SS速報VIP:ほむら「ありがとう! 親切な占い師さん!」織莉子「ふふふ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370608452/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:34:13.15 ID:BD0nyw/E0

◇路地裏

ほむら(前の時間軸では美国織莉子のせいでまどかが殺されてしまった……)

ほむら(今回は同じことを繰り返さないように、何とかしてまどかを守らないと)

ほむら(鍵となるのは千歳ゆまね……なんとか彼女を味方につけたいところだけれど)

ほむら「でもいったいどうしたら千歳ゆまと仲良く出来るのかしら……うーん」

織莉子「何かお悩みですね?」

ほむら「えっ?」

織莉子「こんにちは、通りすがりの占い師です」

ほむら「あ、占い師さんですか。こんにちは」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370608452




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:34:48.81 ID:BD0nyw/E0

織莉子「突然ですが、貴女は悩んでいることがありますね、暁美ほむらさん」

ほむら「え! どうして私の名前を!?」

織莉子「占い師ですから。それくらい分かるのです、うふふ」

ほむら「わあ、占い師ってすごい!」

織莉子「どうでしょう、私で良ければ占いで力になりますよ」

ほむら「は、はい! ぜひお願いします!」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:35:45.28 ID:BD0nyw/E0

織莉子(……ふふふ、まんまと騙されているわね)

織莉子(暁美ほむら。貴女が私の救世を妨げることになるのは分かっています)

織莉子(予知によれば、貴女は佐倉杏子や千歳ゆまといった魔法少女と手を組んで……)

織莉子(私とキリカの邪魔をするようですね)

織莉子(特に千歳ゆまはキーパーソン。彼女は大きな壁となって私達の前に立ちふさがる……)

織莉子(ならば、その未来。変えさせてもらいます)

織莉子(占い師のふりをして適当なことを吹き込むことで、ね!)



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:36:28.24 ID:BD0nyw/E0

織莉子「ずばり、あなたの悩みは……『どうしたら千歳ゆまと仲良くなれるのかしら……うーん』、でしょう?」

ほむら「は、はい! すごい、そのとおりです! どうしてわかるんですか?!」

織莉子「占い師ですから、うふふ」

織莉子「もちろん、その貴女の悩みを解決する方法も分かりますよ」

ほむら「ぜ、是非おしえてください!」

織莉子「いいですとも、では早速占いますね……」

ほむら「ごくり……」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:37:11.39 ID:BD0nyw/E0

織莉子「見える……見えます……」

織莉子「風見野……貴女はそこで、赤毛の少女と出会うでしょう」

ほむら「赤毛! きっと佐倉杏子だわ……」

織莉子「そしてその少女は、幼い女の子を連れています……」

ほむら「幼い女の子!? その子! その子が千歳ゆまちゃんです!」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:37:53.22 ID:BD0nyw/E0

織莉子「貴女はその幼い女の子に……」

織莉子「────真正面からおっぱいを揉みまくればきっと仲良くなれます!!」

ほむら「お、おっぱいを!?」

織莉子「そこからさらに唇を奪ってあげればなお良いでしょう!」

ほむら「唇を!?」

織莉子「それが千歳ゆまと仲良くなる最善策です!」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:39:20.20 ID:BD0nyw/E0

ほむら「おっぱいを揉むなんて発想なかったわ……まさに目からウロコの気分!」

ほむら「感激しました! ありがとうございます、実践してみます!」

織莉子「いえいえ、どういたしまして」

ほむら「あ、それで、占いの代金はおいくらですか?」

織莉子「お金は頂きません、ただの通りすがりの占い師ですから」

ほむら「えっ! い、いいんですか?」

織莉子「ええ、もちろんです」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:40:30.32 ID:BD0nyw/E0

ほむら「ほ、本当に……本当にありがとうございます!」

ほむら「それじゃあ私、占い師さんの言う通り、風見野に行ってきますね!」

ほむら「あ、ありがとうございました!」

織莉子「頑張ってくださいね、うふふ」

織莉子(ふふ、馬鹿な人ね……占いでも予知でもない、こんなデタラメな話を信じるなんて)

織莉子(これで暁美ほむらと千歳ゆまの関係が悪くなることは間違いないはず……!)



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:41:34.92 ID:BD0nyw/E0

◇風見野

ほむら「そんなわけで風見野に来たのだけれど」

ほむら「千歳ゆまはどこにいるのかしら……」

杏子「あわわ、あわわ……」

ほむら「あら? あれは……佐倉杏子ね」

杏子「まさかゆまが水道水を喉に詰まらせて窒息するなんて、あわあわ」

杏子「呼吸が停止していてチアノーゼ状態だ、どうしようあわあわ」

ほむら「なんですって!? 大変だわ、急いで助けないと!!」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:42:25.48 ID:BD0nyw/E0

数分後……。

杏子「いやー、あぶなかったー」

ゆま「げほげほ、死ぬかと思ったよー」

ゆま「ありがとう、親切なおねーちゃん!」

ほむら「別に……私は大したことはしていないわ」

ゆま「おねーちゃんはゆまの命の恩人だね! 御礼にゆま、なんでもするよ!」

ほむら「……そう。きっといつかお願いするわね」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:43:44.79 ID:BD0nyw/E0

杏子「でもどーしておっぱいモミモミしてチューしたらゆまが生き返ったんだ?」

ゆま「えっ、な、なにそれ!?」

ほむら「……あれは心臓マッサージと人工呼吸よ」

杏子「ふーん? そーなのかー」

ゆま(ゆ、ゆま、気絶してるあいだにそんなことされてたの……?)

ゆま(ふぁ、ふぁーすときす、おねーちゃんにうばわれちゃったんだ……)

ゆま(それに、おっぱいまでモミモミされちゃったなんて……!)

杏子「ゆま、顔真っ赤だぞ?」

ゆま「ふ、ふにゃあ……」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:45:05.81 ID:BD0nyw/E0

◇路地裏

ほむら「やっぱり占い師さんは凄いです! ありがとうございました!」

織莉子「え……」

ほむら「昨日、占い師さんの言う通りにしたらゆまちゃんと仲良くなれたんです!」

織莉子「そ、それはよかったですね……」

織莉子(うそ……む、胸を揉んでキスしたら仲良くなれたなんて……レズカップル成立ってこと?)

織莉子(暁美ほむらも千歳ゆまも、どんな激しいキスをしたの? そ、そんなに気持ちよかったの……?)

織莉子(う、ううう……ハレンチだわ!)



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:46:21.05 ID:BD0nyw/E0

織莉子(と、とにかくこのままでは不味いわ)

織莉子(幸い、暁美ほむらは私のことを信用しきっているようだし)

織莉子(ここはまたデタラメの占いで騙して、何とか暁美ほむらを孤立させないと……)

織莉子「あー……こほん。ひとまずは仲良くなれたようで良かったですね」

ほむら「はい! ……ひとまず?」

織莉子「ええ、ひとまず、です」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:48:18.97 ID:BD0nyw/E0

織莉子「今の段階では、一応仲良くなれただけに過ぎません」

織莉子「このままではまだ、貴女の悲願達成には届かないでしょう」

織莉子「理想の未来を掴むためには、より一層絆を深めなければなりません」

ほむら「そ、そんな! じゃあいったいどうしたら……」

織莉子「それは勿論、私が占いで答えを導き出して差し上げます」

織莉子「次も私の占いに従えば間違いありませんよ」

ほむら「わあ、ありがとうございます! お願いします!」

織莉子「ええ、では早速……」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:49:33.19 ID:BD0nyw/E0

織莉子「むむむ……来てます来てます」

織莉子「貴女は再び風見野に行く……そこでまたゆまちゃんと遭遇するでしょう」

ほむら「は、はい」

織莉子「その子に会った貴女がするべきことは」

織莉子「────嫌がる彼女を無理やり路地裏に連れ込んで、パンツをひん剥いてやることです!!」

ほむら「パンツを!?」

織莉子「さらに身体を撫で回してやりなさい! 特にお股のあたりを重点的に、執拗に!!」

ほむら「お股を!?」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:52:36.54 ID:BD0nyw/E0

ほむら「お股を撫で回すと仲良くなれるなんて知らなかったわ……」

ほむら「また一つ賢くなれました! ありがとうございます!」

織莉子「いえ、いいのよ。うふふ……」

織莉子(ふふ、相変わらずお馬鹿さんですね、貴女は)

織莉子(騙されているとも知らずに、私の荒唐無稽な話を鵜呑みにして)

織莉子(……これで暁美ほむらは、千歳ゆまからの信用を完全に失うはず)

織莉子(レズカップルとなったとはいえ、強姦まがいのことをされたら仲違いすることは間違いないわ!)



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:54:03.60 ID:BD0nyw/E0

ほむら「じゃあ私は早速……あっと、その前に」

織莉子「?」

ほむら「これ、この前の御礼です! どうぞ召し上がってください!」

織莉子「これは……クッキー?」

ほむら「は、はい! あんなに素晴らしい占いをタダでしてもらうなんて申し訳ないと思って……」

ほむら「ですから、せめて感謝の気持ちに、と思ってクッキーを焼いてきたんです!」

織莉子「まあ、ありがとうございます。喜んでいただきますね」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:55:23.03 ID:BD0nyw/E0

ほむら「えへへ……それじゃあ私は行きますね、ありがとうございました!」

織莉子「ええ、またお会いしましょう」

織莉子(ふふふ、御礼ですって?)

織莉子(本当に愚かな人。私は貴女に破滅をもたらそうとしているのにね)

織莉子(まあこのお菓子は私とキリカで美味しく頂くとしましょう)

織莉子(…………)モグモグ

織莉子(あ、美味しい)



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:55:52.07 ID:BD0nyw/E0

◇美国さんち

キリカ「どうしたんだい織莉子、このクッキーは!? も、もしかして君の手作りかい?!」

織莉子「違うわ、ちょっとした知り合いから貰ったのよ」

キリカ「え……な、なんだ。そうなんだ」

織莉子「ええ、親切で、愚かな……ちょっとした知り合いの子にね」

キリカ「……知り合いの、コ……?」

織莉子「さ、貴女も召し上がれ?」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:56:34.68 ID:BD0nyw/E0

織莉子「モグモグ……うん、美味しい♪」

織莉子(……今頃、暁美ほむらはきっと大変なことになっているでしょうね)

織莉子(ふふ、彼女の不幸という甘い蜜をエッセンスにすればより一層美味しく感じるわ……)

織莉子「ふふ……うふふ」

キリカ「…………」モグモグ

キリカ(……どうして、そんなに嬉しそうに食べるんだい、織莉子……?)



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:18:49.07 ID:muojfHuS0

◇風見野

ほむら「そんなわけでまたまた風見野に来たわけだけれど」

ほむら「千歳ゆまはどこにいるのかしら」

ゆま「ぐすん……ううう……」

ほむら「あら? あそこにいるのは千歳ゆま……」

ほむら「どうしてあんな物陰でしゃがみ込んでいるのかしら?」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:19:48.94 ID:muojfHuS0

ほむら「千歳ゆま。何をしているの」

ゆま「あっ……ほ、ほむらおねーちゃん……?!」

ほむら「そんなところで座って……怪我でもした?」

ゆま「いやっ! こ、来ないで、見ないでぇっ!!」

ほむら「……? 貴女、その服の染み……それに、足下の水溜まりは……」

ほむら「もしかして……お漏らしを?」

ゆま「う……うわああああん!! ほむ、ほむらおねーちゃんのバカああああ!!」

ゆま「だか、だから見ないでって……ぐすっ、ゆったのに……ゆったのにい!」

ほむら「その……ごめんなさい」



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:21:33.20 ID:muojfHuS0

ほむら「仕方がないわね……ちょっとこっちに来なさい」

ゆま「やだっ!! ほむらおねーちゃんなんて、ぐすっ、ひぐっ……もうキライ!!」

ゆま「あっちいってよお!」

ほむら「良いから来なさい」

ゆま「やあっ! 離してよお!!」

ほむら「そのまま家まで帰るわけにもいかないでしょう」

ほむら「タオルと着替えを出してあげるわ。大人しく従いなさい」

ゆま「ぐすん……」



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:23:49.07 ID:muojfHuS0

…………。

ほむら「これで良し、と……」

ゆま「あぅ……」

ほむら「少し服が大きいけれど、仕方がないわね」

ほむら「脱いだ服は……私が洗濯しておくわ」

ゆま「……ねえ、おねーちゃん……その」

ほむら「?」



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:26:35.44 ID:muojfHuS0

ゆま「あ、ありがと……ゆまの身体、キレイにしてくれて……」

ゆま「それに、こんなお洋服まで着せてもらっちゃって……」

ほむら「……別に、大したことはしていないわ」

ほむら「気にしないで」

ゆま「おねーちゃん……」ドキドキ



39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:28:27.89 ID:muojfHuS0

ゆま(はうう……)

ゆま(どうしよう、ゆま、スッゴくドキドキしてるよお……)

ゆま(こんなに優しくしてもらっちゃって……しかも、恥ずかしいとこいっぱい見られちゃって……)

ゆま(だ、大事なトコまで拭いてもらっちゃって……)

ゆま(でも気持ち悪くはなかったし……ううん、それどころか……)ドキドキ

ゆま(……うう、お顔が熱い……身体がポカポカするよ……)

ゆま(これって、もしかしてゆま……)



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:29:02.07 ID:muojfHuS0

杏子「なんだこんなトコにいたのか、ゆま。捜したよ」

ゆま「あっ、キョーコ!!」

杏子「うん? ほむらも一緒だったのか。何してたんだ?」

ゆま「えぅ、そ、それは、えっとね……」

ほむら「……落とし物を捜して貰ってたの」

ゆま(えっ?)



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:31:45.26 ID:muojfHuS0

ほむら「私が財布を落としてしまって。それで協力してもらったの」

杏子「へえ。偉いじゃんかゆま」

ほむら「助かったわ、千歳ゆま」

ゆま「う、うん。どういたしまして……」

ゆま(ほむらおねーちゃん、ゆまのために嘘をついて……?)

ゆま(そんなにやさしくされたら……胸がきゅんってしちゃうよぉ……)

杏子(なんでゆまの服が変わってんだろ)



42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:33:10.49 ID:muojfHuS0

◇路地裏

ほむら「すごい! すごいです占い師さん!」

織莉子「えっ」

ほむら「もっとゆまちゃんと仲良くなれました! 占い師さんのおかげです!」

織莉子「ほ、本当ですか? そ、それは良かったですね……うふふ」

ほむら「はい!」

織莉子(そんな……ご、強姦されても受け入れてしまうなんて……)

織莉子(千歳ゆま、幼い顔をしてなんて淫乱なの……!?)

織莉子(いったい二人はどんなプレイをしたのかしら……)ドキドキ

織莉子(や、やだ……なんだか私まで変な気分に……)



44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:35:25.55 ID:muojfHuS0

織莉子(と、とにかくこのままでは不味いわ)

織莉子(二人の仲が深まれば、それだけ私達の救世の妨げとなる可能性が高まるはず)

織莉子(またデタラメな占いを告げて……)

織莉子(って、その結果がこの現状なんだから、下手なことを言うのもいけないわね)

織莉子(二人の仲を引き裂く策を何か考えないと……)

織莉子(二人の仲を……引き裂く……)

織莉子(……そ、そうだわ! これなら……!!)

織莉子「ええと……げほんごほん、ゆまちゃんと仲良くなれてよかったですね」

ほむら「はい! これならきっと……」



45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:36:44.35 ID:muojfHuS0

織莉子「しかし! まだ気を緩めてはいけませんよ!」

ほむら「ふぇ!?」

織莉子「ここからが肝要なのです。迂闊な真似は破滅を呼びますから、細心の注意を払ってください」

ほむら「そ、そうなんですか?! いったいどうすれば……」

織莉子「貴女はしばらく、千歳ゆまと距離を置く必要があります」

ほむら「え! せ、せっかく仲良くなれたのに?」

織莉子「時にはそういう選択も必要なものなのですよ」



46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:39:45.19 ID:muojfHuS0

織莉子「いずれ、運命を大きく変える日が訪れるはずです……その日まで、千歳ゆまとは会ってはいけません」

織莉子「わかりましたか?」

ほむら「は、はい……わかりました……」

織莉子(……これでいいわ、しばらくは時間を稼げるはず……その間に……)

織莉子(――――その間に、私が千歳ゆまを……く、口説いて、オトしちゃう!!)

織莉子(これで二人の破局は間違いなしよ!)



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:41:58.63 ID:muojfHuS0

ほむら「あ、そうだ。帰る前に……はい、これどうぞ!」

織莉子「え? あら、これは……」

ほむら「パウンドケーキです! 今回も御礼にって思って」

織莉子「まあ、ありがとうございます。また美味しくいただきますね」

ほむら「えへへ……」

織莉子(ふふ、また御礼ですって? 滑稽ですね)

織莉子(私が今なにを企んでいるのかも知らずに……ふふ)



49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:43:47.98 ID:muojfHuS0

◇美国さんち

織莉子「今日のおやつはパウンドケーキよ♪」

キリカ「……これ、手作りみたいだけどもしかして……」

織莉子「ええ、また貰ったのよ。うふふ」

キリカ「そ、そーなんだ……うん、いただくよ」

織莉子「ええ、どうぞ」

キリカ「…………」



50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 12:45:07.22 ID:muojfHuS0

織莉子(明日から忙しくなるわね……でも、これも救世のため)

織莉子(そして私とキリカの幸せな未来のためだもの)

織莉子(なんとか頑張って千歳ゆまを口説かないと……)

織莉子(……だ、大丈夫、簡単なことよ)

織莉子(わ、私が……暁美ほむらよりスゴいテクで、千歳ゆまをオトせばイイだけのことだもの)

織莉子(初めてでも、予習をしておけばなんとかなる……よね……?)

織莉子(うう……そ、想像しただけでなんか熱くなってきちゃったわ……)ドキドキ

キリカ(織莉子……また他の女のことを考えてる……?)

キリカ(でも、じゃあ、なんであんな顔して……)



61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:51:19.13 ID:muojfHuS0

◇一日目

ゆま「今日もほむらおねーちゃんに会えるかな……えへへ」

織莉子「こんにちは、千歳ゆまさん」

ゆま「えっ? おねーちゃんだれ?」

織莉子「初めまして、私は美国織莉子。貴女に用があって来たの」

ゆま「用……ってなーに?」

織莉子「うふふ……ねえゆまさん?」

織莉子「お姉さんがえっちなコトしてあ、げ、る♪」

ゆま「 」

杏子「おいコラてめー、何言ってやがんだ!」



62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:53:59.85 ID:muojfHuS0

◇二日目

ゆま「うう、昨日のおねーちゃん、なんだったんだろ……」

ゆま「なんとか杏子が追い払ってくれたけど、また来たらどうしよう」

織莉子「こんにちは、ゆまさん」

ゆま「ひっ!?」

織莉子「昨日はごめんなさいね、驚かせてしまって」

織莉子「お詫びにジュースを持ってきたの。さあどうぞ!」

ゆま「……なんで蓋が開いてるの、これ?」

織莉子「気にしないで大丈夫よ……ちょっとえっちな気分になる薬が入ってるだけだから」

ゆま「えっ……い、いやあっ!!」

杏子「おいコラてめー、ゆまに変なもん飲ますんじゃねー!」



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:56:29.87 ID:muojfHuS0

◇三日目

ゆま「ぐすん……ヘンタイのおねーちゃん怖いよう」

ゆま「さすがにホテルのお風呂にまで来ないと思うけど……」

織莉子「こんばんは、ゆまさん」

ゆま「きゃあ!?」

織莉子「背中流してあげるわ、さあこっちにいらっしゃい……うふふ」

ゆま「や、やだっ!! 出てってよお!」

織莉子「怖がらなくていいわ、とっても気持ちよくなるボディソープを用意したの」

織莉子「きっと気にいってもらえると思うわ、うふ、うふふ」

ゆま「やだ、やだよお!!」

杏子「おいコラてめー、なに勝手に人の部屋入ってやがんだ!」



64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:00:55.68 ID:mn2XY5Bg0

◇四日目

ゆま「はあはあ……! こ、こないでよお!!」

織莉子「ふふ、抵抗しても無駄よ! 今日は佐倉杏子は足止めしているもの、助けも来ないわ!」

ゆま「そ、そんなあ……」

織莉子「さあ大人しくしなさい……」

織莉子「大丈夫よ、痛いのは最初だけ……すぐに気持ちよくしてあげるから……うふふ」

ゆま「うう……や、やだよお、誰か助けて……!」

ゆま「助けて、ほむらおねーちゃん!!」



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:04:06.42 ID:mn2XY5Bg0

ほむら「────その子から離れなさい、美国織莉子」

ゆま「あ……!」

織莉子「な……! 暁美、ほむら……何故!?」

ほむら「……私のことを知っているのね。でも、関係ないわ」

ほむら「その子に手を出したら、許さないわよ」

ゆま「ほむらおねーちゃん……!」ドキドキ



67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:09:55.74 ID:mn2XY5Bg0

ほむら「『いずれ、運命を大きく変える日が訪れる』……占い師さんが言っていた通りだわ」

ほむら「どうやら今日がその日だったみたいね」

ゆま「?」

ほむら「なんでもないわ。……間に合って良かった」

ほむら「貴女が傷付くところなんて、見たくないもの」

ゆま「え……」ドキッ

ゆま「えへへ……ありがと……」



68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:15:21.44 ID:mn2XY5Bg0

織莉子「……ふっ、許さないと言うならどうするのです?」

織莉子「私と戦うとでも?」

ほむら「戦いにはならないわ。貴女の一方的な敗北が待っているだけ」

織莉子「戯れ言を……!」

ゆま(ふわぁ……お、おねーちゃんカッコいい……!)



71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:19:08.35 ID:mn2XY5Bg0

織莉子「良いでしょう! なら来なさい、相手をしてあげます!」

織莉子「貴女を打ちのめし、私はゆまちゃんとラブラブになってみせます!!」

ほむら「…………え?」

織莉子「さあ、勝負────」

キリカ「お、織莉子……いま、なんて……?」

織莉子「……へっ? あ、き、キリカ!?」



72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:19:43.60 ID:mn2XY5Bg0

ほむら「呉、キリカ……!!」

ゆま「……だれ?」

織莉子「な、なんで貴女が此処に?! 佐倉杏子の足止めは……?!」

キリカ「佐倉杏子は逃してしまって……ううん、そんな些事はどうでもいいんだ」

キリカ「織莉子……君が最近私に構ってくれなくなったのは、そのロリっ子が原因だったんだね……う、うう……ぐすん」

織莉子「え、あ、いや、これはその……ち、違うのよ」



73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:22:35.98 ID:mn2XY5Bg0

キリカ「ぐすっ……ご、誤魔化さなくていいよ……君が誰を好きになろうと、君の自由さ」

キリカ「……わ、私が君の一番じゃなくなってしまったのは……悲しいけれどね……あ、あはは……」

織莉子「だ、だからね、違うのよキリカ、誤解よ」

キリカ「誤解……? じゃ、じゃあ初めから私のことなんて好きじゃなかった、ってことかい……!?」

織莉子「ええっ?! な、なんでそうなるの?!」

キリカ「やっぱり、私みたいな根暗でワガママなお子様は、織莉子も好きじゃないってことだよね……ぐすん」

キリカ「わかったよ、今までごめんよ織莉子……わ、私は、君の幸せを草葉の陰から願っているよ……!!」

キリカ「さよなら、織莉子!!」

織莉子「ああっ!! 待ってキリカ!!」



74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:23:07.80 ID:mn2XY5Bg0

ゆま「……行っちゃった」

ほむら「良く分からないけれど……」

ほむら「貴女が無事で良かったわ、千歳ゆま」

ほむら「怪我はない?」

ゆま「あ……」

ほむら「?」



75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:24:26.13 ID:mn2XY5Bg0

ゆま「ふぇ……ふぇぇん! こわかったよお!!」

ゆま「ゆ、ゆま、あのおねーちゃんにヒドいことされそうになったの……ぐすっ」

ゆま「ほむらおねーちゃんがきてくれなかったら、いまごろ……う、うええん!!」

ほむら「……もう大丈夫。大丈夫だから、泣かないで」

ゆま「ぐすっ……う、うん……ありがと、ほむらおねーちゃん……」



76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:30:35.72 ID:mn2XY5Bg0

ゆま「ぐすっ……ぐすん」

ゆま「また、あのヘンタイおねーちゃんが来たらどうしよう……」

ゆま「ゆま、こわいよぉ」

ほむら「……それなら、私の家に来なさい」

ゆま「えっ……?」

ほむら「一緒に住みましょう、千歳ゆま」

ゆま「え……えええ?!」



77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:32:18.77 ID:mn2XY5Bg0

ゆま(それって……ドウセイするってこと?!)

ゆま(そんなのまるで、こ、恋人みたいだよ……!)

ゆま「で、でも、おねーちゃんに悪いし……」

ほむら「心配はいらないわ。私、一人暮らしだから」

ほむら「幾らでも融通が利くのよ。貴女を住ませてあげるくらい、問題ないの」

ゆま「そう……なの?」



78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:33:32.17 ID:mn2XY5Bg0

ほむら「ええ。だから……ウチに来なさい」

ほむら「二度とこんなことがないように、私が貴女を守るわ」

ゆま「おねーちゃん……」ドキドキ

ほむら「それに……」

ほむら「私にとっても、貴女は必要な存在だから……ね」

ゆま「えっ……い、今おねーちゃんなんて?」

ほむら「……なんでもないわ。気にしないで」



79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:38:38.40 ID:mn2XY5Bg0

ゆま「おねーちゃん……」

ゆま「……えへへっ♪」

ゆま(今おねーちゃん……ゆまのこと、必要だってゆってくれた!)

ゆま(うれしいな、えへへ♪)

ゆま(胸がきゅん、ってして、ドキドキして……)

ゆま(ゆま、やっぱりほむらおねーちゃんのこと大好き!)



80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:42:11.16 ID:mn2XY5Bg0

ほむら「それで、どうかしら。私の家に来る気はある?」

ゆま「うん! 行く! ゆま、おねーちゃんと一緒にくらしたい!」

ほむら「そう。それじゃあ……」

ほむら「今日から宜しくね、ゆま」

ゆま「うん!」

ゆま(えへ、これからはほむらおねーちゃんと二人暮らしかあ……♪)

ゆま(もっともっと、仲良しになれるね! えへへっ♪)



82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:44:25.29 ID:mn2XY5Bg0

◇暁美さんち

杏子「いやー、わるいね。寝床提供してもらっちゃって」

ほむら「気にしないで。好きにくつろいでもらって構わないわ」

ゆま「……むー」

杏子「ん? どーしたんだよ、そんな膨れっ面して」

ゆま「なんでもない!」

杏子「……?」

ゆま(せっかく二人っきりになれると思ったのになあ……)

ゆま(でもいいもん! キョーコなんて気にしないで)

ゆま(ほむらおねーちゃんとラブラブになるんだもん!!)



86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:53:06.33 ID:mn2XY5Bg0

ほむら(……よかった。千歳ゆまと仲良くなることが出来て)

ほむら(佐倉杏子とも協力体制を築くことが出来たし)

ほむら(これならきっと、まどかを守ることだって……!)

ほむら(これも全部占い師さんのおかげね)

ほむら(ありがとう! 親切な占い師さん!)



87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 00:56:15.59 ID:mn2XY5Bg0



まどか「ほむらちゃんが最近遊んでくれなくて寂しいよ……ぐすん」

さやか「噂だと小学生の彼女が出来たらしいよ」

まどか「小学生の彼女?! そ、そんなの絶対おかしいよ!!」

まどか「ほむらちゃんの目を覚ましてあげないと!」

QB「その願い、僕と契約すれば叶うよ!」

まどか「本当? じゃあ契約するよ!」

まどか「私の願いは、ほむらちゃんのロリコンを治してあげること!!」

ぴかー



100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:40:27.01 ID:sOt7EWnT0

◇暁美さんち

ほむら(まどかが契約してしまったせいでやる気が出ない……)

ほむら(ちょっと目を離した間に契約してしまうなんて……予想外だったわ)

ゆま「ほむらおねーちゃん、お風呂沸いたよー」

ほむら「……面倒臭いわ」

ゆま「んもー、またそんなこと言ってー」



101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:40:52.28 ID:sOt7EWnT0

ゆま「……えと、じゃあ……」

ゆま「……ゆまが背中洗ってあげるから一緒に入ろ?」

ゆま「な、なーんて」

ほむら「…………」

ほむら「……それなら楽そうね」

ほむら「お願いするわ、ゆま」

ゆま「ふえっ!?」



102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:41:27.28 ID:sOt7EWnT0

◇お風呂

ゆま(はわわ……! まさかホントにこんなことになっちゃうなんて……!)

ほむら「じゃあ、お願いするわ」

ゆま「う、うん……!」ドキドキ

ゆま(ほむらおねーちゃんの裸の背中が目の前に……)

ゆま(白くて、キレイで、スベスベしてそう……)

ゆま(き、キンチョーするよお……)



103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:42:51.71 ID:sOt7EWnT0

ほむら「……どうしたの?」

ゆま「あ、う、ううん! なんでもないよ!」

ゆま「その、えと、ね? ゆま、こういうの初めてだから……」

ゆま「痛くしちゃったら……ごめんね?」

ほむら「……初めてなのは私も同じよ」

ほむら「出来るだけ優しくしてくれると嬉しいわ」

ゆま「う……うん! やさしく、きもちよくしてあげるね!」



104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:43:24.24 ID:sOt7EWnT0

ヌルッ...

ほむら「んっ……」

ゆま「ご、ごめんね、痛かった?」

ほむら「……少しくすぐったかっただけよ。続けて」

ゆま「う、うん……」

グチュッ...グチュッ...

ほむら「んっ……なかなかいい感じね」



105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:43:54.79 ID:sOt7EWnT0

ほむら「もう少し……強く擦ってみてくれるかしら」

ゆま「こ、こう?」

グリグリ

ほむら「あぁ……そう、そういうふうに……」

ゆま「んしょ、んしょ……」

ほむら「はぁっ……貴女の指、とっても気持ちいいわ……」

ゆま「そ、そう? えへへ……」

ゆま「それじゃあ、もっといっぱいコシコシして、もっともっと気持ちよくしてあげるね……♪」



106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:46:49.59 ID:sOt7EWnT0

ゆま「ごーしごーし……」

ほむら「あっ……!」ビクンッ

ゆま「きゃっ!? ど、どーしたの?」

ほむら「ごめんなさい……その辺りは、少し敏感だから……」

ゆま「……えへ、そーなんだ。ここがおねーちゃんの弱点なんだね……」

ゆま「じゃあ、ねんいりに、やさーしく洗ってあげるね……」

サワサワ...

ほむら「んっ……くっ」

ゆま(ホントに感じやすいんだ……うふふ、ほむらおねーちゃんのヒミツ、知っちゃった♪)



107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:47:28.69 ID:sOt7EWnT0

ほむら「……ありがとう、背中はもう充分よ」

ゆま「えっ、あ、そ、そうかな?」

ほむら「次は髪をお願いしていいかしら」

ゆま「うん! いいよー!」

ゆま「えーとシャンプーはコレだよね」

どぴゅ!

ゆま「きゃっ! いっぱい出ちゃった……」



108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:48:17.38 ID:sOt7EWnT0

ゆま「えへ、それじゃあ髪あらうね」

ほむら「ええ、お願い」

ゴシゴシ

ゆま「ふわぁ……おねえちゃんの髪、やわらかくて気持ちいい……」

ほむら「あまり乱暴にしないでね……」

ゆま「うん、女の子のだいじなトコだもんね」

ゆま「だいじにだいじにゴシゴシするよ」

ほむら「んっ……そう、中までしっかり指を入れて……」



109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:53:55.19 ID:sOt7EWnT0

まどか「…………」

まどか「こんなの絶対おかしいよ……」

まどか「ほむらちゃんはロリコンじゃなくなったはずなのに!」

まどか「どうしてあの子とイチャイチャしてるの?」

まどか「私だってもっとほむらちゃんと仲良くしたいのに……」

まどか「うう……なんだかソウルジェムが黒ずんできたよ……」

織莉子「そ、そこの貴女!! 何事かお悩みですね!!」

まどか「えっ?!」



110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:54:28.19 ID:sOt7EWnT0

まどか「貴女は……?」

織莉子「私は通りすがりの占い師です!」

キリカ「その助手にして生涯の伴侶、呉キリカだよ!」

まどか「わあ! 占い師さんなんですか?」

織莉子「ええそうですよ。貴女のお悩みを解決するために参上しました」

キリカ「悩める哀れな子羊を救ってあげるよ!」

まどか「なんだかとっても頼もしい!」



111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:56:32.16 ID:sOt7EWnT0

織莉子「ずばり、あなたの悩みは……『私だってもっとほむらちゃんと仲良くしたいのに……』、でしょう?」

まどか「は、はい! すごい、そのとおりです! どうしてわかるんですか?!」

キリカ「織莉子は予知能力者……じゃなかった、占い師だからね!」

織莉子「もちろん、その貴女の悩みを解決する方法も分かりますよ」

まどか「ぜ、是非おしえてください!」

織莉子「いいですとも、それじゃあ私の言う通りにしてくださいね……うふふ」



112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:57:11.95 ID:sOt7EWnT0

織莉子(うふふーふ、少し危ないところだったけれど……)

織莉子(なんとか鹿目まどかが魔女化する前に間に合ったわ)

キリカ(本当にこのちんちくりんが世界を滅ぼす魔女になるのかい?)

織莉子(ええそうよ。だからそれを防ぐために、私たちは……)

織莉子(――――占い師の振りをしてなんやかんや助言して、鹿目まどかを絶望させないようにするのよ!)

キリカ(分かったよ織莉子!!)



113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 23:59:27.61 ID:sOt7EWnT0

織莉子「さっそくですが鹿目まどかさん、貴女が暁美ほむらさんと仲良くなるためにするべきことは……」

まどか「は、はい」

織莉子「────真正面からおっぱいを揉みまくることです!!」

まどか「お、おっぱいを!?」

織莉子「そこからさらに唇を奪ってあげればなお良いでしょう!」

まどか「唇を!?」

織莉子「それが暁美ほむらと仲良くなる最善策ですよ!」



115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 00:02:06.87 ID:FIeymn0z0

まどか「ほ、ほんとにそんな方法で仲良くなれるんですか……?!」

織莉子「ええ、間違いありませんよ! 過去の実例もあります!」

まどか「そうなんだ! すごいね!」

まどか「よーし、それじゃあほむらちゃんのおっぱいを揉みまくって唇を奪っちゃうぞー!」

織莉子「頑張ってくださいね!」

まどか「ありがとうございました! わたし、いってきます!」



116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 00:03:59.59 ID:FIeymn0z0

織莉子(ふふ、上手くいったわね!)

キリカ(見事だったよ織莉子! 君の巧みな話術であの子も完全に信じ切っていたよ!)

織莉子(そうでしょうそうでしょう、うふふ)

キリカ(この調子でガンバろうね織莉子!)

織莉子(ええ、キリカ!)



118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 00:07:21.39 ID:FIeymn0z0



mdmg-001810-118



元スレ
SS速報VIP:ほむら「ありがとう! 親切な占い師さん!」織莉子「ふふふ」