SS速報VIP:あかり「ゆるゆり」忍「モザイク!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388817218/



1: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:33:38.31 ID:BOpJAoH00

ゆるゆりときんいろモザイクがクロスしたらキャラ達はどんな絡みを見せてくれるのかという妄想です。
短くてかつ駄文注意。
両作品の地理関係はいったん無視してください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388817218




2: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:35:05.55 ID:BOpJAoH00

あやのとあやや

綾乃「…」

綾「…」

綾乃「(どうしよう、会話が続かない…)」

綾「(ここは一つ…)」

綾「あ、この店のプリンタルトっておいしいのよね!」

綾乃「わ、私もそれ好きです!」

綾「…そ、そうなの?」

綾乃「…は、はい…」

綾「…」

綾「(どうしよう、また会話が…)」



3: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:36:15.04 ID:BOpJAoH00

綾乃「え、えっと…」

綾「そ、それで、あまりもおいしくて陽子にも食べさせてあげたいなんて…」

綾乃「は、はぁ…」

綾乃「(私も歳納京子と一緒に…)」


陽子「おっす!」

京子「やっほーあやの~!」

綾「よ、陽子!!?」

綾乃「と、とととと歳納京子!!!?」


陽子「こんなとこで会うなんて偶然だな~」

京子「で、何の話してたの?」

綾・綾乃「「/////////」」


千歳「」プシャァァァ

まり「!!?」


学年と髪色と血液型と胸と周囲の人間関係以外のほとんどが似すぎてるお二人



4: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:36:56.38 ID:BOpJAoH00

ある日の池田姉妹

池田家

アリス「チトセ!この漬物おいしいよ!」

千歳「口に合ってよかったです~」

アリス「本当においしいね~シノ達にも分けてあげたいな~…」

千歳「あ、それなら作り置きしといた物がありますのでよければどうぞ♪」

アリス「わぁ~!ありがとう!」

千歳「いえ、大したものではありませんが~」


アリス「(そう言えばチトセってちょっとシノに似てるような…)」

アリス「(…おばあちゃんっぽいとことか)」

千歳「?」


アリス「ごちそうさま!本当にありがとうね。」

千歳「いえいえ、気にしないでください~」

アリス「そうだ、お返しに…これどうぞ。」つイギリスのチョコ

千歳「いただきます~」パクパク


アリス「どうチトセ、おいしい?」

千歳「…」

アリス「ど、どうしたの?もしかして口に合わなかったとか…」

千歳「ちゅー!!」バッ

アリス「にゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!?」



5: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:38:03.65 ID:BOpJAoH00

公園

カレン「…??」チラ

カレン「フンフン…」チラ

千鶴「…(さっきからチラチラ見られると集中しづらい…)」

カレン「チヅルはネコ好きデスか?」

千鶴「はい」

カレン「あ!別に変じゃないデスよ!」

カレン「猫は飼ってるデスか?」

千鶴「いつかは飼ってみたいと思ってるんですけどうちはペット禁止で…」

カレン「それは残念デス…でもネコ耳ならあるデスよ!!」ヒョイ

カレン「ほら、ニャ~!!」

千鶴「…??」


穂乃花「(あ、カレンちゃんだ…)」

穂乃花「(私も猫、飼ってみようかな…)」


千歳「はっ!?うちは一体何を?」

アリス「」


カレンは誰とでも友達になれそう



6: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:39:25.57 ID:BOpJAoH00

クッシーとアッカリーン

7月22日 とあるショッピングモール

久世橋「(はぁ…また怒りすぎちゃったかしら…)」

あかり「ううう…」

久世橋「?」

あかり「お姉ちゃんに貰ったなもくらげぬいぐるみが破けちゃったよぉ…」

久世橋「(うちのとこの子じゃないけれど、教師である以上困ってる子は見過ごせないわね…)」

あかり「せっかく誕生日の前前祝いだって言ってお姉ちゃんがくれたのに…」

久世橋「どうしました?」

あかり「ふぇ?」

久世橋「このぬいぐるみが破れて困っているのですね?」

あかり「な、なんでそれを!?」

久世橋「(独り言、全部聞こえてたんだけど…)」

久世橋「ちょっと貸してくれる?」

あかり「いいですけど…何をするんですか?」

久世橋「私が直しますよ」

あかり「できるんですか…?」

久世橋「こう見えても家庭科教師なので。裁縫道具ぐらいは持っていますよ」



7: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:42:05.89 ID:BOpJAoH00

数分後

あかり「わぁ~♪元通りになりましたー!!」

久世橋「よかった…」

あかり「ほんとにありがとうございます!!」

久世橋「いえ、大したことではないですから」

久世橋「このくらげのぬいぐるみ、可愛い…」

あかり「あかり…じゃなかった私もそう思います!」

久世橋「き、聞こえてた!?」

あかり「声に出てましたよ…?」


あかり「先生はどうしてここに…?」

久世橋「えっと、あさっての誕生日のためになんか自分を祝える物でも買おうかと…」

あかり「先生もあさって誕生日なんですか!?」

久世橋「あなたも?」

あかり「はい。このなもくらげぬいぐるみは誕生日の前前祝いでお姉ちゃんがくれたんです。」

久世橋「前々祝い…?」

あかり「あさってが誕生日なんですけど、お姉ちゃんは『あかりのためなら一ヵ月前から毎日祝えるから!』って言ってくれて…」

久世橋「お姉さんはとてもあなたを愛してくれているのね…」

あかり「はい!あかりの自慢のお姉ちゃんです!」



8: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:43:28.05 ID:BOpJAoH00

あかり「(あ、先生。なんか落とした…)」

あかり「(あれ、お姉さんの名前かな?『くぜはし あかり』…?)」

あかり「これ落としましたよ。」

久世橋「え?…本当だ。ありがと。」

あかり「どういたしまして。…先生も『あかり』って言うんですね!」

久世橋「それの名前…見たの!?」

あかり「す、すいません!!」

久世橋「(昔から持ってるアクセサリー…ひらがなで名前書くんじゃなかった…)」

あかり「名前も同じで誕生日も一緒なんて、なんか凄い偶然ですね!」

久世橋「そ、そうね!」

あかり「ごめんなさい…勝手に名前見てしまったりして…」

久世橋「べ、別に怒ってないわ…」

久世橋「私こそ、怖い先生だって思われている事もあるぐらいだし…」

あかり「…そんな事ないと思います」

久世橋「どうして?」

あかり「先生は優しい人だとあかりは思います。顔も知らないのにぬいぐるみを直してくれたりしましたし…」

久世橋「そうかしら…生徒にはついつい厳しく叱っちゃうし…」

あかり「それでも、先生がホントは優しい人だって事はきっと先生の生徒さんたちにも伝わってると思います」

久世橋「そうかしらね?」

あかり「きっとそうだと思いますよ!あかりが保証しますっ!」

久世橋「ふふ、ありがとう。」


久世橋「(子供達の笑顔が見られるのも、教師の仕事で良かったと思える瞬間かもしれないわね…)」


翌日

久世橋「~♪」ニコニコ

烏丸「久世橋先生、なんかいい事あったんですか?」

久世橋「い、いえ!!そんな事は!!」

烏丸「(内緒で計画してた先生の誕生日パーティーの事、バレちゃったのかしら…?)」


この二人、実は誕生日も一緒なんです



9: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:44:18.85 ID:BOpJAoH00

大室櫻子と嘘つきブラザーズ

櫻子「くっそ~あのおっぱいどこ行った!?」

櫻子「櫻子様を置いて勝手な行動を取るなんて~!!」(自分が迷子になっただけ)

空太「(さっきからうるさいな…)」

美月「(すごいバカっぽい)」

櫻子「このままじゃ埒が明かないぞ…!」

櫻子「誰か~!!」

空太「(よし、やるか)」

美月「(おーけー)」

櫻子「ん、小学生がいる…?」

空太「アホそうなお姉ちゃん、何してんの?」

美月「さっきから無駄に大声出してるみたいだけど」

櫻子「ん?なんか凄く失礼なこと言われたような…」

空太「細かい事は気にしない」

櫻子「連れのバカおっぱいを探してるんだけど全然見つからないんだよ!」

美月「それはどんな人なの?」

櫻子「憎くてたまらないおっぱい。青い髪でカチューシャ、あとおっぱい」

空太「(わかんねぇ)」

美月「ふんふん…」

美月「その人ならさっき見たよ」

櫻子「ホントか!?」

空太「うんうん。その人は…」

美月「…で…だから…」

櫻子「な!何だって!!?」



10: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:45:45.27 ID:BOpJAoH00

少し後

空太「あんなにあっさり信じるとは…」

美月「よっぽどその人の事心配だったのかな…」

陽子「お、こんなとこにいたんだ。帰るぞ~」

美月「わかった~」


向日葵「『向日葵がおっぱいだけの理想郷を作り上げようとしている』ってどういうことですの…?」

櫻子「だからそう聞いたんだって!!」

向日葵「いくらなんでもそんなデタラメ信じるなんてどうかしてますわ…」

撫子「気にしないでひま子。どうせいつもの事だから」

櫻子「ねーちゃんまで!」

花子「多分その二人にからかわれただけだし…」

楓「でも、無事に会えてよかったね」


空太「(他の4人は賢そうだ…)」


櫻子は簡単に騙されそうだけど、花子は多分騙されない



11: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:51:51.16 ID:BOpJAoH00

真・お姉ちゃんズ

あかね「それでこの時のあかりがね…」

勇「そればっかね…」

勇「抱き枕とか作るのもわかる気がするわ」

あかね「あ、アレは確か…」

勇「私はカマかけただけだけど?」

あかね「はっ!?」

勇「まぁいいや。それより、私の撮った忍の写真も見てちょうだい?これは小学生の時のだけど…」

あかね「あ、あかりだって!この時のが…」


ともこ「(私も、あかねちゃんの話題に加わりたい…)」

撫子「(私たち、蚊帳の外だ…)」


忍「ちなつちゃんと作ったクッキーです!みんなで食べましょう!」

ちなつ「おかわりもあるよ?」

あかり「(い、いらない…)」

櫻子「…」


勇姉は(流石にあかねさん程じゃないけど)結構シスコン



12: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:53:31.48 ID:BOpJAoH00

わたしたちのシノ部

七森中ごらく部

アリス「ここがごらく部か~」

カレン「お邪魔するデース!」

京子「いらっしゃ~い!」

ちなつ「ところでなんでそこの二人はサンタ服なんですか?」

京子「私らは一足早くクリスマスの気分なのさ」

カレン「浮かれてなんていないデスよ~」

結衣「…二人は波長が合うのだろうか?」

陽子「たぶんな」


忍「私はクリスマスプレゼントにお二人の金髪が欲しいです!」

綾「しのは何を言い出すの!?」

アリス「ねぇシノ!私は!?」



13: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 15:55:42.13 ID:BOpJAoH00

綾「ところでごらく部って何をする部活なの?」

京子「特に何も。好きにダラダラするだけです。」

綾「それって部活なの…?」

結衣「たぶん…」

アリス「それなら私達だって立派な部活に所属してるよ!」

ちなつ「何の部ですか?」

アリス「シノ部だよ!毎日シノと遊んだりお話したりする素晴らしい活動をしているよ!」

忍「金髪少女はいつでも大歓迎ですよ!」

陽子「(どっちも部活と呼べるものじゃないだろ…)」



14: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 16:01:02.76 ID:BOpJAoH00

ガラッ

綾乃「歳納京子ー!」

京子「あ、綾乃だ。」

綾乃「プリントの提出は今日までよ!期限を守らないと罰金バッキンガムなんだから!!」

結衣「ブフッ!」

アリス「ちょっと!ロンドンの誇る王室をそんな変なダジャレに使わないでよ!」

綾乃「す、すいません…」

陽子「ほら、アリスは本場のイギリス人だから…」

カレン「私は結構いいと思うデスケド?」


京子「綾乃、プリントの事わざわざ伝えに来てくれたんだ。ありがとね。」

綾乃「お、お礼を言うほどの事じゃないわ///」

カレン「なるほど~アヤノもアヤヤと同じ恋する乙女のようデスね…」

陽子「綾は恋してんの?」

綾「そ、そんなわけないわよ!!」

千歳「(この人達でもイケるかもしれへん…)」ドバドバ


忍「これはゴミですか?」

ちなつ「失礼な!二時間かけて頑張って書いた絵なんですけど!!」



15: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 16:04:54.51 ID:BOpJAoH00

ガラッ

綾「今度は誰?」

西垣「こんにちは」

りせ「…」

結衣「何しに来たんですか?」

西垣「そろそろ終わりの時間なのでオチを付けに来た」

ちなつ「それってもしかして…」

西垣「無論、爆発オチだ」

陽子「いやちょっと待て!!「オチが付かない」と言う理由で爆発を起こす教師がどこにいるんだ!?」

西垣「ここにいるぞ」

陽子「いなくていいから!」

りせ「…」

西垣「松本の言う通り、火力は最小限に絞ってあるから心配ない」

陽子「そういう問題じゃないだろ!?」

カレン「爆発デスか!?バーニングラブデスか!?」

陽子「落ち着け~後そのネタわからん」

西垣「私も落ち着かないんだ。早く爆発させたくてうずうずしているからな」

陽子「だれかこの人止めろよ!」

京子「いや、いつもの事だし、ね♪」

陽子「ね♪じゃねぇよ!!」



16: ◆E0x9cdUQmc 2014/01/04(土) 16:07:01.43 ID:BOpJAoH00

カレン「確かに落ち着かないデスね。『オチが付かない』だけに!」

アリス「なるほど~さすがカレンだね!」

陽子「感心してる場合か!?」

陽子「とにかく、そんな事はさせないからな!!」

忍「あれ、このスイッチなんでしょうか?」ポチ

西垣「ああ、それは今から押す起爆スイッチで…」

陽子「押すなよ!絶対に押すなよ!!」

忍「もう押しちゃいました」

陽子「おいいいい!?」

綾「しのーーーーーー!!」


another-010258-016


あかり「セリフなかった…」(この話だと)

(強引に)おしまい


元スレ
SS速報VIP:あかり「ゆるゆり」忍「モザイク!」