5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 22:22:25.84 ID:SgGl6dUmO

憂「おねえちゃーん」ユサユサ

唯「ん~……」

憂「そろそろ起きないと遅刻しちゃうよー」

唯「……んむ」ゴロ

憂「はーやーくー」ユサユサ

唯「ぐー……」

憂「もー……あれ?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 22:28:04.10 ID:SgGl6dUmO

憂「なに……この本……?」

憂「」ペラッ

憂「……う、うわぁ」

憂「おねえちゃんってこういうのに興味あったんだ……」

憂「……」

唯「ん~……うい~、おはよ~……」

憂「え?!あ、お、おねえちゃん、おはよ!」バッ



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 22:35:08.46 ID:SgGl6dUmO

唯「ふわぁ……ごはん……」

憂「あ、う、うん!用意できてるから、下いこっか?」

唯「うん~……」

憂(ふぅ……バレてない、よね……?)

唯「うい~?」

憂「え?!あ、うん、いこいこ!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 22:40:39.63 ID:SgGl6dUmO

唯「いただきまーす」

憂「いただきます……」

唯「」モグモグ

憂(はぁ……)

唯「ん!今日の朝ごはんもおいしいよ~」

憂「そ、そう?良かった~」

唯「」モグモグ

憂「……」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 22:46:23.40 ID:SgGl6dUmO

唯「……うい?」

憂「え?な、なに?おねえちゃん」ドキッ

唯「おはし止まってるよ?」

憂「あ、う、うん……」

唯「悩み事でもあるの?なんかあるならわたしが……」

憂「い、いや、なんでもないよ!
 大丈夫だから!さっ、食べよ?」

唯「そ、そう……ならいいんだけど……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 22:53:29.16 ID:SgGl6dUmO


――――――――
―――――

純「おはよー」

梓「おはよ、純」

憂「」ボー

純「憂、おはよっ」ポンッ

憂「……」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 22:57:37.95 ID:SgGl6dUmO

純「……?」チョイチョイ

梓「さあ……ずっとこんな感じ……」

純「具合でも悪いの?」

梓「聞いてみたけど、反応無し……」

純「ふーむ……」

憂「……はぁ」

純「うーい」

憂「」ボー



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 23:03:12.51 ID:SgGl6dUmO

純「おーい」ヒラヒラ

憂「……」

純「ねえってばー」ユサユサ

憂「」カクンカクン

梓「……ね?」

純「仕方ない……それなら……とーっ!」

ゴンッ

梓「ちょ?!純?!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 23:08:44.19 ID:SgGl6dUmO

憂「ふわっ?!……あ、純ちゃん、おはよ~」ズキズキ

純「よし」グッ

梓「よし、じゃないでしょ!」

憂「?」

純「まあまあ、これで気づいたんだし……
 で、憂はさっきからどうしたの?考え事?」

憂「えと、まあ、考え事っていうか……」

梓「なにかあったの?」

憂「ん~……」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 23:13:21.59 ID:SgGl6dUmO

純「ま、言いたくないなら無理には聞かないけどさ」

憂「うん……」

梓「……」

憂「……ね、ねえ……二人とも」

純「ん?」

梓「なに?」

憂「あ、あのさ……これは友達の話、なんだけど……」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 23:19:35.41 ID:SgGl6dUmO

憂「その友達には一個違いのお姉さんがいてさ……」

梓「……」

憂「そのお姉さんが、なんていうか……
 男の人と、お、女の人が……その、イチャイチャみたいな……」

憂「ま、まあ簡単に言えば……
 え……えっちな本、っていうか……」

純「……」

憂「そ、そういう本を持ってたらしくて……
 どうしたらいいかなって相談を受けたんだけど……」

梓「……」

純「……」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 23:24:59.03 ID:SgGl6dUmO

梓「ね、ねえ……憂……」

憂「な、なにっ?!」

梓「それって、もしかして唯せんぱ

憂「と、友達の話ね!友達!近所の!」

梓「……」

憂「それで、わたし相談されてて!
 ど、どうしたらいいかな~って!」

純「はあ……わかった、友達の話、ね」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 23:29:07.31 ID:SgGl6dUmO

憂「ふぅ……で、どうすればいいかな?」

純「どうするって言ったって……」

梓「趣味は人それぞれだし……ねえ?」

憂「で、でも……自分のお姉さんにそんな趣味があるだなんて……」

純「年頃の女の人なら持ってる人もいるんじゃない?」

憂「え、そ、そうなの?!」

梓「ま、まあ……少ないかもしれないけど……」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 23:35:10.74 ID:SgGl6dUmO

憂「で、でも、男の人とだよ?!女の人とのならいいけど……」

純「……」

梓「……」

憂「ど、どうかした……?」

純「いや……はあ、いいや……」

梓「まあ、そっちな感じはしてたし……」

憂「そっち?」

梓「なんでもない……」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 23:43:47.18 ID:SgGl6dUmO

純「それで……その、友達ってのはお姉さんのことが好きだから
 男女がズコバコしてる本を持たれるのが嫌だってこと?」

憂「そ、そう!それ!そういうこと!」

梓(ズコバコって……)

純「つまり、男じゃなくて自分に興味を持ってほしいってことだ」

憂「そう!純ちゃんの言う通り!」

梓「……」

憂「……って友達が!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 23:50:12.42 ID:SgGl6dUmO

憂「それで、どうすればいいと思う?」

純「知らない」

憂「え?」

純「なんていうか……そのお姉さんの興味を
 男から女に向かせることがまず難しそうだし……」

憂「……」

純「やるとしたら正攻法でお姉さんを落とすしかないんじゃないの?」

憂「そ、そう……」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/20(土) 23:56:09.61 ID:SgGl6dUmO

憂「で、でも……なにか他にいい方法は……」

純「軽音部の先輩方に聞いてみたら?
 一応、わたしたちより色々経験豊富だと思うし」

梓「ちょ……純!」ヒソヒソ

純「いやー、もう面倒になってきたし……」ヒソヒソ

憂「先輩か……うん、それはいいかも」

梓「はあ……」

憂「ねえ、梓ちゃん……聞くとしたら誰がいいかな?」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 00:01:35.40 ID:SgGl6dUmO

梓「え?!う、うん……そうだな……唯先輩は?」

憂「だ、だめだめ!本人に……
 じゃなくて……とにかくおねえちゃんはだめ!」

梓「そ、そう……うーん……
 澪先輩はこういう話苦手そうだし、律先輩は茶化しそうだし……」

憂「うんうん」

梓「ムギ先輩……かな……?親身になってくれそうだし……」

憂「紬さんか……じゃあ、聞いてみようかな!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 00:07:28.41 ID:crzYmMOwO

梓「今日はちょうど部活も無いし、放課後会いにいってみたら?」

憂「うん、そうする!二人ともありがとう!」

梓「はいはい……」

純「ふう……これでひとまず安心……」

梓「まあ……ムギ先輩なら、面倒見いいし……大丈夫かな」

純「だね……」

憂「~♪」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 00:12:40.77 ID:crzYmMOwO


――――――――
―――――

紬「しゃらんらしゃらんら~」

憂「あ……紬さん!」

紬「あら、憂ちゃん こんにちは~」

憂「あの……今、大丈夫ですか?」

紬「?どうかしたの?」

憂「紬さんにちょっと相談が……」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 00:19:50.58 ID:crzYmMOwO

紬「相談?」

憂「はい……お時間あるならでいいんですけど……」

紬「そう……うん、大丈夫よ~」

憂「ほんとですか?」

紬「ええ、他ならぬ憂ちゃんの頼みだもの!」

憂「ありがとうございます!」

紬「それで、その相談っていうのは?」

憂「実は、ええと……友達の話なんですけど……」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 00:25:35.60 ID:crzYmMOwO


――――――――
―――――

憂「……ってことで、いいアイデアがあったら教えてもらいたくて」

紬「うーん……ねえ、憂ちゃん」

憂「なんですか?」

紬「今の話、憂ちゃんと唯ちゃんのことよね?」

憂「え?!ち、違います、これは友達の話で……」

紬「隠さなくてもいいのよ?誰にも言わないし」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 00:33:20.69 ID:crzYmMOwO

憂「い、いえ……はい……そうです……」

紬「ふふっ、落ち込まないで?
 それに詳細がわかった方が作戦もたてやすいのよ!」

憂「そ、そうなんですか?」

紬「ええ!さて……それじゃあ……
 あとでお家にお邪魔してもいいかしら?」

憂「え?あ、はい……大丈夫ですけど……」

紬「一度家に帰って、準備できたら向かうから……
 憂ちゃんは先に帰って待っててくれる?」

憂「え、と……もうアイデアが浮かんだんですか?」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 00:40:04.79 ID:crzYmMOwO

紬「ええ、そうよ~」

憂「ほ、ほんとですか?!」

紬「だから、安心してお家で待っててくれる?すぐに行くから」

憂「は、はい!よろしくお願いします!」

紬「うふふ……それじゃあ、またあとでね~」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 00:47:26.03 ID:crzYmMOwO


――――――――
―――――

ピンポーン

憂「はーい」パタパタ

ガチャ

紬「お待たせ~」

憂「あ、紬さん!どうぞ~」

唯「あれ、ムギちゃん?」

紬「唯ちゃん、こんにちは~」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 00:52:58.82 ID:crzYmMOwO

唯「どうかしたの~?……はっ!
 もしかして、わたしに会いにわざわざ?!」

紬「うふふ、残念だけど今日は憂ちゃんに会いにきたのよ~」

唯「ういに?」

憂「う、うん、まあ……」

唯「え~わたしも仲間に入れてよ~」

紬「ごめんね?すぐに終わるから、少し待ってて?」

憂「ごめんね、おねえちゃん」

唯「ん~……わかったよ、その代わり急いでね!」

紬「うふふ、は~い」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 00:58:30.15 ID:crzYmMOwO

憂「えと、紬さん!さっきの作戦ってなんですか?!」

紬「憂ちゃん、落ちついて 唯ちゃんに聞こえたら終わりよ」

憂「あ……ごめんなさい……」

紬「それで、作戦なんだけど……
 憂ちゃんが男の子になるの」

憂「……え?」

紬「唯ちゃんは男の子に興味があるみたいなんでしょう?」

憂「は、はい」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 01:05:10.44 ID:crzYmMOwO

紬「それなら、憂ちゃんが男の子になれば
 憂ちゃんに興味を持つんじゃない?」

憂「それは……そうかもしれませんが……」

紬「もちろん、本当の男の子にはなるわけではないわよ?」

憂「それじゃあ、どうやって……?」

紬「そのために、秘密道具を持ってきたのよ~」ゴソゴソ

憂「?」

紬「えー……と、あったあった」バッ



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 01:12:11.45 ID:crzYmMOwO

憂「こ……これは……」

紬「ぺニスバンド……いわゆるペニバンよ!」

憂「ぺ……ぺに……?」

紬「ちょっと立ってくれる?」

憂「え?……は、はい……」

紬「ええと、これをこうして……」ゴソゴソ

憂「つ、紬さん?!な、なにを?!」

紬「憂ちゃん、じっとしてて」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 01:20:15.31 ID:crzYmMOwO

憂「は、はい……」

紬「……よし、これでオッケーよ」

憂「え、えと……これは……」

紬「これで憂ちゃんにもオチンチンがついたわね!」

憂「おちん……ちん……?」

紬「オチンチンがあれば、男の子と同じように
 唯ちゃんを愛してあげられるでしょ?」

憂「あ……ああ!そっか……!」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 01:26:34.22 ID:crzYmMOwO

紬「唯ちゃんがえっちな本を持ってたってことはたぶん、
 男の子にっていうよりもオチンチンに興味があるんだと思うの」

憂「オチンチンに……」

紬「それなら、憂ちゃんにオチンチンがついてたら
 憂ちゃんと憂ちゃんのオチンチンにも興味が向くでしょう?」

憂「……!」

紬「そのオチンチンで唯ちゃんを悦ばせてあげたらイチコロよ!」

憂「そうですね……!紬さん、ありがとうございます!
 それじゃあ早速……」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 01:32:57.34 ID:crzYmMOwO

紬「待って!焦っては作戦が台無しになるわよ!」

憂「え?」

紬「いくら憂ちゃんのオチンチンでも、最初は抵抗があると思うの」

憂「それじゃあ、どうすれば……」

紬「夜に、一緒のベッドで……唯ちゃんが眠ってからが勝負ね」

憂「おねえちゃんが眠ってから……」

紬「寝込みを襲うってこと
 一度受け入れてしまえばあとはなし崩しに落ちてくれるはずよ」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 01:39:36.54 ID:crzYmMOwO

憂「わかりました……紬さん、ありがとうございました!」

紬「お礼なんていいわよ~
 ええと、あとはこれをここに……と」ゴソゴソ

憂「?どうかしましたか?」

紬「うふふ、なんでもないわよ~
 そうそう、ひとつ言い忘れてたけど」

憂「はい?」

紬「夜は必ず憂ちゃんの部屋で、ね?
 自分の土俵に持ち込むって意味でもね」

憂「は、はい、わかりました」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 01:44:40.68 ID:crzYmMOwO

紬「さてと……これで説明も終わったし、あとは夜を待つだけね」

憂「紬さん、本当にありがとうございました……
 わたしのためにここまで……」

紬「いいのよ~ むしろ、お礼を言いたいのはわたしの方よ~」

憂「え?」

紬「さ、唯ちゃんも待ちくたびれてるだろうし……いきましょうか?」

憂「は、はい……そうですね」

紬「うふふ……」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 01:51:04.87 ID:crzYmMOwO


――――――――
―――――

唯「ムギちゃん、泊まっていかないの~?」

紬「ええ、本当はご飯もおよばれしないで帰るつもりだったし……」

唯「ぶーぶー」

紬「それじゃあ、今日はありがとう、ご馳走様
 ……憂ちゃん、頑張ってね?」

憂「は、はい……」

唯「?」

紬「うふふ、ばいば~い」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 01:57:25.24 ID:crzYmMOwO

憂「……」

唯「ふわぁ……ん~、早いけど今日はもう寝ようかな~」

憂「あ……お、おねえちゃん……」

唯「ん?どしたの、うい?」

憂「今日、一緒に寝ない……?」

唯「一緒に?いいよ~」

憂「そ、それじゃあ、わたしの部屋で待ってるから!」バタバタ

唯「う、うい……?」

憂(よし……あとは実行するだけ……!)



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 02:04:58.94 ID:crzYmMOwO


――――――――
―――――

唯「んしょ……ういの部屋で寝るなんて久しぶりだね~」

憂「そ、そうだね……たまには、ね?」

唯「えへへ……」ギュッ

憂「?!」

唯「うい~、あったか~い……」

憂「えへ、へへ……」ギュ

唯「あったかあったかだね~」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 02:10:24.51 ID:crzYmMOwO

憂「……」

唯「」

憂「……おねえちゃ~ん」

唯「ん~……」スースー

憂「寝ちゃった……」

唯「」スースー

憂「……よし」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 02:15:36.97 ID:crzYmMOwO

憂「」ゴソゴソ

憂「こうでいいんだっけ……うん」ゴソゴソ

憂「準備はできた……あとは……」

唯「」スースー

憂「おねえちゃん……」

唯「」スースー

憂「やっぱり、寝込みを襲うのは……」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 02:21:18.95 ID:crzYmMOwO

憂「いや、でも……おねえちゃんが悪い男の人に引っ掛からないために……」

憂(それと、わたしの幸せのためにも……!)

憂「おねえちゃん!」ガバッ

唯「ん……」

憂「ご、ごめんね!」ズルッ

唯「んん……え……?」

憂「あとは、このオチンチンを……」ハァハァ

唯「う、うい……?」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 02:26:53.64 ID:crzYmMOwO

憂「?!」

唯「な、なにしてるの……?」

憂「……ごめんなさい!」ガシッ

唯「え?え?」

憂「えい!えい!」グイグイ

唯「ちょ、ちょっとうい!やめてよ!」

憂「おねえちゃん、我慢して!少しの辛抱だから!」

唯「やだ、やだよ!うい、離して!」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 02:48:35.40 ID:crzYmMOwO

憂「あ、あれ……上手く入らない……」グイグイ

唯「いっ……や、やだ!やめて!」ドンッ

憂「わっ!」バタッ

唯「はぁ……はぁ……」

憂「お、おねえちゃん……」

唯「な、なにしてるの?!うい!」

憂「い、いや……えっと……その……」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 02:54:54.14 ID:crzYmMOwO

唯「寝てるところを襲うなんて酷いよ!どういうつもり?!」

憂「ご、ごめんなさい……」

唯「どうしてこんなことしたの!」

憂「……ぐすっ」

唯「……?」

憂「ふ、ふぇぇ……うぅ……」グスグス

唯「う、うい?」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 02:59:35.32 ID:crzYmMOwO

憂「ご、ごめん、な、さい……で、でも……
 おねえ、ちゃんに、好かれ、たくて……」グスグス

唯「ど、どういうこと……?とりあえず、落ちついて……」

憂「ぐすっ……おねえちゃんが、オチンチンに興味あるのかなあって……
 でも、わたし、オチンチンないし……
 それ、で……に、偽物の、オチンチンでって……」

唯「オチンチン?な、なんのこと?」

憂「え……?」グス

唯「だから、オチンチンってなんの話?」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 03:07:44.27 ID:crzYmMOwO

憂「あ……お、おねえちゃんが、その……
 え、えっちな本、持ってたから……」

唯「えっちな本?なにそれ?」

憂「え……?おねえちゃんの部屋にあった……」グス

唯「わたしの部屋……あれ、それって……」

憂「?」

唯「あれ、わたしのじゃなくてムギちゃんの本だよ?」

憂「紬さん……?で、でも、紬さんは相談にのってくれて……え?」グス



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 03:14:51.57 ID:crzYmMOwO

唯「なんかね、新曲の歌詞を書くのに必要だからって貸してくれたんだ~
 ほら、女子校だし男女の恋愛を学ぶためだって」

憂「え……そ、そうなの……?」

唯「うん~、まだ読んでないんだけどね
 あれ、そんなにえっちな本だったんだ~」

憂「あ……だ、だめ!読んじゃだめだよ!おねえちゃん!」

唯「えへへ、わかったよ……ねえ、うい」

憂「?」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 03:18:56.45 ID:crzYmMOwO

唯「」ギュッ

憂「っ?!お、おねえちゃん……」

唯「わたしは、いつも通りのういが大好きだよ?
 だから、安心して……?」

憂「ぐすっ……ごめんね、おねえちゃん」

唯「ううん、もう怒ってないよ」

憂「えへ……おねえちゃん、大好きっ」ギュッ

唯「えへへっ」



END



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/21(日) 03:26:49.30 ID:crzYmMOwO

唯「んふふ~」ギュー

憂「えへへ」ギュ

?「……」ジー

――――――――
―――――

紬「ヤれよちくしょぉおおおおおお!!!!!」

ほんとにEND


元スレ
憂「なに……この本……?」