1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:00:48.37 ID:0cBlQ1/00

ガラガラ

優希「おはよう、おや~咲ちゃんだけかじぇ?」

咲「・・・」パラッ

咲「あっ優希ちゃん、おはよう。まだ誰も部室に来てないよ。私だけ」



優希「咲ちゃんだけかじぇ」ゴクリ

優希「・・・」ムクムク



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:07:23.25 ID:0cBlQ1/00

咲「・・・」パラッ

優希「いやー、今日は暑いじぇ」ムクムク

咲「・・・そうだね」パラッ

優希「今日は遅刻しそうになって、全力ダッシュで学校に来たから汗いっぱいかいたじぇ」ギンギン

咲「・・・そう。8×4貸そうか?」パラッ



優希「犬と和ちゃんは掃除当番でしばらく来ないじぇ…」シコシコ

咲「・・・へぇ」パラッ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:13:11.71 ID:0cBlQ1/00

優希「うぅ…咲ちゃん…咲ちゃん…」シコシコ

咲「へぇーそうなんだーってうわぁ!?なにしてんの!?」ガタン

優希「ごめんだじぇ…。でも咲ちゃんの顔見てたら、何だか顔とアソコが熱くなってくるんだじぇ…」コスコス

咲「もう…、みんなが来る前にその股間のふっくらしてるヤツ、何とかした方がいいよ。バレちゃうよ」

優希「う~、咲ちゃんが意地悪するじぇ」

咲「別に意地悪なんてしてないよ。ただ見学してるだけ」パタン



咲「見ててあげようか?優希ちゃんのタコス」

優希「うぅ~」ナミダメ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:17:48.00 ID:0cBlQ1/00

優希「この前みたいに手伝ってはくれないのかじぇ?」シコシコ

咲「…どうしようかな。この前のは気まぐれだったし」

優希「何回も手伝ってくれたじゃないか。それにこんな事、教えてくれたのは咲ちゃんだじぇ」コスコス

咲「私は優希ちゃんが困ってるから、助けただけだよ。ふたなり娘なのに、そんな短いスカート着てさ。勃起したらすぐバレるよ」

優希「私がこんな風になるのは咲ちゃんの前だけだじぇ…」ムクムク



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:24:04.44 ID:0cBlQ1/00

咲「なんで私?部長は大人っぽい魅力に溢れてるよ。足とかキレイだよね」

優希「…そうだじぇな」コスコス

咲「和ちゃんなんか私とは比べ物にならないくらいの色気の持ち主。高校一年生であの胸は反則だよね」

優希「…だじぇ。確かに和ちゃんの胸を触って、大きくなった事もあるけど、私は咲ちゃんが一番興奮するんだじぇ!」シコシコ

咲「私?なんでだろうね?」

優希「…私にもよくわからん。咲ちゃんは小悪魔系だじぇー」

咲「クスッ、そんな事言われた事ないよ。どちらかと言うと、それは優希ちゃんの方だと思うけど」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:34:42.68 ID:0cBlQ1/00

優希「はぁはぁ…」シコシコ

咲「もう…、スカートについちゃうよ。白いの」

優希「咲ちゃん…頼むじぇ。手伝ってくれ」コスコス

咲「仕方ないなぁ」ハムッ

優希「なんでいきなり口に含むんだじぇ!?」

咲「大サービスだよ。お姉ちゃんのをよく舐めてたから、口でイかせるの自信あるんだよー」ハムハム、チュパチュパ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:43:04.13 ID:0cBlQ1/00

優希「おぉぉぉぉぉ、おろおろ」

咲「ん、んふ、んく、ぴちゅ、んふ、へろへろ、くぷっ」ジュポジュポ

優希「なんだこれー!?こんなに気持ちいいの、初めてだじぇ」

咲「ゆうきちゃん、もういっひゃうの?」ガポッガポ

優希「咲ちゃん!咲ちゃん!!咲ちゃん!!!」ガシッ

咲「うぐっ!?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:47:46.85 ID:0cBlQ1/00

優希「ん、んん!!じえぇぇぇぇぇぇ」ビュビュルルル

咲「ごほっ…、出し過ぎ」ゲホゲホ

優希「ほへぇ~」ポワーン

咲「おーい、優希ちゃん。おーい」フリフリ

優希「ほぇほぇ~」ポワーン

咲「もー、優希ちゃん、この口に出したのどうするの!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:51:30.86 ID:0cBlQ1/00

咲「口移ししちゃえ」チュー

優希「ほぇ~…むぐっ!?」

咲「・・・」ハムハム

優希「ほげー!?」ジタバタ



咲「・・・」プハー

優希「うぅ~~~~~~」ポロポロ

咲「自分で出したんだから、飲んでね。飲まないともうしないよ」

優希「・・・グスン」ゴックン



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 02:57:09.35 ID:0cBlQ1/00

咲「味はどうかな?」

優希「マズイじぇ…。生暖かいし…」

咲「ふふふ、そうだね。お姉ちゃん、飲まないと烈火の如く怒り出すから大変だったなぁ…」

優希「咲ちゃんのお姉ちゃんもタコスついてるのか?」

咲「うん、ついてた。最初は麻雀で負けたら、しゃぶれとかで勝つようになったら、無理矢理襲ってくるからね。負けないように勝たないようにするの大変だったんだよ」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:01:27.87 ID:0cBlQ1/00

優希「そうなのか…。その…すまん。私のせいで嫌な事を強いてしまって…」

咲「別にいいよ。今日は大サービス。どうだった?なかなか上手いでしょ?」

優希「本音を言うとまたして欲しいじぇ///」ムクムク

咲「んー、そのうちね。ってもう復活しちゃったの?京ちゃん達、来ちゃうよ」

優希「お、おぅ。後一回だけ出せば…」

咲「手で手伝ってあげるね」コスコス



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:05:12.51 ID:0cBlQ1/00

ワイワイ、ガヤガヤ

咲「あっ、和ちゃんと京ちゃんの声だ…。優希ちゃん、悪いけど急ぐね。高速嶺上開花」シコシコシコシコ

優希「いやっ///急に激し///あぁあぁあ゛」ビュルビュル


咲「ティッシュ、ティッシュっと」フキフキ

優希「じぇ…」トローン



京太郎「おーいっす」クンクン

京太郎「なんか馴染みのある匂いがするような」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:10:27.62 ID:0cBlQ1/00

咲「えっ…そうなの?」アセアセ

和(イカの匂い?海の匂い?)

優希「あっ…それ、私の汗の匂いだじぇ…。すまんな皆の衆、今日はいっぱい汗かいてたから」トローン



優希「今すぐスプレーを振るじぇ」プシュープシュー

京太郎「あのなぁ。それは普通、男が居ない所でするもんだぞ。それが女子の身だしなみだ」

優希「犬相手に、男も女もないじぇ」ケラケラ



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:14:14.77 ID:0cBlQ1/00

優希「ふぅ…」トローン

京太郎「どうした。優希。今日は元気ないな?」

和「そうですね。具合でも悪いのですか?」

咲「・・・」パラッ

優希「何でもないじぇ。ちょっと余韻にしたってただけ」

和・京太郎「?」



優希「元気MAX!犬、タコスの貯蔵は十分か?」

京太郎「へいへい、いっぱいあるよ」カポッ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:19:38.80 ID:0cBlQ1/00

優希「して犬よ。今日のタコスは何タコスなのだ?」

京太郎「あぁ、今日はシーフードタコスにしてみたんだ。ホワイトソースがベースだよ」

優希「…シーフード。…ホワイトソース」

咲(私が代わりに食べようか?)チラッ



優希(性欲の後は食欲だじぇ。お腹すいてるから大丈夫)チラッ

和「うふふ、ずるいですよー。咲さんと優希がアイコンタクトなんてー。私も混ぜて下さいよ」バン

京太郎「ひぃ!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:23:53.35 ID:0cBlQ1/00

優希「・・・」モグモグ

優希「あれ…普通においしいじぇ」

京太郎「あったりめーだろ。誰が作ったと思ってるんだ。失敗作なんか出さねーよ」

優希「腕を上げたな京太郎。よし、褒美として東場だけで飛ばしてやろう!」

京太郎「褒美じゃねーだろ!」



咲(アレ飲んだから、ノド乾いたなぁ…)

和「・・・」ゴクゴク



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:27:29.62 ID:0cBlQ1/00

咲「和ちゃん、それ変わったペプシだね」

和「ナタデココの入ったペプシらしいですよ。今日、新発売してました」

咲「美味しそうだね。ちょっとだけ分けて貰えない?」チラッ

和「喜んで!!!!!!!!!!」



咲「今、水筒のコップ持って来るね」

和「いえいえ!とんでもない!?私達、同性ですから!このまま、ぐぃっと!ずぃっと!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:31:05.18 ID:0cBlQ1/00

咲「えっいいの?私が口つけても気にしない?」

和「全く!全然!!これっぽっちも!!!」

咲「そっかー。じゃあ、頂くね」キュポン

咲「美味しいねー」ゴクゴク



和(ふおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!)

和(今日の星占い通り、大吉きたーーーーーーーー!)

和(占いなんて非科学的で、全く信じてませんでしたが、たまには当たるもんですね)

和「さ、さ、咲さんと間接キス///」ボブン



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:34:08.48 ID:0cBlQ1/00

咲「じゃあ、返すね。後半分くらい残ってるよ」

和「は、はい///」

和(咲さんの口をつけた私のペットボトル///家宝にしましょう///一日一回の感謝の(^ω^)ペロペロしましょう)



和「す、すいません。麻雀の前にトイレに…」イソイソ

優希「大でも小でも、ゆっくりして来るといいじぇ」ケラケラ



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:38:37.51 ID:0cBlQ1/00

女子トイレ


和「ついに夢にまで見た、咲さんとのキスです///」→間接キスです

和「あぁ…人類が初めて月に降り立った時、きっとこのような気分だったのでしょう…。まさに感涙です」

和「地球は青いし、咲さんの心と体は澄み渡る海の如く清らか」


和「・・・」ドキドキ

和「・・・」ドキドキ

和「・・・ちゅ」



和「ぐはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!私、今、咲さんの唾液を吸い取った!むはーーーーー!」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:43:48.39 ID:0cBlQ1/00

和「ええぃ、この程度で狼狽えては、全国大会の猛者達には勝てません!」

和「原村和…冷静になるのよ。冷静に…」

和「…ネトマしてる時を思い出せ私。私はのどっち…私はのどっち…」



のどっち「・・・」ペロペロ

のどっち「・・・」キュポン

のどっち「・・・」カジカジ



和「あぁ…幸せ…」ポロポロ

和「これが咲さんの味…。一生涯、私は忘れる事はないでしょう…」

和「しかし、イカっぽい味なんですね。まぁ、咲さんの味ですから。私はありのままを愛します」

和「後、三分間ペロペロしてから戻りましょう」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:48:00.34 ID:0cBlQ1/00

優希「和ちゃん、遅いなぁ」

京太郎「大か…」

咲「京ちゃん、そうゆう事言わない」



和「コホン、お待たせしました」ツヤツヤ



優希「おおっー来たなー。わけあって今の私は気力体力共に充実しているのだ!和ちゃん、覚悟」

和「悪いですね優希。今の私は阿修羅さえ凌駕する勢い。今日はのどっちで相手させて頂きます」

咲「私は普通に」

京太郎「俺は飛ばないように」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:50:28.87 ID:0cBlQ1/00

優希「リーチだじぇ」

和「ドリンクタイム」ペロペロ

和「」トン

優希「通るじぇ」

京太郎「」トン

優希「ロン」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:51:39.35 ID:0cBlQ1/00

優希「ダブリーだじぇ」

和「ドリンクタイム」ペロペロ

和「」トン

優希「くっ…通るじぇ」

咲「」トン

和「咲さん、それですロン。すいません」

咲「は、はい!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 03:56:47.98 ID:0cBlQ1/00

咲「今日の和ちゃんと優希ちゃん強かったねー」

京太郎「あぁ、そうだな。二人とも絶好調だったな」

優希(若さゆえの勃起だじぇ)ムクムク

和(自分の唾の味しかしなくなった)ショボーン



咲「はぁー部長達来ないねー。今日は終わりにしよっか」

京太郎「そうだな。帰りにゲーセンでも寄って帰るか」

優希(ゲーセンのトイレでしゃぶって貰えるかなぁ…)

和(咲さんの飲みかけジュース欲しいですね。また手に入るといいのですが)



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 04:01:01.63 ID:0cBlQ1/00

一方、白糸台


照「愛などいらぬ…」パンパン

誠子「ふぇぇぇぇぇぇぇ、らめぇぇぇぇぇぇぇぇ」

照「亦野は頑丈で助かる、コークスクリュー突き」バコンバコン

誠子「んぉほぉぉォォ、らめにゃのぉぉお゛」



淡「」ピクピク

尭深「」ピクピク



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 04:06:41.49 ID:0cBlQ1/00

照「ふぅ…、やはり私を満足させる子は現れぬ…」

菫「亦野くらいか…。耐えられるのは」

照「亦野は頑丈だが、テクニックが無いに等しい。淡はテクニックはあるが、体力がない」



淡「テルー、私はまだヤレる…」ピクピク



菫「ふっ、一年坊主は大人しくしてろ」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 04:11:20.56 ID:0cBlQ1/00

照「我がチンチンにあるのはただ制圧前進のみ!」

菫「哀しい女だ、誰よりも愛深きゆえに…」ヌギヌギ

菫「一年生は見ておくといい、これが性帝宮永照だ!」



一年生「はい!」

淡「く、悔しい!照一人満足させてあげられないなんて!」ピクピク



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 04:18:17.40 ID:0cBlQ1/00

菫「くはっ…、む、無念。スミレきもちいすぎてバンザイしちゃうぅっ バンザイっばんじゃいっばんじゃい゛っ ぱゃんに゛ゃんじゃんじゃいぃぃっ!」

淡「スミレぇぇぇぇぇぇ」ポロポロ

照「私の体は生まれついての性帝の体!だれも私をイかすことはできぬのだーーーーーっ!!!」シコシコ



照「あっ、イきそう」

尭深「お、お茶に入れて下さい」スッ

照「わかった」ビュルルルルルルルルルル

尭深「飲みます」ゴクゴク



照「さて、スッキリしたし麻雀やるか」

淡「みんな動けないよ!」



終われ



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 04:45:32.50 ID:0cBlQ1/00

ゲーセン

咲「和ちゃん、私、あの八神はやてDXフィギュア欲しい」

和「アレですね!わかりました!私におまかせあれですよ!」

和「500円玉に両替っと」ウィーン



咲「京ちゃん、私達、トイレ行って来るから」

京太郎「おぅ。わかった」

優希「・・・」モジモジ



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 04:49:38.95 ID:0cBlQ1/00

優希「咲ちゃん…早く触って欲しいじぇ」ハァハァ

咲「もう…最近ペース早くなってない?」

優希「そうかな…」

咲「はぁ…、仕方ないなぁ。触るね。ついでにお尻の穴を嶺上開花」コスコス

優希「そこぉぉおぉぬほぉおお、んああぁあぁぅうぅう、らめひゃぁあのぉおぉおぉ!!」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 04:56:13.80 ID:0cBlQ1/00

優希「もっと、もっと続けてくりゃさぃ、咲しゃん、この節操ないタコスをしつけてぇえへえぇぇええ」

咲「うるさいなー」シコシコシコシコ

優希「ぬわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、わ…私、咲ちゃんの中でいきたい!」

咲「…」ピタッ

咲「本気で?」

優希「はぁはぁ…、本気だじぇ…。本気の本気だじぇ。咲ちゃんと一つになりたい」

咲「…それって。私と恋人になるって事かな?///」

優希「ごめんだじぇ。順番が違ってしまって。咲ちゃん、私とお付き合いして欲しいじぇ」

咲「・・・///」コクン



咲「じゃあ、私も本気出すね」ゴゴゴ



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 04:59:12.53 ID:0cBlQ1/00

京太郎「おい、和。もう辞めとけよ」

和「えぇーい、うるさいですよ。もう少しです。そーっと…動かして」ポチポチ


カタン!

和「やった!ついに取れました!」

京太郎「おおっ、一万円溶けずに済んだか!?良かったなぁ」

和「きっと、咲さんも喜んでくれます!」



優希「お待たへー」

咲「///」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 05:04:17.00 ID:0cBlQ1/00

京太郎「遅かったじゃねぇか。何してたんだ」

優希「お突き合いだじぇ」

咲「ち、ちょっと優希ちゃん…。そんな大きな声で恥ずかしいよ///」



和「SOA?」サーーー

優希「おおっ、間違えた。間違えた。お付き合いな。咲ちゃんは私の女になったじぇ」

咲「///」コクン


和「」ブクブク

和「」パタン



もう一個カン


元スレ
咲「優希ちゃんのタコス、大きくなってるよ」サワサワ