1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 18:44:45.40 ID:p1XDbyn90

さわ子「ワニワニパニックでエロい感じに」

さわ子「19時から生放送」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 19:02:08.52 ID:p1XDbyn90

さわ子「今日は何日だったっけ」

さわ子「ああ、24日ね、OK」

さわ子「12月24日か……」

さわ子「出掛けよう」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 19:12:06.67 ID:p1XDbyn90

さわ子「とりあえずケーキくらい買おうかしら」

さわ子「カットケーキを……待てよ、一人分のカットケーキを買うなんて寂しいクリスマスアピールになっちゃうじゃない」

さわ子「しかし……」

さわ子「とりあえずケーキ見て決めよう」

さわ子「確かこの辺にケーキ屋さんが……」

さわ子「うげっ! 混んでる……おまけにカップル多い」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 19:17:55.84 ID:p1XDbyn90

さわ子(気にしない気にしない……)

さわ子「すいませーん、このホールケーキを」

店員「はーいかしこまり……あれ、さわ子?」

さわ子「えっ……あっ!」

店員「久しぶり! 元気そうだね」

さわ子「まあねー。そっちは忙しそうね」

店員「今日は特にね。さわ子がうらやましいわ」

さわ子「これは……」

さわ子(いや、見栄でホールケーキを買う事は黙っておこう)

さわ子「あはは……じゃあ頑張ってね」

店員「ありがとー」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 19:57:27.81 ID:p1XDbyn90

さわ子「買ってしまった……6号」

さわ子「せめてもうちょっと小さいのにしておけば……」

さわ子「はあ~あ……誰か一緒に食べてくれないかしら……」

さわ子「……」

?「おや?」

さわ子「え?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 20:09:56.36 ID:p1XDbyn90

校長「山中先生」

さわ子「校長先生」

校長「パーティですかな?」

さわ子「えっ」

校長「ケーキを持っていたので」

さわ子「いえこれは……まあ、そうですね。校長先生はどこかへお出かけですか?」

校長「孫にクリスマスパーティのお誘いをいただきまして」

さわ子「そうなんですか。よかったらケーキ持っていきませんか?」

校長「いえいえ、それはいただけませんよ」

さわ子「……そうですか」

校長「では私はこれで」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 20:23:16.98 ID:p1XDbyn90



あずサンタ「ちょっと! 何で一緒にケーキを食べる相手が校長なんですか!」

トナカゆい「あれー、ケーキ食べないみたい」

あずサンタ「当然でしょう!」

トナカゆい「そんなこと言っても他に誰がいるのさー」

あずサンタ「そ、それは……あ! この人がよさそうです! さわ子先生の元カレ!」

トナカゆい「おおっ! そんな隠し玉が!」

あずサンタ「これで一番難しいプレゼントも配り終えそうです」

トナカゆい「よかったよかったー」

ゴオオオオオオ



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 20:34:30.39 ID:p1XDbyn90

あずサンタ「唯先輩」

ゴオオオオオオ

あずサンタ「唯先輩、前」

ゴオオオオオオ

あずサンタ「唯先輩!」

トナカゆい「え? なにー?」

あずサンタ「だから前を見てくださいってば!」

ゴオオオオオオ

トナカゆい「えー? うるさくて聞こえないよー」

あずサンタ「だから前から飛行機! ジャンボジェットが来てますってば!!!」

トナカゆい「朱鷺が飛んでるって? どこに――」

キキーーッ ドンッ



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 20:47:42.66 ID:p1XDbyn90



さわ子「くしゅん」

さわ子「ううっさむ!」

さわ子「早く帰ろう」

さわ子「そうよ、一人でホールケーキ丸ごと食べるなんて中々出来ないじゃない」

さわ子「やったーたのしみだなー」

さわ子「はあ……」

ブロロロロ

さわ子「ん? ……ちょっ!!」

キキーッ

さわ子「きゃあああ!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 20:58:03.67 ID:p1XDbyn90

さわ子「あっあぶねえええ!!」

さわ子「コラああああ! テメーどこ見て運転してんだあああぁん!?」

さわ子「そんな三輪バイクでアタシを轢こうだなんていい度胸じゃねえか! どこのピザ屋だコラあああ!!」

宅配ピザ屋「すっすみませんでしたああああ……あれ?」

さわ子「え?」

宅配ピザ屋「さわ子……?」

さわ子「え……うそ……さわお?」

沢男「うん。……久しぶり」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 21:05:49.40 ID:p1XDbyn90

沢男「元気そうだね」

さわ子「あ、あははは……そっちは仕事?」

沢男「まあバイトだけどね」

さわ子「そっか。バンドはまだ続けてるんでしょ?」

沢男「うん。そのためのバイトだからね」

さわ子「頑張ってるんだ」

沢男「まだまだだけどね。やっと200人のハコが埋るようになったよ」

さわ子「すごいじゃない!」

沢男「いや、デビューには程遠いよ」

さわ子「ふうん……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 21:15:08.68 ID:p1XDbyn90

沢男「さわ子はどうしてる?」

さわ子「相変わらず教師やってるわよ。大した出会いもないし今日もこうして……あ」

沢男「そっか」

さわ子「うん」

沢男「あのさ――」

さわ子「そういえば轢きそうになった事は許してないわよ」

沢男「うう……ごめん」

さわ子「どうせぼーっとしてたんでしょ」

沢男「うっ……おっしゃる通りです。ちょっと仕事が……」

さわ子「……ふー。ま、今回は許してあげるわ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 21:27:13.23 ID:p1XDbyn90

沢男「ありがと。そうだ、これいる?」

さわ子「チキン?」

沢男「うん」

さわ子「いる」

沢男「どうぞ。メリークリスマス」

さわ子「ふふ、しょぼいプレゼントね」

沢男「仕事中だからしょうがない」

さわ子「こんな所で油売ってていいの?」

沢男「もう配達終わったから」

さわ子「そっか。……ねえ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 21:39:20.04 ID:p1XDbyn90

さわ子「……やっぱりなんでもない」

沢男「?」

さわ子「バンド頑張ってね」

沢男「うん、ありがとう」

さわ子「それじゃ私帰るね」

沢男「気を付けて」

さわ子「ありがと」

沢男「じゃあ……」

ブロロロロロ……



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 21:49:55.14 ID:p1XDbyn90

さわ子「へ……へくちっ!」

さわ子「うう……急いで帰ろう」

さわ子「はあ……あ?」

さわ子「なにあれ」

?「……っ」

さわ子「う、うごいた……」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 21:59:10.37 ID:p1XDbyn90

さわ子「どうしよう、放っておこうか」

?「う、あ……」

さわ子「……そうもいかないか」

さわ子「すみませんどうしました?」

?「う゛あ……飛行機に体当たりされまして……」

さわ子「はい?」

さわ子「ていうか唯ちゃんじゃない。そんなトナカイの着ぐるみ着て何やってるのよ」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 22:10:01.24 ID:p1XDbyn90

トナカゆい「え? いやあこれには深い訳が……あれ?」

トナカゆい「さわちゃん一人でケーキ持ってる」

さわ子「うるさいわね文句ある?」

トナカゆい「そうじゃなくて誰かと一緒に食べるんじゃないの?」

さわ子「この口がああああああ」

トナカゆい「いひゃいいひゃい! だからちがくて、一緒に食べる人と会わなかったの?」

さわ子「だからいないっていってるでしょおおお!!!」

トナカゆい「ぎーーーーやーーーー!!!!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 22:19:54.26 ID:p1XDbyn90

さわ子「はあはあ……」

トナカゆい「ぐすっ……」

さわ子「そういうわけだからケーキは唯ちゃんにあげるわ」

トナカゆい「ええっ!? 受け取れないよっ! だってカレシ――」

さわ子「ああん?」

トナカゆい「何でもないです」

さわ子「はいどうぞ」

トナカゆい「ありがとうございます」

トナカゆい「そうだ! じゃあムギちゃんちのマンション行きませんか?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 22:31:49.51 ID:p1XDbyn90

さわ子「マンション?」

トナカゆい「うん。最近出来たすごいマンションなんだって。みんなでパーティするの!」

さわ子「あんたたち受験生の割には気楽よね」

トナカゆい「ええー、じゃあさわちゃんは来ないの?」

さわ子「お邪魔します」

トナカゆい「やったあ! それじゃあ早速行こう!」

さわ子「それはいいけど、唯ちゃんはトナカイの格好で行くわけ?」

トナカゆい「あ、脱がなきゃ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 23:25:51.11 ID:p1XDbyn90



律「すげー!」

澪「落ち着けよ」

律「いいじゃんよーだって貸切みたいなもんだぜ」

紬「うん、騒いでも大丈夫よ」

律「ほらー」

澪「そうは言ってもな……」

律「おい見ろよ! 景色がやばいぞ!」

澪「わかったわかった」

澪「どれど……お、おおーーーー!?」

澪「雲と星しかない!」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/30(木) 23:53:34.88 ID:p1XDbyn90

紬「ここマンションの最上階の1000階だから」

律「く、雲の上じゃねーか!」

澪「ふ、ふわふわ時間……」

紬「一度こんなところでパーティしてみたかったの」

律「いやほんと凄いよムギ!」

澪「星がきれい……あっ何か光った」

律「唯達にも早く見せてやりたいな」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 00:08:20.05 ID:V9FyEAyS0

紬「唯ちゃん達が来る前に届くかな」

律「何が?」

紬「実はピザを頼んでみたの」

律「ははっ、食べたかったのか?」

紬「うんっ」

澪「配達員もこのマンションを見たら驚くんじゃないか?」

律「だな!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 00:23:43.08 ID:V9FyEAyS0



宅配ピザ屋「う、うそだろ……」

宅配ピザ屋「ここで合ってるのかな……?」

宅配ピザ屋「スカイガーデン琴吹……間違いない」

宅配ピザ屋「1001号室って10階の1号室じゃなくて1000階の一号室って事だったのか……」

宅配ピザ屋「よし、行くか」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 00:29:29.41 ID:V9FyEAyS0

宅配ピザ屋「ええと、エレベーターだな。階段という選択肢は有り得ない」

ポチ ガー

宅配ピザ屋「ええと……1000階……ボタンがありすぎてわからん……」

宅配ピザ屋「あ、あった」

ポチ

宅配ピザ屋「流石超高層マンション、ボタンを探すのも一苦労だ」

?「すみませーん、乗ります」

宅配ピザ屋「あ、はい」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 00:39:08.84 ID:V9FyEAyS0

和「すみません」

宅配ピザ屋「いえ」

ガー

和「ふう、ちょっと遅刻かしら」

弟「お姉ちゃん! このおうちすごいね!」

妹「すごいすごい!」

和「ほら、静かに」

弟妹「はーい」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 00:44:54.56 ID:V9FyEAyS0

プルルルル

和「あら、ムギからだわ」

ピッ

和「もしもし?」

和「あ、うん、今エレベーターに乗った所」

弟「すげー! ボタンがいっぱいある!」

妹「ほんとだー!」

和「……うん、うん。そうなんだ」

和「わかったわ。それじゃあ」

ピッ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 00:53:46.87 ID:V9FyEAyS0

ポチ

チーン ガー

和「降りるわよ」

弟「もうついたのー?」

和「ほら早く」スタスタ

弟「……」

妹「……えーい!」ポチ

弟「あっずるい! 僕も!」ポチポチポチ

妹「あははははっ!」ポチポチポチポチ

宅配ピザ屋「えっ!?」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 00:58:54.07 ID:V9FyEAyS0

和「早くこっちきなさーい」

弟妹「はーい!」タッタッタッ

ガー

宅配ピザ屋「……」

宅配ピザ屋「うそだろ……」

宅配ピザ屋「ほとんどのボタン押しちゃってるよぉ……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 01:05:39.48 ID:V9FyEAyS0

チーン ガー

宅配ピザ屋「……」

チーン ガー

宅配ピザ屋「……」

チーン ガー

宅配ピザ屋「……」

チーン ガー

宅配ピザ屋「……」

チーン ガー

宅配ピザ屋「……」

チーン ガー

宅配ピザ屋「……」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 01:15:58.09 ID:V9FyEAyS0

宅配ピザ屋「どうしよう……まだ120階だ……このままじゃ1時間を過ぎてしまう」

※注文から1時間以上かかった場合料金無料

宅配ピザ屋「……走るか? いやいや」

宅配ピザ屋「……あっ! そうだ別のエレベーターに乗ればいいんだ!」

宅配ピザ屋「そうと決まれば!」

チーン ガー



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 01:23:11.47 ID:V9FyEAyS0

宅配ピザ屋「どうしてもっと早くに気付かなかったんだろう」

宅配ピザ屋「このままじゃ途中で止まらなくても間に合わないな……」

チーン ガー

宅配ピザ屋「ああ、こんな時に……」

住人「……あれ」

住人「あの、すみません」

宅配ピザ屋「はい?」

住人「1000階に行くんですよね?」

宅配ピザ屋「そうですけど」

住人「特急エレベーター使わないんですか?」

宅配ピザ屋「特急……エレベーター?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 01:34:02.33 ID:V9FyEAyS0



紬「まだかなまだかな~」

澪「あっまた光った。律、今の見た?」

律「え、何? UFO?」

澪「も、もしかしたら……」

律「そんなわけねー」

律「あっ」

律「……光ったな」

澪「和も見たよね?」

和「ええ……」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 01:42:51.59 ID:V9FyEAyS0



ガー

エレベーターガール「いらっしゃいませ、こちらは特急エレベーターでございます」

宅配ピザ屋「マ、マンションにエレベーターガールがいる……」

エレベーターガール「ご利用階数をお申し付けください」

宅配ピザ屋「あ、ええと、1000階でお願いします」

エレベーターガール「かしこまりました。1000円です」

宅配ピザ屋「はい」

宅配ピザ屋「……え? お金かかるんですか?」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 01:51:28.14 ID:V9FyEAyS0



澪「やっぱりUFOかな?」

律「どうだろうな」

紬「何見てるの?」

澪「UFOかもしれない」

紬「UFO!? どこどこ!?」

紬「あ! あれね!」

澪「いや、あっちだよ」

紬「でもほら、こっちにも……」

律「え?」

律「あれは……なんだ?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 01:58:04.97 ID:V9FyEAyS0

ピンポーン

紬「はーい」

ガチャ

宅配ピザ屋「マックスピザです。ご注文の品をお届けにあがりました」

宅配ピザ屋(間に合った! 1000円の出費か……いや、無料になるよりましと考えよう)

宅配ピザ屋「ええと、マヨ沢庵のLサイズとトマトマトのLサイズ、コーラが5つとチキン盛り合わせが一つですね」

紬「あの……チキンは頼んでません。ポテトを頼んだのですが……」

宅配ピザ屋「……え」

紬「あっでもチキンも――」

宅配ピザ屋「すみませんすぐにお持ちしますぅぅぅうううう」

ガチャ



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 02:02:08.64 ID:V9FyEAyS0

紬「……いっちゃった」

澪「ムギ! こっちこっち!」

紬「はーい、どうしたの?」

和「あのUFO? がこっちに近づいてるのよ」

紬「ええっ!?」

律「ぶ、ぶつかったりしないよな?」

澪「ひいいいい……」

和「……ん?」

紬「う?」

律「お?」

澪「あ?」

ゴオオオオオオオ



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 02:08:24.64 ID:V9FyEAyS0

律「うおお……飛行機だったのか」

紬「なーんだ」

澪「こ、こわかった……」

和「じゃああっちがUFOかしら?」

澪「そういえばもう一つ怪しい物体がいたんだった」

律「あれか、サンタか?」

澪「そんな馬鹿な話があるわけ……」

紬「でもよく見るとトナカイがソリを引いてるように見えるかも」

和「言われてみればそう見えるわね」

澪「まさか。大体あれがトナカイだったとしたら完全に二足歩行で走ってるじゃないか」

律「だよねー! はははは」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 02:14:05.37 ID:V9FyEAyS0

律「ははは……ていうか飛行機とぶつかりそうじゃね?」

澪「うん……」

紬「えっ危ないんじゃあ……」

和「あ」

律「ぶつかった!」

澪「サンタさんが落ちてくぞ!」

紬「サンタさーん!」

和「マヌケなサンタね」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 02:23:50.13 ID:V9FyEAyS0



ピンポーン

澪「誰か来たな」

律「唯か梓かな?」

ガチャ

宅配ピザ屋「お……おまたせしました……」

律「あ、唯じゃなかった」

宅配ピザ屋「ポテトです」

律「あ、どうも」

宅配ピザ屋「先程のピザと合わせて6280円です」

律「はーい……あ、ない」




46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 02:26:31.34 ID:V9FyEAyS0

律「澪ー」

和「どうしたの?」

律「あ、和。お金ある?」

和「足りないの?」

律「うん」

和「注文してからどのくらい時間が経った?」

律「私たちが来た時には既に注文してたからもう1時間以上は経ってるかな」

和「つまり無料よね」

宅配ピザ屋「おっしゃる通りです」

宅配ピザ屋「ありがとうございましたー」

ガチャ

宅配ピザ屋「はあ……チキンあまったなあ……後で食べちゃお」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 02:33:18.52 ID:V9FyEAyS0



宅配ピザ屋「さわ子元気そうだったな……」

宅配ピザ屋「ていうか無料になっちゃた。あと少しでクリスマスなのについてないや……」

宅配ピザ屋「はあ……」

宅配ピザ屋「……あれ? 何か落ちてる」

宅配ピザ屋「あ、お金だ」

宅配ピザ屋「お札が2枚に小銭が……合計で6280円だ……」

宅配ピザ屋「……」

宅配ピザ屋「毎度ありがとうございまーす」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 02:38:17.67 ID:V9FyEAyS0



あずサンタ「金銭は……特別ですよ? さてこれで粗方終わった」

あずサンタ「まったく唯先輩はどこで何しているのやら」

あずサンタ「もしかして怪我してたり……」

あずサンタ「いやいや、きっと無事だよね。今頃私の事探してくれてるかも」

あずサンタ「そう考えるとこのままムギ先輩の家に行くのは忍びない」

あずサンタ「よし! もう少し唯先輩を探してみよう。ええと、確か唯先輩が墜ちたのは……」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 02:44:32.72 ID:V9FyEAyS0



ピンポーン

ガチャ

唯「メリークリスマー!」

さわ子「アンダハッピーニューイヤー!」

律「なんとなく来ると思ってたよさわちゃん……」

さわ子「最初から誘いなさいよ! あとこれお土産」

紬「ケーキ! ありがとうございますっ。 それとチキン! ……チキン?」

唯「ムギちゃん、このピザおいしいよ!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 02:56:53.00 ID:V9FyEAyS0

澪「聞いてくれ唯! さっきサンタを見たんだ!」

唯「なんとっ!」

澪「でも飛行機にぶつかっちゃって……」

唯「ええっ!? 左のあばら骨が痛くなりそうな話だね!」

さわ子「しっかし凄いところね~」

律「ささ、さわちゃんも一杯」

さわ子「んぐっんぐっプハー! よし! 今日はハデに行くぜー!!」

唯「うおーーーー!!」

和「そういえば梓ちゃんは?」

唯「え? まだ来てないの?」



――――

――――――――

――――――――――――



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/31(金) 03:06:17.97 ID:V9FyEAyS0

唯「――というお話だったとさ」

憂「くぅ……」

唯「あや、寝ちゃったか」

憂「……ぅゅ」

唯「ふふ。憂、おやすみー」

唯「あ、もうこんな時間だ」

唯「明日は収録があるから私も寝よう」

唯「明日のブランチは王子とめぐるデザイナーズマンションのなんとか琴吹! たのしみだなー」

唯「それじゃおやすみ~♪」



END


元スレ
さわ子「過去を振り返らなーい」