11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 05:42:24.27 ID:jG7VhqOn0

末原「オラ、宮永ァ!こっちこいや!」

漫「なにこれ」

洋榎「恭子がおかしくなってもうた・・・」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 05:45:01.05 ID:jG7VhqOn0

洋榎「おい、恭子恭子」

末原「なんですか?今ちょっと忙しいんですが」

洋榎「大丈夫か?」

末原「大丈夫ですよ」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 05:46:08.53 ID:jG7VhqOn0

洋榎「せ、せやろか?」

末原「そうですよ」

洋榎「・・・なにやってん?」

末原「イメージトレーニングです」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 05:48:25.75 ID:jG7VhqOn0

洋榎「今やってたのがイメトレなんか?」

末原「だからそうやって言ってるじゃないですか」

洋榎「そ、そっか」

末原「主将にしては飲みこみ悪いですね」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 05:53:45.45 ID:jG7VhqOn0

洋榎「・・・どんなのか聞いてもええ?」

末原「そら宮永のやつを徹底的にぶちのめす想像ですよ」

洋榎「ボコ!バキ!みたいなやつか?」

末原「ちがいます」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 05:57:13.93 ID:jG7VhqOn0

洋榎「せやったらさっきのは・・・」

末原「まぁ多少は殴ったりもしますね」

洋榎「殴るのはアカンと思います」

末原「イメージトレーニングなんですから問題ないですよ」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:00:31.05 ID:jG7VhqOn0

洋榎「目標?のようなもんはあるんやろか?」

末原「当然あります」

洋榎「じゃ、じゃあそれが達成されたらいつもの恭子に」

末原「とりあえずまだまだ全然届きませんね」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:03:01.58 ID:jG7VhqOn0

洋榎「・・・・・・」

末原「主将はさっき肉体への暴力を想像していたようですが」

洋榎「あ、うん・・・」

末原「それじゃアカンのです」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:05:08.87 ID:jG7VhqOn0

洋榎「どういうことや?」

末原「殴って屈服させようとするのは相手のことを怖がってる証拠です」

洋榎「へー」

末原「実際試合で腕っ節自慢しても仕方ないですしね」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:07:54.41 ID:jG7VhqOn0

洋榎「えーと、せやったら?」

末原「相手・・・わたしの場合は宮永ですね」

洋榎「強敵やったし恭子も責任感じんでええんやで?」

末原「ほらそれですよ、それがアカンのですって」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:10:56.43 ID:jG7VhqOn0

洋榎「よくわからんけどすまんな」

末原「宮永は弱いですよ」

洋榎「いやさすがにそれはな」

末原「主将、いいから邪魔しないでください」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:16:23.49 ID:jG7VhqOn0

洋榎「あーよく考えたら宮永たいしたことないやんけ!」

末原「宮永も所詮一年ですからね、漫ちゃんと同じようなもんです」

洋榎「あーたしかに」

末原「漫ちゃんの手を捻るのは赤子の手を捻るようなものですし」

漫「なんかこわいです」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:18:43.59 ID:jG7VhqOn0

洋榎「つまりアレやろ、年季が違うわってやつやな」

末原「そうそうさすが主将ですね」

洋榎「せやろせやろー、さすがやろー?」

末原「はい」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:26:20.49 ID:jG7VhqOn0

洋榎「その調子ならもう充分やないか?」

末原「いえ、まだまだまだまだです」

洋榎「えー・・・」

末原「もっと反復してわたしのほうが上だということを叩き込まないといけませんので」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:30:12.94 ID:jG7VhqOn0

洋榎「・・・ちなみにどんな内容なん?」

末原「さっきは宮永に酒買いに行かせました」

洋榎「未成年が酒飲んじゃいかんでしょ」

末原「そういう設定なんですから口出ししないでください」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:39:32.25 ID:jG7VhqOn0

洋榎「からあげラーメンからあげラーメン」

末原「わたしのために酒を買いに行く宮永・・・ふふふ、最高ですね」

洋榎「うわあ・・・」

末原「宮永ァ!テメェこれノンアルコールやないか!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 06:48:52.39 ID:jG7VhqOn0

洋榎「もううちには無理や・・・不甲斐ない主将ですまんなみんな」

絹恵「ほっとけばええんちゃう?」

漫「あ、もうわたし行かないと」

末原「コラァ!ちゃんと腰振れ宮永!!」



由子「終わりなのよー」


元スレ
末原「宮永!!酒買ってこい!!!」 咲「やめてください!」