凍食品のパスタうまいよなー」

男「あー、そうだね」

友「どうでもいいけどな」

男「…うん」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/11(日) 22:50:35.22 ID:boKCClGbo

こんな感じでのほほんだらだらと行く予定
早くもネタが尽きかけているのでネタ提供とかしてもいいんだぜ?
していただけると嬉しいです



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 01:11:48.26 ID:AKDicB5Lo

【もしもお姉ちゃんを交換したら…… 友編】


姉「今日から私が友君のお姉ちゃんですよ!」

姉「本当のお姉ちゃんだと思って、いーっぱい甘えてくださいね」

姉「早速お願い、ですか?」

姉「おお、お風呂!?」

姉「お姉ちゃんと一緒に入るのが夢だった?…でも…」

姉「う~…分かりましたよぉ…」



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 01:12:18.94 ID:AKDicB5Lo

姉「し、失礼します」ガラガラ

姉「……」

姉「そんなことないです!お風呂場が暑いからですよ!」

姉「へ?背中の洗いっこですか?」

姉「恥ずかしくなんてないです!なんてたってお姉ちゃんですから!」

姉「勿論ですとも!」



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 01:13:05.50 ID:AKDicB5Lo

姉「あぅ!」

姉「くすぐったいので、もっと優しく…ひゃあ!?」

姉「も~!友君意地悪です~!」

姉「私がかわいいから?」

姉「……どうも」

姉「不意打ちはずるっこです…」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 01:13:54.64 ID:AKDicB5Lo

友「そして始まるラブストーリー」

男「なんで僕が友の妄想聞かなきゃいけないのさ」

友「おまえだって俺の姉貴で妄想してんだろ」

男「し、してないよ!」



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 01:14:45.27 ID:AKDicB5Lo

【もしもお姉ちゃんを交換したら…… 男編】


友姉「今日からよろしくな!お互い気軽にいこーぜ」

友姉「とりあえずこれやってもらおうかな」

友姉「耳かきだよ。あいつにもよくやらせてんだー」

友姉「当然膝枕だ」

友姉「おう!」ゴロン



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 01:15:26.00 ID:AKDicB5Lo

友姉「ん~。あいつと違って男君の膝は寝心地いいな~」

友姉「このまま寝ちまいたいぐらいだ」

友姉「照れんなよ~。はは、かわいいトコあるんじゃん」

友姉「私も美人だって?ありがとな」ナデナデ

友姉「じゃあお願いするか」



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 01:16:39.08 ID:AKDicB5Lo

友姉「ん…あ…」

友姉「ふぁ!そこ、いい…!」」

友姉「どうしたんだ?」

友姉「こ、声がエロいだぁ!?」

友姉「しょーがねーだろ!気持ちいーんだから!」

友姉「あン!お、奥入れすぎ!」

友姉「おい!また変なこと考えてんだろ!?」

友姉「耳かき終わったらお仕置きだかんな!」



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 01:17:10.82 ID:AKDicB5Lo

男「……」

友「どうしたんだよ、ボーっとして」

男「いや、ちょっとね…」

友「なんだそりゃ」

男「交換するのも悪くないかな…」ボソッ

友「うん?」

男「な、なんでもないよ!」



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 21:59:35.93 ID:tqmYO62Mo

【彼女もいねーぞ!?】


友「お姉さんって彼氏いる?」

男「ダメだよ」

友「まだ何も言ってないだろ…」

男「友の考えそうなことぐらい分かるよ」

友「ちなみに、姉貴は彼氏いねーぜ」

男「……うちもいない」

友「お互い頑張ろうな!」

男「僕は別に…」



44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:00:29.17 ID:tqmYO62Mo

友「ついでに教えてほしーんだけどさ」

男「何?」

友「交際経験もゼロなんだよな!?」

男「僕が見た感じではね」

友「あんだけかわいーのに告る奴いなかったんか」

男「何度かはされたみたい」

友「かわいいもんな!」

男「小さいしね…」



45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:01:10.09 ID:tqmYO62Mo

男「友姉さんは…どうなの…?」

友「姉貴も告られたことはあるっつってたなー」

男「美人だものね」

友「ただなぁ……」

男「…?」



46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:01:56.14 ID:tqmYO62Mo

友姉「彼氏ぃ!?」

友姉「な、なんだよ、急に…」

友姉「まぁ何度かあるけどよ」

友姉「どっちかっつーと同性に告られるほーが多かったな」

友姉「さーなー。私が男っぽいからじゃね?」

友姉「ガサツとはなんだ!コラ、待て!」



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:02:39.22 ID:tqmYO62Mo

友姉「よ、よぉ…」

友姉「別に…たまにスカート穿くのも悪くねーかなーと思ってよ…」

友姉「…どうだ?」ヒラリ

友姉「だ、だよな!」

友姉「自分でも変だなーって思ったのよ!」

友姉「うん…」

友姉「……着替えてくるな」



48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:03:05.78 ID:tqmYO62Mo

友姉「あ?」

友姉「いつもの姉貴のがカッコよくて好き?」

友姉「…女にカッコいいってどーなんだ」

友姉「はは、ま、かわいいは私の柄じゃねーな」

友姉「…好き、か。へへ」

友姉「な、なな何でもねーよ!」

友姉「聞こえてんなら聞き返すな!ばかー!」



49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:03:54.72 ID:tqmYO62Mo

友「…女にモテル姉ってどうなんだ?」

男「嫌われるよりはいいんじゃないかな」

友「そっか…」



50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:04:32.34 ID:tqmYO62Mo

【愛姉弁当】


姉「弟君お弁当忘れてますよ~」

姉「好きでやってることですから、気にしないでください」

姉「明日のお弁当は何がいいですか?」

姉「ふむふむ、からあげですか」

姉「それから卵焼きっと…」

姉「……」

姉「い、いえ!なんでもありません!」

姉「わ、笑わないで聞いて欲しいんですけど…」

姉「なんだか新婚さんみたいだなー、なんて…」

姉「しょ、小学生の妹!?」ガーン



51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:05:03.59 ID:tqmYO62Mo

姉「はい、今日の分のお弁当です」

姉「お姉ちゃん腕によりをかけて作りましたからね!もう小学生なんて言わせません!」

姉「隠し味ですか?そーですねー…強いて言えば…」

姉「お、お姉ちゃんの愛情…かな…」

姉「真面目に言ってますぅ!!」



52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:05:30.58 ID:tqmYO62Mo

友「お、うまそうな弁当じゃん」

男「……」

友「ハート型にふりかけがかかった弁当くれよ」

男「言わないで!」



53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:06:14.98 ID:tqmYO62Mo

【姉ちゃんとゲームしようよ】


友姉「また私の勝ちー。おまえよえーなー」

友姉「昔だろ?今じゃ私のが強いぜ」

友姉「大振りの攻撃振りすぎなんだよ」

友姉「ここでやると反確だから、小技と牽制をバランスよくだな…」

友姉「ちょ!聞けよ!せっかく寝る間も惜しんで練習したのに!」

友姉「し、してない!今のは言葉のアレだ!」

友姉「そう!言葉のアヤな!」



54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:06:46.48 ID:tqmYO62Mo

友姉「なーなー、ゲームしよーぜー」

友姉「勝てないから嫌?釣れねーこと言うなよー」

友姉「もしおまえが一勝でもしたら、何でも言うこときいてやっからさー」

友姉「おう!何でもだ!」

友姉「た、ただし!エッチなのはダメだからな!?」

友姉「考えてねーし!!」



55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/12(月) 22:07:17.24 ID:tqmYO62Mo

友「どーなったと思う?」

男「わざと負けてくれたとか」

友「ボコボコにされたわ」

男「…負けず嫌いなんだね」

友「姉貴とは二度とゲームやらんと心に誓ったね」



59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:46:46.03 ID:h6zsI1D4o

【ご相談があります】


友「――で、姉貴が言ったわけよ」

男「へぇ」

友「あーゆーときは頼りになるぜ」

男「うちのお姉ちゃんなら縮こまって震えてるな」

女「……」ジー

男「…?」

女「……」スタスタ



60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:47:29.87 ID:h6zsI1D4o

友「どした?」

男「女さんがこっちを見てたような…」

友「あいつが?気のせいだろ」

男「かなぁ?」

友「いつも教室の隅っこで本読んでるような奴だぜ」

男「しゃべってるの見たことないね」

友「友達いねーんだろ。それより、話の続きだけど――」



61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:47:50.45 ID:h6zsI1D4o

女「……」ジー

男「おわ!」

女「こんにちは」

男「ど、どうも…」

女「驚かせてしまって、すみません」

男「こっちこそ、ごめん…」

女「……」



62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:48:19.61 ID:h6zsI1D4o

男「僕に用があったんだよね?」

女「はい」

男「……」

女「実は姉さんのことでご相談が」

男「女さんのお姉さんって、生徒会長さんだっけ」

女「はい」

男「僕も生徒会役員だから何度か話したことあるよ」

男「仕事も早いし、面倒見もいいし、とってもいい人だよね」

女「……」

男「女さん?」



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:49:16.58 ID:h6zsI1D4o

女「学校での姉さんは…違うんです…」

男「え?」

女「あれは猫を被っているんです!」

男「お、女さん?」

女「す、すみません。取り乱して…」

男「家だと違うの?」

女「変態なんです」

男「…あ、冗談?」

女「本当に変態なんです」

男「……」



64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:50:25.11 ID:h6zsI1D4o

【変態だー!】


女姉「くく、そう恥ずかしがるな。小さい頃はよく一緒に入ったろう?」

女姉「つまり、姉妹水入らずというやつだな」

女姉「この場合はお湯につかるわけだ」

女姉「面白くない?今のは多少自信があったのだがな」

女姉「では定番のめしべとおしべの受粉を…」イソイソ

女姉「下関連は全部アウト?まいったな、そうなるともうネタがないぞ」



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:51:16.90 ID:h6zsI1D4o

男「ごめん、ちょっと信じられない」

女「でも事実です」

男「あの会長が…優しい会長が…」

男「この前なんか僕にコーヒー淹れてくれたんだよ!?」



66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:51:48.72 ID:h6zsI1D4o

女姉「お疲れ様。コーヒーでもどうだい?」

女姉「役員をねぎらうのも会長の仕事だからね」

女姉「男君、砂糖は?ミルクだけ?うむ、了解した」

女姉「…ハァ、妹のミルク飲みてぇ」

女姉「どうかしたかい?」

女姉「まさか!君の聞き間違いだよ」

女姉「きっと疲れているのさ。HAHAHA!」



67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:52:20.78 ID:h6zsI1D4o

男「ごめん、多少思い当たるフシがあった…」

女「気を抜くと変態臭が滲み出るみたいです」

男「よく滲み出てた気もするよ」

女「変態ですから」



68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:52:46.83 ID:h6zsI1D4o

女姉「遅かったじゃないか。待ちくたびれたよ」

女姉「どうして自分のベッドで、しかも裸で寝ていたのかだって?」

女姉「私の口から言わせる気か?妹は相変らず意地が悪い」

女姉「妹とセックスしたいからに決まっているだろう」

女姉「直球すぎる?」

女姉「……」

女姉「天井のシミを数えている間に終わるよ」

女姉「まわりくどい?じゃあ体液交換しよ♪」



69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:53:23.70 ID:h6zsI1D4o

女姉「そもそも言い方の問題じゃない?」

女姉「ならなんだって言うんだ」

女姉「姉妹で、女同士でするのは間違ってるだって?」

女姉「私は妹を愛しているぞ。これが理由じゃダメなのか?」

女姉「嫌い、とハッキリ言わないあたり、妹の愛を感じるよ」

女姉「クク、私の勘違いか。まぁいいさ、そういうことにしておこう」

女姉「おしゃべりはここまでだ。ここから先は言葉はいらない、だろ?」



70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/14(水) 16:54:03.34 ID:h6zsI1D4o

男「そ、それからどうなったの?」

女「無理矢理押し倒そうとしてきたので、正拳突きを」

男「空手やってるんだ…」

女「自分の身は自分で守らないといけない時代ですからね」

男「たくましいな」

女「……強くならなければ、生きていけなかったんです」

男(会長、妹さんのトラウマになってますよ…)



79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:45:22.06 ID:3WP+VrrRo

【ご相談があります 2】

友「女にも姉がいたんだ」

男「うちの生徒会長だよ」

友「そういや苗字一緒だな」

男「女さんが言うには、学校と家じゃ性格が全然違うんだって」

友「…変態ねぇ」



80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:46:15.55 ID:3WP+VrrRo

友「そもそもなんでお前に相談したんだ?」

男「よくお姉ちゃんのことで友と話してるだろ?」

友「あー、同類と思ったってわけね」

男「だと思う」

友「にしても変態かぁ…」

男「さっきからなんだよ」

友「変態なお姉さんも悪くないかなーつって」

女「変態ですね」

友「!」



81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:46:40.43 ID:3WP+VrrRo

男「やぁ、女さん」

女「こんにちは」ペコリ

友「……」

女「変態さんもこんにちは」

友「俺は変態じゃねー」

男「ロリコンだもんね」

女「気持ち悪いです」

友「違う!」



82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:47:14.58 ID:3WP+VrrRo

友「変態なのはお前の姉ちゃんだろーが」

女「……」

男「まぁまぁ二人とも落ち着いて」

友「ケッ…」

女「ふん」プイ



83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:47:40.43 ID:3WP+VrrRo

男「会長さんのことで相談があるんだよね」

女「そうです」

友「セクハラでもされんの?」

女「下発言が多すぎるんです」

男「昨日も言ってたね」

友「耳穴犯されちゃってる感じか」

女「的射た例えですが、発想がキモイです」

友「てめぇ」



84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:49:15.83 ID:3WP+VrrRo

女姉「ふぅ、風呂上りはムレてかなわんな」

女姉「全裸だっていいじゃない、ムレるんだもの」

女姉「み○を風に言ってもダメなものはダメ?困ったな」

女姉「しかし、あれはムレるからなぁ…」

女姉「ふと思い立ったのだが、下着の股間のあたりにファンをつけてみてはどうだろう」

女姉「いや、待てよ。もし陰毛がファンに巻き込まれてでもしたら大惨事に…最悪ツルツル…」

女姉「パイパンの妹はアリだと思うんだが、ここらでちょっとむしって…だめ?そうか…」



85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:49:41.33 ID:3WP+VrrRo

女「家だとこんな話ばかりなんです」

男「なんて言えばいいのか…」

友「下ネタ好きの姉ちゃんってだけだろ」

女「大した問題ではないと?」

友「ああ」

女「……」



86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:50:18.90 ID:3WP+VrrRo

女姉「…どうだ?」

女姉「そうか、おいしいか。頑張って作ったかいがあったよ」

女姉「クク、褒めすぎだ。そんな大層なもんじゃない」

女姉「コツか。そうさな、たっぷりの愛情とあと……」

女姉「…………」

女姉「色々だな…」

女姉「間が気になる?何か変なものを入れたんじゃないかって?」

女姉「……」

女姉「明日のテレフォンショッキグ…川越○ェフなんだ…」

女姉「関係ない?学校だからそもそも見れない?」

女姉「お姉ちゃんGコード録画出来るから大丈夫さ」



87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:51:03.21 ID:3WP+VrrRo

友「Gコード録画って何?」

男「結局料理には何が入ってたの?」

女「分からずじまいです」

友「かえって知らないほうがよかったんじゃね…」

女「……っ」

男「も、もしかしたら、冗談で言っただけなんじゃないかな」

女「姉さんは…やる時はヤる人なんですよ…」

友「……」

男「……」



88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:51:45.74 ID:3WP+VrrRo

短いけどおしまい!
続きは明後日!以下簡単な人物紹介



89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/15(木) 22:53:37.25 ID:3WP+VrrRo

・男
 今時の草食系男子。黒縁眼鏡がトレードマーク
 到って普通な男子高校生。おちんちんのサイズは平均より大きめ

・友
 お馬鹿要員。勉強は苦手だが、運動は得意
 口はあらいが根は優しい。おちんちんのサイズは秘密

・女
 基本的に無表情。感情が表に出ないタイプ。口は悪い
 変態な姉に悩まされている。が、そこまで深刻そうではない
 おっぱいは平均より小さめ。本人はあまり気にしていない(風を装っている)

・姉
 男のお姉ちゃん。小さい。小学生に間違えられることも
 やや過保護な嫌いがある。男のことは大好き。むしろラブ
 おっぱいはないに等しい

・友姉
 友のお姉ちゃん。身長が高い。同性に何度か告白された経験を持つ
 頼りになるようで頼りにならなかったり。友ことは大好きだが恥ずかしいので口には出さない
 おっぱいは何気に大きい

・女姉
 女のお姉ちゃんで生徒会長さん。モデル体型。何事もソツなくこなす人
 基本的に女のことしか頭にない。重度の変態。手遅れ
 おっぱいは平均サイズ



94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/17(土) 17:11:17.46 ID:/9YqUvY5o

【お姉ちゃんとお昼寝】


姉「……」モソモソ

姉「……」モソッ

姉「……」

姉「……」ジー

姉「…弟君」

姉「…………」ドキドキドキ

姉「……ん」ソロー



95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/17(土) 17:11:59.78 ID:/9YqUvY5o

姉「うひゃあ!?」

姉「お、驚かせてしまってすみません!」

姉「私も弟君と一緒にお昼寝しよかなーと思いまして」

姉「顔がやけに近かった?き、きき気のせいではないでしょうか!」

姉「寝ているのをいいことに、キスしようだなんて微塵も思ってませんよ!」

姉「……あ」

姉「嘘です!冗談です!出来心なんです~!」



96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/17(土) 17:12:45.14 ID:/9YqUvY5o

友「何それ、ご褒美じゃん」

男「目が覚めて、目の前に人がいたらびっくりしない?」

友「身内ならそうでもなくね?」

男「ぼんやりとした頭じゃすぐに判断できないよ。女さんなら分かるよね?」

女「私の場合は全裸の姉が横で寝ていますね」

友「それはビビるわ」

女「一度服を脱がされかけてるときに目が覚めたこともありました」

男「…そうなんだ」

女「最近は寝ながら警戒できるようになりましたね」

男「す、すごいなぁ…」

友(何処の侍だよ)



97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/17(土) 17:13:16.48 ID:/9YqUvY5o

友姉「――んぁ?」

友姉「あー、私寝てたのか」

友姉「しっかし、おまえの膝枕は相変らずゴツゴツしてんのなー」

友姉「ま、嫌いじゃねーけどさ。へへ♪」

友姉「よっと。そろそろ昼飯にすっか」ムクリ

友姉「!」



98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/17(土) 17:14:01.40 ID:/9YqUvY5o

友姉「お、おま、それ!!」

友姉「どーして股間の所が濡れてんだよ!?」

友姉「私の涎だぁ!?う、嘘つけぇ!!」

友姉「それはおまえそのあれだろ!」

友姉「んなダラダラ垂らすか!ぜってー違う!」

友姉「臭い嗅いで確かめてみろ!?す、するかー!!」



99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/17(土) 17:14:23.79 ID:/9YqUvY5o

友「その場でズボン脱いだら引っ叩かれた。理不尽じゃね?」

女「変態はデリカシーもないのですね」

男「友の言い方にも問題あるよ」

友「事実言っただけじゃん」

男「ハッキリ言うんじゃなくて、オブラートに包んでさ」

友「なんだそれ。ケーキか?ケーキはチーズケーキが一番だな」

女「…ハァ」

友「?」



100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/17(土) 17:15:07.89 ID:/9YqUvY5o

【自慢?いいえ、悩みです】


友「こないだ姉貴のことを先輩に相談したらよ、姉自慢かって怒られた」

男「あ、僕も似た経験ある」

女「私も」

友「少なくとも自慢話じゃねーよなー」

男「うん」

女「私たちは真剣に悩んでるのに、自慢とはひどい」



101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/17(土) 17:15:32.28 ID:/9YqUvY5o

男「実際に姉がいる人といない人では考え方も違うんじゃない?」

女「姉に変な幻想を抱いてますよね」

友「あるある!そんな姉現実にいねーっての」

男「姉がいない人には分からないんだよ」

女「困ったものです」



102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/17(土) 17:16:03.09 ID:/9YqUvY5o

男「……」

友「……」

女「……」

男「僕たちの話は自慢話じゃないよね?」

友「全く」

女「全然」

男「だ、だよね!」



107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:49:24.48 ID:0qxtKnalo

【興味津々です】


友「お姉さんにエッチな本を見せるとどうなるか」

男「のっけから何言っちゃってるの…」

友「どんな反応するか気になるじゃん?後単純に面白そう」

女「変態の考えることは理解しかねます。しかし、面白そうではありますね」

男「女さんまで…」

友「実は、既に空き教室にお姉さんを呼び出してあります」

男「無駄に手際いいな」

友「隠しカメラでモニタリング可能」

女「ドン引きです」



108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:50:29.50 ID:0qxtKnalo

姉『失礼します』ガラガラ

友「早速きたな」

女「お姉さん、小さくてかわいらしい人ですね」

友「俺もそう思う!」

男「はいはい」

姉『……?』キョロキョロ

姉『……』ポスン

友「椅子に座ったな」

男「ところでエッチな本は何処にあるの?」

友「この机ん中」



109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:52:12.23 ID:0qxtKnalo

姉『…誰も来ませんねぇ』

姉『?』

女「見つけたようです」

姉『…ッ!!』

女「顔がりんごのように真っ赤になってます」

友「ちなみに本は姉×弟のエロ本です」

男「……そう」

姉『…………』パラリ

女「読み耽ってます」

男「なんか恥ずかしい」

姉『こ、こんなとこにも入れるんですか!?』

男「友!一体どんな本用意したんだよ!?」



110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:53:29.84 ID:0qxtKnalo

姉『…ふぅ』パタン

女「読み終えたようですよ」

友「さぁここからどうするか」

姉『……』モジモジ

姉『……』パカッ

男「携帯をいじり始めたね」

姉『……』

友「携帯の画面を凝視してるけど、何見てんだ?」

姉『…弟君』

女「もしや、男君の写メでは?」

男「撮られた覚えないんだけど」

姉『弟君~!』ギュム

友「携帯を抱きしめたー!」

女「これは確定ですね」

男「ぐぬぬ…」



111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:54:03.04 ID:0qxtKnalo

【ちょっと興味あります】


男「次は女姉さんにエッチな本を見せてみよう」

友「うちの姉貴にもやんのか!?」

男「当然だろ。僕だけあんな辱めを受けるなんて不公平だ」

女「こう言ってはなんですが、中々楽しかったのも事実ですし」

友「しゃーねーな」



112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:54:33.77 ID:0qxtKnalo

友姉『……』ゴソゴソ

友姉『!』

男「見つけるの早!」

友姉『……』スッ

女「パラパラめくって、すぐ元の場所に戻してしまいました」

友「よし!そのままでいろ!」

友姉『……』フラフラ

友姉『……』キョロキョロ

男「…気のせいかもしれないけど」

女「なんだか落ち着きが…」

友「嫌な予感しかしねぇ」



113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:55:05.33 ID:0qxtKnalo

友姉『暇、だな…』

友姉『とくにすることねーし…』

男「机見てる、すごい見てる」

女「凝視してます」

友「あのむっつり…」

友姉『べ、別にそーゆーのには興味ねーけど…』

友姉『知っておいて損はないよな!』

男「自分に言い訳し始めたよ」

女「これはもう確実に見ますね」

友「恥さらしがぁ!!」



114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:56:00.73 ID:0qxtKnalo

友姉『…すっげ』ゴクリ

友姉『……うわ』

男「夢中で読んでるよ」

女「エッチなお姉さんですね」

友「言うな」

友姉『…!!』ガタガタ

男「慌てて本をしまった」

女「物音がしてびっくりしたのでしょう」

友「あるある!」

女「変態は口を閉じていてください」

友「……」



115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:56:42.57 ID:0qxtKnalo

友姉『……』スタスタ

女「教室から出て行くみたいです」

友「やっと終わりか…」

友姉『……』キョロキョロ

男「…廊下の様子を窺ってる」

友「ま、まさか…」

友姉『…だ、誰もいない、よな?』

女「いないのを確認して…?」

友姉『……おぉ~』パラリ

男「また読み始めました」

友「ちくしょおおおおおおおおおおお!!」



116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:57:13.27 ID:0qxtKnalo

【エッチなことは大好きです】


友「胸が苦しい」

男「僕の気持ちが分かった?」

友「俺が間違ってた」

女「では今日はこの辺で解散に…」

友「おまえの姉ちゃんが終わったらな」

女「むぅ…」

友「エロ本は姉×妹物に差し替えておいたぜ」

男「怖いくらい用意がいいね」

女「こうなったら腹を括るしかありませんね」



117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:57:58.90 ID:0qxtKnalo

女姉『失礼する』ガラガラ

女姉『……誰もいないのか』

男「ここまではいつもの会長さんだ」

女姉『む?』

友「見つけたぞ」

女姉『……』パラリ

友「全くの無表情だな」

男「前の二人と比べて対照的だね」

女姉『ふむ…』パタン

友「閉じちまった。本がお気にめさなかったか?」

女「……違うと思います」



118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:58:24.97 ID:0qxtKnalo

女姉『……』モソモソ

男「あ、あの…」

女姉『……』ゴソゴソ

友「服脱いでるな…」

女「脱いでますね」

女姉『…よっと』

男「し、下着姿になっちゃったんですけど!?」

女姉『…ん』

女「ブラに手をかけました」

友「おい!カメラ止めろ!!」



119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/18(日) 18:58:59.44 ID:0qxtKnalo

男「……」

友「……」

女「……」

男「その、ごめんね」

友「こんなことになるとは思わなかったんだ。わりぃ…」

女「いえ、いつものことですから気にしないでください」

男「…うん」

友「…すまん」



122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/21(水) 00:43:51.73 ID:Yb7FQSFIo

【日常】


男「友…」

友「んー?」

男「僕らのお姉ちゃんたちも個性的だとは思ってたけど、上には上がいるんだね」

友「女の姉ちゃんのことか」

男「僕尊敬してたんだけどなぁ…」

友「女は嫌がってるけど、満更でもねーよな」

女「呼びました?」

友「ッ!!」

男「あ、女さん」

女「どうも」ペコリ



123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/21(水) 00:45:07.21 ID:Yb7FQSFIo

女「何の話をしていたのですか?」

友「おまえの姉ちゃんパネェって話」

男「襲われたりしないの?」

女「それが日常です」

友「そんな日常嫌だ」

女「腕力は私の方が強いので、いざとなったら力でねじ伏せられますから」

男「家にいるときはリラックスできないね」

女「慣れればどうってことありません。呼吸をするがごとくです」

友「お前はプロの格闘家か何かか」



124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/21(水) 00:45:37.52 ID:Yb7FQSFIo

【ビンビン丸】


女姉「背中でも流そう」ガラガラ

女姉「せめてタオルを巻いてくれ?姉妹なのだから気にすることもあるまい」

女姉「それとも、私の裸に欲情……一切ない?そうか…」

女姉「しかし、妹は胸が小さいな。ぺったんこじゃないか」

女姉「姉として心配しているのさ。どれ、大きくなるマッサージでもしてやろう」

女姉「分かった、タオルの上から触る。直には触らん」

女姉「1モミ500円ならどうだ!?1000円!」

女姉「2000円でお願いします!お願いします!」



125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/21(水) 00:46:03.94 ID:Yb7FQSFIo

友「で?」

女「3000円で手を打ちました」

男「触らせたの!?」

女「今月ピンチだったんです」

友「そういう問題か…」

男「たしかにおいしいけど、でもなぁ…」

女「ダメでしょうか」

友「姉妹そろってダメダメ」



126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/21(水) 00:46:29.93 ID:Yb7FQSFIo

女姉「うむ、とりあえず10モミだ。分かっている。後ちゃんとで払うさ」

女姉「……ふむ」ムニュムニュ

女姉「どうした?くすぐったいのか?」モミュモミュ

女姉「声を我慢しなくてもいいのだぞ?」

女姉「なんだ、もうビンビンじゃないか……」

女姉「……私の乳首」



127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/21(水) 00:46:57.76 ID:Yb7FQSFIo

男「…襲われなかった?」

女「襲い掛かってきたので、顎にカウンターを」

友「そのオチはよめた」

女「気絶したので、縛り付けて浴槽に沈めておきました」

女「とても気持ち良さそうに寝ていましたよ」

友「死ぬだろ!つか死んでね!?」

女「冗談です」

男(冗談に聞こえない…)



131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:19:24.71 ID:80I16bD1o

【また明日】


友「気がつきゃもう4時じゃん」

男「けっこう話込んでたね」

女「男君はまだ帰らなくていいんですか?」

男「僕は大丈夫」

友「俺も問題ねーぜ」

友姉「あるだろ」



132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:20:25.35 ID:80I16bD1o

友「姉貴!?」

友姉「今日は一緒に買出し行く約束しただろ。忘れるな」ポカッ

友「いたっ!」

男「どうも」

友姉「おっす、男君。いつもこの馬鹿の相手してくれてありがとなー」

男「友達ですから」

女「……」ペコリ

友姉「…えっと、こっちの子は?」

女「女と言います。へんた…友君から友姉さんのお話は窺っています」

友姉「マジか~。こいつ変なこと言ってなかった?」

女「頼りになるステキなお姉さんだと」

友姉「そ、そか……」

友「言ってない」

女「……っ」ポカッ

友「って!」



133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:20:46.43 ID:80I16bD1o

友姉「へへ~」ニタニタ

友「んだよ、気色わりーな」

友姉「頼りになる姉ちゃんだぞ~。うりうり~」

友「うぜぇ…」

友姉「照れない照れない」

友「照れてねぇし」



134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:21:34.89 ID:80I16bD1o

友「それより、早く行かなくていいのかよ?」

友姉「あー、そだな。急がねーとタイムセールが終わっちまう」

友「んじゃそういうわけだから俺は帰るわ。またな」

男「うん」

女「さようなら」

友姉「よ~し、今日は久しぶりに肉にすっか!」

友「先週食ったろ。太るぞ?」

友姉「私はいくら食っても太らない体質なんだよ」

友「あっそ」

友姉「今晩は焼肉だ~!」

友「ちょっ!引っ張るなって!」



135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:22:26.30 ID:80I16bD1o

女「お話通り、豪快なお姉さんですね」

男「そうだね」

女「……」

男「友帰っちゃったし、僕らも帰ろうか」

女「はい」

女姉「やはり教室にいたか」ガラガラ

女「ね、姉さん…!」



136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:23:13.23 ID:80I16bD1o

女姉「予定もないから、たまには一緒に帰ろうと思ってな」

女「……」

女姉「おや、男君じゃないか。妹と話をしていたのか?」

男「ええ」

女姉「…ふむふむ」

男「あ、あの?」

女姉「妹は友達が少ない。これからも仲良くしてやってくれ」スッ

男「これは……」

女姉「妹のおパンティだ。とっておきたまえ」

女「とっておかなくていいです!」バッ



137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:23:49.29 ID:80I16bD1o

女姉「黄色のほうが男君の好みだろうか…」

女「そういう問題ではありません」

女姉「ブラのほうか!?」

女「違うと言っている!」



138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:24:37.04 ID:80I16bD1o

女「男君、嫌な思いさせてごめんなさい!」

男「僕は平気だよ」

女姉「私もだ。気にすることはない」

女「姉さんは黙っててください!」

男「あ、あはは…」

女「この変態痴女は即刻連れて帰りますので」

男「帰り気をつけてね」

女「さようなら!」

女姉「妹の下着がほしくなったらいつでも言うといい」

女「姉さん!」

女姉「君は生徒会でも世話になっているからな、定価の3割引でいいぞ」

女「妹の下着で商売しないでください!!」



139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:25:02.42 ID:80I16bD1o

男「…行っちゃった」

男「……」

男「僕もそろそろ帰ろう」

男「よっこらしょと…」スクッ



140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:25:33.71 ID:80I16bD1o

姉「……」

男「あれ?」

姉「あ、弟君。遅いですよ~」

男「待っててくれたの?」

姉「はい。一緒に帰りましょう」

男「……」

姉「どうかしました?」

男「なんでもないよ。帰ろうか」

姉「はい♪」



141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:25:58.54 ID:80I16bD1o

姉「今日の晩ご飯は何がいいですか?」

男「何でもいいよ」

姉「何でもいいは困っちゃいます」

男「じゃ、カレー」

姉「了解です。デザートにアイスなんていかがでしょう?」

男「いいね」

姉「……お、弟君」

男「うん?」

姉「デザートにお姉ちゃんはいかがですか?」

男「……」

姉「……」テレテレモジモジ

男「アイスで」

姉「…はい」



142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:26:26.58 ID:80I16bD1o

姉「……」

男「……」

姉「さ、さっきの冗談ですから」

男「分かってるよ」

姉「本気にしちゃダメなんですからね!」

男「うん」

姉「……」

男「……」

姉「……」テレモジ

男「エッチな本に書いてあったの?」

姉「なっ!なんで知ってるんですかぁ~!?」



143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/22(木) 20:29:09.79 ID:80I16bD1o

おしまい!
色々と一杯一杯でした!
次は中二病ちゃんと男とのドタバタラブコメディを書く!
かもしれない


元スレ
SS速報VIP:男「友姉さんいいな」友「男んとこのお姉さんのがいい」