SS速報VIP:梨香「芦屋さんってホモなの?」 恵美「・・・・・・は?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370106831/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:13:51.53 ID:lcN+KJXz0

需要ありやなしや。ニュー速だと規制がちょくちょくあるので戻ってきました
といってもこっちもこっちで投下したのはランサー「感情伝導・・・・・・?」ほかぐらいですが
あとこちらもバグで書き込めないことがあるのでもしかしたら途中で止まるかも



梨香「芦屋さんてホモなの?」恵美「・・・・・・は?」



梨香「だって・・・・・・だって! 会社の元上司だからってべったりし過ぎでしょう!?」

恵美「まあ、奥さんかお母さんにしか見えないわよね・・・・・・」


梨香「毎朝毎晩ご飯作ってるんでしょ!?」

恵美「お弁当もね」


梨香「アラス・ラムスちゃんのお世話もしてるんでしょ!?」

恵美「主夫スキルに磨きがかかってるわね・・・・・・」


梨香「鎌月さんと井戸端会議とかしてるんでしょ!?」

恵美「ああ・・・・・・すごくしてそうね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370106831




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:15:54.00 ID:lcN+KJXz0



梨香「はっ。なにそれ!? けっこう貴重な情報じゃ――だけどそうじゃなくて! 上司との関係が怪し過ぎでしょう!?」

恵美「あれ? いつだったか『こういう怪しい関係とかもおもしろそうよね~』って言ってなかった?」


梨香「ドラマの話でしょ!?」

恵美「じゃあ、現実を見れば?」




梨香「――――いやああああああ!! 私の芦屋さんがああああああっ!」




恵美「いつ梨香の男になったのよ・・・・・・」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:17:01.60 ID:lcN+KJXz0



梨香「――――はっ」

恵美「今度はなに?」


梨香「や、やだ・・・・・・私ったら・・・・・・『私の芦屋さんだなんて』・・・・・・」

恵美「ごめん。もう着替え終わってるから帰っていい?」


梨香「ね、ねえ! 芦屋さんってどんな女性が好みなの?」

恵美「案外、梨香が見たな人が好みなんじゃないの?」


梨香「真面目に聞いてる!?」

恵美「じゃあ、なんて答えればいいのよ」





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:18:05.91 ID:lcN+KJXz0



梨香「・・・・・・・・・・・・」

恵美「じゃあ、私はこれで」


梨香「恵美ぃ・・・・・・」

恵美「あー、もう。とにかく、一番の不安は真奥と芦屋が変な関係じゃないかってことを確認したいわけね」





梨香「そ、そう! 芦屋さんのためにもね! ああ、あとついでに真奥さんのためね」

恵美「ついでのついでね」


梨香「あれ? 気にならないの?」

恵美「あいつなら心配ないわよ」





5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:18:55.21 ID:lcN+KJXz0



梨香「フムン。真奥さんはノーマルで確定っと」

恵美「ちょ、ちょっと!? なにで確信したのよ!」


梨香「ムフフンっ」

恵美「――――で、どうするの? あいつのアパートに今から行って確かめる?」


梨香「え?」

恵美「私、これから行くけど」


梨香「ぁ・・・・・・ダメ! 絶対ダメぇ!!」

恵美「なんで?」





6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:21:50.22 ID:lcN+KJXz0



梨香「ちょっと汗かいてるし、臭うし、お化粧も直さないと・・・・・・。
シャワー浴びて着替えたいし。あとあと服もちゃんと選んで行かないと!
はっ。お土産とか差し入れあった方が好感度アップするかも!?」

恵美「あー・・・・・・なんていうかな。そんなに好きなさっさと告白すれば?」


梨香「え、え・・・・・・恵美はしたの?」

恵美「へ?」


梨香「真奥さんに告白したのかって聞いてるの!」

恵美「え? あ、あー。あー・・・・・・」







恵美「うーん。どうかな? なんていうかなー」

梨香「え?」



恵美「まあ、私は私で・・・・・・いろいろね」

梨香「――――は」


恵美「あはははっ・・・・・・」

梨香「はあああああああ!?」





7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:23:23.18 ID:lcN+KJXz0


恵美「まあまあ。そんなことより、芦屋のことを確かめたいんでしょ?」

梨香「む・・・・・・」


恵美「じゃあ、私は行くから。それとなく探っておいてあげるわ」

梨香「うーん・・・・・・まあ、とにかくお願い。私はちょっと資料探して来る」


恵美「し、資料?」

梨香「ほかの子にもちょっと聞いてみるわ・・・・・・腐腐腐」





恵美「っていう話があったのよ」


真奥「あー、どこの世界でもあるんだな」


芦屋「まあ、そういうこともあるとしか」


漆原「僕、まったく興味ない」


鈴乃「どうでもいいが、この場に千穂殿がいなくて良かったな」



真奥「なんで?」





8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:25:02.06 ID:lcN+KJXz0




漆原「うん。いなくて良かった」

芦屋「胃に穴が開きそうだからな・・・・・・」


アラス・ラムス「ちーねーちゃん、おこーなの?」

鈴乃「そうだ、今日はお家でお勉強している」


アラス・ラムス「おべーきょー?」

恵美「ほら、アラス・ラムス。お口拭いて」


アラス・ラムス「むぐっ」

真奥「おー、アラス・ラムス、ママにお口キレイにしてもらったか?」


アラス・ラムス「たー!」


漆原「アラス・ラムス、スプーン置きなよ。汁が垂れるよ」

芦屋「おい、漆原。お米は一粒も残すなといつも言っているだろう」


アラス・ラムス「めーなの!」

鎌月「そうだ、言ってやれアラス・ラムス」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:27:04.60 ID:lcN+KJXz0



梨香「芦屋さん、芦屋さん・・・・・・」

梨香「ダメ・・・・・・気になって眠れない・・・・・・」


梨香「ちょっとだけ、続き読もうかしら」


   手元には多数の女性向けの薄い本。バラ本漫画。


神父『貴様の目の前でその願望を打ち砕いてくれる!』

殺し屋『ぐあああ!?』


神父『私は貴様が憎い・・・・・・貴様なら私を・・・・・・』



梨香「――――」



紅茶『今日こそはケジメをつけよう』

犬『テメェは前から気に食わなかった。穿て! ゲイ・○ルグ!』

紅茶『ぐあああ!? 卑怯だぞ・・・・・・!』






10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:31:44.98 ID:lcN+KJXz0



梨香「――――」


侍『切人ぉ・・・・・・切人ォ!死んだら許さないからなぁ!』

切人『わかってる・・・・・・』


アスにゃん『REC』


梨香「――――」


○ックス『先輩・・・・・』

ゼ○『見ろよ。俺のバスターはピンピンしてるぜ』


梨香「――――」


青木【稲葉】『どうしたんだ? アタシの身体で好き勝手やったんだろぉ?』

太一【伊織】『ひゃぁぁ!? 稲葉んストップ! ナニする気なの! そこは洒落になんない!』

青木【唯】『――あれ? また入れ替わったのね。・・・・・・伊織、なにやってるの?』

太一【伊織】『稲葉ぁぁぁん!! 倍返しだぁぁ!!』

青木【唯】『ちょ・・・・・・ダメ! これは青木の・・・・・・いやあああああ!』






11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:34:33.10 ID:lcN+KJXz0


梨香「――――」


吉野『なあ、真広。どうしてもなのかい?』

真広『言うな。愛花がやれってメッセージを残したんだぞ』

吉野『いや、ストローがいっぱいで大きなグラスが一つなんだけど』

真広『おい、左門。矢印野朗、夏村と羽村もだ』

左門『ひ、姫様ぁ・・・・・・(ぐにゃあ』

葉風『これは酷い』

無職『これは酷いわね』


梨香「――――」


カオ『さすがシンジくんのお義父さんだ』

シンちゃん『君が何をいってるのかわからないよぉ・・・・・・』


梨香「――――」


蒼い稲妻『ジョニィィィィ!!』

赤い稲妻『さ、触んなバカッ!?腰に抱きつくなぁっ!?』


梨香「――――」


能男『戻れ・・・・・・お前は好きだ』

○ィンゴ『・・・・・・吐き気がするぜ(パンッ!)』


梨香「――――」


Jojo『僕たちは二人で一つなんだ・・・・・・』

Dio『待て!考え直せぇ!』






12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:36:34.02 ID:lcN+KJXz0


暦『忍野・・・・・・』

忍野『阿良々木くん・・・・・・』


蟹『セーフ・・・・・・いえ、アウトね』

猿『ありの方向で!』



梨香「――――」


 かたかたっ。
 検索。


栗ご飯:樽『俺は・・・・・・僕にはできないぉォォォ!』
    凶『犯れ! 犯るんだ!!』






13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:39:35.69 ID:lcN+KJXz0


 かたかたっ。
 検索。


小学生だけど
魂はBL:シロウ『ほら、お弁当だぞ』

    イッセイ『いつも済まんな。お前の弁当を食わないと身が入らん』


    シロウ『嬉しいこといってくれるじゃないか』

    イッセイ『本当のことだ』


栗ご飯:続きはよ!

アスにゃん:今度は切人×ズコーもお願い!




梨香「ふう・・・・・・」





14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:40:40.14 ID:lcN+KJXz0



梨香「・・・・・・ああああああああああ!?」


梨香「なによこれ!? なんなんのよこれ!? なんでこんな腐ってるの!?
   主に私の周りの女友達!」


梨香「ああ、芦屋さぁあああん・・・・・・」


梨香「・・・・・・・・・・・・」

   メモ帳。かたかたっ。


  真奥さん「ほら、もっとくっつけよ。寒いだろ」

  芦屋さん「あ、そんな・・・・・・」


  真奥さん「どうだ? 人肌ってあったけぇだろ」

  芦屋さん「・・・・・・あなたのおっしゃる通りです、社長」


  漆原さん「僕も入れてよ。うわっ・・・・・・この中あったかい」

  真奥さん「もっとよれよ、凍え死にしないようにな!」

  芦屋さん「ふふ、洒落になっていませんよ」





15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:41:35.04 ID:lcN+KJXz0



  かたかたっ。かたかたかたかたっ。

  その日の夜は長かった・・・・・・。


  翌日。


梨香「え、恵美ぃ・・・・・・」

恵美「な、なにがあったの?」


梨香「真×芦書いてた」

恵美「は?」





18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:47:36.48 ID:lcN+KJXz0



  喫茶店。


恵美「それで・・・・・・徹夜で書き上げちゃったのね」

梨香「ふ、ふふふふ・・・・・・なんかもうあの組み合わせ以外考えられなくなっちゃって」


恵美「重症ね」

梨香「フフフ、腐腐腐腐・・・・・・。恵美にも今度貸してあげるわね。鎌月さんにも」


恵美「やめいぃ!」

梨香「だって」


恵美「はい?」

梨香「だって、だってさ・・・・・・あの二人が仲良すぎるんだもん! 母親と息子!?
または夫婦!? ありえないでしょッ!? でもありえるのよ!?
羨まし過ぎて泣けてくるし! お似合い過ぎて泣けちゃうのに気になっちゃうし!
リアルで見たら発狂しそうだからこのキモチをなにかにぶつけるしかなかったのよ・・・・・・!」


恵美「ヤケになってるだけなのね・・・・・・」


  prrrrrr。

  がばっ。


『公衆電話』



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:50:23.92 ID:lcN+KJXz0



梨香「はい、もしもし。鈴木です」

恵美「早っ」


梨香「あ、芦屋さんですかっ!? いえいえ、一人寂しくお茶していたところで」

恵美「・・・・・・・・・・・・えー」


梨香「え? 気のせいですよー。それで、いつですが? い、今からですか!?
そ、そんな・・・・・・す、少しだけ時間もらってもいいですか?」

恵美「・・・・・・・・・・・・」


梨香「ええ! すぐに済ませます。おほほほほっ。それではお待ちしています!」

恵美「・・・・・・・・・・・・」





20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:57:32.68 ID:lcN+KJXz0


恵美「じゃあ、私帰るわね。馬に蹴られる前に」

梨香「ああ、どうしよ! お化粧直して隈も上手く隠さないと! 服はぎりぎりいける・・・・・・」


恵美「まあ、上手くやってよね」

梨香「や、やるってナニを!? 芦屋さんと!?」


恵美「好きにして頂戴・・・・・・。って、本当にするの?」

梨香「へ? ・・・・・・い、いくらなんでも早すぎ」


恵美「あ! でも梨香もけっこう美人だしぃ。こうしてあたふたしてると可愛いしぃ?
人気のないところに連れてかれて・・・・・・」

梨香「ひゃっ・・・・・・あ、あ、芦屋さんが・・・・・・私と」


恵美「――――なんてこと、まずないとは思うけど。危なさそうだったら
連絡してよね?」

梨香「あ、その。――――危なくなかったら?」


恵美「好きにすれば? 芦屋だって馬鹿じゃないから、本気だったらちゃんと考えてるわよ」

梨香「――――」





21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 03:02:41.39 ID:lcN+KJXz0



恵美「梨香?」

梨香「考えてる――つまり今後の生活? もし子供ができたら・・・・・・その前に結婚?
ええっと・・・・・・一緒に暮らして、明るい家庭築いて」


恵美「もしもーし。・・・・・・あ、あんなところに『芦屋さん』が」

梨香「ひょぇっ!? ど、どこ? まだお化粧が!」


恵美「・・・・・・あー、嘘よ。だったら早くお化粧直して! 私もさっさと行くから」

梨香「い、行っちゃうの!?」


恵美「あら? 見学してていいのかしらー?」

梨香「ぐぬぬぬ・・・・・・」






22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 03:16:46.22 ID:lcN+KJXz0


恵美「じゃあ、御武運を祈るわ。私があいつ絡みで祈るなんておかしいけど」

梨香「・・・・・・なんなの? その彼氏持ちみたいな余裕」


恵美「彼氏じゃないし!」

梨香「旦那さんだもんねー?」


恵美「もう! それだけ元気があれば大丈夫ね!?」

梨香「う・・・・・・うん。たぶん」


恵美「じゃあ、頑張って。あとで聞かせないよ?」

梨香「え、恵美だって・・・・・・その。参考にいろいろ聞かせてよ?」


恵美「参考になることなんてないわよ。じゃあねー」




終。




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 03:18:32.79 ID:lcN+KJXz0

おまけ


恵美「ところで、なんの相談だったの?」

梨香「なんで相談だってわかるの!?」


恵美「まあ、あいつらの懐事情なんて私はどうでもいいけど。
アラス・ラムスとかに関係あるかもしれないし」

梨香「あー・・・・・・」


恵美「なに?」

梨香「・・・・・・養育費の渡し方・・・というか口実? とか、養子縁組だとか別姓のこととか夫婦というのはどうあるべきかとか」


恵美「――――え?」

梨香「まあ、芦屋さんも考えてくれてるみたいだしー? 恵美はどうするのかなー?」


恵美「な、そ、そういう梨香だってどうするのよ!」

梨香「恵美の方がゴール近いんでしょう!? 式には呼んでよね!」


恵美「だから私は――――」

梨香「惚気はいいから――――」

prrrrrr




おまけ・終。



元スレ
SS速報VIP:梨香「芦屋さんってホモなの?」 恵美「・・・・・・は?」