1: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)22:47:17 ID:a9tU

ーー事務所

ーー朝

巴「ふぅ、馳走になったのぅ」

そら「なんのなんの。福岡風お好み焼きもべりーないすだったよね」

巴「うむ、あぁしたマイナーソースが意外にはーもにーとなるとは」

そら「でしょでしょ。意外にぼりゅーみーだしね☆」

「巴ちんのお好み焼きもべりーおいしかったよ」

巴「うむ……あの味は昔からの……オヤジの代からの贔屓でな」

そら「すごーい!じゃあ広島に行ったら、ごーあうぇい!」

巴「そういえば最近寄っとらんかったのぅ」

「……今日でも帰ったら行ってみるか」



2: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)22:53:01 ID:a9tU

そら「それにしても昔の巴ちんなら」

『そげんお好み焼きなど邪道じゃ!』

「とか言っていーといんしなかったのに?」

巴「これも千枝達の影響じゃな……所詮、流派は別れても元といえば江戸生まれじゃけ」

そら「つまり、まだとるーお好み焼きをのーいーと?」

巴「んー、現代のお好み焼きとはちゃうっちゅっとったからのぅ」

そら「だったら、菜々さんに…」

ガチャ



『あ……』



ーードアを開けてみたら

ーー足元には真っ暗な空間が広がっていて



ヒューン



3: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)22:56:12 ID:a9tU

ーーそんなこんなで気がついたら迷い込んでいたこの世界



巴「ふむ……照和60年か」

そら「あわわ、たいむすりっぷ?」

巴「うむ……慌てていてもしょうもなか」

「芳乃かこずえ辺りどうにかしてくれるじゃけ……」

そら「なら、昭和のすとりーとをえんじょいなう!」

巴「じゃな」



4: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)22:58:34 ID:a9tU









巴「そういえば、通過が違うんじゃけぇ……」

そら「電子まねーも通用しないね……」

巴「ま、ストリートパフォーマンスか?あれで乗り切るしかあるまいて」

そら「れっつしんきんぐ!!」





ら~

ららるぅ~

らりら~



5: あけおめ@メス吉 22/01/03(月)23:04:31 ID:a9tU



ジャラジャラ

巴「ふむ……意外になんとかなるもんじゃのう」

そら「れーわのぱふぉーまんすがしょうわに通じるなんて、そらちんはっぴーすまいる!」

巴「とりあえず、一稼ぎはできたけ……」キョロキョロ

「ちょうど、向こうに屋台のお好み焼き屋があるけん」

そら「れっつごー!」



6: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:10:39 ID:a9tU

屋台のオヤジ(以下オヤジ)「へいらっしゃい」

巴「すまんが……肉玉を二つ」

そら「べりーでりしゃすで!」

オヤジ「へいへい」

ジュージュー

そら「そーすのいい匂い……」クンクン

巴「まるで志希じゃのう。しかし、この香りどっかで嗅いだ気が……」



オヤジ「へい、お待ち!」

巴「お、できおったわ」

そら「それじゃあ」



『すべての食材に(ry

『いただきまーす!』

ハフハフッ



7: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:13:16 ID:a9tU

巴「む……この味は……」

そら「でりしゃーす!」

「こんなに美味しいお好み焼きなんて、そらちんふぁーすとこんたくとだよ!」

巴「間違いなか……この味は」

(オヤジが贔屓にしたあの……)

(じゃけ……オヤジが贔屓にするぐらいだから昔から広島にあるんじゃなか?)



8: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:18:43 ID:a9tU

そら「こんなにでりしゃすなてくにっくなんだから、屋台じゃなくてお店を構えればいいのに!」

巴「止めとけ。人にはそれぞれ事情がある」

オヤジ「ははっ……お客さんに言われちゃしかたがありませんね」

「実の所、自分はカタギの人でないんで……」

巴「……やはりな」

オヤジ「やはり……といいますと」

そら「ん?どういうこと?」

巴「小指じゃ」

そら「小指?んーん?ちゃんとあるよ?」

巴「あるように見えるが……足のを移植したのがわかる跡が見えるけぇ」

オヤジ「…………お客さんももしかして」

巴「あぁ……実家が……な」

オヤジ「そいつは失礼しました」

「では、半端者の情けない話でも……」



9: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:25:25 ID:a9tU







オヤジ「で、惚れた女には家に近づけず、手は勝手気儘に動かないんで屋台がやっとなんですよ」

「笑ってくれますか?こんな」



巴「あほう」

そら「な?!」

オヤジ「ですよね……こんな」

巴「あほと言ったのはそっちじゃなか!惚れた女を幸せにでんと何が漢じゃ!」

「そんな女の腐ったやつなんぞ東京湾にでも突っ込んどけばええけ!」

「それがイヤなら、今すぐに女を誘拐って(さらって)でもモノにせんか!!」

オヤジ「し、しかし……」

巴「じゃかしい!しかしもヘチマもあらへん!」

「何なら、その誘拐」





「この村上巴とこっちの野々村そらが手助けするで」

オヤジ「ゴクリ……」



そら「え?!そらちんも?」



10: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:30:11 ID:a9tU

ーー誘拐過程は省略

ーー東京駅

プワーン

女「ありがとうございます。なんて御礼を言っていいのか……」

巴「礼はええ。この男を一人前にしてやってくれればええのぅ」

オヤジ「お嬢様……申し訳ありません」

女「気にすることはありません。これからの人生、生きるも死ぬも最後まで一緒に……」

オヤジ「お嬢様……」ダキッ

そら「そ、そらちん、りあるでろまんちっくなしーんは(///)」

巴「なんじゃ、事務所に行けば夕美や藍子に愛梨辺りがやっちょろう」

そら「あ、あれは顔見知りだもん!」



11: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:33:15 ID:a9tU

巴「それから、オヤジ。広島についたら村上組を頼れ」

オヤジ「村上組……ですか?」

巴「あぁ、今なら五代目辺りが幅を効かせとるけ。ヤツの昔の秘密をゴニョゴニョ」

オヤジ「なるほど……ゴニョゴニョと」ニヤリ

巴「そうじゃ」ニヤリ





そら「そ、そらちん、日本の政治を裏側を見た気分だよ……」



12: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:35:46 ID:a9tU

オヤジ「それでは」

女「ありがとうございました!」

ブシュー

プワーン





巴「行ってしまったのぅ……」

そら「そうだね……って足元が!?」



芳乃「お迎えに参りましたー」

こずえ「かえろー……」

巴「じゃ」

そら「ぐっばい。ろすとわーるど!!」



13: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:37:30 ID:a9tU

ーー現在

ーー広島



芳乃「ほー、巴殿ご推薦のお好み焼きでー?」

こずえ「おいしいのぉー?」

巴「それはバッチリじゃ」

そら「れっつなう!」



14: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:40:58 ID:a9tU

巴「入るぞー」



「いらっしゃいませー」

「あらー」

女将「お久しぶりですねぇ、お嬢」

巴「久しぶりじゃ……うちの同僚も誘ったけぇ」

女将「はい、お任せを」

「あなたー、村上のお嬢さんですよー」



ガタガタ

オヤジ「お、お久しゅう」

巴「何じゃ、また太ったか?」

オヤジ「へへっ、幸せ太りってヤツっすよ」

巴「とりあえず、四人分できるか?」

オヤジ「へいっ!」



15: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:43:55 ID:a9tU

そら「……」

巴「……どうじゃ?」

そら「面影があるよね……」

巴「うむ……やはりな」

芳乃「込み入った話でしてー?」

こずえ「おとことおんなのらぶげーむぅー……?」

巴・そら『まってちがう』



巴「……って言うほど違わないか?」

そら「だねー☆」



おしまい



16: あけおめ@凶吉 22/01/03(月)23:44:53 ID:a9tU

HAPPY BIRTHDAY MURAKAMI TOMOE & NONOMURA SORA



17: ◆Vysj.4B9aySt 22/01/03(月)23:45:50 ID:a9tU

元ネタはよくあるタイムスリップモノです



では、読んでくださった方に福岡風お好み焼きを


元スレ
【モバマス】どっきんタイムスリップ