1: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:27:26 ID:AoaD

 このお話には、山もオチも意味もありません。



2: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:29:27 ID:AoaD

 とある小さな森のお話です。

 そこには小さなリスの女の子が住んでいました。
 小さな森の中で、小さなおうちにひとりで住んでいました。

 ぴいぴいぴい。森のみなさん、おはようございます。8月27日金曜日。今日も一日がんばりましょう!
 リスは小鳥さんたちのげんきな合唱でめざめます。

 ねむい目をこすりながらゆっくり着替えて顔をあらったら、ちょっとおそとに出てみます。
 朝の森でうんと伸びをして深呼吸すると、木々や川のさわやかなにおいで胸がいっぱいになって、リスはこれがたいそうお気に入りでした。
 木の葉たちのすきまからお日さまが差し、朝露を照らしてきらきらと輝いていました。



3: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:29:51 ID:AoaD

 うつくしい朝の景色をみて、リスはまたすこし幸せな気持ちになりました。
 きっと今日も良い一日になるでしょう。

 少しのあいだ、リスはぼうっとしていました。
 そうしているうちになんだかおなかがすいてきた気がして、朝ごはんを用意しようと、おうちの方へ振り返りました。

 ところが、そんなときでした。
 とつぜん、



4: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:30:16 ID:AoaD

 ……とつぜん?
 とつぜん、何でしょう。
 きれいな森のお話。平和で美しい、ただそれだけのお話。
 そんなところに突然なにが起きるというのでしょう。

 もりくぼは、いま何を書こうとしたんでしょうか。
 お話がお話である以上、きっとどこかで「山」が必要になります。そして、きっと「谷」も。

 本当に、その「谷」は必要なんでしょうか。
 楽しくてきれいなだけの、平坦なお話ではダメなんでしょうか。
 いえ、きっとそんなことはないはずです。



5: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:30:41 ID:AoaD

 ……今のもりくぼには、いい方法は思いつきません。
 平和できれいな森のお話に、下げて上げるのシンデレラ曲線を持ち込む気にはなれませんでした。

 今日のところはいったん筆を置きます。
 そろそろ出かけなきゃいけません。レッスンの時間なので。



6: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:30:52 ID:AoaD

 ……。



7: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:31:32 ID:AoaD

 恋をしました。そんなことは、全くはじめてのことでした。
 きっと他の誰かからすれば、この感情は恋というにはあまりに稚拙で、お粗末で、とるに足らないものなのだと思います。
 それでも、私の中に生まれてしまったこの感情は本物で、どうしようもなく私を苦しめます。

 そもそも、これは恋なのでしょうか。
 恋とはいったいなんなのでしょうか。
 胸の奥の未知の感情にもっともらしい名前をつけて、これがなんなのかについて考えることを放棄しているだけなのではないでしょうか。

 辞書を引いてみると、こうあります。

> 特定の相手に対して他の全てを犠牲にしても悔い無いと思い込むような愛情をいだき、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分かち合いたいと願い、それがかなえられたと言っては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身を置くこと。

 えらい人たちが時間をかけて書いた辞書です、きっと正しいことが書いてあるのでしょう。
 なので、きっと私のこの感情は恋ではなく、もっと別のなにかなのでは……?



8: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:32:19 ID:AoaD

 いえ、言葉の意味なんて、ここではさほど重要なことではないはずです。

 今の私にできることは、私の好きなあの人が幸せになるよう祈ること。
 それだけなんです。

 仮にこれが恋だとしたら、私の恋ははじまる前に終わっていたということになります。
 だからきっと、恋ではないんです。
 そういうことにしておきましょう。

 そうして、今日も私はあの人のところへ会いに行く。
 かなわない恋だとわかっていても、やっぱり好きだから……。



9: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:33:04 ID:AoaD

 どうして

 どうして幸せになれないんでしょう。



10: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:33:53 ID:AoaD

 恋とは、それだけでドラマチックです。
 一つの恋の行方だけで、一つの物語が成り立ちます。

 もりくぼには、まだまだわからないところですけど……。

 物語では、恋には困難がつきものです。
 二人の間に障害があったり、恋敵があらわれたり。

 もりくぼには、それはとても残酷なことにおもえてなりません。
 ただ二人が惹かれ合って、好き合って、結ばれる。
 そんな話があっても良いんじゃないでしょうか。

 いえ、きっとあります。
 そういえば、いくつか読んだこともありました。あれとか、あれとか……。

 そういう場合は、どうなったんでしたっけ。

 ああ、そうだ。
 結ばれた後に、困難が訪れるのでした。

 それは、なんて……



11: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:34:13 ID:AoaD

 「へぷしゅっ」

 ううう。
 ちょっと冷房が強すぎたかもしれません。

 えーと、なんでしたっけ。

 ……。
 …………。
 ………………。

 なんだかよくわからなくなってしまいました。

 今日のところはいったん筆を置きます。
 そろそろ寝なきゃいけません。明日も早いので……。



12: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:34:30 ID:AoaD

 ……。



13: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:35:37 ID:AoaD

 くるっと回ってターン、そして決めポーズ。
 輝子ちゃんと美玲ちゃんも、同じように完璧なポーズでピタッと止まっているのがわかります。

 スタッフさんたちとプロデューサーさんの拍手が聞こえてきました。
 どうやら、それなりにうまく行ったみたいです。
 もりくぼたちは一礼して、幕が下ります。

 ゲネプロを終えて、進行にも完成度にも問題がないことが確認できました。
 あとは、明日からの本番を待つだけです。



14: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:36:14 ID:AoaD

「ノノ、ショーコ! 完璧だったぞッ! やっぱりウチらは最強、きっと明日の本番でも伝説を作っていけるなッ!」
「そ、そうだな……。ふたりとも、かっこよかったぞ」

 二人が、かけ寄ってきました。

「もりくぼも、今日は良かったと思います……。はい」

 そうです、確かに今日は歌もダンスも練習の成果を120パーセント出し切れた感覚がありました。
 本番でもこれと同じようにやれば、大成功間違いないでしょう。



15: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:39:22 ID:AoaD

 結局、本番は大成功でした。

 目の前には、満点の星の海。
 サイリウムの光が激しく揺れ動き、私たちを照らしています。
 ファンの皆さんの声援が、息づかいが、熱気が、五感のすべてを通じて伝わってきます。

 これは、まぎれもなく私たちが作り上げた舞台。

 仲間たちと、プロデューサーさんと、スタッフさんと、その他にもたくさん。関わってきてくれたすべての皆さんのおかげです。

 でもステージの上では時間が限られているから、思いのすべてを伝えることはできなくて。
 ただ私たちにできることは、深く礼をして感謝を伝えるだけ。

「ありがとうございました!」



16: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:39:49 ID:AoaD

 歓声とともにライトの明かりは消え、アイドルの魔法は解けていきます。
 
「終わって、しまったな……。なんだか寂しくなるな」
「は、はい……。そうですね」
「うん……」
 
 もりくぼたち三人は、舞台袖でぼうっとたたずんで、少しのあいだ余韻に浸っていました。



17: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:40:10 ID:AoaD

 体中がヘトヘトで今にも死にそうなくらい疲れているのに、もりくぼの全身は充実感に包まれていました。
 ああ、もりくぼはこの瞬間のためにがんばってきたんだ……。
 なんちゃって。

 辛くて逃げたかったレッスンの日々。過ぎ去ってしまえばあっという間で、振り返ってみればいい思い出……というのは言いすぎかもしれませんが。
 今日のこのうれしさのためだったと思えば、ぜんぶ報われる気がします。

 めでたし、めでたし。



18: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:41:05 ID:AoaD

 いいステージにするため、みんなでがんばること。
 努力すること。

 それはとても美しいことで、そしてある意味では楽しいことです。
 でも、辛くて苦しくて大変だということも、もりくぼは知っています。
 どうして、もりくぼはがんばるのでしょう。どうして、がんばれるのでしょう。

 それは多分、がんばったら報われるから。報われることを知っているから。

 じゃあ幸せになるためには苦しみがなきゃいけないんでしょうか。
 もしも、何もかも都合のいい空想上の世界のお話だとしたら、苦しむことも辛いこともなく、ただただ「報われる」だけのお話があっても良いんじゃないでしょうか。



19: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:41:22 ID:AoaD

 たとえば……。
 もりくぼがとってもとっても天才で、誰よりも頭がよくて、ダンスが上手くて歌もうまくて、どんなにむりなことでもあっという間に解決できてしまうような、そんな人だったとしたら……。

 メアリー・スーくぼですけど。



20: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:41:41 ID:AoaD

 メアリー・スーくぼはなんでもできるスーパーマンなので、レッスンもへっちゃらです。辛くて逃げたくなることなんかありません。
 ステージに立てばお客さんを魅了して、悲鳴にも似たすさまじい歓声が巻き起こります。
 もりくぼはそれを浴びて満足そうにほほえみ、心地よい披露とともに舞台袖に消えていくのです。

 それは、なんて素敵な妄想。
 楽しくてきれいなだけの、平坦な物語。

 それはそれでいいと思います。

 ……本当にそうでしょうか?

 たぶん大天才になったとしても、もりくぼはもりくぼなので、結局苦しくて逃げたいことも山ほど出てくる気がします。
 
 いえ、わかりません。もりくぼはメアリー・スーくぼではないので……。



21: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:42:16 ID:AoaD

 アイドルになったばかりのころから考えてみれば、今のもりくぼなんてメアリー・スーみたいなものです。
 あのころできなかったことがいくつもできるようになりましたし、おともだちもたくさんできました。
 信じられない成長です。

 でも、辛いことも苦しいことも減ってはいない。
 いえ、むしろどんどん大変になっているような……。

 結局、どこまでいってももりくぼはもりくぼなのです。



22: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:42:28 ID:AoaD

 今日のところはいったん筆を置きます。
 もう疲れてねむいので……。  



23: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:42:41 ID:AoaD

 ……。



24: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:43:38 ID:AoaD

 まだ駆け出しのアイドルだったころ、こっそりつけていた日記がありました。
 いえ、日記というと少し不十分かもしれません。

 日々の他愛のないこと、レッスンのこと、友人たちのこと。
 そんなことを書いては消して、あるいは描いて。

 あったことや、なかったこと。
 考えたことや、夢に見たこと。
 ちょっとした物語や空想。

 そういったものを書き連ねた、いわば自由帳でした。

 今読み返してみれば、言葉も足りず、なにを描いているのか今ひとつ理解できないところも多いです。
 きっと、日記なんてそういうものなのでしょう。誰かに伝えようとして書いているわけではないのですから。

 こうやって読み返してみると、書いた時の感情が蘇ってきます。
 不安なことや、楽しかったこと、恥ずかしかったこと。 
 そういったものが、この古い紙から伝わってきます。

 でも、それも100%ではありません。
 自分のこととはいえ、どうしてもその時の感情を思い出せないページもあったりします。

 多分、私が恐れていたのはそうやって忘れてしまうことなのでしょう。
 だから、こうやって記録に残したかった。

 今では忘れてしまった感情でも、記録があれば「忘れてしまっていたこと」は思い出せます。
 覚えてさえいれば、きっとまたいつか思い出せるかもしれません。



25: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:45:39 ID:AoaD

 あ、プロデューサーさん、おはようございます。

 え、い、いえ!
 これはそんな、た、たいしたものじゃないので……。
 ただの日記、いや日記ともいえないなにかなので。

 しゅ、出版ですか……?
 むりです、むーりぃー……!

 いくらプロデューサーさんの頼みとはいえ、これだけは絶対だめです。
 だめなんです!

 いえ、その……。
 はずかしいので………………。

 は、はあ、まゆさんも出すんですか。「アレ」を……。
 それは、ちょっと……おもしろそうですね。
 まずそうな部分さえ消してしまえば……。

 だからといってもりくぼのは違うんですけど! 
 お、おもしろくないです……

 ひょえぇぇぇええ~~……。



26: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:46:05 ID:AoaD

 そうして、「もりくぼののーと」は出版されてしまいました。
 あの日、うっかりプロデューサーさんにみられたばっかりに……。

 そこそこの売れ行きみたいです。知りませんけど……。



27: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:46:15 ID:AoaD

 ……。



28: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:46:32 ID:AoaD

 どうして、もりくぼは自分の妄想の中ですらはずかしめられるんでしょうか。
 理解に苦しみます。

 日記帳に書いていると、いつかほんとにこんなことがあるかもしれないので、そのうち電子化します。

 ……あまりくわしくないんですけど、アップルペンシルとか買えばいいんでしょうか?



29: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:47:40 ID:AoaD

 今日は、寮のみなさんやプロデューサーさんから、ちょっとしたお誕生日プレゼントをもらったりしました。
 もりくぼは幸せものです。

 山も谷も無くたっていい。
 平和できれいな、宝物のような今日がつづけば、もりくぼはそれだけで幸せです。



30: 名無しさん@おーぷん 21/08/27(金)23:48:22 ID:AoaD

 それでもきっと、もりくぼはこりずにまた物語をはじめるのでしょう。
 また素敵なオチを探しつづけるために。
 
 今日のところはいったん筆を置きます。
 夜ふかししちゃったので……。  



31: ◆/brfqxLTx. 21/08/27(金)23:49:58 ID:AoaD


おめ


元スレ
森久保乃々「人生に三幕構成なんて無いんですけど」