1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 22:01:17.53 ID:7d2cJwuu0

大晦日 平沢家にて……

律「お~い、みんな。もうすぐ年明け……って寝てるし!?」

『明けましておめでとうございま~す』

澪「あ。年明けた」

律「ちょっ!? 肝心なときに寝てどうすんだよ!」

澪(グダグダ、でもそれも軽音部だよな)

律「ぶ~。みんな寝ちゃったらツマンナイ~」

澪「まぁ、今日はライブで疲れたんだろ。私も眠たいし。律ももう寝ようよ」

律「////」モジモジ……

澪「どうしたんだ律?」

律「みんな……寝ちゃって……今は澪と2人っきり……」

澪「ん? どうした? シてほしいのか?」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 22:12:00.74 ID:7d2cJwuu0

律「だって……最近澪ったらあんまり構ってくれないし……」

澪「年末は色々と忙しかったからな。急遽ライブやることにもなったし」

律「だから……みんな寝てるから……ここで……」

澪「おいおい、我慢できないのか?」

律「うぅ……////」

澪「ったく、とんだ淫乱娘になったもんだな」

律「澪が私をこんなにさせたんだよ///」

澪「分かった、分かった。あんまり声出すなよ」

律「うん///」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 22:19:17.60 ID:7d2cJwuu0

澪「で? どうしてほしいんだ?」

律「さ、触ってほしい……です……」

澪「どこを?」

律「む、胸……とか」

澪「こうか?」

律「ん……も、もっと揉んでほしい……」

澪「こんな小さな胸のくせして揉んでほしいなんて、生意気なヤツだな~」

律「澪に大きくしてもらうの~////」

澪「本当に大きくなるのかぁ~?」ムニムニ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 22:24:48.52 ID:7d2cJwuu0

律「ねぇ…周りだけじゃなくって、先っぽも……」

澪「なんだよ、揉んでほしかったんじゃなかったのか?」

律「じ、焦らさないでよ~///」

澪「ほら」コリッ

律「んあっ///」ビクッ

澪「ば、バカ! 大きい声出すな」

律「ご、ごめん」ハァハァ……



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 22:33:48.16 ID:7d2cJwuu0

梓(わ! わ! わ! わ!)

梓(ムギ先輩が2人がいい雰囲気だから邪魔しちゃ悪いし寝たフリしよう、って)

梓(確かに、年明けるまでは去年を振り返っていい話をしてたっぽいけど……)

梓(よもや、こんなことを始めてしまうとは……)

梓(……)

梓(ちょっと薄目を開けて……)チラッ

梓(駄目だ! 反対側で全く見えない!!)

梓(って言うか、絶対みんなも起きてるよね?)

梓(……きっと誰かが止めてくれるはず!!)



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 22:41:15.62 ID:7d2cJwuu0

さわ子(どうしよう……ここは教師として止めるべきなのかしら……)

さわ子(でもなんかタイミングを見失っちゃったわ……)

さわ子(まぁ、女同士だから子供が出来るって訳でもないし別にいいか)

さわ子(いや……ダメよね……)

さわ子(……)

さわ子(もういいや、寝ちゃおう寝ちゃおう寝ちゃおう)

さわ子(いざとなったら誰かが止めるでしょ)



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 22:53:29.58 ID:7d2cJwuu0

紬(こwwwwれwwwwはwwww)

紬(ちょっと遅めのクリスマスプレゼントかしら///)

紬(それともお年玉? って女に玉なんて付いてないってのwwww)

紬(……)

紬(ふぅ……興奮しすぎちゃったわ)

紬(この、聞こえるか聞こえないかくらいの声)

紬(二人の背徳感が伝わってくるよう……)

紬(まさに100%の   臨   場   感  !!)

紬(お願い! 誰も2人を止めないで……!!)



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 22:58:56.03 ID:7d2cJwuu0

律「澪、太ももばっかりじゃなくって、もっと上の方も……」

澪「ちゃんと言わなきゃ触ってやらない」

律「わ、私の……お、おま、オマ○コ///」

澪「じゃあ、パンツ脱がないとな」

梓さわ(!?)

紬(いいぞ! もっとやれ!!)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 23:02:47.91 ID:7d2cJwuu0

律「それは、さすがに恥ずかしい……///」

澪「何言ってんだ。脱がなきゃ触れないぞ」

律「下着の上からさすってくれるだけでいいから~」

澪「駄目だ。ほら脱がすぞ」

律「い、イヤァ~~///」

澪「とか言いつつ、脱がせやすいように、ちゃんと腰を上げるんだよな」

紬(分かる! 分かるわっ!!)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 23:07:01.20 ID:7d2cJwuu0

澪「ほら、律のココ。もう『ナマハ・ゲ』だぞ」

律「あっ……///、澪の指もとっても『ラブ・クライシス』だよぉ~~///」

さわ子(何!? いったい何が起こってるっていうの!?)

梓(友達のバンド名そんな事につかちゃっていいのかな……)

紬(私のアソコもデスパンパンジーwwwwwww)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 23:13:26.83 ID:7d2cJwuu0

澪「相変わらず、律のアソコは『陰毛CHO-PPILi 愛液TA-PPULi』だな」

律「ぬれぬれ時間だから~/// とろとろ時間だから~///」

梓(自分たちの曲までネタにし始めた!?)

さわ子(Maddy Candyはどこかしらに使ってくれないのかしら……?)

紬(愛を込めてクチュク~チュとね、さぁヤリだそぉ~wwwww)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 23:22:14.75 ID:7d2cJwuu0

律「みお~、気持ちイイよ~///」

澪「ほら、もうイッてもいいんだぞ」

律「んん、い、イクッ! イキそう───ッッ!!」

澪「だから声を出すなって」

律「じゃあ、澪のお口でホッチキスして~///」

澪「仕方ないな」チュ

律「──────ッ!!」ビクッビクンッ

澪「フフッ。律のアクメをわりだす計算式はもう見つけちゃったな」

梓(なんていうか……、もう普通に澪先輩の歌詞見れないや……)

さわ子(あれ? こう考えたら澪ちゃんの歌詞って結構ロックしてる?)

紬(うふふふふ~。76人の妖精が私の頭の中で舞ってるわ~☆)



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 23:32:30.00 ID:7d2cJwuu0

律「澪、私……イッちゃったよ~……」ハァハァ

澪「普段は男言葉使ってるくせにこういう時だけ可愛くなるよな」

律「だって、私に男が寄り付かないように、澪がそういう言葉使えって言ったんだよ?」

澪「そうだったっけ?」

律「えっ! 忘れちゃったの~?」

澪「あはは、うそだよ。ちゃんと覚えてる」

律「んもう! バカバカ!」バシバシ

澪「ローマの休日でオードリー・ヘプバーンが真実の口で騙された時みたいな
  そんなカワイイ叩き方するなよ」

梓(律先輩が男言葉使ってたのってそういう意味があったんだ)

さわ子(意外だったわ、てっきり澪ちゃんの方が影響されたとばっかり)

紬(へっへっ屁が出る5秒前、4、3、2、1、ヘップバーン!!wwwwwwwww)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 23:42:00.27 ID:7d2cJwuu0

律「ねぇ?澪、もう一回。 ダメ?」ウワメッ

澪「そんなカワイイ頼み方されちゃあ断れないな」

律「////」

さわ子(ちょ! まだヤル気!?)

さわ子(ここは、さり気なく寝返りをうって隣の梓ちゃんを跳ね飛ばして起こすか)

梓(ここは、寝返りをうってさわ子先生を殴ってでも起こしてみるか)

 そんな二人の寝返りのタイミングがピタッと合ったとき、素敵な出会いが生まれた

さわ子(あれっ?)

梓(ん?)

さわ子(ちょちょちょちょ!! なんで梓ちゃん私に抱きついてきたの!?)

梓(あ、あ、あ、あ……私、さわ子先生に抱きつかれてる!?)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 23:50:00.21 ID:7d2cJwuu0

さわ子(いくら私が美人教師だからって、その期待には応えられなくてよ、梓ちゃん!!)

梓(いくら私が小さくてカワイイからって、生徒に手を出すのはどうかと思います!!)

さわ子(でも……少しくらいなら……)

梓(ああ……真夜中のいけない連鎖反応に巻き込まれちゃった)

梓(梓はこのまま大人の階段を昇ってしまいそうです。ごめんなさいお父さんお母さん)



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/02(火) 23:57:41.54 ID:7d2cJwuu0

さわ子(そう言えば、私と梓ちゃんの間には唯ちゃんがいなかったっけ?)

梓(どうせなら唯先輩に初めてを貰ってほしかったかも……)

梓(って、あれっ? そう言えば唯先輩はどこに?)












唯「澪ちゃん、りっちゃん。何してるの?」

澪律「!?」

紬「 \(^o^)/ 」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/03(水) 00:02:39.48 ID:49bayTK30

律「あ、あ、あ、これは……」

澪「唯、いつから起きてた!?」

唯「え? 今さっきだけど」

律「そ、そっか」

澪(大丈夫バレてないって)

律(う、うん。そうみたい)



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/03(水) 00:08:18.46 ID:49bayTK30

唯「りっちゃん、なんだか顔赤いよ? 大丈夫? それに息が荒かったし」

唯「私、それで起きちゃったの」

律「そ、そっか。起こして悪かったな。私は大丈夫だから」

唯「そう?」

澪「さ~て、私もそろそろ寝ようかな」

唯「あれ? あずにゃんとさわちゃんが抱き合ってる」

梓さわ「!?」

紬(えっ? えっ? どういうこと? 今北産業)



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/03(水) 00:16:25.66 ID:49bayTK30

唯「あ~、きっと寒かったんだね」

唯「憂に頼んで毛布持ってきてもらうよ」

律(まさか私たちの他にもカップルが存在してたとはな)

澪(ああ。しかし意外な組み合わせだ)

唯「あれ? このパンツ誰の?」

律「んえっ!?」

澪(しまった!?)

唯「え? コレりっちゃんの?」

律「あ……いや……澪のじゃないか?」

澪(な、なに言ってるんだよ!!)

律(だって!!)

唯「でも、このタグのところに『りつ』って書いてあるよ」

律「」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/03(水) 00:24:51.44 ID:49bayTK30

澪「おまえ……いまだに下着に名前書いてるのか……」

律「わ、悪いかよ……」

唯「なんでパンツ脱いだの?」

律「いや、あの、それは……」

澪(唯、分かってやってるのか……?)

梓(天然って怖い……)

さわ子(これは! 結構面白いことになってきたかも)

紬(なし崩しにどんどん攻めて行いってる! 唯ちゃん、恐ろしい子っ!!)



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/03(水) 00:31:28.51 ID:49bayTK30

唯「あ! そっか! マッサージしてたんだよね!」

梓(そうきたか!! さすが唯先輩)

律「あ、あははは。そう、そうなんだ。澪ったらすっごいマッサージ上手くってさ~」

澪(おい! それはそれでヤラシイ気がするぞ!!)

紬(りっちゃんったら……////)

律(この際だから話合わせて)

澪(っく、仕方ないか……)

澪「いや~、律が今日のライブで疲れたって言うからさ」

律「そうそう。で、澪に頼んでマッサージしてもらってたって訳」

唯「あ~いいな~。澪ちゃんって手が大きいからマッサージも気持ちよさそう」

澪「人が気にしてることを……」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/03(水) 00:36:49.33 ID:49bayTK30

唯「あ! そうだ!! 私がいつも使ってる按摩器貸してあげるよ」

唯「ちょっと待っててね、部屋から持ってくるから」




律「は~……、なんとか誤魔化せたみたいだな」

澪「唯が抜けててよかったよ」




唯「ほ~い。持ってきたよ~」

律「……それって」

澪「……もしかして」

唯「うん。ピンクローターっていうんだよ♪」

紬(し、衝撃のファーストブリット!!)



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/03(水) 00:43:35.62 ID:49bayTK30

澪「唯……これ何に使うのか知ってるのか?」

唯「うん、もちろん! こうやってね、お股に当てて使うんだよ」

唯「パンツ脱いでやるマッサージっていったらこれだよね♪」

梓(唯先輩が……どうしてこうなった!!)

唯「あとね、このバイブとか。私はちん太って呼んでるけど」

紬(撃滅のセカンドブリット!!)

唯「最後はこのとっておきの双頭ディルド。これスゴイんだよ!!」

紬「抹殺のラストブリットぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

澪「ムギ!?」

律「起きてたのか!?」

紬「はっ!? しまった……つい興奮しすぎちゃって……」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/03(水) 00:51:38.64 ID:49bayTK30

澪「と、言うことは……」

梓「……澪先輩、律先輩。なんか……すみません!!」

さわ子「ま、まぁアンタ達二人がそれでよければいいんじゃないかしら?」

律「……もう、生きていけない」

唯「またまた、りっちゃん。大げさだよ~」

律「唯も分かってやってるんだろ!? おちょくるのもいい加減にしろよ!!」

唯「えっ? なんで怒るの? お股マッサージくらい私いつもしてるよ?」

澪「お前……」

唯「いつも憂にしてもらってるんだ~♪」

澪律梓さわ「……」

紬「憂さんパネェっす……」






憂「へぷしっ!!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/03(水) 00:54:48.66 ID:49bayTK30

another-009683-040




元スレ
唯「真夜中の情事」