1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 11:40:46.74 ID:H0CXrOiF0

QB「た、助けて…まどかぁ」ガクッ

まどか「ひどいっ! 誰がこんなことを…!」

ほむら「まどか、そいつをこっちに渡しなさい」カツン

まどか「ほむらちゃん!? この子の怪我、ほむらちゃんがやったの?」

ほむら「あなたには関係ないわ。早く渡して……ッ!」

消火器「プシャアアアアアアアアア!」

さやか「まどか!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 11:44:03.71 ID:H0CXrOiF0

さやか「逃げるよ!」ダッ

まどか「うん!」ダッ

ほむら「くっ、しまった…!」

ほむら「まどか! そっちへ行ってはダメ、そっちには使い魔が…!」

まどか「え…?」

ぐにゃあ~・・・



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 11:47:18.60 ID:H0CXrOiF0

キィー、キィー!

まどか「えっ? な、何が起こったの?」

さやか「突然景色が変わったかと思えば……この変な連中は何なのさ!?」

ほむら「…そいつらは使い魔よ」カツン

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「そこでじっとしていなさい。すぐ片付けるわ」ガチャッ

さやか「銃…、ショットガン!?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 11:49:05.48 ID:H0CXrOiF0

ほむら「消えなさい、使い魔ども」カチッ

ドォン!

まどか「!」ビクッ

さやか「やった!」

ほむら「さぁ、片付い……」

使い魔「何が片付いたって?」ニヤリ

ほむら「え?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 11:50:24.19 ID:H0CXrOiF0

使い魔「ハァァァッ!!!」カッ

どがあああああ!!

ほむら「きゃああああああっ!?」バゴーン!

まどか「ほむらちゃん!」

さやか「転校生!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:01:47.00 ID:H0CXrOiF0

ほむら「ごほっ、かはっ…」ガクガク

ほむら(な、なんなのこの強さは…!?)

使い魔「お前、本当に魔法少女か? 弱過ぎて話にならねえぞ」

ほむら「くっ…あなた何者!? 本当に使い魔なの!?」ハァハァ

使い魔「はぁ? 使い魔に決まってるだろ、何寝ぼけたこと言ってんだ」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:04:39.13 ID:H0CXrOiF0

ほむら(使い魔の強さが以上だったり、その上喋ったりと、わけがわからないわ…)

ほむら(とにかく、まどかを守らないと…!)

ほむら「まどか…、私が時間を稼ぐから今のうちに逃げて…!」バッ

まどか「でも、ほむらちゃんが…」

ほむら「いいから早く!!」ガハッ

まどか「!!」

さやか「わかった。いくよ、まどか!」ダッ



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:06:48.09 ID:H0CXrOiF0

使い魔「逃げられると思ってるのか…?」ククク

ほむら「なんですって…?」

「「きゃああああ!!」」

ほむら「まどか! さやか!」ハッ

パァン! ビチャッ!

使い魔「使い魔が俺一人だなんて言った覚えはないぞ」フン



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:10:29.31 ID:H0CXrOiF0

ほむら「あ…あぁ、まどかぁ…」ガクガク

使い魔「よほど大事な人間だったみたいだな」

使い魔「なぁに、すぐに再会できるさ……あの世でな!」クワッ

パァン! ガキッ!

使い魔「何っ!?」ズザァ



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:12:07.36 ID:H0CXrOiF0

カツ・・・カツ・・・

「あなたにとって、この使い魔は大事な存在だったのかしら…?」ポイ

使い魔2「」ゴロン

使い魔「あ、相棒ううう!!!」

「心配しなくても、すぐに会えるわよ。…あの世でね」クスッ

ほむら「あ、あなたは!!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:14:55.32 ID:H0CXrOiF0

使い魔「許さねえ…、よくも大事な相棒を…!」

使い魔「我が名はアンソニー! 貴様、名を名乗れ!」

マミ「私の名前は巴マミ…、魔法少女よ!」

使い魔「なっ! あの、見滝原の守護者(ガーディアン)と名高い、巴マミだと!?」


まどか「ほむらちゃん、大丈夫!?」タッタッ

ほむら「まどか! 無事だったのね!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:18:42.91 ID:H0CXrOiF0

まどか「あの人…、マミさんが助けてくれたの」

さやか「マミさん、あいつもやっつけちゃって下さい!」


アンソ「一介の使い魔風情の俺が勝てるはずがねえ…!」

アンソ「だが…! 相棒を殺されて黙っていられる性質でもないんだよおおお!」クワッ

アンソ「例え勝てなくとも、腕の一本ぐらいは…!」ブン

マミ「腕の一本? それ以前に、私に触れられるとでも思っているの?」フワッ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:23:02.51 ID:H0CXrOiF0

アンソ「消えた…! どこへ行きやがった!?」

マミ「目が悪いのね。私は『歩いて』移動しただけよ、あなたの後ろにね」カチャッ

アンソ「なっ!?」ゾワッ

マミ「あなた程度じゃ大技を使うまでもないわ、消し飛びなさい!」カチン

ゴオオオオォオォォ!


ほむら「ただのマスケット銃が、なんて威力…!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:24:57.83 ID:H0CXrOiF0

さやか「やりましたね、マミさん!」

マミ「……」

さやか「マミさん…?」

マミ「離れていて…、まだ終わってないわ」

さやか「え?」

「クックックッ、さすがは巴マミ…。我の気配に気付いたか」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:27:31.02 ID:H0CXrOiF0

マミ「それだけ殺気を放っておいて、よく言うわね…」

アンソ「ゲルトルート様ッ!」

ゲルト「魔法少女に出会ったらすぐに逃げなさいと言ってあったでしょう?」

アンソ「すみません…、相棒を殺されつい…」

ゲルト「そうよね…、あなたたちは仲のいい使い魔コンビだったもの、しょうがないわ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:31:51.13 ID:H0CXrOiF0

ほむら「ゲルトルート…? まさか、あいつは薔薇園の魔女!?」

ほむら「完全に人型…、魔法少女そのものじゃないの…!」


マミ「それで、部下の仇でも討とうというのかしら?」

ゲルト「当然であろう。…だが、ここでは少々分が悪いのは明白」

ゲルト「明日、我が根城で待っているぞ」バッ



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:33:42.27 ID:H0CXrOiF0

マミ「逃がすと思っているの?」タッ

ゲルト「ハァッ!」ポーヒー

マミ「!? 危ないっ!」

まどか「えっ?」

ほむら「くっ!」カチッ

カッ!



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:35:51.50 ID:H0CXrOiF0

ドガーン!

さやか「まどかー!」

モクモクモク・・・

ほむら「はぁ…はぁ…」

ほむら(間一髪だったわ…、もう少し時間を止めるのが遅かったら今頃は)

まどか「あ、ありがとう、ほむらちゃん…!」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:38:39.91 ID:H0CXrOiF0

さやか「よかった…。まどか、無事だったんだ…」

ほむら「はぁっ…うっ」バタン

まどか「ほむらちゃん! しっかりして、ほむらちゃん!」

マミ「気絶してるだけよ。怪我も大したことないみたいだし、すぐ目を覚ますわ」

まどか「よかった…」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:42:17.63 ID:H0CXrOiF0

QB「う…うぅ…マミぃ」

マミ「あら、キュゥべえのこと忘れてたわ。すぐ治してあげるから待ってて」パァァ

さやか「傷がみるみるうちに治っていく…」

QB「ふぅ、助かったよ、マミ」

まどか「マミさんって一体何者なんですか?」

さやか「さっきは魔法少女って…」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 12:45:41.26 ID:H0CXrOiF0

マミ「そうね…、あなたたちキュゥべえが見えるのよね?」

まどか「キュゥべえ?」

QB「ぼくのことさ」

さやか「他の人には見えないんですか?」

マミ「えぇ、この子が見えるのは魔法少女とその素質がある子だけ」

マミ「…二人ともこれから私の家に来ない?」

マミ「魔法少女のことや使い魔のこと、説明してあげるわ」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:02:18.57 ID:H0CXrOiF0

マミホーム――。

まどか「魔法少女が正義の味方で」

さやか「魔女と使い魔が悪者…」

マミ「簡単に説明するとこんなところかしら」

QB「そして君たちには魔法少女の才能がある」

QB「願いを叶えて魔法少女の激しい戦いに飛び込む覚悟はあるかい?」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:06:36.95 ID:H0CXrOiF0

さやか「うーん、願いを叶えてもらえるのは魅力的だけど…」

さやか「魔女や使い魔と戦うのは…」ウーン

まどか「マミさんの動きとか全然見えなかったし、わたしたちじゃすぐに殺されちゃうよね…」

QB「魔法少女になれば身体能力も上昇するから、マミの動きを視覚で取られることも可能だよ」

さやか「そうなんだ?」

QB「魔法少女になるっていうのはそういうことなんだ。まさに人間をやめると言っても過言じゃないね」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:09:14.46 ID:H0CXrOiF0

ほむら「やめておきなさい、美樹さやか」ガラッ

さやか「お、転校生」

マミ「目が覚めたのね、気分はどう?」

ほむら「最悪よ…、魔法少女も魔女も使い魔も、全てが理解の範疇を超えているわ…」

まどか「ほむらちゃん…?」

マミ「暁美さんだったわね…、あなたもしかして他の世界からきたのかしら?」

ほむら「!?」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:11:39.34 ID:H0CXrOiF0

さやか「他の世界…?」

ほむら「どうしてそのことを…!」

QB「暁美ほむら、僕は君と契約した覚えがない」

QB「そして、君の魔法少女としての力はこの世界の魔法少女としてあまりに脆弱すぎる」

QB「だから僕はこう考えた、君は魔法少女のシステムを使っている別の世界からやってきたんじゃないかって」

ほむら「……だいたいそんなところよ」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:15:02.44 ID:H0CXrOiF0

QB「やっぱりね…。僕を襲った理由やいろいろ聞いておきたいこともあるんだけど」

QB「その前に、…君はこれからどうするつもりだい?」

ほむら「どうするって…」

QB「さっきも言ったけど、君は弱すぎる」

QB「魔女どころか使い魔にも勝てないんじゃ魔法少女として戦うなんてとてもとても」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:17:42.20 ID:H0CXrOiF0

ほむら「それは…」

マミ「…キュゥべえ、いじわるはそのくらいにしておいたら?」クスッ

ほむら「…?」

QB「意地悪だなんて、そんなつもりはなかったんだけどな」

ほむら「何の話?」

QB「君は、この世界で生き残るための力を手に入れられるとしたら……どうする?」

ほむら「!!」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:22:50.21 ID:H0CXrOiF0

――――

翌日――。

和子「暁美さん……暁美さん? 暁美さんは欠席?」

さやか「転校生は風邪だって言ってました、メールで」

和子「メールで…? そういう連絡はちゃんと学校にしてくれないと」

和子「まったく、最近の子は…」

まどか(ほむらちゃん…)



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:26:48.84 ID:H0CXrOiF0


――
――――

QB「この扉は僕の力で時の流れが異なる別の空間に繋がっている」

QB「この空間で1週間…、こちらの世界で丸一日特訓することが可能だ」

QB「ただ、向こうの世界は重力が何倍もあって、空気も薄い。下手をすれば死んでしまうかもしれない」

まどか「そんな…! やめよう、ほむらちゃん、危ないよ!」

ほむら「……」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:30:07.97 ID:H0CXrOiF0

QB「僕も無理に強制するつもりはないよ」

QB「君もこの世界の僕と契約したわけじゃないんだ、魔女と戦う義務もないよ」

QB「ただ、君の眼からは何かを守ろうという強い意志を感じる」

ほむら「…!」

QB「さぁ、君はどうする?」

ほむら「私は…」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:32:25.11 ID:H0CXrOiF0

ほむら「もちろんやるわ…!」

まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「止めないで、まどか。私は強くならなくてはならないの……」

ほむら(ワルプルギスの夜を倒すためには使い魔相手で躓いていられない)

QB「わかったよ、暁美ほむら。けれど、僕の特訓は厳しいから覚悟しておいてね」

ほむら「あなたが特訓の相手なの…?」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:35:25.17 ID:H0CXrOiF0

QB「言っておくけど、向こうの世界では僕は真の力を開放できる」

マミ「真の力を開放したキュゥべえは私よりもはるかに強いわよ」

ほむら「巴マミよりも…!」

QB「さっき甚振られた仕返しなんて真似しないから安心していいよ」

ほむら「そう、それは感謝しないといけないわね…」イラッ



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:38:56.13 ID:H0CXrOiF0

――――
――――

ほむら「きゃああああああ!!」ドゴーン!

真QB「もう三日も経つと言うのに、この程度の攻撃も避けられないのかい?」

ほむら「まだまだー!」ダッ

真QB「そうこなくっちゃね。はぁーっ!」ポーヒー

ほむら「このっ!」カチッ



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:41:06.17 ID:H0CXrOiF0

エネルギー弾「」ピタッ

ほむら「時間を止めている隙に…」

真QB「無駄さ」バシッ

ほむら「えっ…? きゃぁあっ!」バゴッ

真QB「時間を止めるくらい、今の僕には造作もないことだよ」スタッ



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:45:46.14 ID:H0CXrOiF0

真QB「暁美ほむら、君は時間を停止させるのが癖になってるようだ」

真QB「それでは君自身の力の上昇は見込めない。だから…」ベキベキ

ほむら「あっ!」

真QB「このバックルは特訓が終わるまで預かっておくよ」ヒョイパク、ゴクン

ほむら「ちゃんと返してくれるんでしょうね…?」

真QB「もちろんだよ。僕は嘘をつかない、知ってるだろう?」

ほむら「……きぇえええぃっ!!」バヒュン



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:49:14.08 ID:H0CXrOiF0

――――
――


マミ「さて、それじゃあ魔法少女体験コース、行ってみようかしら?」

まどか「はいっ」

さやか「それで、魔女とか使い魔ってどうやって探すんですか?」

マミ「魔力の気配を追うのよ」

さやか「魔力の気配?」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:52:05.43 ID:H0CXrOiF0

マミ「こう、精神を落ちつかせて、気の流れを読む…みたいな感じなんだけど」

マミ「魔法少女になれば見に付く能力の一つなの」

まどか「へー」

マミ「今日追いかける相手は向こうから居場所を教えてくれてるわ」

マミ「すごい殺気…。人を…いえ、私を殺したくてうずうずしてるんでしょうね」

さやか「魔女ゲルトルート…か」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:54:21.25 ID:H0CXrOiF0

魔女の結界――。

マミ「二人はこれを付けて」ハイ

さやか「パンチンググローブ?」

マミ「私が魔法で作ったものだから、勝手に身体がが動いて使い魔を殴り飛ばしてくれるわ」

まどか「へー、魔法少女ってこんなこともできるんですね」

マミ「さぁ、いくわよ!」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 13:57:46.58 ID:H0CXrOiF0

使い魔「ヒャッハー! あの魔法少女、ただのガキを連れてるぜ!」

使い魔2「早い者勝ちだぜ、そのガキは俺の獲物だー!」ダッ

さやか「えいっ」ヒュッ

使い魔2「うごああああっ!?」ベシーン

使い魔「なんだと!?」

まどか「マミさんのグローブ、すごいね」ガッガッ

さやか「うん、勝手に殴ってくれるし負ける気がしないよ」ドスッ



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:01:44.72 ID:H0CXrOiF0

ゲルト『やめなさいお前たち。そいつらは客人よ』

使い魔「ゲルトルート様!」

ゲルト『その先の扉を開けよ、我が部屋までの直通だ』

マミ「ふふっ、案内ありがとう。行くわよ、鹿目さん、美樹さん」

まどさや「はいっ!」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:06:23.13 ID:H0CXrOiF0

ギィィ、バタン。

ゲルト「よくきたな、魔法少女巴マミ。待っておったぞ」

マミ「馬鹿な魔女ね、怯えて隠れていればよかったのに」

ゲルト「減らず口を…。我が部下の仇、討たせて貰うぞ」スッ

マミ「悪いけれど、私はあなたと戦うつもりはないわよ?」

ゲルト「何…?」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:08:23.04 ID:H0CXrOiF0

まどか「えっ? マミさん、戦わないって…?」

さやか「あいつをやっつけに来たんじゃないんですか?」

マミ「違うわ。私は見届けに来たの」

ゲルト「見届けに…?」

マミ「そうよ、あなたが倒される様をね」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:09:54.30 ID:H0CXrOiF0

ゲルト「おかしなことを…。貴様が戦わないというのに、我が誰に倒されると」

ドゴーン!

ゲルト「!?」

マミ「きたわね…」

まどか「きた、って…もしかして!」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:13:17.32 ID:H0CXrOiF0

使い魔「ゲルトルート様ー!」タタッ

ゲルト「今の音はいったい何だ、何が起きている」

使い魔「魔法少女です! 黒い魔法少女が!」

ゲルト「黒い魔法少女、だと…?」

バタン!

「待たせたわね、巴マミ」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:18:22.92 ID:H0CXrOiF0

まどか「やっぱり、ほむらちゃんだ!」

アンソ「お前は昨日の雑魚魔法少女!」

ほむら「昨日? 1週間ぶりの間違えでしょう」ファサッ

ゲルト(感じる…、奴は昨日から桁違いに強くなっている…!)

マミ「特訓の成果はどうなの、キュゥべえ」

QB「ばっちりだよ、マミ」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:23:15.59 ID:H0CXrOiF0

アンソ「お前の様な雑魚、俺が片手で捻り潰してくれるわ!」グワッ

ゲルト「馬鹿っ、やめなさい!」

ほむら「この前のお礼、させてもらうわ」フッ

アンソ「っ! 消え…」ミシッ

ほむら「衝撃のォォォ、ファーストブリットオオオォッ!」グシャッ

バヒュー・・・ドガンッ!



124: >>116完全に思いつき、そろそろ投げようと打ち切りエンド画策中 2012/01/08(日) 14:28:11.63 ID:H0CXrOiF0

アンソ「ぐっ、ごほっ…」

ゲルト「アンソニー!」

アンソ「すみません…、ゲルトルート様…」

ゲルト「だからやめなさいと言ったのに…」

アンソ「俺はもうダメです…、せめて残りの力、あなた様にお返しします…」ポゥ

ゲルト「アンソニー…、あなたたちの仇、必ず取るわ。私の中で見ていなさい…」ギュッ



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:33:24.42 ID:H0CXrOiF0

ゲルト「はああぁぁぁぁぁぁ!!!」ゴゴゴゴ…

マミ「…! 使い魔を取りこんで、戦闘力が跳ね上がった!」

マミ「暁美さん下がって、やっぱり私が」

ほむら「いえ、この程度は想定の範囲内よ」ファサッ

ゲルト「まずはアンソニーの仇…」

ゲルト「黒の魔法少女よ、貴様から討たせて貰う!」ヒュゴッ



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:43:09.61 ID:H0CXrOiF0

ゲルト「ロイヤル、デモンズローズッ!」ゴガガガ

マミ「危ない!」

さやか「ちょっ、転校生棒立ちじゃん! あんなの喰らったら…」

まどか「ほむらちゃん、逃げてー!」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:46:19.77 ID:H0CXrOiF0

ほむら「私は時を…、果てには因果律さえ捻じ曲げる魔法少女…」ボソボソ

ゲルト「何をわけのわからんことを…死ねえええ!!」

ほむら「アンサラー――」

ドガガガガガ!!

ほむら「セカンドブリットオオオオオォォッ!!」カッ



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:48:11.79 ID:H0CXrOiF0

ゲルト「……」

ほむら「…………」

ゲルト「ガハッ…」ガクッ

ほむら「…ふっ」ファサッ

まどか「ほむらちゃん!」



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:54:51.16 ID:H0CXrOiF0

ゲルト「馬鹿な…、あの状態から我が攻撃を交わして反撃など…」バタン

マミ「今のは一体…! キュゥべえ!」

QB「暁美ほむら、彼女は時を止めることができる魔法少女だ」

QB「だが、今のはその能力を使ったわけじゃない」

QB「あれは因果律を捻じ曲げ、相手の攻撃を中断させる必殺の一撃」

QB「ただの能力を『業(ワザ)』にまで進化させるなんて」

QB「彼女がここまでの力を手に入れるのは予想外だったよ」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 14:56:40.25 ID:H0CXrOiF0

フッ・・・

さやか「結界が消えた…!」

マミ「暁美さんが魔女を倒したからよ」

まどか「あれ、これって…?」コロン

ほむら「それはグリーフシード、魔女の卵よ」

さやか「えっ!?」



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 15:00:34.21 ID:H0CXrOiF0

マミ「安心して、その状態なら危険はないし役に立つものよ」

マミ「魔女を倒したのは暁美さんだから…。鹿目さん、暁美さんに渡してあげて」

まどか「はい、ほむらちゃん」

ほむら「ありがとう、まどか」

ほむら「あぁ、かなり穢れが溜まっているわね…」コツン

さやか「あっ、転校生のソウルジェムが綺麗になった」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 15:05:26.50 ID:H0CXrOiF0

ほむら「これで私の魔力は元通りよ。穢れを吸ったグリーフシードは…」ポイ

QB「きゅっぷい」パクン

さやか「背中で食べた!? 妖怪二口女みたい…」

マミ「ふふっ、魔女も倒したしそろそろ帰りましょうか」

ほむら「…待って」

マミ「えっ?」



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 15:08:09.76 ID:H0CXrOiF0

ほむら「話しておきたいことがあるの…、私のいた前の世界の話…」

まどか「ほむらちゃんのいた世界の……」

ほむら「私…未来からきたの!」

マミ「!?」

QB「未来から…だって!」


暁美ほむら先生の次回作にご期待下さい――。



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 15:14:25.30 ID:H0CXrOiF0

ほむら「私のいた世界はワルプルギスの夜によって破壊されてしまった…!」

 自分に力をくれたQBとマミを信じ、秘密を明かすほむら。

マミ「ワルプルギスの夜……宇宙最強の魔女!」

 しかし、因果律の集中により、ワルプルギスの夜は宇宙最強の魔女となっていた。

さやか「あたし、魔法少女になるよ…!」

 戦力不足を補おうと自らも戦いの渦中に飛び込むさやか。

杏子「正義の魔法少女なんかやってるからだ。それならアタシは魔女側につくよ」

 生き残るためなら手段を選ばない魔法少女、杏子は魔女の手下になることを宣言する。



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 15:22:00.90 ID:H0CXrOiF0

シャル「あたいの名前はシャルロット、どうしてもって言うなら仲間になってあげてもいいよ?」

 魔女なのに人を襲わない、さらには仲間になってもいいと言う彼女の真意とは?

エルザ「魔女のくせに魔法少女を味方しようと言うの!? あなた、許さないわ…!」

 激しさを増す魔法少女の戦いの行方は…!

ワルプ「ホーッホッホッ、地球を破壊するなんて容易いことだけれど、それは最後…」

 「あなたたち魔法少女を皆殺しにしてからゆっくりと人間どもを喰らってあげますわ!」

 ついに襲来した史上最悪の魔女、ほむらたちはワルプルギスの夜を倒すことができるのか?



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 15:23:49.79 ID:H0CXrOiF0



  まどか「――わたし、魔法少女になるよ…」


  ほむら「やめて、まどかー!!」


  地球の命運は、彼女の祈りに託される……。


  劇場版魔法少女まどか☆マギカ、来春公開



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 15:27:32.25 ID:H0CXrOiF0

何にせよタイムアップですわ、そろそろ出かけないと
思いつきで始めたから後の展開考えてないし・・・万が一、億が一でスレ残ってたら続き書くかも



166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/08(日) 15:28:05.32 ID:b8aa93C70

とりあえず乙
こういう終わり方も嫌いじゃない


元スレ
ほむら「因果律が集中しすぎて魔法少女の戦いがインフレしてる…」