1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 12:45:41.36 ID:lMyXUNf10

唯「お願いりっちゃん、させて?」

部室で二人っきりになった律と唯、
たわいのない話をしていたのに、どうして?

律「させるって・・・あたしたち女同士だろ?」

唯「女同士だって関係ないよ。あたし、りっちゃんとしたい。」

律「!!」

唯「りっちゃんっ」

律「あっ・・・」

唯の細い指が胸に触れる。


需要ある?



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 12:51:23.97 ID:lMyXUNf10

律「ゆ、ゆいっ・・・駄目だっ・・・」

唯「りっちゃん?ここ、堅くなってるよ。なんで?」

律「んっ・・・やめっ・・・あっ(そんなぐりぐり触るなっ///)」

唯「りっちゃん敏感なんだねー。かわいー。」

律「おいっ、誰か来たらどうするんだよっ・・・」

唯「誰も来なきゃいいのー?」

律「そうじゃないけど・・・」

唯「大丈夫、今日は部活ないってことにしたから」

律「!!・・・唯、おまえ最初からそのつもりで?」

唯「そーだよ。ずっとね、りっちゃんに触れたかったの。」

会話中も唯の手は止まらない、いつのまにか制服のブラウスのボタンがすべて外れ、下着も取れてる。





12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 12:55:35.21 ID:lMyXUNf10

唯「りっちゃんの体、きれいだね。」

律「そんな見るな・・・恥ずかしいだろ」

唯「りっちゃん、もう一度聞くけど、していい?」

律「・・・。」

唯「わたしね、りっちゃんが好き。でも女の子同士だから・・・。付き合うとかは駄目でしょ?だから、せめてしたいと思ったの。こういうこと。」
唯「りっちゃんは、わたしのこと嫌い?」

律「・・・嫌いじゃないよ。・・・あたしも、たぶん好きだと思う。」

唯「りっちゃんっ!」

律「そんなきつく抱きしめるなって///」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 12:56:59.43 ID:lMyXUNf10

唯「じゃあ付き合ってくれるの??」

律「んー。・・・でもそれはやっぱり可笑しいんじゃないのか?女同士だし。」

唯「そっかぁ」

唯の悲しそうな顔、胸が締め付けられる感じがした。

律「・・・・・・・・でも、いいぜ。しても。」

唯「え?」

律「唯ならいいかなって、まだあたしも処女だし。」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 12:59:21.83 ID:lMyXUNf10

唯「りっちゃんの処女くれるの?」

律「うん、いいよ・・・。(澪にあげようと思ったけど、あいつはもう・・・)」

唯の両手が、胸の敏感なところを触ってる。

律「んっ・・・ん」

唯「りっちゃん、我慢しないで声出してよ。」

律「はっ恥ずかしいんだよ・・・///」

唯「りっちゃんは本当にかわいいねっ。」

唯「下も触るよ?」

律「あっ・・・やっ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:04:25.21 ID:lMyXUNf10

唯「(りっちゃんのここ、すごい濡れてる)」

律「あぁっ・・・んっ」

唯「(おっぱい舐めてみようかな?)」ぺろっ

律「ああっ!!」

唯「りっちゃん、感じてるんだよね?わたし嬉しいよ!」

律「言わせんな恥ずかしい・・・。」

唯「下も舐めていい?」

律「・・・そんな所汚いよ、駄目だ。」

唯「ううん、りっちゃんのだもん。汚くないよ」

律「んっ・・・だめぇ・・・はぁっ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:10:16.75 ID:lMyXUNf10

人にされるって、こんなに気持ちの良いことなんだと、律は知った。

律「(体がうずいてる・・・指入れて欲しいかも・・)」

律「ゆ、ゆい?」

唯「んー?なにりっちゃん?」

律「その・・・ゆ、指とかいれてくれないか?」

唯「どうしよっかなー♪」

律「た、たのむよ・・・。もう我慢できないっ・・・」

唯「じゃあ、わたしにお願いして?」

律「・・・・・・ゆい、あたしの中に指を入れてくださいっ・・・////(恥ずかしすぎる)」





24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:21:58.70 ID:lMyXUNf10

唯「えっちだねぇ、りっちゃんは・・・。じゃあ入れるよっ♪」

律「んああっ!」

ぬちゃぬちゃといやらしい音が部室に響く

唯「(指入れながらお豆さん舐めたらどーなるかな?)」くちゅっ

律「んっ!!ゆっ唯!何してるんだよっ・・ああんっ」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:25:28.45 ID:lMyXUNf10

唯「きもちいー?りっちゃん?」

律「ひゃぁっ・・・(なにこれ、すごく気持ちいい・・・)」
律「(指で中をぐちょぐちょにされて、舐められて・・なんかイきそうっ・・)」

唯「りっちゃん?」

律「もう、イっていい?・・・もうだめだっ・・んっ」

律がイきかけたとき、唯が手を止めた



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:26:09.01 ID:lMyXUNf10

律「ふぇっ!!な、なんでぇ///」

唯「りっちゃん、そんなすぐイくなんてずるいよー?」
唯「・・・あたしのも舐めて?」

唯がおもむろにスカートと下着を脱ぐと、男の物が付いていた。



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:31:19.58 ID:lMyXUNf10

律「ひいっ!」

唯「やっぱり驚いたよね。こんなの・・・。」

律「・・・そ、それいつからなんだ?」

唯「ここ一ヶ月ぐらい前に起きたら付いてて・・・毎日出してるのに、勃起が止まらないのっ・・・誰にもいえないし・・・」

涙目になる唯

唯「ごめんね。りっちゃんなら受け止めてくれると思ったの。」

律「(唯・・・こんな物が付いてて、誰にも相談できなかったのか)」

唯「やっぱり嫌だよね?もうやめよっか?」

服を着ようとした唯を、律が後ろから抱きしめた。



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:32:48.27 ID:lMyXUNf10

唯「りっちゃん・・・?」

律「それが付いてても、付いて無くても、唯は唯だろ?」
律「全然嫌じゃないよ。」

唯「りっちゃぁんっ・・・」

律「ゆい・・・」

唯は律を机に寝かせた。
5人でいつも放課後にお茶を飲んでいる机だ。



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:35:39.33 ID:lMyXUNf10

唯「りっちゃん、入れていい?」

律の下に指を入れながら、唯が聞く

律「んっ・・・いれてくれ。」

唯は自分の口でコンドームの袋を開け、装着する。

唯「りっちゃん、いくよっ!!」

ぬぷっ

律「あああっ!!(なにこれっ指なんか全然比べものにならないぐらい大きいっ)」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:37:52.02 ID:lMyXUNf10

唯「りっちゃんっ!すごい気持ちいいよっ・・・」

律「あんっ・・・あたしもだよっ・・・(ちょっと痛いけどっ)」

机がピストンの動きと共にカタカタと揺れる。

律「(みんなの部室で、みんなの机の上で・・・唯と・・・すごくエロい・・・)」きゅっ

唯「り、りっちゃん?なんかっ更に締まってるんだけどぉっ・・・んっ」

律「あっあっ・・・」

唯「も、もうだめぇっ出ちゃうっ」

律「あ、あたしもっイっちゃうっ」

唯律「あぁんっ・・・」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:37:44.63 ID:2AzGohQU0

そこはゴムなし中出しでしょ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:42:05.77 ID:lMyXUNf10

>>37 ゴムを口で開ける姿に萌えるのは自分だけかw

二人は机に横になった。

唯「自分でするより、すごく気持ちよかったよ。りっちゃん。」

律「あたしもだよ。すげーな、これ。」

唯「あっ、りっちゃん血、出てるよ・・・」

律「あー。ほんとだ。」

唯「ごめんね?痛かったよね。」

律「いいよ!気持ちよさの方が大きかったし。なんか、嬉しかった。

唯「わたしも、大好きなりっちゃんと一つになれて感動したよっ!」ふんすっ



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/15(木) 13:45:45.30 ID:lMyXUNf10

二人は仲良く手を繋いでいつもと同じ道を帰った。
まるで恋人のように、

それを遠くからのぞき見るように監視する紬の姿があった。

☆おわり☆


元スレ
律「や、やめろって唯!」