SS速報VIP:「大好きですよ、先輩」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386321220/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/06(金) 18:13:40.59 ID:aOE4kkNGo

「彼女」と出会ったのは、いつもと変わらぬ放課後。 
部活終わりで重い足取りの僕を

「先輩」

と呼ぶ声がしたのだ。
だが、僕を先輩と呼ぶ人間など部活にもいないものだから、僕はそのまま歩を進めた。

「……予想通りの反応です」

声がさっきより近くで聞こえた。
どうやら、声の主は僕を追って来ているらしい。
このまま振りきるのもなんなのでそこで僕は振り返る。

どんっ、と胸に小さな衝撃。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386321220




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/06(金) 18:24:16.75 ID:aOE4kkNGo

「やっと止まってくれましたね、先輩……」

ぶつかったことなど無かったかのように、目の前の女生徒は言葉を続ける。
口元まで届きそうなほどに伸びたボサボサの髪。
かろうじて見える口元は、少し不気味に曲がっている。

「大好きです、先輩」

二言目に出てきた言葉とその子の見た目で、僕は少し考える。
漫画などでしか見たこと無かったが、これはいわゆる「罰ゲーム」というやつなのだろうか。
やらされてる子も辛いのだろうが、対象にされる側も何を言っていいのか分からないな。

「……罰ゲームとか、そういうのじゃないですよ」

まるで僕の心を見透かしたかのように、目の前の女生徒は呟く。
表情に出てしまっていたのだろうか?そもそも、こっちが見えているのだろうか。
僕はその子の目の前で指を三本立ててみる。

「……さん、です」

どうやら見えてるみたいだ。



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/06(金) 18:52:57.02 ID:aOE4kkNGo

しかし目の前の女生徒の事など僕は全く知らない。
先輩、と呼ぶからには一年なのだろうが……そのぐらいの情報ではさっぱりだ。

「……初対面、です」

僕の心をまた見透かしたのか、女生徒はそう呟いた。
本当に僕に向けて言ってるのか分からないほどの声のトーン。
こうなるとなおさら、僕の事を好きな理由が分からなくなる。

「……部活、見てました」

本当に僕の思考が読めているのではないか?というぐらいの速さで疑問の答えも、教えてもらえた。
なんだか少し、怖い感じがする女の子だな。
だけど、振りきろうと思えばすぐにでも逃げ出せるのに、不思議とそんな気持ちは起こらない。
むしろ立ち止って話を聞いてあげているのだから。

「……お返事は、今日じゃなくても構いません……それでは、また」

言いたいことだけ言って、彼女は去っていく。
また、と言っていたが、僕は彼女のクラスさえ知らない。
呼び止めようと声が出ようとした直前に、彼女がくるりと振り返り

「……1年、3組です」

と呟いた。



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/06(金) 19:27:31.55 ID:aOE4kkNGo

家に帰ってから、僕はしばらくその子について考えていた。
いきなり現れ、いきなり告白して……そしていきなり消えた女の子。
手がかりは一つ……一年三組。
今まで一度も見たことのないような先輩が、急に一年の教室に来たら。
何か勘ぐられないだろうか?それとも、完全に無視だろうか?
……どっちも、いやだ。

そんな悶々とした感情を抱えながら、僕は夜を過ごした。





5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/06(金) 20:15:20.29 ID:aOE4kkNGo

次の日、昼休み。
僕は教室で相変わらず悶々としていた。
昨日の女の子の事はもちろん気になってはいたのだが、やはり一年の教室まで行こうという気になれず。
気にし過ぎなのは、分かっていた。
誰も自分の事など気にしていないのだから。
自分にそう言い聞かせ、教室を一歩出たところに

「……あ、先輩」

彼女がいた。



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/06(金) 20:43:42.67 ID:aOE4kkNGo

幸い、教室にほとんど人影は無く、いたとしても他人の事など気にしていないタイプの人ばかり。
というか、僕のことなど気にしないと言うのが正しいのだろうか。

「……先輩、どうしたんですか?」

目の前にいるのに無反応な僕を変に思ったのか、彼女が疑問の声を上げる。
少し低めの声だが、嫌いではない声質。
とりあえず教室の前で立ち話は気恥ずかしいので、僕はその子を連れて図書室へ向かう。



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/06(金) 21:32:18.24 ID:aOE4kkNGo

昼休みも半分過ぎた時間になると、図書室の中に残っている人影も少なく、形だけの図書委員の姿すらもない。
まぁ、だからここに来たのだが。

「……静かですね」

僕が席に座ると、彼女はさも当然のように隣に座った。
髪がぼさぼさだったので、女性に対して失礼かもしれないけれど……いい香りがしたのが意外だった。

「……?」

きょとん、と首を傾げる彼女。
未だに僕は騙しの類いを疑っていないわけじゃない。
浮かれた姿を見て笑っている誰かがいないとも限らないわけだし。

「……」

彼女は何も言わない。
僕も何も、言わない。
時間だけがただ過ぎて、やがてチャイムが鳴ってしまうのだった。




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 01:05:14.38 ID:MQWg0cbmo

一度行動を共にすると、不思議な事にやけに気になってしまうもので。
あの子と別れた後も、頭の片隅にずっと引っかかっていた。
気付けば放課後になっていたようで、僕は急いで部活へと向かう。
急ぐ理由もないのに、急ぐ。

「後ろ、遅れてるぞー!もっと走れー!」

先輩の怒号に、周囲の速度が速まる中で僕は一人取り残された。
決して力を抜いているわけじゃない。
酸素をいくら取り込んでも苦しいし、喉が血の味でいっぱいだ。
ここで走り続けられれば、体力が付いてきて、今度は同じ距離で疲れなくなって……
何度も何度も頭で繰り返しても、僕の足は止まってしまうのだ。

「……」

そんな僕を見て、先輩は何も言わない。
周りもまるで僕なんていないかのように、2周、3周と僕を追い抜いて行く。

……気分、悪い……んで……かえ、ります……

朦朧とする意識の中で先輩にそう告げると、グラウンドを後にする。
追ってくる足音も、呼び止める声もしなかった。



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 01:11:21.40 ID:MQWg0cbmo

血の味を嘔吐で全部吐き出すと、僕は第二体育館の日陰に座り込んだ。
第一体育館じゃないのは、もちろん見つからないようにするためだ。
別に僕を見つけようとする人なんていないのにもかかわらず、だけれど。

「……先輩、やっぱりここにいました」

濡れていたはずのタオルを頭からどけると、視線の先にあの子がいた。
少し肩が上下している所を見ると、走ってきたのだろうか?

「……隣、いいですか?」

少し首を傾けてそう聞くその子の言葉に、僕は言葉を返さなかった。
苦しかった、からじゃない。返したくなかった、わけじゃない。
どう返していいか、分からなかった。

「……失礼します」

そんな僕の隣に、ちょこんとその子が座る。
僕は部活に所属する中では背の低い方だが、その僕よりもちょこんと言った感じで。
この子は、一体こんな僕のどこが好きなのだろう。
聞いてみたかったけど、聞きたくなかった。
それを聞くことで……自分が何を求められているかなんて、知りたくなかった。



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 01:17:29.39 ID:MQWg0cbmo

「……先輩」

何も言わずにしばらく時間が流れて、その子が口を開く。
1時間経ったような気もするし、5分程度だったような気もする。
熱かった体もすっかり冷めて、喉はいつも通りに戻っているのに。
話しかけるのは、僕からではない。

「……何でもないです」

僕はこの間が大嫌いだ。
口を開いておきながら何でもないわけがないのに。
言葉の裏が気になるけれど、こちらからは絶対に聞きだすことの出来ない裏。








14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 01:25:33.31 ID:MQWg0cbmo

「……」

何も聞いてこなかった僕への、失望なのか。
彼女はそれから口を開くことは無く。
目線の先の分からぬ彼女の方を、僕は見れずにいた。
僕が予想よりつまらない男手、告白したことを後悔しているのだろうか?
普段から僕の事を見ていたなら、そのぐらいは分かるだろうに。
勝手に期待して、勝手に失望しているのかもしれない。
でもそれは僕も同じだから、口には出せない。

キーンコーンカーンコーン

「……あ」

ひときわ長いチャイムがなる。
このチャイムは確か、下校時刻の合図だ。
彼女の気配がゆっくりと起き上がり、僕の正面へと戻る。

「……立てますか?先輩」

どうやら僕がまだ疲れていると思っているらしい。
限界なんて、まだまだなのに。
そこまでいっていることを、期待していたのだろうか。
伸ばされた彼女の手は敢えて取らず、僕はすっくと立ち上がる。
頑張れていない自分を、見透かされているようで。
そのまま背を向けて、僕は帰路へ向かう。



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 01:28:39.42 ID:MQWg0cbmo

いつもの帰路、足音は二つ。
普通なら囃し立てられでもするのかもしれないが、この距離感では帰る方向が同じの二人としか見えないだろう。
別にそう見えて欲しいわけではないのだけれど。

「……」

無言のまま、歩いていたので気付かなかったが。
交差点で曲がったときに気付く、彼女の姿がないと。
当たり前の事なのに、一体僕は何を期待していたのだろうか。
彼女がずっと付いてきてくれるなどと思っていたのだろうか?
勝手に期待していたのは……



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 01:30:07.15 ID:MQWg0cbmo

その日の夜は、僕なりに少し荒れた。
壁を殴ることはしない、物を壊すこともしない。
自分を壊すことすら出来ない僕に、壊せるものなんてありやしない。
だから僕は自己嫌悪する。
僕なんて、嫌いだ。



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/08(日) 20:05:35.43 ID:qKtWFbOBo

次の日、僕は部活へ行かなかった。
サボった事がないわけじゃないのだけれど、その日はいつもより罪悪感が酷かった。
自分なんていなくても、何か変わるわけではないのに。

「……先輩?」

予想していなかったその声に、僕は自分でも予想しないほどの速度で振り返る。
日に照らされて、昨日よりも映える白い肌。

「……」

沈黙の中で、彼女は一体何を考えているのだろう?
部活へ行っているはずの僕がここにいる事を訝しんでいるのだろうか。
辿ることの出来ない彼女の目線を、恐れて僕は歩を進める。
足音が二つ、彼女はまだ着いてきている。
彼女は一体何を思って僕に着いてきてくれるのだろう?
好きだから?どこが?
どんどん、聞くのが怖くなる。



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/08(日) 20:28:32.51 ID:qKtWFbOBo

こんな時間に帰っては、親から何か聞かれるかもしれない。
心配してくれてるのは分かってるし、親として当然なのだろうけど。
今の気持ちで、素直に受け止めることは出来なそう。

「……先輩」

小さな声に、立ち止る僕。
背中にとんっと、体が倒れるほどではない小さな衝撃。

「……あわっ」

小さいと思っていた衝撃は、彼女にとってはそうでなかったらしく、よろける彼女が視界の端に見えた。
何かを考えるより先に、腕に重みが走っていた。

「……あ、ありがとうございます」

触れた彼女の体から伝わってくる温もりは、予想よりも温かくて。

「……あ、あの……」

彼女が小さく音を発するまで、彼女の体を抱えたままだった。



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/08(日) 20:53:18.82 ID:qKtWFbOBo

謝罪の言葉と共に、彼女を離す僕。
なんだか凄く悪いことをしてしまったような気がして、気が動転して何を言ったかはよく分からない。
そんな僕に彼女はくすりと笑って

「……むしろ嬉しかったです、から」

そう小さく呟きながら、僕の横に並んだ。
大きい方ではない僕より、頭一つ分小さい彼女。
立って並ぶと、その差がさらに際立って見える。

「……あ」

並んで歩いていた彼女が、ふと立ち止まる。
数歩遅れて僕も立ち止り、彼女の視線の先であろう建物を見る。
帰路にあるにも関わらず、視界に止まったことも無かった集合住宅。

「……ここ、私の家……なので」

予想していた言葉が、彼女の口から発せられたので。
僕は用意していた適当な相槌を返す。
僕からの返答を聞いた彼女は、名残惜しそうに建物の中へと入って行った。
ここが彼女の家……今度から、少し気にしてみようか?
なんて思ってしまっている自分がいた。




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/08(日) 23:16:58.74 ID:qKtWFbOBo

彼女はゆっくりと、じんわりと僕の中へと入ってきている。
今こうして風呂の中で天井を見上げている間にも、ふと視界の隅に彼女が浮かぶ。
告白を受けた時は、こんなことになるなんて想像もしていなかった。
頬が熱いのはきっと、湯気のせいだけではない。
結局、その日は寝るまで熱が取れずじまいだった。




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/11(水) 01:44:18.11 ID:RtibuCWSo

その日も僕は、部活へ行かなかった。
誰にも何も言われなかったし、別に僕がいなくても支障が出ることもないだろう。
それでも拭い切れない罪悪感を抱きながら、隣へと視線を流す。
相変わらず表情が分からない彼女、一体何を考えながら僕の隣を歩くのか。

「……先輩」

珍しく彼女の方から立ち止ったので、僕も一緒に立ち止る。
聞きなれない音と光に、僕は少しクラクラしてしまった。
ゲームセンターなんて、いつぶりだろうか?

「……寄り道、していきませんか?」

この提案に、僕は少し驚いた。
失礼かもしれないが、彼女がこういう所で遊ぶのが想像できなかったし……なにより制服のままだというのに。
色々と思う部分はあったけど、それよりもせっかくの誘いを断ると言う事の方が僕には出来ず。
騒音の波の中へと僕らは入って行った。



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/11(水) 01:50:24.90 ID:RtibuCWSo

結論から言うと、僕の予想は間違っていなかったらしく。
彼女は辺りをキョロキョロとしながら、所在なさ気に歩を進めている。
楽しそうな声、イライラした表情、たばこのニオイ……
やっぱり得意には慣れそうにもない。

「……ぅ」

小さく聞こえた声に、僕はハッと顔を上げる。
僕の視界の数歩先で、彼女がふらふらと壁の方へと歩くのが見える。
急いで僕はかけより、彼女の体を支えた。
こんな状況で、周りから見るとどう見えてるんだろう?なんて思ってしまうのは僕が女性の体に触れ慣れていないからなのか。
とりあえず彼女を支えたまま休憩スペースへと向かった。



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/11(水) 01:55:42.69 ID:RtibuCWSo

「……すいません」

休憩スペースとはいえ、所詮はゲームセンター内。
騒音は和らいでいてもなくなるわけじゃない。
ミネラルウォーターを飲みながら謝罪する彼女の声色には、いつも以上に力が感じられず。

「……こういう所なら、先輩も楽しいかなって、そう思ったんです」

ぽつり、ぽつりと小さい声で告げる彼女。

「……でも、失敗だったみたい、ですね」

消え入りそうな声なのに、はっきりと耳まで届く声。
気を使わせてしまっていたのだ、と気付いた瞬間に僕の胸がちりちりと痛む。
僕はまだこの子が好きなのかも分からないのに。
こんなに気を使わせてしまったことが申し訳なくて。
その日は彼女を家まで送って別れた。

彼女の大好きな僕。
僕は僕なんて、大嫌いだ。



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/11(水) 02:00:33.99 ID:RtibuCWSo

今日は学校へ行かなかった。
何か変わるなんて思ってなかったし、僕がいなくても何かが変わるわけじゃないけど、僕自身は大きく変わっているようで。
頭の端に浮かんでは消える面影に、胸がまたちりちりと音を立てる。
こんなことなら、学校へ行った方がマシだった。

顔が見えていると気を使ってしまうけれど、見えないと見えないで目の前にいるときよりも気を使う。
親は僕の事を大分心配してくれていたようだが、こんな理由で申し訳ないなと言ったところ。

やはり明日は学校へ行こう。



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/13(金) 22:51:42.37 ID:F/m/fKfzo

当然のように部活へ行かなくなった僕の隣を、彼女は何も言わずについてくる。
最初に大好きと言われた僕と、今の僕。
彼女の瞳に映る僕は、未だ変わりないのだろうか?
もちろん、口に出して聞けるわけはないし、答えて欲しいとも思わないが。

「……あ」

もう聞き取ることになれた彼女の声に、僕も立ち止る。
気付かなかったけれど、もう彼女の家の前まで来てしまっていたらしい。
会話がないのであっという間、というのもあるのだろうが。
ここまでの距離はそこまで短くなかったはずなのだ。




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/13(金) 23:02:30.43 ID:F/m/fKfzo

「……」

いつもならすぐに去っていく彼女が、今日は僕の隣に立ち止まり虚空を仰いでいる。
仰いでいる、と言っても顔の傾きから予想しているだけなのだが。

「……今日、両親いないんです」

彼女の顔がこちらへ傾き、ぽつりと小さな声。
その声に僕も思わず天を……というか、彼女の家の方を仰ぐ。
今のはいわゆる、お誘いってやつなのだろうか。
彼女の本心が分からぬ僕は、返答に困り立ち往生。
その時そっと、僕の袖が揺れる。
それが彼女に引っ張っられていたのだと分かったとき、僕は拒否する意思を奪われていた。



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/13(金) 23:24:23.50 ID:F/m/fKfzo

他人の家に入るなど、小学生の時にあったかなかったか程度でありましてや女子の部屋など未経験な僕だったので。
彼女の部屋は何の変哲もない普通の部屋だったけれど、なぜだか少し胸が鳴っている。
ベッドに腰掛ける彼女と、棒立ちの僕。
こういう時どうしていいか分からず、きょろきょろと辺りを見回すだけの自分が恥ずかしくなってしまう。

「……座ってください、先輩」

周囲の喧騒が一切ないためか、普段よりクリアに聞こえる彼女の声は。
いつも聞いている声よりもほんの少しだけ魅力的に響いて、僕の胸がまた揺れた。
どこか座る場所は無いかとまたきょろきょろしだした僕の袖が、またそっと引かれて。
とすん、と僕の腰もベッドへと降りる。
今まで知らなかったのだが、女の子の髪はとてもいい匂いがするらしい。



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/13(金) 23:28:47.91 ID:F/m/fKfzo

せっかく彼女の家へ来たと言うのに。
僕と彼女は普段の帰路と変わらぬままで。
まったく進んでないように感じる時間を、紅く染まっていく空が否定していく。

「……もう、こんな時間」

彼女の部屋に掛けてある時計の針を見て、僕は驚いてしまった。
座ったままでこんなに時間が立つ経験は、居眠り以外では初めてだ。
このままでは両親を心配させてしまうので、僕はすぐに立ち上がると玄関へと向かった。

「……また来てくださいね、先輩」

僕の背は追わず、彼女の声だけが耳に届く。
嬉しいようで、怖いようで。
彼女の事が知りたいけれど、僕の事は知ってほしくないなんて、都合がよすぎるのだろうか?」



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/14(土) 18:38:12.44 ID:noXp+5Yqo

こんなはずではなかった、と。
天井へと意味も無く視線を向かわせながら、僕は思案に浸る。
今でも気持ちを疑っている、はずなのに。
疑っているはずの気持ちが気になって、気になって。
いや、そうじゃないことは自分でもよく分かってた。

僕が気になっているのは、彼女の瞳に映っている僕の姿だ。



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/14(土) 18:41:37.67 ID:noXp+5Yqo

彼女の部屋で、また二人。
今日も両親はいないのだと言う彼女。
どこまで嘘だか本当だか分からないが、少なくともここに今いるのは二人だけ。
無駄に長い髪の先をくるくると回す彼女の顔の向きは正面だが、視線は一体どこにあるのか。
瞳を僕に、向けて欲しくて。
僕はなんとか声を絞り出す。
一番聞きたくて、一番聞きたくなかったこと。



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/14(土) 18:47:55.14 ID:noXp+5Yqo

「……」

僕の質問に、それまで動いていた彼女の動きが止まり、まるで世界のすべてが止まってしまったかのように。
時計の針だけがただ世界の進行を告げていた。
僕はただ祈る。
答えろ、答えるな、答えてくれ、聞きたくない。

「……せんぱい、は」

ゆっくりと紡がれた彼女の声は、いつもと違ってなんだか揺れるようで。
感情の見えない視線が僕へと向けられる。

「……どこだと、思います……?」

両腕をベッドに付けた体勢で、ローアングルから覗き込むように。
彼女の顔がゆっくりと近づいてくる。
ここまで近づいても、見えない彼女の表情。
指でそっと払いのければ、見えるはずのそれを。
見たくて、見たくなくて、分からなくて。

生まれて初めて、僕は女の子に触れた。
だけどそれは、優しい触れ合いなどではなく。

「……ぁうっ」

よろめいた彼女の両腕が、ベッドの後方へと着地した。




39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/14(土) 19:11:47.56 ID:noXp+5Yqo

じんわりと湿ってくる手の平の感触で、僕は全てを察した。
これで全て、終わってしまったのだと。
彼女の瞳に映る僕は、きっと憧れの対象から軽蔑……いや、恐怖ですらあるかもしれない。
今すぐこの場から逃げ出してしまいたいのに、体は自分の行動が信じられないと言わんばかりに硬直し。
彼女のその後をじっと見ている。

「……」

それなのに。
それなのに彼女は。
彼女の指が。
ゆっくりと僕の唇へと伸びて。
そのまま、彼女の顔も近づいてくる。
今度の僕は抵抗しない、出来ない。

「……その、表情です」

初めて見た彼女の瞳は、ドス黒いと呼べるほどに真っ黒な球体で。

「……自己嫌悪で歪むその顔……大好きですよ、先輩」

近付く彼女の息遣いと、僕の息遣いが重なったとき。
さっきすべてを察した気になっていた時よりも強く、僕はこの子から逃げられない事を悟った。



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/14(土) 19:14:51.53 ID:noXp+5Yqo

僕は今日も、部活を休んだ。
罪悪感なんて無い、と言っていたのは大嘘だ。
本気で心配そうに僕の元へ来た先輩を思うと尚更。
だから僕は、潰れそうなその気持ちのままで。

「……先輩、今日はどこへ行きましょう?」

僕はこんな自分が大嫌いだ。
だけどそれ以上に、大嫌いな自分を好きな彼女の事が大好きと言うだけみたい。




41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/14(土) 19:15:30.31 ID:noXp+5Yqo

サクッと書いて終わり




元スレ
SS速報VIP:「大好きですよ、先輩」