1: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 22:58:14.43 ID:C9TPmguh.net

~葉月邸~


 ギィィ・・・ バタンッ


恋(ふうっ・・・ 東京大会が惜しくも2位で終わって以降、リエラのみんなの練習への情熱が凄くて帰宅が遅くなることが多いですね・・・・・・)


サヤ「お嬢様、おかえりなさいませ」

恋「サヤさん、遅くなり申し訳ありません」

サヤ「練習お疲れ様です。お食事が出来上がってますのでまずはお着替えになられて召し上がってください」 ニコッ

恋「ありがとうございます。やはりサヤさんが居て下さると安心できますね」

サヤ「そう仰って頂けると私も報われます」


────
──



3: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:00:17.49 ID:C9TPmguh.net

────
──


~食後~


恋「ごちそうさまでした」

サヤ「お口に合いましたか?」

恋「はい、とても美味しかったです」 ニコッ


サヤ「ご入浴のご用意も出来ておりますから、食後のひと休みをされてからゆっくり浸かって体を労って下さいね」

恋「何から何まで本当にありがとうございます」


恋「では、わたくしは一度自室に戻りますので」

サヤ「はい」 ニコッ



4: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:02:35.92 ID:C9TPmguh.net

────
──


~浴室~


 ガラガラッ


恋(凄い・・・・・・ サヤさんが一時期いない間に疎かにしていた清掃が完璧になされている・・・・・・)

恋(やはりサヤさんは凄いお方ですね・・・・・・)


 キュッ

 シャーーーーー・・・・・・


恋「ふぅ・・・」


恋(そうだ、帰宅途中にサヤさんと一緒に食べようと思って買って来たお菓子・・・・・・ 食後に出そうと思っていましたが忘れてしまいましたね・・・・・・)

恋(お風呂上がりにサヤさんのお部屋にお持ちしてみよう・・・・・・)


 シャーーーーー・・・・・・


────
──



5: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:04:41.14 ID:C9TPmguh.net

~恋の部屋~


恋(さて、入浴も済ませましたし、サヤさんのお部屋に行ってみましょう・・・・・・)

恋(こんな遅い時間にお菓子を頂くというのもどうかと思いますが、明日に後回しにしてしまってはお菓子の品質も落ちてしまいますし、仕方ないですね・・・・・・)


 ガチャ


恋(この広い我が家・・・・・・)

恋(サヤさんは住み込みでお仕事して頂いておりますけれど、サヤさんのお部屋には数えるほどしか伺ったことがないですね・・・・・・)


 テク テク テク・・・


恋(何気に遠いですね・・・・・・)

恋(広い家というのもある意味考えものです・・・・・・)



6: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:07:05.42 ID:C9TPmguh.net

 

 テク テク テク・・・


恋(あ、ここですね・・・・・・)


 コンコンッ


恋「サヤさん、恋でございます」

恋「・・・・・・・・・・・・」


恋(おや? いらっしゃらない??)

恋(もしかするとご入浴されているとか・・・・・・??)


 コンコンッ


恋(ごめんください、恋です。いらっしゃいますか?)


 ──ガタッ

 ──ゴトッ


恋(ん? 部屋の中から物音が・・・・・・ 私の呼び声にお気付きになられてないだけかもしれませんね)


 コンコンッ


恋「サヤさん、恋です。入りますよ? 宜しいでしょうか?」



7: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:10:30.94 ID:C9TPmguh.net

恋「・・・・・・・・・・・・」

恋(やはり聞こえていないご様子・・・・・・ いらっしゃるのは間違いないようですし、失礼して扉を開けさせて頂きましょう・・・・・・)


 コンコンッ


恋「サヤさん、失礼致します」


 ガチャ・・・


恋「サヤさん?」 キョロキョロ・・・


サヤ「んっ・・・・・・ あっ・・・・・・」 ビクッ

サヤ「んんっ・・・・・・」


 クチュクチュ・・・


サヤ「ああああっ・・・・・・」 ハァ ハァ・・・


 ジュプッ ジュプッ・・・


恋「さ、サヤさん!?」 ドサッ・・・

恋「あっ・・・ 買って来たお菓子が・・・・・・」 アタフタ


サヤ「!?」 ビクッ

サヤ「お、お嬢様・・・・・・!!」 アタフタ


サヤ「お、お見苦しいところを・・・・・・」 バッ


恋「サヤさん・・・・・・ す、すみません・・・・・・ 勝手に開けてしまいまして・・・・・・」 オロオロ

サヤ「いえ・・・・・・ 私も何と申し上げたら宜しいものか・・・・・・」 ドキドキ



8: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:13:02.47 ID:C9TPmguh.net

サヤ「す、すみません・・・ まずは衣類を着用致します・・・・・・」


 バサッ・・・ シュッ・・・


サヤ「大変申し訳ありませんでした・・・・・・」 ペコッ


恋「あ、あの・・・・・・ お裸で・・・ な、何をなさっていたのですか・・・・・・」

サヤ「そ、それは・・・・・・」


恋「じ、自慰行為というものでしょうか・・・・・・」 ドキドキ

サヤ「はい・・・・・・ お恥ずかしながら、その通りでございます・・・・・・」


恋「サヤさんもそのような事をなさるとは・・・・・・ 意外でした・・・・・・」


サヤ「はい・・・・・・」

サヤ「私も葉月家に仕えて常駐しているものですから・・・ そういう機会がないもので、このように自ら慰めるしか方法がなくて・・・・・・」


恋「大人の方というのは・・・・・・ そのようなものなのですね・・・・・・」

サヤ「はい・・・・・・ 申し上げる言葉もありません・・・・・・」



9: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:16:13.90 ID:C9TPmguh.net

恋「・・・・・・・・・・・・」

サヤ「・・・・・・・・・・・・」


恋「あ、そうです・・・ 実は突然お部屋に伺ったのは帰宅途中に購入してきたお菓子をサヤさんと2人で食べたいと思いまして・・・・・・」

サヤ「そうでしたか・・・ 身に余る光栄です・・・・・・」


サヤ「お嬢様がそのようなお気遣いをして下さろうとしていたのに私としたことが・・・・・・」

サヤ「本当に情けないです・・・・・・ ううっ・・・」 ウルッ


恋「サヤさん! お仕事終業後のプライベートの時間に突然訪問した私も悪いのです! 内線でお知らせしてから伺うなどの配慮が必要だったのにわたくしが怠ったのがいけないのです!」


サヤ「お嬢様・・・・・・ 本当にお優しいお方です・・・・・・」 クズッ・・・


恋「さぁ、遅い時間ですがおひとついかがですか? 先程落として形が崩れてしまいましたが・・・・・・」 スッ

サヤ「ありがたく頂きます・・・・・・」


サヤ「・・・・・・・・・・・・」 パクッ・・・ モグモグ

サヤ「美味しいです」 ニコッ


恋「それなら良かった・・・・・・」 ホッ



10: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:18:44.62 ID:C9TPmguh.net

サヤ「お飲み物をご用意しますね」

恋「あ! わたくしが併せてお持ちすれば良かったです・・・ すみません」

サヤ「いえいえ、私の部屋に常備しているものがございますので・・・・・・」

恋「ありがとうございます」


サヤ「ペットボトルのお茶で申し訳ありませんが・・・・・・」


 トクトクトクッ・・・


サヤ「お嬢様どうぞ・・・・・・」


 コトッ


恋「すみません、ありがとうございます」



11: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:21:02.56 ID:C9TPmguh.net

恋「・・・・・・?」

恋「サヤさん・・・・・・ 少しお顔が赤いようですが・・・・・・」


サヤ「あっ・・・ さ、先程の行為のせいかもしれませんね・・・・・・」

恋「あっ・・・ 申し訳ありません・・・・・・ 余計な事をお聞きしてしまいました・・・・・・」 アタフタ・・・

サヤ「大丈夫ですよ・・・ お嬢様・・・・・・」


恋「サヤさん・・・ 先程・・・・・・ 葉月家に常駐しているから機会が無いとおっしゃっていたのは・・・・・・ もしかして・・・・・・」 チラッ


サヤ「お嬢様ももうそのようなお年になられたのですね・・・・・・ そうです・・・・・・ 性行為のことですね・・・・・・」

恋「やはりそうですか・・・・・・」 ドキドキ


恋「私もいずれ・・・ するのでしょうか・・・・・・」

サヤ「そうですね、することになると思います・・・・・・」


恋「す、すみません・・・ 変なことをお聞きしまして・・・・・・」

恋「では、わたくしは部屋に戻りますね。お茶、ごちそうさまでした」

サヤ「こちらこそ、美味しいお菓子ありがとうございました」


 バタンッ


────
──



13: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:24:24.55 ID:C9TPmguh.net

~恋の部屋~


恋「・・・・・・・・・・・・」

恋(あの時のサヤさんの声が頭から離れません・・・・・・)


恋(あの落ち着いたお方があのような取り乱した声で・・・・・・) ドキドキ


恋「・・・・・・・・・・・・」


恋(たしか・・・・・・ 女性器を指で・・・・・・)


 スッ・・・・・・


恋「んっ・・・・・・」 ビクッ

恋(い、いけない・・・・・・ そのような事・・・・・・ 高校生のわたくしが・・・・・・)


恋(で、でも・・・・・・ あのような声を出してしまうほどの快楽なのでしょうか・・・・・・ 気になる・・・・・・)


 ヌッ・・・・・・


恋「あああっ・・・」 ビクンッ


恋「はぁ・・・ はぁ・・・・・・」



15: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:27:21.84 ID:C9TPmguh.net

恋(なんだろう・・・・・・ この変な感覚・・・・・・)


 ヌルッ・・・・・・


恋「!?」

恋「局部が濡れて・・・・・・」


 ヌルッ・・・ ヌルッ・・・


恋「んっ・・・ んはぁっ・・・・・・」

恋「ああっ・・・・・・」 ビクッ


────
──



18: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:29:55.59 ID:C9TPmguh.net

恋「はぁ・・・ はぁ・・・・・・」

恋(あまりの気持ちよさに耽ってしまいました・・・・・・) ハァ ハァ


恋(いけない・・・ もう一度浴室で体を洗わないと・・・・・・)


 バタンッ






~浴室~


 ガラガラッ


恋「ん?」


 ──シャーーーーー・・・・・・


恋「サヤさんが入浴されてましたか・・・・・・ それなら出直して・・・・・・」


 ──キュッ


恋「ん?」


 ガチャッ


サヤ「お、お嬢様・・・・・・!?」

恋「す、すみません!」 バッ



19: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:32:47.06 ID:C9TPmguh.net

サヤ「食後にご入浴されたのでは??」

恋「はい・・・・・・ しましたがもう一度入ろうと思いまして・・・・・・」


サヤ「ん? 何故下着を・・・・・・?」

サヤ「・・・・・・」


サヤ「どうぞ、私はもう終わりましたのでごゆっくり」 ニコッ


恋「ありがとうございます」 ペコッ


サヤ「急いで体拭いて出ますね」 バサッ

恋「はい・・・・・・」


恋「1日に2度もお裸を見てしまいすみません・・・・・・」

サヤ「構いませんよ」 ニコッ


サヤ「では・・・・・・」


 バタンッ


恋(サヤさんの裸を見たらまたしても体が火照ってきました・・・・・・) ドキドキ


恋(わたくし・・・ どうしてしまったのだろう・・・・・・)


 ガチャッ・・・ バタンッ


恋「・・・・・・」


 キュッ・・・

 シャーーーーー・・・・・・


────
──



20: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:39:13.00 ID:C9TPmguh.net

~サヤの部屋~


サヤ「んっ・・・ んっ・・・」


 クチュクチュ・・・


サヤ「ああっ・・・ はあっ・・・・・・」


 ヌチュッ・・・ ヌチュッ・・・


サヤ「んああっ・・・・・・」


サヤ(奥様・・・・・・ 恋お嬢様もお年頃になられたようです・・・・・・)


 クチュクチュ・・・・・・


サヤ「んん~・・・・・・」 ビクンッ


サヤ(奥様への夜のご奉仕・・・・・・ お嬢様へも同様にして差し上げなければならないでしょうか・・・・・・)


 ヌプッ・・・ ヌプッ・・・


サヤ「んっ・・・ んっ・・・・・・」



22: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:44:37.25 ID:C9TPmguh.net

サヤ「あああああ~・・・・・・」 ビクンッ


サヤ「はぁ・・・ はぁ・・・」

サヤ「・・・・・・・・・・・・」 グッタリ


サヤ(奥様・・・・・・・・・・・・)


────
──


~恋の部屋~


恋(さて、就寝しましょう・・・・・・)


 パチッ


恋「・・・・・・・・・・・・」


────
──



24: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:53:23.89 ID:C9TPmguh.net

~翌朝~


恋「それでは、学校へ行って参ります」

サヤ「お嬢様、お気をつけて」 ニコッ


恋「では・・・・・・」


サヤ「お嬢様? 今日も部活の練習で遅くなられますか?」

恋「どうでしょう、多分今日は通常通りに帰宅できるかとは思いますが・・・・・・」


サヤ「そうですか。 では、今夜は生前奥様へさせて頂いたご奉仕を・・・・・・」 ニコッ

恋「??」


サヤ「お嬢様もお年頃ですから・・・・・・ 奥様より夢の中で啓示を頂きましたので・・・・・・」

恋「お母様が??」

サヤ「はい」 ニコッ


恋「では、帰宅後に教えてください」

サヤ「いってらっしゃいませ」


 バタンッ


────
──



25: 名無しで叶える物語 2021/10/18(月) 23:55:28.51 ID:C9TPmguh.net

~おしまい~


元スレ
恋「やはりサヤさんが居て下さると安心できますね」  サヤ「そう仰って頂けると私も報われます」