4: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:23:52.01 ID:DVzBAg50.net

代行感謝、次からss

生えてる



6: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:24:58.71 ID:DVzBAg50.net

しずく「あの、ごめんなさい……」

侑「いや、そんな頭下げられても困るんだよ、こっちはさ」

しずく「本当に…侑さんには申し訳ない事をしたと思ってます……」

侑「私の大切な物だったんだよ?」

しずく「それは、わたしも分かってます…」






侑「分かってるから何?じゃあ、そのスケベな体でも使って慰めてくれるの?」

しずく「え……え…?」



7: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:25:41.82 ID:DVzBAg50.net

侑「え、じゃないよ。しずくちゃんのせいで、私の人生台無しだよ…」

侑「私がこれに何年かけたか、って知ってるよね?」

しずく「それは…はい……」

侑「じゃあさ、なんで台無しにしたの?」

しずく「それは……」

侑「さっきから説明せずにそればっかり。それだけ言っておいて、しばらく時間が経てば水に流してもらえると思ってる?」

しずく「いや!そういう訳じゃないです…」

侑「すみません、ごめんなさい。それだけ言っておけば済むと思ってるの?」

しずく「えっ…いや、そんな事はありません…」



8: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:26:10.43 ID:DVzBAg50.net

侑「えっ、って何?え、謝ってるからいいでしょって事?」

しずく「いやっ、違っ……」

侑「土下座だよ、土下座。しずくちゃんの誠意を見せてよ」

しずく「あっ…えっ……」

侑「何?頭一つ下げられないの?私の何万時間をパァにして自分は頭一つ下げられ無いの?」

しずく「………いえ…」







しずく「取り返しのつかない事をしました…ごめんなさい」

しずく「私に出来る事なら何でもします、なんでも償います……ですから、すみませんでした…」



9: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:26:30.43 ID:DVzBAg50.net

侑「……しずくちゃんは今、何でもするって言ったよね」

しずく「はい…言いました」

侑「でもさ、何しても私の物は返って来ないんだよね。それ、私に何のメリットがあるの?」

しずく「それは…私の出来ることで埋め合わせが出来るまで、何でもします…勿論、侑さんの気が済むまで」

侑「ふうん…何でも…ね」






侑「………」モニュ

しずく「ひゃっ!…あ、いやっ…ちょっ…そういうのは…その…困ります……」

侑「は?」



10: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:26:46.95 ID:DVzBAg50.net

侑「困る…?あのさあ…」

しずく「あ、あの……」

侑「あのねしずくちゃん、困ってるのはこっちなんだよ」

侑「こっちはね、大事なものを失ったの。それも自分じゃなくて人のせいで!」

しずく「はい…」

侑「しずくちゃんが胸を掴まれてなにか失った?」

しずく「いや…それは……」

侑「その制服の下で確かに主張してる双丘を掴まれて、何か損した?ねえ!」



11: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:29:47.82 ID:DVzBAg50.net

侑「脱いでよ」

しずく「え…いや、それは……」

侑「何?しずくちゃんの何でもするって、自分のしたい事だけするって事なの?」

しずく「そういう訳では…ないです、でも……」

侑「なんでもするって言って、やりたいかやりたくないか選んでるの、おかしいと思わない?」

しずく「それは……」

しずく「…………その通りです」

侑「だったらさ、ほらさっさと脱いでよ」






しずく「うぅ……」シュル

侑「下着も、全部だよ」

しずく「……はい」パサ



12: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:31:26.94 ID:DVzBAg50.net

侑「で、脱いだだけ?謝りに来たんだよね?」

侑「頭下げて、早く」

しずく「ひっ、ぐすっ……本当に、申し訳ありませんでした……」

侑「こんな部室で全裸で土下座してさ、恥ずかしいねしずくちゃん」

侑「そうだ、恥ずかしいついでに制服外に投げちゃおっか。裸で帰る事になっちゃうことになるけど」

しずく「イヤっ…!先輩それは!」

侑「ウソウソ、いじわるしたい訳じゃないからね。それはしないよ」





侑「まあでも、どうするかはしずくちゃん次第だけどね」

侑「なんでもしていいって言ったから、私はしずくちゃんでやりきれない気持ちをを発散してる訳だし…私が心休まらなかったら、さっきのもしちゃうかもね」

しずく「そんな……」



13: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:33:18.43 ID:DVzBAg50.net

侑「しずくちゃん、背中きれい」ツー

しずく「ひうっ……あ……」

侑「お尻もシミ一つないし……まさにアイドルって体だね」モニュ

しずく「あ、あの……」





侑「それと、その下も……」ツプ

しずく「ひうっ♡……先輩、イヤっ…それは…あっ……」

侑「何?イヤな事だった?やりたくない事だった?」

しずく「あっ…あ…イヤっ……」

侑「でもね、何でもするのはしずくちゃんが言った事だからね~ちゃんと責任取らないと」クチクチ

しずく「うっ……やぁ…いぅっ♡…ぐすっ……」



14: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:34:30.97 ID:DVzBAg50.net

しずく「ぐすっ…ひっ……あぁ…んっ♡……」

侑「土下座でお股弄られて必死に耐えてるの、哀れで可愛いね♡ちょっと心が晴れたかも」クチ

しずく「んっぐ…ごめん……なさい……あ♡……ぐすっ……」

侑「ほら、下の口で咥えながらおねだりしなよ」クチクチクチ

しずく「あっ♡……ゆるし…んっ♡…て……ひぐっ…ください……」

侑「ほら、しっかり。謝ってる途中で先輩の指を咥えて濡らす淫乱なんでしょ?」

しずく「やっ…ちがっ……んっ♡」

侑「別に怒ったりしないよ?しずくちゃんは、謝りながら指で弄られて気持ちよくなるような人間なんだもんねー♡」






侑「よっと……」ヌポ

しずく「ひうっ…」

侑「うわっ、肌が白いから濡れてる場所がハッキリと分かるね。お股の周りがテカテカしてる」

しずく「ひぐっ……ぐすっ…ごめんなさい…ごめんなさい……」

侑「うわ、手もびしょびしょだ……」



16: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:37:31.99 ID:DVzBAg50.net

侑「次、何すればいいか…分かる?」

しずく「ぐすっ…ぐすっ……ごめんなさい…ごめんなさい……」

侑「もー…泣いてたら分からないでしょ!じゃあしょうがないからヒント、ズボン脱いであげる」

しずく「ひぐっ…いやっ…でも、それは…」

侑「流石に高校生なんだし、しずくちゃんも何したらいいか分かるよね?」

侑「ほら、自分でパンツ下して。ちゃんと準備するんだよ」

しずく「…グスッ……はい」



18: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:40:29.04 ID:DVzBAg50.net

しずく「ぐすっ…うぅ……」シコ

侑「そうそう、ちゃんと奉仕してね」

しずく「…………」

侑「このままだと、その濡れたお股で奉仕してもらうよ?」

しずく「え…あ、イヤ……それだけは……」

侑「だって、上手く奉仕出来ないんだよね?だったらその無駄にグチュグチュにしたおまんこを使わせて貰うよ」

しずく「え…あ……」

侑「どうするの?」

しずく「ごめんなさい…侑さん、それだけは…!」

侑「でも、何でもするんだよね?」

しずく「他のことだったら何でもします…でも、それだけはどうか…」








しずく「土下座でも、服を投げてもいいです…でも、それだけはどうか…お願いします」

侑「分かった……じゃあ本番は無し。それと、私が一回出したら終わりにするね」

侑「どんな事でも、一回出したら終わり。それ以上しずくちゃんに要求はしない」

侑「それでどう?しずくちゃん」

しずく「はい、ありがとうございます……」



19: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:42:29.66 ID:DVzBAg50.net

侑「じゃあしっかり奉仕してよ」

しずく「……はい」シコ

侑「ほら、カマトトぶって手で弄ってないで。口に咥えて」

しずく「え…くわえ…て?」

侑「何?やっぱり何でもは出来ないの?はぁ…そっか…じゃあしょうがないね……」

しずく「いやっ…待ってください!出来ます!」







しずく「んむっ…んっ…♡…うぇっ…ぐぽ……んむっ…」

侑「いいよ、しずくちゃん…上手に出来てるよ」

しずく「ふぁい…んっぐ、んちゅ……ちゅ…れろ…♡」

侑「あはっ…そんな竿にちゅーして一生懸命ご奉仕して、かわいいね♡」



20: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:44:39.82 ID:DVzBAg50.net

侑「ほらっ、お願いしないと精子出ないよ?ちゃんとお願いして?」

しずく「んっぐ……せーし、だしてくだふぁい……んぐっ…♡」

侑「お願いします、でしょ?それともお腹の中に出して欲しい?」

しずく「んぐっ……んちゅ♡……おねがい、します…くちのなかにせーしだして下さい…」

侑「ふふっ…奉仕させられて、精子おねだりして…かわいいよ♡しずくちゃん♡」

しずく「んっぐ…んむっ…あむっ♡んっ……♡」

侑「がんばらないと犯されちゃうもんね♡必死になっておちんちんしゃぶってるのかわいいよ♡」



21: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:46:44.24 ID:DVzBAg50.net

侑「しずくちゃん、口でするのは一端やめてくれる?」

しずく「んむっ♡……ふぁい……ぷはっ…けほっ」

侑「じゃあ、机の上で股開いて?」

しずく「え、あ…あっ…そんな…だって…!さっき本番はしないでくれるって!」

侑「大丈夫、指で弄るだけだから、ほら、早く」

しずく「……はい、わかりました」





侑「(手マンされるのはもう受け入れちゃってるしずくちゃん…かわいいよ♡)」



23: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:49:02.25 ID:DVzBAg50.net

しずく「あっ♡あっ♡あっ♡あーっ♡…ダメっ♡ダメですっ♡んっ♡」

侑「あーあーもう、ぐちょぐちょだよ…そんなにおちんちんしゃぶって興奮した?」

しずく「ちがっ…んっ♡やっ♡あっ♡…います…んっ♡」

侑「でもなあ、おまんこパクパク開いて指咥えながら違うって言われてもなあ…ね?」」

しずく「やだっ♡んっ♡やめっ♡…ゆびでなぞるの♡…ダメですっ♡」

侑「んー?♡なにがダメなの?こんなに発情したおまんこで指を捕まえて離さないのに、何がダメなの?」

しずく「んっ♡やっ♡…おねがいっ♡……やぁっ♡…します…っ…んっ…♡」



25: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:52:37.34 ID:DVzBAg50.net

しずく「だ、だめ…♡はっ♡イっ……んっ♡あっ♡」

侑「あ、勿論イったらだめだよ?私がスッキリする為にやってるんだから、勝手にフィニッシュするなんて許さないからね?」

しずく「このままだと♡んっ♡もうっ♡げんか♡…いっ♡…んんっ♡♡」

侑「うん、だから我慢してね♡謝る気持ちがあるんなら、出来るよね?」クチクチ

しずく「んっ♡…あっ♡あーっ♡あっ♡イっ♡あっ♡」

侑「ほら、力抜いて♡おまんこきゅうきゅう締めたままだと、イっちゃうよ?」

しずく「だ、ダメっ♡ですっ♡もう♡んっ♡あっ♡はっ♡♡」



侑「………」グッ

しずく「あっ♡イっ♡……んっ♡♡あっ♡あーっ♡♡」ビクッ



27: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:55:37.80 ID:DVzBAg50.net

侑「あーあ……イっちゃったね、しずくちゃん?」

しずく「はぁっ…♡はぁっ…♡」

侑「まあ、しょうがないね。しずくちゃんの体が気持ちいい事に媚び媚びのスケベなまんこなんだから、ね?」

しずく「あ、うっ……ごめん…なさい……」

侑「まあ、でも……」

しずく「……?」






侑「……約束をやぶった子には罰をあげないとね、しずくちゃん」グイッ

しずく「はぁっ♡……へっ!?ちょっと侑さん、何擦り付けて…」

侑「んっ♡……あー♡発情しきったぬるぬるおまんこ気持ちいいよ♡しずくちゃん♡」ズルッ

しずく「んっぐ…あうっ……な、なんで……」



28: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 19:59:32.68 ID:DVzBAg50.net

侑「何でって、ダメって言ってるのに。約束破ってイクからでしょ?」

侑「しずくちゃんがしたくない、っていうから代わりに互いの愛撫で我慢してあげようと思ってたのに、約束破るからさ」

しずく「…イヤっ…そんな、だって……」

侑「まあ、いいや。苦しくならないように、ゆっくり動いてあげる♡」グイッ

しずく「んっ♡……んっ♡うぅ…ぐすっ……」

侑「あぁ♡いいよ♡ナカきゅうきゅうして、おちんちんにご奉仕してるね♡」

しずく「やぁっ…あっ♡んっ♡……んっ♡」

侑「何でもするって言うなら、やっぱり体で返さないと♡ね、しずくちゃん♡」



29: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 20:02:36.22 ID:DVzBAg50.net

侑「よし、ゆっくりするねしずくちゃん♡」パチュパチュ

しずく「あっ♡んぐっ♡んっ♡…あっ♡はっ♡」

侑「どう?たっぷりおまんこ弄った後だから、気持ちいいでしょ?」

しずく「やっ♡だめ♡だめ♡それっ♡また、イ♡イっ♡…んっ♡」

侑「謝りに来たのに、顔グズグズにしてよがってるしずくちゃんかわいいよ♡」

しずく「ちがっ♡よがっ♡ってなんて♡…あっ♡んんっ♡」

侑「自分がやりに来た事も忘れて、流されて犯されてるんだもんねー♡かわいい♡」

しずく「はーっ♡はっ♡あっ♡……あーっ♡んっ♡」

侑「学校の先輩にいいように扱われて、ハメられてるもんね♡あーあ♡」



30: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 20:06:37.25 ID:DVzBAg50.net

侑「はぁっ♡ナカ、あつい…♡ヤるき満々だね♡」パチュ

しずく「やっ…ちがっ…あっ♡」

侑「なんで?いいんだよ、ナカとろけさせて、頑張って私を慰めようとしてくれてるんだもんね♡」

侑「カラダ使って、気持ちよくしてくれてるんだもんね♡ありがとう♡」パチュ

しずく「あっ♡はっ♡…んんっ♡あっ♡はっ♡」

侑「ホント、ナカすごいね♡愛液でチンポ包まれて気持ちいいよ♡気持ちよくなってるんだね♡」

しずく「ちがっ…これは♡ちがっ♡…んっ♡」

侑「チンポを下の口で咥えながら言っても説得力無いよ♡んっ♡」パチュ



31: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 20:10:27.46 ID:DVzBAg50.net

侑「ねえ、しずくちゃん♡」パチュ

しずく「はっ♡あっ♡……へっ…?」

侑「私ね、最初からしずくちゃんとセックスしようと思ってたんだ♡」

侑「強い言葉で脅してみたり、強気に押してみたり……ちょっと強引かなって思ったんだけどね」

しずく「そ、んな♡んっ…♡ひど、あっ♡んっ…いですっ♡あっ♡」

侑「言われるがまま剝かれたり、おまんこに指を入れるのを受け入れるしずくちゃん♡かわいかったよ♡」







侑「あ、もちろん今もかわいいよ♡」

しずく「そ、そんなの…あっ♡うれしくなんて…んっ♡やめっ♡」

侑「足掴まれて、股開かされて、無抵抗にズボズボされちゃってるもんね♡女の子らしく、おちんちんには逆らえない格好♡」

しずく「やらぁ…そんな…あっ♡…んっ♡」

侑「射精するまで離して貰えないの、野生動物のメスと一緒だね♡精子受け止めるまで、体を差し出すしかないの、かわいい♡」



33: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 20:14:06.33 ID:DVzBAg50.net

侑「じゃあさ、動物らしく中出ししよっか♡びゅるるって♡」

しずく「い、イヤっ…!そ、れは…んっ♡だ、ダメです!」

侑「えー…でもさ、今更しずくちゃんに選択権なんてあるの?しずくちゃん、約束破ったよね?」

しずく「それはっ、んっ♡お願いします!それだけは…どうか……」

しずく「侑さんだって!赤ちゃん出来たら困るはずです!だから!」

侑「うーん…そっか……」




侑「じゃあさ、代わりに演技してよ。得意でしょ、演技」

しずく「え……?」



34: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 20:19:07.81 ID:DVzBAg50.net

侑「はーい♡じゃあニッコリ笑顔で…しずくちゃんは大好きな先輩とえっちしてまーす♡」パチュ

しずく「あっ♡はい♡…こいびとえっち♡んっ♡きもちいいです♡」

侑「ねー♡ほら♡自分であし開いて♡おまんこに挿れやすいようにしてね♡」

しずく「はいっ♡んっ♡あっ♡」

侑「しずくちゃん、おちんちんきもちいい♡?」

しずく「んっ♡はいっ♡ゆうさんのおちんちん、きもちいいです♡」

侑「そうだねー♡しずくちゃんはいい子だね♡ちゃんと言えなかったら、おくで精子出ちゃうかもしれないもんねー♡」パチュ

侑「ほらっ♡しずくちゃん手握ろっか♡恋人セックス♡」

しずく「は、はい♡んっ♡あっ♡…んっ♡♡」

侑「しずくちゃん、いいよ♡媚び媚びでえっちだよ♡」



36: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 20:24:59.61 ID:DVzBAg50.net

侑「はっ♡はっ♡…んっ♡」パンッ

しずく「あっ♡なかっ♡…ああっ♡…ふくらんで♡んっ♡」

侑「あー♡わかるんだね♡んっ♡…わたしも、そろそろ限界かも♡」

しずく「はっ♡はいっ♡…んっ♡…あっ♡」

侑「しずくちゃんがきゅんきゅん締めてくれるからすぐイっちゃいそう♡あっ♡」

しずく「はっ♡はいっ♡せんぱいすき♡だいすきですっ♡」




侑「じゃあ、恋人えっちらしく中に出すね♡」パンパン

しずく「あっ、えっ!ちょっ…そ、んっ♡なっ♡や、ヤダ…!」



37: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 20:30:20.62 ID:DVzBAg50.net

侑「なんでって顔してるね♡…まあ、ごめんね♡」

しずく「やっ…やだ…なんで……んっ♡」

侑「まあ約束してたけど…ごめんなさい、って言ったら許されるって教えてくれたのはしずくちゃんだし…ごめんね、約束破っちゃう♡」

しずく「やだっ!やめてっ…んっ♡だめ、だめです…!んっ♡」バタバタ

侑「こーら暴れないの♡チンポ挿入されたまま女の子が勝てるわけないでしょ♡」






侑「恋人繋ぎで手抑えつけられて、あし開いてチンポ挿れやすくして♡」

侑「言った通り、中出ししやすいようにしてくれたね♡」

しずく「あっ…ぐっ…や、やめて…くださ…いっ……」

侑「あー…でるっ♡おくにいっぱいだすよ♡しずくちゃん♡」


ビュルルル!ビュルル!!



39: 名無しで叶える物語 2021/11/22(月) 20:36:15.69 ID:DVzBAg50.net

侑「あっ♡はーっ♡んっ♡……まだでる……んっ♡」ビュル

しずく「ぐすっ…んっ……えぐっ……」

侑「抑えつけるの気持ちいい♡抵抗出来ないしずくちゃんに中出し♡あっ♡もう一回でる♡♡」ビュ

しずく「あっ、ぐっ……んっ♡……やぁ……」

侑「セックスだけはヤダ、中出しはヤダって言ってたのに、中出しされちゃったね♡」

しずく「……さいてい…です、さいていです侑さん…ぐすっ」

侑「ごめんねーしずくちゃん…でもね、そういう言葉が一番興奮するんだ♡」




侑「だってホラ、その証拠に…」ムクムク

しずく「えっ…噓…ナカでまた大きく…」

侑「もう一発、動かしたらナカで出せそう♡……あっ♡んっ♡」ビュル

しずく「えっ、あっ、やぁ……あぁっ♡んんっ♡」

侑「んーっ♡はっ♡……わっ、締まってる♡ナカで精子出されてイけたね♡しずくちゃん♡」

しずく「あっ♡……んっ…♡…ううっ……グスッ……」



41: ID変わったけど>>4 2021/11/22(月) 20:46:17.08 ID:NL0Ap+2m.net

おわり


元スレ
侑「なんでもするって言ったよね?」しずく「はい……」