1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:32:17.38 ID:H9vof0Xb0

唯「雪って儚いよね」

律「は?」

唯「……」

律(今のはボケだったのか?)





2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:37:34.94 ID:H9vof0Xb0

律(背中がかゆくて反応出来なかったぞ)

唯「どんなに綺麗でも触れれば溶けちゃう」

律(やばい返しが思いつかねえ)

唯「でもね、それでも私は雪に触れてみたい。溶けない雪があるかもしれない」

律「お、おう」

唯「りっちゃん」

律「あ、うん?」

唯「私が触れたらりっちゃんは溶けちゃうのかな」

律「……え?」




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:44:38.01 ID:H9vof0Xb0

律(あ、これ私が返すまで続くパターンのやつだ。絶対そうだ)

律(幸い部室には唯しかいないし付き合ってやるか)

律「……溶けない雪があってもいい」

唯「えっ……?」

律(ぎゃおお……!これはきついぃ)

唯「いいの?」

律「いいさ」

律(つーか何がだよ)

唯「嬉しい……こんなにも暖かいのに雪の花が咲いている」

律(ぐぽぉ)




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:51:32.61 ID:H9vof0Xb0

唯「りっちゃん……大好き」

律(ぶっ!……まてよ、ひょっとしてこれドッキリか?でもここまで来たら何か言って笑いを…)

唯「雪の花にも色があるんだね。鮮やかな色なんて……想像してなかった」

律「……ぐああああああああ!」

律「もう無理!限界!」

唯「え……」

律「かゆいかゆいかゆい!これ何のドッキリだよー」

律「それともあれか?私に恥ずかしい言葉を言わせる作戦か?」

唯「……」

律「あれ、唯?」

唯「りっちゃん……ひどいよ……」ポロポロ

律「へっ?」

唯「今日は帰るね……っ」ダッ

律「ええーまさかマジだったの!?」




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:58:28.65 ID:H9vof0Xb0

律「流石にうそだろ?」

律「実は扉の向こうに澪達がいてドッキリでしたーって」

律「……いねえ」

律「ま、マジなのか…?ガチで泣いてたよな……」

律「マジだとしたら私サイテーじゃん」

律「……」

律「くそっ追いかけないと!」ダッ





10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:05:36.15 ID:H9vof0Xb0

律「唯ーーっ!!」

唯「……!」

律(あいつマジで帰るつもりか)

律「待てって!」

唯「っ……」ピュー

律「早ぇ!」

律(しかも上履きのままで学校出んのかよ!大マジじゃねーか)




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:12:49.19 ID:H9vof0Xb0

律「待てってば!おいっ!」

唯「っ!」

律「はぁはぁ……捕まえた」

唯「……」ポロポロ

律「ごめん……」

律(何かいわなきゃ……何か気のきいた事を……)

律「……言ったろ?溶けない雪があってもいいって」

唯「ふざけないでよっ!!」

バチーーン!!

律「へぶぅ!!?」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:19:47.61 ID:H9vof0Xb0

律(えーこういうのが好きだったんじゃないの!?)

唯「私本気だったのに……バカにしないでよ……」

律(バカにしてると思われた!)

唯「やっぱり雪は触れたら溶けちゃう……りっちゃんは溶けた事すら気付かない。溶けたのは私だけ……」

律(って結局それで続けるのかよ!)

唯「勝手に盛り上がってバカみたい……バイバイりっちゃん、好きだったよ」ダッ

律「待てよ!」

唯「もう追いかけてこないで!」

律「そうはいくか――って唯!車!!」

唯「えっ――」

キキーーッ!




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:26:34.76 ID:H9vof0Xb0

律「唯ーーーー!!」

唯「……」

律「あ……」

唯「……りっちゃん」

律「お、おま……脅かすなよ……ま、マジでびびっただろぉ……」ポロポロ

唯「どうして泣いてるの?」

律「だ、だって……唯がいなくなっちゃうって思ったら……思ったらぁ……うぅ」

唯「りっちゃん……ぐすっ、大丈夫だよぉ……わだしは……」ポロポロ

唯「私はしにましぇん……あなたが好きだからぁ……」

律「ゆいーーーっ!」ぎゅうっ

唯「りっちゃあん!」ぎゅっ




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:33:55.26 ID:H9vof0Xb0

律「唯っ!」

唯「りっちゃん!」

律「私、本当に、もしかしたらお前の事が好きかもしれない……今わかった」

唯「りっちゃん……!」

律「さっきはごめんな。私が馬鹿だったんだ」

唯「ううん、私こそゴメン」

律「唯は悪くない、悪くないよ」

唯「そうかな」

律「そうだよ。お詫びになんでもしてやるぞ」

唯「ほんと?」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:41:12.68 ID:H9vof0Xb0

律「ああ」

唯「それじゃあ私……カニが食べたい」

律「そっか……ちょっと厳しいかな……金銭的に」

唯「じゃあ……カニっぽいものでいいよ」

律「唯、ありがとう」

唯「私こそありがとう」

律「確かにそうかもしれない」

唯「何が?」

律「私にも雪の花が色付くのがわかった気がする……」

唯「りっ、ちゃん……大好き」

律「私もだ」

唯「ラビニュー…」

律「ミートゥー…」

おしまい




元スレ
唯「カニコロ」