1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 18:40:51.50 ID:8pKaPxIa0

【じゅうしち日】

紬「…」キュ

紬「…」キュ

紬「…」キュ

紬「…」キュ

紬「…」キュ

紬「…」キュ

紬「…」キュ

紬「…」キュ


唯「ムギちゃん!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 18:43:43.84 ID:8pKaPxIa0

紬「‥‥あら、唯ちゃん。どうしたの?」

唯「ムギちゃんが部室に来ないから迎えにきたんだよ」

紬「そう…」

唯「窓ガラスに指で何か書いてたんだね。‥‥ふたまるひとにい?」

紬「ええ‥‥唯ちゃんに意味がわかるかしら?」

唯「えーっと2‥0‥1‥2‥‥‥わかった! 今年のことでしょ」

紬「ええ、正解。それじゃ部室に行きましょうか」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 18:45:39.60 ID:8pKaPxIa0

2分前

憂(あれ、あの人‥‥)

憂(間違いない。紬さんだ)

憂(窓に何か書いてるみたい‥‥)

憂(あっ、お姉ちゃんがきた)

憂(二人でお話してるみたい。邪魔しちゃ悪いよね‥‥)

憂(‥‥)

憂(‥‥)

憂(こっちに気づかないまま行っちゃった)

憂(‥‥ちょっと寂しいな)

憂(そういえば紬さんは何を書いてたんだろ?)

憂(えっと‥‥ふたまるひとにい)

憂(これって‥‥)



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 18:46:27.14 ID:8pKaPxIa0

2時間後

憂「‥‥」

紬「あら、憂ちゃんじゃない」

憂「‥‥紬さんも信じてるんですか?」

紬「‥‥なんのこと?」

憂「さっき窓ガラスに書いてるの見ました」

紬「2012年?」

憂「20時12分」

紬「憂ちゃんも、なんだ」

憂「はい」

紬「地球が滅びるって信じてるんだ」

憂「はい」

紬「仲間ができちゃったね」

憂「はい」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 18:49:25.30 ID:8pKaPxIa0

紬「仲間、かぁ‥‥」

憂「よかったら少しお話しませんか」

紬「それなら部室にこない?」

憂「紅茶でもいれてくれるんですか?」

紬「ええ。‥‥でも憂ちゃんは晩御飯の用意があるんだっけ?」

憂「ひとはちさんまるぐらいまでなら大丈夫です」

紬「その言い回し気に入ったの?」

憂「はい。少しだけ‥‥」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 18:52:30.44 ID:8pKaPxIa0

紬(憂ちゃんは不思議な子です)

紬(見た目は唯ちゃんそっくりだけど中身は全然違います)

紬(しっかりもので、なんでもすぐできるようになる天才肌)

紬(そういう人は得てして周囲に圧迫感を与えるけど、憂ちゃんにはそれが全くありません)

紬(憂ちゃんのまとっている空気はとっても柔らかく、周囲を和ませてくれる)


紬(能ある鷹は爪を隠すって言うけど、憂ちゃんは鷹なんかじゃない)

紬(もっとかわいらしい何かです)

紬(だから憂ちゃんが予言を信じているというのはちょっと意外)

紬(世界滅亡を信じる人の多くは、心のどこかでそれを望んでいるから‥‥)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 18:55:27.19 ID:8pKaPxIa0

12分後

紬「おまたせ」

憂「ありがとうございます」

紬「どうかしら?」

憂「とっても美味しいです」

紬「憂ちゃんにそう言ってもらえると凄く嬉しいわ」

憂「どういう意味ですか?」

紬「だって憂ちゃんはなんでもできるでしょ?」

憂「なんでもはできません」

紬「そう?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:00:00.72 ID:8pKaPxIa0

憂「こんなに美味しい紅茶を入れることだってできませんし‥‥」

紬「教えたら次の日にはマスターしちゃいそうだけど」

憂「‥‥」

紬「ごめんなさい。気を悪くしちゃったかしら?」

憂「いいえ。でも‥‥」

紬「ん」

憂「あんまり良い気分でもありません」

紬「それは本当にごめんなさい‥‥」

憂「だから少しだけ話を聞いてもらえますか」

紬「‥‥私でよければいくらでも」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:04:06.20 ID:8pKaPxIa0

憂「探してたんです。世界が滅びて欲しいと願ってる人のこと」

紬「‥‥どうして?」

憂「仲間がいないと寂しいから」

紬「そう‥‥」

憂「梓ちゃんも純ちゃんもぜんぜん信じてませんでした」

紬「そうでしょうね」

憂「もちろんお姉ちゃんも」

紬「唯ちゃんは怖がってくれたわよ」

憂「怖がるだけです」

紬「そうね。りっちゃんと澪ちゃんも笑ってたわ。あと‥‥和ちゃんも」

憂「はい‥‥和さんも」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:07:48.96 ID:8pKaPxIa0

紬「それで、仲間を見つけた憂ちゃんはどうするの?」

憂「お話、しませんか」

紬「してるじゃない」

憂「毎日です」

紬「毎日、この時間に?」

憂「はい。駄目ですか?」

紬「いいえ」

憂「それじゃあ決まりですね」

紬「ええ、これからよろしくね」

憂「こちらこそ宜しくお願いしますね。紬さん」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:10:35.63 ID:8pKaPxIa0

【じゅうはち日】

紬「それじゃあ憂ちゃんは21日派なんだ」

憂「はい。‥‥紬さんもそうですよね」

紬「ううん。私は23日派」

憂「えっ、でも、窓ガラスに20時12分って」

紬「データから計算すると日本では21日の20時12分が冬至。マヤのカレンダーが終わる時」

憂「はい」

紬「でも23日説もあるでしょ。フォトンベルトとか」

憂「そうなんですか?」

紬「ええ」

憂「それじゃあフォトンベルト説を信じてるんですか?」

紬「ううん。23日説なら、21日に滅びなくても、22日に滅びなくても、まだ滅びるかもしれないってワクワクできるじゃない」

憂「そんな理由で‥‥?」

紬「気に入らない?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:14:44.88 ID:8pKaPxIa0

憂「そんなことありません。でも、納得はできないかも」

紬「そう」

憂「紬さんも21日説に乗り換えませんか?」

紬「いいよ」

憂「えっ‥‥」

紬「あっさりすぎる?」

憂「‥‥はい」

紬「別にこだわりはなかったから」

憂「ですか‥‥」

紬「これで揃ったね」

憂「ふたまるひとにい」

紬「じんるいめつぼー」

憂「するといいですね」

紬「ええ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:17:33.58 ID:8pKaPxIa0

【じゅうく日】

紬「今日はお菓子を作ってきてみたの」

憂「手作りですか?」

紬「ええ、唯ちゃん達には好評だったのだけれど」

憂「クッキー‥‥」

紬「食べてみてくれる?」

憂「‥‥レーズン」

紬「嫌いだった?」

憂「ううん。美味しいです」

紬「ほんとう?」

憂「でも、少しだけ砂糖を減らしたほうがいいかも」

紬「そうなの? レシピ通りに作ったのだけれども」

憂「あまりいいレシピじゃなかったのかも。でも‥‥」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:19:43.32 ID:8pKaPxIa0

紬「うん?」

憂「お姉ちゃんはこっちのほうが好きかもしれません」

紬「そっかぁ」

憂「はい」

紬「うふふ」

憂「ふふふ」

紬「じんるいほろびたら唯ちゃんも死んじゃうね」

憂「そうですね」

紬「いいんだ?」

憂「紬さん、意地悪です」

紬「ごめんね」

憂「お姉ちゃんが死んでいいわけありません。でもみんないっしょなら」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:21:51.55 ID:8pKaPxIa0

紬「いいんだ?」

憂「やっぱりよくありません」

紬「難しいんだね」

憂「乙女心は複雑です」

紬「憂ちゃん乙女だったのね」

憂「紬さんも処女でしょ?」

紬「そうだけど、恋はいいかな」

憂「紬さんは女の人が好きだって聞きました」

紬「‥‥女の子が仲良くしているのを見るのが好きなの」

憂「自分では?」

紬「恋は‥‥いいかな」

憂「どうしてですか?」

紬「どうしても」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:26:58.44 ID:8pKaPxIa0

憂「それじゃあ、私と付き合いましょう」

紬「どうして?」

憂「仲間がいないと寂しいからです」

紬「その言葉、前にも聞いたような気がするわ」

憂「言ったかもしれません」

紬「明後日には世界が滅びるかもしれないんだよ」

憂「だからです」

紬「そういうことなら‥‥いいよ」

憂「これで恋人どうし‥‥」

紬「キスでもする?」

憂「それはまだ早いです」

紬「そうなの?」

憂「乙女心は複雑なんです」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:28:30.08 ID:8pKaPxIa0

 
憂(紬さんは変わった人です)

憂(最初はお姉ちゃんとちょっと仲の良い先輩、という印象しかありませんでした)

憂(自分とは縁のない人だと思っていましたから)

憂(でもお話して、一緒の時間を過ごしてみると、とてもおもしろい人だとわかりました)


憂(紬さんは心が弱い、他人が傷つくのをどうしても直視できない人です)

憂(だからこそ靭やかに生きていくことを知っています)

憂(お姉ちゃんとも和ちゃんとも全然違う、優しい人)

憂(私と一緒にせかいのめつぼうを願ってくれる人)



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:35:37.30 ID:8pKaPxIa0

【はつ日】

紬「いよいよ明日だね」

憂「世界、ほろびるでしょうか?」

紬「どうだろう?」

憂「信じてるんじゃないんですか?」

紬「信じているけど、信仰を押し付けるのは趣味じゃないから」

憂「なら仕方ないですね」

紬「ええ、そうなの」

憂「‥‥ぷっ」

紬「うふふ」

憂「どうして紬先輩とお話するとこうなっちゃうんでしょう」

紬「どうしてかしら。でも‥‥」

憂「ええ、嫌いじゃないです」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:40:43.90 ID:8pKaPxIa0

紬「憂ちゃんとこんなにお話する日がくるなんて思ってなかったわ」

憂「私もです。一番遠い人だと思ってました」

紬「遠い?」

憂「縁がない」

紬「そっか。私はそうでもないと思ってたけど」

憂「そうなんですか?」

紬「ええ。唯ちゃんの妹だから」

憂「なるほど‥‥」

紬「一度、一緒にお菓子作りしてみたいと思ってたの」

憂「お菓子作り、ですか?」

紬「憂ちゃんの技を盗みたいなって」

憂「紬さんはひどい人です」

紬「それはどうも」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:41:48.81 ID:8pKaPxIa0

憂「恋人同士なんだから、もっとらしいことしましょう」

紬「そういう設定もあったね」

憂「設定じゃありません」

紬「そうなの?」

憂「乙女心を裏切ったら針千本です」

紬「ぷくー」

憂「ほっぺたを膨らませて‥‥ハリセンボンの真似?」

紬「ぷくー」コク

憂「全然笑えませ‥‥ぷっ」

紬「あっ、笑った」

憂「だって紬さんの顔。あははははは」

紬「‥‥そんなに笑われると傷ついちゃう」

憂「はははは」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:45:01.63 ID:8pKaPxIa0

紬「もうっ‥‥」

憂「ごめんなさい、紬さん」

紬「別にいいけどね。ねぇ、憂ちゃん」

憂「どうしました?」

紬「キスしない?」

憂「はい」

紬「えっと‥‥どっちの意味?」

憂「こっちの意味です」

チュ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:46:26.39 ID:8pKaPxIa0

紬「キスって軽いね」

憂「そうですね」

紬「甘くも酸っぱくもなくて‥‥ちょっとだけ空虚」

憂「紬さん詩人ですね」

紬「憂ちゃんはどう感じた?」

憂「ちょっとだけ甘かったかもしれません」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:47:37.33 ID:8pKaPxIa0

【にじゅういち日】

紬「いよいよ今日だね」

憂「今日の朝、純ちゃんが騒いでました」

紬「あれ、純ちゃんは信じてないんでしょ?」

憂「ぎりぎりになると、ほんのちょっとだけ怖くなるんだと思います」

紬「ほんの少しだけ、世界が滅びて欲しいと思ってるのかしら」

憂「そうかもしれません。でも、埃をとったら綺麗な純ちゃんに戻ると思います」

紬「なんのこと?」

憂「なんでもないです」

紬「そっかぁ‥‥」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:50:36.97 ID:8pKaPxIa0

憂「今日はお菓子をもってきたんです」

紬「これは‥‥飴かしら?」

憂「檸檬味の飴です」

紬「こういうのも作れるんだ」

憂「作ってもあんまり意味ないですけど」

紬「どうして?」

憂「市販のものより美味しく作るのは無理なので」

紬「食べていい?」

憂「はい」

紬「甘酸っぱい」

憂「檸檬だから」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:52:38.75 ID:8pKaPxIa0

紬「今キスしたら甘酸っぱいね」

憂「舌も入れるんですか?」

紬「嫌?」

憂「いやです」

紬「じゃあ普通のキスだけ」

チュ

憂「‥‥‥‥ちゅぷ‥‥ちゅぱ‥‥」

紬「‥‥っ、う、憂ちゃん?」

憂「舌を入れられるのは嫌なので、自分から入れてみました」

紬「あなた、ほんとうに憂ちゃん?」

憂「変ですか?」

紬「うん」

憂「私は素直な良い子じゃないといけませんか」

紬「‥‥そうね。唯ちゃんの前ではそうあって欲しいわ」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:55:03.20 ID:8pKaPxIa0

憂「やっぱり紬さんは少し意地悪です」

紬「そう?」

憂「弱いくせに」

紬「ごめんね。弱虫で」

憂「いいです。だから一緒にいられるんです」

紬「そうかしら」

憂「はい」

紬「今日、どうしよっか」

憂「ここで集まれませんか」

紬「部室?」

憂「はい」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:57:16.73 ID:8pKaPxIa0

紬「うん。大丈夫だと思う」

憂「じゃあふたまるぜろぜろにここで」

紬「12分でいいの?」

憂「12分だからいいんです」

紬「そっかぁ」

憂「そうです」

紬「じゃあ、また夜に」

憂「はい」



憂「あっ」

紬「どうしたの?」

憂「恋人同士がさよならする時は、キスするんです」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:00:05.23 ID:8pKaPxIa0

ふたまるまるまる

紬「曇り空ねぇ」

憂「そうですね」

紬「星を見ながらせかいのめつぼうを待つのも悪くないと思ったのだけど」

憂「いい趣味ですね」

紬「そう」

憂「はい」

紬「褒め言葉として受け取っておくね」

憂「それは駄目です」

紬「憂ちゃんがいじめる‥‥」

憂「紬さんがいじめてほしそうにしてるからいけないんです」

紬「じゃあ我慢する‥‥」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:06:07.98 ID:8pKaPxIa0

憂「‥‥ぷ」

紬「あと6分」

憂「滅びますよね?」

紬「ほろびるわけないじゃん」

憂「あっ、裏切りましたね」

紬「いけなかった?」

憂「裏切ったらハリセンボンです」

紬「ぷくー」

憂「もうその手にはノリません」パン

紬「あ痛っ」

憂「せかいがほろびなかったらどうしよう」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:11:01.06 ID:8pKaPxIa0

紬「どうしようもないんじゃない」

憂「そうですね」

紬「憂ちゃんは死ねないもんね」

憂「‥‥」

紬「私も死ねないから。だから生きてくよ」

憂「それしか、ありませんよね」

紬「あと、1分」

憂「紬さん」

紬「なぁに」

憂「馬鹿な遊びに付き合ってもらい、ありがとうございます」

紬「どういたしまして」

憂「たまに会いに行ってもいいですか?」

紬「来てくれないと泣くから」

憂「そうですか」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:12:00.43 ID:8pKaPxIa0

ふたまるひとにい

憂「‥‥」

紬「‥‥」

憂「‥‥」

紬「‥‥」

憂「‥‥」

紬「‥‥」

憂「‥‥」

紬「‥‥」

憂「‥‥」

紬「滅びなかったね」

憂「そうですね‥‥」

紬「残念ね」

憂「残念です」

紬「そうだね」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:13:37.28 ID:8pKaPxIa0

憂「本当に残念がってます?」

紬「どうだと思う?」

憂「わかりません」

紬「憂ちゃんにもわからないことあるんだ」

憂「なんでもできるわけじゃないですから」

紬「そっかぁ」

憂「そうです」

紬「じゃあそろそろ帰りましょうか」

憂「はい‥‥」

紬「唯ちゃんも心配しているだろうし」

憂「はい‥‥」

紬「憂ちゃん、さようなら」

憂「さようなら‥‥」




紬「あっ!」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:14:44.32 ID:8pKaPxIa0

憂「どうかしました?」

紬「忘れ物をしていたの」

憂「忘れ物、ですか?」

紬「ええ、とても大事な忘れ物」

憂「いったい何を‥‥?」

紬「恋人同士がさよならする時は、キスをするんでしょ」

憂「え」


チュ



めつぼうっ!



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:15:33.31 ID:8pKaPxIa0

おまけ
【にじゅうさん日】

紬「ねぇねぇ憂ちゃん。ニュースよニュース」

憂「どうしました? ‥‥もしかして」

紬「ええ、そうなの」

憂「紬さん‥‥私死にたくないです。せっかく――」

紬「なんの話?」

憂「え、せかいがほろびるんじゃ」

紬「そうじゃなくて、世界が新たな時代に突入したの」

憂「どういうことですか?」

紬「マヤの予言にはね、世界は滅びるんじゃなくて、第五の時代が終わり、第六の時代に突入するという解釈もあるの」

憂「知ってます。でも、第六の時代って‥‥」

紬「このケータイの画面を見て」

憂「えっと‥‥インドで初の同性生殖成功?」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:16:17.64 ID:8pKaPxIa0

紬「きっとマヤの予言はこれを指し示していたのよ」

憂「‥‥そんな馬鹿なこと」

紬「ないと言い切れる?」

憂「‥‥あるかも」

紬「ね、でしょ」

憂「私と紬さんの赤ちゃん‥‥」

紬「き、気が早いね」

憂「私達、もう結婚できる年齢ですよ」

紬「そうだけど‥‥私たちの赤ちゃんかぁ‥‥どんな感じだろ」

憂「きっとこんな感じです」
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3756929.jpg

紬「あらあらまあまあ」


おしまいっ!



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:17:01.25 ID:8pKaPxIa0

読んでくれた人ありがとう
ちなみに、21日の20:12は日本の冬至だから、マヤ(メキシコ南東部)における冬至を滅亡の日時とするならまだチャンスはある


元スレ
憂・紬「ふたまるひとにい」