SS速報VIP:兎角「なんか生えた…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404053492/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 23:51:32.55 ID:THSeyl3XO

チュンチュン

兎角「んんー」のびー

晴「すやすや」

兎角「朝か。起きろ一ノ瀬…」むく

兎角「………ん?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404053492




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 23:52:37.73 ID:THSeyl3XO

兎角「??」もぞっ

兎角「?なんだこれ」

兎角「まったく…誰だ、私の股間に何か仕掛けたな…」

兎角「爆発すると危ない…まずはトイレで確認しよう」


兎角「…………」

兎角「……な、なな、な」

兎角「なんだ?!こんな形の爆弾見たことがない」

兎角「しかも取れない…まるで生えているみたいだ」ぐぐっ

兎角「んっ!……ふざけるなっ」ぐっ




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 23:53:24.12 ID:THSeyl3XO

兎角「はっ、そういえば起きてから身支度を何もしていない」

兎角「仕方ない、コレは保留にして準備をしないとっ」ババッ

兎角「とりあえずトイレを…」

ジョボボボ


兎角「…ん?」

兎角「はっ?!コレから出ているだと?!」

兎角「ま、まさか……いや…でも…」

兎角「は、生えた……?」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 23:54:51.82 ID:THSeyl3XO


晴「ふぁ~あ…兎角さんおはよう…」

兎角「い、一ノ瀬っ」ァセ

晴「おトイレ待ってるね…」

兎角「あ、あぁもう終わるっ」ごそごそ




晴「はーっ、朝ごはんおいしかった」

兎角「………」
(股間が気になってまともにカレーも食えなかった…)

(なんかさっきより大きくなってないか…?)

晴「…兎角さん?」

兎角「はっ」

兎角「なんだ?」

晴「いや…なんだか元気がないように見えたから」

兎角「そ、そんなことないぞ」

晴「ホント?何かあれば晴、聞くからね」

兎角「あぁ…ありがとう」

(晴の優しさが身にしみる…)




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 23:56:41.23 ID:THSeyl3XO

授業中


兎角(いやいや…絶対コレ、大きくなってる…)ムクムク

兎角(どうすればいいんだ…)

兎角(あ、あれだっけ?男の人が、小さくする方法…)

兎角「///」かぁあ

兎角(だ、だめだっ!考えるだけでさらに大きくなりかねない……)

兎角(今は授業中…晴のことでも考えよう)

兎角(晴……)ムクッ

兎角(あ、あれ?)




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:12:12.92 ID:06Upha1SO

休み時間


晴「とかくさーん」

兎角「なんだ」

晴「おしゃべりしよう!」

兎角「なんだそれ」クスッ

晴「えへへー」

兎角(晴…晴晴晴晴はる)ムクムクッ

兎角「??!///」ガタン!

晴「トカクサン?!」

兎角「あ、な、なんでもない」カタン

晴「ど、どうしたの?」

兎角「…」

晴「………?」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:13:13.78 ID:06Upha1SO

2時間目


兎角(まずい…股間が熱い///)

兎角(晴のことを考えるとさらに熱くなってしまう)

兎角(これでは授業中にすることがないじゃないか)

兎角(股間…触りたいとか…思ってない!思ってないぞ)

兎角(………)

兎角(……熱いよ晴…)




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:15:16.53 ID:06Upha1SO


次の休み時間

兎角(も、もうだめだ…!)

兎角(よくわからんが、股間が私を刺激する!)

兎角(とりあえずトイレに……!!!)

だだだ


晴「兎角さん…?」

たたっ



トイレ

兎角「はぁはぁ」

兎角「早く触りたい…早くはやく」

バタン

兎角「えいっ」ズルッ

兎角「う、っわ匂いが…」

兎角「パンツもびしょびしょだ」

兎角「よし……」

サワッ

兎角「こ、こうか…っ?」はぁはぁ

兎角「ぁ、なんだこれぇ…///」

兎角「んっ……///」ぴくん



晴「兎角さーん?」


兎角「っ」
(晴!?)




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:16:31.06 ID:06Upha1SO

晴「兎角さん、具合悪いの……?」
コンコンッ

兎角「う…」

兎角「うん、ちょっと」

晴「保健室、連れて行ってあげよっか…?」

兎角「い、いや大丈夫だっ!」ァセッ

晴「いーいーかーらー!」コンコン

兎角「はぁ…わかったよ」




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:17:47.99 ID:06Upha1SO

保健室

晴「あれ?先生いないね…」

兎角「そうだな。一ノ瀬、わたしはここで寝てるから、もうお前は戻れ」

晴「えぇ?晴もここにいるよっ!」

兎角「なんでだよ…」

晴「だって晴、兎角さんが心配だよ」
うるっ

兎角「い、一ノ瀬…」
(かわいい…)ムクッ

兎角「っ…駄目だ、早く戻れっ」

兎角「ほら、もうすぐ授業が始まるぞ?」

晴「あ、ほんとだ…」

晴「じゃ、兎角さんを寝かしつけてからいこーっと♪」

兎角「……いいのに」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:19:02.38 ID:06Upha1SO

晴「そういえば兎角さん、どこが悪いの?」

兎角「えっ」

晴「お腹痛いとか?」

兎角「まぁそんなところだ」

晴「そっかぁ」



晴「…?なんかお布団が盛り上がってる、なにそれ?」

兎角「えっ」

晴「そこ…」

兎角「わ、わぁぁ」もぞもぞ
(やばっ!)

晴「??なんだったの?」

兎角「えーっとあれだ、ちょっとスカートが着崩れたというか」

晴「ふーん…?」

兎角(危なかった……)




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:20:42.84 ID:06Upha1SO

晴「やっぱり晴ここにいよっと」

兎角「え、なんで」

晴「晴も眠くなってきちゃいました」

兎角「おまえ……授業は」

晴「だいじょうぶ!兎角さんといるほうが晴、楽しいもん♪」

兎角「……そうか」

(ちくしょう…晴が行ったらトイレで処理しようと思ったのに)

(どうするんだこの状況…晴かわいいし、股間熱いし)




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:21:26.33 ID:06Upha1SO

晴「晴も寝ちゃおーっ」もぞっ

兎角「うわっ、なぜこっちのベッドに入ってくる?!」

晴「いいじゃないですかー、お部屋でもたまに一緒に寝てるしっ」

兎角「だ、駄目だって」もぞもぞ

晴「もう入っちゃいました」

晴「わーい!兎角さんと添い寝だ♪」

兎角「はぁ、もう…」

晴「おやすみなさいっ」

兎角「…おやすみ」

(ほんとに寝るのか…)

(っていうか)
(晴との距離が近い!)

(だ、だめだ…こんなに近いと)

(どうしても股間が反応してしまうっ)
ムクムクッ



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:22:09.97 ID:06Upha1SO

晴「むにゃ…もう食べられないよぉ」

兎角(さっきまでしゃべってたのに、もう寝てる)

兎角「よし。今のうちにトイレに…」
もぞもぞ

兎角「いや…待てよ?」

晴「すやすや…」

兎角「寝てる…よな?」

(もしここでしても、寝てる晴は気付かないんじゃ…)

(ふだんの朝もなかなか起きないし)

(晴の匂いのすぐ近くでコレを触るって、きっとすごく……///)

兎角「晴……」ズルッ

(そうだ、ちょっとだけ…さっさと終わらせて、コレをしずめるだけ)

兎角「晴、可愛い…」

さわさわ

兎角「んっ///」

(き、気持ちよすぎるっ…!!)




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:23:25.34 ID:06Upha1SO

兎角「ぁ、は、晴ぅっ」(小声)

さわさわさわ

兎角(晴のこんな近くで…いけない、クラクラする)

さわさわ

兎角「はぁはぁ///っんはぁ//」

兎角「は、はるっ、はるぅっ!」

晴「ふぇ?」

兎角「ッツ?!!」

晴「……おはよ、兎角さん」ニコ

兎角「お、おはよう…」

晴「………なにしてるの?」

兎角「!!ち、違うんだっ」

晴「なにが違うのかな…」

さわっ

兎角「ぁ…ちょ…っ///」

晴「兎角さん、なにこれ?」

兎角「なんか…朝起きたら生えてた……」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:30:44.65 ID:06Upha1SO

晴「へえ…」

兎角「し、信じてくれ!」

晴「信じてるよ。兎角さん、昨日晴と一緒に大浴場行ったもん」

兎角「うん、うん」

晴「こんなのが急に生えたら、びっくりしちゃうよね」

晴「誰にも相談できないし…ホントに大変だったね」

兎角「そう、そうなんだよ」

晴「でも、寝ている晴を相手にしちゃうのは……だめだよね?」

兎角「うっ…ごめん」

晴「ううん。いいよ?我慢できないことだから」

晴「ただ晴は、起きてるときの晴を相手にしてほしかっただけ…」ニギッ

兎角「んっ?!ちょ、一ノ瀬!」

晴「さっきみたいに、晴って呼んでいいよ?」

兎角「は…る……///」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:32:07.73 ID:06Upha1SO

晴「へえ…こうなってるんだ」ニギニギ

兎角「ぁ、はる…っ!」

晴「ねっ、お布団から出よう?直接見たい」

兎角「う、うん…」もぞっ



晴「わぁ、随分大きいんだね」

兎角「は、晴はこういうの、見たことあるのか…?」ドキドキ

晴「実物を見るのは初めてかも」さわさわ

晴「兎角さん、小さくしてあげようか?」

兎角「やり方知ってるのか…?」

晴「うーん、こう、…かな?」にぎり

兎角「ふぁ…!」

晴「かわいい声…」にぎにぎ

兎角「ふ…っ!やめろ…!」

晴「…じゃ止める?」にぎにぎ

兎角「っ、やっぱり続けてくれ//」




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:33:38.32 ID:06Upha1SO

晴「兎角さん、可愛い…」にぎにぎ

兎角「う、うるさい//」

晴「こんな兎角さんみるの初めて。もっと可愛い声聞かせて?」シュッシュ

兎角「ん、んんんっ!駄目だっ…!それぇっ…!」

晴「えへ、気持ちいいんだ?」シュッシュッ

兎角「は、晴ぅ…なんか出そう…//」

晴「いいよ。出しちゃえ」シコシコ

兎角「で、でるっ…でちゃうっ」

兎角「あっ…あっあっ…ぅぅんっ!」
どびゅっ

晴「うわぁっ。手がベタベタになっちゃった……」

兎角「す、すまない晴っ」

兎角「いまティッシュ持ってくるから!」

晴「あ、いらないよー兎角さん。こっちきて」

兎角「え?」

晴「兎角さんが出しちゃったんだから、兎角さんで綺麗にしなきゃ」

晴「はい、舐めて綺麗にして?」

兎角「えええっ?!」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 00:35:32.15 ID:06Upha1SO

晴「もちろん出させた本人だから、晴も舐めて綺麗にするよ?」

晴「ほら…ぺろっ、ぺろぺろ」

兎角「あぁぁ晴…汚いからやめろっ、私が舐めてやる」

晴(ちょろい)

兎角「うぅ…ぺろっ」

晴「そうそう。舐めてちゃんと綺麗にしてね♪」

兎角「ま、まずいぃ……ぺろぺろ」

兎角「ペロペロ……」

晴「うん、もういいよ兎角さん。綺麗になったね」

兎角「うぇえ///」

晴「またおっきくなったらしてあげるね?」ニコ

兎角「よ、よろしく頼む」かあっ




32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 23:50:56.80 ID:06Upha1SO

兎角(晴にしてもらったおかげで、さっきまでのがウソみたいにスッキリした)

兎角(もう晴に近づいても変な気は起こらないぞ!可愛くていい匂いがするだけ、いつも通りだ)

晴「兎角さんご機嫌だね」

兎角「そ、そんなことあるぞ」

兎角「だって一ノ瀬のこと、晴って呼べたし」

晴「うんっ、これからも晴でいいよ♪」

兎角「晴……」
(この進歩は何気に大きい)




33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 23:51:24.58 ID:06Upha1SO


夕食後

晴「はーっ中華料理美味しかったぁ」

兎角「そうだな。私はカレーが食べたかったけど」

晴「えーっまたカレー?」


一号室

晴「あ、そういえば兎角さん…」

兎角「?」

晴「今日は大浴場行けないね」

兎角「ん、あぁ…さすがにな」

兎角「行きたいなら行ってきていいぞ」

晴「ううん、晴も今日はお部屋のシャワーにしておくよ」

兎角「そうか。すまないな」




34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 00:08:49.76 ID:Qd35ng9OO

シャワールーム


兎角(我慢できないってほどじゃないけどちょっと溜まってきた…)

兎角(どうしよう。晴にしてもらうか……?)

兎角(いや、迷惑かけちゃいけないしこのくらい自分で処理しとこう)

シャーーーー

兎角(よし。シャワーの音に紛れるな)

さわさわ

兎角「ん……」

(晴の手つき……気持ちよかったな……)




35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 00:10:16.47 ID:Qd35ng9OO

兎角「こう…かな…?///」シュッシュ

兎角「んんんっ///」

(晴…好きだ…可愛い…)

兎角「はるっ、はるっ!」シュッシュシュッシュ

兎角「あっ、でそうっ、でるっ」シュッシュシュ

兎角「晴、はる、はるっ…!!!」
びゅびゅっ ぴゅくっ

兎角「ぁ…///」ぴゅくぴゅく


兎角「はぁ、はぁっ……///」へにゃっ




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 00:15:16.17 ID:Qd35ng9OO

晴「……!」カァァ

(兎角さんのオナニー現場に遭遇してしまいましたっ///)

(兎角さんごめんなさい…晴、悪い子です)

(何も知らないふりしてお風呂場に直撃するか、静かに聞くかで迷ってしまいました……!!)

(兎角さんのオナニーがどんなのか最後まで知りたくて、静かに聞く方を選んだんですけど……)

(兎角さん、かわいすぎるよ!!!)




40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 19:16:23.98 ID:Qd35ng9OO

兎角「上がった」ガラッ

晴「ぁ、はーいっ。入ってくるね!」

兎角「うん」

晴「……」ガララ


晴(はわわわわ///)

晴(さっきまでここで…兎角さんが自分のを…自分の手で気持ちよくして)

晴(あわわわわゎゎゎ//////)プシュ~




41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 19:17:27.38 ID:Qd35ng9OO



PM 23:15

晴「すぅ…すぅ…」

兎角「もう寝てしまったか」

晴「むにゃ…とかくさ…」

兎角「ふふ」なでなで



兎角「…ふー」

(今日はほんとに色々あって、疲れた…)

(私一人じゃどうしようもなかったけど、晴がぜんぶ教えてくれた)

(これから私の体はどうなるんだろう?全く分からないけど)

(晴がいればきっと大丈夫 そんな気がする)

兎角「晴…きょうはありがとう」

兎角「いっぱい迷惑かけて、ごめん…おやすみ……」


兎角「……すぅ」

晴「…」なでなで

(迷惑だなんて、ちっとも思ってないよ…)

晴「ふゎぁ……ねむ」ポフ

(おやすみ、兎角さん)





42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 19:18:19.16 ID:Qd35ng9OO

翌日 朝休みの教室

晴「とかくさーん」ぎゅー

兎角「あんまりひっつくなよ、ここで」

晴「えー?ちょっとくらい良いでしょー?エヘヘヘ♪」ぎゅっぎゅっ

兎角「もう……」

↑朝抜いてもらったからひっついても平気


伊介「……」じぃー




43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 19:19:04.71 ID:Qd35ng9OO

伊介「…ねー春紀ぃ」

春紀「んー?」パキッ

伊介「あの二人ってあんなに仲良かったっけ?」

春紀「あの二人って?」

伊介「東さんと晴ちゃん♪」

春紀「あそこはもともと仲良しだろー」ポリポリ

伊介「……まぁ、そうなんだけどぉ……♪」

伊介「なーんか急に、仲睦まじすぎってゆーかぁ……」

春紀「??なに、伊介様ってあの二人のどっちかが好きなの?」

伊介「は?伊介そんなの一言も言ってないんだけど♪ムカつく♪」

春紀「アハハ。ごめんごめん」パキ

伊介「あんなガキ好きとかありえないから♪」

春紀「わーったよ」ポリポリ

伊介「おい、食いながら受け答えしてんじゃねーよ♪」

春紀「ごめんって」アハハ…


鳰「………」

伊介「………」チラ

鳰「………」にやぁ




44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 19:21:35.11 ID:Qd35ng9OO

休み時間

伊介「…ねーにお♪」

鳰「あれ、伊介さんじゃないっスか。どうしたんスかー?」

伊介「……アンタ何か知ってんでしょ?♪」

鳰「…何のことっスかねぇ?」

伊介「東さんと、晴ちゃんのこと♪」

伊介「におの視線、なーんか意味深だったのよねぇ♪」

鳰「……さすが伊介さんっスねぇ。よくお気づきでー」

鳰「でも、伊介さんの踏み込む事じゃないかもっスよ?w」

伊介「あ?舐めてんの?♪」グッ

鳰「いやいや!舐めてないっスよぉ、ぼーりょく反対!!」

伊介「さっさと吐けよ♪」ググッ

鳰「ぅわぁ、ちょっ…ホントに言っちゃって良いんスかぁ~?」ギブギブ

伊介「はやく♪」グググ

鳰「ど、どーいうわけか、兎角サンにおチンポ、生えちゃったみたいなんスよねぇ…」アハ

伊介「……は?」




45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 19:22:29.91 ID:Qd35ng9OO

伊介「アンタ何言ってんの?♪」

鳰「いやいや!マジなんですってこれがぁ」

鳰「そんな珍しくもないらしーっスよ?女の子に、突然おチンポが生えちゃったー、って案件」

鳰「世の中には、色々あるっスからねぇ…みんな気づいてないだけでー」にやにや


伊介「…伊介信じらんなーい♪証拠は?」

鳰「もちろんあるっスよ?」

鳰「ウチのタブレットから見れるっスよ。この映像が昨日の一号室っス」スッスッ

伊介「なにこれ盗撮?趣味わるーい♪」

鳰「そんな怪しいもんじゃないっスよぉ!」ケラケラ

鳰「あ、言い忘れたっスけどお見苦しい映像かもしれないっスー」

伊介「言うのおそーい♪…ん?これ、部屋のお風呂?」


『あっ、でそうっ、でるっ』

『晴、はる、はるっ……!!!』

びゅびゅっ ぴゅくっ

『ぁ…』

ぴゅくぴゅく

『はぁ、はぁっ…』



鳰「………ね?」

伊介(東さんが激しくオナってたことが衝撃的……)

伊介「…まじで生えてる♪」

鳰「ウチもびっくりしちゃいましたよぉ。昨日これ見たときはもうホント」
にやにや

伊介「しっかし東さん、生えてても違和感ないってゆーかぁ♪」

鳰「きゃははっ!伊介さん、そりゃヒドいっスよーwww」

伊介「だって本当にそう思ったんだもん♪」

鳰「バッサリ言う姉さん、まじクールっス!!」ひゃーっ

伊介「でも伊介、ちょっと萌えるー♪」

鳰「まじっスかぁ?w」

鳰「……伊介さん、手を組みません?」

鳰「ウチが手下になるっスよー」
にやぁ

伊介「……ウフ♪」




50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 21:08:38.23 ID:Qd35ng9OO

廊下

鳰「兎角さーん!業務連絡っスー」たたた

兎角「なんだよ」

晴「あ、におだー」

鳰「晴もいるところ悪いんスが…きょうの放課後、十三教室で裏オリエンテーションやるっス!」

兎角「了解」

鳰「晴、ごめんね!放課後は兎角さん借りる事になるっス」

晴「ううん、いいよ!」

兎角「すぐに戻るからな」

晴「うんっ」ぎゅ

鳰「…わーお。見せつけてくれるっスねぇ」

兎角「もうおまえあっち行って」しっしっ

鳰「ひ、ひどいっスー」




51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 21:09:06.56 ID:Qd35ng9OO


鳰「あ、あと晴にもう一点。オリエンテーションに呼んでない方々もいるんで、遊びに行ってても良いっスよぉ」

晴「そ、そうなの?」

兎角「危ないから行くな」

鳰「だいじょぶっス。今日のオリエンテーション中は予告表出さないよう、皆さんにも言っといたんで」

兎角「ほんとか?」

鳰「ホントっス!もし今日殺しても、報酬は無しっス!」

兎角「ほんとだろうな…」疑い

晴「…晴、遊びに行ってもいいんだよね?」キラキラ

兎角「……いいけど、ほどほどにしとけよ」
はぁ

晴「はーいっ♪」


晴「じゃあねー鳰!」

鳰「またねっスー」



鳰「………」
にやにや




53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 21:10:45.38 ID:Qd35ng9OO

放課後 十三教室

兎角「…」ガラッ


鳰「あ、きたきたぁ」

伊介「いらっしゃーい♪」

兎角「あれ?お前らだけか」

鳰「そっス。今日は伊介さんと兎角さん、ウチの三名でやるっスよぉ」

兎角「そうなのか」

伊介「…ねぇ東さーん♪」

兎角「なんだ」

伊介「おチンポ生えちゃったってホントー?♪」

兎角「……はあっ!?」

鳰「ちょwww伊介さん!単刀直入すぎますってぇ!」ケラケラ

兎角「え……え!?」アセアセ

(何故ばれている!?)

(隠しカメラか!?まだ部屋に隠しカメラがあったのか!?くそッ!)




54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 21:11:39.39 ID:Qd35ng9OO

伊介「ねー答えてよ♪」

兎角「うるさい。お前には関係ないだろ、話はそれだけか」

伊介「関係あるもん♪」ずいっ

兎角「うわっ近付くなっ」

伊介「これかなー?♪」ぐにっ

ぐにぐにぐに

兎角「わぁあっ!??」ビクッ

伊介「あははは、思ったよりおっきいんですけどー…♪」ぐにぐに

兎角「や、やめろ!犬飼っ…!」

ムクッ

兎角「!」

(い、嫌だ、相手は晴じゃないのに……!)

(股間が勝手に反応してしまうっ)




55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 21:13:38.38 ID:Qd35ng9OO

伊介「あのね♪伊介、黒組に来てからずっとおチンポに触れてないのー♪」

伊介「いま久しぶりのおチンポを楽しんでるわけなのよ♪」

伊介「だからやめませーん♪」

ぐにっぐにっ

兎角「ふ、ふざけっ…るなぁ!」ビクッ

ムクムクッ

兎角「……!!」

伊介「…あらぁ?もうこんなに♪」
さわっさわっ

兎角「……ぁ、止め…!」ビク

(力が…入らないっ!)




59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 21:47:39.70 ID:Qd35ng9OO

伊介「ハイどーんっ♪」押し倒し

兎角「ぁっ」ドサッ

鳰「ありゃ。簡単に押し倒されちゃいましたねぇw」

伊介「だっておチンポが気持ちいいもんね♪力が入らないのよ」クスクス

兎角「お、お前らっ……!」ギロッ




61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 21:53:26.86 ID:Qd35ng9OO

鳰「…うっわぁー兎角さんなんスかそれぇw」ジロジロ

伊介「ヤバイよね♪おチンポがパンツとスカート押し上げて、こんなことになってんの♪」

鳰「おチンポ、すっごいつらそうっスよ。出してあげましょうよぉw」

伊介「そうねー♪」ボロンッ

兎角「あ、だ、駄目……!」ジタバタ

伊介「暴れても無駄無駄♪」

鳰「それじゃあ力もほとんど入んないっしょー?」ケラケラ

兎角「ちょ!ほ、ほんとにっ…!」

(こんな姿…晴に見られたら……)




62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 22:48:03.64 ID:Qd35ng9OO

伊介「晴ちゃんのことが気になる?」

兎角「っ」ギク

伊介「大丈夫よー♪におと伊介は約束してるもん、誰にも言わないって」

伊介「ねー、にお♪」

鳰「はいっス!」

伊介「東さんは安心して気持ち良くなれるのよー?♪こんないいことないでしょ♪」

兎角「ほ、ほんとに言わないのか…?」

伊介「ホント♪」

兎角「ほんとだろうな…?」疑い

鳰「ホントだってぇ」ケラケラ




63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 23:02:02.88 ID:Qd35ng9OO

伊介「晴ちゃんのことが気になる?」

兎角「っ」ギク

伊介「大丈夫よー♪におと伊介は約束してるもん、誰にも言わないって」

伊介「ねー、にお♪」

鳰「はいっス!」

伊介「東さんは安心して気持ち良くなれるのよー?♪こんないいことないでしょ♪」

兎角「ほ、ほんとに言わないのか…?」

伊介「ホント♪」

兎角「ほんとだろうな…?」疑い

鳰「ホントだってぇ」ケラケラ




64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 23:02:38.60 ID:Qd35ng9OO

伊介「伊介のテク、まじやばいから♪晴ちゃんじゃしてくれないような事もできちゃうのよ?♪」

兎角「………」ゴクリ

伊介「同意の上でやろーよ。伊介は暴れられるのが嫌い♪スマートにやりたいのよね♪」

伊介「あーっ喋り疲れたー」さわさわ

兎角「は、ぁ、ぁ……ッッ 」

(晴……ごめん……)

(もう何も考えられない…)




67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 23:13:24.22 ID:VKiz1Uw7O

伊介「伊介はー、亀頭攻めとか好き♪」
ぷちゅっ

兎角「ふぁ…?!?」ビクッ

伊介「伊介がコレやるとー、みんなすぐイっちゃうの♪」

伊介「東さんはどこまで我慢できるかな~?♪」

ぷちゅぷちゅぷちゅ

兎角「……くっぁあぁ?!!///」

(な、なにこれ……!?)

伊介「……かわいー。もう出ちゃいそうじゃん♪」くちゅ

にゅぷにゅぷにゅぷっ

伊介「おチンポのこの穴から出るのよ♪」ほじほじ

伊介「ほら♪ほら♪ほら♪」

ぬちゃぬちゃぬちゃ

兎角「くひぃっ!ぁ、っひぃぃぃいっ!///」ガクガクッ

(だめ……!で、でる…っ!!)

伊介「……ん♪」パッ

兎角「あ、あ、あっ……!////」
ビクッビクッビクッ

びゅうっ ぴゅぴゅっ


伊介「……おチンポ、ビクビクしてる~♪」

兎角「あぁあ……っ///」ビクッ ビクッ

ぴゅ、ぴゅぅっ

(駄目だ……気持ちよすぎる)

(晴………)



鳰(わ、わーぉ……///)





69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 23:17:55.43 ID:VKiz1Uw7O

伊介「どーよ♪」

兎角「す、凄まじかった…」

伊介「フフーン♪」


鳰「…兎角さーん」

兎角「なんだ…」

鳰「お二人を見てると、ウチも興奮してきたっス…」

鳰「お掃除させてくださいっス///」
ペロペロ

兎角「ぁ、走りっ…?!」

伊介「わ♪におも発情したぁー♪」

伊介「伊介見てよっと♪」じぃー

鳰「あ、あんまり見られると恥ずかしいっス…//」ペロッ




70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 23:18:45.03 ID:VKiz1Uw7O

兎角(走りの舌が直接っ…)

(初めての感覚だ、これもなかなか…いや、凄く気持ちいい)

兎角「ぁっ、はあぁっ///」ビクッ

鳰「ウチ、レズじゃないんで。おチンポに興味があるだけっスから」
ペロペロ

兎角「そ、そんな事分かっている」

鳰「んっ……んむぅっ」じゅぶ

兎角「う…」

鳰「………んん~」じゅぶじゅぶ

兎角「はぁ、はぁ、く、ぅ…//」

(これ、すごっ……!///)

(全方向から走りに包まれて……しかも唾液が擦り込まれてすみずみまで感覚が敏感にっ)

(ただでさえさっき出したばっかりで敏感なのに……!!)

鳰「はむっ…じゅるるるっ」ヌロォ

兎角「あっ!あっ!……くぅ//」ビクビクッ



71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 23:21:10.39 ID:VKiz1Uw7O

鳰「っぷは……兎角さん」

鳰「ウチの頭掴んで、自由に動かしていいっスよ」

兎角「え?」

鳰「イラマチオってゆーんスけど。きっと気持ちいいっス」

兎角「頭を掴む……?こうか?」グイ

鳰「そうっス、あむっ」じゅぶ

鳰「どぉぞ…うごかひて?」

兎角「く、咥えながら喋るなっ///」


兎角「えっと……こう……?」
ぐいっぐいっ

鳰「んっ、そおっす。んぶっ……///」
じゅぼっじゅぼっ

兎角「ぁ、これぇ…!///」
ぐぐっ ぐっ

(私の意思で走りが動いてっ、でも舌は走りの意思で動いて……)

(と、とろけそう……)

鳰「もっと強くしていーっすよ…」
じゅぼっ

兎角「くっ、はしり、はしりぃ…っ」
ガッ ぐいぐいぐいっ

鳰「ぉえ"ッ!ん、ん"ん~っ///」
じゅぼじゅぼじゅぼ

兎角「……くぅっ!!」
ガッガッガッ

(やばい手が…止まらない……)


鳰「じゅるっ!じゅるるっ、じゅるるるるっ!」ぐぽっぐぽっ

兎角「で、でるっ、出すぞ走りっ!……うっ!」グッ!

どぴゅるるるっ

鳰「…!」ゴボゴボッッ



鳰「………あ"はぁ///」デロォ




72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 23:39:56.90 ID:VKiz1Uw7O

兎角「………ふぅ」

伊介「えろーい♪見入っちゃった~」

鳰「ごくん。…あ、兎角さんお疲れっス」

兎角「…あぁ」

鳰「約束は守るっスよぉ」

伊介「伊介もー♪」

兎角「……頼むぞ」



鳰「じゃあまた明日っスー」

伊介「バイバーイ♪」

兎角「……」


兎角「………」

(とんでもないことをしてしまった)

(晴に隠し事するなんて考えられない)

(でもこれは言えない……)


その頃の晴

晴「わぁー!首藤さんすごいいいい」

涼「照れるのぅ」

香子「また将棋?」

涼「あっ。こーこちゃん。今日はクロスワードパズルじゃ」

香子「へえ」

晴「神長さん、首藤さんすごいんだよ!こことか、これとか晴わからなかったよぉ」

香子「おぉ、結構難しいんだな…」

涼「抽選で温泉旅行が当たるでのぅ、こーこちゃん。一緒に行こう」

香子「良いぞ。当たったらの話だが…」

晴「二人は仲良しさんだねー」

涼「ふふっ。涼はこーこちゃんが大好きじゃ」

香子「っ、首藤、人の前だろう…」

晴「えへへへ…いいなぁ」




73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 23:47:56.68 ID:VKiz1Uw7O

シャワールーム


シャーーーーーッ

兎角「………」ぽたぽた

兎角「…」

(あいつらに触られたの…今考えると、本当に気持ち悪い)

(でもあの時、私はまるで抵抗できなかった)

(…私の意思が弱いのか?)

ゴシゴシゴシ

(汚ない…汚ない、汚ない、汚ない)

兎角「…チッ」

ゴシゴシゴシ

(なんで、こんなの生えてきたんだよ……)イライラ




82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:55:03.89 ID:Uyho1/RXO


晴「ただいまーっ…あ、兎角さん!」

晴「おかえりっ」

兎角「ただいま。おかえり」

兎角「晴…話がある」

晴「え?なに?」

兎角「っ…」

(言うの、怖い)


兎角「今日、走りのとこでオリエンテーションがあっただろ」

晴「うん」

兎角「私、そこで犬飼と走りに襲われた」

晴「…」

兎角「はじめ嫌だって思ったのに、だんだんどうでもよくなって、気持ちよくなってる自分がいた」

兎角「気がついたら全部終わってて、そこで初めて思ったことが」

兎角「晴に言えない、どうしようって」

兎角「最低だよな、自分の意思さえコントロールできなくて、最初に思うことがそれ」

兎角「まず二人に口止めして、どうやって隠し通そうかって。そんなことまで考えはじめた」

晴「……」




83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:55:49.72 ID:Uyho1/RXO

兎角「…言ったらスッキリするかと思ったけど、そうでもないな」

兎角「……」

兎角「………それだけ。ごめん」


晴「……兎角さんは」

晴「兎角さんは、晴のことが好きなんだよね…?」

兎角「っ!」

兎角「もちろんだ」

晴「よ、よかった……」


晴「兎角さん……うぅ…!」
ぎゅっ

兎角「晴?」

晴「……」ぎゅーーっ

兎角「よ、よせ…今の私には、おまえに抱きしめられる資格はない」

晴「…あります」

兎角「な、ないってば…晴以外のやつと、体を」

晴「あります!!!!!」ぎゅーーっ

兎角「!」




84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:56:30.15 ID:Uyho1/RXO

晴「もし、それを秘密にしたままでも平気で晴と仲良くし続けようとする人なら、資格はない」

晴「晴のことが本当に大事じゃなければ、こんなの教えてくれる人はいないよ」

晴「晴は、兎角さんがぜんぶ話してくれたことが、一番うれしい」

晴「だから晴は、兎角さんを赦すよ。兎角さんには、晴に抱きしめられる資格があるの」

晴「ね?」ニコ


兎角「………ぅ…」うるっ

兎角「おまえ、少しは怒れ…!」
ぽろぽろ


晴「え?怒ってないとか言ってないけど……」




85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:58:42.42 ID:Uyho1/RXO

晴「伊介さんと鳰に軽率にやられてしまった兎角さんには怒ってるんだけど」

晴「あーあ…兎角さんには、晴だけの兎角さんでいてほしかったのに もう取り返せませんよ」

晴「ほんと、意思よわいですね!!」

兎角「」グサグサグサ

晴「二人がかりで個室とはいえ、あっさりやられすぎじゃない?」

晴「晴悲しいよ。兎角さんが他の子に体を許したの。悲しいよ」

兎角「すまん!晴!すまん!!」ぶわっっ

晴「今から晴で上書きをします。おいで兎角」

兎角「ほんとにごめんなさい、はる、ごめんなさい、ゆるして…はる」

晴「だからもう赦してるってば。晴は、お こ っ て る の !!」

兎角「ひっ!ごめん…………怒らないで……」

晴「それは今からの兎角さんの態度によるなぁ?」ニコ

兎角「………ぁあぁ……ぁ」




96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 17:51:24.73 ID:Uyho1/RXO

晴「…兎角さんこっち」ギシ

兎角(べ、ベッド///)

ギシッ

兎角「……」

晴「ふふ…もうちょっとこっちだよ」

ぎゅっ

兎角「……」ドキドキ

晴「……」チラッ

(ここなら、隠しカメラにちゃんと映る)

(鳰。見せつけてあげるよ)

(兎角は、晴のだから)




98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 18:10:33.93 ID:Uyho1/RXO

兎角「……」ドキドキ

(晴に抱きしめられてる///)

(晴の柔らかさ、体温、匂いがこんなに近くに)

(晴の、髪の匂い……)

兎角「ん……」クンクン

ムクムク

晴「??晴の匂い嗅いでるの?」

兎角「あっ、うん」

晴「もっと嗅いでいいよ」

晴「晴の頭に顔うずめて?ほらっ」

兎角「……じゃあ」

もふっ

兎角「…?!」クン

兎角「………!!!」

(!!!こ、濃い…!)

(晴の髪の毛、頭皮も、甘くていい匂いがするっ)

(いまだかつてない晴成分をいま私、摂ってるかも……!!)

兎角「……!…っ!!」クンカクンカ

晴「ん、くすぐったいよぉ兎角さん」

兎角「は、晴っすごくいい匂いだっ!」
ハッハッ ハァッ

晴「兎角さんってば、ワンちゃんみたい……」

兎角「だって、晴がいい匂いだから…!」クンカクンカ

(私って匂いで興奮する性質だったのか……)

(晴の匂い最高!!!)クンカクンカ



106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 17:33:49.34 ID:94lBc0zXO

ムクムクッ

兎角(勃起が止まらない、まだ大きくなるというのか…!?)チラ

(うわっ…!見たことないくらい大きくなってる)ギチギチ

(パンツに圧迫されて辛い…)


晴「そ、そろそろ嗅ぎおわった?兎角さん…」

兎角「はっ」

兎角「あぁ、じゅうぶん嗅がせてもらったぞ!」

晴「兎角さんが嬉しかったならよかったぁ」

兎角「嬉しいどころか、すごく興奮したぞ」

兎角「最高の匂いだ」

晴「あ、ありがとう…?//」




107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 17:45:46.97 ID:94lBc0zXO

晴「…ん」ちゅ

兎角「!?」

晴「ふふ」

ちゅ、ちゅ

兎角(はっ晴がチューしてきた!!)

(晴のくちびるやわらかいな…)

晴「…」ちゅちゅっ

兎角「~///」

(これがファーストキスか。最高すぎる)


晴「んちゅ」サワッ

兎角「んっ」

(あ…む、胸、触られ)

サワッサワッ

兎角「ふ、ふぁあ」

(なんかほわほわする…!)




108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 17:46:25.84 ID:94lBc0zXO

晴「兎角さん、上脱がすよ」プチ

兎角「!う、うん」

プチ プチ

兎角「……」ドキドキ

晴「…兎角さんも、晴のこと脱がせて?」

兎角「…えッ!?」




109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 17:48:05.54 ID:94lBc0zXO

兎角「い、いいのか…!?」

晴「いいよ」

兎角「じ…じゃあ…」ドキドキ

晴「ホラ、はやくっ」

晴「晴もう脱がせおわっちゃうよ?」

パチッ

兎角「あっ」

晴「……兎角さんのおっぱい…///」ジッ

兎角「!」カ-ッ

兎角「あ、あんまり見るなっ…」ささっ

晴「あっ隠さないでよー」

兎角「やだ。小さいから」

晴「みーせーてーよー!」

晴「手どけて!」

兎角「いや」

晴「もぅ、今更恥ずかしがることないのにっ」ム~




110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 17:48:45.84 ID:94lBc0zXO

晴「……晴のこと脱がせないの?」

兎角「はっ 今からやる…」

晴(手をどけた!!!)

晴(兎角さんのおっぱいがチラチラ見える…すごく、良いです)


プチッ プチッ

兎角(晴は下着までかわいいな)

(これ脱がすと晴の………)ゴクリ

(い、いくぞ………)

パチッ ぷるん

(あ)


(いっいま晴のおっぱいが)

(ぷるんって………ぷるんって)

ビュ




111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 17:49:25.38 ID:94lBc0zXO

兎角「」

(あっやばい今ちょっと出たかも)


晴「……兎角さん?」

兎角「はっ!」

兎角「あまりの衝撃に言葉を失ってしまった…」

晴「…?」


兎角「晴の…、お、おっぱい///」ズイッ

晴「きゃっ」

兎角「…………」ジッ

晴「恥ずかしいよっ兎角さん///」

兎角「綺麗だ…」ジ~

晴「………!///」カァッ




118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 19:53:49.59 ID:94lBc0zXO

兎角「晴…」サワッ

晴「ひゃっ///」

兎角「触っていい?」サワサワ

晴「い、いいけど……もう触ってるよ?」クスッ

兎角「ごめん。我慢できなかった」

晴「も、もう…///」

(兎角さん、もうおっぱい隠すの忘れちゃったみたい)

(さっきから丸見えで……最高です)

晴「あの…晴も、兎角さんのおっぱい触っていい?」サワサワッ

兎角「ふあっ?!」びくっ




119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 19:55:00.39 ID:94lBc0zXO

兎角「おまえっ!急に触るなっ///」

晴「ごめん。我慢できなかった!」アハ

兎角「クッ……いいけど…あんまり見るなよ」

晴「わかった。見ないよ!」サワサワ

兎角「あぁ、そうしてくれ…んっ」

晴「うふふ~」サワサワサワサワ
(じつはちゃんと見てるよ~)

兎角「くぅう…///」

晴「感度いいね」モミッ

兎角「あっ///」

兎角「ちょっちょっと待て!もっとゆっくりさわれ!」

晴「え~なんで?」

兎角「私ばっかり気持ちよくなってるだろ」

兎角「私は晴を気持ちよくしてやりたいんだっ」

晴「兎角さん!そうだね。ゆっくりさわるね」

(兎角さんかわいい!!かわいい!)

(ゆっくり触ろう♪ふふっ)




120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 19:55:50.39 ID:94lBc0zXO

サワサワ

兎角「んっ、はるっ…」

晴「とかくさぁん…」


兎角「はるっ…//」ちゅぅ

晴「ひゃぅっ//」

(と、兎角さんが!!晴のおっぱいに吸い付いてきた!!///)

兎角「……」ちゅぅちゅぅ

(晴はおっぱいまでいい匂いだな)

(興奮する…)ムクムクッ

晴「やぁあ…///」

兎角「んむむっ…」
ぺろぺろ ぺろっ

晴「ぁ……!///」ビクッ

(晴の乳首舐められてる…!)

晴「あ、と、兎角さんっ…//」

晴「きもちい、きもちいよっ!///」

兎角「………」チューッッ

(なに?晴が気持ちいいって!?)

(う、うわああああやったああああ)




121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 19:57:44.77 ID:94lBc0zXO

晴「晴、もう……!」ビクビク

兎角「!」

兎角「晴っ!」ぎゅうっ

晴「兎角さん……!///」ぎゅぅー


ちゅうぅう

晴「…やっ、ゃあっ!」

晴「ぁっ、あぅうぅっ!!!///」びくんっ

兎角「!?だ、大丈夫か!?」アワワ

晴「んっ……ふ…//」ビクッ

(わああ……おっぱいでイっちゃいました)

(………兎角さん、じょうず…///)





122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 20:00:29.47 ID:94lBc0zXO

兎角「…大丈夫か晴?」なでなで

晴「ん…///大丈夫だよ…」

兎角「よかった」ぎゅ

晴「///」

(さっきから思ってたんだけど…抱きつくときに)

(兎角さんのおちんちんが、すごく……当たる………////)

(ごめんね。待たせて)

(晴はもう大丈夫だよ)


晴「兎角さん」

兎角「ん?」

晴「おちんちん苦しいでしょ?」

兎角「んなっ!?!」ギクゥッ

晴「ちょっと見せて」ペラ


兎角「うわぁぁあ………///」カーッ

晴「やっぱり……すごくおっきくなってる」




123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 20:02:29.75 ID:94lBc0zXO


晴「あ、あのね兎角さん……」モジッ

晴「晴、もう準備できたから……その…」

晴「晴のはじめてを、兎角さんにあげる!!///」

兎角「?!!??!」



兎角「い、いいのか!!??」

晴「うん……いいよ……!///」

兎角「ほ、ホントにいいのかっ」

晴「いいよ。兎角さんのはじめても、晴にちょうだい……///」サワッ

兎角「あ、あ、あ、、!!!」
ドッドッドッ

(と、とんでもないことになった!)

(股間が爆発しそうだ……)




127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 22:13:08.07 ID:94lBc0zXO

晴「あ、あれっ?//」ネチョ

兎角「!」

晴「兎角さん、パンツになにかついてる…」

兎角(ああああああ晴のおっぱい見たときのやつやっぱり出てたああああああ)


晴「き、きっと何かのはずみで出ちゃってたんだよね!!」

兎角「………おっぱい」ボソッ

晴「え?」

兎角「…晴のおっぱいが見えた瞬間に……出た…///」

晴「……そ…そうなんだ」

(かわいすぎ)




128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 22:15:22.70 ID:94lBc0zXO


ボロンッ

晴「ほんとにおっきいね……」

晴「よ、よーし……」ヌギ

兎角(ああっ晴がパンツを脱いで…)

(…ぐしょぐしょじゃないか)

晴「…ん」クチュ

晴「兎角さん、きて、いいよ…?」

兎角「!!」ドッドッドッ




129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 22:23:25.88 ID:94lBc0zXO

兎角「晴…」ギシッ


晴「っ……」

兎角「こ、ここか…?」ピトッ

晴「うん…」

兎角「いれるぞ…」

ズプ

晴「……っ!!」ズキ

兎角「!」

晴「痛っ……」

兎角「ご、ごめんっ」

晴「ううん、兎角さんのせいじゃないよ」

晴「でもちょっとだけ待って…このまま」ぎゅ

兎角「……わかった」

晴「……」ぎゅー

晴「兎角さん、ぎゅってして……」

兎角「ん」ぎゅっ

晴「もうだ、大丈夫……んっ」ハァハァ

兎角「無理するな」

晴「ほんとだよ。ほら、ちょっとずつなら動けるよ ん……、ぁっ」ズニュ

兎角「っは、ぁ……」ビク

晴「いいよ、動いて…」

兎角「……うん」




130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 22:24:02.70 ID:94lBc0zXO

ズ プ


晴「んくっ……ふっ、あ」

兎角「晴の中……熱い…」ズ…ニュ

晴「兎角さんのだって…ぁっ」クチュ


(今、私晴の中に…)

(正直、気持ちよすぎて頭がおかしくなりそうだ)

(晴を傷つけることだけは無いようにしないと…)

ズ ズッ

晴「と、兎角さっ……ぁ///」

晴「気持ちよくなってきた…かも//」

兎角「!」

兎角「よ、よかった…」ホッ


晴「はじめて同士なのに、晴たち相性がいいのかな?えへへ…」

兎角「……!」キュン




131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 22:25:14.39 ID:94lBc0zXO

兎角「晴、好きだ…!」ぎゅっ

晴「と、兎角さん?///」ドキッ

兎角「優しく、するからな」ズ ズッ

晴「………!!」キュン


兎角「晴、痛くないか?」ズニュ ズニュ

晴「うんっ///もう全然……!」

兎角「はるっ……」ズププッ

晴「んあっ、奥までっ///」ズチュ ズチュ

晴「もっと、もっと……ぎゅって、んっ」ぎゅーっ

兎角「晴っ!」ぎゅううぅー




132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 22:26:45.53 ID:94lBc0zXO

ヌチュッ ヌチュッ ズチュッ

晴「兎角さんっ、気持ちいい、気持ちいいよっ///」びくっびくっ

兎角「わ、わたしもだっ…!」ハァハァ

晴「晴、はるもうイっちゃう…!」

兎角「ん……いいよ…!」ズ ニュッ

晴「……ぁ、あっ!」ぎゅっ


晴「兎角、好きっ…!大好き…!!」びくびくっ びくんっ

兎角「…!」

きゅぅううっ

兎角「んぅっ///」

(あ、晴の中が締まって…!)

兎角「っ、で、出る…!」

晴「いいよぉっ!晴の中に出してっ…!///」びくっびくっ

兎角「は、はるっ!!…んんんっ!」

どびゅうっ びゅっ、びゅぅうっ

兎角「ぁ、はぁあーっ///」

びゅくびゅくっ ぴゅっ


晴「んはあっ//い、いっぱいでてる……!!!」ドクッ ドクッ

(兎角の…ビクビク、してる…)

ドクッドクッ ドクン

兎角「晴!好きだ!愛してるっ…!」

晴「晴も!晴も兎角のこと、愛してるよっ…!///」




133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 23:55:20.28 ID:94lBc0zXO

翌朝


チュンチュン

兎角「……ん」ぱち


(朝か…)

(……きのうは)

(晴と愛し合って、そのまま寝ちゃったのか)

(幸せだったな………)

ごろっ

晴「すぅ…すぅ…」

兎角「…ふふっ」

(晴がとなりで寝ている)

(いまも幸せだ)

(こいつも疲れただろうし、もう少し眠らせてあげよう)


兎角「んんー」のびっ

兎角「トイレ……」


兎角「………ん?」もぞっ

兎角「んん!!?」もぞもぞ




134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 23:55:53.26 ID:94lBc0zXO

トイレ

兎角「……!!」

兎角「な、無くなってる!」

(これは…喜んでいいんだよな)

(しかし…せっかく共存できるようになったのに、途端に消えてしまったな)

(一体なんだったんだ?)



晴「むにゃ、とかくさぁん…」

兎角「私の夢を見てくれてるみたいだ。嬉しいな」

兎角「でも起きろ晴」ぺしぺし

兎角「起きろ」ぺしぺし

晴「…ふわぁっ?」

晴「??おはよう、とかくさん…」ごしごし

兎角「晴、聞いてくれ」

晴「なに~?」

兎角「わたし、おちんちんが無くなったぞ!」

晴「えっ!ホント?」

兎角「あぁ!起きたら消えていた。この通りだ」ズルッ

晴「わぁあ見せなくていいよぉ!」

兎角「あっそうか」ズルル




135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 23:56:30.20 ID:94lBc0zXO

晴「にしても、なんだったんだろうね~」

兎角「な。ちょっと寂しいような気もするが」

晴「なんだか、晴と兎角さんをくっつけるために生えてきたみたいだね」

兎角「え?」

晴「晴たちのキューピッドだったんだよ。きっと」

兎角「ふーん…なるほどな」

兎角「おまえは面白い事を言うなぁ」

晴「どういたしまして!えへへへ」

兎角(キューピッドかぁ)

晴「じゃあ晴トイレいくねー」むくり

兎角「ん」

晴「………」

晴「?????」

兎角「どうした晴。トイレはそっちだぞ」

晴「あ…あれ…っ?」もぞっ

晴「トッ、トカクサン…!!」

兎角「なんだ…?」

晴「こ、これってもしかして」

兎角「!?」

もぞもぞ

兎角「…あっ」

兎角「……おめでとう。これはおちんちんだ」

晴「ひょえぇーーっ!??」

兎角「今度は晴に生えてきたか」

晴「なんだかよくわからないけど、アズマ先輩!レクチャーをお願いします!」

兎角「お安い御用だ、昨日まで生えていたから大体わかるぞ」

兎角「……まず」

兎角「それは朝勃ちだ。わたしが抜いてやる」シュッシュッ

晴「えぇー!おしっこしたいよー」

兎角「このままだとトイレできないんだぞ、ちょっと辛抱しろ」シコシコシコ

晴「ひょえええええー!!!///」




136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 23:57:06.27 ID:94lBc0zXO

二号室

伊介「はるきー…♪」

春紀「んー朝…?」ふわぁっ

春紀「伊介様。抱きつかれてちゃ起きられないよ」ぺしぺし

春紀「伊介様」ぺしぺし

伊介「うるせえな…♪」

グイグイ

春紀「ん?伊介様なんか硬いのが…」

伊介「んー?♪なに?」

春紀「……え?何コレ?」ニギッ

伊介「あんっ///」びくっ

春紀「?!!?」

伊介「……は?いまのは何よ♪」

春紀「ご、ごめん。なんかごめん」パッ

伊介「………殺す♪」

春紀「いやホントごめん。状況が全くわからん…」汗

伊介「伊介にだって全然わかんねーよ♪」ギリギリギリ

伊介「あんだよコレ♪」ギリギリ

春紀「まさかの逆ギレ?!」




137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 23:57:32.63 ID:94lBc0zXO

七号室


鳰「うぅ……ん、朝?」

鳰「おはよっス…って誰もいないか」アハ

鳰「トイレトイレー」むくり

鳰「…………ん?」もぞっ


トイレ

鳰「う、うっそぉぉぉお!??!?」

鳰「まさかウチにも生えるなんて…」

鳰「どうしよう……理事長に見せられないよぉ…///」


鳰「ぜ、絶対兎角さんにうつされたっス……!絶対そうっス!」

鳰「ゆるせなーーい!!!」




138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/03(木) 23:58:00.17 ID:94lBc0zXO

理事室


理事長「………ウフフ」

理事長「ニ号室は慌てているようね」

理事長「みなさんが不思議がっているそれは、全て私が特別なホルモン剤を投与したことによるものよ」

理事長「手始めに東兎角さん。あなたはよくやってくれたわ」

理事長「私、一号室が気に入っちゃった。今度は一ノ瀬さんあなたよ、リバ楽しみにしてるわ」

理事長「まぁ、何もしなくても勝手にリバしてくれるのよね。一号室は」ウフフ

理事長「昨晩のお楽しみも、良かったわよ。リアルタイムで見ちゃった」

理事長「さぁ、おチンポ新入りの三名はどうなることでしょうね…」

理事長「鳰さんは今夜も来てくれるのかしら?楽しみだわ」

おわり



157: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 12:52:50.57 ID:/wL9kXsEO


シコシコシコ

晴「うぅぅっ、兎角さん、出そう…このままじゃ」

晴「兎角さんの手汚れちゃうよ…」

兎角「手を洗ってる時間はもうないな」

兎角「晴、このゴミ箱に出せ」ガサッ

晴「えぇ!?」

晴「わ、わかったよ……んんっ!」
びゅる

ピシャッ

兎角「ナイスショットだ晴」よしよし

晴「う、嬉しくないよー///」フエーン




158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 12:53:47.18 ID:/wL9kXsEO


授業中


晴(ふぅ…朝してもらって良かった)

(あの感覚じゃ絶対集中できないもん……)

(兎角さんもあの感覚を我慢してたんだよね……)

(わーっ変なこと考えちゃいけない!!おっきくなっちゃう)

(しゅーちゅー!!!)


伊介「んー…」モゾ

(なんだかんだで部屋に春紀がいるから抜けなかったんですけど♪しねよ)

伊介「ぁ"~…」グッデ~ン


春紀「伊介様…大丈夫?」

伊介「………」

(なに?こいつ伊介に何が起きたかホントにわかってないの?)

(ムカつく~♪)

伊介「…ちょっと気分悪いのよ」

春紀「え……ほんと大丈夫なの?」

春紀「ポッキー食う?ほら」アハ

伊介「いらない」

春紀「………!」ガビーン


春紀「先生」

春紀「伊介様が具合悪いみたいなんで、保健室連れて行きます」

伊介「え?」

春紀「ほら行くよ伊介様」グイッ

伊介「…伊介に指図すんなっつーの♪」

春紀「……」スタスタ

伊介「あ、ちょっ……」


溝呂木「いすけさまって犬飼のことかー?あ、あれっ?寒河江?」

溝呂木「もういない……」たはは




160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:08:14.51 ID:/wL9kXsEO

保健室

春紀「伊介様…なんかあったのか?」

伊介「………あのさー♪実は」

伊介「伊介、おチンポが生えたみたいなのよね♪」

春紀「えっ?」


春紀「ちょっと意味がわからな…」

伊介「男の人についてるやつが、伊介にも生えたの♪そのくらい理解しろ♪」

春紀「それって生えてくるものなの?」

伊介「そんなに珍しくないらしいわよ♪見る?」

春紀「は?!い、いや、いいよ!」

伊介「……何慌ててんの?♪ウケる~」




161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:08:40.66 ID:/wL9kXsEO


伊介「ほら、見なさいよ」

春紀「いやいや…いいって」

伊介「ホントお子様なんだから♪」

ボロンッ

春紀「!?」

春紀「何これ…でっか」

伊介「おチンポ♪見たことないの?」

春紀「家族のとか、あるっちゃあるけど…こんな形のは」

伊介「……ふーん♪」

伊介「ねー春紀触ってよ♪」

春紀「え?!や、やだよ!!」

伊介「いいから触れ♪」ぐい

にぎっ

春紀「う、うわぁ!?」

(無理やり握らされた!!)

(なんか熱いけどぬるいし…ベタベタだし……)

春紀「おい!ちょっと伊介様!!」

伊介「んっ……♪」

春紀「……伊介様?」



162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:09:19.48 ID:/wL9kXsEO


伊介「も、もうちょっと触ってよ」

伊介「そしたら伊介の具合も良くなるから♪」

春紀「な、なにいってんの…??」

伊介「……気持ちいいからしてって言ってんの♪」

春紀「?気持ちいいの??」にぎっ

伊介「あっ、ん♪」

春紀「………」


さわっ さわっ

春紀「こ、こう?」

伊介「………イラつく♪」

春紀「え」

伊介「たらたら触んな。もっと気持ちよくなるようにしなさいよ♪」

春紀「…んなこと言われたって、わかんねーよ」イラッ

伊介「チッ …お手本。一緒に手動かしてよね」

春紀「はぁ…?」

シュッシュ

春紀「うわっ、速っ」シュッシュ

伊介「ん、……♪」

伊介「あ、ぁっ……♪」ビクッ

春紀「い、伊介様?大丈夫?!」

伊介「大丈夫♪ほら春紀も、あっ♪」ビクン

春紀(伊介様、なんか…)

(かわいいというか…えろい?)




163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:09:49.30 ID:/wL9kXsEO


にゅぷにゅぷ にゅぷっ!

伊介「!!ん、んんっ♪!」

ビュルッ!

春紀「うお?!」

伊介「んーっ……♪」グッデ~ン

春紀「伊介様!?伊介様!?」ァタフタ

春紀「な、何か出て……伊介様!!」

伊介「……♪」


廊下

伊介「…アンタ、ホントに何も知らないんだ♪」

春紀「んー、あたし性とかよくわかんなくてさ」アハ

伊介「これから伊介が教えてあげるわよ♪たっぷり」

春紀「伊介様はそういう系、知ってんの?」

春紀「いや…どう考えても知ってるよなー」

伊介「フフーン♪伊介をナメんなよ♪」わしゃわしゃ

春紀「ぅゎあー」ケラケラ



教室前

春紀「まだ授業あってるな」

ガララ

溝呂木「お。犬飼はもう具合よくなったのか」

春紀「はい、ねっ伊介様」

伊介「……ウフ♪」


鳰「………」

(お二人はなーにしてきたんスかねぇ?)

(ウチ、お見通しだもんねー)スッスッ

溝呂木「あ!走り!授業中のケータイ禁止だぞー」

鳰「ケータイじゃないっスータブレットっス」

溝呂木「なんでもいいからしまえー」

鳰「……ハイハイっス」


春紀(没収しねーのかよ)




164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:12:05.44 ID:/wL9kXsEO


休み時間

兎角「大丈夫か」

晴「兎角さん。大丈夫だよ」

晴「心配してくれてるんだ」ニコ

兎角「あ、当たり前だっ」

晴「危険なことは考えないようにしたの」

晴「兎角さんの言ったとおりそれで大丈夫でしたっ」

兎角「そっか。良かった」

晴「いつもの授業なのに兎角さんのことを考えられないなんて~~~」フエーン

兎角「ふふ」

(私はもう勃つ危険がなくなったからな)

(昨日の晴を記憶の限り鮮明に再生してたぞ)

(勃ってはないけどなんか、濡れ……はっ)

(晴の前でこれ以上いけないっ)

晴「晴はつぎの授業も頑張りますよーっ」

兎角「……」

(晴はこんなに頑張っているのに…私ときたら)

(つぎの授業も晴の再生、頑張りますよーっ……なーんて)

(……気持ち悪いな。今の無し)




165: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:13:20.90 ID:/wL9kXsEO


廊下

鳰「……」スッスッ

鳰「…ふむふむ。お二人も保健室で致したんスねー」

鳰「うわっ伊介さんのでっか!」

(伊介さんにも生えたってことは…)

(やっぱりどう考えても兎角さんから感染してるっスー!!)



(てことは晴にも?)

(兎角さんは晴で童貞も処女も卒業ってことっスかー?!)

鳰「面白いことになってきたっス」

鳰「伊介さんにも教えてあげよーっと」とててっ





166: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:13:52.66 ID:/wL9kXsEO


昼 食堂


兎角「ビーフカレー大盛り」

晴「また!?」

兎角「カレーは完全食だから問題ないんだぞ、前にも言ったろ」

晴「飽きないの?」

兎角「全然飽きない。晴の匂いみたいに」

晴「えっ///」ドキ

(不覚にもドキっとしちゃったけど)

(晴はカレーと同等?!)



ガタッ


晴「いただきまーす」

兎角「いただきます」


鳰「ウチも座っていいっスかー?」

兎角「は?」

伊介「伊介もー♪」

兎角「あ?」

晴「…」



ガタッ ガタン

鳰「いただきますっスー♪」プチメロ

伊介「おいしー♪」まくまく

兎角「おい、勝手に座るなよ」

晴「あわわ」


晴「……鳰と伊介さん2人って珍しいけど、どうしたの?」

鳰「ちょっと2人でお話してきたんス」


兎角「……………」モグモグモグモグ

伊介「東さん食べるのはやっ♪[ピザ]るわよ~♪」

兎角「さっさと行くぞ晴」モグモグ

晴「う、うん…」


鳰(お邪魔虫楽しっスwww)




167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:15:20.86 ID:/wL9kXsEO

……

時間戻って昼前の廊下


鳰「伊介さん!ニュースっスー」とててっ

伊介「ん?なによ♪」

鳰「兎角さんからおチンポ消えて、晴ちゃんに生えてるっスー」

伊介「はぁ?!」

鳰「この映像!昨日のっス」スッスッ



伊介「…これ、晴ちゃん卒業しちゃってるじゃん♪」

鳰「兎角さんも童貞卒ってるんスよ!許せないっしょ!」

伊介「同感~♪」



鳰「それと、ウチにも生えたみたいでぇ~」

伊介「え、マジ?伊介も………」

鳰「……伊介さん」

鳰「また手ぇ組みません?」にやぁ

……


鳰「…」モグモグ

(兎角さんの処女、ウチらで奪ってー)

(晴がどんな顔するか期待っス!)

(存分に見せつけられたっスからねぇ、こっちもやってやるっス)


(しかし……)

(兎角さん、ずっと晴の隣にいるんスよねぇ)

(どーやってこっちに誘い出すかなぁ…)




168: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:16:29.35 ID:/wL9kXsEO


兎角「食べ終わった」ガタッ

伊介「はやっ♪」

兎角「…行くぞ晴」

晴「あとちょっとだから待ってー!」
モグモグ

兎角「うん」

(食べてるとこもかわいいな)

兎角「……」ジッ

晴「な、なに?」モグモグ

兎角「なんでもない、早くたべろ」ジッ

鳰「兎角さんガン見っスかーww」

兎角「くっさ。[ピーーー]」

鳰「ひどっ!」



鳰「……」ウーン

(いくらポンコツでも、オリエンテーションの二の舞にはならないっスよねぇ)

(なにか兎角さんを誘い出す方法ないっスかねー)


晴「ふう、ごちそうさまー」ケプ

兎角「…行くぞ」

晴「うん! 鳰、伊介さんまたねっ」

伊介「ばいばい♪」

鳰「あ、またねっスー」




170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:17:27.29 ID:/wL9kXsEO


兎角「まったく。なんだあいつら」

晴「兎角さん、気をつけてね」

兎角「何を?」

晴「なにをって、鳰たちだよ。考えてることはわからないけど…なんだか」

晴「晴と兎角さんの邪魔しに来てるみたい、だから」

兎角「…確かに」

兎角「警戒したほうがいいな」

晴「うん。晴も気をつけるね」



鳰「どーします?」

伊介「アンタ悪知恵使いなさいよ♪」

鳰「いやぁ、ウチ馬鹿ですもん」

伊介「やだー使えなーい♪」デコピシッ

鳰「ぎゃあ!おでこがぁ!」


鳰「おでこが割れたーー!!!」

伊介「うるさーい♪黙れ♪」




171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:18:18.98 ID:/wL9kXsEO


放課後

鳰「はーるー!」

晴「なに?」

鳰「帰り、アイスいかなーい?」

晴「えっ?えーっと……」

鳰「兎角さんも一緒でいいっスよ?」

晴「………うーん」

晴「ごめん、ちょっと今日は遠慮させて?」

鳰「え」

晴「ごめんね鳰、またこんどねっ」



晴「とかくさーん」たたた

兎角「……何を話してた」

晴「鳰が、これからアイス食べに行こうって」

兎角「行くな。危険だ」

晴「うんっ、もう断ったよ」

兎角「それならいい…帰るぞ」

晴「はい♪」




鳰「つまんなーーーーい!」

伊介「…にお誘うのヘタすぎ♪」

鳰「なんスか?そーゆー伊介さんはできるんスかぁ~?」

伊介「伊介をナメてもらっちゃ困るんですけど~♪」

伊介「晴ちゃんは頭いいんだから♪伊介たちじゃ誘うのは無理よ」

伊介「力尽くでいくのが一番だと思うけど♪」

鳰「おぉ!ちからずく、っスか」

鳰「………あ」


鳰「いーこと思いついたっス。伊介さーんw」にやぁ



172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:19:24.15 ID:/wL9kXsEO

十三教室

兎角「……」

伊介「え、すごい……本物じゃん」

兎角「きゃはっ。鳰っスー」

伊介「鳰…アンタ、何者よ?」

兎角「ウチ、ちょっとした呪術師の家系でして。化けるのとか得意なんス」


兎角「声真似もできるっスよ?」

兎角「………一ノ瀬晴には、誰も触らせない」

伊介「ぶふっ!」

伊介「やっばい!すごすぎー♪」

兎角「…とりあえず、これで晴を騙せばいいんだよな」

伊介「ちょっと、なりきるのやめてよ♪マジ見分けつかないんだけど♪」

兎角「うるさい。この姿に化けるのは下準備が要るんだから。なりきりも必要だ」

伊介「最初からこうすれば良かったのにー♪」

兎角「それは……同感だ」




173: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 14:24:16.69 ID:/wL9kXsEO


寮の廊下


晴「今日はもうお部屋から出ないほうがいいかもね」

兎角「ああ」


伊介「どーする?まだ一緒にいるわよあの二人」コソッ

兎角「これだと出ていけないな」コソコソ

伊介「ホント、東さんと喋ってる気分だわぁ…」

兎角「よし、麻酔術でも使うか」

伊介「東さんが呪術!ウケる♪」

兎角「この距離ならいけるな……」ハァア

伊介「東さんが気を溜めてる……もーヤダお腹痛い♪」キャハハッ



兎角「えい」



兎角「」バタッ

晴「」バタン




伊介「うわっ、倒れた…」たたっ

兎角「眠っているだけだ」

伊介「東wwさんがww二人www」プルプル

兎角「静かにしろ犬飼。お前はこっちの私を運んでくれ」

伊介「はぁーい♪よいしょっ」ダキッ

兎角「十三教室だぞ。人に見つかるなよ」

伊介「りょーかい♪」たたっ


兎角「……よし」

兎角「はーるー、お部屋でウチと遊んで待ってよーねぇ」

兎角「その間に伊介さんが兎角さんの大事な処女もらうんでぇ!」ケラケラ

晴「………」スヤスヤ




176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 17:49:42.45 ID:/wL9kXsEO


十三教室


兎角「はっ」パチ

伊介「おーや♪起きた」

兎角「!?」

兎角「何で犬飼が……ここ、昨日の?!」キョロキョロ

伊介「そうよー十三教室♪」

伊介「東さん、おチンポ無くなったんだって?」

兎角「なっ」

伊介「伊介は生えましたー♪」ズイッ

兎角「うわ!来るなっ」


伊介「…♪」

兎角「何のつもりだっ…」ギロ

伊介「わっかんないかな?伊介のおチンポで、東さんの処女もらうのよ♪」

兎角「!!!!」




177: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 17:51:14.16 ID:/wL9kXsEO

兎角「ふざけるなっ!私は晴と…」

伊介「ハイどーん!♪」

兎角「うわ?!」ドサッ

伊介「何気に東さんこんな近くで見るの久しぶり♪カワイイじゃん」

兎角「な、何をする!!」

伊介「最初に伊介が東さんに殺されそうになったとき覚えてる?」

伊介「今はその時と逆の状態」

伊介「ウフ♪」

兎角「!!」


伊介「でも東さんはそのとき処女だったのー♪」

伊介「これから処女じゃなくなるけどね♪」サワッ

兎角「っ」

伊介「聞いたわよ?東さんってかなり感じやすいんでしょ♪」サワッ

兎角「………」



兎角「……全然、気持ちよくない」

伊介「え?」

兎角「ヘッタクソだな、お前」


兎角「ふんっ」ゴッ

伊介「がっ!」


伊介「……いったーい♪頭突きやめてよ♪」

兎角「…」グリッ

伊介「い"っ!??」ズキッ

兎角「……」グリグリ

伊介「ぎ、ぎゃぁああ!!!」ズキズキ

兎角「………」グリグリグリグリグリ

伊介「ぁ"……あっ………ぁ」

伊介「」

兎角(死ね)



伊介「ぅぐ……」

兎角「チッ」ゲシッ

伊介「」


兎角「晴……どこだ…」ダダッ




183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 19:57:38.22 ID:/wL9kXsEO


一号室

晴「ぅう…ん…?」パチ

晴「あれっ、とかくさん」

兎角「起きたか晴」

晴「…あ、あれ…?晴、寝ちゃってたのかな」

兎角「あぁ。部屋に帰るなり寝てしまった」

晴「そうだっけ?」アレレ?



晴「………」ジー

兎角「どうした晴」

晴「あの…、ホントに兎角さんですか?」

兎角「!?」

晴「いや、兎角さんじゃないわけないよね」エヘ

兎角「な、なにを言って…」

晴「ううん?ごめんね、忘れて」ニコ

兎角「…」

(………晴こわっ!!なんでわかるんスか!!)

(ど、どういうことっスか…ウチ演技ヘタ?いやそんなことは)

(それより。今頃兎角さんはどうなっちゃってるのかなー、楽しみっス)


晴「……」

(さっきの驚きようからして、この人は兎角さんじゃない)

(じゃあ誰?)

(兎角さんに電話かけたら確かめられるかな)

(ケータイはいつも持ち歩いてるはず…よーし)

ピッピッ プルルル




184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 19:58:33.52 ID:/wL9kXsEO


兎角「………」だだだ

(たぶん、犬飼と走りはグル)

(晴は、走りに襲われている可能性がある)

(くそ!どこだ晴)



ヴーッ ヴーッ

兎角「!」パカ

兎角「晴!?」

晴『あ、兎角さん!』

兎角「晴!どこだ!どこにいる!?」

晴『一号室のお部屋だよ、晴は大丈夫だよ!』

兎角「部屋!?一人か?」

晴『ううん、もう一人のもう兎角さんが……あっ!兎角さん、やめ…!』ブチッ

ツーッ ツーッ ツーッ

兎角「!?切れ……」

兎角「……」チッ


(もう一人の私…?どういう意味だ)

(電話が切れたってことは)

(そいつが晴を襲ったってことだよな)

兎角「………クソ!!」

(早く、部屋に)




185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 19:59:23.29 ID:/wL9kXsEO


一号室

兎角「………おい」

晴「何?やめてよ」

晴「いま兎角さんに電話をかけました。もうすぐここに来てくれます」

兎角「ふ、ふざけるなっ」

晴「兎角さんの真似するのやめてよ。偽物のくせに」

晴「晴のケータイ返してよ!!」

兎角「っ!」ビク

(うおおおお晴こええええ!!!)

(てか兎角さん電話に出るって…何してるんスか伊介さーん!)

(ここにいるとマズイっス。兎角さん来るっス)

兎角「嫌だ。ここから出るぞ、晴」グイ

晴「やめて!触らないで!」バシッ

兎角「!」

晴「兎角さんが来るまで、ここにいるからね」

晴「あなたが誰だか知らないけど、兎角さんにやっつけてもらうまで、ここにいるから」

兎角「なっ……」

(っべええええええ!!)

兎角「ダメだ。行くぞ」グイ

晴「………いきません」

兎角「…言う事、聞けっ」ガッ

晴「!!」

晴「兎角さんの顔して、晴に乱暴するんだ……」

兎角「何だよ。悪いか」ガシ

晴「いたっ…!」

兎角「行くぞ」

晴「……しつこい!」バキッ

兎角「ぐっ!?」

晴「いつまで、兎角さんの真似するつもり?!」バキッ ガッ

兎角「痛っ!いたっ!」

晴「本性をあらわせ!!!」ボカスカ

兎角「い、いたあっ!!ぐぁっ!」




186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 20:00:32.73 ID:/wL9kXsEO

ガチャッ

兎角「晴っ!いるか!?」

晴「兎角さん!!」

兎角「晴!無事かっ」

晴「晴は大丈夫…それより兎角さん、この人っ」

兎角「!?」

(私がいる………だと)


兎角「ぐ……うっ」グッタリ

兎角「……おまえ、走りか」

兎角「……」

兎角「…きゃはっ。なーんでバレるっスかねぇ。完璧だと思ったのにー」

兎角「犬飼が来たからな、お前らだと思っただけだ」

晴「に、鳰なの?!」

(晴、やっちゃいました………鳰をボコボコにしちゃった)

(でもスッキリしたかも)


兎角「……お前は、生えてるのか?」

兎角「!」ギク

兎角「生えてるんだな?」

兎角「な、なにするんスか…!?」


兎角「…」グリッ

兎角「いっ?!!?」ズキ

兎角「………」グリグリグリ

兎角「あ"、がぁあああッ!」ズキィッ

兎角「……………」グリグリグリグリ

兎角「い"…………っ、ぁ」

兎角「」



兎角「」

兎角「……」

兎角「」




187: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 20:01:46.64 ID:/wL9kXsEO

シュゥゥウウ

鳰「」

晴「わっ!?鳰に戻った!!」

兎角「……術が解けたのか」

晴「術…?」



晴「…………」

(兎角さんが兎角さん(鳰)のおちんちんをグリグリしてた………)

(すごく痛そうだったけど…)

(なんか興奮しちゃった)



晴「兎角さん、ありがとう」ぎゅ

兎角「…」ぎゅっ

晴「兎角さんも襲われたの?」

兎角「私は犬飼に。倒してからこっちに来た」

晴「兎角さんはすごいなぁ…晴は鳰をやっつけるので精一杯だったよ」

兎角「………」

兎角「あの、晴……」

晴「?」

兎角「なんか…当たってる……///」

晴「えっ!?」ドキッ




188: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 20:02:44.45 ID:/wL9kXsEO


晴「ひゃあー!!ごっ、ごめんね!!///」ぱっ

(さっきので興奮しておっきくなってたのかな……!!)

(うぅ…恥ずかしいよー///)


兎角「……べつに」

兎角「離れなくてもいい」ぎゅ

兎角「………」ぎゅー

晴「兎角さん?///」ドキドキ

兎角「我慢、しなくていいよ」サワッ

晴「ひゃっ///」


晴「と、とかくさ……っ」びくっ

兎角「ガチガチじゃないか」

兎角「一体何を考えてたんだ?」クス

晴「あの……兎角さんが鳰を、グリグリするのを見て……」カァ

兎角「えっ、さっきのか」

晴「うん……なんか興奮しちゃって」

兎角「…してやろうか?」

晴「え!?」


晴「い、いいよぉしなくて!痛そうだもん!!」

兎角「そりゃブーツなら痛いだろう」

兎角「ブーツ脱いでしてやるから、な?」ヌギ

晴「え、ええ~っ!///」

兎角「ほら、そこに横になれ」

晴「とかくさん、どうしちゃったの……ヘンだよ~!///」

兎角「靴下も脱いだほうが良いか?」

晴「!」

晴「えっと…履いたままで……お願いします…///」ドキドキ

兎角「…へえ」クスッ

晴「変なこといってごめん…!」カァァ

(晴、期待しちゃってる……)

(うぅ~恥ずかしすぎ…!でも気持ち良さそう………)




189: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 20:04:58.52 ID:/wL9kXsEO


兎角「スカート、まくってみろ」

晴「ううう///」ピラッ

兎角「っ……」ゴクリ

(晴のおちんちんが……すっごく触ってほしそうにしてる)

(いいか私…優しく……優しくだぞ)

兎角「…」ぐにっ

晴「んあっ///」

兎角「……」ぐにぐにっ

晴「とっ、とかくさん、それっ…!」

兎角「どうだ…気持ちいいか?」
ぐにっぐにっ

晴「き、きもちいぃ…///」びくっ

(それに…ここからだと、立ってる兎角さんの)

(パンツが…見える///)




190: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 20:05:38.85 ID:/wL9kXsEO

ぐにゅっ ずりゅっ


晴「んぅうっ///」

兎角「……なに、見てる?」クス

晴「っ!」ドキッ

晴「と、兎角さんのパンツを……」カァ

兎角「もっと見たい?」

晴「う、うん…いいの?」

兎角「いいよ…」



兎角「……んしょ」ストン

晴「///」

(兎角さんが足を開いて座っ…///)

(パンツ丸見えだよ!兎角さんパンツが丸見えだよ!)


兎角「………///」しゅっしゅっ

晴「あ、あっ//」びくっ

兎角「…見て、いいよ」

晴「う、うん…///」ジィー

兎角「はぁっ…はぁっ//」しゅこしゅこ

晴「………ぁ…っ///」

(兎角さん、白いパンツ履いてるからシミが出来てて…濡れてるのが分かる)

(兎角さん、兎角さん…///)


兎角「んっ」クイッ

晴「ひゃんっ///」

兎角「…んっ んっ」くにくに

晴「ひゃわぁあ!///」

(両足でおちんちん挟まれてる…!)

(靴下、蒸れてて…気持ちいい)


兎角「………」くにくに

晴「……あっ兎角さん、イく…!」

兎角「ん……」くにくにくに

晴「あ、ぁっ…んっ!///」

どぴゅっ びゅるっ


兎角「っ……」ネトォ

(晴のおちんちんから出たのが、足に……)

(いっぱいかかった…///)




191: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 20:07:12.35 ID:/wL9kXsEO

晴「ごっごめん靴下汚しちゃった」

兎角「ん、いいよ…//」ヌギ

晴「…なんだか今の兎角さん、えっちだったね」

晴「あんまりじょうずだからすぐイっちゃった///」

兎角「……生えてたから、気持ちいいとこ分かるだけだ」

晴「そっかぁ」


兎角「ちょっと足、洗ってくる…///」

晴「晴もおちんちん洗うー!」



鳰「……………」


(……意識戻ったと思ったら)

(イチャイチャイチャイチャ足コキしやがって……)

(つらいっス…ほんと、つらいっス)


兎角「わっ、入ってくるなよ」

晴「いいじゃないですかー♪」

シャーッ

兎角「ちょ、ちょっと…晴?」

晴「兎角さんの肌、綺麗…」

兎角「ふぁ」

イチャイチャイチャ



鳰「……やっと動けるっスね」

鳰「…………帰ろう」




192: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/05(土) 20:08:29.24 ID:/wL9kXsEO

晴「ふー」フキフキ

晴「そろそろご飯食べに行こっか」

兎角「そうだな」


食堂

兎角「チキンカレー大盛り」

晴「まーたー!??!」

兎角「なんだよ、昼はビーフだっただろ」

晴「でもどっちもカレーでしょ?!」

兎角「いいだろべつに」

晴「うーん……悪くはないけど」

伊介「悪くはないけど、太らないか心配よねー♪」

晴「わっ、伊介さんだ」

兎角「…いつからそこにいた」

伊介「今来たのよ♪東さんひどいわー。伊介涙が出るほど痛かったんだから♪」

兎角「ぜんぶ自業自得だろ。行くぞ晴」スタスタ

晴「は、はいっ まってー!」

伊介「………」

伊介「とり天定食ひとつ♪」


兎角「………」モグモグ

晴「兎角さん」

兎角「ん?」

晴「伊介さんにもグリグリしたの?」

兎角「ブフッ?!」

晴「わあっ汚いよぉ!」フキフキ

兎角「おまえが吹かせたんだろっ!」フキフキ

兎角「……したけど」

晴「や、やっぱりあれって痛いんだ」

兎角「涙が出るほど痛いらしいな」

晴「ひぃいいぃ」

兎角「晴にはしないから、落ち着け」


ウワッアノヒトカレーフイテタヨー ミタ?

兎角「…!」カァ

兎角「というかここでそんな話をするなっ!」

晴「ひょえー!ごめんなさいっ!」





199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:00:30.36 ID:KtM/uPzbO


一号室

晴「あれっ」

晴「兎角さんまたシャワーするの?」

兎角「あぁ、さっきは軽く浴びただけだしな」

晴「…晴も入っていい?///」

兎角「……いいけど」


シャーーー

兎角「………」ワシャワシャ

晴「……」ジー

兎角(視線を感じる…どこ見てるんだ///)

晴「ねぇ兎角さん」

兎角「なに?」

晴「あの……上がったら、また…しない?///」

兎角「っ」ドキッ

晴「今度はちゃんとベッドで…」

晴「兎角さんの処女…ほしいな///」

兎角「!!!」

兎角「………い、いいよ…」カァア

晴「ホント!?やったー!///」

ぎゅーっ

兎角「う、うわぁ」ヨロッ

兎角「いま目開けられないんだから、抱きつくなっ」

晴「あっ、ごめーん」ぎゅっぎゅ

兎角「抱きつくなって言ってるだろ」

(おっぱいが当たってる…///)

晴「だって嬉しくて!えへへ」

兎角「シャワーとってくれシャワー」

晴「はい、どうぞ~っ」シャワワー

兎角「…かけろとは言ってないだろ」

晴「……今シャワーが当たってるのはどこでしょう?」シャワワワー

兎角「っ!?///」

晴「ねぇ、どこ?」シャワワワー

兎角「ふ、ふざけるなっ……!!///」




200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:03:00.73 ID:KtM/uPzbO


ガラッ

兎角「はぁ………」フキフキ

晴「兎角さんってホントにかわいいね」

兎角「………」

晴「どこに当たってるの?って聞いたらね」

兎角「やめろ…」

晴「おっぱい…おっぱいに当たってる…///って」

兎角「!」

晴「それでね」

晴「ピンポーン♪正解!って言ってやめたらね」

兎角「やめろ言うな」

晴「晴……さっきのもう一回して……?おっぱいに、シャワー当てるやつ………だって」

兎角「!!!」

晴「それでね」

兎角「もういい!もういい!///」

晴「わぁ」

兎角「お前は…!おまえは!!///」

ポカポカポカ

晴「いててっ」




201: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:03:57.85 ID:KtM/uPzbO


晴「…」ガチャッ

兎角「何してるんだ?」

晴「晴と兎角さんの間に邪魔が入らないように、鍵をかけました♪」

兎角「…そうか」

晴「………今からする?」

兎角「!!」

晴「ベッド、いこっか兎角さん」ニコ

兎角「……!」ドキドキ



晴「よいしょ」ギシ

兎角「………………」ギシッ

晴「緊張してるの?」

兎角「してない」

晴「ウソだー!」

兎角「……してない」

晴「してないならちゃんと晴の目を見て?」

兎角「………」ジッ

晴「………」ジッ

(兎角さんの目、きれい…)


兎角「////」ふいっ

晴「あっ、そらしちゃダメ!」

晴「ほら」

兎角「……」ジッ


兎角「……!」プルプル

兎角「む、無理だ……!」

晴「やっぱり緊張してるじゃん」

兎角「うん…してる…」

晴(顔真っ赤にして、かわいいなぁ)




202: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:05:15.76 ID:KtM/uPzbO


晴「ゆっくりでいいから」ちゅっ

兎角「ん……っ」

晴「セカンドキスだね」

兎角「……うん」

ちゅ、ちゅ、 ちゅ

兎角「なぁ、晴……」ぎゅっ

晴「?」

兎角「匂い、嗅いでいい…?」

晴「いいよ。髪の毛?」

兎角「うん」もふっ


もふ、もふ

兎角「んっ…///っふ……//」クンカクンカ

兎角「晴…いい匂い、甘いのに、さっぱりしてて」クンクン

晴「ほんとに好きだね」

兎角「ご、ごめん……」ハァハァ

晴「謝らないでよー」

晴「晴、すっごく嬉しいよ?いい匂いがするって言ってもらえるの、全然悪い気しないよ」

兎角「……そうか」


晴「……」

晴「晴も、兎角さんの匂い嗅ぎたい」


兎角「髪の毛?」

晴「うん」

兎角「そんないい匂いしないと思うけど…」


晴「………」クン

晴「えっ、すごくいい匂い//」

(晴と同じシャンプー使ってるのに、晴とは違う)

(兎角さん、リンス使わないから、さっぱりしてるのが勝ってて…けどちゃんと女の子らしい匂い)

(あとは……兎角さん、って感じの匂いがする)

(なんで、もっと早く嗅いでみなかったんだろ………)


晴「はふっ…ふぅ…///」クンカクンカ

兎角「はる、くすぐったい…」

晴「……ふー。兎角さん、すっごくいい匂いだったよ?」

兎角「そ、そう…?」

晴「うん。もっと早く嗅いでおけばよかった」

(ちょっ…と…もう勃っちゃったよー、どうしよう)




203: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:08:26.03 ID:KtM/uPzbO


晴「……兎角さんの髪の毛、サラサラだよね」

なでなで

(兎角さん、頭の形が綺麗)

(やっぱり美人さんだから、頭蓋骨の作りもよかったりするのかなぁ)

(まんまるでかわいい)


晴「……あ、兎角さんの耳…」サワ

(かっ、かわいい……!)

(赤ちゃんみたいな耳。かわいい)

兎角「耳?」

晴「兎角さん、耳の形かわいいねっ」

兎角「よくわからないな」

晴「うーん?晴がおかしいのかな?」


晴「とってもかわいいお耳だと思うんだけどなー」

晴「……ふぅ~っ」

兎角「?!」ビクッ

晴「あははっ!かわいい!」

兎角「な、何をした…?///」

晴「耳にフーってしただけだよ。こうやって」フゥ~ッ

兎角「っ!///」ぞわっ


晴「これは?くすぐったい?」ズボ

兎角「ひゃあ」

(耳の中に、指が入ってきた)

晴「みみそうじ」くるくる

兎角「……っ」

(指が耳の中で動く音しか聞こえないけど…気持ちいい)




204: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:10:29.56 ID:KtM/uPzbO


晴「耳、舐めてもいい?」

兎角「え、な、なめ…?」

晴「ふぅう~っ……」

兎角「ひゃぁあ…!」

晴「ぺろっ… ぴちゃっ」

兎角「~~~っ!」ぞわぁ


(音が!!!!)

(晴の吐息と唾液の音が大音量で聴こえる……!!)


じゅる…… ぢゅっ ぢゅ


兎角「ああぁあっ///」

(な、んか……お尻がゾワゾワしてきた)


ぺろ…ちゅっ、ぺろ じゅるっ


兎角「ふっ、ふぅうーっ///」ゾクゾク

(駄目っ…これ……!!!)


兎角「ッッ!!!」ビクゥッ

晴「んっ」チュポ

兎角「ぁふぅっ…」ビクッ

(私…耳舐められて、イったのか?)


晴「兎角さん気持ち良さそうな声出してたね」

兎角「そ、そんなつもりは」

晴「いっぱい声出てたよ?」

晴「お耳気持ち良かったんだ」エヘ

兎角「……うん」

(……パンツが気持ち悪い)

(自分でも、ぐしょぐしょなの分かる…)




205: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:23:50.79 ID:KtM/uPzbO


晴「……」

(兎角さんかわいい…はやくおちんちんいれたい)

(………じゃなくて!!!!!)

(うわぁ晴サイテーだ…ごめんなさい兎角さん……)

(兎角さんが晴にしてくれたのと同じように、ちゃんと待つからね。兎角さんの準備ができるまで)



兎角「あ、あの……晴……」

晴「?」

兎角「わたし、もう大丈夫…だ、よ」

晴「えっ、もう!??!」



晴「ほ、ほんとに大丈夫?」

兎角「うん、むしろ我慢できない…」

兎角「今すぐいれてほしい…」カァア

晴「!?」ムクムクッ

(なに………この兎角さんやばすぎ)

(いれたいって思ったら叶っちゃった。以心伝心だね兎角さん!)


晴「じ、じつは晴も、兎角さんに入れたいって思ってたんだ///」

兎角「え、ほんと……」

晴「ホント。兎角さん、まだ脱がせてなかったね…脱がすよ」プチ




206: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:25:47.35 ID:KtM/uPzbO


プチプチ パチン

晴「……兎角さんのおっぱい!」

兎角「も、もう…」カァッ

晴「………おいしそう」ちゅ

兎角「え、っわぁ!?///」


ちゅぅ、ちゅっ、ちゅぱちゅぱ

兎角「っ///」

兎角「あ、あぁ、あ…!///」ぎゅぅう

(なんでここにきて舐めるんだっ///)

(せ、せつない………)

(早くいれてくれ…晴)


ちゅぱちゅぱっ ちゅぅぅう


兎角「…ゃ、やっ や、イっ//」

兎角「ぁあぁんんっ!///」ビクッ


兎角「………んぁ」

(あぁ……またイかされ……///)

(まだ入れてくれないのかな?//)


晴「……下も脱がすね」

兎角「はふぅ…っふぅ……///」ピクッ

晴「っしょ……」ズルッ


晴「…わっ!兎角さん、すごいことになってる…」ジ~

兎角「!!!!」カ~ッ

晴「ほ、ほんとにすご……///」

(とろっとろ…人間ってこんなに濡れるんだ///)


晴「晴も、下脱ぐね…」ズルッ

兎角「///」ジッ

晴「見すぎ…恥ずかしいよ」

ボロンッ

晴「!」

晴(うわぁあ、おっきい……自分のなのに。ビックリした)

(これならもう……いいかな)





207: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:26:43.52 ID:KtM/uPzbO


晴「……いれるよ?」

兎角「!…うん」

ギシッ

晴「ん……」ピトッ

兎角「……///」ドッドッドッ

(くる……!)


晴「ぁ…う」ズ プ

兎角「………!!!!」

晴「はあっ…、ん……///」ヌププ

(兎角さんの中熱いっ……!)

(いま…晴のおちんちん、兎角さんに咥え込まれてるんだよね)

(晴、ほんとに兎角さんの処女もらっちゃったんだ…///)


兎角「あ、あっ…!あっ」ヌプッ

(は、晴の…入ってきた…!)

(中、押し広げられて…んっ)

(…思ったより、痛くないな…)


晴「卒業しちゃったね」

兎角「う、うん…」

晴「やっぱり痛い…?」

兎角「いや…そんなに」

晴「ホント?よかったぁ…」

兎角「晴がやさしくしてくれるから」

晴「え、えへへ…」

兎角「ありがとう」

晴「どういたしまして//」


晴「……ん」ヌチュ

兎角「ぁっ///」

晴「気持ちよくなってきた?」ヌプ

兎角「うん…///もう痛くない…///」

兎角「もっと動いて、いいよ…」




208: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:27:20.29 ID:KtM/uPzbO


晴「こ、これくらい…?」ヌチュ ニチュ

兎角「ん……っ、ふっ…///」

晴「はぁ、はぁ///」ニュ…ニュ

兎角「あの、もっと強くてもいい……かも」

晴「えっ、まだ強くしていいの?」


晴「じゃあ……これくらい、かな」
ズニュッズニュッ

兎角「あ///ん、んん~~っ……」ニチュッニチュッ

兎角「い、いい、よ…これくらいで…」ぎゅぅう

晴「はうっ……///んあっ///」ズッチュズッチュ

兎角「んっぁああ///」ビクッ


晴「兎角さんっ…どうしよう、すっごくきもちい……!///」

晴「腰が止まらないよっ…///」

ズッズッズッ

兎角「んふぅぅう……!///」ぎゅーっ

(わたしもっ…きもちいい…!)


晴「兎角さん、兎角さんこっち向いて…!!」

兎角「ん……」

晴「チ、チューしよう兎角さん…///」

兎角「いいよ…っん、ん」

ちゅ、ちゅ、ちゅ

ズニュッ ニュッ

兎角「んやぁあ…っ!」

晴「ふふ、気持ちいい?」

晴「キスしながら突かれるの…」ズッ

兎角「あふっ!」

晴「ほら…お口が離れちゃってるよ?」

晴「こっちにもどってきて、兎角さん」ちゅ

兎角「はる、はるっ…」ちゅっちゅ

(晴……いじわるだ……)




209: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:27:53.25 ID:KtM/uPzbO


晴「……んむぅ」ぺろっ

兎角「んっ?!」

晴「……///」

じゅるっ ぺろぺろ

兎角「………!//」

(晴の舌が、私のと絡んでる)

(変な感じ…口が気持ちいい)


晴「……///」じゅるっじゅるっ

(兎角さんのおくちおいしい///)

(もっと奥まで味わいたくなる…)

(いま突いたらどんな声出すかな?)

ズチュッ

兎角「んっ」

ズッズッ

兎角「んん…!」

ズニュッ ズニュ…グチュッ

兎角「……!!ん、んぐっ!」ビク


晴「……」

(突いたら、兎角さんからよだれがいっぱい出てきた///)

(おいしい………)


(頭の中が、兎角さんでいっぱい)

(兎角さんも、晴でいっぱいだったらいいな……)


ズニュッズニュッ

兎角「ん、んん!」ぎゅーっ

(晴は…いつまでチューしてるつもりなんだ///)

(くるしい…)

晴「じゅるっ、じゅる」

(あっイきそう…イきそう)

(チューしながらイくってどうかな)




210: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/06(日) 14:29:44.65 ID:KtM/uPzbO


ヂュ…ニヂュッ

晴「……んうっ///」パンパン

(あぁ、きもちいい……)

(おちんちん気持ちいいおちんちん気持ちいい、兎角さんがこすれて)

(腰止まらないって…!)

兎角「ん"~っ…!?///」

(は、はげしっ……!)

晴「んっ!んーっ!!」パンパンパン

(イく…出ちゃう…!)

(や、やだ…もうちょっとこれ…兎角さん味わってから、やっ)

晴「んぅぅ!!!」

どびゅっ!びゅくっびゅくっ

兎角「ん"ー!!!///」ビクン

(中に出てる…?!)

(すご…!注ぎ込まれる…!)

晴「っぷはあっ!」デロッ

兎角「っはあ!はぁっ!はぁっ!」トロォ

(あ、唾液が糸引いてる///)

ぴゅく……ぴゅくっ

兎角「はあぁっ…///」

ぴゅるっ

(最後のがちょっとずつ出て……)

(あったかい……)


晴「……ふうぅー」へにゃ

兎角「……っはぁ」くたっ


晴「兎角さん、抜くよ…」

兎角「あっうん」

晴「っぃ、しょ…っと」ズッ

ズュポ ッ

兎角「はぅん//」

晴「兎角さんのおまんこ……」ジッ

兎角「!」カァ

晴「あ、晴が出したのが出てきた///」

ドロォッ… コポッ

兎角「そんなところ見るなっ///」

晴「やだ…見せてよー///」ジ~

兎角「………!!!」カァァア

(自分でも、出てるの分かるから……恥ずかしい……)

(あっ今出てきてる……うぇ…///)




216: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 07:06:51.29 ID:AYiWH0UCO


理事室

『そんなところ見るなっ』

『やだ…見せてよー』

鳰「…………////」

理事長「…………」


理事長「終わったようね」

鳰「あ、っは、はいっス!」

理事長「鳰さん」

鳰「…はい?」

理事長「見た感想を教えてちょうだい」

鳰「えっ」

理事長「そのために来てもらったのだから。どうだったの?」

鳰「え……えーっとぉ……」


鳰「しょーーーじき、興奮…したっス」カァ

理事長「…そう」クス

理事長「正直で良い子ね…ご褒美をあげるわ」

サワサワ

鳰「んっ///」

鳰「り、理事長っ今日はウチ…!」

理事長「…あら、どうしたの?」ニギ

鳰「……あっ?!」

理事長「あらあら。何かしら?これ」

ニギニギ

鳰「ちょ、ちょっとりじちょぉ…!」

理事長「これは何かって聞いているのよ」ニギニギニギ

鳰「い、いやぁあ……!///」

理事長「答えないと…わかるわよね?」ニコ

鳰「ひっ……!おチンポ!おチンポっス!!」

理事長「………」

鳰「ウチにも何でか、おチンポが生えちゃったんスよぉ!!」グス

理事長「……そうだったのね」

なでなで

鳰「ふえ///」グスッ

理事長「本当に泣き虫ねぇ」

鳰「…ごめんなさいっス」グスグス

理事長「鳰さんは何も悪くないのよ?」

理事長「悪いのは全部、鳰さんに生えているこれよね?」ニギッ

鳰「あっ…///」

理事長「…可愛がってあげるわ」




217: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 07:07:25.32 ID:AYiWH0UCO


二号室

春紀「伊介様…無理だよ…痛いよ…」

伊介「…すぐ気持ちよくなるってば」

春紀「……うっ、ぅぐ」

伊介「春紀………」

(こんな辛そうな顔初めて見た……)

(やっぱりやめたほうがいいかな)

(伊介ってホント、バカよね)

(こんなつもりじゃないのに……)


伊介「……はるきぃ…」ジワ

春紀「!?」

伊介「ごめん…ごめんねはるきぃ」ポロポロ

春紀「え、伊介様なんで泣いて…」

伊介「伊介自分のことしか考えてなかったの」ポロポロ

伊介「もういいわよ春紀…痛い思いさせてごめんね」ポロポロ

春紀「………」

伊介「ひっぐ……ぐすっ」



春紀「…」ぎゅ

伊介「!………何よ」

春紀「…いいよ。続けてよ」

伊介「嫌。もう春紀の痛がるところ見たくないもん」

春紀「もう痛くないから!」

伊介「……ウソつけ」

春紀「うっ、ウソだけど………伊介様が手、握ってくれたら大丈夫だから」

伊介「…そんな子供騙し、伊介には通用しないもん」

春紀「いいからほら、な」ぎゅっ

伊介「…」ぎゅ

伊介「………もう」

伊介「………春紀のバーカ♪」

春紀「バカとはなんだ」

伊介「死ぬほど激しくしてやる♪」

春紀「お手柔らかに頼むー」アハ




218: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 07:08:01.30 ID:AYiWH0UCO

再び一号室

晴「兎角さーん…///」


晴「とかくさーんこっち向いて…///」

兎角「ううぅ///」チラッ

晴「兎角さん、兎角さんかわいいっ」

兎角「///」

晴「またチューしていい?」

兎角「だ、だめだっ!」

晴「え"ぇー!?なんで?!」ガーン

兎角「ぅ…」

兎角「…晴と、会話できないから 晴が何考えてるか分からないから」

兎角「不安になるからだめだっ」

晴「トカクサン……」キューン

晴「安心して!晴はいつも兎角さんがかわいいってことしか考えてないよ!///」

兎角「え、そうなの?」

晴「うん。さっきもずっと兎角さんかわいいって思いながらしてたよっ」

兎角「そう、か…良かった」

晴「だからチューしよう」

ぶちゅー

兎角「ん~っ///」



翌朝


チュンチュン

兎角「んー……」パチ

(朝……)

(昨日もそのまま寝てしまったか)

(二日連続……疲れたけど、幸せだ)

ごろっ

兎角「晴……」ジッ

晴「すぅ…すぅ…」

兎角(かわいい…)

兎角「好きだよ」

ちゅっ

晴「……すぅ…すぅ」

兎角(はっ…何をしてるんだ私は)

兎角「……」カァァ

(今更だが股が痛いな…腰も)

(愛し合った証明ということか)

(…悪くない)




219: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 07:08:38.48 ID:AYiWH0UCO


二号室


伊介「………ん」パチッ

伊介(あら珍しい)

伊介(伊介がこんなに早起きできちゃうなんて♪)

伊介「んーっ」ゴロン

伊介「二度寝ー♪」

春紀「すーっ……すーっ」

伊介「?!なんで春紀がこっちに」

伊介「……あ」

(そういえば昨日、伊介たち)

伊介「………///」

(春紀、あのあとすっかりメスの顔になっちゃって)

(すっごくかわいかったんだから♪)

伊介「はるきー今夜もしようね♪」ぎゅ

春紀「んぁー?」むにゃ

伊介「……♪♪」



七号室

チュンチュン

鳰「……」パチ

鳰「朝っスね」


鳰「………///」

(昨日は……あのあと部屋に戻って、すぐ寝ちゃったんスかね)

(優しくしてもらえて嬉しかったっス)

(……理事長大好きっス)



トイレ


晴「あれ?」

伊介「あらっ?」

鳰「んっ?」


「「「無くなってる!!!」」」




220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 07:09:05.39 ID:AYiWH0UCO


晴「兎角さーん」ててっ

兎角「どうした?」

晴「おちんちん無くなってた!」

兎角「え、ほんとか」

晴「昨日卒業したから無くなったのかな?」ウーン

兎角「私も確かそうだったような」

兎角「うん、きっとそれだな。おめでとう」

晴「ありがとー!兎角さんのおかげ♪」

兎角「こちらこそ」



伊介「チッ!今夜も春紀とする予定だったのに!!」

伊介「マジムカつく♪」

伊介「この辺ペニバンとか売ってる店あったっけー?♪」


鳰「よ、良かったっス。うん」

鳰「だっておチンポついてると不便っスもん。うん」

鳰「理事長はきっと今のウチの身体のほうが好きっス!うん!」

鳰「で、でも昨日の感覚…もう味わえないってことっスか…」

鳰「…また生えたり…しないっスよねぇぇぇぇ」




221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/07(月) 07:09:53.92 ID:AYiWH0UCO


理事室

理事長「おはよう、皆さん」

理事長「ちゃんと使えているようですから一応、全員のおチンポをいったん消滅させておいたわ」

理事長「また欲しくなった時は…願っていなさい」

理事長「私は常に感覚を尖らせているから、お見通しよ」

理事長「ウフフ。犬飼さん、あなたは二時間目の終わりまでに生やしておいてあげるわ」

理事長「………さて」

理事長「皆さんが寮に戻ってくる時間まで…仕事でもしてようかしら」

おわり


元スレ
SS速報VIP:兎角「なんか生えた…」