1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 22:03:51.46 ID:010VOJIg0

まどか「さやかちゃんさやかちゃん!」

さやか「どうしたの?」

まどか「前歩いてる人、昨日助けてくれた人じゃないかな」

さやか「ホントだ!あの間抜な髪型は間違いなく…えっと」

さやか「なんて言ったっけ?あれ…」

まどか「? 忘れちゃった…」

まどか「ちょうどいいから聞いてみようよ」

さやか「そだね」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 22:16:16.02 ID:010VOJIg0

さやか「先輩!おはようございます」

まどか「おはようございます」

マミ「あら、鹿目さんに美樹さん。おはよう」

マミ「うふふ、先輩じゃなくて名前で呼んでくれてもいいのよ」

まどか「すいません。名前なんでしたっけ」

さやか「ストレート過ぎるだろwww」

マミ「…ふふ、忘れちゃたの、巴マミよ」

まどか「ああ…そうだそうだ巴マミだったね」

さやか「おっすマミ!」

マミ「………元気ね」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 22:21:32.92 ID:010VOJIg0

マミ「あ…」

まどか「どうかしたの?」

さやか「マミってさ~。魔法少女なんだよね」

マミ「美樹さん…あまり学校では」

さやか「てか単なるコスプレイヤーですよね? あれ」

マミ「昨日話したはずなんだけど…」

まどか「お願いが叶うんだったけ?」

マミ「そうね、でもそれだけじゃなくて…」

仁美「お二人ともおはようございます、あら、そちらのお方はどなたですの?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 22:27:46.95 ID:010VOJIg0

さやか「ああこれ?」

マミ(これ?)

まどか「巴マミって言うんだよ仁美ちゃん」

仁美「…あの。巴さんは三年生ですよね…?」

マミ「ええ、そうよ。えっと…」

仁美「私は志筑仁美と申します。よろしくお願いします巴先輩」

マミ「よろしくね、志筑さん」

さやか「なにかしこまっちゃってんのさ」

まどか「そうだよ~。この人はそういうの好きじゃないよ仁美ちゃん」

さやか「だよね、この髪型をみればかなりキテル人ってわかるでしょ」

仁美「お二人とも、巴さんは三年生ですのよ。先輩にその様な話し方は…」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 22:35:23.06 ID:010VOJIg0

まどか「え? そうなの」

マミ「…そうね、名前で呼んでって言ったのは私だけど」

マミ「できるなら、もう少し…」

さやか「なら、最初に言えよ…」

まどか「本当だよね」

仁美「お二人とも!」

さやか「へいへい、じゃあマミさんでいいっすか~?」

まどか「マミさんって鬱陶しいですね。いいたい事はハッキリ言いましょうよ」

マミ「………。ふふ、ありがとう」

さやか「…笑わないでもらえます? なんかムカつくんで」

マミ「あっ、ごめんなさい…」

仁美「さやかさん!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 22:40:12.28 ID:010VOJIg0

まどか「マミさんのケーキすっごいおいしかったんだよ」

さやか「うまいよねあれ、昨日の話は覚えてないけどケーキの味は覚えてる♪」

さやか「また、奢ってくださいよマミさん」

マミ「ええ」

仁美「巴先輩とはどこでお知り合いになったのですか?」

まどか「うんとね…魔女? じゃなくて使い魔だっけ?」

さやか「どっちでもいいんじゃないww」

マミ「二人とも!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 22:50:42.09 ID:010VOJIg0

教室

まどか「面白い人でしょ?www」

仁美「…そうですか? 私は別にそう感じませんでしたけど」

さやか「言ってなかったね、あの人けっこうやばいんだよ」

まどか「そうそう、変な生き物を大切な友達wwwとか言ってたんだよw」

仁美「ペットを飼ってらっしゃるのですか」

まどか「違う違うお友達だよ。何と喋るんだよ! それ」

仁美「…言葉をですか?」

さやか「そうだよ、おかしな人でしょwww」

さやか「あれ絶対ぬいぐるみだよね」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 22:55:32.01 ID:010VOJIg0

仁美「女の子でしたそれくれい…」

さやか「子供ならねwwあの人中三だよwww」

まどか「流石に引くよねwww」

仁美「お二人の言う事が信じられませんわ、とてもそんなお方には…」

さやか「おっ疑ってるんだ、じゃあ休み時間に見せてあげるよ」

まどか「そうしよそうしよ」

ガラッ
ほむら「………」スタスタ

まどか「ほむらちゃ~ん♪」
さやか「転校生♪」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:01:44.53 ID:010VOJIg0

ニタニタ笑う二人を目も向けずにほむらは席につく

まどか「ほむらちゃん、無視しないでよ~」

さやか「昨日のコスプレなんだったの? ねぇねぇwww」

ほむら「…コスプレ」

まどか「そうそう変な格好で白いの追っかけてたでしょ」

さやか「あれだよ」

ほむら「巴マミから何も聞いてないの…」

まどか「聞いたけど、忘れちゃったんだ~」

さやか「それより、あんたもコスプレすんのwwww」

まどか「さやかちゃんwwww」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:08:38.04 ID:010VOJIg0

ほむら「あなた達はしらなくていい事よ」

さやか「何すかした顔してんの?」

さやか「お前もマミさんと一緒なんだろwww」

まどか「ちょっ、ほむらちゃんが可哀想だよwwww」

ほむら「………」ギュ

さやか「いてててて!」

ほむら「くだらない事は言わない方が身の為よ…」

さやか「痛い痛い!!! 離してよ」

ほむら「…くだらない詮索はよしなさい。昨日の事、少しは覚えてるでしょ?」パッ

ほむら「あまり怒らせないで…」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:12:59.70 ID:010VOJIg0

さやか「いってー…」

まどか「大丈夫?」

さやか「けっ! ムカつくな。でも逆らわない方がいいね」

まどか「ほむらちゃん、細いのにすごい力だね」

さやか「願いが叶うんだっけ? そんな事言ってたよねマミさん」

まどか「わかった~、仕返しするんでしょうwww」

さやか「仕返しじゃないって、転校生にはお灸を据えてあげないといけないよ」

まどか「さっすが~www」

さやか「という訳でマミさんにいろいろ聞かないと」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:17:44.54 ID:010VOJIg0

マミ「キュゥべえ…あなたは鹿目さん達の所にいなさい」

QB「そうかい?」

マミ「暁美ほむら、彼女を放っておいてはいけないわ」

QB「わかったよマミ」

マミ「………」

マミ(あんまり会いたくないな…あの二人とは)

マミ(ダメよ、ちゃんと導いてあげないと。私が教えてしまったのだから…)


QB「やあ」

まどか「あっ! 昨日の白いのだ!」

さやか「おお! 白いの」

QB「キュゥべえだよ…」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:21:52.52 ID:010VOJIg0

休み時間

まどか(テレパシーなんてできるんだね。すご~い!)

さやか(きゅうべえ! マミさん宛にもできんの?)

QB「もちろんだよ」

仁美「あの、お二人とも…休み時間ですけど。どうしましょうか?」

まどか「え? ああマミさんねwww」

さやか「そうだった、よっし! 教室に突撃しよう!」

まどか「お~!」

タタタッ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:26:27.98 ID:010VOJIg0

マミ「次の授業は…」ゴソゴソ

ガラッ
まどか「マミさんwww」

さやか「失礼しますwww」

マミ「あ、あら…。どうかしたの?」

仁美「…どうも」ペコリ

まどか「マミさんってキュゥべえとお友達なんですよね?」

マミ「? ええ…。それがどうかしたの」

さやか(キュゥべえ! マミさんに話しかけてよ)

QB「どうしてだい?」

まどか(早く早く♪)



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:32:26.37 ID:010VOJIg0

QB「まあいいや、マミ。調子はどうだい?」

マミ(ついさっきよ…変らないわ)

まどか(マミさん! テレパシーじゃなくて普通に話し掛けてください!)

マミ(え!? どうして?)

さやか(鬱陶しいな!! いいから!)

マミ(で、でも…)

マミの狼狽した顔を不思議そうに眺める仁美

仁美「巴先輩? どうかしまして」

さやか(早くしてよ! みんなにばらしちゃうよ!!)

マミ(それはダメって言ったでしょ!!)

まどか(じゃあ早くしてよ!!!)



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:37:03.70 ID:010VOJIg0

QB「今日もケーキかい? マミ」

マミ「………い、嫌なの…?」

仁美「…はい?」

まどか(ウェヒヒヒヒ、おかっしいwww)

QB「僕は構わないさ、何を食べてもたいして差異はないよ」

マミ「そ、そっか…」チラッ

さやか(続けて続けてwww)

マミ「……たまには…クッキーでも、た、食べ…る?」

誰もいない方に話し掛けるているマミを二人は必死に笑いをこらえ
仁美はとても不思議そうに見ている



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:41:57.70 ID:010VOJIg0

QB「マミは本当にお菓子作りが好きだね」

マミ「趣味みたいなものだか、か…から……」

仁美「そ、そうなのですか…。す、素敵だと思いますわ」ヒキッ

さやか(いいぞ~www)

マミ(…もうやめていいかな?)

まどか(まだ時間あるよマミさん)

さやか(気軽に話しちゃってください!www)

マミ「うぅ、今度は何を、作ろうかな………」ボソッ

さやか(声は聞こえるようにしてよマミさん。会話できないよ?)

まどか「さやかちゃんwww」

仁美「???」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:47:11.57 ID:010VOJIg0

まどか(マミさんは扱い易そうだねw ほむらちゃんと違って)

さやか(だねwww しばらく飽きないね♪)

まどか「あれは引くよね~」

さやか「引く引く♪」

仁美「…変ったお人なのですね、巴先輩は…」

まどか「でしょでしょ♪ 面白いよね!」

さやか「仁美もどう? 一緒にお昼食べない、マミさんとwww」

まどか「わたしは行くよwww」

仁美「…私は」


仁美「他の方と、約束が…」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/11(木) 23:52:50.26 ID:010VOJIg0

Aさん「巴さん…保健室行く? 私保健委員だから連れて行ってあげるけど…」

マミ「…いいのいいの! 気にしないで…」

Aさん「そ、そう…」

ヒソヒソ、ヒソヒソ

マミ(キュゥべえ…お願いだから学校の外に居てくれないかな…)

QB「どうしてだい? まどか達を見ていないとダメじゃないのかい」

マミ(うぅ…うぅ。…そうだったわね、じゃあ行って…)

QB「何を落ち込んでるんだい?」

ガラッ
マミ(行って!!)ダンッ

先生「どうかしたのかね?」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 00:01:59.28 ID:010VOJIg0

お昼

Aさん「ねぇ? 保健室いかない巴さん」

Bさん「なんか今日は教室で食べるのは…」

マミ「そうね…そうしよかな」

まどか(マミさん! マミさん! 屋上!!)

さやか(呼び出しかよwww)

マミ(…何か用?)

まどか(一緒にお弁当食べようよ! どうせマミさん変人だからぼっちでしょwww)

さやか(可愛い顔してこいつはwwあはははwww)

さやか(マミさんは来るよね?)

Aさん「消毒液の匂いとかあるけど…」

マミ「……ごめんね、後輩達に誘われてるんだったわ…」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 00:07:43.92 ID:W59f7ozD0

マミ「あら? キュゥべえは…」

まどか「キュゥべえなら教室に置いてきましたよ」

さやか「そうそう、あれ結構邪魔なんですよwwテレパシーは便利だけど」

マミ「あれとか…言ってほしくないかな、キュゥべえの事」

まどか「wwすいませ~んwwwお友達だもんねwマミさんのww」

さやか「そうだったwww」

マミ「…おかしくないわ、キュゥべえは意思疎通できるのよ…何も…」

まどか「おかしいよマミさんwww」

さやか「あんなのが友達とかwwwあっ!!」

さやか「もしかして本当に友達いないの?www」

まどか「いやいやwwそれはないよさやかちゃんww」

まどか「マミさん、三年生だよ? どうやったら三年間友達できないのwww」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 00:12:24.27 ID:W59f7ozD0

マミ「…早く食べましょう…人もいないしもう一度話しておきたいから」

さやか(ありゃ~図星でしたか~www)

まどか(これは可哀想だから、やめてあげる?)

さやか(ないわ~)

まどか(マミさん最高www)

マミ「聞こえてるのに…」ボソッ

まどか「マミさん! わたし達はマミさんのお友達だからね!
    何かあったら相談に乗るよ」

さやか「あたしもあたしも! 頼っちゃってください!」

まどさや「wwwwww」

マミ「…うん。ありがとう」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 00:19:16.34 ID:W59f7ozD0

再説明完了

さやか「ね、ねぇそれってなんでも叶うんですか?」

マミ「ええそうよ。でも、魔法少女になったら昨日のような危険な目に」

まどか「じゃあわたしやめる♪ 流石にあの格好はないよね」

コソコソ
ほむら(良かった…)

さやか「あたしもヤダな…。ねぇマミさん? マミさんは恥ずかしくないの」

マミ「…そんな事、考えたこともなかったわ」

さやか「ふ~ん。まあいいや」

まどか「そうだそうだ! マミさんは何をお願いしたんですか?」

まどか「まさかキュゥべえとお友達になりたいって…」

さやか「それはマジで引きますよ…」

マミ「………」




64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 00:25:46.15 ID:W59f7ozD0

マミ「悪いけど…あなた達には言いたくないの、ごめんなさい」

まどか「そんな…わたし達お友達なのに…酷いよ」

さやか「ショックだな…マミさんの力になりたいのに
    隠し事なんて…」

マミ「!? 違うよ、あんまり言いたくないだけだから…お友達でも…」

まどか「ならいいや。本当のところはたいして興味ないですから」

さやか「少しは気をつかいなよまどかwww」

マミ「……期待してないから、いいよ」ボソッ



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 00:34:00.30 ID:W59f7ozD0

まどか「このお弁当ってお母さんが作ってくれたんですか?」

マミ「え!? 私の?」

さやか「他にないよマミさんwww」

マミ「違うわ…私が作ったのよ」

まどか「うっそだ~wwwマミさんが料理とできちゃダメでしょwww」

さやか「見え張らなくてもいいのにww
    そんなんだから友達できなかったんじゃないですか?www」

マミ「……事実だから」

まどか「ええ…」

さやか「ちょっとポイントダウンですよ?」

まどか「ポイント? なぁにそれ、さやかちゃん」

さやか(弄りポイント!)

まどか(www)

マミ「ねぇ、テレパシーは私にも聞こえてるのよ?」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 00:37:36.14 ID:W59f7ozD0

まどか「え!?」

さやか「そうなの!?」

マミ「さっきからあなた達は…鹿目さんと美樹さんは特別なの」

マミ「お願いだから私の話を真面目に聞いて頂戴」

マミ「二人は知ってしまったのよ、魔法少女を」

まどか「魔法少女って、ぷっ」

さやか「wwww」

マミ「静かに聞きなさい」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 00:42:42.33 ID:W59f7ozD0

マミ「もちろん強制はしないわ。だから鹿目さんも美樹さんもなりたくない」

マミ「叶えたい願いもない。それならそれでいい」

マミ「でもね? 昨日も言ったけど…」

さやか「あーはいはい。もういいですよその話は」

マミ「美樹さん!」

さやか「鬱陶しいな…わかってますよまったく」

まどか「しらけちゃったね…」

さやか「マミさんは空気読めないねww
    せっかく楽しいお昼休みにしてあげようとしてたのに」

まどか「ホントホント! 教室で食べようよ、さやかちゃん」

マミ「あっ! 二人とも…」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 00:47:39.90 ID:W59f7ozD0

マミ「………」パクパク

マミ(何やってるんだろう…二人と距離をとってはダメよ)

マミ(軽い気持ちで契約して欲しくないから干渉してるのに…)

マミ(馬鹿だな、私…。お姉さんなんだから…もっと余裕を持たなきゃ)

ガチャ
三年生「あっ!」
バタン

マミ「………」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 00:56:00.50 ID:W59f7ozD0

翌日

まどか「マミさん! おはよう」

さやか「ティロティロさんおはようwww」

まどか「ティロwww」

マミ「あ、二人とも…昨日はごめんなさい、きつく言ったりして…」

マミ「ティロ?」

まどさや「ティロ・フィナーレ!!wwww」

マミ「なぁに? それ…」

さやか「いやいや、あんたの必殺技でしょwww」

まどか「キュゥべえが教えてくてんですよ~」

マミ「うふふ、何もおかしくないでしょ?」

まどか「おかしいよwwマミさんは厨二病だったんですね?」

まどか「わたし憧れちゃいます!!www」

マミ「厨二って…そんな言い方は」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 01:00:55.04 ID:W59f7ozD0

さやか「ティロティロwwwこいつはいいよ!マミさん」

さやか「最高にティロ・フィナーレだよ!」

まどか「www」

マミ「おかしいならやめるから…静かにして」

マミ「! あら、志筑さんおはよう」ニコリ

仁美「おはようございます…では」スタスタ

マミ「え…。そんな、嫌われちゃったかな…」

まどか「わたし達がいるからいいよwwそうだよねマミさん!」

さやか「ああ、昨日の事とかどうでもいいわwww」

マミ「うふふ、…ありがとう」

まどか「ティロさん!」

マミ「………やめて」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 01:08:56.64 ID:W59f7ozD0

マミ「痛!」

女子1「あっごめんね巴さんww肩を狙ったんだけどww」

女子2「電波でも受信してたの? ぼおっとしてww」

マミ「あなた達…私に何か恨みでもあるの?」

マミ「いつもいつも、つっかかて来て…」

女子2「何にもねぇよ。こっち見んな!」

女子1「牛が話してんじゃねぇよ」

マミ「意味がわからない…」

女子1「死ね!」

マミ「そういうのは良くないと思うわ」

女子1「触るんじゃねぇよ!」

「また、始まったよ…」
「巴も大変だよな」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 01:12:38.92 ID:W59f7ozD0

まどか「!?」

さやか「…どうしたの?」

まどか(キュゥべえ! マミさん何かやってない!?)

QB「僕は君の肩に居るんだけど…」

まどか(じゃあ見て来て! 早く!!)

QB「わけがわからないよ…」トテテテ

さやか「何々? 何があったの?」

まどか「さやかちゃん! 祭りの予感だよwww」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 01:18:23.40 ID:W59f7ozD0

マミ「気に障る事があったなら言って、できるだけ直すから」

女子1「うるせぇよ!」

女子2「存在自体がうぜぇの! わかんねぇのかよ!」

マミ「わからないわ、私は何かしたの? あなた達に…」

Aさん「巴さん、その人達は無視した方がいいよ」

Bさん「そうそう、コイツあれだよ。1の彼氏が巴さんに告白したのを根に持ってるんだよ」

マミ「…私は断ったわ。それなら、問題ないでしょ?」

女子1「うぜぇ!! このっ」

マミ「暴力はやめて…」

さやか「行こう!」

まどか「待ってよ…」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 01:24:45.98 ID:W59f7ozD0

マミ「うっ」

女子1「何が巨乳だよ! ちょっとデカイだけじゃん!」

女子2「ホントホントwwてかデブだよなただの」

マミ「…悪口はやめて」

Aさん「いいかげんにしなよ、先生くるよ…」

男子1「そうだそうだ!」

男子2「悪いのはお前らだぞ!」

男子3「身の程をわきまえろ!」

男子4「鏡をみてみろよww そこには素敵なデブがいるぞ」

男子5「ぶぁかじゃねぇの!?」

男子6「引っ込め引っ込め!」

男子7「彼氏が正しいぞ!!」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 01:29:09.15 ID:W59f7ozD0

まどか「やってるねww」

さやか「てかマミさんも結構言うんだね…」

まどか「昨日、あんなに弄っても怒らなかったのにね?」

さやか「あたし達は特別って言ってたね」

まどか「そっか!じゃ、大丈夫だね!」

さやか「あの先輩達は可哀想だね…」

まどか「本当だね…」

まどさや「最高の出し物だよwwww」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 01:35:53.40 ID:W59f7ozD0

女子1「なんだよ…みんなして…私は振られたんだぞ!」

女子1「コイツのこのデブのせいで!」

マミ「…」

女子2「わりぃ1、私はクラスに戻るわ」タタッ

女子1「おい! ふざけなんよ!」

女子1「なんだよ…ちょっとかわいいからって…」

マミ「…あなたもクラスに戻って」

女子1「命令しないで!」

マミ「一人になりたいの…?」

まどか(ぼっちなのにwwww)

さやか(自虐とはwwww)

マミ「………」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 01:40:07.54 ID:W59f7ozD0

お昼休み

まどか(マミさんwwwマミさんwww)

マミ(屋上でしょ? わかってるわ…)

さやか(話しが早いwww)

マミ「もうヤダ…静かにしてほしい」

マミ「寂しさなんてしまっておくべきだったわ」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 01:49:30.83 ID:W59f7ozD0

まどか「朝のあれはすごかったですね! デブさんwwww」

さやか「ホントっすよ! マブさんwww」

まどか「さやかちゃんwww違うよww」

さやか「あれ? …ゴミさんwwwだったけwww」

マミ「やめよう…そういうのやめよう」

マミ「いけないわ、せっかくめぐり会えたのに…」

まどか「デブさん、お説教は嫌いだな…わたし」

さやか「しらけるからやめてよマブさんwww」

まどさや「wwwwww」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 01:53:56.53 ID:W59f7ozD0

マミ「ヒドい事言うの…やめて欲しいな。私、悲しいな」

マミ「勝手な事だけど、あなた達だけなの、私の秘密を知ってるのは…」

マミ「お願い…できれば仲良くして欲しいの。お友達になって欲しいの」

まどか「仲良くしてますよwwww何を言ってるんですかwww」

さやか「そうそうwwww」

マミ「…こんな関係じゃなきゃダメなの?」

まどか「関係って…ひゃー///wwww」

さやか「大胆♪wwww」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 02:01:48.38 ID:W59f7ozD0

まどか「そっちのけもあるんですかwwwデブさんすごいwww」

さやか「…マジで引くわ。それはねぇって…」

マミ「ち、違うの! 私はそんなんじゃないわ」

まどか「属性つけすぎですよwwwどこを目指してるんですかww」

さやか「マブ…もといデブさんはカッコイイな~www」

マミ「私じゃない! そんなの知らない…周囲が勝手に言ってるだけ」

マミ「いつも一人だけど…太ってないよ、私」

まどか「ぼっちも否定してよwww悲しいな、私www」

さやか「wwwww」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 02:08:09.68 ID:W59f7ozD0

マミ(ダメ…みたいね)

マミ(また、戻るだけ…問題ない…大丈夫)

マミは髪で目を隠す様に俯いている

まどか「? どうしたのマミさんww」

さやか「からかい過ぎたかな…」

マミ「………」

まどか「ちぇ…脆い人だな」ボソッ

さやか「マミさん…こっち向いてよw」グイッ

マミ「」ポロポロ

まどか「………」

さやか「………」

まどさや「wwwww泣いてるwwwww」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 02:13:56.95 ID:W59f7ozD0

マミ「ぅっ」

まどか「すいませ~んwwww」

さやか「あちゃ~wwwこれはいけないな~www」

まどか「泣き虫も追加でwww限度ってものを知らないデブさんwwww」

さやか「友達が欲しいって事は寂しいんですか~?ww」

まどか「寂しがりも!?」

さやか「追加だねwwwマブさんwwマジデブwww」

マミ「デブじゃない、私はマミだよ…。どうしてそんな事言うのよ」

マミ「二人がわからない…こんなに嫌がってるのに…」

マミ「やめてとも言ってるのに…」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 02:19:59.42 ID:W59f7ozD0

まどか「嫌がる顔が好きです…わたし…」

さやか「先輩を苛めるとか、そうそうないもんwww」

まどか「しかも後輩に媚びてくるとか…」

まどさや「wwwwww」

マミ「痛まないの…? 私には無理…」

まどか「痛みませんよwwwマミさん、じゃなくてデブさんはネタだからwww」

さやか「そうそうww愛があってやってるんですよ?」

マミ「愛? どこにあったの…」

まどか「わたしの顔をみてくださいよ…」

さやか「その前にハンカチで拭いたほうがいいですよwww」



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 02:25:41.98 ID:W59f7ozD0

マミ「……」

まどか「ね?」

マミ「わからない…」

まどか「楽しんでるって事ですよwww笑顔でしょwww」

さやか「そうそうwww真面目に受け取るマミさんがダメだってwww」

まどか「だよね~wwwそんなんじゃ生きてて辛くないですかwww」

さやか「だから友達に慰めて欲しかったんですね!!」

まどか「おぉ~wwwww」

さやか「計算高い!! はい!」

まどか「追加しま~すwww」

マミ「違う…なんでも話せるお友達が…。違うわ…私」ズキン



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 02:30:23.71 ID:W59f7ozD0

マミ「強制はしてないでしょ…あなた達次第って…」

まどか「見ちゃったんですけどwww普通の生活を返してwww」

さやか「言い過ぎだってwwwあと調子にも乗り過ぎwww」

まどか「魔法少女wwwになんてなりたくな~いwww」

まどか「恥ずかしい~www」

さやか「そこは否定できなけどwwww」

マミ「じゃあ見捨てて欲しかったの!? 死んでたかも知れないんだよ!?」

まどか「………」

さやか「………」

まどさや「wwwwwマジギレwwwww」



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 02:34:45.17 ID:W59f7ozD0

まどか「デブさん! デブさん! 落ち着いてwww」

マミ「それやめて! 私はマミ…」

さやか「マブさん…」

まどか「デブさん…」

マミ「面白くない…そんなの全然面白くない」

まどさや「そんなことはないよwww」



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 02:40:29.01 ID:W59f7ozD0

キーンコーンカーンコーン

まどか「時間だね…」

さやか「また明日か」

まどか「マミさん? チャイム鳴ってますよ~」

さやか「まあいいじゃん、戻ろww」

まどか「そうだねwww」



マミ「嫌いだわ…あの二人」

マミ「もう、いい…仲間なんて必要ない。今までだって」

マミ「これからだって耐えられる」

QB「………」



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 02:53:43.05 ID:W59f7ozD0

翌日

まどか「デブさんwwおはようww」

さやか「マブさんwww」

マミ「おはよう、よく眠れた?」

まどか「グッスリwww」

マミ「二人とも…魔法少女になるときは一言掛けてね?
   責任感じているから…」

マミ「相談にはのるわ」

まどか「いやいやwwなりませんかww」

さやか「コスプレには抵抗あるんで…」

まどさや「wwwwwww」

マミ「そう、慣れるとそんなでもないと思うわよ」

マミ「…わからない事、疑問に思うことがあったらいつでも言って」

まどか「その話はいいですからwwww」

マミ「そう? じゃあ私は行くわね」

マミの表情は柔らかく変化を見せない



171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 02:57:29.27 ID:W59f7ozD0

まどか「待ってくださいよwww」

さやか「そうそうww友達追いてくとかないですよぉwww」

まどか「慣れない事は仕方ないよwww」

さやか「そっかwwww」

マミ「うふふ、面白い事言うのね?」

さやか「マミさ~ん…。そのうふふってやめてよ」

さやか「すっごい気分悪くなるんですよ~www」

マミ「そうね、気をつけるわ」



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 03:03:29.44 ID:W59f7ozD0

まどか「デブさんって家ではどんな事してるんですか?」

さやか「休日のも聞きたいですwww」

マミ「家事をやって、パトロールして毎日、同じ繰り返しね」

マミ「学校が一番楽しいかな…」

さやか「学校www友達が少ないのに!?」

まどか「wwwww」

マミ「少ないんじゃなくていないわ。知り合いやクラスメイト程度よ」

マミ「AさんやBさんは少し上ぐらいで」

マミ「それでも、私には楽しい事なの」

マミ「あなた達には酷く惨めに見えるかもしれないけど…」

まどさや「惨めwwww」



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 03:10:51.41 ID:W59f7ozD0

マミ「そう惨めね…」

マミ「もういいかな? 鹿目さんと美樹さんとはあまり話したくないから…」

まどか「それはないでしょうwwwマ、デブさんからお願いされたのにww」

さやか「カァー! また属性追加ですか!?」

まどか「クールキャラ追加で!!wwww」

マミ「うふふ、そうね」

さやか「マミさん…」

マミ「気をつけてるわよ? 癖なの…大目に見てね」

まどか「偉そうwww」

さやか「これはねぇわ…もう、言い振らそうかな」

さやか「ティロ先輩のこと…」

まどか「さやかちゃんwwww」



186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 03:15:36.05 ID:W59f7ozD0

マミ「好きにしたら?」

まどか「いいんですか?wwwそんな強気でww」

さやか「こりゃあ苛めにいっちゃうかもしれないよ、まどか」

さやか「魔法少女デブ☆wwwティロ・フィナーレwww」

まどか「見滝原流行語大賞いただきだね!」

マミ「好きにしていいよ…?」

まどか「wwwwだそうですwww」

さやか「了解wwww」



198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 03:26:44.95 ID:W59f7ozD0

さやかの風説に流布はマミの学校での立場はあまり変化を見せなかった

マミ(誤解ではないけど、証拠なんて二人の記憶のみ
   影響しても二年生の間ぐらい)

マミ(クラスだけでも立場を保てば支障はないわ…)

マミ(それ以前からこうやって来た
   周りに気をつかいクラスでの位置をあげる)

マミ(挨拶と少しの会話それだけで十分過ぎる。
   打算的に考えれば友情なんて安いもの…)

マミ(諦めるってこういう事なのね、佐倉さん…)

マミ「生きてる事が目的になっちゃったね」

マミ「誰か居てほしかったな…」



206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 03:31:31.51 ID:W59f7ozD0

まどか「あきちゃったね~デブさんの事」

さやか「だね~。苛めまでいって欲しかったのにな…」

まどか「優等生を落とすのは難しいね~」

さやか「身近なやつで手を打つか…」

まどか「でも、ほむらちゃんは…苦手だよ」

さやか「あたしだって苦手だよ…でも付きまとえば弱みが見つかるって…」

まどか「さやかちゃんwww付いていくよ! わたし」

さやか「まどかwwww」

ほむら「………」



212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 03:36:38.15 ID:W59f7ozD0

QB「いいのかい? 後ろの二人は」

ほむら「構わないわ」

まどか「やっぱりイタイねwwww」

さやか「ハイヒールwwww」

まどさや「wwwww」

QB「あの二人には失望したよ…いろいろ手伝ってあげたのに」

QB「マミを孤独に戻してしまうなんて」

QB「せっかく、せっかく仲間ができて喜んでいたのに…」

ほむら「お前は何を言ってるの?」



217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 03:42:08.82 ID:W59f7ozD0

QB「開きかけた扉は、前よりも一段と厚い扉で閉ざされてまった」

QB「これでマミの心には触れることさえ難しい」

QB「もう僕の付け入る隙なんてなくなってしまった…」

QB「マミは魔女に倒されて死ぬ事になるまで生き続けてしまうだろうね」

QB「絶望とは程遠いとこに行ってしまったよ」

ほむら「そうよね、お前達の目的は変らない」



223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 03:49:18.81 ID:W59f7ozD0

QB「君は何度も同じ時間を繰り返してるんだったね」

QB「それは辛いものなのかい?」

ほむら「お前達にはわからないわ」ファサッ

まどか「ふぁさっ!?wwwww」

さやか「ふっ。wwwwww」

まどさや「リストに追加でwwww」

QB「マミはいつ死ぬことになるんだろう」

QB「才能があっただけに勿体無かったよ」

ほむら「…」

QB「僅かな可能性にでもすがってまとわりついてみようかな」

QB「でも、まどかが魔法少女になってくれるのが一番だけど…」

まどか「ダサ過ぎるwwwwwww」



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 03:58:59.11 ID:W59f7ozD0

「こんなの勝ってこないよ…」

「初戦みたいね…手伝ってあげるわ」

「えっ? だ、誰!?」

「慣れるまでは面倒みてあげる」

「さあ!」

「で、でも…怖いよ」

「…それならここで終わった方がいいわね」

「先に待ってるのも、ここにあるのもたいして変らない…」

「やだ、死にたくないよ…」

「じゃあ、頑張ってみようか?」

(最低限には生きれるようになってもらわないと)



237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 04:09:19.43 ID:W59f7ozD0

QB「まだ、人助けなんてしてるんだね?」

マミ「…勝ち続けてしまったから」

QB「ワルプルギスの夜を倒すまではいかなくとも
  退けてしまうとはね」

QB「僕は君の才能を見誤ってしまっていたみたいだ」

マミ「私、一人ではないわ。生きるために安い友情で買った仲間がいたから」

QB「仲間ができたのかい!?」

マミ「うふふ、まさか。ほとんど死んでしまったわ」


マミ「…とっくに成人してるのにな~。いつまで続くんだろ…」

マミ「見滝原の平和をいつまで守れるかな?」



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 04:16:47.21 ID:W59f7ozD0

「巴マミって知ってるか?」

「そりゃあ知ってるよ…無敗の魔法少女だろ」

「伝説ってやつか…」

「あたしはこの前見た! 金髪でヘンテコりんな髪型の人」

「負けそうになってたところを助けてもらった」

「誰か真似してんだろうな…あやかりたいってのもわかるけど」

「今も生きてるってなったら相当だぞ…」

「なあ? どんな感じだったんだよ!? そいつ」

「え? 二十歳ぐらいだったかな…」

「だろうな…。別人だよな、当然」



248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 04:23:05.12 ID:W59f7ozD0

マミ「負ける気がしないな…」

マミ「みんなの成長を見てると嬉しくて楽しい…けど、別れが辛くないな」

マミ「繰り返しって残酷だね…」

マミ「うふふ、魔法って便利ね」

マミ「今度はあの時みたいに戻ってみようかな?」


もうないよ。



255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 04:28:25.83 ID:W59f7ozD0

デブとか豆腐とか言う奴消えないかなって動機で書きました。
だから、まどかとかさやかとか特に考えてません
もうまったく考えてません。ついでにほむらとQBも考えていませんでしたよ

だからこんなSS読ましてごめんね

終わって!



267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 04:39:38.86 ID:W59f7ozD0

まどか「見て見てwwwわかめが歩いてるよwww」

さやか「どっひゃ~wwこいつは僥倖だねwww」

仁美「やめてください…、髪を引っ張らないで」

ポンッ
さやか「ん? 何、あんた…」

杏子「みぞおちと顎に同時にクリーンヒット喰らったことある?」

さやか「はぁ? なに言って…おぇ!?」ビチャ、バタリ

杏子「なぁ…」

まどか「わわわわ…」

杏子「ツインテイルのまま毟られた事ってある?」

まどか「」ブチ、ブチ、バタリ

杏子「…説教ってのは人間にしか必要ないんだよ」

杏子「だからさ、それ以外は。身体で覚えなきゃいけないよな…?」



269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/12(金) 04:41:33.46 ID:W59f7ozD0

杏子「戦友ならここにいるんだけどな」

杏子「共闘ぐらいならしてやるよ…」

終わる。


元スレ
マミ「ヒドい事言うの…やめて欲しいな。私、悲しいな」