1: 2021/09/02(木) 22:54:50.47 ID:hEiajmkD0.net


”友達以上恋人未満”

 
璃奈「もっと仲良くなりたい」

しずく「誰と?」キョトン

璃奈「しずくちゃん(じぃー)」

かすみ「え~っ!? しず子だけ~?」

璃奈「かすみちゃんも」

かすみ「ふふーん♪」

しずく「でも、私達もう仲良しだよね?」

かすみ「一緒にパンケーキも食べたよねー」

璃奈「侑さんと歩夢さんみたいに仲良くなりたい(キラキラ)」

しずく「えーっと、その・・・・・・」アセアセ

かすみ「あの2人は特別だから難しいんじゃないかなー」アセアセ

璃奈「特別?(はてな)」

かすみ「そうだよ」



3: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 22:56:21.60 ID:hEiajmkD0.net

璃奈「なにが違うの?」

しずく「あの2人はね、なんというか・・・・・・おそらく恋人同士だと思うから」

かすみ「りな子は見た事ない? 2人が手を繋いでたり腕組んだりしてるところ」

璃奈「・・・・・・ある」

しずく「だからね、私達は他の方法で――」

璃奈「手を繋いだら恋人?」チラッ

かすみ「う~ん、そうじゃないけどぉ」アセアセ

璃奈「腕を組んだら恋人?」チラッ

しずく「そうとは言い切れないけど・・・・・・」アセアセ

璃奈「私もやりたい(わくわく)」



4: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 22:58:06.88 ID:hEiajmkD0.net


―翌朝―

ザワザワザワ

かすみ「ね、ねえ、りな子ぉ」モジモジ

璃奈「どうしたの?」ピトッ

かすみ「もうちょっと離れない?」アセアセ

璃奈「離れたら腕組みできない」

かすみ「それはー・・・・・・ってりな子は恥ずかしくないの?」

璃奈「恥ずかしくない」

かすみ「ほ、ほらぁ、こういうのって恋人みたいだし・・・・・・」

璃奈「かすみちゃんが嫌なら――」ウツムキ

かすみ「いっ、嫌なんかじゃないよ!」

璃奈「それなら早く行こ」グイッ

かすみ「あ、あ~っ。引っ張らないでぇー」



5: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 22:59:38.49 ID:hEiajmkD0.net

 
―放課後―

しずく「あーあ、私も璃奈さんと腕組みしたかったなー」ムスッ

かすみ「じゃあ変わってよー」

しずく「私の家が遠いの知ってるでしょ? 無理だよ」

かすみ「もうすっごく恥ずかしかったんだから」テレテレ

しずく「ちょっとした話題になってたよ」

かすみ「えー、困っちゃうなー」ニマニマ

しずく「どうして?」キョトン

かすみ「学校のみんながかすみんにメロメロになっちゃったらどうしよぉ~」モジモジ

しずく「話題になってるのは璃奈さんだよ」

かすみ「・・・・・・かすみんは?」

しずく「寄り添って歩く璃奈さんが可愛過ぎる、って」

かすみ「かすみんは?!」ガタッ

しずく「私の耳には入ってきてないけど」

かすみ「あんなに見られてたのに・・・・・・」シュン



6: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:01:11.69 ID:hEiajmkD0.net

 
ガラッ

璃奈「かすみちゃん、今日はありがとう」

かすみ「はぁー」

璃奈「どうしたの?(はてな)」

しずく「注目されたのに話題になれなかったのがショックだったみたい」

璃奈「もしかして朝のこと?」

しずく「うん」

璃奈「かすみちゃん」

ポンポン

かすみ「あっ、りな子。来てたんだ」

璃奈「私と腕組みしてくれたかすみちゃん、すごく可愛かった」

かすみ「えっ」ドキッ

ナデナデ

璃奈「私なんかより、かすみちゃんの方が可愛い」

かすみ「あ、あ、りがと」///

璃奈「私の方こそありがとう」ペコリ



7: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:02:48.62 ID:hEiajmkD0.net

しずく「なんか、本当に付き合ってるみたいだね」

璃奈「(テレテレ)」

しずく「・・・・・・」ジーッ

璃奈「嬉しい(ぽぽぽ)」

かすみ「あっ、そうだ! 今度はしず子と腕組みしてみたら?」ニシシ

しずく「だから、私は家が遠いから――」

かすみ「だからぁ、帰りに駅までならできるよねぇ?」

璃奈「しずくちゃんとも仲良くなりたい」ジーッ

しずく「・・・・・・」

かすみ「たしか、しず子も腕組みたいって言ってたよね」ニコニコ

しずく「いや、それは――」アセアセ

璃奈「嬉しい」モジモジ

かすみ「朝よりも人が多い夕方で、さらに駅前なんて・・・・・・くふふ」

しずく「あのー、璃奈さん?」

璃奈「嫌だった?」チラッ

しずく「・・・・・・私も璃奈さんと仲良くなりたいな」アセアセ

 
”友達以上恋人未満”おわり



11: それぞれ別の世界の話です 2021/09/02(木) 23:05:33.35 ID:hEiajmkD0.net


”かすみの片想い”

 
かすみ「あのー、愛先輩?」

愛「どったの? かすかすー」

かすみ「かす(ry」

愛「でもこれってかすみんの持ちネタっしょ?」

かすみ「芸人じゃないので持ちネタなんてありませんっ」プイッ

愛「ごめんごめん。それで?」

かすみ「えーと、そのー」モジモジ

愛「うんうん」

かすみ「・・・・・・」モジモジ

愛「帰っていい?」

かすみ「まっ、待ってください! まだ心の準備が」///

愛「じゃあ、準備できたら連絡して」

かすみ「だから待ってください。帰ろうとしないでっ」

愛「そろそろもんじゃ焼く時間だから」

かすみ「わかりました! 話しますから待ってください」

愛「あと少しだけだかんね」

かすみ「ありがとうございます」コホン

愛「・・・・・・」ジーッ



12: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:07:40.33 ID:hEiajmkD0.net

かすみ「あ、あ、愛先輩って、その、りな子と仲良し、ですよね?」モジモジ

愛「・・・・・・」

かすみ「愛先輩?」キョトン

愛「かすみんってさ」

かすみ「はい?」

愛「りなりーのこと好きなん?」

かすみ「!!」

愛「それでアタシづてに仲良くなって付き合いたい、みたいな?」

かすみ「なっ、なんで!?」

愛「練習後に残ってほしいって言われたのになかなか話してくれないし、モジモジしてるからそーかなーって」

かすみ「・・・・・・」テレテレ

愛「あっ! それともアタシへの愛の告白だったり?」ニマニマ

かすみ「それは違います」

愛「・・・・・・」

かすみ「それでその、りな子の事なんですけど」モジモジ

愛「あー、うん。りなりーのなにが知りたいの?」



13: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:10:45.00 ID:hEiajmkD0.net

かすみ「りな子って、家でご飯とかちゃんと食べてますか?」

愛「・・・・・・あのさ、かすみん」ガシッ

かすみ「は、はいっ」

愛「アタシはかすみんを応援したいし、出来る事ならりなりーと付き合わせてあげたい」

かすみ「愛先輩」パアァ

愛「でもさー、さすがにそれくらい直接聞こーよ」ハァ

かすみ「そんなの無理です!」ブンブン

愛「どうして?」キョトン

かすみ「プライベートな話ですよ?! 嫌われちゃうじゃないですか」シュン

愛「それくらい大丈夫っしょ」

かすみ「・・・・・・本当ですか?」

愛「むしろ友達としても普通じゃない? りなりーの家ってあんまり親いないって言ってたし」

かすみ「じっ、児童相談所に通報しないと!」プルプル

愛「そこまでじゃないって。とりあえずスマホ置こ?」アセアセ

かすみ「もしかして捨てられたんじゃ」ガクガク

愛「一旦、一旦さ、落ち着こーか」

かすみ「りな子、待ってて! 今かすみんが拾ってあげるからね!」タッタッタッ

バタン

愛「・・・・・・まーいっか」



14: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:12:06.30 ID:hEiajmkD0.net


―翌日・練習後―

ズーン

愛「か、かすみん?」

かすみ「――してください」

愛「ん? なになに? 相談ならいくらでも乗っちゃうよー↑」

かすみ「殺してください」

愛「・・・・・・」

かすみ「昨日、りな子を拾いに行ったらですね」

愛「それ、他の人には言わない方がいーよ」

かすみ「家族でテーブルを囲ってる最中でした」

愛「・・・・・・そっか」

かすみ「年に何度かだけ時間が合うみたいで、りな子も楽しそうにしてて」

愛「良かったじゃん」バシバシ

かすみ「なにも良くありませんっ!」

愛「おっ、おぅ」

かすみ「そんな一家団欒の中に、急に可愛いかすみんが現れたんですよ?」

愛「大丈夫そーで良かったよ。本当に」

かすみ「あーっ! 絶対に嫌われちゃいましたー!」グスン



17: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:13:19.77 ID:hEiajmkD0.net

愛「急に来たのは驚いただろうけど、嫌いにはなってないって」

かすみ「本当ですか?」チラッ

愛「っていうか、りなりーは良い子だからそんなんで友達を嫌いになったりしないよ」ニコニコ

かすみ「そういえばそうでした」

愛「ね? アタシも付き添ってあげるから、りなりーに聞きに行こーよ」

かすみ「ちょっ、直接ですか?!」

愛「当たり前じゃん」

かすみ「待ってください! 心の準備が、まだ――」

愛「もしもし? これからりなりーの家いっていー?」

かすみ「愛先輩ッ?!」

愛「うん。かすかすも一緒だけど」

かすみ「かすみんです!」

愛「急にごめんね。じゃあ今から行くから」

かすみ「あっ、あああ、ああー」ガクガク

愛「ほら、行くよ」

ガシッ

かすみ「ぎゃあああっ」

ズルズルズル



18: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:14:51.12 ID:hEiajmkD0.net


―璃奈の家―

ガチャ

璃奈「いらっしゃい」

愛「ちぃーす。急にごめんねー」

かすみ「こ、こんばんは」

璃奈「かすみちゃん? どうしたの?(はてな)」

愛「コラッ! いつまでアタシの後ろに隠れてんの」

かすみ「あわわっ?! 押さないでください!」

愛「ほーらー、早く聞いちゃいなって」

璃奈「??」ポカン

かすみ「あ、あっ、ああ」///
(りな子の顔がすぐ近くに)

愛「かすみんがりなりーに聞きたい事があるんだって」ニコニコ

璃奈「私に? いいよ。なんでも聞いてほしい」

かすみ「なっ、なんでも?!」

璃奈「うん。なんでも」



19: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:15:49.83 ID:hEiajmkD0.net

かすみ「なんでも・・・・・・」グルグル

かすみは こんらんしている!
わけも わからず 口走ってしまった!

かすみ「かすみんのこと好き?」

璃奈「かすみちゃんの事・・・・・・?」

かすみ「あっ・・・・・・い、今、私、なんて・・・・・・」

璃奈「私がかすみちゃんを好きかどうか聞かれた」

かすみ「あ、ああっ!」ガクガク

愛「ターイムッ!」



20: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:17:07.17 ID:hEiajmkD0.net


―別室―

愛「早い早い早い。なんで告白みたいな事してんの?」

かすみ「だって、りな子がなんでもって、なんでも聞いてって言うからぁ」ウルウル

愛「もうコクっちゃえば?」

かすみ「フラれるじゃないですか!」

愛「まだわからないっしょ」

かすみ「わかります!」

愛「りなりーの気持ちがわかるっていうつもり?」

かすみ「だって! さっきの言葉でピンと来てないって事はかすみんのこと女の子として見てないって事じゃないですか!」

愛「それならどうする? このまま帰る?」

かすみ「・・・・・・出直します」

愛「いくじなし」ボソッ

かすみ「すみません」ボソッ

愛「ってゆーか、いつもかすみん可愛いって言ってんのに、その可愛さで好きにさせてやろうって思わないワケ?」

かすみ「・・・・・・」



21: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:18:20.56 ID:hEiajmkD0.net

 
愛「ここでフラれたとして1回で諦める? かすみんの好きってその程度?」

かすみ「・・・・・・」プルプル

愛「あーあ、ヘタレかすかすなんて、りなりーどころか誰も好きになってくれないって」

かすみ「愛先輩に私の気持ちがわかるんですかッ?!」ポロポロ

愛「・・・・・・」

かすみ「わからないですよね! 恋する乙女の気持ちなんてわからないですよね!」
「私だってりな子の前でも自信満々でいたいです!」
「でも出来ないんです! 目の前に立つだけで胸が張り裂けそうで、辛くて・・・・・・苦しくて・・・・・・」

コンコン

愛「りなりー?」

かすみ「まっ――」

ガチャ

璃奈「大丈夫?」

かすみ「こっち来ないで!」ゴシゴシ

璃奈「えっ」ビクッ

愛「ちょっと待っててあげて」ボソッ

璃奈「・・・・・・分かった」コクン

~~~



22: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:19:57.09 ID:hEiajmkD0.net

かすみ「はぁー」

愛「落ち着いた?」

かすみ「はい。さっきは変なこと言ってすみませんでした」ペコリ

愛「謝らなくていーって。それよりも」チラッ

璃奈「かすみちゃん」

かすみ「うっ」ビクッ

璃奈「私もかすみちゃんの事が好き」

かすみ「へっ?」ビクッ

璃奈「さっきの返事」

かすみ「りな子、私のこと好き、なの?」

璃奈「うん」コクン

かすみ「ほ、ほほ、ほんと?」///

璃奈「本当だよ」

かすみ「わっ、私も!」パアァ

愛「愛さんの事は?」ニコニコ

璃奈「?? 好き」

かすみ「え、えーっと・・・・・・どういう事?」



23: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:22:07.72 ID:hEiajmkD0.net

愛「アタシもりなりーのこと好きだぞー」ナデナデ

璃奈「知ってる」

かすみ「もも、も、もしかして・・・・・・」ガクガク

愛「りなりーは友達思いの良い子だなー」ナデナデ

璃奈「普通」

かすみ「うわああああっ!?」

タッタッタッ

璃奈「かすみちゃん?」キョトン

愛「あっ、そーいえば、かすみんがりなりーと一緒にお昼食べたいって言ってたよ」

璃奈「直接言ってくれれば良かったのに」

愛「ホントにね」ハァ



24: 名無しで叶える物語 2021/09/02(木) 23:23:25.21 ID:hEiajmkD0.net


―後日―

かすみ「ええーっ! 私がお弁当作ってくって約束しちゃったんですか?!」

愛「かすみんの得意なコッペパンでサンドイッチ作ればさ、りなりーもきっとメロメロだって」

かすみ「・・・・・・そうですね! 可愛いかすみんが作るコッペパンですから」ニコニコ

愛「ファイトーッ! かすかす!」

かすみ「かすみんですっ!!」

 
”かすみの片想い”おわり



39: >>27 ”スカートめくり” 2021/09/03(金) 23:03:00.80 ID:lTNisoin0.net

 
しずく「スカートめくり?」

かすみ「そうそう。小学生の時に流行ったよねー」

しずく「・・・・・・かすみさんって昭和生まれだっけ?」

かすみ「あははっ。もう、なに言ってるのー」

しずく「・・・・・・璃奈さんの学校でも流行ってた?」チラッ

璃奈「分からない。私、あまり教室にいなかったから(しょぼん)」

しずく「えーと、お友達とかはしてなかったよね?」

璃奈「うん。私はした事もされた事もない(にっこりん)」

しずく「ほら。かすみさんの教室だけだったんじゃない?」

かすみ「えー、おかしいなー」

しずく「おかしいのはかすみさんの方だよ」フフッ

かすみ「むむっ」



40: 名無しで叶える物語 2021/09/03(金) 23:10:02.75 ID:lTNisoin0.net

しずく「璃奈さんは、小学生の時なにして遊んでた?」

璃奈「プリキ〇アごっこ」

しずく「わぁ~♪ それ私もやってたよ」

璃奈「本当?(キラキラ)」

かすみ「はいはーい! かすみんもやってたよ~」

璃奈「嬉しい(ぽぽぽ)」

かすみ「へーんしんっ! って変身するんだよね?」

しずく「それ、なんか違うよ」

かすみ「あれ?」

璃奈「変身セットも持ってた」

しずく「懐かしいなー」
「まあ、私は敵役になる事が多かったから・・・・・・」アセアセ

璃奈「ちょっと分かる」ボソッ

しずく「え?」

璃奈「ううん。なんでもない」



41: 名無しで叶える物語 2021/09/03(金) 23:16:20.20 ID:lTNisoin0.net

かすみ(かすみんを差し置いて2人だけで盛り上がっちゃって)ムスッ

かすみ「あっ!」

しずく「かすみさん?」チラッ

かすみ「あ、う、ううん。なんでもなーい」

しずく「?? 変なかすみさん」

かすみ「かすみん、お花摘みに行ってくるね」フリフリ

しずく「どうぞ」

璃奈「いってらっしゃい」フリフリ

かすみ「くふふ」

~~~

ガチャ

キョロキョロ

かすみ「しめしめ」ニマニマ

 
しずく「――――」
璃奈「――――」

 
かすみ(このまま気付かれないように近付ければ・・・・・・)


しずく「それ本当?」

璃奈「うん。私の地域では有名だった」

かすみ「ばあっ!!」

しずく「きゃっ?!」

勢いよく捲り上げられたしずくのスカートは、ヒラヒラと綺麗にゆっくりと元の形を取り戻していく。

しずく「・・・・・・」



42: 名無しで叶える物語 2021/09/03(金) 23:22:22.55 ID:lTNisoin0.net

かすみ「あはは! 捲られたらすぐに手で押さえないとダメだよぉ?」ニマニマ

しずく「・・・・・・」ワナワナ

かすみ「あ、でも、しず子の学校じゃ流行ってなかったんだから仕方ないかな」

璃奈「あ、あの、そろそろ謝った方がいいと思う(ゾゾゾッ)」

かすみ「え? なんで?」キョトン

しずく「変態ッ!!」///

バチーン

かすみ「へぶっ?!」

璃奈「あー・・・・・・」



43: 名無しで叶える物語 2021/09/03(金) 23:28:17.39 ID:lTNisoin0.net

しずく「かっ、かすみさん! 自分がなにしたか分かってるっ?」///

かすみ「痛ッ! なにするの!」

しずく「それはこっちのセリフだよ!」

かすみ「スカート捲っただけじゃん!」

しずく「だけってなに?! 女の子のスカート捲るなんて、はっ犯罪だからね」ムスッ

かすみ「・・・・・・」チラッ

璃奈「アウト」ボソッ

かすみ「・・・・・・ごめん」シュン

しずく「もう」ハァ

かすみ「でも、かすみんの小学校だと本当に流行ってたんだよ?」

しずく「それは分かってる。でも、高校生にもなって小学生と同じ遊びして楽しい?」

かすみ「・・・・・・そこそこ」

しずく「はぁー」



44: 名無しで叶える物語 2021/09/03(金) 23:34:10.08 ID:lTNisoin0.net

璃奈「かすみちゃんも反省してるみたいだから許してあげてほしい(ハラハラ」

しずく「しょうがない。今回は璃奈さんに免じて許してあげる」

かすみ「はーい」ムスッ

しずく「本当に反省してる?」ジーッ

かすみ「してるもん。はぁ」スリスリ

璃奈「大丈夫?」

かすみ「うん。赤くなってない?」

璃奈「まだ大丈夫だけど、一応冷やしておいた方がいい」

かすみ「痕になったらヤだな」シュン

しずく「氷もらってくるね」アセアセ

かすみ「ありがとう」ウツムキ

~~~



45: 名無しで叶える物語 2021/09/03(金) 23:41:08.61 ID:lTNisoin0.net

ガチャ

しずく「だい──」

 
かすみ「どうして保冷剤って青いの?」

璃奈「分からないけど、たぶん清涼感で冷たく感じるからかもしれない」

かすみ「ふーん」

 
しずく(良かった。大丈夫そう)
「さっきはごめ──」

 
かすみ「あっ! だからしず子の下着もそうだったんだ」

璃奈「!!」チラッ

かすみ「くふふっ。しず子がそんなに暑いなら、また今度捲ってあげないと」ニマニマ

璃奈「か、かすみちゃん?」

かすみ「でも、本当に涼しくなるのかな。かすみんもやってみようかなぁー」

しずく「涼しくなんてならないよ」ボソッ

かすみ「えっ?」クルッ

璃奈「急用を思い出したから帰る。さようなら」

タッタッタッ



47: 名無しで叶える物語 2021/09/03(金) 23:47:36.05 ID:lTNisoin0.net

しずく「かすみさん!!」

かすみ「は、はいっ!」

しずく「立って」

かすみ「はい!」ビクビク

しずく「目つむって」

かすみ「!!」ガクガク

ピトッ

かすみ「ぎゃあああっ!?」

しずく「保冷剤もらってきたから、ちゃんと冷やしておいてね」ニコニコ

かすみ「う、うう、うんうんうん!」

かすみは、タオルに巻かれた保冷剤をしっかりと両手で頬に当てる。

しずく「・・・・・・」ニコニコ

かすみ「し、しず子?」チラッ

しずく「どうしたの?」

かすみ「う、ううん。なんでもない」
(なーんだ、全然怒ってなくて良かった)ホッ



48: 名無しで叶える物語 2021/09/03(金) 23:54:34.49 ID:lTNisoin0.net

しずく「あっ、かすみさんのスカートに虫ついてるよ」

かすみ「えっ? え? どこ? どこぉ!」キョロキョロ

しずく「大丈夫だよ。私が取ってあげるからね」

かすみ「・・・・・・ありがとっ」

しずく「どこかなー・・・・・・いたいた」ニヤリ

ゴソゴソ

かすみ「あ、あの、しず子? さっきはごめんね?」モジモジ

しずく「気にしないで・・・・・・これで──」

ジーッ

かすみ「へ?」

パサッ

しずく「おあいこだから」

かすみのスカートは静かに足元に落ちた。

かすみ「え・・・・・・?」ポカン



49: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 00:00:25.81 ID:cEhV6bWB0.net

しずく「どうしてかすみさんの下着はパステルイエローなのかなぁ」

かすみ「~~~ッ!!」///

慌ててサマーセーターの裾を引っ張ると、保冷剤が床に落ちた。

かすみ「ししし、しず子ッ?!」///

しずく「・・・・・・私がせっかく持ってきたのに、床に落としちゃうんだ」ジーッ

かすみ「うぅ~」モジモジ

しずく「ふふっ。スカートより保冷剤を拾ってくれるかすみさん、好きだよ」

かすみ「もう! あっち向いてて!」///

しずく「はーい」クルッ

菜々「部室でなにしてるんですか?」

しずく「・・・・・・」

かすみ「せつ菜先輩ッ?!」///



50: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 00:06:23.86 ID:cEhV6bWB0.net

 
チラッ

菜々「・・・・・・しずくさん、生徒会室まで来てくれますね」

しずく「・・・・・・はい」シュン

かすみ「わっ、私も行きます!」

しずく「ありがとう」ボソッ

 
─後日─

かすみ「えーと、しず子の下着はブルーの」

しずく「かすみさん!」ガタッ

かすみ「もう、邪魔しないでよ」ムスッ

しずく「それ反省文だよ? そんなの書かないでよ」

かすみ「じゃあしず子も一緒に考えてよー」

しずく「もう」

───
──


”スカートめくり”おわり



57: >>29 ”虹ヶ咲学園七不思議の1 ニャンコレプシー” 2021/09/04(土) 22:26:18.87 ID:cEhV6bWB0.net

かすみ「えー、りな子ってば七不思議なんて信じてるのぉ?」ニマニマ

璃奈「虹ヶ咲学園にも七不思議はある(ゾゾゾッ)」

かすみ「ま、まあ、かすみんはもう高校生だからそんなの全然怖くないけどねっ」

璃奈「あっ」

かすみ「ひっ!」

璃奈「気のせいだった」

かすみ「も、もう! 驚かさないで!」ムスッ

璃奈「髪の長い女の人が見えた気がしたけど気のせいだった。ごめん」

かすみ「そそ、それって七不思議の・・・・・・?」ビクビク

璃奈「虹ヶ咲学園の七不思議の1つは・・・・・・」

かすみ「・・・・・・」ゴクリ

璃奈「ニャンコレプシーは伝染する」

かすみ「・・・・・・え?」



58: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 22:32:50.05 ID:cEhV6bWB0.net

璃奈「(ゾゾゾッ)」ビクビク

かすみ「ちょっと待って。ニャ、なんとかってなに?」

璃奈「ニャンコレプシー。突然ネコみたいになる奇病」

かすみ「え? 病気なの?」

璃奈「たぶん」

かすみ「猫の霊が取り憑いてるとかじゃなくて?」

璃奈「高校生なのに霊なんて信じてるの?(ドキドキ)」

かすみ「七不思議とか言ってるりな子に言われたくないもん!」



59: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 22:38:26.52 ID:cEhV6bWB0.net


ゴロゴロゴロ

かすみ「キャリー、ケース? にしてはすっごく大きいけど」

璃奈「この中には、ニャンコレプシーを患ってしまった人が入ってる」

かすみ「・・・・・・え?」

ガチャ

璃奈「出ておいで」

かすみ「待って待って待って!」

璃奈「大丈夫(にっこりん)」

かすみ「なにが?!」

ヒタ ヒタ ヒタ

かすみ「ひっ・・・・・・って歩夢先輩?」

歩夢「にゃー」

かすみ「なにしてるんですか?」

歩夢「あゆにゃんだにゃん」

かすみ「♡♡」



60: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 22:47:00.17 ID:cEhV6bWB0.net

璃奈「歩夢さんは、ニャンコレプシーを発症してしまった」

かすみ「へ、へー」チラッ

歩夢「にゃー」ニッコリ

かすみ「ふへへ」

璃奈「このまま家に帰すわけにもいかなくて困ってる(むむむ)」

かすみ「じゃ、じゃあ、特別にかすみんが預かってあげてもいいよ」

璃奈「猫と言っても人だから大変。無理させるワケにはいかない」

かすみ「無理なんてしてないもん!」

璃奈「本当?」

かすみ「しょうがなく、しょうがなくだよ?」
「だって、このまま段ボールに入れられて捨てられたら可哀相だよ」

璃奈「そんな事はしないけど」

かすみ「歩夢先輩もかすみんと一緒に帰りたいですよね?」

歩夢「うん♪」

スリスリスリ



63: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 22:53:19.72 ID:cEhV6bWB0.net

璃奈「それじゃあ」ゴソゴソ

かすみ「ふっ、くふっ」

璃奈「はい」スッ

かすみ「・・・・・・首輪?」

璃奈「捨て猫だと勘違いされないように」

かすみ「歩夢先輩は人だけど」

璃奈「今は半分猫だから」

かすみ「こんな苦しいのしたくないですよね?」チラッ

歩夢「・・・・・・」スリスリ

かすみは、無言のまま首輪を受け取り、歩夢の目線までしゃがむ。

かすみ「歩夢先輩、少し上を向いてください」ドキドキ

キュッ

歩夢「にゃあ」

チリン

かすみ「・・・・・・」ゾワゾワ



64: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 23:00:06.70 ID:cEhV6bWB0.net


─かすみの部屋─

バタン

かすみ「ふー」

歩夢「お腹が空いたにゃあ」

かすみ「うわっ?!」ビクッ

ゴソゴソ

かすみ「ああ、勝手に買い物袋に触っちゃダメですよ」
「めっ! ですよ」

歩夢「にゃあ」シュン

かすみ「あっ」

ウロウロウロ

かすみ「あ、あのー、とりあえずご飯食べますか?」

歩夢「・・・・・・にゃあ」

かすみ「そんなに遠くにいないでこっちに来てください」ゴソゴソ

歩夢「ご飯、くれるの?」チラッ



65: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 23:24:15.85 ID:cEhV6bWB0.net

かすみ「はーい。かすみん特製のコッペパンですよー」ニコニコ

スンスン

プイッ チリン

かすみ「あれ? 食べないんですか?」

歩夢「もっと柔らかい物が食べたいにゃあ」

かすみ「そうですか・・・・・・じゃあおにぎりにしますか?」シュン

歩夢「・・・・・・うん」

モグモグモグ

かすみ「はぁー」

歩夢「ごめんにゃ?」

スリスリ

かすみ「・・・・・・ずるいですよ」ボソッ

───
──




66: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 23:30:46.87 ID:cEhV6bWB0.net

かすみ「それー」

コロコロコロ

チリンチリンチリン

ドタドタドタ

歩夢「♪♪」

かすみ「って、持っては来ないか」
(それはワンちゃんの方だよね)

歩夢「にゃっ、にゃっ」

かすみ「それにしても可愛いなぁ」

歩夢「えっ」///

かすみ「も、もちろんかすみんの事ですよ?」

歩夢「にゃあ」シュン

かすみ「あの、急に人に戻るのやめてもらえませんか?」アセアセ

歩夢「私に言われても」

かすみ「そういえば病気なんでしたっけ」

歩夢「うん・・・・・・ごめんにゃさい」

かすみ「罰としてかすみんの投げたボールを拾ってきてください」

トコトコトコ

歩夢「はい」スッ

かすみ「なんか違いませんか?」



67: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 23:36:57.90 ID:cEhV6bWB0.net

 
─翌朝─

モゾモゾ

かすみ「ん、んんー」

モゾモゾ

かすみ「ふっ、ふふ、止めてくださいよー」

モゾモゾ

かすみ「・・・・・・ん?」

歩夢「おはよう」ニコニコ

かすみ「・・・・・・」

歩夢「かすみちゃん?」

かすみ「ななな、にゃんで歩夢先輩がっ?!」

歩夢「昨日お泊りしたからだよ。忘れちゃった?」

かすみ「そういえば・・・・・・ってニャンコレプシーはどうなったんですか?」

歩夢「かすみちゃんのおかげで治ったかも」

かすみ「へ? かすみんは何もしてませんけど」



68: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 23:42:12.86 ID:cEhV6bWB0.net

歩夢「たくさん遊んでくれて、ご飯も食べさせてくれたからだよ」

かすみ「そんな事で良かったんですか」

歩夢「猫ちゃんにとっては十分だよ」

かすみ「・・・・・・そうですか」

歩夢「もしかして残念だった?」

かすみ「いえいえ! 違いますよ」

歩夢「耳と尻尾は消えちゃったけど・・・・・・マネならしてあげられるからね」

右手を軽く握って招き猫のポーズをとった。

かすみ「!!」///

歩夢「にゃーんて、ね」チリン



69: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 23:47:41.15 ID:cEhV6bWB0.net


─学校─

かすみ「りな子ッ!」

璃奈「昨日は楽しかった?(ぽぽぽ)」

かすみ「次の日に戻るならそう言ってよね」ムスッ

璃奈「発症や完治するまでの時間には個人差がある」
「無責任なことは言えない(むむむっ)」

かすみ「もう!」

璃奈「楽しかった?(じーっ)」

かすみ「・・・・・・まあ、うん」モジモジ

璃奈「良かった」

ゴロゴロゴロ

かすみ「それって・・・・・・」

ガタガタガタ

かすみ「!?」

「にゃあああっ!!」

璃奈「次の子はちょっと元気過ぎるから大変かもしれない」



70: 名無しで叶える物語 2021/09/04(土) 23:54:08.87 ID:cEhV6bWB0.net

かすみ「当たり前みたいに新しいキャリーケース持って来ないでよ」

璃奈「ニャンコレプシーは楽しかったんだよね?」

かすみ「でも、新しく迎えるなんて聞いてないっ」

璃奈「・・・・・・嫌?」

かすみ「そ、そうは言ってないけど・・・・・・」チラッ

ガタガタガタ

かすみ「本当にニャンコレプシー? 豹とかライオン入ってない?」

璃奈「安全性は保障する」

かすみ「待って! 開けようとしないで」

璃奈「もう遅い」

ガチャ

「にゃあああーっ!!」ペカー

かすみ「ぎゃああぁっ!!」

 
”ニャンコレプシー(歩夢編)”おわり



76: >>30 ”かわいい!すごい!かすみ!” 2021/09/05(日) 16:28:45.58 ID:YEm1LzD/0.net

かすみ「果林せんぱぁ~い」トコトコ

果林「お疲れさま。私になにか用かしら?」

かすみ「お疲れさまです~」
「レモンのハチミツ漬け作ったんですけどぉ、どうですか?」ニコニコ

果林「あら、ちょうど欲しいと思っていたのよ。いただくわ」

かすみ「たくさん食べていいですよ」

果林「それならもう1つ」

かすみ「どうぞどうぞ」

 
かすみ「んふふふ」
(毎日ちょっとずつ砂糖を増やして、果林先輩をぷくぷくにしてやります)

果林『はぁ、はぁ、はぁ』

かすみ『もう息上がっちゃったんですかぁ?』

果林『可愛いかすみちゃんには敵わないわ』

かすみ『かすみん、すごいですか?』

果林『ええ。すごい、すごいわ! かすみちゃん!』キラキラ

かすみ『えへへ』

 
かすみ「よーし!」ニマニマ

 
エマ「かすみちゃん、すごいやる気だねー」

彼方「よーし。彼方ちゃん達も負けないぞ~」



77: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 16:36:02.20 ID:YEm1LzD/0.net


─翌日─

かすみ「果林先輩ッ、今日も食べてくれますよね?」ニコニコ

果林「あら、今日も作って来てくれたの?」

かすみ「はい!」

果林「ありがとう。いただくわ」ハムハム

かすみ「どうぞどうぞ♪」

 
─また翌日─

かすみ「果林先輩♪」

果林「いつも悪いわね」ハムハム

かすみ「・・・・・・」キョロキョロ

果林「どうしたの?」

かすみ「い、いえ! なんでもありません!」
(上手く行き過ぎてるような・・・・・・)



78: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 16:42:17.06 ID:YEm1LzD/0.net

 
─さらに翌日─

かすみ「今日はハチミツとレモンの果肉を練りこんだコッペパンを作ってきました」

果林「1口サイズで食べやすいわね」
「もしかして私の事を想って作ってくれたのかしら? なんて──」

かすみ「はい! 果林先輩の事を思いながら作りました」ニコニコ

果林「そ、そう」ハムハム

かすみ「どうかしました?」キョトン

果林「いいえ。なんでもないわ」モグモグ

しずく「かすみさん、最近果林さんと仲良しだね」

かすみ「げっ!?」



79: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 16:48:31.79 ID:YEm1LzD/0.net

しずく「なに、その顔」ジーッ

かすみ「なんでもないよ? どうしたのぉ?」

しずく「それは私のセリフだよ」
「それ、果林さんの為のコッペパンなんだね」ジーッ

かすみ「あーっ、もしかしてしず子も食べたくなっちゃった?」ニマニマ

しずく「・・・・・・いいの?」

かすみ「もっちろん。かすみん特製コッペパンが食べたくなっちゃうのはしょうがない事だもん」

しずく「それじゃあ、いただきます」モグモグ

かすみ「ふぅ」
(しず子には特に気を付けなきゃ)



80: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 16:56:14.61 ID:YEm1LzD/0.net


─翌週─

かすみ「果林せんぱぁ~い♪」トコトコ

果林「・・・・・・」

ナデナデナデ

かすみ「なっ、なんですか?!」

果林「今日も、その、作って来てくれたのよね?」ソワソワ

かすみ「はい!」ニコニコ

果林「ごめんなさい!」ペコリ

かすみ「ど、どうしたんですか? 顔を上げてください」

果林「実はね、その、ちょっとだけ節制しないとダメなのよ」ボソッ

かすみ「節制? なにをですか?」キョトン

果林「食事を見直す事にしたわ」

かすみ「食事・・・・・・あっ!」
(ついに、ついにこの時が来た!)

果林「かすみちゃん?」

かすみ「果林先輩! 今日はかすみんと練習しましょう!」

果林「それはいいけれど、ハチミツレモンの事、本当にごめんなさい」ペコリ

かすみ「気にしないでください。早く行きましょう!」

果林「ええ」



81: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 17:02:12.34 ID:YEm1LzD/0.net


─ダンス基礎練習中─

かすみ(今日の為に自主練も筋トレも頑張ったんだから絶対に言わせてみせる!)

果林「はぁ、はぁ」

かすみ「もしかして、もう息が上がっちゃったんですかぁ?」ニマニマ

果林「はぁ、はぁ」

かすみ「もー、果林先輩も大した事ないですね」

果林「そう、ね」

かすみ「かすみんは全然余裕ですよ!」

果林「はぁ、はぁ」

かすみ(決めポーズ!)

ビシッ

かすみ「ふぅ」

果林「はぁはぁはぁ」

かすみ「少しだけ休憩にしますか?」

果林「そう──」フラッ

パタリ

かすみ「・・・・・・え?」

───
──




82: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 17:08:22.37 ID:YEm1LzD/0.net

 
─保健室─

果林「ん、んっ・・・・・・あっ、わた、し」

かすみ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」ブツブツ

果林「かすみ、ちゃん?」

せつ菜「まだ起き上がらないでくださいね」

果林「えーっと、私は倒れたのかしら」

せつ菜「そうですね。幸いにもどこにも外傷はないみたいですが、念のために病院に行ってください」

果林「迷惑をかけてしまったわね。ごめんなさい」

せつ菜「気にしないでください!」

果林「それで、かすみちゃんはどうしたの?」チラ

かすみ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」ブツブツ

せつ菜「それがですね」

~~~



83: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 17:14:19.20 ID:YEm1LzD/0.net

せつ菜「という訳のようです」

果林「・・・・・・」

せつ菜「かすみさん! しっかりしてください!」ユサユサ

かすみ「ごめ・・・・・・果林先輩ッ!」

果林「かすみちゃん」

かすみ「ごめんなさい! 私、こんな事になるなんて全然思ってなくて──」

果林「ごめんなさい」ペコリ

かすみ「へ?」

果林「私の自己管理不足で迷惑をかけてしまったわね」

かすみ「エマ先輩から聞きました。最近はかすみんのコッペパンを食べる為に食事をあまり食べていなかった、と」シュン

果林「そうね」

かすみ「だから、その、果林先輩は悪くありませんよ」

果林「それでも誘惑に負けた私の責任よ」

かすみ「・・・・・・怒ってください」

果林「ふふっ、無理よ」

かすみ「どうしてですかっ」

果林「私の為に尽くしてくれる可愛い1年生を怒る事なんて私にはできないわ」ニコニコ

テレテレ



84: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 17:25:24.68 ID:YEm1LzD/0.net

せつ菜「そんなかすみさんの為に怒ってくれる人を連れてきました!」

シャーッ

エマ「果林ちゃん、大丈夫?」

果林「ええ。心配かけてごめんなさい」

エマ「良かったぁ」

かすみ「・・・・・・」ビクビク

エマ「かすみちゃん」チラッ

かすみ「!!」

エマ「もうこんな事しちゃダメだよ?」

かすみ「はっ、はい!」

エマ「あと、果林ちゃんのお世話する役目もあげないからね」

かすみ「いえ、それは狙っていません」

エマ「・・・・・・とにかく果林ちゃんが無事で良かったよー」ニコニコ



85: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 17:31:27.71 ID:YEm1LzD/0.net

エマ「そうだ。かすみちゃんは果林ちゃんにすごいって言われたいんだよね?」

かすみ「はい。でも、もう諦めました」シュン
「今のかすみんじゃ果林先輩には勝てないってわかっちゃいましたから」

エマ「そんな事ないよっ」

 
─週末─

かすみ「着きましたよ」

果林「かすみちゃん。すごい、すごいわ!」パアァ

かすみ「え? かすみんはただ地図通りに案内しただけですよ」

果林「ここのショップってこんなに近場だったのね」

かすみ「まあ、電車で一本ですからね」

果林「そうだわ。案内してくれたお礼にお姉さんがコーディネートしてあ・げ・る♡」

かすみ「いいですよぉ」アセアセ

果林「遠慮しないで・・・・・・ね?」キリッ

かすみ「も、もう、わかりましたっ」

果林「ふふっ」

かすみ「その代わり、すーーっごく可愛くしてくれないと拗ねちゃいますからねっ」プイッ

果林「お姉さんに任せなさい」

 
”かわいい!すごい!かすみ!”おわり



88: >>31 ”自分の気持ち、相手の気持ち” 2021/09/05(日) 22:27:54.67 ID:YEm1LzD/0.net


─休日─

かすみ「・・・・・・」ソワソワ

 
せつ菜「かすみさーーーんっ!」

タッタッタッ

 
せつ菜「お待たせしました!!」

かすみ「あのー、せつ菜先輩?」ジトー

せつ菜「はい!」

かすみ「大声で名前呼ぶのやめてもらえますか?」

せつ菜「すみません」

かすみ「そんなにシュンってされちゃったら、かすみんまで悲しくなっちゃいますよ」アセアセ

せつ菜「それもそうですね!」

かすみ「そうですよ。今日はその、せ、せっかくのデートなんですから」テレテレ

せつ菜「今日ってデートだったんですか?」

かすみ「え?」

せつ菜「え?」

~~~



89: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 22:35:52.47 ID:YEm1LzD/0.net

せつ菜「なるほど。2人っきりで出掛ける事をデートと呼ぶんですね」

かすみ「はい・・・・・・」モジモジ

せつ菜「てっきり、知らない間にかすみさんと恋人同士になっていたのかと思ってしまいました」

かすみ「そんな事ありえませんよ」アセアセ

せつ菜「そうですよね!」
「かすみさんのような可愛い女の子は、私みたいな人とは釣り合わないですよね」

かすみ「あっ、いえ、そういう意味ではなくてですね」

せつ菜「それではどういう意味ですか?」キョトン

かすみ「・・・・・・そろそろ歩きませんか?」

せつ菜「それもそうですね」

───
──




90: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 22:42:39.43 ID:YEm1LzD/0.net


─お昼─

かすみ「このお店すごいですね」

せつ菜「テレビで特集されていて一度来てみたかったんです」

かすみ「せつ菜先輩チョイスでこんなオシャレなお店だとは思いませんでした」

せつ菜「さすが彼方さんですね!」

かすみ「・・・・・・そうですね」

せつ菜「かすみさん! すごいですよ! 本当に卵関係のメニューしかありません!」

かすみ「かすみんも同じの見てるんですから、そんなに大声で言わなくてもいいですよ」

せつ菜「すみません!」

~~~



91: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 22:48:36.77 ID:YEm1LzD/0.net

店員「お待たせしました。目玉焼きセットとダシ巻き卵です」

せつ菜「いただきましょう」

かすみ「家で見るのと同じようで全然違いますね」ジーッ

せつ菜「匂いだけでもご飯が食べられますね!」

かすみ「やめてください」

せつ菜「いただきます!」

バシャー

かすみ「え?」

せつ菜「おいしい。すごくおいしいです」モグモグ

かすみ「せっ、せつ菜先輩?」

せつ菜「あれ? 食べないんですか?」

かすみ「どうしてですか!」

せつ菜「!!」ビクッ

かすみ「卵料理の専門店ですよ?」

せつ菜「そう、ですね」アセアセ

かすみ「どうしていきなり醤油かけちゃうんですかっ」

せつ菜「なぜかと言われると、その方がおいしいからですね」



92: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 22:54:49.71 ID:YEm1LzD/0.net

かすみ「はぁー・・・・・・失望しました」ボソッ

せつ菜「あの、どうしてそこまで言われないといけないんですか?」ムスッ

かすみ「すみません。気にしないでください」

せつ菜「そう、ですか」チラッ

モグモグ

せつ菜「そのまま食べておいしいですか?」

かすみ「素材の味を楽しむのも良いものですよ」

せつ菜「私は醤油味の方が好きですね」

かすみ「別に何かをかける事を否定してるワケじゃないですからね?」

せつ菜「そうですか」モグモグ

かすみ「かすみんも、いつもマヨネーズ付けて食べますから」

グニグニ

せつ菜「ちょっと待ってください」

かすみ「どうしたんですか?」キョトン

せつ菜「そんなにマヨネーズ付けて素材の味が感じられるんですか?」



93: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 23:04:07.19 ID:YEm1LzD/0.net

かすみ「素材の味は一口か二口だけでいいんです」
「元の味を知る事で、さらにマヨネーズ味が楽しめるんです」フフン

せつ菜「そうですか」ハァ

かすみ「・・・・・・言いたい事があるなら聞きますけど」チラッ

せつ菜「結構です。私は人の食べ方にまで口を出したくないので」

かすみ「そうですか」

モグモグモグ

せつ菜「・・・・・・」チラッ

(机中央に置かれた5つ切りのダシ巻き卵)

かすみ「・・・・・・かすみんは何もかけませんよ」ボソッ

せつ菜「そうですか。私は2つでいいので、残りはかすみさんが食べてください」

グニグニ

かすみ「あの、せつ菜先輩」

せつ菜「どうかしましたか?」

かすみ「3つ目にケチャップ付いちゃったんですけど」

せつ菜「少しくらい良いじゃないですか」



94: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 23:28:08.86 ID:YEm1LzD/0.net

かすみ「・・・・・・」

カチャカチャ

せつ菜「わざわざ切り取らなくても・・・・・・」

かすみ「ケチャップ付きのダシ巻き卵なんて理解できません」プイッ

ガタッ

せつ菜「私だって目玉焼きにマヨネーズなんて理解できませんよ!」

店員「申し訳ございません。他のお客様の迷惑なりますのでお静かに願います」アセアセ

「・・・・・・すみません」ペコリ



95: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 23:34:18.73 ID:YEm1LzD/0.net

 
─翌日・放課後─

しずく「今日は私とストレッチだね」

璃奈「私、体固いから優しくしてくれると嬉しい(もじもじ)」

しずく「わ、わかりました」ドキッ

かすみ「かすみんも混ぜてよー」

璃奈「うん。かすみちゃんも優しくしてね?(ぽぽぽ)」

 
バーン

せつ菜「遅れてすみません!」

果林「まだストレッチ中だから問題ないわよ」

せつ菜「ふぅー、良かったです」ホッ

果林「ペアはかすみちゃんとね」

せつ菜「えっ」ドキッ

果林「どうかした?」

せつ菜「い、いえ」チラッ

 
かすみ「!!」プイッ



96: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 23:40:35.54 ID:YEm1LzD/0.net

せつ菜「果林さんの所に混ぜてもらえますか?」アセアセ

果林「それはいいけど・・・・・・かすみちゃんとなにかあったの?」

せつ菜「・・・・・・誰かに話すような事ではありません」プイッ

 
璃奈「せつ菜さんと喧嘩してるの?(しょぼん)」

かすみ「そういうのじゃないけど・・・・・・」

しずく「ちゃんと仲直りしないとダメだよ」

かすみ「喧嘩なんてしてないもーん」プイッ

しずく「些細な事でも仲違いを続けるとこじれるからね? わかってるでしょ」

かすみ「・・・・・・うん」シュン

しずく「ほら、待っててあげるから早く謝って来て」

かすみ「待って待って。どうしてかすみんが悪い事になってるの?」

しずく「どうしてって、普通に考えてせつ菜先輩が間違った事するとは思えないよね?」

璃奈「決めつけは良くない(むむむっ)」

かすみ「りな子ぉ、聞いてよ~。せつ菜先輩がね」

~~~



97: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 23:51:31.09 ID:YEm1LzD/0.net

しずく「えー」ジトー

璃奈「・・・・・・」

かすみ「ね? せつ菜先輩が悪いでしょ?」ニッコリ

しずく「ちょっとせつ菜さん呼んできます」

かすみ「えぇっ?!」

~~~

せつ菜「・・・・・・」
かすみ「・・・・・・」

しずく「2人共、そんなどうでもいい事で喧嘩するのは止めてください」ビシッ

かすみ「どうでも良くないもん」ムスッ

しずく「はぁー」



98: 名無しで叶える物語 2021/09/05(日) 23:59:28.60 ID:YEm1LzD/0.net

せつ菜「・・・・・・すみませんでした」ボソッ

かすみ「・・・・・・」ムスッ

しずく「かすみさんも謝って」

せつ菜「人の食事に文句を言わないと言っていた私が一番ムキになっていました」ペコリ

しずく「かすみさん?」チラッ

かすみ「かすみんは、せつ菜先輩にもっと楽しんでほしかったんです」

せつ菜「十分に楽しかったですよ(午前中は)」

かすみ「もっとです。一生忘れられないくらい、楽しいお出掛けにしたかったんです」シュン

せつ菜「それだったらやり直しませんか?」ペカー

かすみ「・・・・・・」

せつ菜「お互いの大好きで対立するのは初めてじゃないじゃないですか」ニコニコ

かすみ「あの時は、その・・・・・・」アセアセ

せつ菜「ああ! かすみさんを責めたいワケではありませんよ!」
「私達は、あの時のように和解する事もできるハズです!」

かすみ「・・・・・・そうですね」



99: 名無しで叶える物語 2021/09/06(月) 00:09:38.53 ID:ZG17rbqr0.net

せつ菜「それでは、さっそく次の日曜日に行きましょう!」

しずく「その前に・・・・・・」チラッ

かすみ「かすみんも、その、ムキになってすみませんでした」ペコリ

せつ菜「目玉焼きって、そのまま食べるとあまり味がしないですよね」

かすみ「それが素材の味ですよ」チラッ

せつ菜「はい。かすみさんの言う通り、より醤油味を感じられるようになりました」

かすみ「・・・・・・かすみんも帰ったらお醤油かけてみます」ボソッ

せつ菜「はい!!」ペカー

 
しずく「はぁー、まったく」フッ

璃奈「しずくちゃんは何かけるのが好き?」

しずく「うーん、私は塩かな。璃奈さんは?」

璃奈「オーロラソース(にっこりん)」

しずく「・・・・・・みんな違うのが私達だよね」

 
”自分の気持ち、相手の気持ち”おわり



105: >>33 ”宮下愛の弱点” 2021/09/06(月) 22:37:42.67 ID:ZG17rbqr0.net

かすみ「愛先輩って無敵ですか?」

愛「んー? いきなりどーしたん?」

かすみ「だってぇ、勉強も運動もできるじゃないですか」

愛「あははは。アタシなんて好きでやってるだけだから全然すごくないって」

かすみ「はあーあー」

愛「ホントどーしたん? 悩み事なら聞くよー」

かすみ「いえ、愛先輩には22点とってしまう人の気持ちなんてわからないですよ」

愛「うーん、とりま授業聞いて宿題やってたらなんとかなる! なるようになる!」

かすみ「それが出来れば苦労しませんよ!」ガタッ

愛「それなら愛さんが勉強みてあげよっか」ニコニコ

かすみ「いいんですか?」

愛「良いも悪いもないって」
「可愛い後輩の為に頑張るのが先輩っしょ」キリッ

かすみ「ありがとうございます!」ペコリ



106: 名無しで叶える物語 2021/09/06(月) 22:45:15.24 ID:ZG17rbqr0.net

愛「かすかす、いつ空いてる?」ポチポチ

かすみ「かすみんです!」
「そうですね。今週末の午後からとかどうですか?」

愛「あー、ごめん。その日はバスケ部の助っ人だわ」

かすみ「えーと、その次の日の日曜日でもいいですけど」

愛「ごめん! その日は店番頼まれてるんだよねー」アセアセ

かすみ「それなら来週の土曜日とか」

愛「ごめん!」

かすみ「その次の日曜日は」

愛「無理!」

かすみ「あの、いつなら空いてるますか?」

愛「あっ! 明後日の夜なら朝まで空いてるっぽい!」

かすみ「明後日って平日ですよ?」

愛「え? それがどーかした?」キョトン

かすみ「・・・・・・え?」キョトン



107: 名無しで叶える物語 2021/09/06(月) 22:52:37.98 ID:ZG17rbqr0.net


─夜・かすみの部屋─

かすみ「まさか泊りがけで教えてもらえるなんて思いもしませんでした」

愛「ごめんごめん。ホントはもっとゆっくり教えてあげたいんだけどね」

かすみ「ホントですよ。あんな予定をこなせるなんて、本当に完璧超人なんですから」

愛「あははは。愛さんにも弱点くらいあるって」

かすみ「・・・・・・どこですかぁ?」ジーッ

愛「簡単に教えるワケないっしょ」ニヤリ

かすみ「むぅ、それもそうですね」

愛「さっ! そろそろ寝よっか」

かすみ「もうですか?」

愛「なに言ってんの? 早起きして勉強する為だかんね」

かすみ「・・・・・・そうですねっ。頑張りますよぉー!」

愛「さっ」

ポンポン

かすみ「??」



108: 名無しで叶える物語 2021/09/06(月) 22:58:50.01 ID:ZG17rbqr0.net

愛「なにしてんの、早く来なよ」

かすみ「いやいやいや、かすみんはお布団で寝ますからいいですよ」モジモジ

愛「このベッド大きいから2人くらいよゆーだって」

かすみ「そういう問題じゃありません!」///

愛「こーゆー時間がもったいないんだってば。ほら!」

グイッ

かすみ「きゃあっ?!」

ボフン

愛「はい、おやすみー」

かすみ「もぅ・・・・・・」///

~~~

スヤスヤ

かすみ(って寝れるかーっ!)



109: 名無しで叶える物語 2021/09/06(月) 23:06:03.45 ID:ZG17rbqr0.net

愛「んっ」スヤスヤ

かすみ「!!」ドキドキ
(勉強も運動もできて、可愛いかすみんをこんなにもドキドキさせちゃうなんてどこまで完璧なんですか。もう)

かすみ(水でも飲んで落ち着いたら眠れるかな)

ギュッ

愛「おねえ、ちゃん」ボソッ

かすみ「・・・・・・」ニヤァ

愛「いかない、で」

かすみ「お姉ちゃんはどこにも行きませんよぉ」ドキドキ

愛「・・・・・・ぅん」

ギュッ

ピロリン

───
──




110: 名無しで叶える物語 2021/09/06(月) 23:12:19.75 ID:ZG17rbqr0.net


─翌日・放課後─

かすみ「愛せんぱぁ~い♪」ニマニマ

愛「ちぃーす、今朝振りー」

かすみ「昨日はありがとうございました」ペコリ

愛「また分からない所とかあったらいつでも言ってね」

かすみ「はい!」
「それでですね、お礼も兼ねて見てもらいたいものがあるんですが」

愛「なになに?」

かすみ「これなんですけどぉ」ニヤリ

ポチッ

愛『おねえちゃん・・・・・・』ボソッ

愛『いか、ない、で』キュッ

 
愛「な、な、なっ!」プルプル

かすみ「あぁー♪ 何度見ても可愛いですねぇ」



113: 名無しで叶える物語 2021/09/06(月) 23:17:19.34 ID:ZG17rbqr0.net

愛「なにこれ! なに勝手に撮ってんの!」///

かすみ「えー、お姉ちゃんにそんなこと言っていいんですかぁ?」ニヤリ

愛「かすかすの事はお姉ちゃんだと思ってないって!」

かすみ「お姉ちゃ・・・・・・かすみんです!」

愛「とにかく消してよ!」

かすみ「そうですねぇ。かすみんの事もう一度お姉ちゃんって呼んでくれたら消してあげますよ」ニヤリ

愛「・・・・・・約束だかんね」///

かすみ「はぁーい♪」
(あの愛先輩が恥ずかしがってるなんて・・・・・・くふふ)

 
愛「か、かすみ、お姉ちゃん」モジモジ

かすみ「♡♡」



114: 名無しで叶える物語 2021/09/06(月) 23:23:22.22 ID:ZG17rbqr0.net

愛「はい! これでいーっしょ!」///

ポチポチ

かすみ「はい。消しましたよ」

愛「ほっ」

かすみ(なーんて、バックアップもあるかすみんに隙はありません)

愛「さーて、イタズラ好きの妹にお説教してあげないとねー」ニヤニヤ

かすみ「え?」キョトン

愛「捕まえた!」ガシッ

かすみ「お、お姉ちゃんなら、その、優しくしてくれますよねぇ?」

愛「・・・・・・」ニコニコ

 
「きゃああああっ!?」

 
”宮下愛の弱点”おわり



115: 名無しで叶える物語 2021/09/06(月) 23:28:11.20 ID:ZG17rbqr0.net

おまけ

─夜・かすみの部屋─

かすみ「くふふ。お姉ちゃんを辱めた罰を受けてもらいますよ」

カチッカチッ

かすみ(あれ?)

カチッカチッカチッ

かすみ「ない! ない!」
(たしかこのフォルダに入れたハズなのに!)

かすみ(ん? こんなファイルあったっけ?)ジーッ

 
”イタズラもほどほどに。天王寺璃奈.txt”

 
かすみ「えっ・・・・・・え?」ポカン

おわり



122: >>34 ”かわいいの向こう側” 2021/09/07(火) 22:55:05.08 ID:Lb5lrh650.net

 
─休日・かすみの部屋─

パッ

パッ

かすみ「うーん」
(これも違う、これもパッとしない)

かすみ「あー! 全然決まらなーい!」

持っていた洋服を放り投げ、下着姿のままベッドに寝転がった。

かすみ「はぁー。どうすればもっと可愛くなれるのかなぁ」

Trrrrrr

かすみ「もしもし、りな子? どうしたのー?」

璃奈『今どのあたりにいるの?』

かすみ「どこって、い──」チラッ

13時05分

璃奈『い?』

かすみ「い、い、今すぐ着く、かなぁ」

璃奈『もう来てるの?』

かすみ「う、ううん。まだ、まだだけどもうすぐ着くから!」

璃奈『分かった。気を付けて』

かすみ「・・・・・・ありがとっ」

ピッ

かすみ「あああっ! 大遅刻だよ~」

床に散らかっている洋服を拾い集め、姿鏡の前で適当に合わせる。

かすみ「これでいい! よし! 今日もかすみんは可愛いっ」

ドタバタドタバタ

かすみ「いってきまーす!」



123: 名無しで叶える物語 2021/09/07(火) 23:03:54.19 ID:Lb5lrh650.net


─待ち合わせ場所─

かすみ「りな子ぉ、遅れて、ごめん、ね」ハァハァ

璃奈「ううん。気にしないで」ジーッ

かすみ「ちょっと、ちょっとね、いろいろあってね」アセアセ

璃奈「そう」ジーッ

かすみ「りな子?」

璃奈「今日のかすみちゃん、いつもと違う気がする(ドキドキ)」

かすみ「えっ! ホントぉ?」パアァ

璃奈「うん」

かすみ「どう? どう? いつものかすみんより可愛い?」

その場で回ってみせる。白のミニワンピの裾が綺麗に翻った。

璃奈「いつもよりも」

かすみ「うんうん♪」

璃奈「エッチ」

かすみ「・・・・・・ん?」

璃奈「肩も脚も丸見え」ジーッ

かすみ「もっ、もう! 変な言い方しないでっ」モジモジ

璃奈「裾の方がちょっと透けてる気がする」

かすみ「レースだから!」

璃奈「でも可愛い」

かすみ「そ、そう?」

璃奈「うん。だから早く映画館いこ」

かすみ「もぉ~、真っ暗の場所だと可愛いかすみんが見えなくなっちゃうよっ」モジモジ



124: 名無しで叶える物語 2021/09/07(火) 23:10:09.50 ID:Lb5lrh650.net


─夜・かすみの部屋─

かすみ「うーん、セクシーなかすみんも可愛い・・・・・・?」

───
──


─翌日・放課後─

かすみ「・・・・・・」ドキドキ

愛「お! その恰好どーしたん?」

かすみ「今日のかすみん、ど、どうですか?」モジモジ

愛「どうって言われても、かすかすは今日もかすかすとしか・・・・・・」

かすみ「もういいです!」プイッ

愛「あっ! いつもの練習着じゃないじゃん!」

かすみ「えへへ、実はですねぇ」モジモジ

愛「あははは。洗うの忘れてたの?」

かすみ「違います!」
「今日のかすみんはいつもよりも可愛いですよね?」



125: 名無しで叶える物語 2021/09/07(火) 23:21:24.72 ID:Lb5lrh650.net

愛「うーん」

かすみ「も、もしかして、可愛くない、ですか?」シュン

愛「可愛いというよりもエロいよね」

かすみ「・・・・・・」

愛「アタシと果林みたいに胸元見せてて、おへそも出て・・・・・・あっ」
「もしかしてアタシらを参考にしてたり?」

かすみ「そ、そうですっ。セクシーなかすみんも可愛いですよね?」

愛「うん。可愛い可愛い」ナデナデ

かすみ「でへへ」

愛「かりーん!」

果林「どうしたの? もうすぐ練習始まるわよ」

愛「見て見て! かすみんがアタシらのマネしてくれたんだよ」

かすみ「も、もう。そんなに言われると恥ずかしいですよ」///

果林「あら、可愛らしいわね」

かすみ「果林先輩まで・・・・・・」///



126: 名無しで叶える物語 2021/09/07(火) 23:29:22.79 ID:Lb5lrh650.net

果林「でも大丈夫?」

かすみ「なにがですか?」キョトン

果林「そんなTシャツだけじゃ、練習中に見えちゃうんじゃない?」クイッ

かすみ「見えるって、なにが・・・・・・!!」///

愛「あー、かすみんのそれ1枚しか着てない感じ?」アセアセ

かすみ「は、はい。今日も暑くなるみたいだったので」

果林「ダメよ。私達みたいにスポーツインナー着てないと」

 
「みんな揃ったので練習始めますよー!」

 
かすみ「あの、私はどうすれば」アセアセ

愛「うーん、屈まないようにするとか?」

かすみ「今日はダンス練習だから無理ですよ!」

果林「ジャンプしたりするのも危ないわよね・・・・・・見学にしておく?」
「みんなには、私から適当に話しておくわよ」

かすみ「そんなのダメです。サボりはよくありませんから」

愛「でもどーするん?」

かすみ「きっと大丈夫ですよ。いつもと違うかすみんに見とれて、変な所なんかに目が向きません!」フフン

愛「まあ、かすみんがそーいうならアタシは止めないけどさー」

果林「そうね。気になるようならいつでも言ってね」

かすみ「はぁ~い」



128: 名無しで叶える物語 2021/09/07(火) 23:41:53.24 ID:Lb5lrh650.net

 
─練習後─

しずく「かすみさん、ちょっといい?」モジモジ

かすみ「しず子?」

しずく「今日のかすみさん、いつもと違うけど・・・・・・」チラッ

かすみ「ふふーん。しず子もかすみんの魅力に気付いちゃった?」

しずく「なにかあったの?」

かすみ「へ? なにもないけど?」キョトン

しずく「そんなの嘘ッ!」

かすみ「し、しず子? 急にどうしたの」

しずく「相談なら乗るから私になんでも話して!」ズイッ

かすみ「さっきからなに言ってるの?」

しずく「急に破廉恥な恰好に目覚めるなんて・・・・・・はっ! もしかして!」

かすみ「もう! かすみんの話きいて!」

しずく「ママ活、してるの?」ウルウル

かすみ「ママ、なに?」

璃奈「ママ活。大人の女性と一緒に食事やデートをして報酬を得る事」
「性交渉を持ちかけられる事も多く、犯罪に巻き込まれる女子高生が後を絶たない」



129: 名無しで叶える物語 2021/09/07(火) 23:52:08.42 ID:Lb5lrh650.net

かすみ「そんな事してません!」ムスッ

しずく「本当? 本当に私の知ってる綺麗なかすみさん?」

かすみ「そうだよ。しず子の知ってるピュアピュアで可愛いかすみんだよっ」

果林「かすみちゃんはね、私達みたいにセクシーになりたいのよね」

かすみ「もっと可愛くなる為ですよ。別に果林先輩を目指してるワケじゃ・・・・・・」モジモジ

果林「そうやって照れるところも可愛いわよ」

しずく「かすみさん!」

ガシッ

かすみ「今度はなに?」ジトー

しずく「私はいつものかすみさんが好きだよ」キリッ

かすみ「・・・・・・ホント?」チラッ

しずく「うん」ジーッ

かすみ「しょ、しょうがないな~」テレテレ
「しず子がそこまで言うなら元のかすみんに戻ってあげる」

果林「ふふっ」

 
”かわいいの向こう側”おわり



135: >>35 ”かすみん争奪戦” 2021/09/08(水) 22:50:13.79 ID:fnBqpN1P0.net


─コッペパン同好会部室─

部長「前部長達が作った中須かすみ不可侵条約を撤廃します!」バンッ

ザワザワザワ

部員「つまり・・・・・・?」

部長「かすみちゃんとお友達になるも良し!」

ザワッ

部長「かすみちゃんと手を繋いでも良し!」

ザワッ

部長「かすみちゃんに抱きついても良し!」

部員「それだと暴走する輩が現れるのでは?」

部長「もちろん、かすみちゃんに危害が加わるような事があれば、これまで通り、同胞達による粛清を行います」

コペ子「待ってください!」
「かすみんはスクールアイドルです。アイドルとファンがイベント以外で接触するのは良くないのではありませんか?」

部長「かすみちゃんは、スクールアイドルである前に虹ヶ咲学園の生徒です」
「生徒同士が友達になる事になにか問題でもありますか?」

コペ子「それは・・・・・・」

部長「以上で今月の会議は終了します。解散」

コペ子「・・・・・・」シュン



136: 名無しで叶える物語 2021/09/08(水) 22:59:11.56 ID:fnBqpN1P0.net

─廊下─

コペ子「かすみん・・・・・・」
(この1年でかすみんにすごくファンが増えた事は嬉しいけど、条約が無くなっちゃったらかすみんが誰かに盗られちゃう)

かすみ「あっ、コペ子ぉー。どうしたの?」

コペ子「かっ、かすみん!?」

かすみ「はぁ~い♪ 可愛い可愛いかすみんだよ~」

コペ子「かわいい・・・・・・」ボソッ

かすみ「え? なに?」

コペ子「うっ、ううん! なんでもないよ」モジモジ

かすみ「コペ子もかすみんみたいに自信持ちなよー」

コペ子「私が、自信?」

かすみ「コペ子だって可愛いんだから」ニコニコ

コペ子「ないないない! 私なんか全然可愛くないよ!」

かすみ「えー、そうかなぁ?」



137: 名無しで叶える物語 2021/09/08(水) 23:09:35.73 ID:fnBqpN1P0.net

コペ子「私よりかすみんの方が、その、可愛い、よ」

かすみ「ふふーん。まあ、かすみんには敵わないよねぇ」

コペ子「かすみんは、すごく可愛くて、みんなに人気があって、私なんていなくても・・・・・・」

かすみ「えー、それは違うと思うなぁ」

コペ子「え? かすみんのファンたくさんいるよ?」

かすみ「たくさんファンがいるからって、コペ子が居なくなったら悲しいな・・・・・・」シュン

コペ子「え、え、えっ?!」///

かすみ「かすみんのファンは1人でも減っちゃダメなんだからね」ニコニコ

コペ子「そう、だよね」アセアセ
(かすみんにとって、私はただのファンだよね)

かすみ「どうしたの? 元気ない?」

コペ子「う、ううん。大丈夫だよ」



138: 名無しで叶える物語 2021/09/08(水) 23:15:54.49 ID:fnBqpN1P0.net

かすみ「あっ、そうだ」
「かすみんの握手会に来たら、コペ子もきっと元気になれるよっ」

コペ子「握手会ッ?!」

かすみ「うん♪」

コペ子「するの?!」

かすみ「あっ、これまだオフレコだから誰にも言っちゃダメだよっ」

コペ子(接触イベント+押し寄せるファン=さらに霞む私)

コペ子「はぁー」

かすみ「あれ? どうしたの?」

コペ子「うわああああっ」

タッタッタッ

かすみ「コペ子?」



139: 名無しで叶える物語 2021/09/08(水) 23:23:01.43 ID:fnBqpN1P0.net


─握手会当日─

侑「コペ子ちゃーん!」

コペ子「あっ、お、おはようございます」ペコリ

侑「おはよう。休日なのに朝早くから来てもらってごめんね」

コペ子「ぜ、全然大丈夫です! それよりも私に用事ってなんですか?」

侑「あっ、用があるのは私じゃなくてかすみちゃんだよ」

コペ子「えっ」
(かすみんが私に・・・・・・?)

~~~

コペ子「えーっ!? 私がスタッフですか?!」

かすみ「急用で1人来られなくなっちゃったんですよね?」

侑「そうなんだよー。休みだから誰も捕まらなくて困ってるんだよね」

コペ子「で、でも、私、なにもできませんよ?」

かすみ「大丈夫だよ。これ持って立ってるだけでオッケー」

侑「はい」スッ

”中須かすみ列 最後尾はこちら↓”

コペ子「それくらいなら・・・・・・」

かすみ「よろしくねっ、コペ子♪」

コペ子「うん!」パアァ
(私でもかすみんの役に立てる!)



141: 名無しで叶える物語 2021/09/08(水) 23:28:34.46 ID:fnBqpN1P0.net

 
─握手会中─

コペ子「かすみんの列はこちらでーす! 間隔を開けずに1列に並んでくださーい!」

ファンA「私、かすみんと握手するの初めてなんだー」

ファンB「私も! 私も!」キャッキャッ

ドンッ

コペ子「きゃっ」

ファンA「あっ、ごめんなさい」

ファンB「すみません」ペコリ

コペ子「大丈夫ですよ。並んでる時は静かに待っていてくださいね」

「はーい」

コペ子(すごい。みんなたくさん握手券持ってる・・・・・・)チラッチラッ
(私みたいなのが2、3枚持って並んでたら恥ずかしかったかも)アセアセ

 
ファンC「かすみんマジ神対応だった! ちょっともう1回買ってくる!」

ファンD「ほどほどにしておきなよ」

 
コペ子「かすみん・・・・・・」シュン

───
──




142: 名無しで叶える物語 2021/09/08(水) 23:35:10.82 ID:fnBqpN1P0.net


─握手会終了後─

侑「みんなお疲れさま!」

 
かすみ「コペ子もお疲れさまっ。大変だったよね?」

コペ子「ううん。かすみんの手伝いができて楽しかったよ」

かすみ「そんなコペ子にプレゼントがあります」ゴソゴソ

コペ子「私に?」

かすみ「はい! スクールアイドル同好会のスタッフTシャツ~」

コペ子「貰って、いいの?」

かすみ「もちろん!」

コペ子「わぁ~! ありがとう、かすみん!」

かすみ「世界に1枚だけの特別なTシャツだから大切にしてね」

コペ子「1枚だけ?」チラッ

 
侑「お疲れさま」

「侑ちゃんもお疲れさま」

 
かすみ「広げてみて」

バサッ

コペ子「こ、ここ、これって!」



143: 名無しで叶える物語 2021/09/08(水) 23:40:13.19 ID:fnBqpN1P0.net

”かすみんの事、ずっと好きでいてね♡ (サイン)”

かすみ「価値があるからって売っちゃったら怒っちゃうんだからね」

コペ子「ありがとう! 絶対大切にする!」

ギュッ

かすみ「お、おぉ。積極的なコペ子なんて珍しー」

コペ子「あっ! ご、ごめん! 急に抱きついたりして──」

かすみ「えいっ」

ギュッ

コペ子「かすみん?!」///

かすみ「大汗かきながら、ずっと大声で呼び込みもしてくれてたコペ子、すっごくカッコ良かったよ」ボソッ

コペ子「~~~ッ!!」///

かすみ「ありがとっ」ボソッ

コペ子「か、すみん、それ、ヤバイ、よ」ゾクゾク

パッ

コペ子「はぁ、はぁ、はぁ」///



144: 名無しで叶える物語 2021/09/08(水) 23:45:03.87 ID:fnBqpN1P0.net

かすみ「はい。手を出してくださーい」

コペ子「え? こ、こう?」スッ

ギュッ

かすみ「ありがとうございますっ。これからも、かすみんの事たくさん応援してくださいね♪」

コペ子「あっ! 握手券持ってない!」アセアセ

かすみ「待って」プルプル

かすみが包み込んでくれている右手には、小刻みな震えがかすかに伝ってきていた。

コペ子「かすみん?」

かすみ「かすみんの握手会、最後までちゃんとやりたいから」

コペ子「・・・・・・私、これからもたくさん応援するからね」ギュッ

かすみ「えへへ、ありがとっ」

コペ子「他の子なんかに負けないからね!」

かすみ「他の子?」キョトン

 
”中須かすみ争奪戦 おわり”



150: >>37 ”くすぐりコミュニケーション” 2021/09/09(木) 22:45:10.17 ID:GmNnRdnt0.net

しずく「かすみさんって、くすぐられるのに弱そう」ボソッ

かすみ「・・・・・・」ススッ

しずく「どうして離れたの?」キョトン

かすみ「かすみんの脇腹はヤラせないからね!」ガバッ

しずく「なにもしないよ」

かすみ「ホントぉ~?」ジトー

しずく「璃奈さんも弱そうだけど、どう?」チラッ

璃奈「わからない」

かすみ「もしかしてされた事ないの?」

璃奈「うん(ワクワク)」

しずく「あれ? してほしい?」

璃奈「ちょっとだけ興味ある(ぽぽぽ)」
「でも、初めてだから怖くもある」

しずく「そうだね。かすみさんでやってみるからよく見ておいて」

かすみ「なんで?!」

しずく「璃奈さんの為だから」

璃奈「(キラキラ)」

かすみ「ぐぬぬ!」



151: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 22:51:14.37 ID:GmNnRdnt0.net

しずく「ほらほら、早く覚悟決めて」

かすみ「待って! 待って! 近付かないで!」

後退るが、すぐに壁にぶつかってしまった。

しずく「うふふ、かすみさん、かすみさん」ウットリ

かすみ「り、りな子ぉ、助けてぇ~」ウルウル

璃奈「そんなに怖いの?(ゾゾゾッ)」ビクビク

かすみ「しず子にされるのが嫌なの!」

しずく「えぇ・・・・・・」シュン

かすみ「しず子の目、ちょっとだけ怖いんだもん」チラッ

璃奈「・・・・・・」ジーッ

しずく「怖くないよねぇ?」ニコニコ

璃奈「・・・・・・」フイッ

しずく「怖くないって」

かすみ「目逸らしてるじゃん! 怖がってるじゃん!」

しずく「隙あり!」

ガバッ

かすみ「きゃああー・・・・・・あれ?」

しずく「脇腹がダメなら足裏だよ」ニマニマ

コチョコチョ



152: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 22:57:14.23 ID:GmNnRdnt0.net

かすみ「・・・・・・」

しずく「あれ?」コチョコチョ

璃奈「こそばゆくない?」

かすみ「へへーん♪ 足裏は平気だもんねー」

しずく「角質で厚いから?」

スンスン

かすみ「ぎゃあああああっ!?」///

ビュン

しずく「へぶっ?!」

バタン

璃奈「・・・・・・」ビクビク

かすみ「はぁはぁはぁ」///

しずく「かすみさん、痛いです・・・・・・」スリスリ

かすみ「なっ、なっ、なにしてんの!!」///

しずく「角質溜まってたら大変だよ?」

かすみ「ちゃんとお手入れしてるから大丈夫です!」ムスッ

しずく「じゃあ、次は璃奈さんの・・・・・・」チラッ

 
璃奈「かすみちゃん、助けて」ビクビク

かすみ「ねー、しず子怖いよねー」ナデナデ

璃奈「・・・・・・うん」



153: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 23:03:33.50 ID:GmNnRdnt0.net

しずく「そんな・・・・・・璃奈さんまで・・・・・・」

かすみ「いきなり足の臭い嗅いでくる人なんて歩夢先輩でもドン引きだよ」

しずく「私の地元では普通だったのにな」

かすみ「それが本当ならもっと怖いから」ハァ
「りな子にはかすみんがやるから、しず子はそこで見てて」

璃奈「・・・・・・え?」ビクッ

しずく「はーい」

璃奈「する、の?(ゾゾゾッ)」

かすみ「されてみたいんだよね?」

璃奈「優しく、してくれる?(ブルブル)」

かすみ「りな子ってば、くすぐられるだけで大袈裟すぎー」ニコニコ

璃奈「じゃあ・・・・・・お願いします(ドキドキ)」

かすみ「脇腹いくよー」

コチョコチョ

璃奈「ふっ・・・・・・」

かすみ「おっ! いいよいいよー」ニマニマ

璃奈「ふっ、ふふ、あはは、ははははははっ」

かすみ「怖ッ?!」

璃奈「・・・・・・」シュン

かすみ「あっ、ご、ごめん」
「でも、ほら、真顔のままだったから」アセアセ



155: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 23:10:12.90 ID:GmNnRdnt0.net

璃奈「ごめんなさい」

かすみ「謝らないでよ・・・・・・」シュン

しずく「私のテクなら璃奈さんも満面の笑みだよ」ニッコリ

璃奈「ごめんなさい」ペコリ

しずく「・・・・・・どうして謝るの?」

かすみ「でもでも、続けていけばりな子の表情筋に良いんじゃない?」

しずく「百理ある」

璃奈「私、笑える?(にっこりん)」

かすみ「やってみないとわからないけど、かすみんはできると思う」

しずく「愛さんも歌ってるもんね」
「楽しいから笑うんじゃない、笑うから楽しいんだ、って」

かすみ「しず子はりな子をくすぐりたいだけじゃないのぉ?」ジトー

しずく「いえ、璃奈さんの笑顔を見てみたいなって思っただけだよ」

かすみ「わかる」

璃奈「頑張る(ふんす)」

~~~



156: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 23:15:35.00 ID:GmNnRdnt0.net

かすみ「それじゃあ、しず子が脇腹で、かすみんが内股ね」

しずく「限界になったら言ってね」

璃奈「う、うん」ドキドキ

かすみ「いくよー」

コチョコチョ

璃奈「ふっ、ふふ」

しずく「さっきより反応が鈍いような」

コチョコチョ

璃奈「慣れてきたのかもしれない」

かすみ「えーっ、もう?」

しずく「強くしてみる?」

璃奈「・・・・・・少しだけ」ドキドキ

しずく「ふふっ」

コチョコチョ

璃奈「ふふふっ」

しずく「璃奈さん、素直に笑ってしまいましょう」

コチョコチョ

璃奈「あはは、はははは」



157: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 23:21:41.59 ID:GmNnRdnt0.net

かすみ「かすみんだって負けません!」
(もっと攻めてりな子を笑わせてあげないと)

コチョコチョ フニッ

かすみ「あっ」

璃奈「んっ♡」ピクッ

しずく「かすみさん、最低です」ジトー

かすみ「違う! 事故! 事故だよ!」///

璃奈「はぁ、はぁ」

かすみ「りな子! ごめんねっ」アセアセ

璃奈「私なら大丈夫」

かすみ「りな子ぉ」ウルウル

璃奈「でも、次からは足裏にしてほしい(テレテレ)」

かすみ「・・・・・・はい」

~~~



158: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 23:28:52.13 ID:GmNnRdnt0.net

しずく「今日はこのあたりにしておきましょうか」

璃奈「はぁ、はぁ、はぁ」グッタリ

かすみ「くすぐるのも疲れるね」グッタリ

しずく「・・・・・・」ソロリソロリ

かすみの背後から忍び寄り──

しずく「えいっ」ガシッ

かすみ「きゃっ」ビクッ

その脇腹を捉えた。

かすみ「待って! 待って! タイム!」

しずく「逃がさないよ!」

コチョコチョ

かすみ「ふふ、んふふ」

しずく「ほらほら、素直になって楽になりましょう」ニマニマ

かすみ「しず子、には、負け、ません」

しずく「いつまで耐えるつもり?」

グッ

コチョコチョコチョ

かすみ「くふふふ、あはははは」

しずく「ほらほら、もっと笑っちゃいましょう」

───
──




159: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 23:34:49.73 ID:GmNnRdnt0.net

かすみ「・・・・・・」グッタリ

しずく「か、かすみさん?」
(やり過ぎた・・・・・・)

璃奈「大丈夫?」

しずく「暗くなる前に帰らないといけませんよ」ペチペチ

璃奈「私しかいないから泊まってもいいよ」

しずく「・・・・・・かすみさんが起きなかったらお願いするね」アセアセ

璃奈「もしかして気絶してる?」

しずく「あ、はは・・・・・・たぶん」

璃奈「・・・・・・」ススッ

しずく「・・・・・・ごめんなさい」ペコリ

 
”くすぐりコミュニケーション”おわり



160: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 23:40:36.66 ID:GmNnRdnt0.net

おまけ

かすみ「しず子、サイテー」ムスッ

しずく「もう、だからずっと謝ってるでしょ」

かすみ「謝って済む問題じゃないって。りな子もそう思うよね?」

璃奈「かすみちゃん、死んじゃったかと思った(ゾゾゾッ)」

かすみ「りな子ぉ」ギュッ

しずく「な、なにすれば許してくれますか?」

かすみ「・・・・・・」ジトー

しずく「なんでもするよ!」アセアセ

かすみ「りな子ぉ、今の聞いた?」ニヤリ

璃奈「録音した(にっこりん)」

かすみ「じゃあ、2人でしず子をくすぐろっか」ニコニコ

しずく「うっ、受けますよ」ドキドキ



161: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 23:46:39.01 ID:GmNnRdnt0.net

璃奈「これ使っていい?」スッ

璃奈は毛筆を取り出した。

かすみ「あ~ん、りな子ってば天才じゃーん♪」

しずく「・・・・・・」ドキドキ

かすみ「じゃあ、かすみんはこれにするね」

かすみは刷毛を取り出した。

 
─ベッド─

しずく「あのー、かすみさん?」ジャラ

かすみ「ん? なーに?」

しずく「悪い事したと思ってる。思ってるけど、ここまでする?」

かすみ「こうやって大の字に縛った方がくすぐりやすいんだもん」

しずく「・・・・・・いいよ。これでかすみさんが許してくれるなら」

かすみ「りな子、準備いい?」

璃奈「問題なし(ぶいぶいっ)」



162: 名無しで叶える物語 2021/09/09(木) 23:52:16.83 ID:GmNnRdnt0.net

しずく「あっ、待って」

かすみ「待てませーん」

しずく「本当にまずくなったら止めてくれるよね?」アセアセ

かすみ「かすみんも言ったよね」ボソッ

しずく「・・・・・・」

かすみ「何回も、何回も。もう限界だから止めてって」ジトー

しずく「・・・・・・はい」

かすみ「じゃあ、始めよっか」

璃奈「おー」

 
おわり



169: >>29 ”A・ZU・NAYN” リテイク 2021/09/10(金) 23:00:35.16 ID:Rc2fEMkI0.net


─かすみの家─

かすみ「預かってほしい?」

璃奈「うん。かすみちゃんにしか頼れなくて(ズーン)」

かすみ「猫ちゃん?」チラッ

璃奈「そう。3人」

かすみ「うーん」

璃奈「お願いします」ペコリ

かすみ「そこまで言うなら──」

璃奈「ありがとうっ。本当に、本当にありがとう」

かすみ「あっでも、明日までだよ?」
「明日の夕方には絶対に引き取りに来てくれる?」

璃奈「それでいい。約束する」

かすみ「それと、猫ちゃんって大人しい子?」

璃奈「うん。猫は大人しいよ」

かすみ「わかった」

璃奈「餌とか説明書は、この段ボールに全部入ってる。よろしく」

タッタッタッ

かすみ「あっ! もう少しゆっくりしていけばいいのに」

「にゃー」

かすみ「はいはーい。それじゃあ、かすみんの部屋に行きましょうね」



170: >>29 ”A・ZU・NAYN” リテイク 2021/09/10(金) 23:07:29.99 ID:Rc2fEMkI0.net

 
─かすみの部屋─

ドサッ

かすみ「ふぅ。運ぶだけでも大変ですね」

「にゃあ」

かすみ「あー、はいはい。すぐに出してあげるからねー」

中型のキャリケースの1つを開けた。

ガチャ

アユム「こんにちにゃー」ペコリ

かすみ「こ、こちらこそ」
「礼儀正しい子ですね」

アユム「えへへ」トコトコ

ガチャ

シズク「にゃあ」ペコリ

かすみ「こんにちは」

シズク「にゃあ」トコトコ

かすみ(まだ気を許してくれないのかな)

ガタガタガタ

かすみ「!!」
「このケースだけ大きいけど大丈夫・・・・・・だよね?」

ガチャ



171: 名無しで叶える物語 2021/09/10(金) 23:13:51.26 ID:Rc2fEMkI0.net

セツナ「くんくんくん」

かすみ「・・・・・・あれ?」

セツナ「こんにちわん!!」

かすみ「・・・・・・あれ?」

ダッダッダッ

セツナ「知らない臭いがいっぱいです! 楽しいですね! わん!」

かすみ「あああ、そんなに走り回っちゃダメですよっ」

セツナ「・・・・・・誰ですか?」チラッ

かすみ「えーっと、今日1日だけお世話を頼まれたかすみんだよ」

セツナ「そうですか。遊んでください! わん!」トコトコ

かすみ「え、えーと、セツナちゃんが部屋で遊ぶのはちょっと・・・・・・」

セツナ「それではあなた! 遊んでください! わん!」クンクン

アユム「きゃああっ! 追いかけて来ないでっ」タッタッタッ

セツナ「追いかけっこですね! わんわん!」ダッダッダッ

かすみ「あ、ああああ」

シズク「・・・・・・」ジーッ



173: 名無しで叶える物語 2021/09/10(金) 23:25:13.66 ID:Rc2fEMkI0.net

かすみ「もしもし? りな子? 1人だけ全然大人しくないんだけど!」

璃奈『猫は大人しいよ』

かすみ「犬が混じってるんだけど!」

璃奈『その子は、うん、ちょっと大変かもしれない』

かすみ「もう!」

璃奈『ごめん。でも、優しいかすみちゃんなら大丈夫だと思う』

かすみ「もう・・・・・・」

璃奈『箱の中にいつも遊んでるボールが入ってるから、投げてあげると喜ぶよ』

かすみ「はーい」

璃奈『ごめん。もう切るね』

かすみ「じゃあ、また明日ね」

璃奈『うん。お願い』

ピッ



175: 名無しで叶える物語 2021/09/10(金) 23:32:28.90 ID:Rc2fEMkI0.net

セツナ「あれ? もう終わりですか?」

アユム(ここまでは登って来ないよね)ホッ

セツナ「わんわん」

シズク「にゃあ」

セツナ「あっ! 遊んでください!」

シズク「いいですにゃあ」

チリンチリン

ダッダッダッ

セツナ「捕まえました!」

ガシッ

シズク「捕まりましたにゃあ」

セツナ「捕まえました! わん!」ハムハム

シズク「痛ッ」

セツナ「もっと遊んでください!」ハムハム

シズク「痛いって言ってるにゃあ!」

ベシッ

セツナ「わん?!」ビクッ



176: 名無しで叶える物語 2021/09/10(金) 23:37:12.86 ID:Rc2fEMkI0.net

シズク「痛いって言ってるんですからすぐに離してくださいにゃあ」ムスッ

セツナ「わん・・・・・・」

シズク「私はあっちで日向ぼっこでもしますにゃあ」トコトコ

セツナ「・・・・・・」トコトコ

シズク「付いて来にゃいで」チラッ

セツナ「・・・・・・」シュン

ガチャ

かすみ「ただいま戻りましたよー」

セツナ「わん・・・・・・」ウロウロ

かすみ「元気無いですね。なにかあったんですか?」

セツナ「うぉーん」ウロウロ

かすみ「しょうがないですね。かすみんが遊んであげますよ」ゴソゴソ

セツナ「!!」

かすみはボロボロになったボールを取り出した。

かすみ「これが好きなんですよね?」

セツナ「わん! わん!」



177: 名無しで叶える物語 2021/09/10(金) 23:43:30.71 ID:Rc2fEMkI0.net

かすみ「わわっ。かすみんに飛びつこうとしないでください」
「ダメ! ですよ」ムスッ

セツナ「わんわん!」

かすみ「そんなに尻尾を振るなんて、よほど好きなんですね」
(猫ちゃんは大人しいから、放っておいても大丈夫そうかな)

かすみ「外に行きましょー」

セツナ「わん!!」

バタン

アユム「にゃぁー」

シズク「そこ、変わってくれませんかにゃ?」

アユム「・・・・・・にゃ。ここが一番暖かいもん」フイッ

シズク「じゃあここでいいですにゃあ」チョコン

アユム「どうして横に来るにゃ」ムスッ

シズク「まだ捨てた飼い主を想っているんですにゃあ?」

アユム「捨てられてないにゃ!」

シズク「・・・・・・」

アユム「捨てられてないにゃ・・・・・・」



179: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 00:03:16.70 ID:NB1Th5WG0.net

シズク「この家でもいいじゃないですかにゃあ」
「ここの人はきっと優しいにゃあ」

アユム「にゃっ。私はあの人じゃないとダメにゃー」シュン

シズク「忘れる事も大切だと思いますにゃあ」

アユム「どうしてそんなこと言うにゃ!」

ガシッ

シズク「放してくださいにゃあ」

アユム「忘れろなんて言わないでにゃ!」

ガブッ

シズク「にゃあ?!」

ペシッ

アユム「にゃっ!?」

シズク「ぐるるるるっ」ジーッ

アユム「ぐるるるるっ」ジーッ



180: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 00:10:29.43 ID:NB1Th5WG0.net

ガチャ

セツナ「わんわん!」

かすみ「ただいまー、ってなにやってるんですか?」

セツナ「私も混ぜてください! わん!」ダッダッダッ

かすみ「ああっ! だから家の中で走るのはダメですってば!」

シズク「にゃあああっ!!」

アユム「にゃあああっ!!」

ヒョイ

かすみ「喧嘩はそこまでですよ」ムスッ

シズク「ぐるるるるるっ」

かすみ「って怪我してるじゃないですか!」

~~~



181: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 00:11:26.59 ID:NB1Th5WG0.net

ペタッ

かすみ「はい。絆創膏貼ったのでもう平気だよ」

シズク「にゃあ」トコトコ

かすみ「もう、可愛くないんだから」ニコニコ


アユム「・・・・・・ごめんにゃさい」

シズク「私も悪かったですにゃあ」

アユム「にゃぁ~」ボーッ

シズク「ご飯食べてきますにゃあ」トコトコ

アユム「あっ! 私も行くにゃー」トコトコ

かすみ「あれ? 2人もかすみんと遊びたくなっちゃったんですかぁ?」ニマニマ

シズク「ご飯ください」

アユム「お腹空いたにゃー」



183: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 00:18:45.94 ID:NB1Th5WG0.net

かすみ「あー、はいはい。ご飯ね」ゴソゴソ

セツナ「ご飯ですか?!」ハッハッハッ

かすみ「順番にあげるので走り回らないでくださいね」

セツナ「わん!」チョコン

~~~

モグモグモグ

セツナ「私の分はまだですわん?」ソワソワ

かすみ「はい」

セツナ「!!」

かすみ「待て」

チラッ

かすみ「そんな目で見ても、まだ待てですよ」

ウズウズ

かすみ「待て、待て、待て」

ダラダラ



184: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 00:25:06.51 ID:NB1Th5WG0.net

かすみ「・・・・・・よし」

セツナ「!!」ガツガツガツ

かすみ「ああ、こぼしちゃダメじゃないですか」ヒョイヒョイ

セツナ「盗らないでくださいわん!!」

かすみ「ご、ごめんなさい」

ガツガツガツ

かすみ「かすみんもご飯にしましょう」



185: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 00:36:21.10 ID:NB1Th5WG0.net


─翌日─

璃奈「かすみちゃん、ありがとう」

かすみ「かすみんとりな子の仲でしょ? 気にしなくていいよ」ギュッ

璃奈「えっと、かすみちゃん?」

かすみ「なーに?」

璃奈「セツナちゃんも返してほしい」

璃奈は、かすみの腕に抱かれたセツナを指差した。

かすみ「・・・・・・ダメです」ギュッ

璃奈「・・・・・・」

かすみ「この子は! その、一番大変だったけど、最初からかすみんの事が大好きで、一番遊んでくれて・・・・・・」

璃奈「かすみちゃん」

かすみ「わかってる! わかってるけど! もう少しこうさせてください・・・・・・」スリスリ

ペロペロ

かすみ「セツナちゃん・・・・・・」ウルッ



186: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 00:42:57.48 ID:NB1Th5WG0.net

璃奈「それならもらってくれる?」

かすみ「え? いいの?」

璃奈「うん。その子はどこに行っても手に余る、ちょっと面倒くさい子だから」

かすみ「え、でも、りな子が飼ってるんじゃないの?」

璃奈「私は、この子達に合う人達を探しているだけ」

かすみ「じゃあ」

璃奈「うん。セツナちゃん、おめでとう」

セツナ「??」キョトン

かすみ「よろしくね! セツナちゃん」スリスリ

セツナ「わん!」



188: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 00:48:18.54 ID:NB1Th5WG0.net

璃奈「この子達とはお別れだね」

かすみ「あっ」

アユム「良かったにゃ、セツナちゃん」ニコニコ

シズク「もう誰かを噛んだりしちゃダメですにゃあ」

かすみ「大変だったんだね」

璃奈「大変だった」コクン

かすみ「あとで首輪買ってきてあげるね」

セツナ「わん!」

璃奈「首輪抜けも得意だから気を付けて」

 
”A・ZU・NAYN”おわり



196: >>32 >>38 ”唇の価値” 2021/09/11(土) 22:46:25.07 ID:NB1Th5WG0.net


─璃奈の部屋─

カチャカチャ

かすみ「あーあ、しず子も来てくれたらもっといろんなゲームできたのになー」

璃奈「急用って言ってた」

かすみ「それはかすみんも知ってるけどー・・・・・・」

璃奈「しずくちゃんじゃなくてごめんね」

かすみ「そういう事じゃなくてさー、3人くらいいた方が盛り上がるというか、2人だとゲームくらいしか出来ないでしょ?」

璃奈「誰か呼ぶ?」

かすみ「来てくれそう?」

璃奈「愛さんなら」

かすみ「・・・・・・ダメ」ボソッ

璃奈「どうして?」

かすみ「だって、愛先輩が来たら宿題やらないと怒られちゃいそうだから」チラッ

(ページが開いたままの教科書)



197: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 22:52:20.27 ID:NB1Th5WG0.net

璃奈「もともと、今日は勉強する予定だった」

かすみ「・・・・・・りな子が勝ったら勉強しよ」

カチャカチャ

かすみ「ああっ!? 今まで手抜いてたの?!」

璃奈「・・・・・・」

かすみ「あっ」

YOU LOSE

璃奈「勉強しよう」

かすみ「はーい」ムスッ



198: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 22:58:29.16 ID:NB1Th5WG0.net

 
─テーブル─

かすみ「うーん・・・・・・」

璃奈「愛さん呼ぶ?」

かすみ「そういうりな子も全然やってないじゃん」ジーッ

璃奈「私はもう終わってる(にっこりん)」

かすみ「・・・・・・」

璃奈「愛さん呼ぶ?」

かすみ「・・・・・・りな子って愛先輩の事、その、好き、だったりする?」チラッ

璃奈「?? 好き」

かすみ「・・・・・・そっか」

璃奈「かすみちゃんの事も好き」

かすみ「友達として?」

璃奈「うん」コクン

かすみ「あ、愛先輩も?」

璃奈「うん。それ以外にどんな好きがあるの?(ポカン)」

かすみ「・・・・・・勉強しよーっと」カキカキ

璃奈「あっ」

かすみ「なっ! なに?」

璃奈「そこ、間違えてる」ビシッ

かすみ「ありがと」ゴシゴシ



199: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 23:19:07.80 ID:NB1Th5WG0.net


─2時間後─

かすみ「疲れたー」ゴロン

璃奈「お疲れさま。ジュース飲む?」コトッ

かすみ「わーい、ありがとー」ゴクゴク

璃奈「おいしい?」

かすみ「ん? うん。りな子、ありがとっ」

璃奈「もう一回ゲームしたい(キリリ)」

かすみ「かすみんが勝てるゲームがいいなー」

璃奈「・・・・・・ごめん」

かすみ「謝らないでっ。どこかに絶対にあるはずです!」ゴソゴソ

璃奈「あっ! かすみちゃん、待って!」アセアセ

かすみ「ふふーん。ここにかすみんの得意なゲームが隠してある──」

(エッチなADV)

璃奈「・・・・・・」

かすみ「予定でしたねー・・・・・・」アセアセ



200: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 23:26:03.42 ID:NB1Th5WG0.net

璃奈「かすみちゃん、新しいジュース入れてあげるね」

サラサラサラ

かすみ「なにその粉!」ビシッ

璃奈「粉末ジュースだよ」

コポコポコポッ

かすみ「粉末ジュースは水で溶かすんですよ!」

璃奈「こっちの方が味が濃くなって判らなくなる」

かすみ「りな子! 落ち着いて!」ガシッ

璃奈「かすみちゃんに飲ませた後、私も飲むから安心していい」ウルウル

かすみ「も、もう! エッチな本くらい普通だよ!」

璃奈「それ、本当? かすみちゃんも持ってる?」

かすみ「・・・・・・R-15くらいのなら、持ってますけど」モジモジ

璃奈「見せて」

かすみ「ええっ?!」



201: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 23:31:00.54 ID:NB1Th5WG0.net

璃奈「かすみちゃんの好きなエッチな本、見たい(キラキラ)」

かすみ「え、えーと、それはかすみんの部屋にあるから、今は・・・・・・」チラッ

璃奈「スマホに入ってる?」

かすみ「!!」

璃奈「見たい(キラキラ)」

かすみ「ダメダメダメッ! ぜぇ~ったいにダメです!」

璃奈「私のも見せてあげる。だからかすみちゃんのも見せて」

かすみ「えぇー・・・・・・」

璃奈「・・・・・・」ジーッ

かすみ「少しだけ、なら、いい、よ」ボソッ

~~~



202: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 23:39:23.82 ID:NB1Th5WG0.net

スッスッ

璃奈「・・・・・・」ジーッ

かすみ「・・・・・・」ドキドキ

璃奈「ありがとう」スッ

かすみ「ど、どういたしまして?」

璃奈「かすみちゃん」

かすみ「は、はい!」

璃奈「かすみちゃんは、キスした事ある?」チラッ

かすみ「な、ないけど・・・・・・どうして?」モジモジ

璃奈「かすみちゃんのエロ本で」

かすみ「エロ本って言わないでっ」///

璃奈「エッチな本で、みんなキスしてた(ぽぽぽ)」

かすみ「でも、あれは漫画だよ?」

璃奈「うん。わかってる」

かすみ「う、うん」モジモジ

璃奈「かすみちゃんは気にならない?」

かすみ「えっと、なにが?」

璃奈「キスの味」

かすみ「!!」///



203: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 23:46:05.58 ID:NB1Th5WG0.net

璃奈「どうしてレモン味になるのか解明したい」

かすみ「で、でも、かすみん、さっきオレンジジュース飲んだからレモン味じゃないよ。たぶん」アセアセ

璃奈「本当にオレンジ味?」

かすみ「りな子が入れてくれたジュース飲んだんだよ?!」

璃奈「確認、したい」

かすみ「ちょっと待って。本当にどうしちゃったの?」

璃奈「どうもしてない」

かすみ「もしかしてぇ、エッチな本みて興奮しちゃってる?」

璃奈「してない」フイッ

かすみ「本当ならかすみんの目を見て言ってくださーい」ジトー

璃奈「・・・・・・」

かすみ「りな子にとって、キスってそんなに軽いもの?」

璃奈「わからない・・・・・・した事ないから」

かすみ「かすみん、ファーストキスは一番好きな人とするって決めてるの」



204: 名無しで叶える物語 2021/09/11(土) 23:57:09.65 ID:NB1Th5WG0.net

璃奈「・・・・・・ごめん」

かすみ「謝らなくてもいいけどね」
「今のりな子は、ただキスしたいだけで、かすみんとキスしたいワケじゃないでしょ?」

璃奈「わからない(グルグル)」

かすみ「それがわかったら、その、もう一度聞いてくれてもいいんだからね」

璃奈「うん」コクン

かすみ「じゃあ、その、次はりな子の番だよっ」///

~~~



205: 名無しで叶える物語 2021/09/12(日) 00:02:42.00 ID:LnZtT+KW0.net

かすみ「きゃあああっ」///

璃奈「キスしただけなのに大袈裟(どきどき)」

かすみ「だけって・・・・・・きゃっ」///

璃奈「もうすぐエッチする」

かすみ「え、えええっ?!」

璃奈「どうして驚いてるの?(ぽかん)」

かすみ「だっ、だって、その、え、えっちって、あの、エッチ?」///

璃奈「うん」コクン

かすみ「それってかすみん達が遊んでもいいゲームですか?」アセアセ

璃奈「(にっこりん)」

かすみ「これ、りな子が買ったの?」

璃奈「・・・・・・愛さんが買ってきてくれた(にっこりん)」ボソッ

かすみ「・・・・・・」

璃奈「(はわわ)」

かすみ「聞かなかった事にするね」

璃奈「ありがとう(ぽぽぽ)」



206: 名無しで叶える物語 2021/09/12(日) 00:08:41.41 ID:LnZtT+KW0.net

かすみ「エッチなシーンは飛ばせないの?」

璃奈「飛ばせる」

かすみ「じゃあそうしましょう。これはかすみん達にはまだ早いです」

璃奈「エッチなシーンでもエッチするだけじゃなくてちゃんと──」

かすみ「りな子ぉ?」ジトー

璃奈「なんでもない」

(ctl)ボチッ

~~~

かすみ「りな子の推しって誰?」

璃奈「金髪の子(てれてれ)」

かすみ「5人中4人もそうだけど?」

璃奈「やっぱりこの子」ビシッ

かすみ「真ん中に描かれてるからメインヒロインだよね?」

璃奈「うん。某国のお姫様」

かすみ「ふーん」



207: 名無しで叶える物語 2021/09/12(日) 00:14:51.34 ID:LnZtT+KW0.net

璃奈「かすみちゃんは?」

かすみ「うーん、やっぱりかすみんみたいな可愛い子がいいなぁ」

璃奈「じゃあ、この子は?」

かすみ「うーん」

璃奈「この子は理由あって金髪のウィッグ付けてるだけだから、本当は黒髪ロングだよ」

かすみ「じゃあ、その子をかすみんの嫁にします!」

璃奈「・・・・・・頑張って(ファイトー)」



208: 名無しで叶える物語 2021/09/12(日) 00:18:45.65 ID:LnZtT+KW0.net


─数時間後─

かすみ「うぅ、なぁにこれー」ウルウル

璃奈「切ない(じ~ん)」

かすみ「こんな話なら先に言ってよぉ~」フキフキ

璃奈「ネタバレは死罪」

かすみ「これで本当に終わり?」

璃奈「うん」コクン

かすみ「うぅ~・・・・・・はー」フキフキ

璃奈「楽しかった?」

かすみ「・・・・・・うん」フイッ

璃奈「嬉しい(ぶいぶいっ)」

かすみ「泣いたらお腹空いてきちゃいました」テレテレ

璃奈「ご飯食べる?」

かすみ「いやいや、さすがにそろそろ帰らないと・・・・・・え?」

璃奈「どうしたの?」



209: 名無しで叶える物語 2021/09/12(日) 00:24:11.84 ID:LnZtT+KW0.net

 
─数時間後─

かすみ「うぅ、なぁにこれー」ウルウル

璃奈「切ない(じ~ん)」

かすみ「こんな話なら先に言ってよぉ~」フキフキ

璃奈「ネタバレは死罪」

かすみ「これで本当に終わり?」

璃奈「うん」コクン

かすみ「うぅ~・・・・・・はー」フキフキ

璃奈「楽しかった?」

かすみ「・・・・・・うん」フイッ

璃奈「嬉しい(ぶいぶいっ)」

かすみ「泣いたらお腹空いてきちゃいました」テレテレ

璃奈「ご飯食べる?」

かすみ「いやいや、さすがにそろそろ帰らないと・・・・・・え?」

璃奈「どうしたの?」



210: 名無しで叶える物語 2021/09/12(日) 00:27:03.76 ID:LnZtT+KW0.net

かすみ「りな子ぉ、あの時計おかしくない?」ビシッ

璃奈「あれは電波時計。10年に1秒も狂わない(キリリ)」

かすみ「もう0時回ってるんですけど・・・・・・」ビクビク

璃奈「あっ、いま電車終わった」ポチポチ

かすみ「りな子ぉ!」

璃奈「かすみちゃんとお泊り、嬉しい(にっこりん)」

かすみ「家に電話しなきゃ」ポチポチ

 
─夜中・ベッド─

かすみ「ふぁあーっ」ボーッ

璃奈「かすみちゃん?」

かすみ「んん? もうかすみん眠くて眠くて」ウトウト

璃奈「私、かすみちゃんとキスしたい」

かすみ「・・・・・・じゃあ、かすみんとしちゃいますかぁ? なんて」ヘラヘラ

璃奈「嬉しい」

かすみ「えっ」

「ん」

璃奈「ミント味」ボソッ

かすみ「・・・・・・寝ましょう」ゴロン

かすみは、璃奈に背を向けるように寝返りをうった。

璃奈「おやすみなさい」

かすみ「・・・・・・」

 
”唇の価値(1)”おわり



217: ”唇の価値(2)” 2021/09/12(日) 23:13:49.62 ID:LnZtT+KW0.net


─早朝─

璃奈「んんー」モゾモゾ

ムクリ

璃奈「かすみ、ちゃん?」キョロキョロ

メモ(先に帰ります かすみ(サイン))

璃奈(どうしたんだろう)

その日、かすみちゃんに送ったメッセージに既読がつく事はなかった。

 
─翌朝・部室─

ガラッ

璃奈「おはよう」

愛「ちぃーす」

せつ菜「おはようございます!」

璃奈「・・・・・・」キョロキョロ

愛「どうしたー?」

璃奈「かすみちゃん来てない?」

せつ菜「そういえば来ていませんね」

愛「誰かかすかすから連絡もらってるー?」

エマ「私のところには来てないよ~」

ワタシモ、ワタシモー、ワタシモ──

愛「かすかすにツッコまないって事は本当に休みっぽいね」

璃奈「どうしたんだろう(ハラハラ)」

愛「学校も休んでたらさ、お見舞い行ってみたら?」

璃奈「そうする」コクン



218: 名無しで叶える物語 2021/09/12(日) 23:20:03.05 ID:LnZtT+KW0.net


─放課後・廊下─

璃奈「あっ」(あの後ろ姿は・・・・・・)

璃奈「かすみちゃん」

かすみ「!!」

ダッ

璃奈「待って!」

タッタッタッ

 
─中庭─

かすみ「はぁ、はぁ」キョロキョロ

キュッ

かすみ「!?」

璃奈「捕まえた」

一度こちらを向いた目は、すぐにそっぽを向いてしまった。

璃奈「どうして逃げるの?(しょぼん)」

かすみ「わっ、私、今日は部活お休みするから!」

璃奈「え、う、うん」

かすみ「それじゃっ。さよなら! りな子!」

タッタッタッ

次の日の放課後。かすみちゃんは同好会には来たけれど、私と目を合わせてくれる事はなかった。



219: 名無しで叶える物語 2021/09/12(日) 23:27:06.41 ID:LnZtT+KW0.net

 
─1週間後─

愛「おーい、かすかすー」

かすみ「愛先輩」チラッ

愛「元気ないじゃーん。そんな顔じゃ、またりなりーに心配されるぞー」バシバシッ

かすみ「りな子・・・・・・」ボソッ

愛「そーそー、かすかすに元気になってほしいって色々調べてるっぽいよ」

かすみ「りな子ぉ・・・・・・」ポロポロ

愛「かっ、かすみん?!」

 
「あー、愛ちゃんがまた女の子泣かせてるー」ケラケラ

「本当だ・・・・・・って、あれかすみちゃんじゃない?」

「・・・・・・ヤバイやつ?」

「部活内恋愛がこじれて・・・・・・あっ」

「見なかった事にしよっか」ヒソヒソ

「うんうん」ヒソヒソ

 
愛「ちっ、違う! これは違うんだってば!」

 
「きゃあーっ」タッタッタッ

 
かすみ「りな子ぉおお」ポロポロ

ザワザワザワ

愛「あーっ! もう! こっち来て!」グイッ



220: 名無しで叶える物語 2021/09/12(日) 23:43:57.12 ID:LnZtT+KW0.net


─保健室─

愛「落ち着いた?」

かすみ「はぃ・・・・・・」グスン

愛「もー、いきなり泣くもんだから、愛さんビックリしたよー」

かすみ「しゅみません」フキフキ

愛「それで?」

かすみ「なんですか?」

愛「りなりーとなんかあったんでしょ? 話してみ」

かすみ「・・・・・・なにもありません」フイッ

愛「あのねー、みんなもちょっと迷惑してるんだって」

かすみ「どうしてですか」ムスッ

愛「かすみんがりなりーを避けるから」

かすみ「気付いてたんですか?!」

愛「あれで気付かれてないって思ってた方が驚きだよ」ハァ

かすみ「・・・・・・言えません」



222: 名無しで叶える物語 2021/09/12(日) 23:50:20.72 ID:LnZtT+KW0.net

愛「はぁー」

かすみ「すみません。でも、誰かに話せるような事じゃないんですっ」

愛「じゃー、りなりーとちゃんと話し合って仲直りする事。いーい?」

かすみ「約束はできません」

彼方「そんな事もあろうかと!」ヒョコ

かすみ「彼方先輩ッ?!」

彼方「璃奈ちゃん、どーん!」

璃奈「かすみちゃん」ジーッ

愛「さすがカナちゃん」
「じゃっ、アタシらは先に部室いってっからー」

彼方「ちゃんと仲直りするんだぞ~」

シャーッ

璃奈「・・・・・・」

かすみ「・・・・・・」



223: 名無しで叶える物語 2021/09/13(月) 00:02:01.50 ID:hfa1tDAk0.net

璃奈「ごめんなさい」ペコリ

かすみ「私の方こそ、ごめん、なさい」フイッ

璃奈「どうしてそっち見てるの?」シュン

かすみ「・・・・・・」

璃奈「こっち、見て、ほしい」

かすみ「ねぇ、りな子?」

かすみは、そっぽを向いたまま話しかける。

かすみ「りな子の家にお泊りした時のこと覚えてる?」

璃奈「うん」コクン

かすみ「寝る前に、ベッドの上で、わ、私に、き、き、キス、した?」モジモジ
璃奈「した」

かすみ「~~~ッ!!」///

璃奈「・・・・・・もしかして嫌だった?(はわわ)」

かすみ「ファーストキス、だったよね?」チラッ

璃奈「うん。初めてだった」

かすみ「ごめん! 本当にごめんなさい!」ペコペコ



224: 名無しで叶える物語 2021/09/13(月) 00:08:19.08 ID:hfa1tDAk0.net

璃奈「どうして謝るの?」

かすみ「あの時は眠くて、頭もボーッとしてて、りな子にキスされたのが夢か現実かもわからなくて」

璃奈「現実だよ(ぽぽぽ)」

かすみ「だよね・・・・・・はは」アセアセ

璃奈「嫌、だった?」チラッ

かすみ「・・・・・・ごめん。わからない」

璃奈「・・・・・・」ウツムキ

かすみ「眠かったからかな。ビックリしてる間にキスは終わっちゃってて・・・・・・なにも感じなかった」

璃奈「ミント味だった」

かすみ「いいなぁ」ボソッ
「夜景の綺麗なレストランとか観覧車の中でとか」

「ホワイトクリスマスの夜にとか」

「クルーズ船で水平線を眺めながらとか」

かすみ「ドキドキして、相手の顔なんてまっすぐに見れなくて、かすみんが目をつむってる間に・・・・・・」
「甘くて、トロけるような・・・・・・そんな、そんな──」ウルウル

かすみ「ごめん、ごめんね。りな子ももっと雰囲気ある場所でしたかったよね」フキフキ



225: 名無しで叶える物語 2021/09/13(月) 00:14:01.35 ID:hfa1tDAk0.net

かすみ「ごめん、ごめんね。りな子ももっと雰囲気ある場所でしたかったよね」フキフキ

璃奈「・・・・・・私は、かすみちゃんとできるなら、いつどんな時でもいい」
「キスする時、かすみちゃんしか見えなかった。だから周りは関係ない」

かすみ「んん。ホントに良かったの?」ゴシゴシ

璃奈「うん。むしろかすみちゃんが私のベッドの上にいる事に興奮した」

かすみ「・・・・・・」

璃奈「あの時、かすみちゃんにキスしてわかった」
「私、かすみちゃんの事が・・・・・・」プルプル

かすみ「りな子?」キョトン

璃奈「好きっ」

かすみ「・・・・・・友達と、して?」チラッ

璃奈「違う。エッチしたい方」

かすみ「・・・・・・かすみん、告白されてる?」

璃奈「してる(どきどき)」



226: 名無しで叶える物語 2021/09/13(月) 00:20:03.79 ID:hfa1tDAk0.net

かすみ「かすみんもりな子のこと好き、だったと思う」

璃奈「・・・・・・今は」

かすみ「さっきも言ったけどわからなくなっちゃった」

璃奈「どうして?」

かすみ「りな子にキスされたのに何も感じなくて、もしかして本当は好きじゃなかったかもって」

璃奈「それなら、もう一度して確認すればいい」

かすみ「えっと、ここで?」アセアセ

璃奈「場所は関係ない」

かすみ「さすがに学校じゃダメだって~」

璃奈「今度はかすみちゃんからして」

かすみ「勝手に話し進めないで!」

璃奈「驚かないようにキスして、なにも感じなかったらきっと私の事なんて好きじゃないと思う」

かすみ「り、りな子はそんな決め方でいいの?」

璃奈「うん。かすみちゃんのファーストキスもらった責任」

かすみ「・・・・・・わかった」

かすみを見上げる瞳がゆっくりと閉じる。
静寂に包まれた保健室には、遠くの方からかすかに部活動の掛け声が聞こえてきた。



227: 名無しで叶える物語 2021/09/13(月) 00:26:38.44 ID:hfa1tDAk0.net

かすみ「すぅーはー・・・・・・いい?」

コクン

2人の距離は少しずつ近付いていき──

かすみ(あっ、なんだ)ドキドキ

心臓は高鳴り、身体は痺れたように動かず、舌先からはほのかな甘味を感じた。

しばらくして、どちらからともなく唇が離れ、しばし無言のまま見つめ合った。

かすみ「りな子」

璃奈「うん」ドキドキ

かすみ「かすみん、ちゃんと好きだったよ」ニッコリ

璃奈「嬉しい」ホッ

かすみ「2回目のはずなのに、初めてしたみたいだったなぁ」///

璃奈「3回目はどんな気持ちになりそう?」

かすみ「えー、そんなのわからないよ~」モジモジ

璃奈「またドキドキしてくれたら嬉しい(ぽぽぽ)」

かすみ「・・・・・・ドキドキなら今もしてるよ?」

璃奈「・・・・・・本当?」

かすみ「確かめてみる?」

───
──




228: 名無しで叶える物語 2021/09/13(月) 00:32:03.54 ID:hfa1tDAk0.net


─その頃の部室─

彼方「歩夢ちゃん、申し訳ないけどアメ持ってない?」

歩夢「えーっと、まだあったかな」ゴソゴソ

彼方「ちょっと喉がイガイガしててねー」

歩夢「璃奈ちゃんにあげてる、いちごミルク味でもいいですか?」

彼方「わーい」

歩夢「最近は風が冷たいから気を付けないとダメですよ」

彼方「気を付けまーす♪」コロコロ

 
”唇の価値”おわり



233: >>121 ”あの日の2人” 2021/09/13(月) 23:09:49.44 ID:hfa1tDAk0.net

しずく「かすみさん、手を繋ぎましょう」

かすみ「えっと、どうしてって聞いてもいい?」

しずく「迷子になるからだよ」

かすみ「こんな街中で?」

しずく「誘拐されるかもしれないんだよ?」

かすみ「お昼で人通りも多いのに?」

しずく「その油断が命取りなんです!」

かすみ「しず子ってば心配し過ぎ~」ヘラヘラ

しずく「そんな事ない!」

かすみ「それにほら、こんな所で手を繋ぐなんて恥ずかしいよー」モジモジ

しずく「恥ずかしいくらいなんですか?! 辱められるよりマシでしょう!」

かすみ「だから、誘拐されないってば」ハァ

しずく「・・・・・・私と繋ぐのは嫌?」チラッ

パシッ

しずく「あっ♡」

かすみ「あははっ」ニコニコ
「かすみんと手を繋ぎたいなら最初からそう言えばいいのにー」

しずく「かすみさんのイジワル」ボソッ

かすみ「え? なーに?」

しずく「ふふっ、なんでもないよ」

かすみ「ほら、早く行かないとパンケーキ売れ切れちゃう~」グイッ



234: 名無しで叶える物語 2021/09/13(月) 23:17:15.68 ID:hfa1tDAk0.net

 
─別の日・学校─

しずく「かすみさんのコッペパンは相変わらずおいしいね」モグモグ

かすみ「そう言ってくれるのは嬉しいけどー」

しずく「なに?」

かすみ「毎日食べてると、その、太っちゃうと思うなぁ」アセアセ

しずく「かすみさんのコッペパンはおいし過ぎるのでカロリーゼロです」ニコニコ

かすみ「いやいやいや! パンって意外と塩とかバターとか入ってるんだよ?!」

しずく「・・・・・・私に食べさせるのは嫌ですか?」シュン

かすみ「そ、そんなワケ──はっ!」

しずく「嫌ですか?」チラッ

かすみ「もう騙されないから!」
「そうやってお願いすれば、かすみんが何でも言うこと聞くと思ってるでしょ?」ジトー

しずく「・・・・・・ちゃんと動いてるので体型はキープできてます」ムスッ

かすみ「それならいいけど・・・・・・って話逸らさないで!」



235: 名無しで叶える物語 2021/09/13(月) 23:28:38.30 ID:hfa1tDAk0.net

しずく「私をこんな身体にしたのはかすみさんだよ?」

かすみ「うっ」ビクッ

しずく「かすみさんがコッペパン持って来なかったら、毎日ヘルシーなお弁当だったのになー」

かすみ「じゃ、じゃあ! もうしず子にはコッペパンあげません!」

しずく「もう遅いよ」

かすみ「え?」

しずく「私の体は、かすみさんのコッペパン無しじゃ生きていけないんです」

かすみ「・・・・・・そんなワケないでしょー」ジトー

しずく「責任を取ってください」

かすみ「もうそれでいいよ。かすみんになにしてほしいの?」ハァ
(しず子がブクブクのおデブになるよりマシだよね)

しずく「手を、繋いでください」ボソッ

かすみ「・・・・・・ここで?」アセアセ

しずく「はい」コクン

かすみ「本気?」

しずく「嫌ならいいよ」フイッ

かすみ「ああっ! もう!」

ギュッ

かすみ「これでいーい!」///

かすみ「うん♪」ニコニコ

ヒソヒソヒソ

かすみ「~~~ッ」///



236: 名無しで叶える物語 2021/09/13(月) 23:42:04.94 ID:hfa1tDAk0.net


─別の日─

かすみ「しず子っていつの間にそんなワガママちゃんになったの?」

しずく「ワガママな女の子は嫌いですか?」シュン

かすみ「好き」

しずく「えっ?」

かすみ「ワガママなしず子も好きだよ」キリッ

しずく「も、もう、からかわないでっ」モジモジ

かすみ「ワガママ言ってくるって事は、そのしず子は素のしず子だもんね」

しずく「・・・・・・はぃ」テレテレ

かすみ「あれれー? 照れてるんですかぁ?」ニマニマ

しずく「からかってくるかすみさんは嫌いです」プイッ

かすみ「き、らい?」

しずく「そうだよっ。かすみさんは常に私の掌の上にいないとダメなんだからね」アセアセ

かすみ「ごめん、なさい」シュン

しずく「えっと、どうして謝るの?」

かすみ「かすみんのこと嫌いなのに近付き過ぎだよね・・・・・・」ススッ

しずく「あっ、ちっ、ちが──」

かすみ「もう学校でもなるべく話しかけないようにする・・・・・・」ウツムキ

しずく「えっ、その、えっと」

かすみ「コッペパン持ってないかすみんって、ラブライブ!の男子高生くらい魅力無いもん」

しずく「そんな事ない! かすみさんは魅力的だよ!」アセアセ

かすみ「たとえばどこですかぁ?」ニヤリ

しずく「そうですね。たとえば、たとえば・・・・・・」

かすみ「・・・・・・」



237: 名無しで叶える物語 2021/09/13(月) 23:52:02.38 ID:hfa1tDAk0.net

しずく「そう! かすみさんは誰よりも可愛いっ」

かすみ「どこが?」

しずく「全部だよ!」

かすみ「・・・・・・かすみんにメロメロ?」

しずく「う、うん」モジモジ

かすみ「・・・・・・でへへ」テレテレ

しずく「あれ? さっきまで泣いてなかった?」

かすみ「・・・・・・引っ込んじゃった」テヘッ

しずく「騙したの?」ジーッ

かすみ「し、しず子だっていつもやってるじゃん!」

しずく「良かった」ホッ

かすみ「へ? あれ? 怒らない、の?」

しずく「私、かすみさんに嫌われたらどうしようかと・・・・・・良かったー」

かすみ「嘘ついてごめんね?」

しずく「ううん。かすみさんが責任を取ってくれるから謝らなくていいよ」ニコニコ

かすみ「あ、はは。ありが・・・・・・え? 責任?」

しずく「嘘ついた責任、取ってくださいね」ニヤリ

かすみ「!!」ゾワゾワッ



238: 名無しで叶える物語 2021/09/14(火) 00:12:03.15 ID:kpKBCrym0.net


─学校・人気の無い場所─

スルスルッ フキフキ

しずく「舐めて」

かすみ「は?」キョトン

しずく「足、舐めてください」

かすみ「冗談、だよね?」アセアセ

しずく「私を騙した罰です♪」

かすみ「それならしず子もかすみんの足舐めてよ!」

しずく「いいよ。足、出して」

かすみ「あっ、やっ、止めて! ソックス脱がそうとしないで!」

しずく「かすみさんが舐めろって言ったのに」

かすみ「本当にするとは思ってなかったもん!」

しずく「雑菌を気にしてるの? アルコール消毒したから大丈夫だよ」

かすみ「そういう問題じゃないよ」

しずく「どこが問題なの?」

かすみ「ここ学校! 普通は足なんて舐めない!」



239: 名無しで叶える物語 2021/09/14(火) 00:15:49.07 ID:kpKBCrym0.net

しずく「それならキスしてください」

かすみ「キス?!」///

しずく「うん。それならいいでしょ?」

かすみ「・・・・・・わかった」コクン

しずく「それでは、お願いします」スッ

かすみ「どうしてこっちに足を向けてるの?」

しずく「え? してくれるんだよね?」

かすみ「足にはしません!」ムスッ

しずく「えー、舐めるよりハードル低くない?」

かすみ「うぅ~」

しずく「かすみさんがしてくれれば、私もするよ」

かすみ「したら満足する?」

しずく「うん♡」

かすみ「もう変なワガママ言わない?」

しずく「言いません♡」

かすみは、無言のままその場に跪く。
左手をふくらはぎに添え、右手で足先を持ち上げた。

そのまま足の甲に唇を近付けた。

しずく「~~~ッ」ゾクゾク

かすみ「これでいい?」



241: 名無しで叶える物語 2021/09/14(火) 00:20:19.60 ID:kpKBCrym0.net

しずく「かすみさんの気持ち、ちゃんと受け取ったよ」

かすみ「もう絶対にこんな事しないからね!」フイッ

しずく「次は私の番だね」ニコニコ

かすみ「・・・・・・」

ダッ

しずく「あっ! 待って!」

タッタッタッ

しずく「あーあ、言っちゃった」

しずく「ふふふ」ニマニマ

 
”あの日の2人”おわり



247: >>168 ”QU4RTZ” 2021/09/15(水) 00:01:13.28 ID:zM25jYib0.net

彼方「すやぴー」

かすみ「起きてくださーい。練習はじまっちゃいますよー」

彼方「あと・・・・・・あと・・・・・・3時間」

かすみ「夜になっちゃいますよー」ハァ

璃奈「これ、使う?」スッ

かすみ「なになに?」

璃奈「電気ショック」

かすみ「・・・・・・」

璃奈「大丈夫。瞼の筋肉が痙攣して目が開くだけ(にっこりん)」

かすみ「もう、どこが大丈夫なの」



248: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 00:07:25.32 ID:zM25jYib0.net

タッタッタッ

エマ「遅れてごめんなさい!」ペコリ

かすみ「遅いですよ」

エマ「えへへ、果林ちゃんのお世話してたら遅れちゃった」

璃奈「彼方さん、起きて」ユサユサ

彼方「むにゃむにゃ」

エマ「あれ? 彼方ちゃん、まだおねむなの?」

かすみ「そうなんですよー。エマ先輩からも怒ってあげてください」

エマ「彼方ちゃん、起きてー」ユサユサ

彼方「あと3じかーん」ボソッ

エマ「今日は彼方ちゃんの大好きな歌の練習だよ~」ニコニコ

かすみ「さっきから揺すってるんですけど全然起きてくれなくて」シュン

エマ「彼方ちゃーん」

彼方「・・・・・・」

エマ「トゥトゥートゥ、トゥットゥットゥッ♪」
「トゥトゥートゥ、トゥットゥットゥッ♪」

彼方「!!」ビクッ



249: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 00:13:43.03 ID:zM25jYib0.net

かすみ「すごいです! ピクリともしなかった彼方先輩が反応しました!」

璃奈「なんの歌だっけ(グルグル)」

エマ「トゥトゥトゥトゥー、トゥーゥーートゥッー♪」

彼方「・・・・・・」ムクリ

エマ「トゥトゥトゥトゥー、トゥトゥトゥトゥー♪」

彼方「トゥトゥットゥットゥッートュッ、トゥッ、トゥッ、トゥッ、トゥッ♪」

かすみ「どこかで聞いた事あるよね?」

璃奈「うーん、モヤモヤする」

エマ「さぁー! 今日も頑張って練習しようねぇ」ニコニコ

彼方「トゥトゥートゥ、トゥットゥットゥッ♪」

かすみ「あの、それ何の歌ですか?」

彼方「トゥトゥートゥ、トゥットゥットゥッ♪」

璃奈「教えてほしい」

エマ「日本のスーパーマーケットでよくかかってる曲だよね」

璃奈「U●EN?」

彼方「トゥトゥトゥトゥー、トゥーゥーートゥッー♪」

かすみ「彼方先輩、教えてくださいよー」ウズウズ



250: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 00:19:33.16 ID:zM25jYib0.net

エマ「近江さーん、レジで違算出てるよー」

彼方「えぇっ?!」

彼方「あれ? もうみんな来てたんだ~」ニコニコ

かすみ「・・・・・・練習しましょうか」

璃奈「(ゾゾゾッ)」

 
─中庭─

エマ「今日はここで練習しようね」

彼方「はぁーい」

璃奈「いつもの収録ブースは?」

エマ「今日は予約でいっぱいみたい。ごめんね」

璃奈「(ドキドキ)」

かすみ「りな子、恥ずかしがってちゃダメだよ」
「かすみんみたいに堂々としてなきゃ」フフン



251: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 00:20:09.15 ID:zM25jYib0.net

エマ「じゃあ、最初は発声練習からだね」
「私に続いて歌ってね」

「はぁーい」

エマ「かんかんかんかん晩〇館ッ、焼肉焼いても家焼くなっ」

「かんかんかんか──」

かすみ「待ってください!」

エマ「もう、かすみちゃん? 練習止めたらみんなに迷惑かかるんだよ?」

かすみ「なんで発声練習がソレなんですか!」

エマ「え? ダメだった?」

彼方「耳に残る良い歌だと思うのにー」

かすみ「ダメというか恥ずかしいですよ!」

璃奈「恥ずかしがるのは良くない(もじもじ)」

かすみ「りな子も恥ずかしがってるじゃん!」

エマ「あれれー、日本だとポピュラーな歌だって聞いてたのになぁ」

かすみ「もっと普通のにしてください」



252: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 00:43:23.65 ID:zM25jYib0.net

エマ「そうだなー」

彼方「エマちゃん、アレならかすみちゃんも納得してくれるよー」

エマ「・・・・・・そうだね」ニッコリ

彼方「彼方ちゃんも一緒に歌うね」

エマ「じゃあ、せーの!」

エマ・彼方「カッ〇スタァー↑、食べたその日から──」

璃奈「カップ〇ター↑」

かすみ「なんでですか! りな子も歌わなくていいよ!」

彼方「え? ダメ?」

エマ「そんなぁー」

かすみ「どうしてCMソングばっかりなんですか!」

エマ「ポピュラー、だよね?」チラッ

彼方「かすみちゃんは知らないかもしれないけど」

かすみ「な、なんですか」

彼方「ポピュラーっていうのはね、広くみんなが知っているという意味でね」

かすみ「バカにしないでください! それくらい知ってますよ!」



253: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 00:55:50.09 ID:zM25jYib0.net

エマ「次は、かすみちゃんがリードしてくれる?」

かすみ「いいですよ」

彼方「お願いするね」

かすみ「いいですか。かすみんに続いて声出してくださいねぇ」

「はぁーい」

かすみ「あーあーあーあーあーっ」

「あーあーあーあーあーっ」

かすみ「あーあーあーあーあーっ」

璃奈・彼方「あーあーあーあーあーっ」

エマ「・・・・・・」

かすみ「エマ先輩? どうしたんですか?」

エマ「え? あ、そのー、えーっと」モジモジ

かすみ「なにかあるなら言ってください。直しますから」

エマ「ううん。かすみちゃんは悪くないんだよ、かすみちゃんは、ね」アセアセ

彼方「どうしたの?」

エマ「えーっと、その、なんていえばいいのかなぁ」///

かすみ「ハッキリ言ってください」



254: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 01:07:21.45 ID:zM25jYib0.net

エマ「エッチな声、みたいじゃない?」///

かすみ「??」
璃奈「??」

彼方「そうなの?」

エマ「・・・・・・」コクン

彼方「かすみちゃん、別のにしてくれる?」

かすみ「他の発声練習なんて知らないですよ」

璃奈「知ってる」

かすみ「りな子なら安心だね」ニコニコ

璃奈「せーの」

璃奈「あめんぼ赤いなあいうえおっ」

「・・・・・・」

璃奈「あれ?」キョトン

かすみ「りな子、それはむぐっ?!」

彼方「なんでもないよぉー」



255: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 01:10:29.43 ID:zM25jYib0.net

かすみ「ぷはっ。なにするんですか!」

彼方「璃奈ちゃんが一生懸命やってくれてるのに水差すのは良くない、良くないぞー」

かすみ「いやでも、あれは」

彼方「発声練習なんて声が出ればなんでもいいんだよ」

かすみ「それ、怒られますよ」

彼方「まあまあ」

 
エマ「ごめんね。璃奈ちゃんが思ったより大きな声だったから驚いちゃって」

璃奈「しずくちゃんと特訓してた(むんっ)」

エマ「えらいねー」ナデナデ

璃奈「(てれてれ)」

かすみ「はぁ、もうそれでいいからやりましょう」

エマ「そうだね。璃奈ちゃん、リードお願いできる?」

璃奈「頑張る(ふんすっ)」

~~~



256: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 01:13:27.20 ID:zM25jYib0.net

エマ「すごーいっ」
「この調子でもっと大きく綺麗な声が出せるように、一緒に頑張ろうね」ナデナデ

彼方「次の部長は璃奈ちゃんかなぁ」ナデナデ

璃奈「(てれてれ)」

かすみ(かすみんだって頑張ってるのにりな子ばかり褒められてずるいです!)ムスッ

かすみ「あっ! かすみんも新しい発声練習思い出しましたぁ~」

彼方「おっ! 自信満々だねぇ」

エマ「かすみちゃんの発声練習楽しみだなぁー」

かすみ「いいですか?」

「はーい」

かすみ「パーパラッパッパッパラ、パーパッ、パッパッパラ♪」

エマ「あっ、ポン〇ッキーズだね」

かすみ「続いてくださいよ!」///

彼方「恥ずかしいなら無理しなくてもいいのに」

かすみ「怒りますよ?」ギロリ

彼方「ごめんね」

 
”QU4RTZ” おわり



265: ”「かすみんだってSSくらい書けますけど」キリッ” 2021/09/15(水) 23:47:22.14 ID:zM25jYib0.net

かすみ「これを読んでぇ、可愛いかすみんをたくさん書いてくださいねっ」

米 興味がない場合は読み飛ばしてください。

かすみ「SSを書きたい! でも書けない・・・・・・でも何か二次創作はしたい!」
「そんなあなた。書きたいと思ったその時がチャンスですよ」キリッ



266: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 23:53:51.44 ID:zM25jYib0.net

・キャラクターを喋らせられない

かすみ「脳内再生ってよく言いませんか?」

脳内再生ができない場合、スクスタのセリフを文字起こししてみてください。
目で見る事で、口調の違いに気付く事も多いです。

脳内再生に違和感を感じる時は、口調や言い回しが変という事がほとんどです。

 
かすみ「推敲を繰り返していけば必ず良くなります。一緒に頑張りましょう!」

書いてる時は、少し変だと思っても直さずに書き切る方がいいです。
後からの方が全体の流れを掴みやすく、修正も容易になると思います。



267: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 23:58:27.68 ID:zM25jYib0.net

・自分が書きやすいキャラクターだけで書く

かすみ「かすみんはぁ、すーっごく可愛いのでぇ、書きやすいですよね~」ニコニコ

かすみとせつ菜の2人は、敬語で喋るので書きやすくイメージしやすいです。
せつ菜が突っ走り、かすみがツッコミというパターンが一番違和感なく簡単に書けるはずです。

 

・ストーリーの展開によく悩む

かすみ「まずはプロットを書く所から始めましょう♪」

形式はなんでもいいので、あらすじを書きたいように書き殴ります。本編で詰まっても、あらすじはスラスラ書ける場合もあります。

 
かすみ「キャラクターが勝手に喋りだして話が逸れるという事もよくありますね」
「まあ、かすみんは良い子なのでそんな事ありませんけどね」フフン

かすみ「その場合は、一度書くことを止めて最初から見直しましょう」

話の根元を捉えやすく、修正箇所が見つけやすいです。



268: 名無しで叶える物語 2021/09/15(水) 23:59:34.48 ID:zM25jYib0.net

・まずは完成を目指す

かすみ「最初から大長編を書く事は難しいですね・・・・・・」アセアセ

短編を書いて誰かに見てもらう。それを繰り返す事で書き切る力がついてきます。

かすみ「そうですねぇ。なんでもない日常会話とかどうですか?」

自分と友人の会話を書き起こし、キャラクターにはめ込む事も手です。

 
・投稿について

かすみ「変な事を言われても自分を強く持ってください!」

ここに投稿する場合、だいたい荒らしや煽りがどこかのタイミングで沸きます。
それらは交通事故と同じなので、遭遇しても不運だと割り切りましょう。



269: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 00:06:11.10 ID:AAyDa0KW0.net

かすみ「え? 反応が少なかったんですか?」

面白いSSだからといって、たくさんレスをもらえるとは限りません。逆もまた然りです。
自分が面白いと思い込む事が大切です。


かすみ「ああっ! せっかく書いたのにそんなこと言っちゃダメですよ~っ」

自分の創作物を卑下し過ぎないでください。
書いた本人が「面白くない」と発言すると、読んでいる側も面白いと感じにくくなると思います。

かすみ「そうです! かすみんみたいに自信を持ってください!」

 
”「かすみんだってSSくらい書けますけど」キリッ”おわり



276: ”男という動物” 2021/09/16(木) 22:45:09.10 ID:AAyDa0KW0.net

エマ「今日はここまでにしておこっか」

璃奈「はぁ、はぁ」

かすみ「つかれたー!」グッタリ

彼方「ふー」

かすみ「全然息上がってない・・・・・・さすが3年生ですね~」ヒソヒソ

璃奈「う、うん」ボソッ

彼方「そんな事ないよー。彼方ちゃん、今すぐにでもすやぴできるよー」

エマ「こんな所で眠っちゃダメだよ」ニコニコ

彼方「はぁーい」

かすみ「どうして先輩達は息切れしないんですか?」

璃奈「教えてほしい(キラキラ)」

エマ「うーん、スイスより標高が低くて酸素が濃いからかなぁ?」

彼方「彼方ちゃんは先輩で3年生だからだよ」ウトウト

かすみ「もう、それじゃ参考になりませんよ」

璃奈「それなら・・・・・・」

かすみ「なになに? もー、なにか知ってるなら言ってよ~」ニコニコ

璃奈「璃奈ちゃんスーツを着て練習すれば――」

彼方「うわあああっ?!」ガクガクガク

エマ「大変! 彼方ちゃんがバイブレーターになっちゃった!」

かすみ「痙攣ですよ!」アセアセ

~~~



277: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 22:46:49.92 ID:AAyDa0KW0.net

彼方「ふぅ。取り乱してごめんねぇ」

エマ「良かった~」

かすみ「取り乱したって言葉で片付けていいんですか?」

璃奈「炭水化物を摂らなければ平気なのに・・・・・・」シュン

かすみ「りな子、ありがとっ。気持ちだけでかすみんは胸いっぱいだよ」ニッコリ

璃奈「あっ」

かすみ「!!」

璃奈「3年生と私達の違い、分かったかもしれない(ピコーン)」

彼方「おっ、さすが璃奈ちゃん」ナデナデ

エマ「すごいねぇ~」ナデナデ

璃奈「(テレテレ)」モジモジ

かすみ「むぅ! りな子ばっかり甘やかさないでください!」

彼方「もう、かすみちゃんのそういう所も可愛いぞー」

エマ「うんうん。可愛い、可愛いよかすみちゃん」

かすみ「えへぇー・・・・・・ってかすみんも撫でてくださいよ!」

彼方「それで私達との違いって?」

かすみ「もう!」ムスッ

璃奈「おっぱいが大きい」

彼方「・・・・・・」
エマ「・・・・・・」



278: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 22:48:26.79 ID:AAyDa0KW0.net

かすみ「りな子? なに言ってるか分かってる?」ジトー

璃奈「3年生はみんなおっぱいが大きい。だからスタミナも多い」

かすみ「む、胸の小さい3年生は?!」

璃奈「3年生なのに・・・・・・小さい?(はてな)」

かすみ「もう、りな子って賢いのに頭おかしいよね」
「先輩達もたまには怒ってあげてくださーい」

彼方「・・・・・・よく分かったね」

エマ「・・・・・・さすが璃奈ちゃん」

ナデナデ

璃奈「(ぽぽぽ)」

かすみ「はぁ、もういいです」プイッ

彼方「ごめんね、彼方ちゃんに免じて拗ねないで~」

かすみ「それならスタミナアップの方法教えてくださいっ」ムスッ

彼方「真面目に練習する事だよ」

かすみ「・・・・・・」

彼方「あとは、たくさん食べてたくさん寝る事」
「彼方ちゃんみたいに夜更かしは厳禁なんだぜ」キリッ

かすみ「・・・・・・それで胸も大きくなりますか?」ボソッ



279: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 22:50:02.11 ID:AAyDa0KW0.net

彼方「・・・・・・ぷふっ」

かすみ「わっ、笑わないでください!」///

彼方「エマちゃーん。かすみちゃんがねー」

かすみ「うわああっ!? 言わないでください!」///

エマ「え? かすみちゃん、胸を大きくしたいの?」

かすみ「聞こえてたんですか?!」

璃奈「かすみちゃん、さっきのは冗談だよ」

かすみ「もう! もう! もう!」ダンダンダンッ

エマ「かすみちゃん、落ち着こうね」

ギュム

かすみ「わわっ」

エマ「よしよーし」ナデナデ

かすみ「エマ先輩・・・・・・」

エマ「大きい胸が好きなんだよね」

かすみ「は・・・・・・って違いますよ!」バッ

彼方「嘘はよくない、よくないなー」ハァ

璃奈「大きくなりたいのに大きいのは嫌い?(むむむっ)」

かすみ「嫌いじゃないけど意味が違うの!」

エマ「気持ちよくなかった?」ニコニコ

かすみ「・・・・・・そうは言ってませんけど」フイッ

エマ「ふふっ」



280: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 22:51:35.98 ID:AAyDa0KW0.net

彼方「璃奈ちゃんも大きくなりたい?」

璃奈「わからない。でも、大きいと大変そう」

かすみ「そういえば、肩凝りが酷いとか言いますけど本当ですか?」

エマ「うーん、どうだろう。もう慣れちゃったから分からないなぁ」

かすみ「ぐぬぬっ」

彼方「彼方ちゃんは、肩凝りよりも男の人からの視線が気になるなぁ」

かすみ「あー」ジーッ

璃奈「ちょっとだけ羨ましい」ジーッ

彼方「璃奈ちゃんっ!」ガシッ

璃奈「きゃっ」

彼方「男の人からの視線が羨ましいなんて嘘でも言っちゃダメッ!」

かすみ「急にどうしたんですか? 落ち着いてくださいよ」

彼方「男の人はね、すーっごく怖いんだよ」

璃奈「あ、あ、の」ビクビク

かすみ「りな子が怖がってます! 放してあげてくださいっ」

彼方「あっ。ご、ごめんね?」パッ

璃奈「・・・・・・うん」ウツムキ



281: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 22:53:20.76 ID:AAyDa0KW0.net

かすみ「男の人よりも今の彼方先輩の方が怖いです」ハァ

エマ「あのね、かすみちゃん」

かすみ「今度はエマ先輩ですか」

エマ「男の人はね、エッチな事ばっかり考えてるBestiaだよっ」///

かすみ「なに言ってるんですか?」キョトン

彼方「璃奈ちゃんは、自分の脳がどこにあるか知ってるよね?」

璃奈「頭・・・・・・?」

彼方「せいかーい♪」
「それじゃあ、男の人の脳はどこにあるか知ってるかな?」

璃奈「え?」キョトン

かすみ「そんなの頭に決まってます。さっきからなに言って――」

彼方「違うよ」

かすみ「・・・・・・は?」

エマ「男の人の脳はね、お股にあるんだよ」

かすみ「はぁ?」

璃奈「そうなの?」

彼方「よーく覚えておいてね」

かすみ「ちょっと待ってください!」
「それが本当だとしたら、頭の中には何が入ってるんですか?」

エマ「Sperma」ボソッ

かすみ「へ?」

彼方「うーん、空っぽだと彼方ちゃんは思うな~」



282: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 22:54:45.58 ID:AAyDa0KW0.net

璃奈「聞いた事がある」
「男の人に襲われた時、股を蹴り上げると効果的らしい」

彼方「璃奈ちゃんは物知りだね~」ナデナデ

璃奈「(ぽぽぽ)」テレテレ

かすみ「それはかすみんも聞いた事ありますけど・・・・・・」

エマ「かすみちゃんもエラいねー」ナデナデ

かすみ「でへへ」テレテレ

エマ「脳がキックされたら、誰でも倒れちゃうよね」

彼方「つまり、彼方ちゃん達の話が本当だという事だねー」

かすみ「・・・・・・」

エマ「なにか聞きたい事があるならなんでも言ってね?」ニッコリ

かすみ「あの、先輩達を疑ってるワケではないんですけど」

エマ「うんうん」

かすみ「あの、その、本当にえ、エッチな事しか考えてないんですか?」

彼方「そうだよ」

かすみ「で、でも! テレビでは、男女はドラマチックな恋愛も甘酸っぱい青春もしてました!」

彼方「・・・・・・」

かすみ「ね? りな子も見た事あるでしょ?」チラッ



283: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 22:56:20.44 ID:AAyDa0KW0.net

璃奈「かすみちゃんは男尊女卑って知ってる?」

かすみ「・・・・・・そっ、それくらい知ってるけど?」プイッ

璃奈「昔の社会は、女性より男性の方が偉かった」
「主な仕事は男性、出世するのも男性。女性はお茶汲みと電話対応とかの雑用ばかり」

かすみ「そんなの差別じゃん!」

璃奈「そうだよ。それが当たり前だった時代があったんだよ」
「それが今でも大企業の管理職は男性が大半を占めてる」

かすみ「そうだったんだ・・・・・・えっとじゃあ、テレビ局も?」

璃奈「うん。男の人を怖がらないように嘘の情報を発信してる」

かすみ「かすみん、騙されてたの?」ガクガク

ガシッ

エマ「どうしてそんな事するか分かるかな?」

かすみ「え、え? どうして、ですか?」

彼方「女の子にエッチな事をする為だよ」

かすみ「あっ、ああ、あああ」ガクガクガク



284: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 22:58:02.48 ID:AAyDa0KW0.net

エマ「男の人は女の子の身体しか見てないんだよ」

彼方「だからね、男の人からの視線が羨ましいなんて嘘でも言っちゃダメなんだよ」

璃奈「分かった(キリリ)」

チョンチョン

かすみ「り、りな子?」ボソッ

璃奈「どうしたの?(はてな)」

かすみ「りな子の持ってる防犯ブザー、どこで買ったの?」

璃奈「普通のお店だけど、一緒に買いに行く?」

かすみ「いいの? ありがとっ」ニコニコ

璃奈「私も嬉しい。お揃いにしたい(にっこりん)」

ズサアアアーッ

ミア「Hi,璃奈。こんな所で会うなんて奇遇だね」

璃奈「あっ、ミアさん」



285: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 23:00:13.91 ID:AAyDa0KW0.net

ミア「ちょうどボクも防犯ブザーが欲しくてね」チラッ

璃奈「ミアさんも一緒に行く?」

ミア「そうだね。せっかくだから璃奈と同じ物にしようかな」チラッ

璃奈「いいよ。お揃いだね(にっこりん)」

ミア「ふっ」キリッ

ガシッ

ミア「ん?」クルッ

彼方「ミアちゃんは男の人について詳しく知ってるかな?」

ミア「What? なにを言っているんだい?」

エマ「むこうのブランコでお姉さん達がゆっくり教えてあげるね♪」ニッコリ

 
”男という動物”おわり



286: 名無しで叶える物語 2021/09/16(木) 23:02:41.16 ID:AAyDa0KW0.net

本スレ内のSSは、全てフィクションです。
現実の団体名や個人名とは一切関係ありません。特定の思想などの支持および否定する意図もありません。



292: ”大乱○” 2021/09/17(金) 23:17:05.46 ID:EEUg7YAu0.net

しずく「昨日は本当にごめんね」

かすみ「可愛いかすみんに会えないような急用ってなんですかぁ?」ムスッ

しずく「実は、えーっと、別の友達と約束していて・・・・・・」

かすみ「ふーん。かすみんよりその友達の方が大事なんだ」

しずく「もう、そんなイジワル言わないで」アセアセ

かすみ「つーん」フイッ

しずく「はぁー」

璃奈「急用なら仕方ない」

しずく「璃奈さんもごめんなさい」ペコリ

璃奈「次からは忘れないでね(にっこりん)」

しずく「うん。埋め合わせはするからね」

かすみ「しず子が来てくれないから、りな子がずっとマウント取ってたんだから」

しずく「・・・・・・ふふっ」

かすみ「ああ! 笑うなー!」ムスッ

しずく「ごめんなさい。でも、その様子を想像したら微笑ましくて」



293: 名無しで叶える物語 2021/09/17(金) 23:22:06.32 ID:EEUg7YAu0.net

璃奈「私は気持ち良かった(ぽぽぽ)」

かすみ「あんなにかすみんの上とってたんだから当たり前じゃん」

璃奈「取り返せば良かったのに(きらーん)」

かすみ「ぐぬぬ」

しずく「・・・・・・あれ?」キョトン

かすみ「どうしたの?」

しずく「えっと、昨日はゲームしてた、よね?」

かすみ「りな子の家でゲームしようって、しず子にも話してたでしょ?」

しずく「そうだよね。うん」
(私の勘違い・・・・・・?)

かすみ「変なしず子」



294: 名無しで叶える物語 2021/09/17(金) 23:28:07.98 ID:EEUg7YAu0.net

璃奈「かすみちゃんは指使いが下手(むんっ)」

しずく(指使い?!)

かすみ「しょ、しょうがないじゃん。まだあんまりやった事ないんだから」ムスッ

しずく(ヤッた?!)

璃奈「私も最初はそうだった」

かすみ「かすみんより手小さいのに、あんな速く動かせるのっておかしくない?」

しずく「・・・・・・」ゴクリ

璃奈「おかしくない(きりり)」

しずく「2人って、その、そういう関係なの?」モジモジ

かすみ「関係?」キョトン

璃奈「うん」

しずく「!!」

かすみ「そうなの?」チラッ

璃奈「私が師匠、かすみちゃんは弟子」

かすみ「えー」

しずく「璃奈さんの方が上手なんだ・・・・・・」///

璃奈「誰にも負けない。愛さんにも」

しずく「愛さんにも?!」



295: 名無しで叶える物語 2021/09/17(金) 23:34:28.45 ID:EEUg7YAu0.net

かすみ「そんなに驚く事? 愛先輩ってそんなイメージ無いと思うけど」

しずく「そ、そう?」

かすみ「そうだよ」

しずく「そ、そうだよね。見た目で判断するのは良くないよね」

かすみ「次は絶対にしず子も来てっ」

しずく「え、えっと、私は、ほら、まだ、し、シたことないから」モジモジ

かすみ「にひひ。初めてだからいいんだよ」ニヤリ

しずく「?!」///

璃奈「初心者狩りは良くない(むむむっ)」

かすみ「ええ?! それりな子が言うの?」

璃奈「かすみちゃんが初めてだった時、優しく教えてあげたのは誰?」

かすみ「・・・・・・りな子だけど」

しずく(やっぱりそうだ。2人ともそういう関係・・・・・・あれ?)



296: 名無しで叶える物語 2021/09/17(金) 23:40:29.64 ID:EEUg7YAu0.net

しずく「2人は、その、私とも、シ、シたいの?」///

璃奈「うん」コクン

しずく「そ、そうなんだ」モジモジ

かすみ「2人だけじゃつまらないもんね」

しずく「わかった。2人がそこまで言うなら私も頑張るよ」モジモジ

かすみ「まあ、しず子が来なかったら知らない人とも出来るからねぇ」プイッ

しずく「知らない人ッ?!」

璃奈「本当は来てほしいと思ってるのに(ぽわわん)」

かすみ「そんなこと思ってないもん」

ガシッ

しずく「次は絶対に行くから!!」

かすみ「う、うん」



298: 名無しで叶える物語 2021/09/17(金) 23:46:09.51 ID:EEUg7YAu0.net


─翌月・璃奈のマンション─

しずく(ついにこの日が来た)ドキドキ

しずく(この恰好、変じゃないよね?)ソワソワ

しずく「すぅー、はぁー・・・・・・よし」///

ポチッ

ピンポーン

しずく「・・・・・・」ドキドキ

ガチャ

璃奈「いらっしゃい」

かすみ「もうしず子ってば遅いよー」

しずく「ご、ごめんね」

かすみ「・・・・・・」ジーッ

しずく「な、なに」ドキドキ

かすみ「今日のしず子、なんか気合い入ってない?」

しずく「そんな事ないよ」アセアセ

璃奈「そのワンピース、すごく似合ってる(にっこりん)」

しずく「あ、ありがとう」///

かすみ「もう準備できてるから早くしよ」

しずく「準備、できてるんだ」ボソッ

璃奈「どうぞ」

しずく「お邪魔します」



301: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 00:00:08.91 ID:A1p2fXXa0.net


─璃奈の部屋─

しずく(このベッドで今から・・・・・・)ドキドキ

ベッドのすぐ横に緊張しながら正座した。

かすみ「しず子?」

しずく「は、はい!」///

かすみ「どうしてそんなとこに座ってるの?」

しずく「へ? どうしてって、その、これからするんだよね?」

かすみ「うん」

しずく「だから、ベッドの所で──」

かすみ「ベッド? ベッドなにするの?」

しずく「え?」キョトン

璃奈「しずくちゃん」
「ベッドで寝転がりながらやりたい?」

しずく「それは、まあ・・・・・・はい」///

璃奈「ごめんね。臭いとかしたら恥ずかしいから、向こうに座ってくれる?(もじもじ)」

しずく「・・・・・・座ってするの?」

かすみ「真剣勝負なんだから当たり前でしょ」
「ほら、早く」ポンポン

しずく「・・・・・・そうだね」

チョコン



302: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 00:04:43.53 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ「はい、これ持って」

スッ

しずく(バイブ?)

璃奈「持ち方わかる?」

しずく「こう?」ニギッ

かすみ「あはははっ」

璃奈「こうだよ」

カチャカチャ

璃奈「ジャンプはここ、攻撃はここ、防御はここ」

しずく「・・・・・・これってテレビゲーム?」

璃奈「そうだよ」

かすみ「やった事なくても名前くらいは知ってるでしょ?」

璃奈「スマブラ」

しずく「・・・・・・」プルプル

璃奈「しずくちゃん?」

しずく「ふぅー・・・・・・かすみさん」キリッ

かすみ「ん?」

しずく「遊び方、教えて」

かすみ「もう、しょうがないなぁ~」ニマニマ



303: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 00:07:14.07 ID:A1p2fXXa0.net

 
─2時間後─

カチャカチャカチャ

かすみ「ああーっ?!」

しずく「ふふっ。かすみさんってば、ゲームの中だと素直なんだね」

かすみ「それどういう意味ッ?!」ムスッ

璃奈「かすみちゃんの動きは直線的すぎる。カモ(にやり)」

かすみ「りな子! 覚悟!」

しずく「それっ」

かすみ「ああー! しーずー子ーッ!」

しずく「あはは」

汗だくになるまでやった。

 
”大乱〇” おわり



311: ”せつ菜「どうしてですかっ!」” 2021/09/18(土) 23:20:49.81 ID:A1p2fXXa0.net


─虹ヶ咲学園・お昼休み─

かすみ「はぁー」
(せつ菜先輩とお付き合いを続けられるのは嬉しいけど・・・・・・)

かすみ「はあー」ボーッ

 
せつ菜「かすみさーん!」

 
かすみ「走ると転びますよーっ」

 
せつ菜「大丈夫で──」

ズルッ

 
かすみ「あっ!」

バンッ

 
せつ菜「す!!」

 
トコトコトコ

かすみ「大丈夫ですか?」

せつ菜「はい!!」スクッ

かすみ「だから危ないって言ったじゃないですか」ハァ

せつ菜「大丈夫ですよ?」キョトン

かすみ「右手、見せてください」

せつ菜「??」

スッ



312: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:22:28.36 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ「このあたりは砂利が多いから痛かったですよね」

ポケットから取り出したハンカチで、手のひらについた汚れを拭き取る。

せつ菜「あ、ありがとう、ございます」テレテレ

かすみ「これくらいなんでもないですよ」プイッ

せつ菜「かすみさん?」

かすみ「せつ菜先輩の恋人なんですから」テレテレ

せつ菜「好きです!」

かすみ「・・・・・・知ってますよ」

グゥー

せつ菜「・・・・・・」///

かすみ「お腹空いてたから走って来たんですか?」

せつ菜「かすみさんに早く会いたかったからです!」ペカー

クルッ

かすみ「さ、さあー、あんまりノンビリしてるとお昼休み終わっちゃいますよ」///

せつ菜「そうですね」

~~~



313: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:24:03.54 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ「おいしいですか?」チラッ

せつ菜「おいしいです!!」

かすみ「ふふーん♪」ニマニマ

せつ菜「いつもありがとうございます」ペコリ

かすみ「かすみんの可愛いお弁当のついでなので気にしないでくださーい」

せつ菜「あっ! それなら交換しますか?」

かすみ「せつ菜先輩のお弁当とですか?」

せつ菜「はい!」

かすみ「でもそれって・・・・・・」

せつ菜「遠慮しないでください!」

かすみ「部活の後に食べてる分ですよね?」

せつ菜「・・・・・・え?」

かすみ「あれ、違いました?」

せつ菜「ど、どど、どうして知っているんですか?!」ガシッ

かすみ「きゃっ」ビクッ

せつ菜「それは優木せつ菜7つの秘密の1つですよ?! どうして!」

かすみ「た、たまたま見かけただけですよ」

パッ

せつ菜「そう、ですか」シュン



314: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:25:38.46 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ「そんなにショックですか?」

せつ菜「可愛いですか?」ボソッ

かすみ「へ?」キョトン

せつ菜「1日にお弁当を2つも食べる女子が可愛いですか?!」ジーッ

かすみ「え、えーっとですね」

せつ菜「運動部の男子中学生と同じですよ?!」

かすみ「それは、まあ、そうかもしれませんけど」

せつ菜「もう食べませんっ」

かすみ「別に気にしなくていいんじゃないですか?」

せつ菜「・・・・・・」ムスッ

かすみ「可愛いかどうかは置いておいて、お腹鳴らす元気の無いせつ菜先輩なんてせつ菜先輩じゃありませんよ!」

せつ菜「・・・・・・ありがとうございます」モグモグ

~~~



315: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:27:13.16 ID:A1p2fXXa0.net

せつ菜「ここは静かですね」

かすみ「部室棟の裏ですから。放課後以外は誰も来ません」

せつ菜「どうしてここなんですか?」

かすみ「・・・・・・」

せつ菜「教室とか中庭のベンチの方が日当たりもいいですし、かすみさんの教室からも近いですよ?」

かすみ「・・・・・・少しだけ、怖いんです」ウツムキ

せつ菜「怖い?」

かすみ「ステージの上だと、みんなもっとかすみんのこと見て~って思えます」
「でも、同じ目線で360度から見られるのは落ち着かなくて」アセアセ

せつ菜「すみません」

かすみ「せつ菜先輩は悪く・・・・・・ありませんよ」

せつ菜「私に出来る事があれば何でも言ってください!」

かすみ「なんでも、ですか?」

せつ菜「はい!!」ペカー

かすみ「それなら──」

ピトッ

せつ菜「!!」

かすみ「少しの間だけこうさせてください」

せつ菜「はっ、はい!」ドキドキ



316: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:28:47.37 ID:A1p2fXXa0.net


─週末・果林の部屋─

果林「上手くやってるみたいね」フフッ

せつ菜「はい!」

歩夢「今日はどうしたの?」

せつ菜「3回目のデートプランなんですが──」

歩夢「・・・・・・3回目?」キョトン

せつ菜「どうしたんですか?」キョトン

果林「1回目がベンチコート着て行って怒られた時よね?」

せつ菜「そうですね」

歩夢「2回目はステージ衣装で行っちゃったんだっけ?」

せつ菜「そうですね」

歩夢「その時は春だったよね?」

せつ菜「5月3日でした!」

果林「今は7月よ?」

せつ菜「そうですが?」

歩夢「2ヶ月間もデート無しなんて・・・・・・」アセアセ

せつ菜「え? え?」キョロキョロ

果林「なにしてたの?」ジロリ

せつ菜「生徒会の手伝いと部活、課題など色々と」

果林「忙しいのは分かるわ。課題なんて1日やっていても終わらないものね」

せつ菜「いえ、そこまではかかりません」



317: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:30:27.45 ID:A1p2fXXa0.net

歩夢「せつ菜ちゃん!」

せつ菜「はい?」

歩夢「かすみちゃん、なにか言ってなかった?」

せつ菜「なにかとは?」

歩夢「寂しいとかデートしたいとか」

せつ菜「なにも聞いていません」

歩夢「それじゃあ様子がおかしかったりは?」

せつ菜「いつも通りでしたよ」

果林「かすみちゃんは言わない・・・・・・言わないでしょうね」

歩夢「せつ菜ちゃん、よく聞いてね」

せつ菜「は、はい」

歩夢「かすみちゃん、こっそり泣いてるよ」

せつ菜「えぇっ?!」



318: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:32:04.22 ID:A1p2fXXa0.net

歩夢「毎日お昼を作ってくれる、下校が遅くなっても待っていてくれる、デートのエスコートもできる」

果林「せつ菜は、かすみちゃんに何をしてあげてるの?」

せつ菜(そういえば私はなにも・・・・・・)

歩夢「早くデートプラン考えないと」

せつ菜「どどど、どうしたら!」

果林「早ければ早い方がいいわ」

せつ菜「あっ! 明日は振替休日です!」

果林「それなら早く──」

歩夢「待って!」ポチポチ

せつ菜「止めないでください!」

歩夢「明日、台風来るみたい」

せつ菜「・・・・・・」

歩夢「それも東京湾から」

果林「こうなったら最終手段よ」

せつ菜「奥義ですか?!」キラキラ

果林「それはね──」



319: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:33:33.05 ID:A1p2fXXa0.net

 
─翌日の夕方・菜々の部屋─

ガチャ

かすみ「お、お邪魔、します」ソワソワ

菜々「あ、荷物は、その、適当に置いてください」ソワソワ

かすみ「は、はい」

ドサッ

かすみ「あの、せつ菜先輩?」

菜々「はいっ!」ビクッ

かすみ「急にどうしたんですか? 突然、家に泊り来ませんか? なんて」

菜々「・・・・・・」シュン

かすみ「せつ菜、先輩?」

菜々「気が回らなくてすみませんでした」ペコリ

かすみ「どうして謝るんですか?」

菜々「それは、その、かすみさんを泣かせてしまったので」シュン

かすみ「え? 泣いてませんけど」キョトン

菜々「今はそうかもしれませんが、家でこっそりと泣いていると──」

かすみ「誰かに言われたんですね」

菜々「はい」



320: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:35:18.72 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ「はぁー」

菜々「すみません」シュン

かすみ「いいですか? 家でも泣いてませんし、泣く理由がありません」

菜々「ですが、デートもGW以来していなかったので・・・・・・」

かすみ「・・・・・・気付いてたんですか?」

菜々「私だったら泣いちゃう、と歩夢さんに言われて気付きました」シュン

かすみ「また歩夢先輩ですか」ハァ

菜々「言い訳になりますが──」

かすみ「知ってますよ」

菜々「なにをですか?」キョトン

かすみ「生徒会のお手伝い、忙しかったんですよね?」

菜々「・・・・・・はい」モヤモヤ

かすみ「1年生と違って課題も多いみたいですし、部活もありましたから。しょうがないですよ」

菜々「・・・・・・はい」モヤモヤ



321: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:36:43.56 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ「でも、寂しかったのは、その、本当なので、今日はありがとうございます」モジモジ

菜々「やっぱり泣いてたんですね?!」ガタッ

かすみ「泣いてないです」

菜々「本当ですか?」チラッ

かすみ「まあ、か弱い女の子なので泣きそうな時もありましたけど」

菜々「!!」

かすみ「せつ菜先輩が頑張っている時に私が泣いてしまったら、せつ菜先輩の心配事が増えちゃうじゃないですか」ニコニコ

菜々「かすみさん!」

かすみ「なんですか?」

菜々「私は──」

ゴロゴロゴロ

かすみ「!!」ビクッ

ザァアー

菜々「ついに降り出しましたね」



322: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:38:19.33 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ「あ、はは。すこーしだけ、驚いちゃいました」アセアセ

菜々「雷は大丈夫ですか?」

シャーッ

かすみ「驚きはしますけど、愛先輩みたいに苦手じゃないですよ」

菜々「意外です」

かすみ「そうですか?」

菜々「可愛いが大好きなかすみさんですから、可愛く怖がるものだと思っていました」

ピカーッ

かすみ「・・・・・・」

ゴロゴロゴロ

かすみ「きゃーっ! せつ菜せんぱ~いっ、怖いですぅ」

ピトッ

菜々「!!」

かすみ「こんな感じですか~?」ペロッ

菜々「あっ、わ、私ッ! 紅茶でも淹れてきますね!」ガチャ

バタン

かすみ「可愛いなぁ」ボソッ

~~~



323: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:39:53.90 ID:A1p2fXXa0.net

ガチャ

菜々「お待たせしました」

コトッ

かすみ「ありがとうございます」

菜々「すみません。茶葉がどこにあるのか分からなくて」アセアセ

(午後のティー)

かすみ「こっちも好きなので大丈夫です」

菜々「母が居れば良かったのですが」

かすみ「ご家族はお出掛け中ですか?」

菜々「はい。父も仕事です」

かすみ「祝日なのに大変ですね」

菜々「母は昨日から旅行に行っていて今日帰ってくる予定です」

かすみ「大雨ですけど大丈夫ですか?」

Trrrrrr

菜々「噂をすれば母からです。すこしだけ失礼します」ポチッ

かすみ(なんか嫌な予感がするような)



324: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:41:29.79 ID:A1p2fXXa0.net

菜々「ええっ!? 帰れなくなった?!」

かすみ「・・・・・・」

菜々「お父さんも会社に泊まる?!」

かすみ「・・・・・・」

菜々「うん。うん。わかった。お母さんも気を付けて」

ピッ

菜々「かすみさん」ボソッ

かすみ「はい」

菜々「明日まで誰も帰って来ません」

ススッ

菜々「どうして離れるんですか?」

かすみ「な、なんとなく、ですけど」ドキドキ

菜々「安心してください! なにもしませんから!」

かすみ「・・・・・・当たり前ですよ!」

菜々「それよりも大変な事があります!」

かすみ「なんですか?」

菜々「夜ご飯はカップ麺でもいいですか?」



325: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:43:03.49 ID:A1p2fXXa0.net


─キッチン─

かすみ「色々あるじゃないですか」

菜々「すみません。私だけではカレーしか作れないので」

かすみ「この材料でカレーは作れないですけど・・・・・・」

菜々「やっぱりカップ麺に」アセアセ

かすみ「生姜焼き、シーザー風サラダ、コンソメスープ。でいいですか?」

菜々「・・・・・・ウーバーは来られませんよ?」

かすみ「なに言ってるんですか。これから作るんですよ」

菜々「え?」

かすみ「せつ菜先輩も手伝ってくださいね♪」ニッコリ

~~~



326: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:44:40.08 ID:A1p2fXXa0.net

菜々「おいしいです!」モグモグ

かすみ「さすがかすみんですねぇ」モグモグ

菜々「その通りですね。さすがかすみさんです」

かすみ「せつ菜先輩もたくさんお手伝いありがとうございました」

菜々「こちらこそありがとうございます」ペコリ

かすみ「そんなにかしこまらないでくださいよ~。せっかくのお泊りデートですよ?」

菜々「それもそうですね」モグモグ

かすみ「お泊りデート、ですよ?」チラッ

菜々「??」モグモグ

かすみ「もっとイチャイチャしませんか?」

菜々「げほっごほっごば」

かすみ「あああっ」アセアセ

トントン

菜々「すみません。しかし、かすみさんが急に変な事を言うので」アセアセ

かすみ「変じゃないですよ」



327: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:46:15.53 ID:A1p2fXXa0.net

菜々「さっきも言いましたけど、家に誰もいないからといって手を出すような事はしません!」

かすみ「イチャイチャするのもダメなんですか?」

菜々「・・・・・・変な雰囲気になりませんか?」

かすみ「ならないと思いますけど」

菜々「イチャイチャじゃれていると私の手がかすみさんの胸に触れてしまっても、ですか?」

かすみ「・・・・・・ちょっとくらいならいいですよ」ボソッ

菜々「えっ」

かすみ「ちっ、違います! 事故で触ってしまうくらいなら平気だと言う意味です!」

菜々「そう、ですよね。それでは、イチャイチャ、しましょうか」モジモジ

かすみ「・・・・・・はい」モジモジ

菜々「かすみさん、口を開けてください」
「あーん」

かすみ「あ、あーっ、んっ」モグモグ

菜々「・・・・・・」///

かすみ「もう! あーんくらいでそんなに照れないでくださいっ」
「かすみんまで恥ずかしくなってきちゃいますよ~」///



328: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:47:50.69 ID:A1p2fXXa0.net

菜々「いや、なんか、その、いつもよりもすごく、か、可愛いく見えましたので・・・・・・すみません」

かすみ「かすみんはいつでも可愛さ100%なんですけど~」ニコッ

菜々「ひゃっ! 120%でした!」

かすみ「え、ええ、えへっ、ありがとっ」///

菜々「はい・・・・・・」///

カチャカチャ

~~~

ピピッ

菜々「あっ、沸きましたね」

かすみ「せつ菜先輩からどうぞ」

菜々「かすみさんから入ってください!」

かすみ「せつ菜先輩の家なので、私は後で大丈夫です」アセアセ

菜々「私の家だからこそ、お客様のかすみさんから入るべきです!」

かすみ「・・・・・・覗いたら嫌いになっちゃいますからね?」モジモジ

菜々「フラグですか?」

かすみ「え? なんですか?」ポカン

菜々「なんでもありません」アセアセ

かすみ「は、はぁ。わかりませんがわかりました」スクッ

菜々「ゆっくり入ってきてください」ニコニコ



329: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:49:38.75 ID:A1p2fXXa0.net


─菜々の部屋─

ガチャ

かすみ「お先にいただきました」ポカポカ

菜々「もう上がったんですか?!」

かすみ「・・・・・・なにしてるんですか?」ジトー

菜々「かすみさんなら2時間くらいかかると思っていたので、つい・・・・・・」

かすみ「フィギュアですか?」

菜々の隣に正座し、それを一緒に眺める。

菜々「お気に入りの1つなのですが、部屋に飾れないのでたまに出しては眺めているんです」アセアセ

かすみ「ご両親が厳しいからですよね?」

菜々「はい・・・・・・すみません」ペコリ



330: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:51:19.36 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ「別に怒ってませんよ」

菜々「本当ですか? 私よりフィギュアの方が大事なの? とか思っていませんか?」

かすみ「かすみんの目の前でしてたら怒りますよ?」
「でも、今日みたいにご両親がいない時にしか出来ない事もあるじゃないですか」ニッコリ

菜々「かすみさん!」パアァ

かすみ「せつ菜先輩もお風呂入ってきてください」

菜々「はい!」スクッ

菜々「・・・・・・」

かすみ「どうしたんですか?」キョトン

菜々「お風呂上がりのかすみさん・・・・・・」ジーッ

かすみ「なっ、なんですか?!」///

まだ乾き切っていない髪、紅潮した頬、防御力の低いゆるふわパジャマ、ほのかに香るシャンプーの匂い。
いつもと違うかすみの情報が、次々に脳へ送られてきた。

菜々「はっ!! お、お風呂入ってきます!」

バタン

かすみ「なんですか、もう」モジモジ

~~~



331: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:52:54.90 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ(暇だなー)ボーッ

チラッ

かすみ「なんのアニメのフィギュアだろう」

ジーッ

かすみ(台座の裏とかに書いてないかな)

フィギュアを持ち上げて傾ける。

かすみ「すごい・・・・・・」
(こんな小さな所まで綺麗に作られてる)

かすみ「あーあ、いつかかすみんのフィギュアも作ってくれないかなー」
(そうすればせつ菜先輩も大喜び間違いなしっ)

かすみ「ふへへっ」

ツルッ

かすみ「あっ!?」

落下していくフィギュアは床に叩きつけられる。

かすみ「うわああっ?!」

そして、バランスを崩したかすみの体も床に叩きつけられた。

ドシーン

かすみ「いったあああー・・・・・・あああっ?!!」

(四肢が取れたフィギュア)

かすみ「どうしよう」ダラダラ



332: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:54:29.58 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ(とりあえず元箱に戻して・・・・・・)

ゴソゴソ

ガチャ

かすみ「!!」

菜々「かすみさん、お待たせしました」

かすみは、咄嗟にフィギュアの箱を抱えて蹲る。

菜々「なにしてるんですか?」

かすみ「な、なんでもありません!」

菜々「あれ、フィギュアはどこに」キョロキョロ

かすみ「あ、あのー、それなんですが」
(謝るしかない! 大丈夫、せつ菜先輩ならきっと許してくれる)

菜々「ああ、かすみさんが抱えてるんですね」

かすみ「え、あ、はい。そうですけど」

菜々「そんなに好きになってくれたんですね! 嬉しいです!」

かすみ「あ、いや、その」

菜々「もし良ければ、持って帰ってゆっくり眺めてもらってもかまいませんよ」

かすみ「・・・・・・はい」

菜々「この袋に入れてください。外からは見えないので安心できます」スッ

かすみ「・・・・・・ありがとうございます」シュン

―――
──




333: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:56:06.86 ID:A1p2fXXa0.net

 
─翌日・璃奈の部屋─

かすみ「一生の! 一生のお願いっ!」

璃奈「できない(ずーん)」

かすみ「本当にお願いだから! 代わりになんでも言うこと聞くからぁ」ウルウル

璃奈「技術的に不可能という意味で出来ない(ずーん)」
「3Dプリンターで作れるフィギュアは、手作りの足元にも及ばない(むむむ)」

かすみ「そこをなんとか、りな子の力で!」ペコリ

璃奈「かすみちゃんってそんなにフィギュア好きだったの?(はてな)」

かすみ「・・・・・・」

璃奈「かすみちゃん?(はてな)」

かすみ「じ、実は──」

~~~



334: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:57:40.01 ID:A1p2fXXa0.net

かすみ「それがコレなんだけど・・・・・・」

スッ

璃奈「私にできる事は1つしかない(じーっ)」

かすみ「瞬間接着剤も試してみたけど繋ぎ目が・・・・・・」

璃奈「正座して(じーっ)」

かすみ「は、はい!」

璃奈「両手を膝の前について、額を地面に擦りつける(じーっ)」

かすみ「・・・・・・土下座じゃん!」

璃奈「そう。謝るしかない(むんっ)」
「誠心誠意、相手が許してくれるまで額を擦りつけて謝り続けるしかない」

かすみ「・・・・・・そうだよね。ごめん、りな子」シュン

璃奈「私には謝らなくていい」

かすみ「うん。ありがと」

璃奈「頑張って(メラメラ~)」



335: 名無しで叶える物語 2021/09/18(土) 23:59:15.16 ID:A1p2fXXa0.net


─外─

かすみ「もしもし、今どこですか?」

せつ菜『部室ですが、どうしたんですか?』

かすみ「すぐに行くので待っていてください」

せつ菜『それはかまいませんが、電話ではダメですか?』

かすみ「・・・・・・はい。直接話したい事なので」

ピッ

 
─その頃の部室─

果林「かすみちゃんからだったの?」

せつ菜「はい。これからここに来るそうです」

しずく「どうしたのでしょうか」

せつ菜「なにか深刻そうな雰囲気でしたが・・・・・・まさか危ない事でもあったのでは!?」

果林「落ち着きなさい。それならどうして部室に来るのよ」

せつ菜「そう、ですね」



336: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:00:58.41 ID:sjX0u7oc0.net

歩夢「なんて言ってたの?」

せつ菜「直接話したい事があると」

しずく「あっ・・・・・・」

せつ菜「しずくさん?」

果林「・・・・・・そう」

せつ菜「果林さんまでどうしたんですか?」アセアセ

歩夢「せつ菜ちゃん、落ち着いて聞いてね」

せつ菜「あ、はい」

歩夢「別れ話、かもしれないね」

せつ菜「・・・・・・え?」ウルッ

果林「両親の居ない自宅」

しずく「外は大嵐。どんなに大きな嬌声を上げても問題のない状況」

歩夢「付き合ってる恋人と同じ部屋で寝る。なにも起きない方が不自然だよ」

せつ菜「つまり・・・・・・どういう事ですか?」

果林「ヘタレ過ぎるせつ菜に嫌気が差したのかもしれないわね」

せつ菜「そんな・・・・・・嘘ですよ・・・・・・」



337: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:02:47.43 ID:sjX0u7oc0.net

せつ菜「そんな・・・・・・嘘ですよ・・・・・・」

歩夢「どうして?」

せつ菜「かすみさんは、変な事をしたら嫌いになると言っていました!」

しずく「変な事とはなんでしょうか」

せつ菜「そっ、それは!」モジモジ

しずく「エッチなこと♡ ですよね?」

せつ菜「・・・・・・はぃ」///

しずく「では、一緒のベッドで寝る事はエッチな事でしょうか?」

せつ菜「それは、たぶん、違うと思います」

歩夢「抱き合ったりする事もエッチな事かな?」

せつ菜「ちが、います」ボソッ

果林「ハグもキスも恋人との大事なスキンシップよ」

せつ菜「でも! 食べさせ合いっこはしました!」///

しずく「・・・・・・せつ菜さん? あーんで満足するのは幼稚園児までですよ」ハァ



338: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:04:14.93 ID:sjX0u7oc0.net

歩夢「果林さんの言う通り、かすみちゃんはもっと触ってほしかったんじゃないかな」

せつ菜「いや、でも、かすみさんに嫌われてしまったら元も子もないじゃないですか・・・・・・」

果林「あのね、かすみちゃんは奴隷でもロボットでもないのよ? 嫌なことは嫌だと言うわ」

しずく「むしろ、2人っきりの状況で触ってもらえない方がショックですよ」

歩夢「そうだよね。私って魅力無いのかなーって不安になっちゃう」ニコニコ

バンッ

せつ菜「どうして教えてくれなかったんですか!!」ウルウル

果林「私達がなんでも教えてあげられるワケじゃない」

しずく「そうですよ。この中で恋人がいるのはせつ菜さんだけなんですから」

歩夢「え? 私はあの子と付き合ってるよ? ラブラブだよ?」キョトン

せつ菜「うっうぅ、わ、私は、いったいどうしたら・・・・・・」



339: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:05:51.11 ID:sjX0u7oc0.net


ガラッ

かすみ「せつ菜先輩、いますか?」チラッ

せつ菜「かすみさん!」ウルウル

かすみ「えっ?! せつ菜先輩?」

せつ菜「かすみさーん!」タッタッタッ

ギュッ

かすみ「わわわっ!」///

 
果林「どうしてあれが出来なかったのかしら」

しずく「前日に追い詰めておくべきだったでしょうか」

歩夢「あの子はね、家が隣同士だからって遠慮して泊まってくれないんだけど──」

 
せつ菜「嫌いにならないでください! 頑張ってキスもしますからー!」

かすみ「ちょっ、ちょっと落ち着いてください! せつ菜先輩ッ!」

グイグイ

せつ菜「引き離そうとしないでください!」ギューッ

かすみ「学校なんだから当たり前です!」グイグイ



340: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:07:25.74 ID:sjX0u7oc0.net

果林「ほら、落ち着きなさい」ポンッ

かすみ「あれ? 果林先輩がどうしてここに・・・・・・」

果林「その話は後よ。せつ菜に話があって来たのよね」

かすみ「そっ、そうですっ」ドキドキ

せつ菜「きっ、聞きたくありません!」バッ

かすみ「えっ」ビクッ

果林「ほら、しゃんとなさい」

かすみ「またせつ菜先輩になにか吹き込んでたんですか~?」ジトー

果林「やーね。私達は可能性の話をしていただけよ」

しずく「そうですよ」

かすみ「げっ」ビクッ

せつ菜「本当ですか?」ゴシゴシ

かすみ「なにかは知らないですけど、本当だから泣かないでください」スッ

せつ菜「ありがとうございます」フキフキ



341: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:09:02.50 ID:sjX0u7oc0.net

しずく「でも、わざわざ学校まで来るなんてどんな話?」

果林「気になるわね」

かすみ「あの、かすみんはせつ菜先輩に話があるんですけどぉ」ジトー

果林「存分に話し合ってちょうだい」ニッコリ

しずく「私達の事は気にしないでください」ニッコリ

かすみ「せつ菜先輩、ちょっと私の家まで来てくれますか?」

せつ菜「はい。わかりました」

 
歩夢「あなたは身持ちが堅いからまだ手しか繋いだ事ないんだけど、これから・・・・・・ふふっ♡」



342: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:10:37.96 ID:sjX0u7oc0.net

 
─かすみの部屋─

バタン

せつ菜「かすみさんの部屋に来たのは、あの時以来ですね」

かすみ(謝る。土下座で謝る)ドキドキ

せつ菜「あっ! あの時は本当にすみませんでした」アセアセ

かすみ「せつ菜、先輩・・・・・・」ボソッ

ゆっくりと膝をつき、両手を床につける。

せつ菜「かすみさん?」キョトン

かすみ「すみませんでした!!」

せつ菜「やっ! やめてください!」ガシッ

かすみ「本当にごめんなさい。ごめん、なさい・・・・・・」ウルッ

せつ菜「いいから顔を上げてください」

かすみ「無理ですっ」

せつ菜「そもそも謝られる事なんて何もされていません!」

かすみ「・・・・・・こ、ここ、これ、です」

鞄に入れていたフィギュアの箱を取り出し、せつ菜の前に置く。

その後、再び額を床につけた。

せつ菜「これって・・・・・・ッ!!」

バクバクバク



343: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:12:28.34 ID:sjX0u7oc0.net

せつ菜「どうして・・・・・・どうしてですかっ!」

かすみ「わざとじゃないんです! 本当にわざとじゃなくて、事故で、壊しちゃって・・・・・・」

せつ菜「顔を上げてください」

かすみ「すぐには無理ですけど弁償もちゃんとします」
「だから、その、出来れば許してほしいな・・・・・・なんて」

せつ菜「顔を、上げてください!」

両肩を掴まれたかすみは、勢いよく上体を起こされた。

かすみ「ごめんなさい・・・・・・」ウツムキ

せつ菜「こんな、フィギュアの為にかすみさんが頭を下げないでください」ウルウル

かすみ「・・・・・・えっ」

せつ菜「ほら、おでこが赤くなっています。可愛いかすみさんが台無しです」ナデナデ

かすみ「あ、あ、ありがとう、ございます」テレテレ

せつ菜「土下座するかすみさんなんて可愛くありません」ニッコリ

かすみ「あの、もっと怒っても、良いと思いますよ?」チラッ

せつ菜「それなら・・・・・・コホン」

かすみ「あのあの、優しくお願いします」ドキドキ

せつ菜「どうしてですかっ!」

かすみ「ひぃっ!!」

せつ菜「どうして私を信用してくれなかったんですか」

かすみ「・・・・・・へ?」ポカン



344: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:16:11.15 ID:sjX0u7oc0.net

せつ菜「土下座してまで謝らないと許してくれない。そう思われていた事が悲しいです」シュン

かすみ「いやでも、これはお気に入りのフィギュアで、すごく大切にしている物で・・・・・・」

せつ菜「私が1番大切にしてるモノ・・・・・・」

かすみ「そうですよね? それをかすみんは──」

せつ菜「私の一番はかすみさんですっ!!」ペカー

かすみ「えええええぇぇっ?!!」///

せつ菜「あっ、私からも謝らないといけない事がありました」

かすみ「急にいつものトーンに戻らないでくださいよ~」///

せつ菜「昨日は、あまりイチャイチャ出来ずに申し訳ありませんでした」ペコリ

かすみ「え? そう、ですか?」

せつ菜「ベッドで抱き合いながら眠ったり、事あるごとにキスしたりしたかったですよね」シュン

かすみ「・・・・・・果林先輩ですか?」

せつ菜「しずくさんと歩夢さんにも言われました」

かすみ「はあぁー」グッタリ



345: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:17:46.43 ID:sjX0u7oc0.net

かすみ「いいですか? せつ菜先輩が一般的な恋人と同じようにできるなんて最初から思っていません」

せつ菜「すみません・・・・・・」シュン

かすみ「私は、どこまでも自分の道を突き進むせつ菜先輩が──」

チラッ

かすみ「好きです」ボソッ

せつ菜「!!」パアァ

かすみ「せつ菜先輩も、私の事をもっと信用してくださいっ」

せつ菜「私のやり方でいいんですか?」

かすみ「そうで──」

ギューッ

せつ菜「かすみさん、大好きです」ボソッ

かすみ「~~~ッ!」ゾクゾク
かすみ「わ、わかりました、から、しゃしゃやかないでくだしゃぃ」///

―――
──




346: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:19:41.30 ID:sjX0u7oc0.net


─翌日・部室─

かすみ「というワケなので、私達の事は放っておいてください」

せつ菜「今までありがとうございました」ペコリ

果林「なによ。それなら私の課題は次から誰がやってくれるのよ」

かすみ「自分でやってください」

しずく「これからも、たまに惚気話を聞かせてくださいね」

せつ菜「はい!」

かすみ「それはいいけどぉ、変なこと吹き込むのは止めてよね?」ジトー

しずく「はぁーい」ニコニコ

かすみ「歩夢先輩もですよ?」チラッ

歩夢「そんなぁー。せっかくダブルデートしようと思ってたのにー」シュン

かすみ「ダブル? 誰とですか?」キョトン

歩夢「私とあの子、かすみちゃんとせつ菜ちゃんだよ」

かすみ「歩夢先輩ってお付き合いされてたんですか。いつからですか?」

歩夢「産まれた時からだよ」ニッコリ

 
おわり



347: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:21:16.26 ID:sjX0u7oc0.net

おまけ

─後日・デートの日─

せつ菜「おはようございます!!」

かすみ「おはようございます」ボソッ

せつ菜「元気が無いようですが、大丈夫ですか?」

かすみ「大丈夫です・・・・・・でも、どうしてこんな朝早いんですかぁ?」

せつ菜「せっかくのデートなので長く楽しみたいからです」

かすみ「まさかデートで始発に乗るとは思いませんでしたよ・・・・・・ふぁあー」

せつ菜「すみません。私の家は門限も厳しいので」

かすみ「生徒会の仕事とは言えないんですか?」

せつ菜「嘘をつくのは、ちょっと・・・・・・」

かすみ「冗談ですよぉ」



348: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:22:45.11 ID:sjX0u7oc0.net

かすみ「ところで、今日はどこ行くんですか?」

せつ菜「・・・・・・」モジモジ

かすみ「??」ポカン

せつ菜「わっ、私ッ!!」

かすみ「は、はいっ」ビクッ

せつ菜「その、か、かすみさんとお揃いの物が欲しいです!」///

かすみ「お揃いですかぁ」

せつ菜「はぃ」ドキドキ

かすみ「もう、しょうがないですね~」ニマニマ

せつ菜「そっ、それでは!」

かすみ「もちろん良いですよっ」ニマニマ

せつ菜「ありがとうございます!」

かすみ「せつ菜先輩はなにが欲しいですか? キーホルダーですか?」

せつ菜「お揃いの下着が欲しいです!」

かすみ「・・・・・・嫌ですっ!」///

 
”せつ菜「どうしてですかっ!」”おわり



349: 名無しで叶える物語 2021/09/19(日) 00:25:29.48 ID:sjX0u7oc0.net

2週間超という長い間、読んでいただきありがとうございました
また、たくさんのネタと感想もありがとうございました

終わりです。


元スレ
かすみんだってSSくらい書けますけど【SS】