SS速報VIP:唯「Ah~Ah~、したいよSEX」 澪律紬梓「!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1336494159/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 01:22:39.91 ID:Q2sfzeEp0

律「唯?今、女の子の口からあんまり聞こえちゃいけない単語が聞こえた気がするんだけど……?」

唯「あ、りっちゃん。そうなんだよ~。みんなで歌詞作ることになったじゃん?」

紬「不調の澪ちゃんに代わって、ね」

唯「それで、なかなか思いつかないから『いんたあねっと』ってので調べてみたんだよ」

梓「インターネットですね」

唯「そしたら、なんかわからないんだけどこの曲が頭から離れなくなっちゃって」

律(よりによって、なんて曲を聞いてるんだ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1336494159(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 01:23:49.06 ID:Q2sfzeEp0

唯「やっぱりさ、作るなら印象に残りやすい歌詞にしたいなと思って」

澪「ででででも、それはちょっと恥ずかし……」

唯「やっぱりインパクトだよ!グランインパクト!」

紬「でも唯ちゃん、オリオン座ってなくなっちゃうかもしれないのよ」

唯「えっ!じゃあこの歌詞使えないね」

紬「そうよ。後の時代の人が聞いても印象どころか何のことかさっぱりよ」

唯「え~、いいと思ったのにな~」

律(さすがムギ。さりげなく唯の歌詞却下させたな)



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 01:30:59.79 ID:Q2sfzeEp0

唯「うーん、また振袖に戻っちゃったよ~」

澪「ふりだし、な」

唯「ムギちゃん、なんかいいアイデアない?」

紬「恋愛の歌詞なんて素敵じゃないかしら」

律「つっても、この世界に出てくる男って限られてるぜ」

澪「聡だろ。それに楽器屋の店員さん、唯のお父さん……」

律「どうやって恋愛の歌詞を書くんだよ」

梓「そうですね。むしろ、次元を超えた外の世界からの意見によると……」

澪(次元?超えた?ここが2次元とでも言いたそうな……?)

梓「私たちは恋愛をしないから人気だそうですよ」

唯「あずにゃん、何の話をしてるの?」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 01:40:03.35 ID:Q2sfzeEp0

梓「とにかく、恋愛の歌詞はダメです」

律「澪に恋愛とか考えられないしな~」

澪「なっ!私だって恋愛ぐらい……」

律「おっ?何々?聞かせてもらおうか」

澪「歌で聞いてるし……、歌詞にも、書けるし(ボソッ」

紬「まあまあ まあまあ まあまあ。もう少し唯ちゃんのお手伝いをしましょう」

唯(6回……)

律「ほーら。唯も考えろよ」

唯「はっ!コンビ・コンビ・交尾なんてどうかな!?」

律「却下」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 01:47:21.22 ID:Q2sfzeEp0

唯「結局、なんにも思いつかなかった~」

憂「お姉ちゃん、何か考え事?」

唯「軽音部で一人ひとり歌詞を書くことになっちゃってー」

憂「わあ、お姉ちゃんも書くんだ!」

唯「でもね、かくかくしかじか……で、みんながダメだって」

憂「す、すごく……独創的だと思うよ」

唯「ナシウマ」

憂「お姉ちゃん、私も手伝うよ」

唯「ほんと!?ありがと、憂」

憂(私がしっかりしないと!)



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 01:54:09.84 ID:Q2sfzeEp0

唯「というわけで~、ちょこーっとだけ憂に手伝ってもらって~」

澪律紬梓(絶対にちょこっとじゃないな)

梓「この歌詞、すごくいいんじゃないですか?」

唯「でもぉ、なーんかちょっと物足りないっていうかー」

梓「へ?」

唯「やっぱり、もうちょっと頑張りたいんだよね~」

澪「……」

律(前のようにならないためにも納得してくれ、唯)



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 01:58:38.73 ID:Q2sfzeEp0

唯「むむむ……。あーでもないこーでもない」

憂(やっぱりダメだったんだね)

憂(こういうときのお姉ちゃん、ほんと輝いてるもんね)

唯「エロがだめならグロで攻めればいいじゃない!」

憂(超新星爆発しちゃいそうなくらい……)




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:03:18.73 ID:Q2sfzeEp0

唯「え~、これもダメ~?」

律「当たり前だ。指がスパーっと切れて血がドバーっと出る歌詞なんか誰が喜ぶんだ」

澪「ヒィッ」

唯「やっぱり思いつかないよー」

紬「きっと考えすぎなのよ、唯ちゃん」

律「もっと気楽に考えればいいんじゃないか?」

唯「例えば?」

律「そうだな~。大切な人を思って心ここにあらずー、みたいな?」

紬「わあ、りっちゃん、すごくロマンチックね」

律「だーッ、歯が浮く!」

紬「って、あれ?」

梓「恋愛はダメです」

澪「ミエナイキコナイミエナイキコナイ……」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:06:34.59 ID:Q2sfzeEp0

唯(大切な人、かあ)

唯(私、今の軽音部がすごく大切だよ)

唯(澪ちゃんも、りっちゃんも、ムギちゃんも、あずにゃんも)

唯(はっ!)



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:09:46.62 ID:Q2sfzeEp0

唯「てなわけで~」

紬「まあ!」

澪「とある軽音部の百合物語(キマシタワー)……」

律「唯、わざとやってるだろ」

唯「へ?」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:11:35.90 ID:Q2sfzeEp0

律(ったく、唯のことで忘れてたけど、自分のまだ考えてないんだよなー)

紬「ここはこうしたほうがいいんじゃない?」

梓(ムギ先輩も引き込まれた今)

唯「えー、そうかなー?」

律梓(私がなんとかしないと!)



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:14:07.24 ID:Q2sfzeEp0

律(澪は依然、あの調子だし……)

律「あーずさー、なんかできたー?」

梓「まだ全然です」

律「だよなー。なんか唯に思考を持っていかれたってゆーかさ」

梓「軽音部の未来は私たちにかかってますし、頑張らないと」

律(奇跡よ起きてくれ)



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:16:33.33 ID:Q2sfzeEp0

ヴヴヴ……(携帯のバイブ音)

澪「はい、もしもし」

唯「澪ちゃん……」

澪「どうした、唯?」

唯「風邪ひいた……」

澪「なにー!?」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:20:27.82 ID:Q2sfzeEp0

澪律紬梓「え?風邪ひいたのは憂ちゃん?」

律「あせらせるなよー」

澪「それで、憂ちゃんは?」

憂「みなサン……、いらっシゃひ。お茶、ヨかったら」(カタカタ

ガシャン

唯「わっ!」

紬「まあ、大変」

律「ありゃ、風邪よっぽどひどいんだな」

唯「後はやっとくから憂はもう休みなよ」

澪「無理しないで、歩ける?ほら、こっち」

憂「みなさん、すミません」

梓(?)

梓(風邪をひいてるとはいえ、あの憂がグラスを落とすなんて……)



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:22:35.83 ID:Q2sfzeEp0

憂「スー、スー」

唯(ちゃんと寝たみたい)

唯(こんな憂、初めて見たよ)

唯(憂がいつもと違うだけでこんなに不安になるなんて)

唯(いつもそばにいてくれる……

唯(でも、それが当たり前になっていると気付かない)

唯「大切な、大事なもの、かあ」

唯「はっ!」

憂(うふ)



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:27:05.99 ID:Q2sfzeEp0

律「というわけで、投票の結果、唯の歌詞に決まりました!」

唯「どうもどうも」

律「そうか。恋じゃなくても大切な人っているもんな」

紬「私、感動しちゃった」

澪「私の詞……は残念だけど、これなら曲にもぴったりだな」

梓「すごいです、唯先輩!」

唯「じゃあ、ご褒美にあずにゃんの……」(ガバッ

梓「ダメです」(ギュムム



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:29:42.83 ID:Q2sfzeEp0

律「それにしても、憂ちゃんのおかげで助かったよ」

憂「えへへ」

律「体調崩した人に向かって助かったってのも変な話だけどさ」

憂「私もお姉ちゃんのためになりたかったから……」

律(ま さ か !?)



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:31:03.75 ID:Q2sfzeEp0

梓「後は練習あるのみ、ですね」

唯「うー、歌詞が派手じゃなくなった代わりに、必殺技を」

梓「普通にしてください」

唯「ダメ?」

梓「ダメです」

唯「でも、インパ……」

梓「ダメです」

唯「そこを何とか」

梓「ダメです!」

唯「じゃあさ、やっぱり、もう一曲作って、ABCの海岸でチn……」

澪律紬梓「却下~!」

おしまい



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(京都府) 2012/05/09(水) 02:36:34.43 ID:Q2sfzeEp0

初めてのSSなんで、読みにくかったりいろいろ中途半端になって
しまいましたが温かい目で見逃してくれるとうれしいです
タイトルで期待した人にはスマンかった
女子高って意外と下ネタ飛び交ってるのかな?などと妄想しつつ
唯ファンに謝まりつつ、の唯スキーでした


元スレ
SS速報VIP:唯「Ah~Ah~、したいよSEX」 澪律紬梓「!?」