1: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:25:31.41 ID:ZZ8un9VO.net

短めのかのれんです



3: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:26:24.09 ID:ZZ8un9VO.net

かのん「う~ん、う~ん…」

恋「あれ、かのんさん?お一人ですか?」

かのん「あ、恋ちゃん。うん、ちぃちゃんはバイトで残りの二人もおでかけだって」

恋「そうですか…あ、お隣いいですか?」

かのん「うん、もちろん」



4: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:27:31.07 ID:ZZ8un9VO.net

恋「それでかのんさんは何を?」

かのん「私は作詞だよ…うがあああ!」

恋「な、何やらお困りですか?」

かのん「だってぇ!ラブソングだよ!?何ソレ知らない!!恋愛経験0の私がこんなの出来るわけないじゃ~ん!」



5: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:28:07.04 ID:ZZ8un9VO.net

恋「はぁ」

かのん「はぁって何!?じゃあ恋ちゃんは恋したことあるの!?」

恋「え!?えぇっと、そういうのとは無縁で」

かのん「あー、わかる。恋ちゃんそういう感じだもん」

恋「じゃあなんで聞いたんですか!?」

かのん「名前の漢字は“恋”なのにね」

恋「関係ないです!」



6: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:30:19.10 ID:ZZ8un9VO.net

かのん「あーあ。“スクールアイドルたるもの、ラブソングは必修デス!”って可可ちゃんが急に言い出したかと思ったら…」

恋「可可さんの提案だったのですね」

かのん「そう!なのに、当の可可ちゃんってば…私を放っておいてすみれちゃんとお出かけだよ!?酷くない!?」

恋「まぁ、無責任ではあると言いますか…」

かのん「ちぃちゃんだって、手伝って~って言ったらバイトに逃げちゃうし…いいもん。私よりバイトなんかの方が大切なんだー」



7: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:32:11.78 ID:ZZ8un9VO.net

かのん「ね~え。この際恋ちゃんでいいからさ、恋について何かわかる事ない?」

恋「その様な物言いは腑に落ちませんが…そうですね、“ファーストキスはレモン味”とどこかで聞いた覚えが」

かのん「へぇ~、恋ちゃんがそんな事知ってるなんて意外かも」

恋「私でもそれぐらいの知識はありますよ。あ、でも…」

かのん「でも?」



8: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:33:57.42 ID:ZZ8un9VO.net

恋「なんでレモンなのでしょうか?酸っぱ過ぎませんかね」

かのん「あーわかる。してる途中に顔とか顰めちゃいそう」

恋「ですよねですよね。それで私思ったんです。イチゴだったらもっといいんじゃないでしょうか、って」

かのん「え~、それは恋ちゃんが好きなだけじゃないの」クスクス

恋「なっ、それは…だって、イチゴはとっても甘酸っぱくて美味しいではないですか。絶対レモンより素敵だと思います!」



10: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:34:51.64 ID:ZZ8un9VO.net

かのん「まぁ確かに。これも中々イケるしね」チュー

恋「おや、かのんさんが飲んでるそれって…」

かのん「あぁこれ?コンビニで売ってたの、新作だって」

恋「イチゴ味、ですね」

恋(うぅ、先ほどの話のせいか、変に意識してしまいます…//)

かのん「あれ~?恋ちゃんてば顔赤くしちゃって。もしかして、ファーストキスの話したから意識してるの?」

恋「はい!?べべっ、別にそんなのでは。ただ、イチゴ味が羨ましいなぁとそれだけで」

かのん「ふ~ん。そっかぁ。違うのかぁ」



12: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:40:52.99 ID:ZZ8un9VO.net

かのん「ねぇ、恋ちゃん」

恋「な、なんでしょう?」

かのん「…ファーストキス、してみる?」

恋「…は!?」

かのん「ほら、丁度イチゴのドリンクもあるし。今なら恋ちゃんのお望み通り、イチゴ味のファーストキスが出来るよ?」



13: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:41:38.20 ID:ZZ8un9VO.net

恋「いえいえ!!だって、そういうのは大切な人と」

かのん「えぇ~?私は恋ちゃんの事、大切に思ってるし大好きだよ?」

恋「なっ///」

かのん「ねぇいいじゃ~ん。ちぃちゃんは薄情だし、可可ちゃんもすみれちゃんも私をほったらかしにしてさ~?今私に構ってくれるのは恋ちゃんだけなのぉ」

恋「そう言われましても…そもそも、千砂都さんが薄情というわけではありませんし、可可さんすみれさんだってたまたま不都合というだけで」



14: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:43:35.69 ID:ZZ8un9VO.net

かのん「むぅ…そんなに、私とするのがイヤ?」

恋「えっ」

かのん「そっかぁ~、葉月さんは私の事きらいかぁ~。ショックだなぁ~」

恋「…ヤじゃ」

かのん「聞こえなーい」

恋「いっ…イヤじゃ、ないです!」



15: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:44:43.93 ID:ZZ8un9VO.net

かのん「…ふふ」

恋「かっ、かのんさん」

恋(かのんさんの手が、私の頬に添えられて)

かのん「恋ちゃんってば、真っ赤になっちゃって。可愛いなぁ」

恋「かのんさんこそ…」



16: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:45:24.41 ID:ZZ8un9VO.net

恋(かのんさんが、そっと目を閉じ、口を尖らせます)

かのん「恋ちゃん…」

恋(私もギュッと目を閉じ、やがてかのんさんの吐息を感じる距離になり…)

チュッ



17: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:49:54.44 ID:ZZ8un9VO.net

かのん「ん…」

恋「うぅ///」

かのん「ふぅ…んむ…ちゅ……」

恋(かのんさんの唇、柔らかい…それに甘酸っぱくて)

恋(これが、ファーストキス…)

かのん「ぷはっ」

恋「あ…」



18: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:51:11.00 ID:ZZ8un9VO.net

かのん「ふふっ。どうだった?」

恋「え、えぇと…ちゃんとイチゴの味、でした///」

かのん「えぇ~、それだけ?」クスクス

恋「あ、あととても柔らかかったです!それと、温かくてかのんさんのぬくもりを感じて。それから!」

かのん「なっ、あんま言わないでよ///恥ずかしいじゃん///」

恋「かのんさんが言ったんじゃありませんか!」



19: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:51:50.79 ID:ZZ8un9VO.net

恋「あ、それと…」

かのん「まだあるのぉ?」

恋「みっ」

かのん「み?」

恋「短、かったなぁ、なんて。あはは!私は何を言ってるのでしょうか!」

かのん「っ~~///恋ちゃん!」ガシッ



20: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:53:23.91 ID:ZZ8un9VO.net

恋「ひゃ」

かのん「にっ、2回目もイチゴ味か…確かめてみない?」

恋「えっ…は、はい///」

かのん「…今度は、よく味わおっか」

恋「えぇ、そうですね…ふふっ」

チュッ



21: 名無しで叶える物語 2021/11/21(日) 22:53:55.25 ID:ZZ8un9VO.net

おしまい
ありがとうございました。


元スレ
かのん・恋「いちご味」