1: ◆Vysj.4B9aySt 21/09/05(日)10:28:05 ID:iQaq

――先日

――事務所

ザーザー

凛「うわ……すごい雨」

奈緒「困ったな。傘は二本しかないし」

加蓮「ふふっ、そのうち一本は奈緒とプロデューサー専用だしね」

奈緒「茶化すな!」プンプン

凛「とりあえず、奈緒は電車だからいいとして、加蓮はウチまで来る?」

「ある程度止むまでいていいからさ……あ、お茶ぐらい出すよ」

加蓮「んー、今日は早く帰りたい気分だから、奈緒の傘だけ借りてくよ」ヒョイ

奈緒「おいおい、大丈夫かよ」

加蓮「へーきだってば!」ダッシュ

タッタッタッ



奈緒「大丈夫かなぁ……」

凛「うん……」



2: ◆Vysj.4B9aySt 21/09/05(日)10:29:28 ID:iQaq

――次の日

加蓮『ごめん……』ケホケホ



奈緒「だーっ!!」

凛「どうどう」



3: ◆Vysj.4B9aySt 21/09/05(日)10:30:23 ID:iQaq

今日は加蓮の誕生日です

短いですがよろしくお願いいたします



4: ◆Vysj.4B9aySt 21/09/05(日)10:33:47 ID:iQaq

加蓮『うぅ~ポテトぉ……』

奈緒「風邪ひいて胃の調子が悪い時ぐらい、油モノは止めとけ!」

加蓮『だって、誕生日だよ。おいしいものいっぱい食べたいじゃん』

凛「ふーん。じゃあ、風邪を引いたのは誰のせい?」

加蓮『……』



『ちひろさんが搾取するせいってことで……』

奈緒「やめろ」



5: ◆Vysj.4B9aySt 21/09/05(日)10:38:39 ID:iQaq

加蓮『うー、ポテトが食べたいよぅ……』

『重湯とかゼリーばかりで、お腹にたまらないんだよぉ』

奈緒「まったく……レトルトのポタージュスープでいいか?」

加蓮『奈緒、愛してる!!』

凛「とりあえずレッスンが終わってからいくからね」

奈緒「それまで大事にしとけよ!」

加蓮『うん。今、奈緒から貰ったアユマリン見てるとこ』

『サイレントコアのチェストってカッコイイよね!』

奈緒「寝・と・け!」



6: ◆Vysj.4B9aySt 21/09/05(日)10:41:32 ID:iQaq

――レッスン後

奈緒「ふぅ……今日もキツかったな」

凛「加蓮がいない分余計にこっちまで来た気がするね」

奈緒「じゃあ、加蓮のお見舞いに行くとするか」トコトコ

凛「あれ?どこ行くの?そっちは玄関じゃないけど……」

奈緒「いいんだよ」トコトコ

凛「?」



7: ◆Vysj.4B9aySt 21/09/05(日)10:50:26 ID:iQaq

――キッチン

ガチャ

奈緒「ちゃーっす」

唯「あ、オツカレー」

千枝「奈緒さん、ご注文の品はできてますよ」

奈緒「さんきゅ。あ、これ」コソコソ

千枝「わぁ、かわいいです!本当にもらってもよかったんですか?」

凛「何々……あ、サンリオのコラボのあれね」

奈緒「前から千枝達が欲しいって聞いてたからな」

唯「ねーねー、ゆいはナニかないのー?」

奈緒「はいはい。貰いもんだけどスイパラの無料券な」

唯「やったー!コレ、今大人気なんだよ!」

凛「ふーん……」

「で、何か作ってもらったわけだよね」

千枝「はいっ!今度の秋の新作の試作を兼ねてですが」

唯「じゃがいものポタージュと、メキシコ風シチューだよ☆」

千枝「あと、ジャーマンオムレツ風ハッシュポテトと、温かいポテトサラダです!」



8: 名無しさん@おーぷん 21/09/05(日)11:01:41 ID:iQaq

凛「温かいポテトサラダ?珍しいね、それ」

唯「ようは肉じゃがのポテトサラダ風とゆーわく!」

千枝「ビネガードレッシングで和えたポテトを、ベーコンや玉葱とかと混ぜて蒸し器で蒸しました!」

唯「少し残ってるから食べる?」

凛「是非」



9: 名無しさん@おーぷん 21/09/05(日)11:16:33 ID:iQaq

ハムハム

凛「んー、少し味がモノ足らないけど、意外においしいね」モグモグ

「さやいんげんがアクセントになってるけど、肉じゃががヒントでしょ」モグモグ

唯「バレたー?」ニヤニヤ

凛「うん。……ちょっとマヨネーズ混ぜてもいい?」

千枝「どうぞどうぞ」

凛「ん……温かいから少し違和感あるね。コーンとか入れてもいいかも」モグモグ

「あ、これハムじゃなくてベーコンなんだ。市販のスライスじゃなくて塊から作っているよね、悪くない悪くない」モグモグ

奈緒「……凛。少しだけしか食べないんじゃないのか?」

凛「…………き、気のせいだよ」ゲプ



唯「お鍋いっぱいあったのにねー☆」

千枝「半分に減っちゃいました」



10: 名無しさん@おーぷん 21/09/05(日)11:24:38 ID:iQaq

凛「ま、まぁ、おいしいから大丈夫だよ」

奈緒「……本来は、加蓮のお見舞い兼誕生日用のなんだけどな」

唯「まぁまぁ」

千枝「おいしいって言ってもらえるのは嬉しいですから」

「あ、愛梨さんからケーキを預かってますんで……」

奈緒「お、サンキュー」

凛「じゃあ、進めて行こうか。私たちへの導きのままに」

奈緒「カッコ決めてんじゃねぇ!」

唯「アハハハハッ!」

千枝「じゃ、じゃあ、千枝送りますね」

奈緒「あぁ、よろしくな」



11: 名無しさん@おーぷん 21/09/05(日)11:30:31 ID:iQaq



――次の日、加蓮は胃痛で休んだ

――原因?食い過ぎだよ!



――ケーキも半分近く一人で平らげたっていうから、アタシはもう知らん!

――ま、風邪は直ったようでよかったよ

――まったくアイツは

――とりあえず



HAPPY BIRTHDAY HOUJOU KAREN



12: ◆Vysj.4B9aySt 21/09/05(日)11:33:58 ID:iQaq

おまけ



バタン

瑞樹「すっかり遅くなっちゃったわね」

「お腹も空いたし、早く帰って」グルルゥ



「す、少しだけ何かないかしら?」



13: 名無しさん@おーぷん 21/09/05(日)11:37:21 ID:iQaq

瑞樹「えっと冷蔵庫には……」

「何かしらコレ?」

パカッ

「まぁ、ポテトサラダね……ご飯はあるかしら?」

カパッ

「うんうん、茜ちゃんの炊飯器から少しだけいただくわね」

ヨソイヨソイ

「いただきます!」



14: 名無しさん@おーぷん 21/09/05(日)11:42:03 ID:iQaq

パクッ

瑞樹「んー、ビネガーの味ね」

「……少しだけマヨネーズと」ネリネリ

「おソースを……」ドバドバ

パクッ

「うん、おいしいっ!」

「こんな時間に食べちゃうなんてお肌に悪そうだけど……」モグモグ

「お箸が止まらないわ」パクパク

「……なんだかお酒も飲みたくなってきちゃった」ゴクリ

「ダメダメ、明日も収録があるのよ」





「……」



15: 名無しさん@おーぷん 21/09/05(日)11:53:15 ID:iQaq

プシュー

「ふふっ、友紀ちゃんの隠していたのから借りてきちゃった」

「また、こっそり返しておけばいいわよね」

「じゃあ、誰もいないけどカンパーイ!」

「んくっんくっ…」

「ぷはーっ!」

「うん、やっぱり味の濃い食べ物にはビールが合うわね」

「ご飯も進むわ」パクパク

「あ、このポテトサラダ、ベーコンが入ってるのね」パクパク

「噛み締めるたび、ベーコンの旨味がソースと絡んで……」クミクミ

「ご飯が止まらないわーっ!」ガツガツ



16: 名無しさん@おーぷん 21/09/05(日)12:01:35 ID:iQaq

――小一時間後



瑞樹「どうしよう……」

「お釜のご飯全部食べちゃった……」

「ポテトサラダも全部食べちゃったし……」

「……」

「うん」

「バレなければいいのよ!」

「ミズキ、なんてステキなアイディア。ランランラン~♪」

「じゃあ、キチンと片付けましょう」カチャカチャ







?「」



17: 名無しさん@おーぷん 21/09/05(日)12:34:58 ID:iQaq

?「……」

?「コウメチャンニシラセナイト…」



18: 名無しさん@おーぷん 21/09/05(日)12:42:03 ID:iQaq

――次の日、川島さんがどうなったのかは誰も知らない

――茜の全力トライに巻き込まれたとも

――とときら学園に参加したとも言われているそうな







瑞樹「わからないわ……」グスン

おしまい



19: ◆Vysj.4B9aySt 21/09/05(日)12:47:47 ID:iQaq

秋といえばお芋。今回はジャガ芋でしたが、次回はどうなるやら



では、読んでくださった方へジャガ芋のかてめしを


元スレ
【モバマス】奈緒「加蓮がまた倒れた」