SS速報VIP:七咲逢「先輩、召し上がれ♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387956993/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 16:36:33.98 ID:utTBsIt60


純一「そういえば、七咲ってラーメン好きだよね。」

七咲「はい。好きですけど、それがどうかしました?」

純一「好きなのはわかるよ。僕だって、お宝…いや、なんでもないよ。」

七咲「動作が挙動不審ですよ。先輩。」

純一「そ、それにしても、このお湯…」

七咲「最高ですよね。あそこの温泉に入浴剤が売っていたんです。」

純一「そ、そうなんだ……」

七咲「も、もしかして、嫌いでした?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387956993




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:38:55.75 ID:utTBsIt60


純一「ううん、全然問題ないよ。むしろ七咲と入れるなんて最高だよ!」

七咲「ふふっ 先輩、大好きです。」

純一「僕もだよ七咲。」

七咲「先輩…」

純一「七咲…」

ガララララ


美也「にぃに、ここにいるの~…って、何これ、バター臭い!!」

七咲「キャッ!」





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:39:38.17 ID:utTBsIt60


純一「きゅ、急に入ってくるなよ!!」

美也「逢ちゃんとお風呂…ずっるーい!美也も入る―!!」

七咲「み、美也ちゃん?」

美也「って言いたいけど、美也はまんま肉マンを食べなければいけないのでーす!」

美也「てなわけで、2人とも、あんまり変なことしちゃダメだよ?」

純一「へ、変なことって何だよ。」

美也「んんーっと、ラーメン風呂に入るとか?」

七咲「美也ちゃん!」

純一「美也!」





5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:41:41.73 ID:utTBsIt60


美也「はにゃ!?」

七咲「ラーメン風呂は変じゃないよ!」

純一「そうだ、ラーメン風呂は最高だ!!」

美也「絶対変だって!」

純一「美少女がつかったお風呂…最高の出汁じゃないか!」

純一「様々な美少女がつかったお湯…それでラーメンを作るなんて、一杯1万円はとれるよ!!」

七咲「先輩?」

純一「しかもこれは七咲スープ、ほのかに残る水着痕…健康的な肩甲骨…凄く舐めつくしたい、最後まで味わいたいよ!!」

美也「にぃに……」

七咲「先輩ってば///」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:48:21.15 ID:utTBsIt60


七咲「きゃ、先輩…またあとで」

純一「七咲!」

美也「じゃあね~」

純一「ななさきーー!!」


純一「ま、どうせ家に泊まるんだから、美也の部屋にいるんだろうけどな。」

純一「……七咲スープか」

純一「これは、みそ味かな?」

純一「美味しい……」

純一「七咲スープ…七咲…汁…スープには麺……そうだ!!」





7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:51:05.43 ID:utTBsIt60





美也「にしし、逢ちゃんは今日、美也の部屋でお泊りね」

七咲「わ、私は先輩と一「だめ!」」

美也「にぃにと一緒にいると、変態さんが移っちゃうよ?」

七咲「先輩と一緒…///」

美也「照れる所じゃなーい!」

七咲「で、でも…先輩が可哀想じゃない?」

美也「いいの!」

七咲「先輩の足音…」

美也「わかるの!?」





8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:51:52.14 ID:utTBsIt60


七咲「先輩……」

美也「自分の部屋に言ったみたいだね。にしし♪」

七咲「私たちも寝よっか、美也ちゃん。」

美也「えー、もっとお話ししようよ―!」

純一「七咲!」

美也「ちょっと、部屋に行ったんじゃないの?それに、乙女の部屋に勝手に入らないでよ。」

純一「悪いな、美也。」

七咲「先輩、どうしたんですか?」

純一「さっき風呂で考えたんだ。」

七咲「何をですか?」

純一「その前に、僕の部屋に来ないか?」

七咲「いいんですか!?」





9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:54:32.20 ID:utTBsIt60


純一「もちろんだよ。」

美也「ダメ!逢ちゃんは美也と寝るの。」

七咲「美也ちゃん…」

美也「ね、一緒に寝ようよ―。あ、お菓子もあるよ?」

七咲「ごめんね。先輩が呼んでるから…」

純一「美也、すまんな。」

美也「にぃにの馬鹿!」

純一「行こう、七咲」

七咲「美也ちゃんはいいんですか?」

美也「フンだ!」





10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:55:32.86 ID:utTBsIt60


純一「あとで謝るさ。」

七咲「…そうですね。」

七咲「じゃあまたね。」

純一「おやすみ、美也」

美也「2人のバーカ どうぞ、ご幸せに!!」






11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:57:27.13 ID:utTBsIt60




純一「とりあえず、自由に座ってくれ」

七咲「じゃあ失礼します。よいしょ。」

純一「な、七咲?」

七咲「座れって言ったのは、先輩ですよ?」

純一「確かに、言ったけどさ、膝の上って…」

七咲「ふふっ、先輩の膝…座り心地は悪いですけど、暖かいですね。」

七咲「そうだ、向かい合ってみませんか?」

純一「七咲!?」





12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:58:34.46 ID:utTBsIt60


七咲「逢」

純一「逢?」

七咲「名字じゃなくて、名前で呼んでほしいんです。」

純一「な、なな「逢」」

純一(よし、七咲、いや、逢の目をしっかり見て…)

七咲「……先輩?」

純一「逢」

七咲「そ、そんなに見つめられて…」

純一「クリスマスだな」

逢「そうですね。」

純一「逢…」

逢「そういえば、話ってなんですか?」





13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:59:19.72 ID:utTBsIt60


逢「別れ話だったら、泣いちゃいます……」

純一「そんなわけないよ!逢は最高だよ!」

逢「ふふっ、からかっただけですよ」

純一「大事な話なんだ」

逢「大事な話…(クリスマスに大事な…別れじゃない…もしかして)」

純一「逢」

逢「ひゃう!!」

純一「逢?」

逢「だ、だいじょうぶでふ///」

純一「実はさ、さっきお風呂で考えていたんだけど……」

逢「お風呂ですか?」

純一「ああ。僕たちって、実はラーメンなんじゃないかな?」





14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 17:04:45.88 ID:utTBsIt60


純一「や、やっぱり、だめ?」

逢「全く、大事な話って言うから…プロポーズだと思ったのに…」ボソッ

純一「ご、ごめん…逢……変なことを言って」

逢「でも、考えていることは同じかもしれませんね。」

純一「逢?」

逢「私も、先輩とお風呂に入っている時に思ったんです。」

純一「それって」

逢「私は先輩にとってはラーメンのスープ」

逢「だって、先輩の事を思うと…私の体からスープ…汁が出てくるんです」

逢「でも、ラーメンってスープだけじゃ成り立たないんですよ。」

純一「麺の出番だね!」

逢「はい♪」





15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 17:05:23.55 ID:utTBsIt60


純一「逢!」

逢「きゃ、急に抱きしめられたら…///」

純一「初めてだから…失敗するかもしれないけど、僕、頑張るよ!」

逢「お互い初めてですね。」

純一「あ、でも…アレがない」

逢「もしかして、コレの事ですか?」

純一「な、なんで…逢が!?もしかして、逢って男だったのか!?」

逢「ちがいます!」

純一「よかった…でもそれならどうして?」

逢「先輩…実はコレ、家から持ってきちゃいました」




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 17:05:57.45 ID:utTBsIt60


逢「両親の部屋に隠してあったのをコッソリ」

純一「なんて悪い子なんだ…いや、その後の事も考えてあるから、いい子なのか?」

逢「先輩、一緒に…なりませんか?」

純一「一緒に……」

逢「ん…」

純一「んっ」

逢「優しく、お願いしますね。」

純一「ああ…」





17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 17:07:33.88 ID:utTBsIt60


~~~~~~~~~~~~~~

純一「おはよう……」

七咲「美也ちゃん、おはよう…イタタ」

美也「あれ、2人ともどうしたの?凄く疲れてるみたいだけど?」

純一「昨日、2人でちょっとな」

逢「そ、そうなの、だからね」

美也「2人とも、変なの…まさか!」

純一「ち、違うよ…僕らはラーメンを作っていただけだよ。」

逢「そ、そうなの!」

美也「ならなんで、2人とも腰をおさえてるの?」

美也「ラーメンなら、インスタントがあるじゃん。」

純一「て、手造りだったんだ。」

逢「め、麺はコシが命だから…ね?美也ちゃん」





18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 17:08:22.83 ID:utTBsIt60


美也「怪しい…けど、それ以上にずるい!」

純一「ず、ずるい?」

美也「2人で、美也に内緒でラーメン食べるなんて、」

美也「それも手作りなんて…ずるい、ずーるーいー!!」

美也「美也も食べたい!」

純一「悪いな、美也 このラーメンは2人前なんだ。」

美也「美也が仲間はずれ!?」

純一「今度まんま肉マン買ってやるからな?」

美也「じゃあ許す!」

純一(なんとか、誤魔化せたな)

逢「先輩、また作りましょうね。」

純一「逢…」





19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 17:08:57.18 ID:utTBsIt60


逢「スープの中には、麺が入っていないと、ラーメンじゃないですから。」

逢「今度は水着でしますか?」ボソッ

純一「それって……」

逢「ラーメンは、トッピングも大事ですよ?」

純一「逢!」

美也「朝からいちゃつかないでよ…」

美也「そうだ、2人とも…何味食べたの?味噌?醤油?」





20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 17:09:39.64 ID:utTBsIt60





純一「えーっと......七咲味かな?」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 17:11:35.90 ID:utTBsIt60


以上で終わりです。

クリスマス、楽しんできます。

メリークリスマス


元スレ
SS速報VIP:七咲逢「先輩、召し上がれ♪」