1: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 17:37:54.08 ID:uSCOvPfn.net

かのん「あれって恋ちゃんの家の……?」

恋「さ、サヤさん!?」

恋「どうしてここに!?」

サヤ「お嬢様――恋さんの様子が気になって理事長さんに無理を言って編入させていただきました」

モブ1「お嬢様だって」ヒソヒソ

モブ2「綺麗な人ー」ヒソヒソ

恋「わたくしは何も聞いていません!」



2: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 17:41:19.94 ID:uSCOvPfn.net

サヤ「それと澁谷さん」

かのん「は、はい!」

サヤ「私もスクールアイドルをやりたいです!」

かのん「えぇっ!?」

サヤ「恋さんが始めたというスクールアイドル、私もやってみたいです!」

かのん「え、いやあどうなんだろう……」

可可「真爱……这是真爱啊!!」

サヤ「はい、私はお嬢様をお慕いしております!」

かのん「わかるんですか!?」



3: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 17:48:19.69 ID:uSCOvPfn.net

サヤ「葉月家の使用人として恥じぬよう様々な語学は勉強しましたので」

千砂都「す、すごい」

すみれ「無駄にハイスペックったら、ハイスペックね」

サヤ「あ、申し訳ありません。これから授業ですよね」

サヤ「お話はまた休み時間に」

先生「あ、ありがとう」

先生「席は葉月さんの隣ね」

サヤ「! よろしくお願いします、恋さん」ニコッ

恋「え、えぇ……」



4: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 17:52:28.87 ID:uSCOvPfn.net

昼休み

すみれ「とりあえず実力を見せてもらってもいいですか?」

サヤ「みなさん同級生なのですから敬語なんて必要ないですよ」

サヤ「ダンスはかじった程度なのですが」シュタタッ

サヤ「この程度ですね」

千砂都「え、すごい!」

可可「即戦力デス!」

すみれ「本当にハイスペックね……」



7: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 17:56:36.90 ID:uSCOvPfn.net

恋「……」

かのん「どうしたの、恋ちゃん?」

恋「どうしたもこうしたも、おかしいじゃないですか!」

恋「幼い頃からわたくしの面倒を見てくれていたサヤさんが同じクラスなんて!」

恋「いくつだと思ってるんですか!」

可可「でもサヤ制服似合ってマス」

千砂都「ね、サヤちゃんかわいいよね?」

すみれ「サヤ、侮れないったら侮れないわね……」

恋「もう順応しているのですか!?」



10: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:00:51.51 ID:uSCOvPfn.net

サヤ「歌も得意ですよ」

サヤ「幼い頃はよく恋さんに子守唄を歌っていました」

サヤ「怖い夢を見ると次の日の朝は私か奥様にずっとしがみついていて」

恋「や、やめてください!」アセアセ

かのん「かわいいー」

可可「可可もレンレンに今度歌ってあげマス!」

恋「いりません!」



11: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:04:32.20 ID:uSCOvPfn.net

すみれ「というか、6人っていうことはセンターを決め直さなきゃいけないと思うんだけど」

千砂都「あー、そっか、偶数だもんね」

千砂都「ダブルセンターっていう形がいいのかな?」

すみれ「そう、ダブルセンター」

すみれ「つまり1人がかのんだとしてももう1人必要っていうこと」

すみれ「今こそこの平安名すみれがセンターに立つ時――」

かのん「サヤちゃんがいいんじゃないかな」

サヤ「わ、私ですか!?」

すみれ「ギャラクシー!」



13: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:07:45.52 ID:uSCOvPfn.net

可可「確かに一番しっかりしていて、華もありマス」

千砂都「ダンスも上手だしね」

恋「わ、わたくしは反対です!」

恋「確かにサヤさんは綺麗でかっこいいですが、スクールアイドルですよ!?」

恋「年齢的におかしいというか……」

かのん「でもサヤちゃんも学生だよ?」

恋「そ、そうですが……」



14: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:11:00.17 ID:uSCOvPfn.net

すみれ「だからこの平安名すみれが!」

可可「サヤとレンレンをセンターにした曲を作るのはどうデショウ」

すみれ「ききなさいったらききなさいよ!」

かのん「すみれちゃんセンターの曲、前あったでしょ」

かのん「折角だからサヤちゃんにもセンターの曲作ってあげたいんだ」

すみれ「……まあ、そうね」

すみれ「そういうことだったら、確かに恋と組むのがいいんじゃない?」

恋「わたくしとサヤさんですか!?」



15: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:13:39.46 ID:uSCOvPfn.net

千砂都「2人だったら付き合いもながいみたいだしね!」

サヤ「それでしたら、その曲、私と恋さんで作らせてください!」

かのん「作れるの!?」

サヤ「幼い頃から恋さんのピアノの練習に付き合っていましたから」

恋「そ、そんな勝手に」

可可「レンレンとサヤが作る曲楽しみデス!」

かのん「じゃあ2人にお願いしちゃおうかな」ニコッ

サヤ「頑張りましょうね、恋さん」

恋「……はい」



16: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:17:08.44 ID:uSCOvPfn.net

――
後日

サヤ「恋さん、歌詞を書いてみたのですが」

恋「……」ムスッ

サヤ「……ご迷惑でしたよね」

サヤ「私実は家庭の都合で高校に行くことができなかったんです」

恋「えっ」

サヤ「運良く奥様に拾っていただいて、葉月家で働けることになってお勉強をする時間もいただけていました」

サヤ「けれど、やっぱり高校生活を送りたかったという気持ちはありました」



17: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:21:55.34 ID:uSCOvPfn.net

サヤ「楽しそうな恋さんを見て、大好きな恋さんと高校生活を遅れたら、なんて考えてしまい」

サヤ「みかねた理事長さんが編入を認めてくれたのです」

サヤ「恋さんや皆さんと過ごす毎日は楽しかった」

サヤ「でも恋さんにご迷惑をかけているなら、私は――」

恋「サヤさん!」

恋「ごめんなさい、わたくしが恥ずかしくてあんな態度をとったばかりに……」

恋「……全然恥ずかしいことなんてなかったのに」

恋「大好きなサヤさんと同じ学校で、同じ部活で活動できることが迷惑なわけありません!」

恋「一緒に勉強をして、スクールアイドルをして、一緒に卒業しましょう!」

サヤ「恋さん……!」



18: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:25:15.04 ID:uSCOvPfn.net

恋「まずは曲を完成させてしまいましょう」

恋「サヤさんの書いてきた歌詞、見せてもらいますね」

恋「ふふ、なんですかこの歌詞」

サヤ「恋さんのことを想って書きました」

恋「……わたくしの気持ちも付け加えますね」

サヤ「素敵な歌詞になりそうですね!」

恋「はい!」



19: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:30:15.64 ID:uSCOvPfn.net

――

かのん「素敵な歌……」

千砂都「お互いを想いあってるのが伝わってくるね」

すみれ「……」ウルウル

可可「あれぇ? すみれ泣いてるんデスか?」

すみれ「泣いてないったら、泣いてないわよ!」

かのん「よし、次のフェスで披露するために練習しよう!」

5人「おー!」



21: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:36:51.58 ID:uSCOvPfn.net

かのん「ライブ大盛り上がりだったね!」

すみれ「6人でもいいパフォーマンスができたと思うわ」

サヤ「恋さん!」ダキッ

恋「ちょ、ちょっとサヤさん!?」

サヤ「恋さんと一緒のステージで歌うのとても楽しかったです!」

恋「! こちらこそとても楽しかったです」

恋「これからも2人の想い出をいっぱいつくっていきましょう!」



22: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 18:42:44.21 ID:uSCOvPfn.net

可可「2人の思い出なんてずるいデス! 」

千砂都「そうだよ、2人じゃなくて6人の思い出を作っていこう!」

サヤ「みなさん……!」

かのん「それじゃあ新しいLiella!始動っていうことで、Liella!」

6人「スーパースタート!」

その後、サヤの存在が注目されLiella!の注目度は爆上がり。
サヤ加入によりパフォーマンスもパワーアップしてラブライブ!を優勝をするのはまた別の話。

おわり


元スレ
サヤ「この度編入するサヤと申します」