1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 18:39:21.41 ID:Yly/X+yD0

マミ「私、こんな街外れで何してるのかしら……」

マミ「銃なんか持って……。やだ! こわい!」カラン

ほむら「巴マミ?」

マミ「家に帰りましょう。……家ってどこかしら?」

ほむら「巴マミ。先を越されたわね。今日は、まどか達は一緒じゃないのかしら」

マミ「よく見ると服も何だかおかしいわ……」

ほむら(無視されてる?)

ほむら「ちょっと聞きたいことが……」ガシッ

マミ「きゃっ! 誰あなた!」ビクッ

ほむら「?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 18:41:37.65 ID:Yly/X+yD0

ほむホーム

ほむら「なるほど。記憶がないと」

マミ「はい……」

ほむら「自分の名前は言える?」

マミ「……」

ほむら「仕方ないわね……」

ほむら「記憶が戻るまで、面倒見てあげる」

マミ「ありがとう……」

ほむら「あなたの名前は、ブタ腹太る美よ」

マミ「ブタ腹太る美?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 18:45:46.57 ID:Yly/X+yD0

翌日

まどか「今日マミさんからテレパシー来ないね」

さやか「魔法少女体験はお休みかな?」

QB「まどか! さやか!」ダダダ

まどか「どうしたのQB? そんなに慌てて」

QB「マミが行方不明になった!」

まどか「えっ!」

ほむら「あそこにいる青いのが、さやかと言って、ゴキブリを好んで食べる変態よ」

マミ「嫌だわ……こわい……」

ほむら「あなたはあいつに脅されて人殺しをさせられていたの」

マミ「なんてこと……」

さやか「あれ? あそこにマミさんいるじゃん?」

QB「えっ」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 18:52:13.62 ID:Yly/X+yD0

QB「マミ! 昨日はどこに行ってたんだい!?」ダダダ

マミ「何か来るわ!」

ほむら(巴マミをつかんだまま時間停止!)カチッ

マミ「浮いたまま止まった……」

ほむら「時間を止めたわ。それより、その妖怪に触れてはダメ」

マミ「えっ?」

ほむら「呪われるわ。あなたは既に一度あいつと契約を交わし、呪いのデブにされた」

マミ「そんな……じゃあ、この体は、その妖怪のせいで……」

ほむら「その通りよ」

マミ「どうすれば呪いは解けるの?」

ほむら「絶滅させるしかないわね……無数に増殖するけれど……」

マミ「あのピンクの髪の子は?」

ほむら「私の妻よ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 18:57:23.70 ID:Yly/X+yD0

マミ「妻?」

ほむら「ええ。ただあなたと同じように、記憶が無くなっているの」

マミ「女性同士ですよね? それに、年齢も……」

ほむら「今の法律では、問題ないの」

マミ「なるほど……」

ほむら「じゃあ、時間を戻すわ。とりあえず妖怪を殺しなさい」カチッ

マミ「はい!」

QB「マミー!」

マミ「」ドン!

QB「ぎゅぶぃ」グチャッ

マミ「死ね! 薄汚い妖怪め!」ドンッドンッ

QB「ぎゃぶッギョぶっかぷッ」グチャッドチャッケチャッ

さやか「マ、マミさん!?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 19:07:43.70 ID:Yly/X+yD0

マミ「はぁはぁ……」

さやか「マミさん! なんてことを!」

マミ「マミ?」

さやか「そうですよマミさん! マミさんどうしちゃったんですかマミさん!! マミさんマミさん!!」

マミ「そういえば、暁美さんも最初、私をマミって呼んでたような……」

ほむら「太る美!」

マミ「」ビクッ

ほむら「あなたは太る美よ。自分に自信を持って。親御さんから授かった立派な名前」

マミ「太る美」

ほむら「そう」

マミ「私はブタ腹太る美!」

さやか「マミさん!?」

ほむら「あんな生物の戯言に耳を貸してはダメ! 逃げるわよ!」ダダダ

マミ「はい! ゴキブリ! 死ねゴキブリ! 髪青いのよ!!」ダダダ

さやか「」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 19:15:18.84 ID:Yly/X+yD0

さやか「ま、まどか。どうしよう……」

まどか「私もさやかちゃんは、ちょっと髪青いと思う……」

さやか「うん……それはどうでもいいんだけど……」

QB「よっと。何か妙だね」

まどか「QB」

QB「あの二人、おかしい」

まどか「二人とも、もとからおかしいけど」

QB「一段と妙だ」

さやか「転校生が怪しい……」

QB「杏子も呼んでこよう。いずれにしても、魔女退治が滞るのは困る」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 19:22:53.41 ID:Yly/X+yD0

夜 ほむホーム付近

杏子(ちっ)

杏子(マミのヤローとほむらに一番面識あるのがあたしだからって)

杏子(なんであたしが偵察なんか……)コソコソ

ガチッ

杏子「うわー! トラばさみに引っかかった!!」

マミ「かかったわね犬畜生!」

杏子「いたい!! いたい!!」ジタバタ

マミ「暁美さま! バカが引っかかりました!」

ほむら「よくやったわブタ腹」

マミ「さすが暁美さまです」

杏子「ほ、ほむら? いったい……痛い! ととにかく、これ取ってくれえ!」

ほむら「私のペットになると誓える?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 19:28:25.93 ID:Yly/X+yD0

杏子(な、なに言ってやがんだこいつ!)

ほむら「誓いなさい」

杏子(目がやべえ……とりあえず誓っておこう)

杏子「ぺ、ペットでも何でもいいから、取ってくれー!」

ほむら「ブタ腹」

マミ「はい」ガシャッ

杏子「ふー……」

ほむら「さあ、これであなたも暁美家ペットの一員ね。いらっしゃい」

マミ「家に上げてもらえるだけありがたいと思いなさい、このドブネズミ」ペッ

杏子(な、なんかいつもと雰囲気がちげーぞこいつら……)



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 19:34:28.24 ID:Yly/X+yD0

ほむら「というわけで、記憶を失ったブタ腹を、寛大な私は養ってあげてるというわけ」

マミ「感謝の言葉もございません」

杏子「はぁ……」

杏子(読めてきたぞ)

杏子(赤んぼ同然のマミにいい加減なことを吹き込んで下僕にした)

杏子(そんで、人の上に回ったことなさそうなほむらは、何かに酔っちまってる、と)

杏子(ほっとくとやべーな、これ……)

杏子「お、おいほむら」

マミ「犬が!」ゲシッ

杏子「いてぇ!」

マミ「暁美さまを呼び捨てにするなんてなにごと!? なにごと!?」ゲシッ!ゲシッ!

杏子「いてっ! おい、やめろ!」

ほむら「口の聞き方に気をつけなさい、犬」

マミ「暁美さま、こいつ、首輪と鎖でつなぎましょう」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 19:43:55.67 ID:Yly/X+yD0

ほむホーム 庭

杏子「わおーん……」

マミ「もっと大きな声でお鳴き!」

杏子「わおーん!」

マミ「よしよし。よくできたわね。ほら、ビーフジャーキーよ」

杏子「……」モグモグ

ほむら「これで夜中も安心ね」

マミ「泥棒も寄り付かなくなりますわ」

杏子「あ、あの。外寒いんで、中入れてほしいんだけど……」

マミ「バカじゃないのこの犬!?」ガシャン!

杏子(窓閉められた……)

杏子(マジかよ……)

さやか「杏子?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 19:49:13.14 ID:Yly/X+yD0

さやか「何やってんのあんた。そんなとこで、犬みたいに……」

杏子「あ。さやか」

杏子(まあ、実際、犬なんだけど……)

さやか「! 表札……ここ、もしかして、転校生の家?」

杏子「ほむらの家だな」

さやか「……」

さやか「……変になったマミさんといい、いったい、何が起こってるの?」

杏子(ここで話してたらバレたときこえー……)

杏子「とりあえず、ヤバい状況だってことだけ伝えとく」

さやか「転校生が悪いんだよね?」

杏子「ほむらのことか? ……そうだな、たぶん」

さやか「許せない……!」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 19:57:21.03 ID:Yly/X+yD0

ピンポーンピンポーンピピピピンポーン

マミ「なぁに? この育ちの悪そうなピンポンの鳴らし方?」

ほむら「きっと、偏差値の低い人間のしわざよ。放っておきましょう」

ピピピピンポーン

マミ「それで、暁美さま。私は、記憶を取り戻すために、どんなことをすべきでしょうか」

ほむら「そうね……」

ピピピンピンピンピピピンポーン

ほむら「まどかと私の仲を取り持つ役を担う、これが近道ね」

マミ「奥方様との仲をですか?」

ほむら「ええ。そうすれば……」

ピンピンピピピンピポンピポーン

ほむら「……と。その前に」

ピポンピポンピピピピポーン

ほむら「外のゴキブリを潰してきてちょうだい」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 20:06:20.48 ID:Yly/X+yD0

ほむホーム 玄関

ガラッ
マミ「うるさいわよ!! どこの低学歴!?」

さやか「あ、マミさん!」

マミ「え。やだ……」

マミ(この子、髪青い……)

マミ「あなた、何で髪青いの?」

さやか「うん、えっと……マミさん! 正気に戻ってください!」

マミ「私は太る美よ。あなた誰かと勘違いしてるんじゃない?」

さやか「転校生と話をさせてください! マミさんは何かされてます!!」

マミ「暁美さまを悪く言わないで!」ジャキッ

さやか「えっ」ビクッ



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 20:12:28.08 ID:Yly/X+yD0

マミ「暁美さまは、記憶喪失の私に衣食住提供してくれたの!!」

マミ「女神さまなのよ!!」

マミ「ときどき酷いこともするけれど……」

マミ「根はとっても優しい方なの!」

マミ「それをあなたみたいに青いような生物が、好き勝手言わないで!」

マミ「私は、必ず暁美さまを守る! 何があろうと、命を燃やして……守り抜く!!!!」ゴゴゴ

さやか「くっ、なんて強固な意志なの……!! 打ち崩せる気がしないわ……!!」

マミ「それに……」

さやか「!?」

マミ「暁美さまに捨てられたら、私、行くところなんてないのよ……」ブワッ

さやか「じゃあ、うちに来ませんか?」

マミ「えっほんと?」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 20:27:49.98 ID:Yly/X+yD0

ほむら「……静かになったわね」

ほむら「勢い余って、殺しちゃったのかしら……」

ほむら「まさかね……」

ほむら「……」

ほむら「まあ、別にいいけど」

杏子「ほ、ほむら! ほむら!」ドンドン

ほむら「犬語をしゃべりなさい! 犬!」

杏子「わ、わおーん! わおーん!」

ほむら「もう……何なの! うるさいわね!」ガラッ

ほむら「!? ブタ腹がいない……ッ!? 何があったの!?」

杏子「わおーん! わうわう! わおおおおーん!」

ほむら「日本語で喋りなさい!!!!」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 20:36:17.88 ID:Yly/X+yD0

--さやかの部屋

さやか「……というわけで、転校生に吹き込まれた話は、全部ウソなんです」

マミ「私は、巴マミ……」

さやか「そうですよ。だいたい、ブタ腹太る美なんておかしいじゃないですか」

マミ「あなたも、ゴキブリは食べない……」

さやか「食べないです!」ゾワー

マミ「じゃあ私は何なの? 今までどう生きてきて、そしてこれからどう生きていくの?」

さやか「それは……」

マミ「……私、いったん戻るわね。暁美さまに、何が真実なのか確認してもらってくる」ガタッ

さやか「あっ! 待っ……」

バタン

--道

マミ「私は……太る美じゃない……じゃあ……なに?」トボトボ

まどか「マミさん?」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 20:42:26.36 ID:Yly/X+yD0

マミ「あなたは……」

まどか「まどかですよ! 忘れちゃったんですか?」

マミ「まどか……ああ」

マミ(暁美さまの奥方様……いやそれも嘘だったのかもしれない……)

マミ「もう何も解らない」

まどか「え?」

マミ「私はブタ腹太る美じゃないの?」

まどか「えっ……そんな自分のこと卑下しないで……でも間違ってはいません」

マミ「太る美なのね」

まどか「どちらかと言えば……」

まどか「でも男子はガリガリな子よりぽっちゃりの方が好きってセブンティーンに書いてあったから……」

まどか「大丈夫ですよ……」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 20:53:12.70 ID:Yly/X+yD0

ほむら「何してるの……」ワナワナ

マミ「あっ。暁美さま……」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「私のまどかと何してるのって聞いてるのこのブタ!」ドドド

マミ「ち、違います暁美さま!!」

まどか「なに言ってるのほむらちゃん!?」

ほむら「こんな夜中に、人気の無い裏道で……まどかの匂いがしたから来てみれば……」

ほむら「この薄汚い泥棒豚!!!!!!!」バチーン!

マミ「いたい!」

ほむら「死んで償いなさい!」ガチャッ

マミ「あ、暁美さま!!」

まどか「ほむらちゃん! いくらマミさんが太ってるからってひどいよ!!」

ほむら「まどか……誰にでも優しいんだから……」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 21:01:31.99 ID:Yly/X+yD0

ほむら「まどか……よく聞いて」

まどか「……」

ほむら「巴マミは……太りすぎたの……」

まどか「そんな……」

ほむら「安楽死させるのが一番なのよ……」

まどか「私もうすうすそうじゃないかとは思ってた……」

まどか「でも……」

ほむら「分かって……まどか……」

マミ「今……暁美さまも『巴マミ』と言った!?」

ほむら「しまった!」

杏子「お前ら落ち着けー!! 早まるなー!!」ダダダ

さやか「マミさん待ってー!!!」ドタドタ



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 21:06:41.16 ID:Yly/X+yD0

ほむら「チッ。面倒なのが集まってきたわね」

さやか「て、転校生! 説明してもらうわよ!」ゼェゼェ

杏子「はぁはぁ。ほむら、この辺にしとこうぜ」

まどか「ほむらちゃん……」

マミ「暁美さま……」

ほむら「……」

ほむら「……ふっ」

ほむら「アハハハハハハハハ!!! アハハハハハハハハハ!!!!」ガクガクブルブル



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 21:16:59.40 ID:Yly/X+yD0

ほむら「死ね!!」ダン!

さやか「!?」ズドン

ほむら「死ね!! 死ね!! みんな死ね!!!!!!」ドドドドカドーンバゴーン

さやか「ぎゃあー!」グチョギャチョッ

杏子「うおおお!!」ギチャビチャッッ

マミ「あああうううう!!!!」ドチャバチュッ

まどか「やめて!!! ほむらちゃんやめて!!!」

ほむら「やり直せばいいのよ!! またやり直せばいいのよおおおお!!!」ズダダダ

まどか「ほむらちゃんのばか!」バチーン!

ほむら「!」

ほむら「まどか……」

まどか「ほむらちゃん……お願い……」

まどか「私だけは殺さないで……」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 21:27:43.52 ID:Yly/X+yD0

ほむら「馬鹿ね……まどかを殺すわけないじゃない……」スッ

まどか「あっ……」

ほむら「見て。どんな銃弾も、爆弾も……破片すらまどかの周りに飛んでいないわ……」チュッ

まどか「あんッ。……ほんとだ。えへへ」

ほむら「でも……もしかしたら、色んな跡は残っちゃうかも……」チュッチュッ

まどか「んッ、ゃん……、うん……残して。ほむらちゃんの跡を……私の……全身に……」

ほむら「まどか……」

まどか「ほむらちゃん……」

さやか「ゃあぃガゥぁだぃ……」ビチャドチャ

杏子「ぎェゥぁぅ……」グチドチョ



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 21:36:39.61 ID:Yly/X+yD0

ほむら「まどか……まどか」ペロサワモミ

まどか「ああ……ほむらちゃん、ほむらちゃん……」ビクビク

マミ「うぅ。私……?」グチョ

マミ(生きてる! 肉の壁が……銃弾から守ってくれたんだわ!!)

マミ「くっ……」

ほむら「ちゅ、ぺろ、ちゅ……」

まどか「あッ、あッ、ひィん……」ビクビク

マミ(二人が営んでいる!)

マミ(ということは、やはり暁美さまの話は事実だったんだわ!)

まどか「ああ……」ビクン

ほむら「まどか、まどか!」ハァハァゼェゼェドキドキワクワク

まどか(気持ち悪い……気持ち悪いよ……でも生き残るにはこうするしか……)スッ

まどか「ほむらちゃん……愛してる……」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 21:41:17.07 ID:Yly/X+yD0

マミ「くっ……」フラ

まどか「!」

まどか(マミさんが生き残ってる!)

まどか(何とか助けてもらわなくちゃ……)

まどか(マミさん、気付いて! 私のこのサイン!)パチパチ

マミ「……」

マミ(奥方様が、私に必死に目配せしている……)

まどか(マミさん! マミさん……!)パチパチ

マミ(これは……)

マミ(まさか……)

マミ(混ざれと!?)



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 21:46:51.10 ID:Yly/X+yD0

マミ(そ、それでは恐れながら……)スッ

ほむら「まどか、まどかぁ……」ハァハァ

まどか(その調子! マミさん! ほむらちゃんを後ろから殴り殺して!)

マミ「……」ドキドキ

まどか(今だよ!)

マミ「はむっ」

ほむら「ひゃいんッ!?///」ピクン

まどか「!?」

マミ「はむはむはむはむ……」

ほむら「あッ、やぁんッ、耳はッ、だめぇ……」ビクビク

まどか(ええええええ!?)

マミ(美味しい……。暁美さま、すごく美味しい……)ハミハミハミハミ

マミ(お……い……し……い……)ハミハミハミ

ガブッ



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 21:55:09.97 ID:Yly/X+yD0

ほむら「ぎゃああああ!!」

まどか(耳を食いちぎった!!!)

マミ「美味しい……美味しい……」ガリガリグチュグチュ

ほむら「いたい! いたい!」ダラダラ

マミ「ああ……暁美さま……美味しいわ……美味しいわ……」ガブッグチュッゴリッバリッ

ほむら「やッ、やめ……ぎゃうッ!」ブチッブチッ

まどか(ほむらちゃんの頭蓋から脳までかじり貪られていく!!)

まどか(な、何だか分からないけど、その調子だよマミさん!)

マミ「もぐもぐ……」バキバキガチュゲチュ

ほむら「ァげぇあゥッ、がぱぷッ、だゥッ」

QB「これは凄い。記憶を失ったマミに残されていたのは、食べるという本能だったんだね」

まどか「QB!!」

マミ「もっと……もっと……」ゲチュゴチャガチュ



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 22:01:35.11 ID:Yly/X+yD0

まどか「すごい……」

さやか「あァぎャげゴ……」グチャドチュ

杏子「あぎァうゥ……」ベチャクチョ

マミ「美味しい……美味しい……」ガリモグゴクバリ

まどか「全員食べられていく……」

QB「きっと、記憶喪失による様々なストレスや葛藤が……」

QB「マミの持つ最大の欲求『食欲』を最大限まで昇華させたんだろう。興味深い」

まどか「なるほど……。!」

まどか(って、このままじゃ私も!)

マミ「……食べ終わった……他には……他には……?」

マミ「……」ギロリ

まどか「!!」ビクッ

まどか「ごめんQB!!」ブンッ

QB「ぬああああああ!!」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 22:19:32.93 ID:Yly/X+yD0

まどか『無限に増殖するQBを盾に、私は逃げた。その後のことは、よく覚えていない』

まどか『家に逃げ帰って、ほとんど眠れず、夜明けを迎えたとき』

まどか『パンという乾いた音が見滝原に響き渡って』

まどか『それからパトカーが忙しなく市道を荒らしていた』

まどか『女の子が一人亡くなったということだった。私は何も知らない。何も……』

早乙女「こら! 鹿目さん! 授業中になにしてるの!」

まどか「あっ!」

早乙女「もう! 自作の小説? なになに……記憶喪失とか……。授業に集中しなさい!」

まどか「ウェヒヒ」

ほむら「うふふ、まどかったら、お茶目」

さやか「魔法少女のコスチュームも考えちゃうしねー!」

まどか「やめてよー///」

マミ『楽しそうですね』

まどか『うん! 太る美さん!』
                                  END


元スレ
マミ「記憶を失ったわ……」