SS速報VIP:苗木「エイプリルフールだしさ、何してもいいと思うんだよね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396282745/



3: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 01:26:40.53 ID:eZS+t1aAO

苗木「ねえ」

桑田「お、苗木じゃねーか」

苗木「昨日、舞園さんが桑田くんのこと話してたよ」

桑田「おいマジかよ!」

苗木「桑田くんのひげでスリスリされたいって…」

桑田「マジかよあの舞園ちゃんが!?」

苗木「うん」

桑田「ちょっと行ってくるわ!」

苗木「嘘でしたー」

桑田「えっ何か言ったか?」

苗木(ヤバい、顔が本気だ)

桑田「よっしゃー待ってろよ舞園ちゃん!」

苗木(ヤバい、本気でヤバい)



4: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 01:29:19.44 ID:eZS+t1aAO

苗木(舞園さんに連絡して先手打っておこう)

苗木「…」ピッ

舞園『もしもしー?』

苗木「あ、舞園さん?」

舞園『苗木くんから電話してきてくれるなんて感激です!』

苗木「今、桑田くんがひげスリスリしに行ったよ」

舞園『ええ?』

苗木「顔が本気だったから、早く逃げてね!」

舞園『…ははーん』

苗木「な、何?」

舞園『私は騙されませんよ?』

苗木「え、いや本当だって」



5: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 01:33:41.74 ID:eZS+t1aAO

舞園『残念でしたね苗木くん、エイプリルフールだからって調子乗ったらダメですよ』

苗木「いや、だからね」

舞園『ふふ、そんな騙したいんですか?』

苗木「僕は忠告したからね!」

舞園『苗木くん、必死ですね…可愛いです』

苗木(なんか悪寒走った)

舞園『じゃ、私も1つ嘘ついておきますね』

苗木「え、いやいいよ」

舞園『私、苗木くんのこと愛してますよ』

苗木(あー蕁麻疹が)

舞園『じゃあ、また話しましょうね』ピッ

苗木「あっちょ、舞園さん」

苗木「切れてしまった…」

苗木「…後から修羅場になりそうだなぁ…」



6: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 01:37:34.68 ID:eZS+t1aAO

苗木「…まあいいか、後のことはどうにでもなるよね」

苗木「次は朝日奈さんのとこに行こっかな」

ーーーーーーーーーーー

苗木「朝日奈さーん」

朝日奈「あ、苗木だー!」ギュッ

苗木「朝日奈さん、当たってる、当たってるから」ムニムニ

朝日奈「苗木、エッチだねー」

苗木(いつから朝日奈さんこんなキャラになっちゃったんだろう…)

朝日奈「で、苗木どうしたの?揉みたいの?」

苗木「朝日奈さん、女の子がそんなこと言っちゃダメだよ…」

朝日奈「こんなこと苗木にしか言わないよー」

苗木「分かった、分かったから離れて」



7: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 01:41:04.83 ID:eZS+t1aAO

朝日奈「うりうり」ムニムニ

苗木「朝日奈さん、大神さんが朝日奈さんに話したいことがあるって言ってたよ」

朝日奈「え、さくらちゃんが?」

苗木「何か、凄い神妙な顔してたけど…」

朝日奈「何々、大事なことっぽかった?」

苗木「僕はそう感じたなぁ…」

朝日奈「さくらちゃん、それ以外に何か言ってなかった?」

苗木(何か妙に食いついてくるなぁ)

苗木「顔赤くしながら小声で『朝日奈…』とか言ってたよ」

朝日奈「さ、さくらちゃん…」

苗木(え、まさかの両刀…?)

朝日奈「…ちょっと行ってくるね!」

苗木「あ、ちょ、エイプリルフール…」

苗木「…何で話を聞いてくれないんだ」



8: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 01:45:54.38 ID:eZS+t1aAO

苗木「…」

苗木「どうせもう修羅場だし、どうせなら楽しむべきだよね」

ーーーーーーーーーーー

苗木「セレスさん、今日も綺麗だね」

セレス「苗木くん、レディを口説くのならもう少し段階を踏むべきですわ」

苗木(とか言いつつ頬赤くされてもなあ…)

苗木「山田くんが、またセレスさんの同人誌書いてたよ」

セレス「…はぁ…またですか…」

苗木「しかも、コミケ仲間の間で拡散してるみたい」

セレス「…それ、本当ですか?」

苗木「今頃、皆セレスさんのあれやこれやを想像して…」

セレス「…ちょっと用事ができましたわ」

苗木「はい、嘘でしたー!」

苗木「…はい、またこのパターンね」



11: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 01:55:32.20 ID:eZS+t1aAO

苗木「…次は誰にしよっかな」

苗木「んー…」

苗木「霧切さんでいいや」

ーーーーーーーーーーー

苗木「霧切さん、まだ彼氏いないの?」

霧切「な、苗木くん…」

苗木(いつからだろう、霧切さんがこんな怯えた目で僕を見るようになったのは)

霧切「…どうしたの」

苗木「いやさ、最近僕と霧切さんが付き合ってるって噂が流れてるんだよね」

霧切「あら、そ、そうなの…」

苗木「正直迷惑な話だよね」

霧切「え、あ、そうよね…」

苗木「この前一緒に帰っただけなのにね」

霧切「…迷惑な…話よね…」

苗木(うわー、涙目になってる)



12: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 02:00:10.98 ID:eZS+t1aAO

霧切「苗木くん、私のこと嫌いなのかしら…?」

苗木(直球で来たよ)

霧切「ねえ、苗木くん…」

苗木「まあ、正直嫌いかな」

霧切「…そう…」

苗木(あれ、目が怖い)

霧切「苗木くん、夜、何が起こると思うかしら…?」

苗木「え、夜?まあ修羅場だろうね」

霧切「ふふふふ…よく分かってるわね…」

苗木「自分で蒔いた種だからね」

霧切「明日の朝…苗木くん、私のことどんな目で見るのかしらね…」

苗木「え」



13: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 02:05:01.31 ID:eZS+t1aAO

霧切「苗木くん、きっと私から目を離せなくなるわ…」

苗木「き、霧切さん、落ち着いて」

霧切「ふふ…エイプリルフールよ、エイプリルフール」

苗木(目がガチだったよ)

霧切「じゃあ…またね、苗木くん」

苗木(霧切さんてクーデレじゃなかったっけ…)

ーーーーーーーーーーー

苗木「またも火種を増やしてしまった」

苗木「ま、エイプリルフールだし皆許してくれるよね」

苗木「霧切さんには用心しておかないと」

戦刃「あ、苗木くんだー!」

苗木「あ、戦刃さん」

戦刃「苗木くん、口の横になんか付いてるよ?」

苗木「えっ?」



14: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 02:08:56.79 ID:eZS+t1aAO

戦刃「やった、引っかかったー!」

苗木「あ、エイプリルフールかぁ…」

戦刃「苗木くん、案外おっちょこちょいだね!」

苗木「戦刃さん、背中になんか付いてたよ?」

戦刃「えっほんと?」クルッ

苗木「あ、靴の先にも何かゴミ付いてるよ」

戦刃「え?」

苗木(パンチラゲットぉぉ!)

戦刃「何も付いてなかったよ?」

苗木「あはは、エイプリルフールだよ、熊さん」

戦刃「くま?」

苗木「あ、何でもないよ」

戦刃「?変なの」

苗木「あはは」

江ノ島「苗木ぃい…」

苗木「ひぃ!」

戦刃「あ、盾子ちゃんだー!」



15: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 02:12:26.60 ID:eZS+t1aAO

江ノ島「苗木…見たな?私だけの熊さんを見たな?」

苗木「いやそんな、これは不可抗力で」

戦刃「ねえ、熊さんって何?」

江ノ島「お姉ちゃん、ちょっと部屋行ってて」

戦刃「え?う、うん…」

江ノ島「…そんな寂しそうな顔しないでよ」

戦刃「あ、ごめんね…」

江ノ島「もうー可愛いなお姉ちゃんはー!」ギュッ

戦刃「わっ、苦しいよ盾子ちゃん!」

江ノ島「あーもう大好き、お姉ちゃん大好き」

戦刃「じゅ、盾子ちゃん、苦しい…」

江ノ島「あっ、ごめんねお姉ちゃん!」バッ

苗木(なんだこれ)



16: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 02:15:58.22 ID:eZS+t1aAO

戦刃「じゃあ、私部屋にいるね!」

江ノ島「うん、すぐ行くからねー!」

苗木「ば、バイバイ…」

江ノ島「さて苗木」

苗木「はい」

江ノ島「はいじゃねえよコラ、何したか分かってんのか」

苗木「江ノ島さん、仮にも女の子なんだしもうちょっと口調抑えないと…」

江ノ島「おい、話逸らしてんじゃねえよ」

苗木「…そういえば、十神くんが戦刃さんとこの前一緒に歩いてるの見たよ」

江ノ島「えっ」

苗木「何か、凄いいい雰囲気だったなあ…」

江ノ島「そ、それほんとに?」

苗木「ほんとだよ」

江ノ島「…分かった、エイプリルフールだな!」

苗木「嘘だと思うならそう思えばいいけど、僕は本当に見たからね」



17: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 02:18:50.45 ID:eZS+t1aAO

江ノ島「え、嘘だよね?ねえ、嘘だって言ってよ」

苗木(ドギマギする江ノ島さん可愛い)

江ノ島「ねえ、苗木」

苗木「まあ、十神くんに聞いてみればいいんじゃない?」

江ノ島「…ほんとなの…?」

苗木「見ただけだから、何とも言えないけどね」

江ノ島「…十神ぃい…」

苗木(よし、このタイミングで…)

苗木「まあ、エイプリルフールだけどね!」

苗木「…あれ」

苗木「何でエイプリルフールって言ったら瞬間移動されるんだろ」

苗木「呪われてるのかなぁ…」

苗木「これでまた敵が増えたかな」

苗木「…まあいいや」



23: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 12:52:03.73 ID:eZS+t1aAO

苗木「次は誰にしよっかな」

苗木「あ、トリオの片割れがあんな所に…」

苗木「おーい」

大和田「ん、苗木じゃねーか」

苗木「久しぶりだね」

大和田「いや昨日普通に会っただろ」

苗木「最近さ、不二咲くん変だと思わない?」

大和田「…そうか?」

苗木「なんかさ、大和田くんを見る目が普通のそれじゃないというか…」

大和田「おいおい、やめろよ苗木」

苗木「多分、大和田くんのこと好きなんじゃないかなぁ…」

大和田「俺はそんな趣味ねーよ!」

苗木「恥ずかしがることないよ。石丸くんも不二咲くん好きみたいだし」



24: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 12:55:30.59 ID:eZS+t1aAO

大和田「…兄弟が…?」

苗木「まあ不二咲くん女の子にしか見えないもんね」

大和田「…」

苗木「男でも、好きになる人いるんじゃないかなぁ」

大和田「…マジかよ」

苗木「大和田くんも無理しないでいいんじゃない?」

大和田「…俺、ちょっと行ってくるわ」

苗木「まあ、エイプリルフールなんだけどね」

苗木「…」

苗木「安定の、もういないパターン」

苗木「さすがに暴走族を怒らせるのはまずかったかなぁ…」

苗木「釘バットとか持って来そうだなぁ…」

苗木「でもエイプリルフールだし騙される方が悪いよね、うん」



25: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 12:59:33.66 ID:eZS+t1aAO

ーー夜ーー

苗木「あー、今日はいい一日だったなぁ…」

苗木「あの後皆何も言ってこなかったし」

苗木「心配なのは霧切さんだけかな」

コンコン

苗木「ほら来た」

苗木「ごめん、今日はもう寝るねー」

舞園『そう言わずに開けて下さいよ』

苗木「あれ、舞園さん?」

舞園『ちょっと話したいことがあるんですが…』

苗木(何か恨めしい声してるなぁ…)

舞園『苗木くん、早く開けて下さい』

苗木(あ、メール来てる)

苗木(桑田くんからだ)

『苗木サンキューな!舞園ちゃん嬉しそうな顔してたぜ!』

苗木(本当にスリスリしたんだ…)



27: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:04:18.88 ID:eZS+t1aAO

舞園『苗木くーん』

苗木(舞園さんほんとにスリスリされたんだ)

舞園『早く開けて下さい』

苗木(…開けたら死ぬかもしれない)

舞園『まあいいや。開けますよ』

苗木「え」

バキッ!

舞園「失礼します」

苗木「うわぉ」

舞園「苗木くん、今日って何の日でしたっけ?」

苗木「え、エイプリルフールかな」

舞園「そうですよね。まんまとやってくれましたね」

苗木「ごめん、意味分かんない」

舞園「私は筆舌に尽くし難い行為を受けてなお笑顔で耐えました。なぜだか分かりますか?」

苗木「うーん、分かんないなぁ」

舞園「アイドルたるもの、どんなことがあっても笑顔じゃないとダメですからね」

苗木「営業スマイルってやつだね」



28: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:08:43.34 ID:eZS+t1aAO

舞園「とっても辛かった、辛かったです…」

苗木「え、あーそうなんだ」

舞園「苗木くん、生理的に嫌いな人からあんなことされるのがどれくらいキツいか分かります?」

苗木「んー、分かりかねるね」

舞園「苗木くんには、それ相応の罰を受けてもらいます」

苗木「罰?」

舞園「そんな怯えなくてもいいですよ。苗木くんはただ身を任せてればいいんですから」

苗木「???」

舞園「はい、まずは両手出して下さい」

苗木「はい」スッ

舞園「じゃ、手錠しますね」カチャン

苗木「えっ」

舞園「はい、じゃあベッドに仰向けに寝て下さい」

苗木「断ったら?」



29: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:12:16.55 ID:eZS+t1aAO

舞園「その手錠の鍵、今すぐ飲み込みます」

苗木(うわぁ…)

舞園「ほら、早く寝て下さい」

苗木「はい…」

舞園「じゃあ、ベッドの四隅に足を繋げますね」

苗木(とてつもなく嫌な予感が)

舞園「手錠もベッドと繋げておきますね」

苗木「窮屈だね」

舞園「ほら、苗木くん動けないでしょう?」

苗木「これで動けるのは大神さんくらいだよ」

舞園「ふふ、そうですね、ふふふふふ…」

苗木(ああ、鳥肌が…)

舞園「じゃあ、目隠ししますね」

苗木「え、目隠しまでするの?」



30: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:16:25.23 ID:eZS+t1aAO

舞園「人によっては視界が無い方が興奮するんですよ」シュルッ

苗木(うわー、これ監禁されてる感じしかしない)

舞園「じゃ、ズボン脱ぎましょうね」

苗木「えっちょ、そんなの聞いてないよ」

舞園「…」

苗木(見えないけど、確実にパンツ凝視してる)

舞園「…はぁあ…」

苗木「?」

舞園「…っ苗木くん!」ガバッ

苗木「!」

舞園「苗木くん、苗木くん、苗木くんん…」

苗木(執拗なキスが…)

舞園「ああ、可愛い、可愛いです…」

苗木(顔舐められてる…)

舞園「全部、全部、私の、ものです!」

苗木(あー、ベロチューまで)





31: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:22:19.99 ID:eZS+t1aAO

舞園「…ふふ、苗木くん、おちんちん勃ってますよ?」

苗木「え」

舞園「…何だかんだ、楽しんでますね…」ペロッ

苗木「んっ」

舞園「ああ、苗木くんの性器の臭いぃ…」

苗木(パンツの上から包むこむようなフェラが…)

舞園「んっ…意外に大きいんですね、苗木くん…」

苗木(ああ、結構気持ちいいけど気持ち悪い…)

舞園「…そうだ」

苗木「?」

舞園「このままパンツ越しに舐め続けて、1分以内に射精したら罰ゲームにしましょう」

苗木「罰ゲーム?」



33: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:27:07.37 ID:eZS+t1aAO

舞園「はい、罰ゲームの内容は…」

苗木(とんでもない言葉が出てきそうな気がする…)

舞園「5分間クンニです!」

苗木(最悪だ…終わりだ…)

舞園「じゃあ、今から1分間ですよー」チュッ

苗木「んあっ」

舞園「ふふ、苗木くん可愛いです」スルスル

苗木「えっちょ、パンツおろすなんて聞いてないよ!」

舞園「おろさないとは言ってませんからね…」チロッ

苗木(いや、射精さえしなければいいんだ、射精さえしなければ…)

舞園「苗木、くん、イラマチオって、知って、ますか?」ジュッポジュッポ

苗木(既にイラマチオみたいなレベルの深さだけどね…)

舞園「ふふ…苗木くんなら、苦しくても構わないです…よっ!」ズルッ

苗木「んっ!」



35: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:32:21.83 ID:eZS+t1aAO

舞園「…」グッポグッポ

苗木(凄い、喉奥の締め付けと、緩急入り混じって、舌が執拗に裏筋を攻めてきて…!)

舞園「んっ、んっ、んっ、んっ」

苗木「…っ、出る!」

舞園「んんっ!」ビュルルルルル

苗木「はぁ…はぁ…」

舞園「…ひゅごいでふ、苗木くん」

苗木(最近やってなかったからかなり出たなぁ…)

舞園「…んっ」ゴクッ

苗木「…」

舞園「はぁああぁ…凄く、凄く美味しいです、苗木くんの精液…」

苗木(見えないけど恐ろしい顔してるんだろうね)

舞園「はぁ…はぁ…じゃあ、罰ゲームです」ズイッ

苗木(あ、完全に忘れてた)

舞園「ほら、舐めて下さい。どこぞのビッチと違って綺麗にしてますから」

苗木(見えないから何とも言えないけど、確かに臭くない)



39: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:38:21.62 ID:eZS+t1aAO

舞園「じゃあ私は苗木くんのおちんちん舐めてますから、苗木くんも舐め続けて下さいね」

苗木「分かったよ」

苗木(最悪かなり臭いマンコ予想してたけどこれなら大丈夫かな)

舞園「じゃあ、いきますよ…」ハムッ

苗木「ん…」ペロッ

舞園「んっ、苗木くん、もっと奥まで舌を入れて下さい…」

苗木(病気になりませんように…)チュポッ

舞園「ひぅ!」

苗木「…」チュッ、ジュル、ジュルルルッ

舞園「んっ、そんな、クリを、吸われたら…!」

苗木(あれ、結構早くイくんだね)

舞園「…ああっ!」プシャーーーーーー

苗木「…」

舞園「はぁ…あっ…苗木くん、もっと、舐めて下さい…」

苗木(…まさかの、潮吹き体質だった…)

舞園「舐めなかったら、おちんちん切り落としますよ?」

苗木(…ナイフの冷たい感触が…)



41: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:43:01.80 ID:eZS+t1aAO

ーーーーーーーーーーー

舞園「はぁ…、スッキリしました」

苗木「…そう、良かったね、ゲホッ」

苗木(結局、あの後2回射精して4回潮吹きとおしっこかけられた…吐きそうだ)

舞園「じゃ、苗木くん、また明日会いましょう」

苗木「え、これ解いていってよ」

舞園「次の人がいるから無理ですね」

苗木「…次の人?」

舞園「苗木くん、分かってるくせに」

苗木「…死にたい…」

舞園「自業自得ですよ、じゃあ私は行きますね」

苗木「…次は誰なんだ…」

朝日奈「やほー…」

苗木(何か声が死んでる朝日奈さんが来た…)



42: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:51:13.28 ID:eZS+t1aAO

朝日奈「さくらちゃんとさ、絶交されちゃった」

苗木「え」

朝日奈「私の、唯一無二の親友だったのに…」

苗木「…」

朝日奈「私にはさ、もう苗木しか残ってないの…」

苗木(そうきたかー)

朝日奈「だからさ、苗木の…」

苗木(ああ、舞園さんよりも嫌な予感が)

朝日奈「…精液、ちょうだい」

苗木(うわあああああああああ)

朝日奈「ふふ…私、今日危険日なんだよ。これって運命だよね?」

苗木「いや、運命の人は他にもいるんじゃないかな」

朝日奈「ううん、私には苗木しかいないよ」



43: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 13:56:09.73 ID:eZS+t1aAO

苗木(何でそうなるかな)

朝日奈「後もつかえてるし、さっさとやっちゃおっか」スルスル

苗木(終わった)

朝日奈「私、やるからには確実性が欲しいんだよね」

苗木「?」

朝日奈「だから、3回は中に出してもらうね」

苗木「…」

朝日奈「…じゃ、入れるね」

苗木「…んっ」

朝日奈「ん、…んんん…!」

苗木「…」

朝日奈「はあ…苗木、入ったよ、分かる…?」

苗木「え、あ、うん」

朝日奈「私、処女なんだよ」

苗木(誰がそんなもの捧げろと)

朝日奈「嬉しい?嬉しいよね…っ!」

苗木「んあっ」

朝日奈「はっ、はっ、苗木、気持ち、いいっ?」

苗木「うん、気持ちいいよ」

苗木(気持ち悪いけど)



44: ◆seqx0BMfUc 2014/04/01(火) 14:00:54.54 ID:eZS+t1aAO

朝日奈「ほら、苗木の好きなおっぱいだよ?」ムニュッ

苗木「おふっ」

朝日奈「ねえ、苗木、好きなようにおっぱいいじっていいんだよ…?」

苗木「…」

朝日奈「苗木、恥ずがしがりやなんだね…じゃ、命令しちゃおっかな」

苗木(なぜそうなる)

朝日奈「ほら、まずは舐めて」

苗木「うん…」チュッ

朝日奈「んっ」

苗木「…」チュッ、チュルッ

朝日奈「んっ、あ…」

苗木「…」

朝日奈「凄いよね、こんなに大きいのに、感じるんだもん」

苗木(こんな淫乱だったっけ)

朝日奈「あ…苗木、そろそろイくんだね、ビクビクしてきたよ」

苗木「あ、うん…」

朝日奈「じゃ、一番、奥まで…っ!」パン

苗木「あっ!」

朝日奈「あ、出てる…苗木の…せーしぃ…」ビュルルルルル



45: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 14:08:21.22 ID:eZS+t1aAO

ーーーーーーーーーーー

朝日奈「はぁ…気持ち良かったよ、苗木」

苗木(僕は気持ち悪かったよ)

朝日奈「さすがに5回も出したら疲れちゃうよね」

苗木「…」

朝日奈「苗木の精液、漏れないようにしておくから」

苗木(漏れるようにしてほしかったな)

朝日奈「子供出来たら、一杯可愛がろうね…」

苗木(妊娠したら最悪だなぁ…)

朝日奈「じゃあ、次の人来るから…バイバイ」

苗木(あと何人だっけ…)

苗木(セレスさん、霧切さん、江ノ島さん、ある意味十神くん、大和田くんかな)

苗木(…死ぬようなことだけは避けたいなぁ…)

苗木(しかも残ってるの危険人物ばっかだし…)



50: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 00:35:36.81 ID:jVJ2YivBO

セレス「失礼しますわ」

苗木(一番危険な臭いがするのが霧切さんなんだよね)

セレス「…」

苗木(大和田くんもヤバいかな…江ノ島さんも別な意味で危ないし)

セレス「苗木くん」

苗木(セレスさんは馬鹿だし適当にいなしとけばいいかな)

セレス「苗木くん!」

苗木「ひゃい!」

セレス「この私を無視するとはいい度胸ですのね」

苗木「あ、いたんだ」

セレス「むぐぐ…」

苗木(やっぱ馬鹿っぽいなあ)

セレス「あなた、自分が何をしたのか分かってますの?」

苗木「いや、エイプリルフールに引っかかった方が悪いんじゃ」




51: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 00:42:11.49 ID:jVJ2YivBO

セレス「お黙りなさい」

苗木「…」

セレス「あなたのせいで、山田くんに最低な目で見られましたわ」

苗木「山田くんのこと嫌いじゃなかったの?」

セレス「『創作が捗りますぞぉぉぉおおお!』って言われましたわ」

苗木「山田くんのモノマネ上手いね」

セレス「というわけで苗木くん、責任をとってもらいます」

苗木「えー…」

セレス「勝負してもらいますわ」

苗木「さすがギャンブラーだね」

セレス「私の攻めに対して苗木くんは『参った』と言わなければいいだけですわ」

苗木「なんだ簡単じゃないか、僕がそんな有利でいいの?」

セレス「そう言っていられるのも今のうちですわ」

苗木「僕が勝ったら?」

セレス「拘束を解いてあげましょう」

苗木「よし、乗った」



52: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 00:46:39.98 ID:jVJ2YivBO

セレス「じゃあ行きますわ」

苗木「ドンと来い」

セレス「…ん」ヌギヌギ

苗木「…見えないから分からないけど、何してるの?」

セレス「さ、始めましょう」

苗木(聞いてないし…ってうわ!なんか異臭が)

セレス「ここに来るまでに、ちょっと走って来ましたの」

苗木「ああ、何か汗臭いと思ったらそういうことだったんだ」

セレス「私、汗っかきでして…」ズイッ

苗木「うぉっぷ」

セレス「特に、脇汗がひどいんですの」

苗木「げほっ、げほっ!」

セレス「ふふふ、辛いでしょう?」

苗木「はぁー、はぁー…」

セレス「口呼吸で逃げる気ですわね?なら…」パサッ

苗木「んーーーー!」



54: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 00:50:37.19 ID:jVJ2YivBO

セレス「うふふ…暴れても無駄ですわ」

苗木(濡れタオルを口に当てる発想は無かった…口呼吸ができない)

セレス「あ、今日は餃子も食ってきましたの」ハァー

苗木「ん、んんん!」

セレス「ふふふふふふふ、辛そうですわね?」

苗木「んー!んー!」

セレス「あら、何か言いたそうですわね」

苗木(死ぬ!死ぬ!)

セレス「とりあえず取ってあげますわ」バッ

苗木「ぶはっ!」

セレス「降参しますか?」

苗木「いや、鼻が詰まってて…」

セレス「…愚問ですわね」パサッ

苗木「んーーーーー!」

セレス「ふふふ、苦しそうにしてる姿、興奮しますわね…」



55: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 00:54:03.65 ID:jVJ2YivBO

ーー30分後ーー

セレス「さすがにぐったりしてきましたわね」

苗木「ん…」

セレス「苗木くん、降参なら首を縦に振って下さい」

苗木「…」コクコク

セレス「ふふふ…私の勝ちですわね」バッ

苗木「ぶはぁっ」

セレス「ふふふ…」

苗木「はぁ、参ったって言えば、はぁ、いいんだよね?」

セレス「そうですわ」

苗木「はぁ、げほっ、参りました」

セレス「そういえば、まだ私が勝った時の事を言ってませんでしたわね」

苗木「え、そうだっけ…」

セレス「苗木くんは、今日から私の奴隷ですわ」

苗木「えええっ!」



57: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 00:57:53.42 ID:jVJ2YivBO

セレス「拒否権はありませんわよ?」

苗木「そんな、さすがにそれは」

セレス「口答えするなら、こうですわ」パサッ

苗木「!!!」

苗木(口だけじゃなく鼻まで被せたらさすがに死ぬ!死ぬから!)

セレス「ふふふ…苦しいですか…?」

苗木「…!…!」コクコク

セレス「ああ…苗木くんが悶える姿、至福の時ですわ…」

苗木「んーーー!」

セレス「私の奴隷になること…誓いますか?」

苗木「…!」コクコク

セレス「じゃあ、取ってあげましょう」バッ

苗木「ぶはぁっ!ヒュー…ヒュー…」

セレス「では、奴隷の証を付けておきますわね」

苗木「げほっ、奴隷の、証?」



58: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 01:02:37.14 ID:jVJ2YivBO

セレス「そうですわ…んっ」ガブッ

苗木「痛っ!」

セレス「ふふ…この傷が、奴隷の証ですわ。治ったらまた付けてあげますわね」

苗木「…何でこんな見える所に…」

セレス「その方が奴隷としても自意識が高まりますわ」

苗木「意味分かんないよ…」

セレス「じゃあ、苗木くん、今度また遊びましょうね」

苗木「え」

セレス「ふふ、逆らったら霧切さんや舞園さんにも協力してもらいますわ」

苗木(最悪のトリオじゃないか)

セレス「では、ごきげんよう」

苗木(ある意味、朝日奈さんより辛かったなぁ…)

苗木(流れ的に…次は霧切さんかな)

苗木(強制クンニ+潮吹き、強制中出し、臭い攻めからの奴隷ときて次は何なんだろう)



59: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 01:10:18.37 ID:jVJ2YivBO

大和田「入るぞ!」

苗木「あ、大和田くん?」

大和田「うわっ、何だこの部屋臭えぞ!」

苗木「悪臭を司る魔女のせいだよ」

大和田「つかさ…何言ってんだ」

苗木「いや、何でもないよ」

大和田「それより苗木聞いてくれよ!」

苗木(このテンションなら大丈夫そうかな)

大和田「不二咲の奴に『俺のことが好きなのか』って聞いたんだよ」

苗木「直球だねえ」

大和田「そしたら、『石丸くんも大和田くんも好き』って言い出したんだぞ!」

苗木「それ、友達としての好きだよね?そうだよね?」

大和田「兄弟もよ、『私も大和田くんと不二咲くんが大好きだ!』とか言い出して」

苗木「最悪な展開だね」

大和田「そんなの言われたら流れで俺も『俺もお前らが好きだ!』っていうしかねーだろ!」

苗木「ごめん、意味分かんないかな」



60: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 01:16:25.58 ID:N9RE/IXPO

大和田「でよ…その後、皆で裸になってよ」

苗木「あー、僕そういう話苦手なんだ」

大和田「男同士があんなに気持ちいいとは思わなかったぜ…」

苗木(おえええええええ)

大和田「苗木も、1回体験して見た方がいいぞ」

苗木「いや、遠慮しとくよ」

大和田「まあ俺はよく分かんねえから何もできねえけど」

苗木(良かった…)

大和田「だから、不二咲を連れて来たぜ!」

苗木「えっ」

不二咲「あ、目隠ししてるから見えないんだね」

苗木「いたんだ…」

大和田「じゃあ、後は不二咲に任せるか」

不二咲「うん、バイバイ」



61: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 01:21:33.90 ID:N9RE/IXPO

苗木「…」

不二咲「大和田くんは気づいてなかったみたいだけど…大和田くんに変な嘘ついたの苗木くんなんだよね?」

苗木「うんまあそうだけど、エイプリルフールだしさ」

不二咲「もう少し段階を踏んでから告白しようと思ってたのに…」

苗木「結果的には良くなったんだし、いいんじゃないかな」

不二咲「いい訳ないよ!」

苗木「うわっ、びっくりした」

不二咲「…もう少し、大和田くんとは友達でいたかったのに…」

苗木「あれ、石丸くんは?」

不二咲「石丸くんは関係ないよ!」

苗木(サラッとひどいこと言ってる)

不二咲「苗木くんには、僕が受けた傷と同じくらいひどい目にあってもらうよ」

苗木「あー、結局こうなるんだね」



62: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 01:25:01.70 ID:N9RE/IXPO

不二咲「じゃあ、まずは…」プスッ

苗木「うわっ、冷たい!」

不二咲「3リットルくらい入れようかな」

苗木「えっ」

不二咲「じゃ、まずは1リットル目」チュー

苗木(うわぁ、気持ち悪い…)

不二咲「はい、2本目」プスッ

苗木「…何本くらい入れるの?」

不二咲「1本1リットルだよ」

苗木(大容量だなぁ)

不二咲「もうすぐ半分かな」

苗木「ちょ、もう入らないよ」

不二咲「あ、途中で漏らしたら罰ね」

苗木「…ちなみに、どんな罰なの?」

不二咲「3本耐えきったら教えてあげる」



63: 汚い描写はカットします ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 01:28:30.88 ID:N9RE/IXPO

ーーーーーーーーーーーーー

苗木「はぁ…はぁ…」

不二咲「あれだけ出したから開いたまんまになっちゃってるね」

苗木「まだ続くの?」

不二咲「当たり前だよ、もっかい3リットル入れるね」

苗木「ちょっ、もう無理だって!」

不二咲「大丈夫大丈夫」プスッ

苗木(お腹スッキリしたと思ったのに)

不二咲「はい、2本目行くよ」プスッ

苗木「ちょっ、もう少しゆっくり入れてよ」

不二咲「んー、無理かなー」チュー

苗木「うあぁ…」

不二咲「はい、3本目行くよ、抑えて抑えて」

苗木「無理だってぇ…」



64: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 01:31:58.19 ID:N9RE/IXPO

不二咲「ほら、もう少しだし頑張って」チュー

苗木「んんん…!」

不二咲「はい、オッケー!」

苗木「ぷはっ!」

不二咲「あ、出しちゃダメだからね」ヌプププ

苗木「うわっ、何か入ってくる!」

不二咲「アナルビーズだよ、直径4cmの」ヌプププ

苗木「うわあ…結構長いし…」

不二咲「はい、全部入ったよ」

苗木「何か気持ち悪い…」

不二咲「お腹の中のミルク全部出したかったら自力でビーズ抜くしかないね」

苗木「自力って、そんな!」

不二咲「踏ん張れば抜けるかもしれないよ?」



67: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 01:47:42.26 ID:N9RE/IXPO

苗木「んんんっ…!」

不二咲「あはは、踏ん張ってる苗木くん、可愛いよ」

苗木(今日何回可愛いって言われたっけ)

不二咲「…苗木くん、結構逞しいね…」

苗木「え」

不二咲「…ちょっと、舐めるね」ペロッ

苗木「んっ」

不二咲「…」ジュポッ

苗木「んあっ!」

不二咲「…んっ、んっ、んっ…」ジュッポジュッポジュッポ

苗木「ちょ、不二咲くん、ストップ…!」

不二咲「んはぁっ…苗木くんのおちんちん、美味しいぃ…」

苗木(今日は変態が多いなぁ…)



68: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 01:56:25.36 ID:N9RE/IXPO

不二咲「苗木くん、もう童貞じゃないんだよね…」

苗木「え、うん」

不二咲「でも、まだ入れたことないよね」

苗木「???」

不二咲「苗木くんの初めて、もーらいっ」

苗木「!」

不二咲「ん…苗木くん、意外に太いね…」

苗木「ちょ、それだけは…」

不二咲「先っちょさえ、はい、入れば…!」ヌプッ

苗木「うあっ」

不二咲「はぁあ…全部、入ったよぉ…」

苗木(うあ…気持ち悪い…)

不二咲「はぁ…動くね…」ギシッ

苗木「んっ」

不二咲「はぁ…はぁ…」ギシギシ



69: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 02:05:40.60 ID:N9RE/IXPO

苗木「んんっ…」

不二咲「ふふっ…苗木くんも…気持ちいいんだね…」

苗木「ん、うん…」

不二咲「僕…そろそろイくよ…苗木くんは…?」

苗木(さっき散々出したせいで痛いかな)

不二咲「ふふ…恥ずかしがり屋だね」

苗木(なぜそうなるのか)

不二咲「ん…っ、イく…っ!」

苗木(あー、ビクビクしてるー)

不二咲「はぁ…はぁ…」

苗木「ね、そろそろ抜いて欲しいかな」

不二咲「苗木くんがイくまで、絶っっっ対抜かないからね!」

苗木「勘弁して欲しいなぁ…」



70: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 02:09:01.03 ID:N9RE/IXPO

ーーーーーーーーーーーーー

不二咲「はぁ…スッキリしたぁ…」ツヤツヤ

苗木(ああ…やっと終わった…)

不二咲「部屋、汚くなっちゃったけど…まあいいよね」

苗木「えっちょ、良くないよ!」

不二咲「じゃ、次の人も来るだろうからまたね」

苗木「え」

不二咲「…またやろうね!」

苗木(お断りします…切実に)

苗木(結局、2回もイカされてしまった…)

苗木(かなり痛い…)

苗木(次は…誰なんだろ、霧切さんか江ノ島さんだけど)

苗木(これ以上出すことになったら本当に死にかねないかな)

苗木(死にたくないなぁ…)

苗木(どうしてこんなことに…エイプリルフール恐るべし)



71: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 02:16:57.71 ID:N9RE/IXPO

江ノ島「うわ何この部屋」

苗木「あ、江ノ島さん」

江ノ島「うっわ…見るも無残な状態に…」

苗木「同情するなら拘束解いてよ」

江ノ島「私が最後だったら考えないでもなかったけどね」

苗木「一瞬天使かと思った僕が馬鹿だったよ」

江ノ島「とりあえずこの部屋汚いし、私の部屋行こ」

苗木「いや、動けないし」

江ノ島「一旦ロープ解くから」

苗木「やはり天使だったね」

江ノ島「でも手錠と目隠しはそのまんまね」

苗木「天使かと思った僕が馬鹿だったよ」

江ノ島「ほら、シャキシャキ歩く!」

苗木「前見えないのに無茶言わないでほしいかな」

江ノ島「おら、歩け歩けー!」



72: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 02:21:01.27 ID:N9RE/IXPO

ーー江ノ島の部屋ーー

江ノ島「んじゃ、罰ゲーム開始ね」

苗木「着いてそうそうそれなんだね」

江ノ島「当たり前じゃん」

苗木「で、結局十神くんとはどうだったの?」

江ノ島「付き合ってたよ」

苗木「えっ」

江ノ島「私だけのお姉ちゃん、とられちゃった」

苗木「エイプリルフールのつもりだったんだけどなぁ」

江ノ島「まあどうせいずれ分かることだったし、別にいいんだけど」

苗木「じゃあ、何で罰ゲーム?」

江ノ島「ムカつくから」

苗木「そんな安直な…」

江ノ島「…まあ、ほんとの理由は別にあるんだけど」ボソッ

苗木「ん?」

江ノ島「ああ、何でもない何でもない」



73: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 02:25:10.27 ID:N9RE/IXPO

苗木「で、何するの?」

江ノ島「実験」

苗木「実験…?」

江ノ島「この前知り合いから変な薬届いたんだよね」

苗木「薬…?」

江ノ島「惚れ薬とかいう古典的な薬だけど」

苗木「それかなり危ない空気がするんだけど」

江ノ島「まあ、正体が分かんないから困ってるんだけど」

苗木「僕で確かめようと?」

江ノ島「そ」

苗木「やだなぁ…」

江ノ島「もし本当に効き目あったらお姉ちゃんに使うからね」

苗木「あー、ゲスだね」

江ノ島「苗木にだけは言われたくないね」

苗木(まあ、これはかなり楽かな)

江ノ島「んじゃ、とりあえず口開けて」

苗木「ん」





74: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 02:29:26.94 ID:N9RE/IXPO

江ノ島「ほーれ」ポイッ

苗木「ん…」ゴクン

江ノ島「えっとね、それ飲んで5分後に最初に見た人にベタ惚れになるんだって」

苗木「へえ、限りなく嘘っぽいね」

江ノ島「で、薬が全身に回るまでの5分間で長く見てれば見てるほど惚れ方が強くなるんだって」

苗木「そうなんだ」

江ノ島「じゃ、目隠しとるねー」シュルッ

苗木「うあ、眩しい…」

江ノ島「あ、5分間私から目逸らしたら金的ね」

苗木「そんな殺生な」

江ノ島「私とずっと目線合わせてればいいだけだよ」

苗木「嫌な予感するなぁ…」

江ノ島「苗木シャイじゃないんだし、大丈夫だって」



75: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 02:32:10.11 ID:N9RE/IXPO

苗木「ていうか、江ノ島さんを好きになるイメージが全く湧かないんだけど」

江ノ島「5分後に急に来るんじゃない?」

苗木「また適当だね」

江ノ島「私も苗木に好かれるんなら別に嫌じゃないしさ」

苗木(僕は嫌だけどね)

江ノ島「ちょうどいい実験体だよ」

苗木「マウスとおんなじ扱いなんてね」

江ノ島「あはは、ものは考えようだよ」

苗木「はぁ…」

江ノ島「あ、もう5分だね」

苗木「え、何か早くない?」

江ノ島「ご都合展開だね」

苗木「意味分かんないよ」



76: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 02:37:06.47 ID:N9RE/IXPO

江ノ島「あ、5分経った…」

苗木「!」

江ノ島「どう、変化ある?」

苗木「…」

江ノ島「あれ、目が虚ろになってる…」

苗木「…江ノ島さん」

江ノ島「ん?」

苗木「好きだ」

江ノ島「ほんとに効いた!」

苗木「江ノ島さん、キスしてもいいかな」

江ノ島「あー、ファーストキスはお姉ちゃんにあげる予定だから」

苗木「僕のこと、嫌いなの?」

江ノ島「いや、好きだよ。友達としては」

苗木「僕は諦めないからね」

江ノ島「んー、こんな感じになるのかぁ…」

苗木「江ノ島さんは、僕より戦刃さんの方が好きなの?」



77: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 02:47:25.37 ID:N9RE/IXPO

江ノ島「うん」

苗木「何で?僕の方が江ノ島さんを愛してるのに」

江ノ島「いくら苗木が私を好きでも、私の気持ちがそっちに向かなきゃ意味ないじゃん」

苗木「僕、戦刃さんより江ノ島さんの可愛い所知ってるよ」

江ノ島「へえ、例えば?」

苗木「ギャルだからビッチって思われてるけど、実は処女な所とか」

江ノ島「えっ」

苗木「さっきファーストキスとか言ってたけど、実はもう僕としてる所とか」

江ノ島「ちょっ、何で知ってんの!」

苗木「僕が寝てる時にキスしてたけど、僕起きてたからね」

江ノ島「あれ、こんな薬なのかな…」

苗木「戦刃さんが好きなフリしてるけど、実は戦刃さんと比較的仲の良い僕と話したいから口実してるだけだとか」

江ノ島「はい、ストップ!」



78: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 03:02:02.88 ID:N9RE/IXPO

苗木「ねえ、こんなに江ノ島さんの好きなのに振り向いてくれないんだ」

江ノ島「ヤバい、普通の苗木よりたち悪い」

苗木「ねえ」

江ノ島「えーっと、どうやって戻すんだっけ」

苗木「ねえ」

江ノ島「んーと…あ、これ飲ませればいいんだ」

苗木「ねえ」

江ノ島「えーいうるさい!これ飲め!」

苗木「ん」ゴクン

江ノ島「薬が効くまで5分かぁ…」

苗木「ねえ」

江ノ島「うるさい、黙って」

苗木「あ、うん…ごめんね」ショボン

江ノ島(あ、何か可愛い…)

苗木「…」

江ノ島「ね、苗木、キスしよっか」

苗木「えっ」





79: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 03:05:45.66 ID:N9RE/IXPO

江ノ島「ほら、つべこべ言わない!」

苗木「う、うん」

江ノ島「ほら、目ぇ閉じて」

苗木「うん」

江ノ島「…んっ」チュッ

苗木「ん…」

江ノ島「…」

苗木「…」

江ノ島「…ぷはっ!」

苗木「あ、ごめん」

江ノ島「いいよ」

苗木「江ノ島さん、やっぱり可愛いね」

江ノ島「…苗木ぃ」

苗木「…何?」

江ノ島「一生、私の側にいてくれるよね?」

苗木「うん、当たり前だよ」




80: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 03:09:08.86 ID:N9RE/IXPO

江ノ島「あは」

苗木「ふふ」

江ノ島「…苗木、もっかいキスしよ」

苗木「うん、いいよ」

江ノ島「…」チュッ

苗木「ん…」

江ノ島「…苗木ぃ…」チュッ、ジュルル

苗木「んあ…」

江ノ島「はぁ、苗木、苗木…」チュッ、チュッ

苗木「江ノ島さん…」

江ノ島「大好き、大好きぃ…」

苗木「…え」

江ノ島「え?」

苗木「…あれ?」

江ノ島「?」

苗木「江ノ島さん、何でキスしてるの」

江ノ島(あ、戻った?)

苗木「あれ、確か江ノ島さんに惚れ薬飲まされたよね?」

江ノ島(惚れ薬が効いてる間は、別の人格みたいな感じなのかな)





81: ◆seqx0BMfUc 2014/04/02(水) 03:13:00.73 ID:N9RE/IXPO

苗木「あれ、もしかして僕寝てた?」

江ノ島「いや、起きてたよ」

苗木「変だな、記憶が全く無い」

江ノ島「まあ、苗木はもう私と結婚しなきゃなんないからね」

苗木「え」

江ノ島「ほら、証拠」カチッ

『一生、私の側にいてくれるよね?』

『うん、当たり前だよ』

苗木「…そんな馬鹿な…」

江ノ島「これから、よろしくね」

苗木「江ノ島さん、戦刃さんが好きなんじゃなかったの?」

江ノ島「知ってるくせに、よくそんなこと言えるね」

苗木「え」




90: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 00:56:58.14 ID:/8mxetJB0

江ノ島「苗木さっき私しか知らないような事ベラベラ言ってたよ」

苗木「えええ?」

江ノ島「化物かと思ったよ」

苗木「例えば?」

江ノ島「…言わない」

苗木「えー」

江ノ島「ていうか言わなくても分かってんだろうが!」

苗木「いや、ほんとに分かんないんだって」

江ノ島「…私が処女だとか」

苗木「え、江ノ島さん処女なの?」

江ノ島「あああ!うるさい!」

苗木「えー…」

江ノ島「知ってるくせに知らない反応すんな!」

苗木「いや、僕が江ノ島さんが処女かどうかなんて知りようがないじゃないか」

江ノ島「…まぁ、確かに…」



91: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:02:50.86 ID:/8mxetJB0

苗木「他には何言ってたの?」

江ノ島「言わない、絶対言わない」

苗木「気になるなぁ」

江ノ島(薬が効いてる間は惚れた相手の秘密が分かるようになる…?いやまさかそんなファンタジックな)

苗木「じゃあ、この手錠外してよ」

江ノ島「…苗木が私のこと心から好きって言ってくれたらね」

苗木「強制的に付き合わされてるのに心から好きなんて、そんな無茶な」

江ノ島「じゃーん、嘘発見器」

苗木「また胡散臭いものが」

江ノ島「嘘ついたら鞭打ちね!」ヒュオンヒュオン

苗木「また物騒なものが」



92: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:06:59.32 ID:/8mxetJB0

江ノ島「じゃあ、まず最初の質問ね。苗木は私の秘密を知っている?」

苗木「…」

江ノ島「沈黙とは賢いねー。でも鞭打ち」ビシィッ!

苗木「痛ぁっ!」

江ノ島「答えなくても鞭打ちだからね」

苗木「ひどすぎる」

江ノ島「はい、苗木は私の秘密を知っている!?」

苗木「知らない」

ビービービービー‼︎‼︎

江ノ島「はい、嘘ついたね!」ビシィッ!

苗木「いてっ!」

江ノ島「ふーん、苗木、私の秘密やっぱ知ってたんだ」

苗木「まあ、江ノ島さんが処女ってことだけだよ」

江ノ島「それ、何で知ってるの?」

苗木「…」

江ノ島「はいっ!」ビシィッ!

苗木「いっっ!」

江ノ島「あー、だんだん痣になってきたね」

苗木「めっちゃヒリヒリするんだけど」



93: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:11:23.62 ID:/8mxetJB0

江ノ島「沈黙は鞭打ちって言ったじゃん」

苗木「嘘発見器が関連する時だけだと思ってたよ」

江ノ島「で、何で知ってるの?」

苗木「あー…戦刃さんから聞いt」

ビービービービー‼︎‼︎

江ノ島「ていやっ!」ビシィッ!

苗木「あてっ!」

江ノ島「ほら、正直に言った方が楽だよ」

苗木「…江ノ島さんが爆睡してる間にこっそりチェックしました」

江ノ島「…」

苗木「…」

江ノ島「あ、鳴らない?」

苗木「いや、ほんとのことだしね」

江ノ島「嘘であって欲しかったな」ビシィッ!

苗木「いたっ!って、何で!?」

江ノ島「あ、条件反射で」

苗木「そんな理不尽な」

江ノ島「口答えしない!」ビシィッ!

苗木「いづっ!」



94: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:15:24.23 ID:/8mxetJB0

江ノ島「あー、苗木叩くの楽しい」

苗木「もう叩きたいだけだよね」

江ノ島「じゃあ次の質問。私のファーストキスはもう済ませたか?」

苗木「あー、さすがに分からn」

ビービービービー‼︎‼︎

江ノ島「はいお仕置きぃ!」ビシィッ!

苗木「うがっ!」

江ノ島「分からないも鞭打ちね」

苗木「…もう済ませてます。はい」

江ノ島「相手は?」

苗木「…」

江ノ島「せいっ!」ビシィッ!

苗木「あづづづ!」

江ノ島「はい、相手は!?」

苗木「…僕です」

江ノ島「はいせーかい」

苗木「分かってるんなら質問する意味ないんじゃ」

江ノ島「嘘発見器のテストも兼ねてるんだよ」ビシィッ!

苗木「えあっ!」



95: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:21:15.99 ID:/8mxetJB0

ーーーーーーーーーーーーー

江ノ島「はースッキリした」

苗木「30回以上叩かれて死にそうなんだけど」

江ノ島「苗木が正直に言わないからじゃん」

苗木「言っても叩かれるのはおかしいんじゃ」

江ノ島「それは私の気分次第だし」ビシィッ!

苗木「うわぉ!」

江ノ島「あー、気持ちいい」

苗木「最悪だよ」

江ノ島「じゃ、苗木明日デートしようね」

苗木「多分無理だと思うよ」

江ノ島「え、何で?」ビシィッ!

苗木「あがっ!」

江ノ島「ね、何で?」

苗木「…多分、霧切さんかセレスさんか舞園さんが邪魔すると思うよ」

江ノ島「あっはっは、ドンと来いだよ」

苗木「ランク付けすると江ノ島さんが一番弱いんだけどね」

江ノ島「弱いって何」ビシィッ!



96: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:24:44.37 ID:/8mxetJB0

苗木「いっだ!」

江ノ島「弱いって何!」

苗木「今日エイプリルフールの罰受けてきて江ノ島さんの罰が一番楽だしね」

江ノ島「え」

苗木「まあ、舞園さんやセレスさんは精神的に攻めてきたけど…」

江ノ島「何されたの?」

苗木「舞園さんには潮吹きと尿攻め、セレスさんは臭い攻め」

江ノ島「うわー…」

苗木「ね、ドン引きでしょ?」

江ノ島「確かに」

苗木「江ノ島さんのもキツかったけど、耐えれない訳じゃないしね」

江ノ島「苗木ってMなの?」

苗木「いや、耐久値が高いだけだよ」

江ノ島「機械かっつーの」ビシィッ!

苗木「あお!」



97: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:27:50.92 ID:/8mxetJB0

江ノ島「はぁー…もう疲れた」

苗木「僕は心身共にズタボロだよ」

江ノ島「明日には回復してるでしょ」

苗木「それじゃモンスターだよ」

江ノ島「いや今見てる限り特に辛そうじゃないし」

苗木「心の中は真っ暗だよ」

江ノ島「…じゃ、霧切呼んでくる」

苗木「あ、行ってらっしゃい」

江ノ島「いや、やっぱ霧切の部屋まで連行しよ」

苗木「正直全裸で廊下を歩くのは結構辛いんだけどね」

江ノ島「苗木のメンタルなら大丈夫大丈夫」

苗木「何が大丈夫なのか…」

江ノ島「はい、行くよ!」

苗木「ちょ、馬みたいな扱いやめて」



98: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:30:38.45 ID:/8mxetJB0

ーーーーーーーーーーーーー

ーー霧切の部屋前ーー

江ノ島「霧切ー」コンコン

苗木「…出ないね」

江ノ島「霧切ー、苗木連れて来たよー」

ガチャ

苗木(出るのはやっ)

霧切「ご苦労様」

江ノ島「んじゃ、あとよろしく」

霧切「ええ、分かったわ」

苗木「あー」

霧切「ほら、苗木くんこっちよ」

ガチャ

江ノ島「…大丈夫かな…」

江ノ島「霧切めっちゃ危ない目してたけど」



99: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:36:46.67 ID:/8mxetJB0

霧切「うふふ、苗木くん、待ちわびたわよ…」

苗木(気のせいかな…血の臭いが)

霧切「苗木くんには私のことを完全に好きになるまでここにいてもらうわ」

苗木「え」

霧切「大丈夫よ、誰も入ってこれないから」

苗木「いやそういうことじゃなくて」

霧切「ご飯もちゃんと食べさせてあげるわ」

苗木「だからね」

霧切「もちろん、排泄物の処理もするわ」

苗木「あの」

霧切「体も拭いてあげるわ。2日に一回、髪を洗ってあげる」

苗木「話聞いて欲しいかな」

霧切「それと」

苗木「?」

霧切「私が気に入らない発言をしたら、罰を受けてもらうわ」



100: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:43:10.44 ID:/8mxetJB0

苗木「罰?くだらないね」

霧切「うふふ、つまり、そういう発言よ…」ブスッ!

苗木「っっっ!!!」

霧切「キリよ」

苗木「いっ……た…」

霧切「これで今の状況が理解できたかしら?」

苗木「…痛い程にね」

霧切「ふふ、上手いわね」

苗木「…それで、僕が霧切さんを好きになったかどうかなんてどう判断するの?」

霧切「いい質問ね。これを使うわ」

苗木「?」

霧切「嘘発見器よ。江ノ島さんの部屋から持って来たわ」

苗木「2つ持ってたんだ…」

霧切「さて…苗木くん、何日かかるかしらね?」

苗木「…さぁ、ね」

霧切「ふふふ、そのふてぶてしい態度…素敵よ」ブスッ

苗木「っづあああぁっ!」

霧切「嗚呼…苗木くんの悲鳴…心に染み渡るわ…」

苗木「…だっ…」

霧切「この滴り落ちる血…」ペロッ

苗木「っ」

霧切「ふふ…今、苗木くんと同じ血が私の中に流れているのね…」

苗木(…狂ってる…)



102: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 01:47:34.68 ID:/8mxetJB0

ーー2日目ーー

霧切「苗木くん、ご飯よ」

苗木「…」

霧切「ちょっと待っててね」パクッ

苗木(…僕の食事は、普通の食事じゃない)

霧切「…」モグモグモグモグモグモグ

苗木(…口移しで、食べさせられる)

霧切「…ふぁい、ふぁえぎくん」グチャア

苗木「っ…」

霧切「…」チュッ

苗木(キスされて、強制的に流し込まれる…)

霧切「…」グチュッ、グチュッ

苗木(僕の口の中に入った咀嚼された食べ物は、また霧切さんの口に返って、また流し込まれる)

霧切「…」ジュルルル…

苗木(…しかも、僕はただ飲み込むだけじゃダメなんだ)

苗木「…グチュッ、グチュッ

霧切「ふふふ…」

苗木(ちゃんと咀嚼して飲み込まないと…キリが刺される)



104: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 01:57:16.54 ID:/8mxetJB0

ーー3日目ーー

苗木(今日は、髪を洗ってくれる日だ)

霧切「さあ苗木くん、髪を洗いましょうね」

苗木「…うん」

霧切「ふふ…素直で可愛いわ」

苗木(昨日、一昨日と色んな人が助けに来てくれたけど…)

霧切「まずは水洗いしましょう」

苗木(霧切さんの部屋の壁と扉はいつの間にか改造されていて、誰にも手が出せなかった)

霧切「ほら苗木くん、2日ぶりのシャワー、気持ちいいでしょ?」

苗木「ん…うん」

霧切「ふふふ」

苗木(ただ、この監禁生活で辛いのは…)

霧切「じゃあ、まず1回目、しましょうね」

苗木(1日3回の寸止め)

霧切「ほら、苗木くん…気持ちいい?」シコシコ

苗木「…うん…」



105: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 02:04:25.41 ID:/8mxetJB0

霧切「うふふ…苗木くんのたくましいおちんちん、触ってるだけで興奮するわ」シコシコ

苗木(失言をしたらキリを刺されるこの生活で…毎日の寸止めは気が狂いそうになる)

霧切「ん…私も、触っちゃおうかしら」クチュ

苗木(慎重に言葉を選ばなきゃいけない中、寸止めのせいで思考も霞んでくる)

霧切「…んっ、ん…」

苗木(…1週間もしないうちに、僕は僕じゃなくなるだろう)

霧切「ああ…気持ちいいわ…」

苗木(僕は…もう殆ど、あいづちしか打ってない)

霧切「苗木くんも、気持ちいいでしょう…?」

苗木「うん…」

霧切「うふふ…んっ!」

苗木(この3日、僕は6回キリで刺された)

霧切「…そろそろイきそうね」

苗木(目隠しで見えないけど…その傷は、そばかすのように太ももに生々しく残ってるんだろう)



106: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 02:09:04.57 ID:/8mxetJB0

ーー8日目ーー

苗木「…」

霧切「苗木くん、朝よ」

苗木「…」

霧切「…苗木くん」

苗木「…あ、うん…」

霧切「…そろそろ、限界かしら?」

苗木「…うん…」

霧切「…苗木くんは、私のこと、好き?」

苗木「…」

霧切「大丈夫よ。嘘だとしても、何もしないわ」

苗木「…うん…」

ビービービービー!!!!

霧切「…まだ、ダメね…」

苗木(…もう、思考もまともにできなくなってきたかな)

霧切「…でも、まだ終わらないわよ」

苗木(…この先、僕が霧切さんを好きになることはないだろう)

霧切「苗木くんが、私を好きになるまで…」

苗木(なぜなら…)

霧切「ふふ、ふふふふふフフフフフフフフフフフフ…」

苗木(…霧切さんは、恐怖の存在でしかないからだ)



107: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 02:13:29.78 ID:/8mxetJB0

ーー30日目ーー

霧切「苗木くん、今日でちょうど1ヶ月よ」

苗木「…」

霧切「ふふ…」

苗木「…」

霧切「…」

苗木「…」

霧切「…苗木くん、聞こえる?」

苗木「…」

霧切「…まだ、大丈夫よね」

苗木「…」

霧切「…15日目くらいから、あいづちすらしてくれなくなったけど…」

苗木「…」

霧切「私の話、聞いてくれるかしら」

苗木「…」



108: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 02:16:57.62 ID:/8mxetJB0

霧切「…」

苗木「…」

霧切「…私、ここまで来るとは思ってなかったわ」

苗木「…」

霧切「1週間程度で終わらせる気だったの」

苗木「…」

霧切「でも、苗木くんを完全に支配できていると思うと、止まらなかったわ」

苗木「…」

霧切「狂ってるわよね。でも、それが私なの」

苗木「…」

霧切「…もう、手遅れかしら」

苗木「…」

霧切「…苗木くん、もう、おしまいにしましょう」

苗木「…」

霧切「…ええ。名残惜しいわ」

苗木「…」



109: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 02:19:49.22 ID:/8mxetJB0

霧切「でも、終わらせないと」

苗木「…」

霧切「…」

苗木「…」

霧切「私も」

苗木「…」

霧切「ふふ。苗木くん、面白いこと言うのね」

苗木「…」

霧切「でも、ありがとうとしか言えないわ」

苗木「…」

霧切「あと…ごめんね」

苗木「…」ツー

霧切「…私も…悲しいわ」

苗木「…」

霧切「でも、もう、こうするしかないのよね?」

苗木「…」



110: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 02:24:12.21 ID:/8mxetJB0

霧切「…ありがとう、苗木くん」

苗木「…」

霧切「あとは、任せるわよ」

苗木「…」

霧切「最後に、汚しちゃうかもしれないけど」

苗木「…」

霧切「私の最後のワガママなの。…許してね」

…ギ、…エギ!

苗木「…」

霧切「…後悔はしてないわ」

…シテ、…ンジシテ!

苗木「…」

霧切「…ふふっ、こんな時も笑えるのね」

…イ!…ヤクシロ!

苗木「…」

霧切「羨ましいわ。あなたといれるこれからが」

…ッテル!…ドケ!

苗木「…サヨウ、ナラ」

霧切「…ええ、サヨナラ」



111: ◆seqx0BMfUc 2014/04/03(木) 02:25:27.26 ID:/8mxetJB0

おしまいです
その後の苗木はご想像にお任せします


元スレ
SS速報VIP:苗木「エイプリルフールだしさ、何してもいいと思うんだよね」