SS速報VIP:梓「澪先輩、一緒に金環日食を見ませんか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1337604538/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 21:48:58.57 ID:JkKPF8ySO

金環日食ブームに乗じてまた勢いに任せて書いてみた、後悔はしていないww

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1337604538(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 21:51:48.43 ID:JkKPF8ySO


~金環日食前日~

澪「え、私と?」

梓「は、はい。今日と明日にかけて両親が地方のツアーに出かけて家を空けていて」

梓「金環日食を見るための観測用メガネも一つ余っいて一人で見るのも何だかむなしいので……」

澪「うーん、私は構わないけど……どうして私と?」

梓「そ、それは……」

梓「……///」カァァ

澪「梓?」

梓「澪先輩と一緒に世紀の瞬間に立ち合いたいっていう理由じゃ、ダメですか?」

澪「梓……」

梓「その、余り気が乗らないなら無理には……」

澪「ううん、その理由だけで充分だよ」

梓「えっ……?」

澪「ごめんな、野暮なこと聞いて」

澪「それに私も、梓と一緒に見れたら嬉しいって思ってたし……」ポリポリ

梓「みお、せんぱい……」

澪「一緒に見よっか、梓? 金環日食をさ」

梓「はいっ!」





3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 21:56:41.28 ID:JkKPF8ySO


……

~梓の家~

澪「おじゃまします」

梓「どうぞ、澪先輩。自分の家だと思ってくつろいでくださいね」

澪「ああ、ありがとう。けどさ」

梓「はい?」

澪「何だか梓、金環日食をダシにして私と一緒に一晩過ごしたいだけなんじゃないかと思って」

梓「そっ、そんなことないですっ!」

澪「本当か?」

梓「ほ、本当ですっ」

澪「嘘つきは私、嫌いだぞ」

梓「っ、そ、それは全く思ってなかったら嘘ですけど……」

梓「でも澪先輩と一緒に金環日食を見たいっていうのは嘘じゃないです! 本当ですっ!」

澪「…………」

梓「みおせんぱいぃ……」

澪「……ん、ごめん。ちょっと意地悪な言い方しちゃってさ」

梓「ふえっ?」

澪「これ以上追求したら、梓が本気で泣いちゃいそうだし。ごめんな」ナデナデ

梓「わ、私泣きませんっ!」

澪「ふふっ。さ、帰りに商店街で買ってきた材料で晩ごはん作ろ?」

梓「もう、澪先輩ったら……」





5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 22:01:19.15 ID:JkKPF8ySO


……

澪「ごちそうさまでした」

梓「ごちそうさまです」

澪「梓と二人で作って食べた晩ごはんって考えると、何だかより美味しく感じたよ」

梓「私も澪先輩と一緒に作って食べたって思うと、いつもよりもずっと美味しかったです」

澪「また一緒に作ろうな、梓」

梓「はいっ」

澪「ふふっ……さて、これからどうしよっか?」

梓「あっ、それなら一緒に防音室で練習しませんか?」

澪「えっ、防音室なんてあるのか?」

梓「はい、どうですか?」

澪「そうだな……せっかくベースも持ってきたことだし、一緒に練習しよっか?」

梓「はいっ、一緒に練習しましょう!」

……

澪「へえ、これが防音室か……入ったのは初めてだよ」

梓「普通の家にはまずありませんよね」

澪「梓は昔からここでギターをたっぷり練習しているからあんなに上手くなったんだな」

梓「そ、そんなことないですよ」

澪「恵まれた環境に甘えることなく努力を怠らない……」

澪「だから私、梓のことは誰よりも大事にしたくなるんだ」

梓「えっ、澪先輩? あの、それって……///」

澪「さ、やろうか梓? 私もたっぷり練習するぞ」

梓「あっ、は、はいっ!」

~♪~♪





6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 22:04:01.45 ID:JkKPF8ySO


……


澪「ふうっ」

梓「かなり練習しましたね、澪先輩っ」

澪「ああ、最近練習不足だったしその分を取り戻すかのように弾いてた気がするよ」

梓「私も澪先輩とこんなに練習することが出来て、すごく嬉しいです」

澪「ありがとうな、梓」

梓「いいえ、こちらこそありがとうございますっ」ペコリ

澪「いやいや……それにしても暑いな」グイッ

梓「そうですね……防音室は音を漏らさないだけに熱もこもりがちになりますから」

澪「お互い汗びっしょりになっちゃったな」

梓「お風呂入りましょうか?」

澪「え、いいのか?」

梓「はい、もちろんです」

梓「その……もし良ければ、一緒に……///」

澪「ええっ!?」

梓「ダ、ダメですか?」ジッ

澪(うっ、まるで子猫のような愛くるしい目で梓がこっちを見ている……)





7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 22:07:21.03 ID:JkKPF8ySO


澪(まいったな……そんな目で見られたら、断るにも断れない)

梓「い、いやなら無理にとは言いませんけど……」

澪「……もう、誰がいやなんて言ったんだ梓?」

梓「え?」

澪「梓からのせっかくのお誘いなんだし」

澪「別に、一緒にお風呂に入っても構わないんだろ?」ドヤッ

梓「澪先輩……はい、構わないです!」


……

澪「おっ、綺麗だしかなり広いんだなお風呂場」

梓「そ、そうですか?」

澪「ああ、これなら湯舟につかってゆっくりくつろげそうだよ」

梓「それはよかったです、にしても……」

澪「ん?」ボイ-ン

梓(うう……やっぱりすごいボリューム、私とは比べるまでもないよ)

梓(出るところは出ていて、引っ込むところは引っ込んでいて……)

梓(こういうの『ぼんきゅ』って言うんだっけ? うらやましいです……)

澪「梓、どうしたんだ?」

梓「ひゃっ!?」

澪「早く入らないと体が冷えるぞ、ほら」

梓「はっ、はいすいません」





8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 22:10:06.72 ID:JkKPF8ySO


……

澪「梓、背中流してあげるよ」

梓「えっ、そんな悪いですよ」

澪「いいからいいから。前向いて?」

梓「は、はい」

澪「痛かったら言ってね」ゴシゴシ

梓「だ、大丈夫です」

澪「梓……ちっちゃいな」

梓「! むーっ、ちっちゃいなんて言わないでくださいっ!」

梓「澪先輩に比べたら私なんてまな板かもしれないですけどっ!」ペタ-ン

澪「え? 私は背中がちっちゃいってことを言っただけで胸のことは一言も言ってないけど……」

梓「ふえ? ……あ///」カァァ

澪「もう、被害妄想ぎみだぞ梓」クスッ

梓「うーっ!」バタバタ

澪「こら、暴れない暴れない。危ないし背中流せないだろ?」ザァ-

梓「澪先輩のばか……」

澪「はいはい」ナデナデ

梓「……ふにゃ」





9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 22:14:45.03 ID:JkKPF8ySO


……


澪「ふー、体もあったまったし明日の朝に備えて寝よっか?」

梓「はい、それで……///」

澪「ん?」

梓「えっと、よろしければ……その///」モジモジ

澪「……一緒の布団で寝ませんか、だろ?」

梓「えっ!? どうして分かったんですか!」

澪「どうしても何も、言わなくても梓の顔にそう出てるよ」

梓「///」カァァ

澪「ヘンなことしないって約束するなら、一緒に寝てもいいよ」

梓「し、しないですっ! しませんっ!」アセアセ

……

澪「じゃあ、おじゃまします」モゾモゾ

梓「ど、どうぞっ///」ドキドキ

澪「あ……いい寝心地、それにあったかい」

梓「澪先輩……すごくあったかいです」

澪「うん、これならゆっくりと心地好く眠れそうだ……」

梓「はい……」

澪「……けど寝ている間にヘンなことはするんじゃないぞ?」ジロッ

梓「し、しませんからっ///」

澪「ん、よろしい……ふあ……」





10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 22:17:01.23 ID:JkKPF8ySO


……



チュンチュン・・・

「……ぱい、みおせんぱい」

澪「んん……ううん……」

梓「澪先輩、朝ですよ。起きてください」ユサユサ

澪「ん……おはよう梓……」ムクリ

梓「起きましたか? もうすぐ7時ですから、そろそろ起きて見る準備しないと」

澪「……っと、そうか、そうだな」パチリ

梓「はい、澪先輩。観測用メガネです」

澪「ありがとう、梓。これが観測用メガネか……」サッ

梓「似合ってますよ、澪先輩」

澪「梓だってなかなか似合ってるぞ」

梓「えへへ」

澪「うふふっ」

……

澪「7時15分……そろそろ始まるかな」

梓「……あっ! 太陽の右上が欠け始めましたよ!」

澪「あっ、本当だ! すごいな!」ダキッ

梓「み、澪先輩?」

澪「こうして抱きしめながら見ていてもいいかな?」

梓「は、はいっ!」ギュウ





11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 22:22:41.91 ID:JkKPF8ySO


澪「すごいな……完全にリング状になってるよ」

梓「はい……こんな瞬間に澪先輩と一緒に立ち合えるなんて、私すごく嬉しいです……」

澪「うん……私も梓と一緒にこんな世紀の瞬間に立ち合えるのはすごく嬉しい……」

梓「澪先輩……」

澪「梓……」

……

梓「終わっちゃいましたね……」

澪「うん……でもすごかったな、予想以上だったよ」

梓「はい、綺麗でしたね……」

澪「ね、梓」

梓「澪先輩?」

澪「キス、してもいい?」

梓「えっ……?」

澪「なんだかすごく今、梓にキスをしたい気分なんだ」

梓「私もなんだか今、澪先輩とキスがしたいです……」

澪「じゃあ……目を閉じてくれる?」

梓「はい」

澪「梓……好きだよ。誰よりも愛してる」

梓「はい、私も……」

チュッ


終わり





12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/05/21(月) 22:25:03.99 ID:JkKPF8ySO

終わりっす
結局、なんともワンパな展開な上に日食はほぼおまけになってしまってすまなかった……


元スレ
SS速報VIP:梓「澪先輩、一緒に金環日食を見ませんか?」