1: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:20:04.12 ID:ijZF7r54.net

せつ菜「歩夢さんとしずくさんにドッキリ、ですか?」

こちらの続編、リベンジマッチです



3: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:21:46.08 ID:ijZF7r54.net

侑「集まってもらった理由は分かる?」

かすみ「…さぁ…」

せつ菜「分かるような分からないような…」

侑「…私は許せないよ!」バンッ

かすみ「な、何かあったんですか?」ビクッ

侑「あるよ!あったよ!しょっちゅうあるよ!」

せつ菜「落ち着いてください、意味が分かりません」アセアセ

侑「どの口が言うのって話だよ!」

せつ菜「…もしかして私たちに怒ってるんですか?」

侑「もしかしなくてもそうだよ!」

侑「二人のせいで私は今大変なんだから!」



4: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:22:49.78 ID:ijZF7r54.net

かすみ「えーっと…ごめんなさい?」

侑「何が悪いか分かってる!?」

せつ菜「…すみません、分かりません」

侑「…二人とも、しずくちゃんや歩夢と随分仲良しなんだね?」

かすみ・せつ菜「!?」

せつ菜「な、な、なんのことでしょうか!?」ドキッ

かすみ「ちょ、せつ菜先輩分かりやすすぎます!」

侑「二人が何かするたびに私がその話を聞かされるんだよ!」

かすみ「え…全部ですか?」

侑「うん…全部」

せつ菜「嘘ですよね…?だって私は…」サー

侑「残念だけど全部だよ…例えば…」



6: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:23:50.42 ID:ijZF7r54.net

侑ちゃんが聞かされるお話例①



しずく「かすみさん、いい加減素直になったらどう?」クチュクチュ

かすみ「あっ♡か、かすみんそんなつもりじゃ♡、ないっ♡」

しずく「もう、強情なんだから♪」

かすみ「っ、はぁ♡んっ♡」

しずく「私の下駄箱に入ってた手紙」

しずく「『ケツデカしず子』『レず子』『やらしず子』って」

しずく「律儀に全部しず子って書いてある。どう見てもかすみさんだよね?」モミモミ

かすみ「ん♡だってしず子が、ひどいことするからっ♡」

しずく「順序が逆でしょ?かすみさんが悪戯するからだよ」

しずく「…私にこうされたかったからバレやすい悪戯しました、でしょ?」クニッ

かすみ「ぁ♡ちがう♡違うっ♡」



7: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:25:25.58 ID:ijZF7r54.net

しずく「まさか本当にしてくるなんて…かすみさんのへんたい♡」フー

かすみ「ひぁ♡」ビクッ

しずく「まぁ自分からお仕置きされたいだなんて言えないからね」

しずく「建前は欲しいよね♪」

かすみ「知らないっ///」

しずく「でもかすみさんの口から聞きたいなぁ♡正直に言って?」

しずく「そしたらもっと可愛がってあげるよ♡」

かすみ「い、言えるわけないじゃん!」

しずく「それもうほとんど言ってるよ♪」

かすみ「~~~///」カァ



8: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:26:24.12 ID:ijZF7r54.net

しずく「あれだけ分かりやすかったらこうなるって思わなかったの?」

かすみ「…ほんとに誰のか分かんなかったらしず子が傷ついちゃうじゃん///」プイ

しずく「…♡」キュン

しずく「かすみさん…ごめんね、私が我慢できなくなっちゃった♡」クイッ

かすみ「え…」

しずく「んっ♡」チュ

かすみ「あむっ…ん♡」

しずく「…約束通り、たくさんかわいがってあげるね♡」クチュ、クチュ

かすみ「んぁ♡やぁ♡」ビクッ

しずく「かすみさんの顔もかすみさんのここも、蕩けちゃって可愛いよ♡」クチュ、チュプ

かすみ「あっ♡あっ♡しずこぉ♡」トローン


――――
―――
――

侑「とか!」

かすみ「」



10: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:27:36.10 ID:ijZF7r54.net

侑ちゃんが聞かされるお話例②


生徒会室



歩夢「急に呼び出してどうしたの?」

菜々「…特に用事はありません」

歩夢「え…?どういうこと?」

菜々「用事がないのに呼び出しました」

歩夢「…?」

菜々「だ、だから…意味なく歩夢さんを呼び出して迷惑を掛けました」

歩夢「うーん、ごめん…ちょっと意味が分からないかなぁ」

菜々「悪戯みたいなものですっ///」

歩夢(………!…そういうことかぁ…ふふ♪)

歩夢「ごめんね、やっぱり分からないよ。用がないなら帰っていいの?」



11: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:28:35.38 ID:ijZF7r54.net

菜々「…ダメです」

歩夢「えぇ?それじゃあ私はどうしたらいいの?」

菜々「…私、悪いことしたので…相応のことを…」

歩夢「悪いって言ってもそもそも状況がよく分からないよ…」

歩夢「できればもう少し分かりやすく言ってほしいなぁ」

菜々「…私に…お仕置きしてくださぃ…///」

歩夢「はい、上手に言えました♪」ナデナデ

菜々「な!?やっぱり分かってたんじゃないですか!」

歩夢「せつ菜ちゃんって素直すぎるね。私は将来が心配だよ」

菜々「余計なお世話です!」

歩夢「自分からおねだりするようになっちゃうし」

菜々「歩夢さんたちのせいです!!///」



12: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:29:50.49 ID:ijZF7r54.net

歩夢「この間のお仕置き誰よりも悦んでたもんね?」クスッ

菜々「その話はやめてください!」

歩夢「えっちなことされるために呼び出してごめんなさいって言って?」

歩夢「そしたらお仕置きしてあげる♡」

菜々「!?絶対いやです!」

歩夢「私は別にせつ菜ちゃんが謝るようなことしてないなら何もしないよ」

菜々「だ、だからそれは用も無しに呼んだから…」

歩夢「なくはないでしょ?目的はこっちだったんだから♪」

菜々「~~~っ///…このこと、皆さんには言わないでくださいよ…?」

歩夢「…せつ菜ちゃんのイメージ崩すようなことは言わないよ」ニコ

菜々「……絶対ですからね…―――」


――――
―――
――

侑「とか!」

せつ菜「」



13: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:30:54.35 ID:ijZF7r54.net

せつ菜「あ、歩夢さん誰にも言わないって…!」

侑「『言わないとは言ってない。侑ちゃんならイメージ崩れることないでしょ?』」

侑「『だってもうせつ菜ちゃんがえっちなことは知られてるんだから♪』」

侑「だってさ」

せつ菜「…あの時の妙な言い回しはそういうことですか…」ガクッ

侑「それより、私はこんな話をしょっちゅう聞かされるんだよ!?」

かすみ「す、すみません…」

侑「もう我慢できないよ!」

侑「毎日トキメいちゃう日々を過ごして夜も眠れないよ!……あっ」

せつ菜「…ん?」

かすみ「…侑先輩…?」

侑「違うよ。違う、間違えた、うん」

侑「二人がいいようにされてて悔しくて夜も眠れないよ!」

かすみ・せつ菜「…」ジトー

侑「…」アセアセ



14: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:32:22.85 ID:ijZF7r54.net

かすみ「流石にその言い間違いは苦しいです」

せつ菜「我慢できないってそういう…」

侑「…ちょ、ちょっと待って!二人からそんな目で見られる筋合いはないよ!」

侑「二人のほうが私よりひどいじゃん!」

かすみ「そ、それはそうですね…」

せつ菜「すみませんでした…」

侑「とにかく!二人とも戦う前から負けに行ってどうするの!」

侑「せつ菜ちゃんに至ってはストレートすぎるよ!」

せつ菜「あの、その話はほんとに勘弁してください///」

侑「それにこれは私への挑発としか思えないし」

侑「二人も、この先ずっとこんな扱いでいいの?」

せつ菜・かすみ「うーん…///」

侑「お願いだから悩まないで」



15: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:33:29.47 ID:ijZF7r54.net

侑「これ以上あの二人の好きにさせちゃだめだよ!」

侑「せつ菜ちゃん!始まったのなら貫くのみでしょ!?」

せつ菜「…ある意味私の初めてを貫かれましたけど」フフッ

侑「言ってる場合か!!ていうかせつ菜ちゃんそんなこと言うキャラだった!?」

かすみ「侑先輩もキャラおかしくなってますよぉ」アセアセ

侑「…分かった。じゃあ言い方を変えるよ」













侑「―――歩夢としずくちゃんをオトしたくないの?」

かすみ・せつ菜「…!」

侑「…目つき変わったね」



16: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:34:37.27 ID:ijZF7r54.net

かすみ「でも正直…」

せつ菜「勝てる気しませんよね…」

侑「だからこそ、オトし甲斐があるでしょ?」

かすみ「侑先輩は随分余裕ですけど…何か策でもあるんですか?」

侑「言っても歩夢やしずくちゃんだって私たちと同じ普通の女子高生だけど…」

侑「例えばゲームとかでさ、強い敵と戦っても勝てないときはどうする?」

せつ菜「レベルをあげる、ですか?」

侑「うん。他には?」

せつ菜「うーん…搦め手…強化や弱体の補助技みたいなものでしょうか」

かすみ「数で押し切るとか…あっ」

侑「分かった?」

かすみ「しず子と歩夢先輩が一緒に居ないときを狙うんですね」

侑「そう、私たちは3人もいるんだから」

せつ菜「…なんだか物騒な話になってきました」



17: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:35:54.60 ID:ijZF7r54.net

侑「それとせつ菜ちゃんの言ったことも有効だよね」

せつ菜「…歩夢さんたちをオトす話でしたよね。ゲームじゃないんですよ?」

侑「うん。だから、いいものがあるんだ」スッ

侑「…これ何だかわかる?」

かすみ「…液体ですね」

せつ菜「香水ですか?」

侑「ううん、媚薬」

かすみ「はぁ!?」

せつ菜「いやいやいや!!」

侑「これで、まずは歩夢を…」

せつ菜「待ってください!歩夢さんに使うんですか!?」

侑「そうだけど」



18: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:36:56.99 ID:ijZF7r54.net

せつ菜「思いっきり相手側の強化アイテムですよ!」

せつ菜「歩夢さんを強化してどうするんですか!返り討ちに遭いますよ!」

せつ菜「そもそもそんなものどこから用意したんですか!」

せつ菜「ちょっと本気過ぎて反応に困ります!」

せつ菜「ツッコミどころが多すぎて追いつきません!」

せつ菜「はぁ…はぁ…!」

かすみ「お、おつかれさまです…」

侑「せつ菜ちゃん元気だね」

せつ菜「…!…っ!」

かすみ「ちょっと煽ってませんか!?せつ菜先輩も落ち着いてくださいっ」

侑「あはは…実はこれ、愛ちゃんから貰ったんだ」

せつ菜「…うちの同好会の風紀どうなってるんですか?」

かすみ「せつ菜先輩ブーメランって知ってます?」

侑「かすみちゃんがそれ言える立場ではないけどね?」



19: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:38:07.52 ID:ijZF7r54.net

侑「で、度々歩夢としずくちゃんに例の話をされる私に気付いてるっぽくて」

侑「内容は知ってか知らずかだけど。とにかく弄られてるって認識かな」

かすみ「確かに愛先輩はそういうとこ鋭そうですけどぉ…」

侑「これでいっちょ仕返ししてみなよ、ってくれたんだ」

かすみ「内容知らない割に直球ですね…ところでそれ、ほんとに効くんですか?」

侑「まぁこういうのが胡散臭い気持ちは分かるよ。でもこれは大丈夫」

せつ菜「やけに自信ありますね。なんで分かるんですか?」

侑「それは…まぁ…///」

せつ菜(あっ)

かすみ(自分に)

侑「…さすがによく分からないものを歩夢には使えないよ」

せつ菜「…」ニコニコ

かすみ「…」ニヤニヤ

侑「何か言ってよ///」

せつ菜「まぁまぁ照れなくてもいいじゃないですか!」ペカー

侑「くっ///」



20: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:39:09.10 ID:ijZF7r54.net

かすみ「でもせつ菜先輩の言う通りですよぉ。歩夢先輩にこれはちょっと…」

侑「そのための3対1だよ」

せつ菜「じゃなくて、無駄に歩夢さんを臨戦態勢にしてどうするんですかってことです」

侑「違うよ。私は歩夢を襲いたいんじゃなくてオトしたい」

かすみ「どういうことですか?」

侑「かすみちゃんもせつ菜ちゃんも、お仕置きと称して好き放題されてきたと思うけど」

侑「あの二人は私たちから何かをされたことはないんだよ」

侑「でもこれを使えば嫌でも触れてほしくなる。自分がされる側になるしかない」

侑「何もなしに3人がかりでって言うのは流石に良くないけど、歩夢が求めたら別」

侑「あの余裕たっぷりな歩夢が我慢できなくなって私たちに懇願する」

侑「…考えただけでトキメくね」

侑「普段言わされてる側として、逆の立場になってみたくない?」

せつ菜「あなたという人は…ふふ、悪くないですね」

かすみ「先輩たちはなかなか悪い顔してますけどね」



21: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:40:30.98 ID:ijZF7r54.net

侑「それにせつ菜ちゃんはゲームじゃないって言ったけど、ゲームみたいなものだよ」

侑「歩夢もしずくちゃんも、多分私たちが何かを仕掛けない限り手は出さない」

侑「そこにこだわってるというか、遊んでるような気はしない?」

かすみ「確かに、かすみんたちに非を認めさせて、それを楽しんでる感はありますねぇ」

侑「でしょ?だからこれは向こうが私たちで遊んでるゲームだよ」

侑「だったら私も遊ばせてもらおうと思ってね」

せつ菜「さっき挑発って言いましたね。これ侑さんが悪戯するよう仕向けられているのでは?」

侑「多分ね。二人と同じように私もお仕置きされに来るって思ってるんじゃないかな」

侑「だからこそやる。きっとかすみちゃんとせつ菜ちゃんのおかげ?で油断してるしね」

かすみ・せつ菜「えへへ」

侑「褒めてはないよ」

せつ菜「分かりました。乗ります!」

かすみ「そういうことなら、やってやりましょう!」

侑「おっけ。じゃあえーっと…対あゆしず同盟再結成!」

せつ菜「私たちそんな名前だったんですね…」

かすみ「かすみんも初耳ですよぉ」



22: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:41:43.24 ID:ijZF7r54.net

後日



侑「おまたせ~」

歩夢「侑ちゃん、おはよう♪」

侑「おはよう、歩夢」

歩夢「今週も今日で終わりだね~」

侑「そうだね。あと1日がんばろっか」

歩夢「うん」

侑(にしても、こうしてなんでもない話をする分には…)

侑「歩夢は普通に可愛い女の子だよね…」ボソ

歩夢「えっ、侑ちゃん急にどうしたの///」

侑「あはは、思ったこと言っただけだよ」

歩夢「もう、からかってるでしょ!///」

侑(やっぱり。歩夢は結構攻められると弱い)



23: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:42:52.57 ID:ijZF7r54.net

歩夢「ねぇ侑ちゃん、明日暇だったら遊びに行っていい?」

侑「いいけど、何かやりたいことあるの?」

歩夢「新しくゲーム買ったから一緒にやりたいなぁって。だめ?」

侑「もちろんいいよ!」

歩夢「やった♪」

侑(来た!…今回の作戦は歩夢から誘われるまで待ちたかったんだよ)

侑(私から急に家に誘ったんじゃ多分警戒されるからね)

侑「スクールアイドル始めてから二人きりで遊ぶこと減ったから楽しみだね」

歩夢「そういえばそうだね。明日は侑ちゃん独り占めしちゃうね」

侑「私のほうこそ、歩夢をファンのみんなから独り占めしちゃうもんね!」

歩夢「ふふっ♪」

侑(悪いね歩夢。明日はかすみちゃんとせつ菜ちゃんとで可愛がってあげるよ)

侑(さて、二人には決行日を知らせないとね)



24: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:45:16.09 ID:ijZF7r54.net

翌日



侑「…ん…」

侑(朝…今何時…)ポチ

侑(…うわ、もうお昼…)

侑(歩夢からLINE…結構前だ)


歩夢:おはよう、起きてる? 9:00

歩夢:まだ寝てるのかな 9:05

侑 :ごめん、今起きたところ 11:56

侑 :お昼過ぎからでいいかな 11:57

歩夢:おはよう♪うん、いいよ 11:58

侑 :じゃあまた後で連絡するね 11:58


侑(歩夢呼ぶ前ににかすみちゃんとせつ菜ちゃんに来てもらわないと)

侑(二人とも、お昼からうちに、来れる?…っと)

侑(とりあえずご飯食べよう)



25: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:47:22.61 ID:ijZF7r54.net

リビング


侑(…あれ、誰も居ない)

侑(でもご飯置いてある…それと書置き)


『私たち今日は出かけてきます。夜までには帰るね 母より』


侑(そういやそんなこと言ってたっけ)

侑(まぁいいや、いただきます)







かすみ:もうすぐ着きます

せつ菜:かすみさんと一緒に来てます

侑  :おっけー。着いたら教えて。インターフォンは念のため押さないでね

かすみ:わかってますよー



26: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:49:22.23 ID:ijZF7r54.net

ガチャリ

侑「いらっしゃい」

かすみ・せつ菜「お邪魔しまーす…」

侑「私以外居ないから大丈夫だよ」

かすみ「あ、そうなんですね」

せつ菜「ていうかこれからすることを考えたら居たらまずいのでは…」

侑「うちの親は勝手に部屋に来たりしないから大丈夫だと思うけど」

侑「どうせいないなら…ここの部屋で待ってて」

侑「あ、飲み物とお菓子でも持ってくるよ。お茶でいいかな?」スタスタ

かすみ「あ、はい、ありがとうございます…なんか普通に遊びに来てるみたいですね」

せつ菜「少し気が抜けてしまいますね」

かすみ「どうせかすみんたちは待つだけなのでいいんですけど」

せつ菜「それにしても…ついに歩夢さんを…ふふ」

かすみ「なんか侑先輩より楽しそうですね」



27: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:51:25.80 ID:ijZF7r54.net

せつ菜「私は歩夢さんに散々な目に遭わせられましたからね!」

かすみ「…それはせめてもう少し悔しそうな顔で言うセリフじゃないですか?」

せつ菜「こ、これは今からの事を考えてですから!」

かすみ「それはそれでどうなんでしょう」

せつ菜「…私で遊ぶのやめてください」

かすみ「えへへ、すみません」

せつ菜「もう…」


ガチャ

侑「おまたせ、どうぞ」カタン

せつ菜・かすみ「ありがとうございます」

侑「じゃあ私は歩夢に声かけるよ。歩夢が"出来上がったら"呼ぶね」ニヤ

せつ菜「…分かりました」

かすみ「ほんと、先輩たちいい顔してますよ」

せつ菜「…かすみさんも、ですよ」

かすみ「…にししっ」



28: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:52:48.31 ID:ijZF7r54.net

歩夢「おじゃましまーす」

侑「いらっしゃい、歩夢」

侑「ごめんね、昼まで寝ちゃってて」

歩夢「そんな、全然いいよー。家隣だしすぐ行き返りできるから」

侑「ありがとう」

歩夢「そういえばずいぶん静かだけど、今侑ちゃんしか居ないの?」

侑(気付くよね。正直に言ってもいいけど、意味なく警戒されても困るから…)

侑「んー、起きた時には居なかった。何も聞いてないしすぐ帰ってくるんじゃないかな?」

歩夢「そっか」

侑(あくまでも偶然のふり。怪しまれることはなるべく避ける)

侑(歩夢が来る前に部屋に媚薬入りのお茶は準備済み。そして…)

侑「…」コクコク

侑「…ふぅ、あ、これ歩夢のね。お菓子も好きに食べて」

侑(先に自分の分は飲んでしまう。これで取り間違いなんてイージーミスも無し)

歩夢「ありがとう♪いただきます」

歩夢「ん…」



29: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:54:07.05 ID:ijZF7r54.net

侑(…迷いなく飲んだ…よし…)

歩夢「?」チラ

侑(っと、危ない。見過ぎちゃってた。気を付けないとね…)

侑「それで、やりたいゲームってどんなの?」

歩夢「そうそう…これなんだけど。侑ちゃん知ってる?」

侑「あ、見たことある。なんか神ゲーだとかクソゲーだとか、賛否両論じゃなかった?」

歩夢「うん。私にとってはどっちでもいいから買ってみちゃった」ニコニコ

侑「相変わらず、ゲームの好みは変わってるよね歩夢って」

歩夢「そうかなぁ。どんなゲームでも面白いところはあると思うよ?」

侑「その許容範囲が広すぎるよ…」

歩夢「まぁ、侑ちゃんと遊べるゲームだったらなんでもよかったっていうのはあるかな」

侑「…歩夢ってときどきズルい///」ボソ

歩夢「へ?」

侑「なんでもないよ。さっそくやってみよっか」

歩夢「うんっ」



30: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:55:19.33 ID:ijZF7r54.net

歩夢「あぁ!死んじゃった…」

侑「くぅ、ここ難しいね」

歩夢「あとちょっとで超えられそうなのが悔しい!」

侑(…なんとなく歩夢のテンションが上がってる気がする)

歩夢「なんだかあっついよ。上着脱ごうかな」ヌギヌギ

侑(…心なしか顔も赤い)

侑(はぁ…なんかどきどきしてきた…)ジー

歩夢「ふぅ…侑ちゃん?どうかした?」

侑「…ううん、なんでもないよ」

歩夢「はぁ、あっつい…」

侑「…大丈夫?そんな暑いかな?」

歩夢「うーん、分かんない…ゲームで熱くなってるだけかも」

侑「続きやる?」

歩夢「もちろん!」



33: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:57:38.23 ID:ijZF7r54.net

歩夢「…はぁ…」パタパタ

侑(…手で扇いでる。ゲームしてるだけなのに息遣いも乱れてる)

侑(表情も普段とは違う、あまり見ない色っぽい歩夢)ドキドキ

侑(そろそろかな…もう飲んでからそこそこ経ってる)

歩夢「ふぅ…はぁ…」パタパタ

侑(ゲームの手を止めて…ずっと歩夢を見てる私にも気付かない)

侑(もう…言ってしまおうか。さっきから私も期待で心臓がうるさい)

侑(歩夢どんな顔するかな…はぁ…はぁ…やばい)ドクン

侑(もう限界だ…歩夢…いいよね…私の知らない歩夢を、見せてもらうよ…)ドクン

侑「ねぇ歩夢、なんk「侑ちゃん」













歩夢「なんかずっと苦しそうだけど大丈夫?」

侑「―――え?」



34: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 20:59:48.05 ID:ijZF7r54.net

侑「…苦しそう、わた、しが?」ハァ、ハァ

歩夢「うん、顔赤いし」

侑(あれ…なんでだろ…確かに…それに、気付けば歩夢が、普段通り…)ハァ、ハァ

侑「そんな、ことないと、思うけど…」

侑(嘘、何故か私も…いや、私だけ呼吸が乱れてる)

侑(この感じは、知ってる。あの時と、同じ…媚薬を、飲んだ時だ)

侑「はぁ…はぁ…」ドクン

歩夢「…本当に?」

侑(なんで…私は飲んでない。コップも間違えてない。だって飲んだのは歩夢で)

侑(分からない!こんな状態じゃ…あれ…歩夢のお茶、減って…ない?)

侑「歩夢、それ…飲んでないの…?」ドクン

歩夢「あ、気が付いた?…うん、私は飲んでない。口を付けただけ」

侑「―――」

侑(口を、付けただけ。飲んだふり。つまり…)ドクン

侑「あれは、効いたふりで、演技…?」

歩夢「演技指導の先生はしずくちゃんだよ♪」

侑「どうして、バレて…ていうか、なんで私がっ…はぁ、はぁ」



35: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 21:02:26.15 ID:ijZF7r54.net

歩夢「あんまり意地悪しすぎても可哀想だし教えてあげるね」

歩夢「まず、これなーんだ?」

侑「…!それは、媚薬の小瓶…え…」ゴソゴソ

歩夢「侑ちゃんのじゃないよ、私も持ってたの」

侑「…いつ、入れたの?…いや、入れるもなにも私のお茶は…」

歩夢「朝だよ。侑ちゃんが寝てるとき、コップじゃなくてピッチャーに入ったお茶に」

侑「…は!?」

歩夢「侑ちゃんが私の家に入れるように、私だって侑ちゃんの家に入るの簡単なんだから」

侑「っ…なる、ほどね、でも、私が寝てても家族が…あ」

歩夢「今日に限って侑ちゃんが家に一人なの、どうしてだと思う?」

侑「歩夢が、今日にしたんだったね…一人になるのを知ってて、遊びに来た、と」

歩夢「うん。あとこの媚薬。切り札は一人でこっそり用意しなきゃね?」

侑「…愛ちゃんも、そっち側ってこと!?」

歩夢「正確には璃奈ちゃん。璃奈ちゃんから愛ちゃん経由で侑ちゃんに渡してもらった」

歩夢「璃奈ちゃん、愛ちゃんとツナガリたい(意味深)って言うから相談に乗ってあげてね」

歩夢「そのお礼がしたいって言ってくれたから♪」

侑(つまり、わざと私に武器を渡して罠に…私はとんでもない子を敵にしてるのでは?)

侑(あとせつ菜ちゃん、やっぱりうちの同好会やばい)



36: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 21:04:03.26 ID:ijZF7r54.net

侑「…っ、はぁ…はぁ!」ドキドキ

歩夢「そろそろ我慢できなくなってきた?私はいつでもいいよ♡」

侑「いや、まだっ…だって私には…!」

侑(かすみちゃんと、せつ菜ちゃんがいるんだから!)

歩夢「ちなみに侑ちゃん、私はピッチャーのお茶に媚薬を入れたって言ったよね」

侑「…?うん…聞いたよ」

歩夢「私は知ってたから飲んでないけど、他のお客さんは大丈夫なのかな?」

侑「…?……―――!?」

侑(や、やばい!!!)

歩夢「それと、侑ちゃんと一緒で私も内緒でお友達呼んでるんだ」

侑「!?!?…っ!!」ダッ

歩夢「そんな状態で走ると危ないよ?」ニコニコ

侑(それどころじゃない!!)



37: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 21:05:41.88 ID:ijZF7r54.net

ガチャ

侑「かすみちゃん!せつ菜ちゃ…―――ぁ…」


せつ菜「っ♡」ピクピク

しずく「侑先輩、お邪魔してます♪」

かすみ「ぁ♡」

しずく「ほら、かすみさん。侑先輩来たよ」クチュ

かすみ「ひゃ、み、みないでくだしゃい♡」ピクン

しずく「そんなの勿体ないよ。かすみさんの一番かわいいところ見てもらお?」チュプ

かすみ「や♡こんなの、かわいくないっ///」

しずく「でも、侑先輩の視線独り占めしてるよ♡」

侑「…///」ジー

かすみ「は、恥ずかしいの!もうやめてっ!///」

しずく「じゃああの言葉言って欲しいな」

かすみ「~~~っ///…し、しず子お姉ちゃん、お願い、もう許して?♡」

しずく「…♡」ゾクゾク

しずく「よくできました。ご褒美にイかせてあげるね♡」クチュ、グチュ

かすみ「あぁっ♡嘘つき!、きらい♡しず子きらいっ!♡」ビクビク

しずく「私は好きだよ、かすみさん♡」チュ

かすみ「~~~っ♡」ビクン



38: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 21:08:35.81 ID:ijZF7r54.net

歩夢「ごめんねしずくちゃん、またまた遠くから呼んじゃって」

しずく「いえいえ、こんな楽しいこと、呼んでもらえないと拗ねちゃいます♪」

侑「…あぁ…」ペタン

ポンポン

侑「」ビクッ

歩夢「じゃあ、最後に主犯の侑ちゃんもかわいいところ見てもらおっか♡」

プチ、プチ

侑「ぇ…歩夢…何して…///」

歩夢「口を付けただけでも、私が入れた分と侑ちゃんが入れた分で、結構来るね」スルッ

侑「…何が?///」ドキドキ

歩夢「媚薬♡演技は半分嘘。私も少し効いちゃってるの。ねぇ侑ちゃん」パサッ

プルン

歩夢「―――私の赤ちゃんになって?♡」

侑「ぁ―――」ドクン



39: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 21:10:23.16 ID:ijZF7r54.net

歩夢「ふふ…ん♡侑ちゃんは甘えんぼさんだね♡」ナデナデ

侑「あゆむぅ♡んっ♡」チュー

歩夢「…あ、また。ここ、拭いても拭いてもおもらしするんだから♡」クチュクチュ

侑「っ♡あ、ぁ♡んむ♡」ピク

歩夢「これ、おむつ必要かな?」ニコニコ

侑「や、ひょれはさしゅがにっ///」チュパ

歩夢「…そう言いながら吸うのは全然やめないね♡ふふっ♡」

侑「あゆむっ♡あゆむっ♡」

歩夢「私だけの侑ちゃん、世界一可愛い赤ちゃん♡」クチュ、クリッ

侑「あ♡、ん♡」ビクン

歩夢「こっちむいて♡んっ」

侑「んむ…♡」

しずく「侑先輩…とっても素敵ですよ♡」ウットリ

しずく「お二人を見ていたら私もなんだか…」ウズウズ

しずく「…せつ菜さん、そろそろ起きてますよね?♡」

せつ菜「な、なんで分かって…!?」

しずく[やっぱり♡」

せつ菜「しまっ―――ぁ♡」

――――
―――
――



41: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 21:11:53.53 ID:ijZF7r54.net

せつ菜「そうですか…璃奈さんが…」

侑「うん、ごめん…」

かすみ「まぁ、いいですけど…」

歩夢「このままじゃA・ZU・NAのNAは璃奈ちゃんになっちゃうね」

せつ菜「私は!?」

歩夢「せつ菜ちゃんが自分からそっち側に付いたんだもん」プンプン

しずく「せつ菜さんさえ良かったらこっち来てもいいんですよ?」

歩夢「…うんうん、私たちせつ菜ちゃんに戻ってきて欲しいなぁ♪」

せつ菜「…私は…」チラッ

侑「…せ、せつ菜ちゃん…?」

かすみ「…嘘ですよね?」オロオロ

せつ菜「…っ、言ったはずです!私は歩夢さんとしずくさんには屈しません!」

しずく「あらら…残念です♡」

歩夢「せっかく戻ってきたら…♡ね♡」

せつ菜「や、やっぱり。信用なりません!私がそちら側に行くのはライブの時だけです!」

侑「せつ菜ちゃん!」パァ

かすみ「かすみん信じてました!」ダキッ



44: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 21:15:27.46 ID:ijZF7r54.net

歩夢「ふふ…しょうがないなぁ。まぁこれに懲りたら―――」

歩夢「…ううん、いつでも挑戦してきていいからね」

しずく「もし私たちをオトせたなら、好きにしていいですよ♪」

歩夢「オトせるなら、ね♡」

侑「…言ったね?」

かすみ「かすみんだって二人くらいオトせますけど!」

せつ菜「絶対に大好きを叫ばせてみせますからね!」ビシッ

歩夢・しずく(…♡)ゾクゾク



おわり



47: 名無しで叶える物語 2021/09/20(月) 21:18:55.83 ID:ijZF7r54.net

読んでくれた方ありがとうございました
いつか勝たせてあげたい、多分


元スレ
侑「歩夢としずくちゃんの横暴を許すな!」