1: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 18:20:24.77 ID:XcHBrT+c.net

せつ菜「ほぇー…///」

愛「ゆうゆすご///」

侑「はは、それほどでも」


・・・・・・

実際のご様子


侑「あっ♡あっ♡」カク、カク

歩夢「ふふ、侑ちゃんったら自分から腰動かしてる」クチュクチュ

侑「ぁ♡あゆむ♡しゅきぃ♡」プシャ

歩夢「えっちによわよわな侑ちゃんも可愛いよ♡」



2: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 18:26:59.83 ID:XcHBrT+c.net

侑「一旦あそこに指入れると、すごい締め付けてきて全然放してくれないしね」

せつ菜「…///」

愛「生々しい…///」


・・・・・・

歩夢「侑ちゃんイっちゃった?」

侑「はぁ…はぁ…」

歩夢「1回抜くね…」ヌプ

侑「やぁ♡、もっとぉ♡」キュッ

歩夢「わ、…侑ちゃんちょっとえっちすぎるよ///」

侑「あゆむ…♡おねがい、もっとして♡」キュンキュン

歩夢「しょうがないなぁ///」チュプ



5: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 18:35:05.11 ID:XcHBrT+c.net

侑「頼んでもないのに毎回あそこ舐めたがるしね」

せつ菜「えっちですね!!」

愛「歩夢、やば///」


・・・・・・


侑「はっ♡はっ♡」ペロペロ

歩夢「ちょ、侑ちゃん、それはいいから、汚いからっ///」

侑「んちゅ♡、んむ♡」

歩夢「ん♡き、聞いてるの?」

侑「おいしい♡、ちゅる♡、ちゅ♡」

歩夢「ほんと、ばか、へんたい!///」



8: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 18:42:08.98 ID:XcHBrT+c.net

侑「あとね、歩夢はお尻叩くといい声で鳴くんだよね」

せつ菜「どすけべじゃないですか!!」

愛「えっろ」


・・・・・・

歩夢「侑ちゃん、お尻だして」

侑「え、なんで…?」

歩夢「いいから、はやく」

侑「う、うん///」ドキドキ

歩夢「侑ちゃんさぁ、同好会のみんなに変な事言いふらしてるでしょ」

侑「!?」

歩夢「私知ってるんだから、ねっ!」ペシン

侑「あっ♡」

歩夢「反省して!!」パチーン

侑「あんっ♡」

歩夢「っ、何悦んでるの、このへんたい!!!」バチーン

侑「あひぃ!♡」



10: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 18:48:02.56 ID:XcHBrT+c.net

侑「デートの別れ際とかね、袖掴んで、『まだ一緒に居たい…』って言うんだ」

せつ菜「急にかわいいですね」

愛「何それ萌える」


・・・・・・

侑「…」ギュー

歩夢「…あの…///」

侑「…」ギュー

歩夢「もう遅いし帰ろ?」

侑「やだ…帰りたくない」

歩夢「家隣なんだしすぐ会えるよ?」

侑「やだ」

歩夢「…私の部屋来る?」

侑「いく」



14: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 18:56:54.76 ID:XcHBrT+c.net

侑「かと思えば急に胸押し付けてきて私を誘惑するんだよね」

せつ菜「やっぱりどすけべじゃないですか!!!」

愛「歩夢って結構大胆なんだね///」


・・・・・・

侑「すーっはーっ」ドキドキ

歩夢「ちょっと、侑ちゃん!匂い嗅がないで!///」

侑「はぁ…はぁ…///」スリスリ

歩夢「胸に顔押し付けないで///」

侑「んっ♡…はぁ♡」モゾモゾ

歩夢「もう!だめ///、せめて部屋まで我慢して!」



17: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 19:05:38.07 ID:XcHBrT+c.net

侑「部屋に入るなり、即おねだりされて困っちゃうよね」

せつ菜「エッッッッ」

愛「ふーん、えっちじゃん」


・・・・・・

侑「あ、あゆむ♡、はやく♡」フリフリ

歩夢「そんなにしてほしいの?」

侑「」コクコク

歩夢「じゃあ、おねだりしてみよっか」

侑「あゆむ、お願い♡、卑しい私のここ、いじめてくださいっ///」

歩夢「そこまで言えとは言ってないよ…へんたい侑ちゃん♡」

侑「…///」



21: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 19:13:44.28 ID:XcHBrT+c.net

侑「まぁ、彼女として断れないから相手してあげるんだけどね」

せつ菜「歩夢さんの誘い断るなんて罰が当たりますよ!」

愛「…確かに」


・・・・・・

侑「あぁっ♡あゆむ、すきっ♡きもちいいっ♡!」ビク

歩夢「…ほんとに好き?えっちしてくれるならだれでもいいんじゃないの?」クチュクチュ

侑「や♡、あゆむがいいのっ♡あゆむじゃなきゃいやだ!///」

歩夢「ふーん、私は侑ちゃんのことは好きだけど、ちょっとえっち過ぎて困ってるよ」

侑「え、そんな♡やだやだ、あゆむ♡許して♡我慢するからっ」

歩夢「…その顔、説得力なさすぎだよ♡」

侑「…みないで///」バッ

歩夢「…かわいい♡嘘だよ、どんな侑ちゃんでも私は愛してる♡」

侑「いじわる…///」キュンキュン



25: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 19:20:27.14 ID:XcHBrT+c.net

侑「ま、そんな感じで、歩夢は私にべったりってわけ」

せつ菜「いいですね、羨ましいです!」

愛「…」

ガチャ

歩夢「あれ、みんな何してるの?」

侑「あ、歩夢」

せつ菜「あ、どすけb」

侑「!?ちょ、せつ菜ちゃん!!」ガシッ

せつ菜「むぐ、~~~!」モゴモゴ

歩夢「…?どうしたの?」

愛「いやー、なんでもないよ」

歩夢「そう?」



28: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 19:25:11.61 ID:XcHBrT+c.net

侑「歩夢、いつ来たの?」グググ

せつ菜「…!、…!」グイグイ

歩夢「うん?今さっきだけど」

侑「あ、そう…ならいいけど」

歩夢「あの、せつ菜ちゃん死んじゃうよ…?」

せつ菜「っ、歩夢さん!」ガバッ

侑「うわ!?」

せつ菜「私、歩夢さんが侑さんに抱き着いて胸押し付けて発情しておねだりして

よがり狂ってお尻叩かれながらいい声で鳴くところが見たいです!!!」

侑「」

歩夢「は…?」

愛(ひえぇ、愛さん知ーらない)



31: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 19:32:56.99 ID:XcHBrT+c.net

歩夢「えっと、ごめん…何?もう1回言って?」

せつ菜「侑さんから聞きました!歩夢さんは抱き着いて(略)いい声で鳴くどすけべ淫乱JKだと!」

歩夢「」

侑「そ、そこまで言ってない!!」

歩夢「…言ったは言ったんだね?」

侑「ひっ!」

歩夢「私、いつから侑ちゃんの立場になったのかなぁ」

歩夢「それとも、ついに記憶力も赤ちゃんになっちゃった?」ニコ

侑「ぎゃ、逆だったかもしれねぇ…」

バンッ

歩夢「ふざける余裕はあるんだね?」ニッコリ

侑「…っ」ビクビク

歩夢「この前あんなにお仕置きしたのに、また嘘教えてるんだ?」



39: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 19:44:49.74 ID:XcHBrT+c.net

せつ菜「侑さん!?嘘なんですか!!!?それもまたって何ですか!?」

せつ菜「まさか歩夢さんがバニー姿でお尻振って誘ってくるのも!?」

せつ菜「万年発情期のうさぎちゃんで毎日求められて身が持たないっていうのも嘘ですか!?」

愛(せっつーうけるっ、く)プルプル

侑(誰かせつ菜ちゃん止めて!!!)

歩夢「何それ、私どころか侑ちゃんすらやってないよ?」ニコ

せつ菜「ひどいです!許せません!!私のトキメキ返してください!!!」

侑「……」ダラダラ

歩夢「…ごめんね、せつ菜ちゃん。よがり狂う私は見せてあげられないけど」スッ

ペロン

侑「え」

プリン

歩夢「いい声で鳴く侑ちゃん見せてあげるから許して?」



45: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 19:56:02.95 ID:XcHBrT+c.net

せつ菜「許します!!!」

侑「ちょ、!///」

歩夢「なんなら一緒に叩く?」

せつ菜「叩きます!!!」

歩夢「愛ちゃんもやる?」

愛「あ、愛さんはいいかな、あはは///」

歩夢「遠慮しなくていいのに…。じゃ、侑ちゃん、覚悟してね」

侑「あの、ほんとにここでするの…?」

歩夢「侑ちゃんさえ良ければここでよがり狂わせてもいいんだよ?」

侑「…///」ドキドキ

歩夢「もう!何期待してるの!!」バチン

侑「ひゃぁ!♡」ゾクゾク

せつ菜「スカーレット・ストーム!!!」ベチン

侑「あぁっ~~~!!♡」ビクン

愛(同好会の2年やばすぎ問題)



52: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 20:02:59.54 ID:XcHBrT+c.net

歩夢「いつからこんなに見栄っ張りでへんたいになったの!?」ペチーン

侑「ひぃ♡」

せつ菜「どすけべは侑さんじゃないですか!」バチーン

侑「ごめんなひゃいっ♡、…も、もっと///」フリフリ

歩夢「…せつ菜ちゃん」チラッ

せつ菜「…はい!」コクン

歩夢・せつ菜「「せーのっ!」」

バチコーン!

侑「いくっっ!!!♡」プシャ

――――
―――
――

一方その頃


かすみ「あぁ、しず子?軽くにゃんにゃんしてあげたらよがり狂ってかすみんの虜だよ」

璃奈「ほぇー…///」

・・・・・・

果林「あぁ、エマ?軽くおっぱいイジめてあげたらよがり狂って私に夢中よ」

彼方「へー…」


おわり

以下おまけ(短め)の1年編、3年編



56: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 20:10:50.87 ID:XcHBrT+c.net

おまけ 1年編



かすみ「しず子って犬好きでしょ?だからえっちの時はかすみんの犬にしてあげてね」

璃奈「かすみちゃん、意外と過激…///」


・・・・・・

かすみ「にゃん♡、にゃん♡」ペロペロ

しずく「かすみさん、おいしい?」ナデナデ

かすみ「んにゃぁ///」

しずく「私ショックだなぁ、かすみさんにこんな趣味あったなんて」クニクニ

かすみ「んんっ///、にゃ…ん♡」

しずく「でも、猫かぁ…私犬のほうが好きなんだけどなぁ」

かすみ「え…」ジワ

しずく「わ、そんな泣かなくても…」

しずく「冗談だよ、かすみさんだったら猫ちゃんでも好き♡」チュッ

かすみ「ん、しず子ぉ♡」トロン



60: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 20:16:33.99 ID:XcHBrT+c.net

かすみ「あと、しず子は痴漢プレイが好きでね」

かすみ「この間しず子の家に遊びに行くとき、仕方なく虐めてあげたんだよねぇ」

璃奈「えぇ、しずくちゃんも意外と…///」


・・・・・・

ガタンゴトン

しずく「ごめんねかすみさん、私の家遠くて…」ムチッ

かすみ(…電車で揺れるしず子のお尻…)ムラムラ

しずく「…はぁ、あと30分くらいかな」チラ

かすみ(…今っ!!)シュバッ

しずく「…」ガッチリ

かすみ「…あれ…腕…」

しずく「次降りましょうか、痴漢さん?」ボソッ



61: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 20:20:52.68 ID:XcHBrT+c.net

駅のトイレ

しずく「私電車通学だから、痴漢には神経使ってるんだ」ツプ

かすみ「…っ♡」ビク

しずく「まぁ、実際されたのはかすみさんが初めてなんだけど」ニュプニュプ

かすみ「~~~っ♡」

しずく「こういうプレイがしたかったの?痴漢さん♡」

かすみ「…♡」フルフル

しずく「まぁいいけど。気付かれたくないなら声、我慢してね♡」クチュ

かすみ「フー♡、フー♡」

――――
―――
――

かすみ「りな子も彼女作ったらやりたくなるかもよ?」

璃奈「璃奈ちゃんボード『///』」



63: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 20:28:48.35 ID:XcHBrT+c.net

しずく「あ、かすみさん、璃奈さん、ここにいたんだ」

かすみ「」ビクッ

璃奈「…」ジー

しずく「…?璃奈さん、どうかした…?」

璃奈「…なんでもない///」

しずく「…かすみさん、またいたずらか何かした?」

かすみ「な、してない!しず子のことなんて何も言ってないよ!」

しずく「…私自分の事だなんて言ってないけど…」

かすみ「」

しずく「ちょっと詳しく聞かせてもらうね。璃奈さんも協力して?」

璃奈「は、はい…」


1年編おわり



66: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 20:32:24.59 ID:XcHBrT+c.net

3年編


果林「エマってばほんとおっぱい触られるのが好きでね」

彼方「…うん」


・・・・・・

果林「…」チュパチュパ

エマ「…果林ちゃんってほんと私のおっぱい好きだね」ナデナデ

果林「普段のクールな朝香果林を癒してくれるのはこのおっぱいだけよ」

エマ「あはは…嬉しいような恥ずかしいよな///」

果林「…♡」チュウ

エマ「んっ♡」



68: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 20:36:28.48 ID:XcHBrT+c.net

果林「昔から自分で揉み過ぎてあの大きさになったらしいわ(大嘘)」

彼方「…そう」


・・・・・・

果林「…」チューチュー

エマ「か、果林ちゃん?」

果林「何かひら?」チュウ

エマ「…あ、あの、飽きないのかなぁ?」

果林「一日中だって飽きないわ」

エマ「…そうなんだ」

果林「あ、逆も吸ってあげないと可哀想よね」チュパ

エマ「あ、うん…そうだね」



71: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 20:42:06.28 ID:XcHBrT+c.net

果林「まぁ今では私という彼女がいるから、問題ないのだけどね」ドヤァ

彼方「…そっか」(何が?)


・・・・・・

果林「エマのおっぱいは最高だわ」ちゅぱちゅぱ

エマ「も、もお、そんなに吸われたら赤ちゃんの分無くなっちゃうよ♪、なんて…」

果林「は?」ちゅぽん

果林「エマ、私があなたの彼女になった時点でこのおっぱいは私のものと違うのかしら?」

エマ「」

果林「違うのかしら?」

エマ「」

果林「そもそも今は私がその赤ちゃんだから問題ないわ」

エマ「」



73: 名無しで叶える物語 2021/10/07(木) 20:48:20.99 ID:XcHBrT+c.net

果林「だから、エマのおっぱいは私が管理してあげてるのよ」

彼方「果林ちゃん頭大丈夫?」(そうなんだ)

果林「は?」

彼方「あ、やば」

ガラッ

エマ「遅くなってごめーん」アセアセ

果林「ちょっと彼方、今のどういう」

彼方「エ、エマちゃん!おっぱい触られるの好きなのってほんと?」

エマ「…は?(低音)」

果林「…っ!」ゾクッ

彼方「ひっ、あ、あの、果林ちゃんが」ガクガク

エマ「あぁ、ごめんね彼方ちゃん♪」

エマ「…果林ちゃん、こっち」

果林「エ、エマ…?」

エマ「はやくして」

果林「は、はひ」

彼方(ごめん果林ちゃん…)


3年編おわり

完!


元スレ
侑「あぁ、歩夢?軽く抱いてあげたらよがり狂ってもう私にメロメロだよ」