1: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 15:31:17.08 ID:fNVBAPcl.net

短編



2: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 15:32:55.86 ID:fNVBAPcl.net

「ねえ、姫乃ちゃん。奥多摩にマスを釣りにいかない?」

エマさんに、釣り誘われたのは、7月の猛暑の激しい中でした。川へ行くのです。奥多摩の川原へ。

奥多摩、東京の一番端...何度か家族旅行で訪れたことはありますが、学生2人で、となると...この歳の少女は誰だって無いと思います。

さて、頭の中で、奥多摩をもう一度反芻させると、今度は川のせせらぎや、新緑の木々などが、私の頭の中に、瞬時に駆け巡りました。

そもそもの始まりは、明日の予定を話し合っていた時です。2人とも暇だったので、じゃあ明日!なんて急に決められてしまい、少し困惑した顔を私はしたと思います。

ですがエマさんはなんのその。ニコニコ、ニコニコ笑顔でそのまま押し切られてしまいました。

次の日、待ち合わせの駅で、ソワソワしながらエマさんを待ちました。なにぶん急なものですから、本当に奥多摩へ行くのか、もしかして、これは全部嘘でドッキリなんじゃないかと、疑がってかかります。
大きなリュックサックに、大きな水筒一つ、おにぎり二つ、そして相棒のカメラが一つ。これでエマさんが来なかったらどうしよう....



3: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 15:35:51.47 ID:fNVBAPcl.net

「おーい、姫乃ちゃん!」

正面から声がしました。
見るとエマさんが、私の3倍もの大きなリュックを背負って、その姿はまるで熊の様に、のそ、のそ、のそと動いています。

「その荷物は?」

「釣りの道具とか、キャンプの道具とか色々。重そうに見えるけど、軽いんだよ」

「動きづらくないのですか?」

「ほら、私スイス人だから」

「は、はぁ...」

ここでも私は少し呆れた顔をしました。ですがエマさんはニコニコ笑顔でなんのその。早速電車に乗ろうと急かしてきます。

「お台場から2時間もかかるんだから早く早く」

背中を押されながら改札を抜けます。
この時間帯のりんかい線は人でひしめきあっていました。みんなどこに向かうんだろう。休日を過ごすのかな?お仕事かな?色々思いながら、新宿と青梅で乗り換えます。

エマさんは先ほどから車窓を眺めています。
奥多摩に誘っておいた癖に、自身が奥多摩に行くのは初めてな様で、時折景色を指差しては、あれは何?これは何?としきりに聞いてくるのでした。



6: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 15:40:04.19 ID:fNVBAPcl.net

一駅、また一駅と停車する度、人が少なくなっていきます
エマさんは相変わらず、青い目をキラキラと輝かせ、外に流れる風景を楽しんでいました。

そんなエマさんの横顔を眺める私。
本当に彫りが深いなぁ...私と違って目が青い。日本語が流暢すぎるから、きっと埼玉辺りから出てきたんじゃないの?って思ってたけど、やっぱりスイス人なんだ。

「ん?なあに姫乃ちゃん?」

「...横顔が綺麗だなって」

「お世辞?」

「いえ、本心からです」

「そっかぁ。ありがとう」

こう言っている間にも、景色は流れていき、目的地まで、また一駅、また一駅と近づいて行きます。

景色はすっかり緑に囲まれ、臨海部のお台場とは全く違った装いを見せます。緑に囲まれて点在する家々に、どこか妙な懐かしさを感じていました。

「ここ、本当に東京だよね?」

「ええ。信じられないけど、東京ですよ」

「東京って不思議だなぁ」

「私はエマさんが日本語を流暢に操る事の方が不思議です」

「そうかなぁ?...そうかも」

ピンポン。まもなく、奥多摩、奥多摩。

「降りないといけませんね」

「そうだねぇ」

「Prendi il tuo zaino dallo scaffale. Ci siamo」

「...?」



7: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 15:47:18.54 ID:fNVBAPcl.net

奥多摩の改札を抜けると、同じ東京都は思えない、別世界が広がっていました。

「田舎だねぇ」

「田舎ですねぇ」

「セミがたくさん鳴いてるね。お台場じゃあまり聞かないから新鮮だね」

「奥多摩には、ミンミンゼミが多いみたいですよ」

「ミンミンゼミ?」

「緑のセミです。知っていますか?今、画像検索かけますね」

「...やっぱりいいや。セミって気持ち悪いし」

「そうですか」

木陰がある所為か、お台場よりは、涼しいです。
風は川を駆け巡り、木々を揺らし、そして私の顔を撫でました。

マス釣り場まで、そんなに距離はない為、徒歩で移動です。
エマさんが、スマホを確認しながら先を歩きます。

歩くたび、その大きなリュックが、カランカランと乾いた音を立てました。



8: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 15:58:29.90 ID:fNVBAPcl.net

「とーちゃく!」

「マス釣り場って、釣り堀的な何かだと思ってたんですが、川の流れそのものですね」

「こっちの方がやりがいがあるから、ね?」

「あっちで漁業権を買うんだって。2人分買ってくるね」

「ありがとうございます。私は釣り竿の準備をしておきますね」

エマさんは管理棟の方向へ走り去って行きました。
その間に、エマさんのリュックを探ります。

テント、折り畳み椅子、折り畳み机、はんごう、クッカー、ガスコンロ...釣り竿。

お目当てのものは一番奥にありました。
パーツをセットして、組み立てて、スプーンと呼ばれる擬似餌をセット。

ワクワクしてきたので、2、3度竿を振ってみました。
マスはどこにいるんだろう?



10: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 16:06:28.98 ID:fNVBAPcl.net

マスそのものの姿はまだ見えません。
ですが、川の淵の部分に、何匹かの小魚が見えました。

小魚は、四角を描くように回遊しています。あれがきっと彼のテリトリー。

また何度か竿を降りました。
今度は、スプーンをどこに飛ばすか、どうやってリールを巻くかなんて考えながら、大きなマスを想像します。

「いい感じだね」

「わっ!?」

「ふふっ、2人分の漁業権、買ってきたよ。竿の組み立ては終わった?」

「あっ、ありがとうございます。竿も準備できたのでいつでも大丈夫です」

「ありがとね。ついでなんだけど、テントとか組み立て手伝ってもらっていい?」

「ええ、全然大丈夫です」

「じゃあそこ持って」

テントを日陰の涼しい場所に建てます。
これで避暑地も準備オッケー。さて、マスを狙います。



11: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 16:17:35.65 ID:fNVBAPcl.net

「それっ!」

第一投目。
川の流れが停滞している、かつ木の影になっている所を目指して。


ヒュルルル。ぽちゃん。

「あら、距離が足りません」

「初心者だから仕方ないよ。そのままうまくリールを巻いてご覧。緩急をつけて、魚みたいに見せるんだ」

「こうですか?」

「そうそう。もうちょっと水面に近いといいかな」


ぐるぐる。ぐるぐる。
スプーンには何もついていません。
中々マスには会えませんね。


「今度は私がやってみるね」

エマさんが竿を持ち、岩に足をかけ、豪快に竿を投げました。



12: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 16:26:20.40 ID:fNVBAPcl.net

ヒュルルル ぽちゃん

岩の影になり、流れが緩くなっている所にスプーンが落ちました。

カリカリ...カリ

「ゆっくりね、ゆっくり引いてあげるの」

「魚がいるんだっってわかったら、次は上下に動かして」

その瞬間、エマさんの竿の先がピクピクと動きました。

「よしっ!きたっ!」

「ここからも焦らないで。針を掛ける様に、何回か竿をシャクって」

ぐるぐるぐるぐる。カリカリカリ。

リールが緩急を付けながら巻かれていきます。

「姫乃ちゃん、網っ!」

「はっ、はい!」

「おっきいよ。おっきいのがかかった!」

「後もうちょっと!」

「それっ!」



14: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 16:32:56.37 ID:fNVBAPcl.net

見れば30cmを超える大きなマスが、銀色のお腹を見せながら水の中を引き摺られています。

「すごい...」

「網お願い!」

「あっ、はいっ!」

エマさんがマスを引きつけ、私がなんとか網でキャッチ。
マスは口をパクパクされながら、網の中でおとなしくしています。

「今日は初ヒットで大きなの釣れたから満足満足」

「私、こんな釣り初めてです」

「カメラで写真撮ってもいいですか?」

「いいよ。これだけ大きいんだから、何か大きさを測れるものがあればよかったんだけどなぁ。持ってくるの忘れちゃったよ」

「じゃあ、ほら、ブラックバス釣った時みたいに、自分の顔と比べる、とかはどうですか?」

「いいかも。姫乃ちゃん、お願いできる?」

「いいですよ。はいチーズ」


パシャリ



16: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 16:47:39.03 ID:fNVBAPcl.net

エマさんは、先ほどから2匹、3匹と釣り上げ絶好調。
一方の私は、1匹も釣れずボウズです。

「ねえ、ちょっと休憩しない?」

「そうですね。お台場よりは涼しいですが、やっぱり疲れます」

「さっき釣ったマスなんだけどさ」

「調理してもいい?」

「調理?」

私が不思議がっていると、エマさんはマスを取り出し、マスの頭を石で殴りつけました。

「あっ!」

「頭は急所だからね。こうしてあげると大人しくなるから」

リュックから、まな板、ナイフを取り出し、あっという間にマスは捌かれて行きました。

「燻製セットを持ってきたの。内臓も、皮も、ヒレも、綺麗に洗ったら全部使うよ」

「その前に軽く塩を揉み込むの」

マスの身に塩をふりかけ、よく揉んでいきます。
あのリュックにこれ程の沢山のものが入っていたとは。あんなものからこんな物まで。燻製セットまで入っていたなんて。

「30分もしたら出来上がるでしょう。それまで休憩にしよっか」

「その間にお昼ご飯も食べちゃいましょう」

「じゃあもう1匹調理して食べよっか。丸焼きがいいかも」

「私も手伝いますね。何をしたらいいですか?」

「えーっとね...」



17: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 16:59:09.13 ID:fNVBAPcl.net

ミーンミンミンミン。

セミが大合唱をする中、私はマスに齧り付いていました。
小さなマスの丸焼きを、二人で半分こ。

身がほくほくしていて美味しいですね。
もうちょっと食べたい、なんて思ったり。

「もう1匹食べちゃう?」

「いえ、持って帰る分がなくなってしまうので、遠慮しておきます」

「そっかぁ。じゃあもっとたくさん釣らないとだね」

「果林ちゃんに彼方ちゃん。沢山の人にお裾分け出来るほどにじゃんじゃん釣っちゃお」

「マスを釣るコツってありますか?」

「うーん、マスの気持ちになってとか?」

「....よくわからないです」

「まあそのうちコツとか掴んで、大きなのが釣れる様になるよ」

「そうだといいのですが...」


再び竿を手にしてマスを狙います。
マスの気持ちになって。もし目の前に餌が落ちてきたら?
川の流れの激しい所より、緩やかな方がマスとしては居心地がいいのかも。

「ここかなぁ....」

ヒュルルル。 ぽちゃん。



19: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 17:10:26.94 ID:fNVBAPcl.net

新鮮な獲物が目の前にいる様に見せて...

竿を上下に、スプーンを目立たせて...

シャク...シャク....

その時、竿がピクピクと振動したのです。

「来たっ!」

咄嗟にリールを巻きます。
でも、慎重に、慎重に...
お願い、かかっていて!

カリカリカリ....


水面に沈む系を辿ると、その先には...

銀色のお腹が、水中で光っていました。

「やっった!」

「エマさーん!私釣れました!」

「姫乃ちゃんよかったね!今網を持ってくるよ!」



20: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 17:16:06.49 ID:fNVBAPcl.net

網の中でマスはパクパクと息をしています。
先程のエマさんが釣り上げたマスよりは、少し小柄ですが、それでも十分なサイズです。

「姫乃ちゃんよかったね」

「ええ、釣り上げる瞬間ってほんと楽しいですね」

「そうだ!姫乃ちゃん、カメラ貸してよ」

「写真撮ってあげる!」

「お願いします...ちょっと恥ずかしいですねこういうのは」

「顔の横にマスを持ってきて...そうそう」

「恥ずかしがっちゃダメだよ。はいチーズ」



 パシャリ。



21: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 17:27:21.21 ID:fNVBAPcl.net

釣りをするって楽しいですね。
ちょっとだけコツを掴んだので、2匹目を狙います。

ヒュルルル。ぽちゃん。

リールをぐりぐりしてあげれば、そのうち...

ピクピク...ピクピク

よしっ!いまだ!

早すぎず、遅すぎず、冷静にリールを巻きます。
今度も銀のお腹が水面にゆらゆらと揺らめいていました。

「順調だね」

「ええ、マスの気持ちになるってよく分かりました」

「今日は誘ってよかったよ。こんなに釣れたから」

「もうちょっと釣っていたいですが、電車がないのが残念ですね」

「これぐらいで引き上げよっか。調理と下処理もしないといけないから」

「今日は誘っていただきありがとうございます」

「うん、私も楽しかった!また来ようね!」

「はい!」



22: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 17:33:35.70 ID:fNVBAPcl.net

ガタンゴトン。ガタンゴトン。

あの後、私は2匹追加で釣り上げ、エマさんは7匹釣りました。
行きでは空っぽだった、私の大きなリュックは、マスで満たされ、エマさんのクマの様なリュックは更に膨らんでいます。

「景色綺麗だね」

「東京でも空がこんなに綺麗に染まるんだね」

行きと同じく、帰りでも、エマさんは景色を眺めています。

「綺麗な桃色ですね。お台場じゃ、空を見上げるって、意識した事なかったかも」

「おんなじ東京の空なんだ。不思議だねぇ」

「不思議ですね。世の中は不思議だらけです」

「ねえ、あれは何かな?」

「えーっと、あれはですね....」



23: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 17:41:05.79 ID:fNVBAPcl.net

ピンポン。次は、虹ヶ咲学園前。虹ヶ咲学園前。

「私ここで降りるね」

「エマさんさようなら。今日は誘っていただきありがとうございました」

「また釣りに来ようね。奥多摩巡りでもいいかも」

「いいですね。次の予定空けておきますね」

「それじゃあね、さようなら」

「さようなら」

エマさんがクマの様な大きなリュックを揺らしながら下車します。プシュという音と共に、ドアが閉まり、エマさんの姿が小さくなっていきました。
その背中を見ながら、今日のマス釣りの感覚を、心の中で少しずつ、少しずつ言葉にしていきます。

お母さんには、なんて話そう。お父さんには、マスの燻製作りの様子を、どうやって伝えよう。

言葉をゆっくり、丁寧に紡いでいるうちに、私は思うのです。
今日は、悪くない1日だったと。



24: 名無しで叶える物語 2021/07/23(金) 17:41:15.00 ID:fNVBAPcl.net

おしまい


元スレ
姫乃「悪くない1日」