1: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:41:28.89 ID:ykRmMmIX.net

ほのかな
悲しい話です



2: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:41:47.93 ID:ykRmMmIX.net

「彼方さん今日、サークルあったでしょ?見送りに来てくれてありがとね」

「ううん。別に大した集まりじゃないから、大丈夫だよ〜」

穂乃果ちゃんが、私の恋人が、申し訳なさそうに言った。大した集まりじゃないというのは必ずしも真実ではなかったが、それはどうでも良いことだった。恋人としばしの別れになる前に、空港ターミナル内のどことも言えないような場所で、ほんのひととき二人で並んで立ち尽くす。そんな時間が大切だと思った。どうせ明日から、寂しくなるに違いないのだから。



3: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:42:01.88 ID:ykRmMmIX.net

何回見ても名残惜しくて、彼方は穂乃果を横目で眺めた。いちおう彼女は勉強をするために飛行機に乗って海の向こうへ行くはずだったが、その格好はいかにもな観光客にしか見えなかった。スーツケースとナップサックに収まるくらい少ない荷物。暖かい海に似合いそうな白いつば広の帽子。東京と向こうの気温差がどれだけあるかは分からないけど、おそらく彼女は観光も目一杯楽しんで来るに違いなかった。穂乃果らしくてとても良い佇まいだと彼方は感心した。

腕時計をスーツケースの底に入れてしまったと言っていた穂乃果が、自身のスマホで時刻をチラと確認した。彼方も自分の腕時計をのぞいた。搭乗時刻が段々と迫っていた。



4: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:42:14.73 ID:ykRmMmIX.net

一昨日は穂乃果の誕生日だった。世界で自分がいちばん幸せであると言わんばかりの笑顔を浮かべて、彼方が用意した全てのものを喜んでくれた。普段の倍くらいの時間をかけて、昼間からベッドの中で愛を囁き合った。あの時はまだ、近づいてくるお別れの実感が湧いていなかったんだと思う。

昨日まではあんなに楽しそうにしていたのに、向こうで絶対に訪れるのだという観光地のリストを嬉しそうに見せてくれたのに、今日になって穂乃果は寂しそうな表情ばかりを浮かべている気がした。想ってくれている嬉しさと、どうしようもない切なさとを、彼方は半分ずつ感じるのだった。

もちろん彼方だって欲を言えば一緒に海を渡って、否応なく押し寄せて来るであろう異文化を穂乃果と共に体験してみたかった。励まし合いながら目標に向かって勉強したかった。でも彼方には彼方の大学生活というものがあった。彼方が春から始めた塾講のアルバイトでは、受け持ちの受験生たちが天王山と呼ばれる時期に突入していた。

必然、高坂穂乃果と近江彼方は期限付きの別れを余儀なくさせられた。



5: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:42:27.18 ID:ykRmMmIX.net

「やっぱり、けっこう忙しいんでしょ?」

「うん。向こうの学校の人から聞いた話だと、思ったより遊ぶ時間もないみたい。彼方さんとお話したい時は、私の方から電話することが多いかも」

「ん。まぁ、いつでも通話できるからね〜」

「そうそう。寂しくないよ!」

自分を心配させまいとしたのだろう、穂乃果は普段通りに見える明るい笑顔を浮かべた。でもその振る舞いは自他ともに認める近江彼方の癖でもあって、ふたりの共通の友人から何回か指摘されることがあった。一年以上付き合ってるうち、自分の癖が穂乃果に移っているのかもしれない。少し申し訳ないことだと思いつつも、本心では嬉しくもあった。



6: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:42:39.76 ID:ykRmMmIX.net

「穂乃果、頑張ってちゃんと勉強してくるからね」

穂乃果は彼方の目をしっかり見つめて言った。嬉しかった。全てが全て自分の影響だというつもりは無いが、勉強というものに対する苦手意識を一緒にほんの少し克服したという自負が彼方にはあった。それなら今の彼女に掛けてあげられる言葉はひとつしかなかった。

「うん。穂乃果ちゃんなら、絶対大丈夫だよ。受験勉強だって頑張れたし、大学のお勉強だってちゃんと出来てるんだから」

恋人への率直な評価を彼方はそのまま伝えると、穂乃果は『えへへ、そうかなぁ』と恥ずかしそうに視線をそらして、羽田国際空港の広いターミナルに目をやった。視界の端に、穂乃果の幼馴染である海未とことりの姿をとらえた。当然彼女たちも空港に駆けつけていたが、しばらく離れ離れになるのだからと、穂乃果と彼方は離陸前にふたりだけの時間をもらっていた。



7: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:42:51.46 ID:ykRmMmIX.net

「こんなに離れ離れになるの、初めてだよね。多分」

遠い窓の向こう、今にも音を立てて飛び立っていく飛行機のほうを眺めながら、穂乃果はぽつりと惜別を呟いた。それから穂乃果は、隣に佇む彼方の左手をそっと握ってきた。ドキッとした。浮かべている表情よりもずっと、穂乃果は彼方との別れを心安からず思っているらしかった。自分の「悪癖」は、想像以上に穂乃果に強く移ってしまっていた。

「あ、そういえばさ……」

なんとか明るい雰囲気で見送りたくて、二人が温めてきた記憶に彼方は必死で検索をかけた。



8: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:43:04.54 ID:ykRmMmIX.net

「?」

「穂乃果ちゃんが受験生の時さ、勉強に集中するから会わないようにするって言って」

「あ〜…… 2週間も持たなかったやつでしょ?」

「そうそう」

「あったねぇ」

当時は驚くほど真剣だったのに、思い返すとなんだか可笑しい去年の夏休みを彼方は思い出した。あはは、と穂乃果は苦笑すると、それから、そっと体重を預けるようにして腕を組んで彼方の肩に寄りかかった。そうすることで、二人でまったく同じ記憶と感情を共有していた。



9: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:43:16.61 ID:ykRmMmIX.net

たかだか一年前の話なのに、ずっと昔のことのように懐かしかった。一緒に勉強していると恋人の仕草が気になって仕方なく、勉強に手がつかなくなるからと言って会わないようにしていた時期があった。でも、しばらく会わないとやっぱりお互いに何も手がつかなくなるのだった。ふたり揃って自分のダメさ加減を自覚した。

だからこそダメダメになってしまわないよう、2年近くの月日の中で、高坂穂乃果と近江彼方は適切な距離感というものを一緒に測ってきた。彼方が大学生になり、そのあと穂乃果が大学生になって、その度にふたりの関係は少しずつ変わった。それが今回の穂乃果の渡航ではどうなるのか。誰にも予測することなどできなかった。



10: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:43:29.44 ID:ykRmMmIX.net

でも、付き合い始めてから今まで、ずっと変わらない事実もあった。こうして隣で肩を寄せて穂乃果に触れている間、彼方は不安というものをあまり感じないのであった。そしてそれは、ひとつ隣で同じ過去を懐かしむ穂乃果も同じはずだった。しばらく二人は気分に浸った。そのうち、穂乃果が自分で姿勢を戻して立ち直した。

顔を見ればいつも通り、溌剌とした表情に戻っていた。

「えへへ。お土産、楽しみにしててね!」

やっぱり観光に行くとしか思えないような穂乃果の声を聞いて、彼方も嬉しそうに微笑み返す。



11: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:43:42.33 ID:ykRmMmIX.net

バランスを取りながら器用にスーツケースに腰掛けて、穂乃果は考えるような仕草を見せた。

「う〜ん、何がいいかな?あの街のお土産っていうと」

ずっと先の話なのに、東京を発つ前に真剣に考え込もうとする穂乃果を見て、彼方は安心した。

「そういえば穂乃果ちゃんは、行くの2回目だよね」

「うん。穂乃果が高校生の時……μ'sやってたとき以来だね」

μ's。スクールアイドル。きらきらした言葉の全てが懐かしく思えた。スクールアイドルに青春を捧げようと決めたからこそ、二人は出会うことができた。穂乃果は出会った頃と同じ笑顔で、そこを今さっき訪れてきたかのように目を輝かせて語った。



12: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:43:55.70 ID:ykRmMmIX.net

「すっっっごく、いい街なんだよ。いつか彼方さんと一緒に行きたいなぁ」

穂乃果が通りを自分の庭のように練り歩いて、向こうの人と楽しそうにコミュニケーションをしている姿が目に浮かんだ。一緒に観光名所を回ったり、珍しい料理を食べたり、海岸で静かに時間を過ごしたり。遠く無い将来にそんな日が訪れることを彼方は期待した。

「やっぱり、東京とは違うんだろうね〜」

「うん。アメリカの人がたくさんいるし、秋葉原とかとはぜんぜん違うかも」

英語が得意でなくても、穂乃果ならいくらでも心を通わせることができるのだろう。彼方はそういう穂乃果の才能を心から尊敬していた。彼方は典型的な日本人らしく、誰かと英語で会話することはあまり得意ではなかった。そして、穂乃果に比べれば、見知らぬ人と積極的に交流することもあまり好まなかった。



13: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:45:01.23 ID:ykRmMmIX.net

あれ。なんだか逆に、今度は彼方の方が不安を覚え始めるのだった。

付き合っている相手を尊敬するたびに、穂乃果を想えば想うほどに、別れの懸念というものが心のどこかで影のように引っ付いて来る。そういうものだった。一度意識してしまえば気になって仕方ない。彼方は穂乃果よりもどこか現実的で、悲観的だった。今度は自分が穂乃果にもたれかかって体温を感じたいと思った。でも彼方はそれを口にすることができなかった。



14: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:45:26.75 ID:ykRmMmIX.net

遠くから海未とことりがスーツケースを引いて、二人のほうに近付いて来るのが見えた。右手の腕時計を覗く。とっくに入場を始めるべき時間になっていた。

別れの時間が迫っていた。別れ。会いたくなっても会えない。声は聞けても、その体を抱きしめることはできない。顔は見れても、その柔らかな頬に触れることはできない。さっきまで先輩風を吹かせていたのに、途端にとてつもない寂しさが襲ってきた。ダメだ、明るく送り出さなきゃ。

滲み出してくる感情をグッと堪えて、彼方は明るい表情を作ろうとした。



15: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:45:45.15 ID:ykRmMmIX.net

その時、先手を打つかのように穂乃果が彼方のほうへと体を向けた。『彼方さん』。穂乃果は優しく声をかけた。そのまっすぐな視線は、恋人の隠れがちな心の奥をぎゅっと捉えた。

「ん。どうしたの〜?」

「ねぇ、穂乃果ね。今までずっと彼方さんに頼ってばっかりだったの。どこ行くにも、何するにも、彼方さんに連れて行ってもらって」

そんなことないのに。彼方は心の中で呟いた。穂乃果は意気揚々と続けた。

「穂乃果ね。頑張ってくるよ!」



16: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:46:05.42 ID:ykRmMmIX.net

「穂乃果が帰ってきたら、一緒にいろんなところ出かけようね。穂乃果が、彼方さんをどこにでも連れて行ってあげる!」

今までで一二を争うほど明るい、満面の笑みを穂乃果は浮かべた。それは彼方に影を落としたほの暗い感情をことごとく照らし出した。彼方がずうっと惚れ続けている、穂乃果の紛れもない才能だった。そして後には、包まれるような温かさと、もう揺らぐことのない恋人への信頼だけが残るのだった。

彼方はクスリと笑った。

「うん。楽しみにしてるよ」 

「彼方さん。穂乃果がいない間に浮気なんてしたら、ダメだからね?」

「ふふ。安心して〜」

するわけないじゃん。彼方は心の中で穂乃果に反論した。



17: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:46:40.17 ID:ykRmMmIX.net

彼方は穂乃果に向き合って、それから肩を抱き寄せた。ことりと海未がすぐ側に近付いてきていたことは分かっていたが、愛しさが恥ずかしさにまさった。穂乃果も少しだけ顔を赤くしながら、ゆっくりと彼方の背中に肩を回した。

ことりが『きゃっ』と可愛らしい歓声をあげたのが耳に入ってきた。それでも二人だけの世界に浸りたかった。もういいや、見せつけてやろうと彼方は思った。

人より高い穂乃果の体温。眠りたくなるくらいゆっくりとした心音。さらさらとしたオレンジ髪のサイドテール。少しだけふにっとした頬っぺた。この先の長い長い別れのために、その全てを心に焼きつけた。集中していたので、周りの視線はもはや気にならなかった。ただただ穂乃果が可愛くて可愛くて仕方なかった。



18: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:47:22.57 ID:ykRmMmIX.net

ことりと海未は顔を見合わせた。そして、これから離れていかなければならない可哀想な二人に対して猶予の時間を与えることにした。慌ただしい空港の人混みの中で、穂乃果たちがいる一角だけ時間が止まっているかのように見えた。

ゆっくり、ゆっくり、10秒ほど経過した。それでも、二人の間に展開されているのだろう色恋の世界は一向に閉じる気配を見せないようであった。

そのうち海未が躊躇いがちに声をかけた。

「あの、二人とも」ことりと海未は顔を見合わせた。そして、これから離れていかなければならない可哀想な二人に対して猶予の時間を与えることにした。慌ただしい空港の人混みの中で、穂乃果たちがいる一角だけ時間が止まっているかのように見えた。

ゆっくり、ゆっくり、10秒ほど経過した。それでも、二人の間に展開されているのだろう色恋の世界は一向に閉じる気配を見せないようであった。

そのうち海未が躊躇いがちに声をかけた。

「あの、二人とも」



19: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:47:45.08 ID:ykRmMmIX.net

「沖縄に、自動車の免許取りに行くだけですから……」

呆れたような困ったような、はたまた何も理解できないかのような、海未はそんな複雑な顔を浮かべるしかなかった。





「だって、20日も会えないんだよ!? やばくない!?」

「たかが3週間で、今生の別れみたいな雰囲気を出さないでいただけますか!!?」

「たかが、じゃないよ!3週間は!」

「あはは…」

南ことりは、穂乃果と海未のどちらの肩も持たない苦笑いをした。




20: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:48:10.95 ID:ykRmMmIX.net

「飛行機に乗り遅れるなんてゴメンです。早く行きますよ!!」

明らかに海未の言っていることが正しいのに、穂乃果はふてくされたように『は〜い』とだらしのない返事をした。『なんですその態度は!』と海未が周りに配慮しながら静かに声を荒げた。幼馴染であるこの3人を、彼方は見ていて飽きることが全くなかった。

「海未ちゃんとことりちゃんも、気を付けて行っておいで〜」

「は〜い♡」

ことりは右手を顔の前に掲げて、彼方に向けておどけたようにピシッと敬礼の姿勢を取った。やっぱり彼女も白くてつばが広い帽子を被っているので、綺麗目のサンダルと合わせるとただのリゾート観光客にしか見えなかった。その厚底のサンダルで果たしてアクセルを踏めるのだろうか、と彼方はありえないことを考えておかしかった。

海未は一方、山にフィールドワークにでも行くのではないかというシャツスタイルに、登山用の帽子をかぶっていた。



21: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:48:27.72 ID:ykRmMmIX.net

「海未ちゃん。穂乃果ちゃんの筆記のお勉強、よろしくね〜」

「はい。任せてください」

「えっ?」

穂乃果は目を丸くしてすっかり驚いたような声を上げた。

「穂乃果なら勉強大丈夫だって、彼方さんさっき言ってくれたじゃん!」

「それはそれ、だよ〜。穂乃果ちゃん、ファイト〜」

自動車免許がわりあい勉強を要する資格だったことを思い出しながら、彼方は笑った。



22: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:49:34.26 ID:ykRmMmIX.net

「高校生の頃を思い出しますね。3人で久しぶりに勉強漬けの日々です」

「こ、ことりちゃ〜ん……」

「ふふ。沖縄の美味しい料理いっぱい食べて、がんばろ?穂乃果ちゃん」

穂乃果がことりに泣きつく。ことりが穂乃果を撫でる。『仕方ないですね、ほんとに』という目で海未がそれを眺めている。この3人の会話を、彼方は久しぶりに耳にした気がした。それが高校時代からなんら変わっていなかったので安心する。うん。この3人なら、きっと大丈夫。

がんばれ、穂乃果ちゃん。



23: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:50:01.66 ID:ykRmMmIX.net

「もう時間です。ことり、穂乃果。行きますよ」

ガタガタと、海未がスーツケースを転がし始める。

「彼方さ〜ん!浮気したら、ダメだからね〜!」

「貴方はいちいち大声を出さないでください!」

海未が穂乃果と同じくらいの声量で咎めた後、こちらに一礼して背を向けた。穂乃果とことりはしばらく彼方に向かって手を振りながら歩いていたが、やがて保安検査場の方に進む人混みの中に消えていった。

騒がしいやりとりをしているであろう3人の姿を見ていると、いつも彼方は不思議な気持ちになる。きっと自分が知らないであろう穂乃果の世界が、あの3人の中だけにある。羨ましいという気持ちがないではなかった。



24: 名無しで叶える物語 2021/11/29(月) 03:50:18.78 ID:ykRmMmIX.net

それでも、彼女を乗せた飛行機が飛び立つ瞬間を最後まで見送るような、センチな真似はしなくてよかった。あの数十秒に満たない抱擁の感覚と、何にも比べられない穂乃果の笑顔が、思い出すたびに彼方の心を温かく緩ませてくれた。羽田空港から出ると、沖縄と言われても遜色ないほど澄んだ青空だった。

「さてと。彼方ちゃんもバイト、頑張るぞ〜」

彼方は誰に聞こえるともなく呟くと、腕を宙で組み、ラジオ体操のように気持ちよく背中を伸ばした。都会のコンクリートに喧しい蝉の鳴き声が反響していた。それでもまだ朝の空気は残っていて、暑苦しいはずの陽光が、肌にずいぶん気持ちよく感じられた。穂乃果ちゃんみたいな太陽だなと思った。

8月はまだ始まったばかりだった。

終わり


元スレ
穂乃果「少しだけ、お別れだね」彼方「うん」