1: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 00:16:43.32 ID:U0lYoAOuo

綾「進路希望調査、もう出した?」

陽子「まだなんだよね」

陽子「綾、一緒に考えてよ」

綾「一人で考えなさいよ。もう二年生もだいぶ過ぎたんだから、そろそろ真剣に考えたほうがいいわよ」

陽子「うーむ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387207003




2: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 00:19:18.20 ID:U0lYoAOuo

陽子「いや、実は心の中では決まってるんだよね」

綾「え? そうなの?」

陽子「笑わないで聞いてくれる?」

綾「え、ええ」

陽子「私、学校の先生になりたい」

綾「……」




3: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 00:20:38.74 ID:U0lYoAOuo

綾「確か一年生の春もそんなこと言ってたわね」

陽子「そうそう、その時からちょっと考えてて……って、なんでそんなこと覚えてんの?

陽子「私そんなこと言ったの覚えてないんだけど」

綾「陽子との話なら、どんなに昔の事でも思い出せるわよ……」ボソッ

陽子「え? なにか言った?」

綾「な、なんでもないわ」///



4: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 00:22:48.23 ID:U0lYoAOuo

陽子「私子供好きだからさ。小学校の先生とか向いてるのかなって思って」

綾「……」

綾(陽子が、学校の先生か――)

綾(そういえば、中学校に入ってすぐの時――)



5: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 00:25:21.59 ID:U0lYoAOuo

~~~

陽子「綾!」

綾「よ、陽子」

陽子「掃除の登板表、全部綾が一人で作ったんだって!? すごいねー」

綾「あ、そ、そんなにすごく、ないわ」

陽子「よく頑張ったな! なでなでしてあげよう」ナデナデ

綾「……」///

~~~




6: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 00:27:16.62 ID:U0lYoAOuo

綾(あの時の、陽子の手の感触――今でも思い出せるわ」

綾「小学校の先生、陽子に向いてると思うわ。幼稚園の先生でもいいかも」

陽子「そ、そうかな?」



7: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 00:29:27.82 ID:U0lYoAOuo

綾「どの道、先生になるんだったら進路は大学ね」

陽子「そうなんだよなー。先生になるには頭よくないと」

陽子「でも私、やると決めたらやる性格だからね」

綾「あら。じゃあ陽子、来週のテストに向けて勉強はしっかりしてるのよね?」

陽子「……」

陽子「勉強教えてください!」

綾「そんなところだと思ってたけど」



10: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 20:18:10.46 ID:U0lYoAOuo

~陽子の家~

綾「……で、ここは神聖ローマ帝国の……」

陽子「ああ、なんかそんな人いた気がする」

綾「次は数学ね。どこが苦手なの?」

陽子「ベクトルがさっぱりです」

綾「そう。じゃあここから始めよっか――」



11: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 20:21:45.30 ID:U0lYoAOuo

陽子「っはぁー。疲れたぁー」

綾「今日はいつもと違って、真剣な表情だったわね」

陽子「そう? まあ陽子ちゃん、マジモードだからね」

陽子「なんだか知らないけど、今すっごい燃えてるんだよね」

綾「目標を持つことは大事ね」

陽子「ホントにそうだな」

綾(この調子で勉強したら、もしかしたら学年上位も狙えるかも知れないわ――)

綾(私も追い抜かれちゃったりして――)



12: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 20:26:34.92 ID:U0lYoAOuo

~翌日~

綾「おはよう、陽子」

陽子「……あ、綾、おはよう」

綾「今日は一緒に学校来なかったけど、朝早くから学校来てたの?」

陽子「うん。教室に来た方が家より集中できるからさ」

綾(陽子の手に、単語帳が……)



13: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 20:32:41.04 ID:U0lYoAOuo

陽子「綾、古典で分からないところあるんだけど、教えてもらっていいかな?」

綾「ええ、いいわよ。どこ?」

陽子「ここなんだけどさ……」

綾「ああ、そこなら私、分かりやすい参考書持ってるわ。明日貸してあげるわ」

陽子「ああ。助かる」




14: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 20:35:21.85 ID:U0lYoAOuo

~翌日~

陽子「綾。今日もうち来てもらっていい?」

綾「ええ、いいわよ」

陽子「ありがとう、実は数学のここがさ……」

綾「……」

綾(陽子の目、きらきらしてる)

陽子「……どうした? 顔に何かついてる?」

綾「……っ」///

陽子「な、なんだよ」

綾「よ、陽子って、そんなに一つの事に集中できたのね」

陽子「心外だな!」



15: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 20:39:53.47 ID:U0lYoAOuo

~翌日~

陽子「ふぁ……あ。お、おはよう綾……」

綾「おはよう陽子」

陽子「ふぁ……ちくしょー」

綾「陽子、さっきからあくびばっかり。しっかり寝てるの?」

陽子「ああ、実はそんなに……」

綾「ダメよ。体は大事にしないと……」

陽子「うん、わかってる」



16: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 20:45:05.18 ID:U0lYoAOuo

~テスト当日~

陽子「よーし、頑張るぞー」

綾「……」

綾(陽子のやる気が移って、私も気合入れて勉強しちゃった)

綾(もしかしたら、学年トップ10くらいには入るかも)

綾(入ったら、きっと陽子ほめてくれるんだろうな……)

綾「……」///



17: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 20:47:48.85 ID:U0lYoAOuo

~放課後~

陽子「あんなにテスト用紙が埋まったのは高校入って初めてだよ!」

綾「よかったわね!」

陽子「ホントに、もっとほめてほめてー、っ、げほっ、げほっ」

綾「風邪引いたの?」

陽子「どうやら、そうらしい……」




18: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 20:51:48.39 ID:U0lYoAOuo

綾「テストだから無理して学校来たんじゃないわよね」

陽子「大丈夫大丈夫。陽子ちゃん風邪で寝込んだことほんとにないから」

綾「確かに、ずっとそうだったって言ってたけど……」

綾「テストはまだあと三日あるんだから。あまり無理しちゃダメよ」

陽子「分かってるって」



19: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 20:59:15.53 ID:U0lYoAOuo

~テスト二日目~

陽子「ごほっ、ごほっ」

綾(昨日より、せきが酷くなってるわ……)




20: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:04:15.04 ID:U0lYoAOuo

~テスト三日目~

綾「おはよう、陽子」

陽子「……」zzz

綾「陽子?」

陽子「……? ああ、綾か……」

綾「相当体調悪そうよ?」

陽子「大丈夫大丈夫」




21: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:07:13.39 ID:U0lYoAOuo

陽子「……チーン」

綾(ああ、陽子のことが気になって、テストに集中できない……)



22: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:12:05.87 ID:U0lYoAOuo

~テスト最終日~

綾「今日で最後だからね。陽子、頑張るのよ」

陽子「ああ……」

綾「陽子……。無理そうなら保健室で休んでてもいいのよ」

陽子「いや……受けるよ」

綾「陽子……」



23: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:16:20.70 ID:U0lYoAOuo

陽子(頭ががんがんする……のどが焼けるように痛い)

陽子(でも……受けなきゃ)

陽子「……」カリカリ

陽子(ほら、こんなに問題が解ける。頭は働く。あと三つだ、頑張れる)

……



24: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:20:23.13 ID:U0lYoAOuo

キーンコーンカーンコーン

綾「陽子!」ダッ

陽子「うーん……」グッタリ

綾「陽子、大丈夫?」

陽子「はは、大丈夫じゃ、ないわ」

綾「おでこ出して……熱っ!」

綾「ものすごい熱じゃない! いつから熱あったのよ!?」

陽子「実は、二日目からずっと……」

綾「無理しちゃダメって言ったじゃない! もう……」



25: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:23:19.54 ID:U0lYoAOuo

陽子「でも、テスト受け切ったよ」

陽子「全部、なかなかできたよ」

陽子「だからさ……ほめてよ」

綾「……」

綾(確かに、陽子はとても頑張ったわ……)




26: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:27:34.39 ID:U0lYoAOuo

綾「……よし、よし」ナデナデ

陽子「……」

~~~

陽子「よく頑張ったな! なでなでしてあげよう」ナデナデ

綾「……」///

~~~

綾(はっ! これ、あの時の逆――)

綾「」ドキドキ

綾(って……なんで、私が緊張してるのよ!)





27: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:36:20.09 ID:U0lYoAOuo

綾「ほら、保健室行くわよ。立って」

陽子「う、うん」フラッ

綾「ふらふらじゃない。一人で歩ける?」

陽子「ん……」ギュー

綾「っっ!」




28: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:41:27.94 ID:U0lYoAOuo

陽子「ふらふらする……ごめん、肩貸してくれ」

綾「や、陽子、そんなにくっつかなくても……」///

陽子「ごめん……今日だけ、今日だけ甘えさせてくれ」

綾「あ、あの、その……」///

綾「うーん」バタッ

陽子「あ、綾の方が倒れちゃった」



29: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:46:53.26 ID:U0lYoAOuo

~次の週~

陽子「……」フルフル

綾「どうしたのよ陽子、そんなに震えて」

陽子「……こんな成績取ったの、初めて」

綾「やったじゃない! これで一つ、夢に近づいたわね」

陽子「綾には及ばなかったけどな」

綾「ええ、まあ……」ドヤァ

綾(学年5位だったわ……)

陽子「ちょっとは謙遜しろよ」



30: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/17(火) 21:50:01.49 ID:U0lYoAOuo

綾「でも陽子、それだけ点数が取れたのは、陽子がすごく努力したからよ! 誇りにしていいわよ」

陽子「いいや、それだけじゃない」

綾「え?」

陽子「いろいろ教えてくれた、綾のおかげだよ」

陽子「テストを休まなかったのは、綾に教えてもらったのがもったいないと思ったからなんだ」

綾「え? あ……」///

陽子「これからも、よろしくな」ニコッ

綾「わ、わかったわよ」///


おわり


元スレ
SS速報VIP:小路綾「逆転」