1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 14:40:21.22 ID:Ag3FZsixP

澪「あんなかわいい子と幼馴染とかまじ最高」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 14:46:17.74 ID:Ag3FZsixP

澪「もうあの無邪気な笑顔やばい」

澪「さばさばした美少女とか最高でしょ」

澪「あー律に会いたい」

澪「電話しよう電話」

澪「ぴっぴっぴっと」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 14:52:22.48 ID:Ag3FZsixP

律『もしもし澪?』

澪「もしもしりーつー?」

律『当たり前だろ』

澪「相変わらずかわいい声!」

律『は?』

澪「遊びに行っていーい?」

律『いや、ちょ』

律「……切れちゃったよ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 14:57:41.30 ID:Ag3FZsixP

ピンポーン

律「はや!?」

澪「こんにちはー!」

律「勝手に入ってきた!?」 

澪「あー律だぁ!」

律「うん律だよ」

澪「りーつー!」

ギュッ

律「ちょ……くさ!?酒くさ!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 15:03:02.07 ID:Ag3FZsixP

澪「くさくない!」

律「いやくさいよ!何で未成年なのに飲んでんだよ!」

澪「飲んだらいい歌詞が浮かぶかなーって」

律「あぁ……そう」

澪「律反応がつめたい!」

律「えー」

澪「バカ律!」

ボカッ

律「いた!?何で殴られた!?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 15:09:01.14 ID:Ag3FZsixP

澪「あーごめん!痛かった!?」

律「痛いよ」

澪「じゃあ慰めてあげる」

律「おい」

澪「なぁに?」

律「なんでデコにキスしようとしてんだ」

澪「?律のおデコにキスするからだよ?」

律「もうやだこの酔っ払い」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 15:23:21.25 ID:Ag3FZsixP

澪「んー!」

律「ちょ、やめ……つよ!力つよ!」

チュッ

律「うわー!私のおデコが汚された!」

澪「失礼な!愛しの幼馴染だろー!」

律「いや、愛しかは知らないけど……ていうかブラジャーの紐みえてますよ」

澪「きゃー!律に襲われるー!」

律「襲わないよ」

澪「あれ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 15:43:05.27 ID:Ag3FZsixP

澪「じゃあ次は唇ね!」

律「はぁ!?」

澪「律ー愛してるよー!」

律「はいはいつまらない冗談はよそうな」

澪「冗談じゃないもん!」

律「えっ」

澪「ずっと好きだったもん!」

律「えっえっ」

澪「小学生の時からずーっと!」

律「ちょ……」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 15:48:49.81 ID:Ag3FZsixP

澪「ほら私って恥ずかしがりやでしょ」

澪「だからずっとじぶんのきもち伝えられなかったけど、いまなら言えるよ!」

澪「田井中律さん!私と付き合ってください!」

律「はい」

澪「えっ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 15:56:39.64 ID:Ag3FZsixP

澪「私と付き合ってください!」

律「はい」

澪「私と付き合ってください!」

律「はい」

澪「私と手繋いで歩いたり、キスしたりしてください!」

律「はい」

澪「私と」

律「しつこい!付き合うって言ってるだろ!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 16:07:07.42 ID:Ag3FZsixP

澪「だ、だってそんなあっさり……」

律「じゃあ断ったほうがよかった?」

澪「いや……だっで……うゔっ」

律「なんで泣くの!?」

澪「だっでりじゅどづきあえるなぶでぇぇ!」

律「頼むから日本語でしゃべってくれ」

澪「りぃぃぃぃぃづぅぅぅぅぅ!」

ギュッ

律「ぎゃー!鼻水きたねぇぇぇ!」



28: 訂正。 2010/05/27(木) 16:27:11.64 ID:Ag3FZsixP

律「……ほら、重いからどけって」

澪「……」

律「おいぃ?」

澪「ぐぅ……」

律「わかってたよ……このパターンは寝てるってことはわかってたよ」

律「はー、小学生の時からかー」

律「……なんであっさりオーケーしたかわかるか?」

律「私もずっと同じ気持ちだったから、だよ」

律「はは……恥ずい」

律「……」

律「ファーストキスがお酒の味ってのも……いいかな」




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 16:32:57.59 ID:Ag3FZsixP

終わりです。
勢いで書いちゃいました。
では。



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 16:41:08.78 ID:Ag3FZsixP

秋山澪です。

眼が覚めると、なぜか私は律の部屋にいました。
あと頭がすごく痛いです。
律は私が目覚めたことに気がつくと頬を赤らめて「おはよ」と言ってくれました。
私はよく状況がわからず、律に昨日のことを聞きました。
そのあと私が律以上に頬を赤らめ、悶えたことは言うまでもありません。

でも私は今、すごく幸せです。


終わり。


元スレ
澪「律かわいいまじ天使」