1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 19:45:23.19 ID:vcjoNzWu0

淡「うわぁ……もうすこしでこの葡萄が食べられるんだね!?」

尭深「うん……ハーベストタイムまでもう少し……」

淡「楽しみ――っ!」

照「本当によく熟れてきたな……」ジュルリ…

誠子「でも本当に俺等が食べてもいいのか? 何か悪い気も…」

尭深「一緒に食べたほうが、美味しい……」

誠子「そっか……、つまんねーこと聞いちゃったな」

菫「む……この足跡……奥のほうに続いているな……」

尭深「あ、そっちは…っ」

淡「なになに――どうしたの? ……って、これ!」

照「ああ……これは酷いな……」

淡「たかみーが頑張って育てた葡萄が……」

誠子「荒らされてやがるっ!」

尭深「……」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 19:54:08.24 ID:vcjoNzWu0

誠子「これがここ暫く続いてるだって!?」

尭深「うん……」

誠子「尭深、どうして黙ってたんだ?」

尭深「みんなに心配かけると思って……」

誠子「尭深……」

淡「でもでも! たかみーが一生懸命育ててる葡萄をこんなに荒らしてっ! 許せないよっ!」

照「ああ……しかし相手は野生の獣だ。対処は難しいかも知れないな……」

淡「う――――どうしたら……」

菫「…………尭深、ここは私に任せてもらえないだろうか?」

尭深「弘世先輩……。でも……」

照「……尭深、菫はこう見えても弓を取らせたら百発百中だ。助けを借りるのも良いのではないだろうか?」

尭深「宮永先輩……」

尭深「わかりました。お願いします……」

菫「ああ、必ずや期待に沿えて見せよう」

尭深「……」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 20:08:40.02 ID:vcjoNzWu0

・夜……

穏乃「ウキキ……お腹空いちゃったなぁ……」

穏乃「確かこの辺りに……あった! 葡萄が沢山あるところだ!」

穏乃「しめしめ……今日も沢山食べるぞお!!」

ドシュッ!

穏乃「ウキッ! な、なんだっ!?」

菫「ほう……私の矢を避けるとは……なかなか素早いな」

穏乃「見張っていたのか!? でも捕まってやるわけにはいかないな……っ!!」

ドシュッドシュッ!!

菫「そらっ! もう袋のねずみだぞっ!」

穏乃「ウキィ……」

バタバタバタ!!

誠子「「弘世先輩! 今の音は……っ!?」

淡「あ――っ! お猿さんだっ!!」

尭深「……」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 20:19:24.90 ID:vcjoNzWu0

穏乃「……これまでか……憧、玄さん、和……一緒に全国には行けそうにないや……」

照「こいつが尭深の菜園を荒らしていた猿か!」

淡「やっちゃえやっちゃえ!!」

穏乃「……好きにしろ」

菫「ふん、覚悟は出来たようだな。せめて一瞬の内に送ってやろう」

キリキリ……

穏乃「……ごめん……みんなっ」



   「―――――――待って!!!!!」


菫「えっ!!!???」

照「なんで!?」

淡「え――――――――?????」

誠子「やっぱりこうなるか……」

穏乃「なんで、おまえが!?」

尭深「……お願い……許してあげて……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 20:30:19.35 ID:vcjoNzWu0

菫「いや、しかし……」

淡「そうだよそうだよ! 許すことなんてないよっ!」

尭深「……お猿さん……?」

穏乃「なっなんだよっ?」

キュッ……

穏乃「なっ!? 何を!?」

尭深「二週間後……、ハーベストタイムにはもっと美味しい葡萄をおすそわけします……」

尭深「だからそれまで、もう少し我慢して待っていてくださいね……」ニコッ

穏乃「な……なんで……」

照「尭深……」

淡「あ~~あ、 もうっ! たかみーは甘すぎだよぅ……」

尭深「みんなも……せっかく捕まえたのに……邪魔しちゃってごめんなさい……」

菫「いや、尭深がそれで良いならかまわないさ」

照「そうだな、それが一番いい」

誠子「ほら、淡、いつまでブーたれてないで」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 20:41:51.94 ID:vcjoNzWu0

淡「わかってるよ……。私だって、そんなたかみーが大好きなんだから、しょうがないや!」

照「どうやら皆、納得したようだな」

尭深「ありがとう……みんな……」

穏乃「ウキィ……ごめんなさい……」

尭深「うん……ハーベストタイムを楽しみにしててね」

穏乃「わかった……出直してきますっ!」

バッ!

淡「さすがお猿さん、足速いね~~。あーっという間に見えなくなっちゃった」

照「ああ、もう山の中なんだろう。さて、私達も帰ろうか」

菫「そうだな」

誠子「尭深も帰ろう」

尭深「……うんっ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/12(水) 21:00:36.50 ID:vcjoNzWu0

・ハーベストタイム

穏乃「うわぁ……こんなにいっぱい貰っちゃっていいの!?」

尭深「うん、お友達にもおすそわけしてあげてね」

穏乃「ありがとうっ! みんなすっごく喜ぶよっ!!」

淡「うわ~~~っ! とってもあま~~~~いっっ!!!」

照「うん……とても良く熟れているな」

誠子「私はこの辺の渋みの残っているのが好きだな」

菫「相変わらず誠子は玄人好みだな……。甘いのも美味しいぞ」

尭深「よかった……みんなが喜んでくれて……」

穏乃「……なあ、せっかく作ったのにみんなにどんどんあげちゃって、勿体無いとは思わないの?」

尭深「思わないよ……だって……」



   尭深「みんなと一緒に食べたほうが……美味しいから……」




カンッ!


元スレ
尭深「菜園がまたお猿さんたちに荒らされちゃった……グスッ……」