SS速報VIP:春香「え?千早ちゃんと>>7を>>2?」【安価は命より重い】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395921184/



1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 20:53:05.15 ID:zSKxdbdY0

春香「え?千早ちゃんと>>7を>>2?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395921184




2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 20:53:36.37 ID:cKDOBx470

レイプ



7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 20:54:59.07 ID:vgKhUtk60

国会議事堂



14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:07:51.94 ID:zSKxdbdY0

春香「え?千早ちゃんと国会議事堂をレイプ?」

P「正気ですか社長!?」

社長「勿論、私はいつでも本気だよ」

P「そんなこと、春香には過酷すぎます、やめましょう!」

社長「いいや、彼女ならきっと出来るよ」

社長「この私がティンと来たアイドルなのだから」

P「できる出来ないじゃない、春香は普通の女の子なんですよ?」

社長「・・・・彼はここまで言ってるが・・・君の意見を聞こうじゃないか」

春香「え!?」



19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:13:28.04 ID:zSKxdbdY0

春香「あの、そもそも、二人の言ってる意味があまり・・・」

社長「わからないかもしれない、だが君なら出来る」

社長「いや、それは君にしか出来ないことだ」

春香「・・・私じゃなくて、他の人じゃ駄目なんですか?」

春香「美希や、他の事務所のみんなじゃ」

社長「君だけが出来ることだ」

社長「君の生来の素質と言うべきか・・・本来の君でこそだ」





20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:18:11.19 ID:zSKxdbdY0

社長「勿論、やるかやらないかは君次第だ、だが・・・」

社長「今この世界を壊すことの出来るのは、君だけだ」

P「社長、それ以上は!」

社長「・・・もう頃合だよ、君。教えてもいい頃だ」

春香「え・・・?」

社長「春香君、君は、いつまでこの事務所が存在できると思うかね?」

春香「そんな、ずっとみんな一緒ですよ?」

社長「いいや、そんなことは決してありえない」



21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:25:02.95 ID:zSKxdbdY0

社長「いずれ終わりは来るものだよ、どんなことにも」

社長「いずれ君たちのボイスは枯れ果てるだろうし・・・」

社長「いずれダンスにも切れは無くなる」

社長「いずれそのビジュアルだって、老け込んでいってしまうだろう」

社長「それでも、君たちはずっと一緒だと言うのかね?」

社長「アイドルを続けてられると言うのかね?」

春香「そんなの・・・当たり前じゃないですか」

春香「だから、今を精一杯がんばってるんです」

社長「・・・君ならそういうと思っていた」

社長「だが、君はそれで良いのかい?」

春香「え?」



24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:38:22.71 ID:zSKxdbdY0

社長「今このままを続けているだけでは、君はただのアイドルだ」

社長「どこにでもいる一山いくらの女の子だ」

社長「だが君ならなれるはずだ」

社長「世界をその手に納める支配者・・・」



社長「ハルシュタイン閣下に!」

春香「!」

社長「輝きの向こう側?まだまだ程遠いさ!」

社長「国会議事堂をレイプしたアイドルが今までいたか?いいや、一人も居ない!」

社長「そんな伝説のアイドルになれるのが、君だというのだ!」




25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:41:40.36 ID:zSKxdbdY0

P(なに言ってるんだろこの人・・・)

P(よく聞くと話が支離滅裂だし・・・)

P(国会議事堂をレイプするのと世界を手にするのが何の関係があるんだ?)

P(さすがにもっと早く止めるべきだったな・・・)

春香「私、やります!」

P「!!??」

春香「千早ちゃんと国会議事堂をレイプします!」

P「~~~~っっwwwwww!!??」



27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:48:28.99 ID:zSKxdbdY0

社長「よく言ってくれたね」

春香「はい、事務所のみんなとも協力して、きっと成功させます!」

P「」

社長「うむ、すぐに手配しよう」

春香「は、お願いします!」

P(どういうことなの・・・)



30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:01:07.18 ID:zSKxdbdY0

数日後 国会議事堂

議員A「・・・はこうであるにもかかわらず、・・・は、」

バタン!

議員たち「!?」

議員A(え?なに?なんか議事堂に入ってくるんだけど・・・)

議員B(さすがに聞いてないぞ!?なんだあの女たちは!?)

議員C(なんでアイドルたちが、しかもプロダクション総出で?)

議員D(というか音響とかマイクまで入ってきてるぞ?)

春香「・・・・・、」

春香「・・・・・皆さん」

春香「聴いてください、765プロで、『READY!!』です!」



32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:08:24.52 ID:zSKxdbdY0

一同「ARE YOU READY!! I'M LADY!! 歌を歌おう」

議員たち「」

議員E(え、まさかのゲリラコンサート?)

議員F(案外ここ音の響きいいな・・)


一同「ひとつひとつ 笑顔と涙は夢になるENTERTAINMENT」

議員G(聴いたことは無かったが、いい歌だなあ)

議員H(あのリボンの娘、良い表情してる)




33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:11:34.58 ID:zSKxdbdY0

一同「ARE YOU READY!! I'M LADY!! 始めよう」

議員I(やばい、一瞬でファンになってしまった!)

議員J(日本にまだ、こんなすばらしいアイドルがいたなんて!)


一同「やれば出来るきっと 絶対私NO.1」

ハクシュカッサイ ダイセイキョウ


議員K(ん?われわれの方に流れてきたぞ?)

議員L(ここまでファンと近いとは・・・すごいな)

春香「国会議員の皆さん、こんにちはー!」




春香「死にたくなかったら静かにしてください」チャキ

議員たち「ひいいいいいいいいいいいいい!?」



34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:24:55.78 ID:zSKxdbdY0

春香「真、お願い」

真「きゃぴぴぴぴーん!まっこまっこりーん♪」

議員M「うぎゃあああああああああ頭があああああああ」

議員N「い、意識が遠く・・・」

真「まっこまっこりーん♪」

議員M「まっこまっこりーん♪」

議員N「まっこまっこりーん♪」

真「まっこまっこりーん♪」

議員たち「まっこまっこりーん♪」

真「まっこまっこりーん?」

議員たち「まっこまっこりーん?」

真「まっこまっこりーん!」

議員たち「まっこまっこりーん!」

春香「終わった・・・」



38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:33:16.54 ID:zSKxdbdY0

警視庁

警官A「なに!?議事堂が占拠された!?」

無線『は、はい、本当です!』

警官B「しかもアイドルたちに!?わけがわからんぞ!」

警官C「一体どこから流れてきた情報だ!?」

無線『確かな発信源ですが、応答が・・・ん?』

警官A「どうした?」



40: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:36:42.26 ID:zSKxdbdY0

無線『へ!?なんだおまえ!?く、くるな、うわあああああああ』

警官A「どうした?どうしたんだ!?」

無線『さあみんな!スマイル体操、いっくよー!』

一同「!!??」

無線『絶対ハッピー!!』

警官A「1!」

警官B「2!」

無線『全体ハッピー!!』

警官C「3!」

警官D「4!」



42: >>35不快なら割とごめん 2014/03/27(木) 22:50:16.47 ID:zSKxdbdY0

N○K

社員A「あれ?おかしいな・・・」

社員B「どうした?」

社員A「議事堂写してるのがうまくうごいてないみたいで・・・」

社員B「おい、たった今動いたぞ」

春香『急がばまっすぐ進んじゃおう!』

春香『・・・・・はい!』

社員たち「いそがばまーすっぐすすんじゃおー!!」

春香『もうすぐ仲間と君に会えるよ!』

社員たち「Go! Go! Girl!!」



45: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:55:32.04 ID:zSKxdbdY0

たるき亭



黒井「高木・・・貴様、ついにやったな」

高木「私がやったのではない、彼女たちが成し遂げただけさ」

黒井「ふざけるな、あんなものアイドルとは・・・」

やよい『私は私がダイスキ♪』

黒井「いぇい!」

やよい『フレーフレー頑張れ♪ さあ行こう♪ フレフレー頑張れ♪ 最高♪』

黒井「フレーフレー頑張・・・くっ、こんなもの、私はアイドルとは呼ばん!」

高木「・・・・・・」



47: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:06:28.44 ID:zSKxdbdY0

高木「じゃあなんだと言うのだ、お前は彼女たちを何と言う?」

黒井「歌で人を洗脳するだと?最早アイドルのすることか!」

高木「あれは彼女たちの歌によって感動のあまり自然に屈服してるだけだ」

黒井「そんなことができてたまるか人間に!」

高木「・・・・・、」

高木「おかしいと思わなかったのか?」

黒井「・・・・・何?」



48: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:12:55.36 ID:zSKxdbdY0

高木「何も無い空間で、あたかも何かあるかの様に転ぶ」

高木「空手黒帯止まりの少女にも関わらず、要人の護衛を叩きのめす」

高木「明らかに時空間を超越した迷子」

高木「いくら双子でも、ホクロなんかは違うものだ」

高木「動物と会話できる」

高木「どんなに記者が探っても素性が割れない」

高木「果てはたかがシャベル一本でコンクリートに穴を開ける」

高木「そんな彼女たちを・・・お前は本当に人間だと思っていたのか?」

黒井「・・・・!?」



49: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:15:39.61 ID:zSKxdbdY0

黒井「なら・・・やつらはなんだと言うのだ?」

黒井「お前が連れてきた連中は、一体何者だ!?」

高木「アイドルだよ」

高木「少なくとも、私はそう呼んでる」

高木「普通の人間よりも、ほんの少し魅力的で、個性に溢れた彼女たちを」



51: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:24:37.88 ID:zSKxdbdY0

高木「最も、そんな彼女たちにティンと来る、私も私なのかもしれないがな」

黒井「・・・・・、」

高木「結局、彼女たちの力なら、議事堂を暴力で陵辱することなど簡単だったな」

黒井「・・・・・何が目的なんだ?」

高木「目的?そんなもの私には無い」

黒井「なら何故奴らを野へ放った!?」

高木「私は見守るだけだ」

高木「と、言うより、見てみたいだけだ」

高木「アイドルたちの持つ、無限の可能性を・・・」



53: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:39:12.13 ID:zSKxdbdY0

黒井(・・・それが聞こえるようになったのは、いつからだったか)

黒井(それは世界中で、あらゆる媒体に流れ出した)

黒井(ネット、ラジオ、テレビ、距離からして不可能なはずの無線にまで)

黒井(あの765プロの連中の流し続ける、生放送だ)

黒井(それが地球の反対側だろうが、流れ続けていたのだ)



54: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:45:04.39 ID:zSKxdbdY0

黒井(日本がどうなったか?そんなこと、私が言うまでも無い!)

黒井(国の中枢機関は全て壊滅、どいつもこいつも765プロの放送を見てるだけだ!)

黒井(幾つかの国が日本へ軍を送っが、そんなものが効くならこうはなってない)

黒井(全て上陸した直後に、生収録を見に走っていった)

黒井(やがて、どの国も、日本を無いものとして扱うことにしたのだ)

黒井(・・・・だが)

黒井(それで終わりなどではない)



55: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:49:53.99 ID:zSKxdbdY0

黒井(世界中の紛争地帯で、次々に人が銃を捨てた)

黒井(様々な企業が、気がつけば動きを止めていた)

黒井(ありとあらゆる市域の連中が、自身の土地を捨て歩き始めたのだ)

黒井(あの忌々しい765プロのいる、日本へ・・・)

黒井(いや、)

黒井(ハルシュタイン皇国へ!)



56: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:59:43.13 ID:zSKxdbdY0

黒井(確かに・・・世界は平和になった)

黒井(最早765プロの敵になるものなどどこにも無いだろう・・・)

黒井(名実ともに、奴らは『アイドルマスター』となったのだ)

黒井(・・・・・・・)

黒井(だが・・・・・・・)

黒井(こんなもの、私は認めんぞ!)



59: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:04:17.17 ID:SyFoyL010

黒井(何が最強のアイドルユニットだ、当たり前だ!)

黒井(敵がいないどころか敵を全員消したのだからな!)

黒井(そんなものが真のアイドルなどと、私は絶対に認めん!)

黒井(私は勝つ手段は選ばないが、それは王者となる手段としてだ)

黒井(自分たち以外の全てを消し去って、何が王者だ!)



60: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:10:54.37 ID:SyFoyL010

黒井(・・・・・しかし、そうは言いたいが)

黒井(私では、もう・・・)



冬馬「おっさん、しっかりしろ!」

黒井「磯くせー!・・・・はっ!」

冬馬「なに油断してんだ!回復するまで外にでるなっつっただろ!」



61: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:20:33.60 ID:SyFoyL010

冬馬「俺たちじゃ、まだここの管理はいっぱいいっぱいいっぱいいっぱい」

翔太「冬馬君!?早く治療を!」

北斗「チャオ☆チャオ☆チャオ☆チャオ☆」

冬馬「チャオ☆チャオ☆」

冬馬「・・・ふう、俺も危なかった・・・」

黒井「ふん、まだ私がやることは残ってるのだ、貴様らだけに任してられるか」




62: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:35:59.81 ID:SyFoyL010

黒井(アイドルが存在するかぎり、必ず生まれるものはある)

黒井(プロデューサー?つまらん答えだ)

黒井(ファン?違うな、それと紙一重にして対になるもの)

黒井(おそらくアイドルにとって最も忌々しい存在・・・)

黒い(そう、俗に『アンチ』と言われてる奴等だ)



63: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:43:47.86 ID:SyFoyL010

黒井「961プロメンバーは全員そろったか」

冬馬「ああ、マイクも大丈夫だ」

黒井「ウィ、では定例会を始める」




黒井「やっぱり765プロで一番はわた春香ちゃんだよね!(裏声)」

一同「春香さんなにやってんすかwwwwwww」

黒井「いや、やっぱりじぶ響は完璧さー!(上擦り)」

一同「ひwwwwwwびwwwwwwきwwwwwwwww」





64: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:45:49.44 ID:SyFoyL010

「荒らし氏ね」ボソ

黒井「裏切り者がいるな」

「!!」

黒井「捕まえろ!」

「や、やめろ!」

黒井「765プロの洗脳が解けるまで、地下に閉じ込めておけ」

「お、俺はただ、響が・・・・うわああああああ!」



66: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:50:37.22 ID:SyFoyL010

黒井(やつらに屈服しないためなら)

黒井(やつらの『アンチ』になるしかない)

黒井(・・・私は僅かに残った人類を率いて、地下に潜った)

黒井(そうしてこのアンチ活動で耐性を付けさせ・・・)

黒井(なんとか我々は生き残ってるのだ)



67: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:55:18.89 ID:SyFoyL010

黒井(・・・私とて、『アンチ』は実に忌々しい存在だ)

黒井(敵に対して具体的な勝つ方法も見出せず、ただ吼える事しか出来ない低脳だからな)

黒井(だが、その『アンチ』にならなくては、生きていけない)

黒井(もし貴様が『アンチ』になりたくないのなら・・・)

黒井(死ぬまで洗脳され続けて生きるがいい)



68: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:59:36.05 ID:SyFoyL010

黒井(私はまだ死なん!死ねんな!)

黒井(高木の作った弱小プロダクションなど、捻り潰すと決めていたのだ!)

黒井(それが仮に、人間を超越していてもだ!)

黒井(なーにがアイドルだ!高木、所詮貴様は、実力の無さを候補生の能力で誤魔化してただけではないか!)

黒井(最後に勝つのは、私だ・・・いずれ、どんなに先になっても・・・!)



70: >>69ミスった 2014/03/28(金) 01:08:36.29 ID:SyFoyL010




春香「ねえ千早ちゃん」

千早「どうしたの春香?」

春香「今からレイプするね」ガバッ

千早「!?」




71: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 01:09:30.94 ID:SyFoyL010

千早「突然どうしたの!?流れを引き千切るように!」

春香「いやだって、私はまだ成し遂げてないよ?」

千早「え?だって私と国会議事堂をレイプしたじゃない!」

春香「もう一回言ってみて」

千早「いや、私と国会議事堂をレイプ・・・・え?」




72: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 01:10:03.40 ID:SyFoyL010

春香「気づいた?」クスクス

千早「まさか、社長の言葉は・・・」

春香「そうだよ、千早ちゃん」

春香「国会議事堂レイプwith千早ちゃんじゃなくて」

春香「国会議事堂and千早ちゃんレイプだったんだ」

千早「」

千早「そそそそそそそんな私たち女同士よ!?」

春香「さあ行こうよ、輝きの向こう側へ」

千早「な、離して、」

千早「いやああああああああああ!!」





おわり



74: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 01:13:04.23 ID:SyFoyL010

まったく一貫性が無くてすみませんでした
一部の表現において不愉快に感じたらごめんなさい
あと荒らしは絶対にやめましょう

さいごまで見てくれてありがとう
もう少し修行してきます
また近いうちにやりたいな


元スレ
SS速報VIP:春香「え?千早ちゃんと>>7を>>2?」【安価は命より重い】