曜「頼りにしてます、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「ふたりのクリスマス作戦」

曜「我が家の忘年会」

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「心を癒すその唇に」

鞠莉「いとつきづきし」

曜「平成最後だよ、鞠莉ちゃん先生!」

曜「鞠莉ちゃんとマザーズデイ」

鞠莉「曜とのなかよし温泉旅行記」

曜「紫陽花の鞠莉ちゃん」

鞠莉「スウィート・リベンジ」

曜「サラダ記念日」

曜「憧れは淡く身を包んで」

曜「鞠莉ちゃんのレモンな思い出」

曜「鞠莉ちゃんと放課後デート」

曜「鞠莉ちゃんとのレモンな生活」

曜「待ち人、来ること遅し」

曜「鞠莉ちゃん先生とお泊り勉強会」

鞠莉「クリスマス・アフター・クリスマス」

曜「お料理がしたい?」鞠莉『イエース!』






































1: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:18:09.97 ID:QOESnhLX.net

ようまり。



2: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:20:10.69 ID:QOESnhLX.net

鞠莉「そろそろお昼の時間だけど、何を食べようかしら」

鞠莉「お腹は空いてるけど、これといって食べたいものは無し。こういうとき、一人だと決め兼ねちゃうのよね」

鞠莉「そういえば、曜が昨日の晩ご飯はハンバーグだって言ってたわね。前に一緒にご飯した時、幸せそうに頬張ってたっけ」

曜『あむっ。んーっ、美味しい~♪』

鞠莉「ふふっ、曜の顔を思い出したらお腹空いてきちゃった。よし、今日はハンバーグで決まりね!」



3: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:23:07.34 ID:QOESnhLX.net

――――――――

入店、着席――

「では、お決まりになりましたらお呼びください。失礼いたします」

鞠莉「すぐに座れて良かったわ。さてさて、ハンバーグは、っと」

鞠莉「ふむふむ王道のデミグラス、とろーり濃厚チーズイン、トマトソースのイタリアン、さっぱり和風おろしの4種類ね。どれも美味しそうで目移りしちゃう」



4: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:25:21.23 ID:QOESnhLX.net

鞠莉「強いて選ぶのなら、イタリアンかしら。トマトソースとチーズが魅力的ね。早速ピンポンしてっと」

ピンポーン 今伺いまーす

「お待たせしました。ご注文をどうぞ」

鞠莉「えっと、ハンバーグのイタリアンを――」



6: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:26:58.97 ID:QOESnhLX.net

曜『見て鞠莉ちゃん!中からチーズが溢れてくる!湯気とチーズがキラキラで、幸せな光景だよー!』

鞠莉「いえ、こっちのチーズインでお願いします」

「かしこまりました」

鞠莉「セットで、飲み物はアイスコーヒーを。はい、食前で――」



7: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:29:19.42 ID:QOESnhLX.net

――――――――

「お待たせいたしました、チーズインハンバーグのセットです」

鞠莉(わあ、来た…!)

「伝票はこちらに失礼します。ごゆっくりどうぞ」

鞠莉「ふふっ、いただきまーす」



8: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:31:12.68 ID:QOESnhLX.net

鞠莉「わわ、ナイフを入れたらチーズがとろけだしてきた。んー、いい匂い。曜じゃないけど、確かに幸せを覚える瞬間ね」

鞠莉「チーズをたっぷり絡めてっと。あむっ」

鞠莉「んんっ、美味しい…!濃厚なチーズを纏ったハンバーグがたまらない。ご飯にベストマッチで、これを選んで大正解ね!」

曜『えへへっ、すごく美味しいね、鞠莉ちゃん!』

鞠莉「…でも、なぜだろう。こんなに美味しいのに、どこか物足りなさを感じてしまうのは」



10: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:32:43.37 ID:QOESnhLX.net

――――――――

鞠莉『――ってことがあってね』

曜「それが晩ご飯リクエストの理由?」

鞠莉『そうなのよ。お店のハンバーグはすごく美味しかったんだけど、あの時覚えた僅かな違和感というか、満たされなさというか、心の隙間を埋めたいの。お願いできるかしら』

曜「構わないけど、お昼もハンバーグで、ハンバーグが続いちゃうけど良いの?」



11: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:34:26.44 ID:QOESnhLX.net

鞠莉『曜だって、ハンバーグならいくら続いても困らないでしょ?』

曜「大歓迎だね!」

鞠莉『美味しいものは、何度食べたって美味しいもの』

曜「わかったよ。じゃあ、準備して待ってるね!」



12: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:35:33.89 ID:QOESnhLX.net

――――――――

渡辺家

鞠莉「なるほど、そういうことね」

曜「ん、なにが?」

鞠莉「『お腹がすく』の『すく』って、漢字だと『空』って書くでしょ。どうしてなんだろうって思ってたけど、空腹って言うからなんだなって」

曜「ああ、空っぽってことだろうしね。でも、急にどうして?」



13: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:37:18.03 ID:QOESnhLX.net

鞠莉「意味はないわ、単にそう納得しただけで」

曜「んーと、意味深だけど、要するにお腹ペコペコってこと?」

鞠莉「そういうこと!」

曜「よくわからないけど、鞠莉ちゃんが私のハンバーグをすごく楽しみにしてくれてたってことはわかったよ」



14: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:39:00.14 ID:QOESnhLX.net

鞠莉「わかってもらえてなによりデース。何か手伝うことはある?」

曜「じゃあ、冷蔵庫からドレッシングと飲み物を出してもらえるかな」

鞠莉「お安い御用デース!」

曜「こっちはもうすぐ仕上がるから、お願いねー」



15: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:40:10.65 ID:QOESnhLX.net

――――――――

曜「お待ちどおさま、曜ちゃん特製チーズインハンバーグセットだよ!」

鞠莉「わぁ…!」

曜「付け合わせはサラダとお味噌汁。ハンバーグは味がついてるから、デミグラスソースはお好みで使ってね」

鞠莉「お箸で食べるスタイルって良いのよね。じゃあ早速、いただきまーす!」



16: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:44:28.48 ID:QOESnhLX.net

曜「どうぞどうぞ、熱々のうちに召し上がれ!」

鞠莉「まずはハンバーグをカットして――すごいわ、中からチーズがたっぷり!」

曜「うん、とろけ具合もいい感じに出来てるね!」

鞠莉「全てが輝いてる。この瞬間をどれだけ心待ちにしていたか。あむっ――んんっ!」



17: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:45:27.76 ID:QOESnhLX.net

曜「お味は、って、その顔は聞くまでもなさそうだね」

鞠莉「もうね、大好き」

曜「鞠莉ちゃんから大好き、いただきましたー!」

鞠莉「ハンバーグとチーズが織りなす最高のハーモニーはまさしくご馳走。これよ、この味が食べたかったの!」



18: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:47:02.70 ID:QOESnhLX.net

曜「えへへっ、気に入ってもらえてよかったよ」

鞠莉「この合間に食べるお味噌汁がまた美味しくて。毎回言ってる気がするけど、お味噌汁ってハンバーグとも相性が抜群なんだから不思議よね」

曜「和洋を問わず、お味噌汁は何にでも合うんだよね」

鞠莉「サラダもご飯も美味しい、どれを食べても美味しい。どうすればこんなに良いお味が出せるのかしら」

曜「おかわりも沢山あるからね!」



19: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:47:42.51 ID:QOESnhLX.net

――――――――

鞠莉「ごちそうさまでした。ああ、美味しかったぁ」

曜「お粗末様でした。ご満足いただけましたか?」

鞠莉「すっかり満たされたわ、お腹も心もね。いつもありがとうね、曜」

曜「どういたしまして!」



20: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:49:02.37 ID:QOESnhLX.net

――――――――

別の日――

曜「――で、色々あった結果、気分はすっかりカレーモードになっちゃったと」

鞠莉『理解が早くて助かるわ。どうしてもカレーのことが頭から離れなくて』

鞠莉(美味しそうにカレーを食べてる曜の顔も、だけどね)



21: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:50:13.58 ID:QOESnhLX.net

曜「わかるわかる。そういう時ってあるんだよね」

鞠莉『この前に続いてだけど、お願いしてもいいかしら』

曜「その一途な想いに応えられるよう、腕を振るっちゃうよ」

鞠莉『そう言ってくれると思ったわ。夕方にお邪魔するわね』



22: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:51:09.79 ID:QOESnhLX.net

曜「来るときは手ぶらで良いからね。いつも色々と頂いてばかりだから」

鞠莉『もらってばかりなのは私の方よ、急に押しかけてご飯を作ってもらって』

曜「いいのいいの、それが私の楽しみだから」

鞠莉『んー?』

曜「こっちの話。それじゃ、待ってるね!」



23: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:52:22.90 ID:QOESnhLX.net

――――――――

鞠莉「いただきまーす。んー、これこれ!この味をずっと求めていたの」

曜「今回は夏らしく、ズッキーニとナスを使ってみたよ」

鞠莉「美味しさも栄養も満点、これぞ夏カレーね。ああもう、最高にデリシャス!」

曜「ふふっ」



24: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:53:34.40 ID:QOESnhLX.net

鞠莉「ん?」

曜「いや、鞠莉ちゃん嬉しそうだから」

鞠莉「それはそうよ。とっても美味しいんだもの」

曜「幸せいっぱいって感じだよ。美味しそうに食べてくれる鞠莉ちゃんを見てると、私まで嬉しくなっちゃうんだ。鞠莉ちゃんの喜ぶ顔が見たかったからさ」



25: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:55:00.78 ID:QOESnhLX.net

鞠莉「あ…」

鞠莉(そっか、こんなにも心が豊かに満たされているのは、きっと料理の美味しさだけじゃなくて)

鞠莉「うふふっ、なるほど。そういうことだったのね」

曜「ん、なにが?」



26: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:56:33.63 ID:QOESnhLX.net

鞠莉「お腹が空く理由と、幸せの正体に気付いたってところかな」

曜「また難しそうなこと言って。最近の鞠莉ちゃん、ちょっと意味深だよ?」

鞠莉「いいのよ。美味しいご飯は笑顔と共にある――曜もそう思うでしょ?」

曜「そうだね、間違いないよ!」



終わり



27: 名無しで叶える物語 2021/07/30(金) 20:57:52.04 ID:QOESnhLX.net

全弾撃ち尽くしました。腹ぺこ鞠莉ちゃんのようまりでした。

↓は前に書いたものです。よろしければ併せてお願いします。

曜「鞠莉ちゃん!わ、私を抱いてっ!」

ありがとうございました。


元スレ
鞠莉「お腹が空く理由」