1: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 18:29:39.70 ID:DqRjc7xF.net

菜々「ふふ、音楽科編入試験合格おめでとうございます」

侑「ありがとう!」

菜々「ここではじめて侑さんに会った時のことを思い出します」

侑「わたしもだよ」

菜々「あの頃はまだ、全然弾けてなかった侑さんが」

侑「も~ 初心者だったんだから仕方ないでしょ~」

菜々「ふふ でも、あれから沢山練習して、今じゃ編入試験まで受かるレベルにまで 本当に尊敬します」

侑「も、もう 照れるじゃん!……でも、せつ菜ちゃんがあの時応援してくれたから、わたしは頑張れたんだよ」

菜々「とんでもないです ここまで来れたのも、侑さん自身の努力の賜物です わたしは関係ありませんよ」

侑「とはいいつつも、顔は赤いけどね」

菜々「ゆ、侑さん!///」

侑「あははっ♪」



10: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 18:50:01.66 ID:DqRjc7xF.net

菜々「…もしよければ、何か侑さんの自信のある曲を1曲弾いてくれませんか?」

侑「もちろんいいよ!…でも自信のある曲かぁ」

菜々「い、いえ、別に侑さんが弾ける曲であればなんでもいいんですよ?」

侑「そう?…でも、1番自信ある曲と言われればこれかな じゃあ椅子に座って聴いててね」

菜々「はい!なんだかワクワクします!」

侑「ふふふ、わたしも心を込めて弾くよ」

菜々「はい」

侑「……すぅ」スッ

テテンテテンテンテン~♪(CHASE)

菜々「!」



14: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 18:55:40.67 ID:DqRjc7xF.net

侑「~♪」テンテン

菜々「…」

侑「~~♪」テテン

菜々「…」ポロッ

侑「な~りたい自分を~ 我慢しないで~いいよ~」

菜々「…!」

侑「夢はいつか~ほら輝き出すんだ~♪」

デーン

侑「ふぅ…どうだった?!」

菜々「うぇ…っ…うう……ぐすっ……」

侑「ええ?!泣くほど下手だったの?!!」

菜々「ち、違います…う……だ…だって……わ、わたしの曲が……っ!ひぐっ…」

侑「せ、せつ菜ちゃん?!大丈夫!?」

────────



15: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 19:02:55.26 ID:DqRjc7xF.net

菜々「ごめんなさい…」

侑「いいよいいよ でも、弾き終わったら泣いてたからびっくりしたよ」

菜々「だって、まさかわたしのCHASEを弾いてくれるだなんて思わなくて…」

侑「CHASEはね、わたしにとってすごく大切な曲だから」

菜々「そうなんですか…?」

侑「うん わたしや歩夢にとって、スクールアイドルに出会うきっかけになった曲でもあるし」

侑「わたしが最初に弾いた曲でもある」

侑「それに、音楽初心者が普通科からいきなり音楽科へ行くのなんか、すっごい簡単なことじゃなかったんだよ?」

侑「正直、挫折しそうな時もあった 上手くいかずに投げ出したい時もあった」

菜々「侑さん…」



16: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 19:05:37.49 ID:DqRjc7xF.net

侑「そんなわたしを支えてくれたのは、幼なじみの歩夢や同好会のみんな」

侑「そしてなにより、CHASEだったんだ」

菜々「…」

侑「なりたい自分を我慢しなくていい、そんな歌詞にわたしはずっと支えられてきたんだよ」

侑「だからせつ菜ちゃん、改めて、本当にありがとう」ニコッ

菜々「…」

菜々「うう…」グス

侑「ちょ」

菜々「ゆうざああああん…っ!!」ズビズビ

侑「な、泣かないでよ!!ちょっとわたしも泣きそうだから!」

菜々「わたしの大好きがぁ……っ!侑さんの大好きを応援できて…ほんとに……ほんとに…っ!!うれしいです……!!!ぐすっ」

侑「うん、うん」グスッ



18: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 19:08:39.59 ID:DqRjc7xF.net

─────

菜々「ごめんなさい」

侑「いいよ 結局わたしも泣いちゃったし」

菜々「お恥ずかしいところを見せてしまいました…」

侑「ううん ああやって誰かのために泣いて喜んでくれるせつ菜ちゃんは本当に素敵だよ」

菜々「もう」

侑「あははっ」

菜々「そういえば、さっきピアノを弾いている時、侑さんが歌い始めて少し驚きました」

侑「ええ?!わたし歌ってた!?」

菜々「無意識だったんですか?ラスサビのところで、気持ち良さそうに歌っていましたよ」

侑「恥ずかしいなぁ…/// 音痴じゃなかった?」

菜々「はい 歌手にもなれるんじゃないですか?」

侑「いいすぎだよ~」



20: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 19:11:47.93 ID:DqRjc7xF.net

菜々「…そろそろ練習の時間ですね」

侑「もうそんな時間か~ 今日も練習楽しみだな~」

菜々「はい!でも、音楽科の授業と同好会のサポートの両立はキツいと思います あまり無理はしないでくださいね?」

侑「それは生徒会長と同好会を両立させようとしてるせつ菜ちゃんにも言えることだからね」

菜々「確かにそうですね!お互い、無理のないように頑張りましょう!」

侑「うん!」

菜々「では、練習に行きますか!」

侑「あ…」

菜々「どうかしました?」

侑「…せつ菜ちゃんにお願いがあるんだ」

菜々「お願い、ですか?」



21: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 19:17:09.06 ID:DqRjc7xF.net

侑「わたしね、CHASEが弾けるようになったら、わたしのピアノの伴奏でせつ菜ちゃんに歌ってもらいたいって思ってたんだ」

菜々「わたしに…」

侑「まだわたしも完璧に弾けてるとは思ってないし、もしかしたらせつ菜ちゃんにとって歌い辛いかもしれないけど」

侑「せつ菜ちゃんがよければ、歌ってほしいな」

菜々「わたしでよければぜひ!」

侑「ほんと?!ありがとう!!これでまた1つ夢が叶っちゃった♪」

菜々「夢……」

侑「せつ菜ちゃん?」

菜々「わたしも…わたしも、侑さんのピアノにわたしの歌を合わせてみたいって思ってました」

侑「お~!やっぱりわたしたちって結構似た者同士なのかも」

菜々「そうかもしれませんね」クスッ



22: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 19:20:48.07 ID:DqRjc7xF.net

侑「じゃあ1、2、3、4で弾き始めるね よし、それじゃ行くよ!」

菜々「待ってください」

侑「うん?」

菜々「侑さん、肝心なことを忘れてますよ」クスッ

侑「あっ…確かにそうだね!…なんか久しぶりかも」

菜々「普段は隠してますからね」

侑「わたししか見れない瞬間だね」

菜々「いえ、意外と同好会の人は見てると思いますよ?」

侑「も~~!そういうことじゃないって~!」プンプン

菜々「ふふ♪ では行きますよ」

侑「うん!」

菜々「…」バッ

シュルッ

キュッ



23: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 19:22:59.26 ID:DqRjc7xF.net

せつ菜「お待たせしました!」

侑「うわあ…!」キラキラ

せつ菜「な、なんです?」

侑「やっぱりいつ見てもせつ菜ちゃんはかっこいい!ときめいちゃうよ!!」

せつ菜「それは嬉しい言葉です!……侑さんは、菜々はあまり好きではないですか?」

侑「大好き!」

せつ菜「…///」

侑「よーし!それじゃ今度こそ!」

せつ菜「はい!準備は万端です!!」

侑「うん!行くよ~!!!」スッ



24: 名無しで叶える物語 2021/10/17(日) 19:23:06.01 ID:DqRjc7xF.net

終わり


元スレ
菜々「音楽室の使用許可は取ったんですか?」クス 侑「ふっふっふ、音楽科の生徒はこの時間は自由に使えるんだよ」ニコッ