1: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/10(水)19:52:51 ID:bajO

由愛とあかりとちとせの、誕生日SSを語る別の何かです

こちら、直接的なえちちなシーンを含む独自の内容がありますのでよろしくお願いします



2: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/10(水)20:03:15 ID:bajO

由愛(それは誕生日の……一つ大人になった日の夜)

(Pさんと愛し合った後のこと)

「はぁっ、はぁ──ッ、──っ……はァ────っ……」

由愛P(以下P)「はっ…はぁ────、はぁっ──ッ……」

由愛「んんっ────……ッ……うぅっ────」

(まだ身体は余韻に浸っていて、頭からふわふわとした感覚が……まるで波に飲まれそうな船に乗っている気分だった)

(Pさんも、私の横で荒い息をしながら……私の頭をなでてくれている)

由愛「んっ…………えへへっ」

(疲れ果て、腕すら上がらない状態だったが、私の身体をPさんの身体がすべてを支えてくれているようで嬉しかった)

「はぁ、はァ──……」

(私はまだ荒い息のまま、彼の胸元へ頭を寄せる……)

「……ありがとう……ございます……」



「…………誕生日に…………わがままを聞いて……くれて……」



3: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/10(水)20:11:04 ID:bajO

由愛(すると、Pさんはまるで洗うかのように私の頭をくしゃくしゃってする)

「ふぁっ……あ、な、何……?」



P「……ん……っ────」

「そんなこと気にしていたのか……?」

由愛(そんなことを言いつつ、私の額の髪の毛をたくし上げ)





P「由愛が好きだから……愛おしく感じるから愛した……それだけじゃダメなのか?」

由愛(そんな言葉を聞き、安堵で頬が緩む)

「えへ……へへ……」

「……私も……大好きです……」

「えっと……このまま……朝まで……いても」



(最後まで言い切る前に、Pさんは態度で……私を抱き寄せる形で返す)



(嬉しい……)

(彼と一つになっていた余韻を……)

(私はいつまでも味わいたくて……)

「はぁ……はぁ……」



「……ん……ぅ……」

chu!



(口付けで御礼を返す)



4: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/10(水)20:12:45 ID:bajO

由愛(私はそのまま────)

「………………」

(幸せな……眠りへと……)

「…………」







(落ちていった……)



5: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/10(水)20:23:46 ID:bajO











由愛(……ふと、夜中に目覚めた)

(手には大きな身体……胸元には大きな背中……)

(目を開けると、Pさんの……私の一番好きな人の後頭部が見える)

「ぁ……ん……」



(さっきまでの激しい行為の疲れもあり、深い眠りに入っているのだろう……)

(多少、手に力を入れたぐらいでは起きそうになかった……)

(だから……)

「ん……っ────」

(その背中に身体を重ねる……)

(行為の後、そのまま寝てしまったため、二人とも全裸のままだったので余計に彼を感じる……)

(少し育った胸から伝わってくる彼の熱……)

(ドクンドクンと脈を打つ心音……)

(そのすべてが)



(私を……更なる深い眠りへと落としていく……)



「………………」

「…………」

「……」



(………………幸せです……)



6: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/10(水)20:28:13 ID:bajO

~~~~~~~~~~~~ホワンホワン



由愛「って…………えへへ」

あかり「はぇ~~ロマンチックんご」

千枝「由愛さん、すっごい大人です!」

「千枝、Pさんとは一回しかホテルで泊まったことないから……」

由愛「千枝ちゃんは……年齢があるし……」

「あと、初めて夜明けのコーヒーっていうのをPさんに入れてもらって飲んだんだ」

千枝「ふぇぇ……千枝、まだカフェオレしか飲めません!」





あかり「……」

「…………よしっ!」

(私も……誕生日に……)



7: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/10(水)20:47:14 ID:bajO

──11月5日いいりんごの日

つ【https://twitter.com/pref_yamagata/status/1456365942489899019



あかり「や、山形県から、いいりんごの日ということでツイートしてもらったんご!!」

あかりP(以下P)「よかったな、あかり」

あかり「これもすべてPさんのおかげです!」

「……そんなPさんには……」モジモジ









「あかりんごを……食べて欲しいな……」



8: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/10(水)20:51:13 ID:bajO





あかり「ん……?」

「あ……そのまま寝ていたんだ……」

「……Pさん」



スッ

「暖かい……」

「鼓動が伝わって……」

「あ、あれ……?」

「な、なんか身体が熱くなってきたと?!」

「わ、うわ……Pさんの身体にくっついてるだけなのに……」

「心の底からポカポカして……」



「アツアツの焼きりんごを食べたときみたいんご!(///)」ジタバタ



9: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/10(水)20:57:11 ID:bajO

~~~~~~~~~~~~ホワンホワン



あかり「というわけで、心も身体も満たされた気分だったんご」

美里「……」

マキノ「……」

あかり「あ、あれ……?二人ともどうしたんご?」





加奈「彼氏持ちは、一人孀の辛さをわかってくれないからなぁ」ズーッズーッ

マキノ「誰もそこまで言ってないのだけど?」

美里「加奈ちゃんだっていないでしょうに……」

加奈「うぐっ!」

あかり「まぁまぁ、不毛な争いは止めるんご」



三人『お前が言うな!』

あかり「んごっ!?」



10: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/10(水)20:58:28 ID:bajO

トモカクー

ンゴーッ







?「……」



12: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/11(木)00:18:11 ID:PKrl

──11月6日知恵の日





??「今日もお疲れ様だったな。最高のバースデーライブだったぞ」

??「当然だよ。一々褒めるお兄ちゃんが変なんだよ」

??「そうか?それより誕生日だし、またホットケーキの店にでも行くか?」

??(来たッ)







??「それよりも……」

??「……桃子、お兄ちゃんのおうちに行きたいな」



13: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/11(木)00:21:17 ID:PKrl





??「zzz……」

??「ふふっ、よく寝てる……さすが一ノ瀬印の睡眠薬だね」

??「……ベッドまで連れてって」



ゴソゴソ

??「zzz……」

??「よしっ……」





??「あと、桃子も……ぬ、脱いで……」



14: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/11(木)00:24:32 ID:PKrl

スッ

??「お邪魔します……」



??(うわぁ……思ったより、お兄ちゃんの背中っておっきいよ……)

??(……)

ピトッ



??(わ、わ、わ……)

??(すごいドキドキする……)

??(……チラッ)



ストーン

??(……くっ)

??(大人になったら、大きくなるんだからっ!)

??(それまで待っててね……お兄ちゃん)



15: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/11(木)00:26:28 ID:PKrl







ちとせ「というわけで、誕生日には添い寝を要求するわ」

べるべっとP(以下P)「は?」

千夜「いけません、お嬢様!」





ちとせ「なぁに、千夜ちゃんは反対するのー?」ブーブー

千夜「いえ、そうでなく……」



17: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/11(木)00:39:21 ID:PKrl













千夜「いくら……ゴニョゴニョの後とはいえ、裸で寝るのは……」

ちとせ「あ、そっち?」

「大丈夫よ……だって」





「恋するアンドロイドは「まってちがう!!」





HAPPY BIRTHDAY

3day

NARUMIYA YUME

5day

TSUJINO AKARI

6day

MANAKA MISATO

SUOU MOMOKO

7day

YAGAMI MAKINO

10day

KUROSAKI CHITOSE

11day

OOISHI IZUMI

AIKAWA CHINATSU

TENKUBASHI TOMOKA

HUKUMARU KOITO



18: ◆Vysj.4B9aySt 21/11/11(木)00:40:36 ID:PKrl

というわけで、桃子の誕生日を間違えたので他で小糸の誕生日SSを作ってきます



では、読んで下さった方へいちごカレーを


元スレ
由愛「city chaser」あかり「misty chaser」ちとせ「lonely chaser」