1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 00:25:46.66 ID:hhnwdaYEO


「……」

紬「どうしたの?変な律」

「……」

紬「やだわ///そんな事言わないで澪」

紬「ふふ…それにしても唯は本当に美味しそうに食べるわね」

紬「あっ!梓おかわりいる?」

紬「……」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 00:30:52.76 ID:hhnwdaYEO


紬「…なんちゃって…」

紬「あまりにも暇だから、みんなを呼び捨てにしてみました…一人だけど…」

紬「………」

紬「!そうだわっ!!」

ガタ

紬「前から気になってたアレやってみようかしら」





8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 00:38:15.38 ID:hhnwdaYEO


梓「?メール…ムギ先輩?」

3/8 16:21
from:ムギ先輩
本文:やあ!元気?

梓「?何これ?」

『元気ですよ。どうしたんですか?』

梓「…送信」




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 00:44:37.26 ID:hhnwdaYEO


梓「あ またムギ先輩からメール…」

3/8 16:32
from:ムギ先輩
本文:とりあえずパンツ脱いでみようか

梓「えっ!?な 何これ…いたずらかな」

梓「でも…律先輩ならいざしらずムギ先輩がいたずらするとは思えないけど…」

『ムギ先輩どうしたんですか?何ですかコレ?』

梓「…送信」




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 00:51:12.14 ID:hhnwdaYEO


梓「なんなんだろ?」

梓「…メールだ…」

3/8 16:40
from:ムギ先輩
本文:いいからパンツ脱いで!そしてうpして!!早くっ!!

梓「………」

ピ プルルルル… プルルルル…
梓「…出ないや」

『いたずらですか?怒りますよ?』

梓「…送信」




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 00:55:26.56 ID:hhnwdaYEO


梓「………メールきた」

3/8 16:49
from:ムギ先輩
本文:…なあ…スケベしようや…

梓「………ほっとこう」





24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 01:01:00.35 ID:hhnwdaYEO


梓「……メール……」

3/8 17:01
form:ムギ先輩
本文:ごめん…〇の事好きなんだ…だからパンツうpして

梓「…この〇はなんだろ?」

梓「…ふざけている訳じゃないのかな」

『何があったか話してくれませんか?ちょっとムギ先輩おかしいです』

梓「…送信」




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 01:06:10.07 ID:hhnwdaYEO


梓「あれ…メール来なくなった?」

梓「あ きた」

3/8 17:32
form:ムギ先輩
本文:ごめんね…梓ちゃんの事が好きなの…だから ね?お願い

梓「えっ!?…ど どういうことかな…す 好きって…」

梓「……」




33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 01:18:18.81 ID:hhnwdaYEO



紬「ふう…///」

紬「はじめてやってみたけど難しいわ…」

紬「〇は梓ちゃんの名前入れろって事なのね~って…あ 返信きたわ」ワクワク

3/8 17:46
from:梓ちゃん
本文:あの…私もムギ先輩の事大好きです。とてもうれしいです…
恥ずかしいですけど画像添付します。

紬「ま まさか…」カチカチ

紬「!!こ これは…梓ちゃんのパンツ?///」




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 01:23:14.01 ID:hhnwdaYEO


紬「ど どうしよう///梓ちゃん私の事すきだったなんて…」

紬「ちゃ ちゃんと返信した方がいいよね…」

『梓ちゃん ありがとう 私梓ちゃん好きよ?…でも…私たち女の子同士だし…まずはお友達からね?』

紬「…送信っ」




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 01:31:47.86 ID:hhnwdaYEO


紬「…どうしょう…今更冗談よ なんて言えないわ…」

紬「!メール!梓ちゃんから…」

3/8 17:53
from:梓ちゃん
本文:友達てなんですか?私の事好きだって言ったじゃないですか?ヒドいですよっ!

紬「…そうよね…梓ちゃん怒って当然よね…」

『ごめんなさい…梓ちゃんの事は一後輩として好きです。…どうしたら許してくれますか?』

紬「…送信…」




41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 01:37:28.59 ID:hhnwdaYEO


紬「…はあ…なんで安価でメールなんてしたんだろ…」

紬「…そもそも…」

紬「そもそも何で梓ちゃんだったのかな…りっちゃんとかなら冗談だったで済んだかもしれないのに…」

紬「!メール」

3/8 18:16
from:梓ちゃん
本文:本当にごめんなさいて思ってるなら!ムギ先輩の全裸画像送って下さい。

紬「!!」




45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 01:44:12.80 ID:hhnwdaYEO


梓「…ねえ…やりすぎじゃない?」

純「ふふ 大丈夫だって!多分ムギ先輩安価メールで遊んでいるんだよ。」

梓「う うん…」

純「なんか遊びに来たら難しい顔してたから何だと思って話聞いたら…」

梓「でも…全裸画像送れなんて…///」

純「だーかーら!送ってこないって!『ごめんなさい全部冗談なの』て送信来ておしまいっ!」

梓「あ メール来たよ」




50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 01:50:08.43 ID:hhnwdaYEO


梓「…画像添付されてるよ?」

純「ちょ ちょっと意外…開けてみ」

梓「う うん…」カチ

3/8 18:38
from:ムギ先輩
本文:本当にごめんなさい…これで許してくれる?

純「は は 早く!画像!画像開けてみれっ!」

梓「なんで純が興奮してるの?」カチ

梓純『!!』




53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 01:59:15.31 ID:hhnwdaYEO


純「ふう…1つしか学年違わないのに何だこのヤらしい身体…」

梓「………」

純「こ これは何でも聞いてくれるかもだね」

梓「純…もうやめようよ」

純「いやいやいや…こんなチャンスまたとないよ!追撃すべき」

梓「こっちは拾い物の画像なのに…」

純「海老で鯛を釣るといって」




58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 02:05:11.69 ID:hhnwdaYEO



紬「恥ずかしいけど…梓ちゃん許してくれるかしら…」

紬「会ったらちゃんと謝ろう…」

紬「メールだわ…!」

3/8 18:55
from:梓ちゃん
本文:やっぱり許せないです!動画で謝罪して下さいっ!!もちろん全裸ですよ?

紬「///そ そんな…」




60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 02:12:34.64 ID:hhnwdaYEO


純「まだかな まだかなー♪」

梓「ねえ純…もうやめよ?ムギ先輩かわいそうだし…流石に動画はないよ」

純「あ?そうかなー?なんか今ならどんな事でもやってくれそうだし…そもそも自業自得じゃん?」

梓「う だけど…」

純「て メールきたよ!!ふふ動画も添付されてますぜ?」

梓「……」





61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 02:20:59.90 ID:hhnwdaYEO


紬『グス…あ 梓ちゃん…ご ごめんなさい…お願いだから…グス…これで…許し…て…は 恥ずかしい…///』

純「あ゙…は 鼻血…」

梓「む ムギ先輩…」

純「じゃ じゃあ 次!次は…あっ!?」

梓「もうおしまいっ!ムギ先輩ももう反省してるよ!」

純「いーもん いーもん!PC借りるよー」





65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 02:33:15.07 ID:hhnwdaYEO


紬「…グス…わ 私が悪いから…グス…」

紬「あ メール…てPCから…梓ちゃん…ゆ 許してくれたかしら?」

3/8 19:44
from:梓ちゃん
本文:今度はですね。ムギ先輩のオナニー画像下さい。そうしたら許してあげますです。

紬「えっ…そ そんな…」

紬「で でも…それで…許してくれるなら…グス」

プルルルル… プルルルル
紬「…電話? あ 梓ちゃん?」




67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 02:37:46.96 ID:hhnwdaYEO


紬「も もしもし?」

梓『…あ 梓です』

紬「あ ごめんなさい…ちょっとしたイタズラのつもりだったの…ごめん…なさい…う…」

梓『…全部…冗談なんですか?』

紬「う うん…ご ごめんなさい…グス…以前ネットで安価でメールしてて…面白そうだったから…」

梓「………」




68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 02:46:47.32 ID:hhnwdaYEO


梓『…とても…残念です』

紬「うう…ご ごめんなさい…グス」

梓『…さっきからメール送ってるの純なんですよ』

紬「えっ!?」

梓 『たまたま純が遊びに来て…ムギ先輩が安価メールで遊んでいるって見破って …』

紬「そ そうなんだ…」ホ…

梓『………』




69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 02:52:27.57 ID:hhnwdaYEO


梓『…なんで…ほっとするんですか?』

紬「え?」

梓『なんで!私がムギ先輩の好きって事も!冗談にするんですかっ!!』

紬「梓…ちゃん…」

梓『う…うう…ムギ先輩が…全裸画像とか送ってきた時…スゴく嫌でした…』

紬「……」

梓『グス…私は…中野梓は…ムギ先輩の事好きですっ!!』

紬「…梓ちゃん…」




71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 02:57:32.84 ID:hhnwdaYEO


紬「本気…なの?」

梓『本気です!』

紬「…ありがとう 梓ちゃん」

梓『!じゃ じゃあ…』

紬「うん…こんな私で良ければ…よろしくお願いします」

梓『は はいっ!』

紬「ふふふ」

梓『えへへ』




74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 03:05:13.85 ID:hhnwdaYEO


純「ムーギ先輩のおっぱいマシュマロおっぱーい♪マシュマロおぱいは夢いっぱーい♪」

純「まだかなー?ムギ先輩のオナニー動画まだかなー?」

純「て キタ━━(゚∀゚)━━!!」

3/8 21:07
from:ムギ先輩
本文:遅くなってごめんなさい。スゴく恥ずかしいけど、これで許して下さい。

純「早く早く早く早くムギニー動画早く!うへ うへへ…」
カチカチ ターンッ!!




77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 03:12:51.37 ID:hhnwdaYEO


斎藤『はいいいいいいいぃぃっ!!!はあはあはあはあ…ぐおおぉぉぉぉおおおっ!!!』

純「え?」

斎藤『ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!出ます出ます出ます出ますっ!!』

純「」

斎藤『んんああんおおんいいんんんっ…あああああぁぁぁぁっ!!!行きますよおおおおぉぉぉっ!!!!!』

どップァあーっ!!!

純「」ポテ…

おわる




87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 03:45:03.54 ID:hhnwdaYEO


後日

律「ふいー…ムギーお茶しよーぜー」

澪「おいおい…さっき休憩したばっかりだろ?」

梓「澪先輩の言うとおりですよ!せめてあと1曲合わせましょうよ」

紬「ふふ じゃあ紅茶いれるわね」

梓「何やってるんですか?早く席に座って下さい」

律「早っ!!」





88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 03:48:04.69 ID:hhnwdaYEO


律「……」チョイーン

澪「……」チョイーン

唯「……」チョイーン

梓「♪」デデーン

律「…あからさまじゃね?」

梓「んん!おいふいれふっ!」モグモグ

紬「あらあら♪梓ちゃんほっぺにクリームついてるわ」




91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 03:51:22.30 ID:hhnwdaYEO


梓「えっ!?///ど どこですか?」

紬「ふふ…じっとして…」

梓「あ…///」

チュ ペロ…

紬「はい!とれたわ」

梓「あ ありがとうございます…」

唯「…最近ムギちゃんとあずにゃん仲いいねー」





96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 04:29:22.77 ID:hhnwdaYEO


律「仲いい…というより…どうみてもそういう関係だろ」

唯「ほへ?」

梓「///な なな 何いってるんですか?ふ ふつーですよ?ふつー」

澪「そんなに力一杯否定しなくてもいいだろ?」

律「そうそう まあムギと梓てちょっと意外だけどな。な?」

紬「そ そうかな///」

律「お互い何て呼び合ってるんだ?」





97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 04:34:53.44 ID:hhnwdaYEO


紬「わ 私は 梓ちゃん て…」

梓「む む ムギ先輩ですよ?何か問題でも?」

澪(二人ともむっちゃ動揺してる…)

律「ほんとうかあ~?」ニヤニヤ

唯「やっぱりあずにゃんはあずにゃんだったりするの?」

紬「…ちょっとだけ///」

唯「ほっほー」ニヤニヤ

律「梓は?」

梓「にえっ!?」




98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 04:40:43.30 ID:hhnwdaYEO


唯「しーりたーいなぁ~」

梓「う…」

律「ほれほれ白状してしまえ」

梓「///……ゃん…」

澪「ん?」

梓「//……つ むぎ…おねえちゃん…て…///」カァ

澪「普通だな…普通だけど…なんかいいな//」

律「いやー若いっていいですな唯隊員」

唯「ですなー律ちゃん隊員」





101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 05:08:48.09 ID:hhnwdaYEO


律「それで…お互いチューは済ませたのかね?」

澪「」ピク

梓「な そんなの…ノーコメントです…」

澪「ほう…肯定もしないが否定もしないと?」

律(…急に興味持ち出したな)

紬「///えっと…まあ…///」

唯「えへへ Hくらいはしてるよね?」




102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 05:16:11.74 ID:hhnwdaYEO


梓「!!まだです!この間やっとキスしたばっかりなのにっ!!」

紬「///あ あずにゃ…///」

梓「え?……あっ!!… ごめ…つむぎおねえちゃん…」

紬「ううん///」

澪「そ それで?どどど どんな シ シ シチュエーションだったんだ?」

律(ちょ 落ち着けww)

梓「は 話さないとダメ ですか?」チラ…

紬「///仕方ないよね」





117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 09:36:06.25 ID:hhnwdaYEO


紬「…寒くなってきたね」

梓「はい…」

紬「………」

梓「…あ あの!」

紬「ん?なあに?」

梓「…手…握っても…いいですか?」

紬「クス…もちろん!はい」

ギュ
梓「わあ…つむぎおねえちゃんの手…あったかい…」




118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 09:41:06.61 ID:hhnwdaYEO


紬「うん…」ショボン

梓「あ…ど どうしたんですか?」

紬「うん…手のあったかい人は心が冷たいって言うじゃない?」

梓「……」

紬「私は…心が冷たいのかなって…」

梓「そんな事ないですっ!!」

紬「あ あずにゃん?」




119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 09:46:31.66 ID:hhnwdaYEO


梓「私は今つむぎおねえちゃんの、あったかい手を繋げて幸せです!」

紬「う うん」

梓「そんなふうに私を幸せに出来る、つむぎおねえちゃんの心が冷たいはずないですっ!!」

紬「…あずにゃん…」

梓「つむぎ…おねえちゃ…わっ!?」

紬「…あずにゃんのほっぺ…こんなに冷えて…あったかい?」

梓「ふにゃ…あったかい…です///」




121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 09:57:20.57 ID:hhnwdaYEO


梓(わあ…顔近いよ…///)

梓(…やっぱり…綺麗だな…ドキドキするよ)

紬「…あずにゃん…顔赤いよ?」

梓「あ 当たり前です///つ つむぎおねえちゃんの顔がこんなに近くにあったら…ドキドキ…します…///」

紬「うふふ…じゃあもっと近づいたら、もっと赤くなっちゃうかなー?」グッ

梓(うわっ!? わ わ?つむぎおねえちゃんの顔が…目が…唇が…こんな 近くに…///い、いいにおい…)

梓「く くちび…ん…」

紬「ん……はあ…うふふ///しちゃったね…」

梓「ふ ふぁい///」




122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 10:01:24.54 ID:hhnwdaYEO


梓「……て、いうのが…///」

紬「は 恥ずかしいわ~///」

律「ゆいっ!!」

唯「りっちゃん!!」

律唯『いやっほぉーい♪』パシンッ!

澪「…なんだお前らの、そのテンション」

唯「で?で?」

梓「な なにがですか!?」




145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 17:52:18.11 ID:hhnwdaYEO


紬「えっと あとはね…」

澪(話す気まんまんだ…)

紬「私あずにゃんにギターを教えてもらってるのね」

梓「は 話すの///」

澪(そして梓も満更でないようだ)

唯「ギターの話しはまず私に話すのが筋だよねっ!!」

律「聞こうじゃないか」ズイ




163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 23:20:50.34 ID:hhnwdaYEO



紬「…ふぅ…ど どうかな?」

パチパチパチパチ
梓「すごいですよ!短い期間でここまで上達するなんて!」

紬「そ そう?///」

梓「あとはギターソロのとこコード押さえられたら完璧です!」

紬「え えーっと…」

梓「あ ちょっとギター持ってて下さいね…」

紬「あ…」




165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 23:25:26.43 ID:hhnwdaYEO


梓「この指が…こう…」スス…

紬「う うん…」

梓「……///」

紬「…あずにゃん?」

梓「…いい…においです…」

紬「……あ」

梓「つむぎ…おねえちゃん…」キュ…

紬「どうしたの?」

梓「もう少しだけ…///」

紬「…うん///」






168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 23:30:51.62 ID:hhnwdaYEO


律「ほほう…」

唯「キュってするのいいよね!私も憂にキュってするとあったか あったかだからわかるよ!」

澪「梓は甘えん坊なんだな」クス

梓「うぅ…///」

紬「ふふ…そうかも…この間もね…」





169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 23:36:04.39 ID:hhnwdaYEO



梓「……」チラチラ…

紬「ん?」

梓「あっ!あ いや なんでもないです…」

紬「?」

梓「…ぁあ…なんか冷えますね」チラチラ

紬「3月になっても寒いもんね」

梓「そ そうですねー さ 寒いなー」

紬「どうしたの?」




170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 23:40:22.49 ID:hhnwdaYEO


梓「…つむぎおねえちゃんのマフラー…長いよね」

紬「え?あ そうかも…それで?」

梓「…な なんでもないですっ!」

紬「………」

梓「は 早く帰りましょう!冷えてきましたよ」

シュルシュル…
紬「えいっ!」

フワ
梓「あ…」




172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 23:46:03.75 ID:hhnwdaYEO


紬「…そうだよね…せっかく長いんだから2人でね」

梓「///…でも…」

紬「ん?」

梓「…私身長低いから…少し歩きにくいね…」

紬「…そうだね」

梓「う……ご ごめんなさい…グス」

紬「歩きにくいから…ゆっくり…時間かけて2人で帰りましょう」

梓「あ……は…はい///」





173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 23:53:17.10 ID:hhnwdaYEO


律「なんか…はずかゆいな///」

梓「な、なにがですか!…いいじゃないですか別に…」

澪「いや 全然ありだろ」キリッ

唯「そういえばムギちゃん、たまにあずにゃんにお弁当作ってきてるんでしょ?」

紬「えっ!?唯ちゃん何で知ってるの?」

唯「ふふん あずにゃんのクラスには私の妹がいるのをお忘れかな?」

梓「う…憂か」

唯「えへへ…憂の話しだとね…」




175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 00:01:21.59 ID:gV5k2iL9O



憂「梓ちゃん 一緒にお弁当食べよ」

梓「うん」

純「おお!?今日のお弁当がショボいぞ?ぐぬぬ…お母さんめ…」

憂「あはは 作ってくれるんだから有りがたく思わなくちゃ」

純「…2人とも…美味しそうなオカズがちらほら見えるんだが…」

憂「一品どうぞ♪」

純「ありがとー!」

梓「……」




176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 00:06:31.84 ID:gV5k2iL9O


純「……」

梓「…な…何?」

純「梓は?『一品どうぞ♪』てないの?」

梓「な ないよ…」

純「なんでさ!ひもじい友達にオカズ恵んでくれてもいいじゃん!」

梓「…今日はダメ」

純「なんだ今日はって」

梓「///だ ダメな物はダメなの!あきらめてよ」




178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 00:10:10.95 ID:gV5k2iL9O


純「むう…」

梓「……」フイ

純「あっ!ムギ先輩っ!」

梓「えっ!?」

純「スキありっ!」
ヒョイ パク

梓「ああーーーーっ!!!」

純「お おいひいっ!!…て、あ あれ?」




180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 00:15:44.02 ID:gV5k2iL9O


梓「うう…ぐす…ひ ひどいよ…グス…」

憂「あ 梓ちゃん?」

純「ちょ ちょっと!オカズ食べたくらいで泣く事ないじゃん!!」

梓「つむ…ムギ先輩が…せっかく…グス…作ってくれたのに…グス…」

純(あ あちゃー)

梓「ふ…うわああぁん…グス…」

憂「純ちゃん!梓ちゃんに謝って!!」ガタ

純「ご ごめんちゃい…」





196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 05:48:24.31 ID:gV5k2iL9O


律「小学生かよ」

梓「だって!つむぎおねえちゃんが作ってくれたお弁当を純が…!」

紬「ありがとう…でもね?それで純ちゃんと仲悪くなっちゃうのはやだな」

梓「で でも」

紬「ね?」

梓「…うん…わかった」

唯「ほえほえ」




197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 05:54:42.83 ID:gV5k2iL9O


律「しかしあれだな…恋人…つうより仲の良い姉妹て感じだな」

唯「そうだねー」

梓「姉妹じゃないです!ちゃんと付き合ってますよ! ね つむぎおねえちゃん?」

紬「ええ そうよ」

澪(………)

律「かぁ…!やってらんね!ラブラブでよござんしたね」

唯「何かあくどいよ?りっちゃん…」




198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 05:59:58.08 ID:gV5k2iL9O


帰り道

梓「全く!律先輩と唯先輩は…」プリプリ

紬「うん…でもね?私はみんなに私達の事聞いて貰えてよかったって思ってるの…」
梓「?つむぎおねえちゃ…わ!?」

ギュ
紬「………」

梓「ど どうしたんですか?」

紬「…ね あずにゃん…」

梓「なんですか?」




199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 06:07:47.40 ID:gV5k2iL9O


紬「私の冗談から始まって…あずにゃんが想いを打ち明けてくれて…」

梓「はい!私はつむぎおねえちゃん大好きです」

紬「…うん…私もよ」

梓「ど どうしたんですか?」

紬「ううん…大丈夫…」ニコ

ギュ
紬「あずにゃん 大好きよ…」





200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 06:17:07.02 ID:gV5k2iL9O


梓「…つむぎ…おねえちゃん…」グス

梓「あ あれ?やだな…な なんで泣いてるんだろ私…えへへ…ご ごめんなさい」

紬「そんなに不安にならないでも大丈夫だから…ね?」

梓「う うん…ん…!」

紬「ん……ふふ…2回目ね」

梓「は はい///」フニャン

純「あれー?あずさー?」





201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 06:22:11.78 ID:gV5k2iL9O


梓「ふぇあっ!!!じ 純!?///」

純「何をそんなにあわててんの?あ ムギ先輩こんばんは」

紬「ニコ こんばんは純ちゃん…じゃあ あずにゃんまた明日ね」バイバイ

梓「あ …はい また明日…ムギ先輩…」

純「ありゃ私お邪魔だったかにゃー?」

梓「…そう思うなら空気読んでよ…」




202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 06:41:02.36 ID:gV5k2iL9O


純「ふーん…」

梓「な 何?」

純「いや 本当にムギ先輩と付き合ってるんだと思ってね」

純「ムギ先輩とのキスはどんなだった?」ニヤニヤ

梓「み 見てたの?//」カァ

純「一部始終」ニヤニヤ

梓「うわあっ///は 恥ずかしいっ…!!」




205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 06:48:41.67 ID:gV5k2iL9O


純「アンタあずにゃんて呼ばれてるんだ?」

梓「もう!純には関係ないじゃんっ!!」

純「怒らないでよ あずにゃん」

梓「か 帰る…」フイ

純「まあまあまあまあ…ちょっとまちな 中野さん」





206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 06:53:02.04 ID:gV5k2iL9O


梓「…なに中野さんて」

純「んー…中野さんじゃなければ…あずささん」

梓「な…何を言ってんの?」

純「分からないんだ?まあ私には関係ないけどねー」

梓「ちょ ちょっと…」

純「おーっと!私買い物の途中だったんだ!またね あずにゃん」タタタ

梓「…何なのよ」




207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 06:57:18.35 ID:gV5k2iL9O


-放課後-

梓「こんにちはー…」キョロ

澪「ああ 梓…ムギは少し遅れるぞ?」

梓「///あ あ そ そうですか」

澪「………なあ 梓?」

梓「はい?なんですか?」

澪「ムギの事…どう思う?」




220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 12:15:23.12 ID:gV5k2iL9O


梓「え?…どう思うって…好きです。大好きですよ」

澪「ごめん…聞きたいのはそういう事じゃないんだ」

梓「なんですか 一体」イライラ

澪「もっと簡単な質問に変えるよ…梓はムギと付き合ってどう感じてる?」

梓「ムギ先輩と付き合って?」




221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 12:22:25.64 ID:gV5k2iL9O


澪「うん」

梓「そんなの…綺麗で、優しくて、たまに抜けてるところがあるけど、そこがかわいくて…」

澪「…それで?」

梓「今の自分にとって、とても大切な人ですよ」

澪「それは恋人とし…

ガラ…
梓「あっ!つむぎおねえちゃん!」

紬「ニコ あずにゃん!」

澪(………)




223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 12:27:02.89 ID:gV5k2iL9O


帰り道

梓「…そういえば今日ね…澪先輩がおかしな事聞いてきたんですよ」

紬「ああ…そういえば部活に2人でいたよね」

紬「どんな事聞かれたの?」

梓「『ムギの事どう思っているか』て…」
紬「!」ピク

梓「おかしな質問ですよね?そんなの聞くまでもないのに…」




225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 12:32:57.25 ID:gV5k2iL9O


紬「…それで…」

梓「え…?」

紬「それであずにゃんは…何て答えたの?」

梓「…好きです。大切な人だって答えました」

紬「…そう」

梓「…なんでですか?」

紬「えっ!?」

梓「つむぎおねえちゃんも!純も!澪先輩も!私はつむぎおねえちゃんが大好きだもん!嘘じゃないよっ!!」

紬「……」




226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 12:38:12.39 ID:gV5k2iL9O


紬「…私ね、ずっと思っていた事があるの…でも、それを口に出してしまうと、今の幸せが一編に無くなりそうで怖かったから…」

梓「…話して下さい。無くなったりしないです。絶対…」

紬「うん…」

紬「そもそも最初は私の冗談から始まりました」

梓「…はい」




228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 12:55:09.75 ID:gV5k2iL9O


紬「すごく後悔したわ…なんであずにゃんにこんな事してしまったんだろう て…」

紬「あんな事で、あずにゃんの事好きってメールした時、本当に後悔した…」

梓「私は…内心嬉しかったですよ?…あとで純から安価メールで遊んでるって教えられた時、がっかりしましたけど…」

紬「ごめんなさい…」

梓「それはもう気にしてません…話を続けて下さい」

紬「…うん」




229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:03:48.58 ID:gV5k2iL9O


紬「そんなきっかけだから…もしかして、あずにゃんは迷惑なんじゃないかって…」

梓「迷惑だなんて思ってないですよ!!つむぎおねえちゃんが世界で一番好きです!」

紬「…それは…お姉ちゃんとして?」

梓「!」

紬「それとも恋人として?」

紬「…お…お願い…答えて…グス…」ポロポロ

梓「……」





231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:09:18.87 ID:gV5k2iL9O


梓「…裸の画像や動画を送ってきましたよね?あれは何でなんですか?」

紬「あれはっ!…あんな事であずにゃんが許してくれるなら…は 恥ずかしかったけど…」

梓(………)

紬(…話ちゃった…どうしょう…あずにゃんの顔見れない…)ギュ

梓「…バカですね」

紬「! あ、あずにゃ…きゃっ!?」




232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:15:04.43 ID:gV5k2iL9O


ギュ…
梓「不安だったんですね…あんなきっかけで…私が『おねえちゃん』て呼ぶのも不安要素でしたか?」

紬「う うん…お姉ちゃんなら…私じゃ…グス…なくてもって…」

梓「本当にバカです…誰でもいいわけないじゃないですか…」

紬「う うん…グス…ごめ…ごめん…なさい…ごめんなさいっ…!!」

梓「よしよし いーこ いーこ…」





234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:27:23.21 ID:gV5k2iL9O


律「ふーん…そんな事がねー」

唯「前より仲良くなったよねー!よかった よかった」

澪(…ほんと良かった…ムギ…梓…)

唯「…そういえばムギちゃん」

紬「なあに?」

唯「あずにゃんの事『あずさ』て呼ぶようになったよね?」

紬「うん!誰かの二番煎じじゃなくて…私がそう呼びたいように…」

律「ふふ いいんじゃないか?」




235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:30:25.69 ID:gV5k2iL9O


梓「こんにちは!遅くなりました!」

律「お?噂をすればなんとやら」

梓「はい?」

紬「ふふふ」

唯「ねえねえ!あずにゃん あずにゃん」

梓「なんですか?」





236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:36:33.55 ID:gV5k2iL9O


唯「あずにゃんはムギちゃんの事なんて呼んでるの?」

梓「にゃっ!?ゆ 唯先輩には関係ないじゃないですかっ!!」

唯「えー おしえてよー」

梓「うう…///」チラ

紬(うふふ)ニコニコ

梓「…が 学校ではムギ先輩です…2人でいる時は…」

唯律澪『2人でいる時は?』

ニコ
梓「…『つむぎ』です///」




240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:50:51.54 ID:gV5k2iL9O


澪「何で呼び捨てなんだ?」

梓「う 敬ってないわけじゃないですよ?私がこう呼びたいって思ったから…///」

律「へえ…」ニヤニヤ

梓「うぅ///」

唯「『呼び方で 距離が縮まる 恋の道』てね♪えへへ…」

澪「…なんだそれ?」

梓「…気持ち悪いです」

律「うん…ちょっとないな…」

唯「……」




242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:54:17.80 ID:gV5k2iL9O



紬「じゃあ みんな揃ったし…ティータイム始めましょ?手伝って あずさ」

梓「はい ムギ先輩」

紬「ふふ…けいおん部のみんなの前なら普段通りでいいんじゃない?」

梓「あ…」

紬「ね? あずさ」

梓「…うん!」

「つむぎ 大好きです!」


今度こそおわり


元スレ
紬「暇ねえ…ね?律」