SS速報VIP:男「浮気した彼女を安価で虐めまくる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410769114/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:18:34.99 ID:Mh9bdAroO

男(女が浮気しやがった)

男(俺は別れるつもりだけど…許して、もうしないから、等々言って離れようとしない)

男(せっかくなので虐めることにした)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410769114




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:24:51.22 ID:Mh9bdAroO

女「あ…お、おはよう、男くん」トテトテ

男「よう糞ビッチ。昨日は誰と寝たんだ?」

女「…! も、もう、誰ともそんな事しないよぉ…!」プルプル

男「ほーん。お前の口は二枚舌だもんなぁ?下の口は素直なのに」

女「…!ほ、ほんと、だよ…!」プルプル

男(あ~頭きた。そうだ、安価でこいつになんかしよう)ピポパ

女「…ね、ねぇ、き、きょう時間ある?なんでもおごってあげるから、どこか出かけ…ない?」プルプル

男(言ってろビッチが。まずは>>4だ)



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:26:42.40 ID:O6atU0TMO

2chでさらす



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:31:34.72 ID:Mh9bdAroO

男(2chにさらすか。何を晒せばいいんだ?)

男(できるだけ女に大きなダメージを与えられそうなものを選んでくれ>>8)



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:32:41.81 ID:D4snqyYmO





9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:37:51.42 ID:Mh9bdAroO

男(なんで靴?まあいいや)

男「おい女、ちょっと靴撮らせて」

女「え?う、うん…いいよ」

男「よっと」パシャ

女「え、えへへ、か…可愛い、かな…?」

男「精子臭い」

女「…!」

男(よし、2chに晒すか)



男(…スレ落ちた。ぜんぜん反応ないな)

男(まあ、靴なんかネットに晒しても女はなんとも思うまい)

男(よし、次は>>11しよう)



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:39:31.90 ID:VMMWwNN60

「ごめん」→謝るなら最初からしなければいいのに
「寂しかったから」→寂しいと他の男に股を開くんですね
「好きなのは貴方だけ」→好きでもない男に股をry
「もう二度としないから」→今後するしないでなく今したことが問題なんですが
「別れるのだけはいや」→このまま続けるのだけはいやです
「ひとりにしないで」→ばかだなー、お前には間男がいるじゃないかー(笑顔で
「じゃあ死ぬ」→そこまで想ってる人がいるのに他人に股を開けるんだーすごいねー
「寂しくて死んじゃう」→そこまで想ってる人がいるのに浮気できるんだーすごいねー。
「どうしたら元通りの関係になるの?」→二度と会わないことを誓えば、出会う前の関係に戻るよ
「間男は冷たかった」→お前を甘くしてるのはお前だけだよ
「間男は裏切ったから」→お前は俺を裏切ったのにねー
「世界に一つの家族じゃないの」→それこそ今猛烈に後悔している
「もうこれっきりだから許して」→今後するしないでなくry
「平日もいつも一緒にいてくれなきゃいや」→じゃあ一緒の会社で働こうか
「貴方にも責任がある」→好きでもない女にチ●ポ突っ込んでません
「残業ばかりで一人で寂しかった」→寂しいと他の男にry
「どうかしてた」→こんな女に惚れた俺がどうかしてた^^



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:43:18.53 ID:Mh9bdAroO

男(ああ、>>11のコピペか。それ試したわ。だいたいその通りでクッソ笑った)

男(俺たちまだ高校生だから、会社云々はなかったけどね)

男(というわけで…それもうやったんだ。スマン。次は>>14で)



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:44:14.86 ID:D4snqyYmO

ゼクシィなど結婚雑誌を送りつける



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:48:38.51 ID:Mh9bdAroO

~本屋帰り~

男「ほい」つゼクシィ

女「…!こ、これって…?け、結婚情報…し…?」

男「ああ。お前にはピッタリかなと思って」

女「…/// え、えと、それは、どういう…!?」キラキラ

男(なんて言おうかな?よし、じゃあ…>>20で)

1:金持ちな男との出会い方とかいっぱい載ってるぞ
2:式場とか選ぼうかなと思って
3:自由安価



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 17:51:00.13 ID:JaHthhlf0

浮気相手とどうぞお幸せに



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 17:56:00.12 ID:Mh9bdAroO

男「いい加減に身を固めてもらおうかなと思って」

女「…!//// お、男くん…!///」ドキッ

女「わ、私、絶対男くんのこと幸せにするからっ!!…も、もう絶対裏切らないからっ!」ウルウル

女「だ、だから…!」プルプル

男「だから何?」

女「…も、もう一度、その…!」ウルウル

男「もう一度、何?」

女「…な、仲良く、なろ…?」ヒックヒック

男「何勘違いしてんの?」

女「え、え?」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:01:22.18 ID:Mh9bdAroO

男「勝手に幸せにしてやれば?浮気相手さんをよォ」

女「…え?」

男「さっさと浮気相手と身を固めて、二度と俺の前に現れるなって言ってんだよ」

女「」

男「何?その反応。何を期待してたわけ?」

女「…だ、だって…」

男「お前の腐れマンコからガキ産ませるのなんて願い下げだ。産まれてくる命が可哀想だ」

女「…」シュン

男(お、効いてる効いてる)



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:07:02.08 ID:Mh9bdAroO

女「…そ、そう、だね」ヒックヒック

男「これやるから、さっさと行けビッチが。好きなだけ色んな相手の子孕んでくれば?」

女「…!ぐす、ひ、ひぐっ…!ひぐっ…え、えへ、えへへ、お、男くん、から、プレゼント、もらったぁ…!」グスングスン

女「ひぐっ、ぐすっ…!う、嬉しい、なぁ…っ!え、えへへ、じ、じゃあねっ!」タタタッ

男「帰ったか…」

男「…あーはははははは!ひー!腹いてー!」ゲラゲラ



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:09:55.84 ID:Mh9bdAroO

男「あー、クッソ笑ったぜ…。あの嬉しそうな顔が歪むとこ!ヒー!笑い死ぬ!どーぞお幸せにー!」ゲラゲラゲラゲラ

男「はー…。さて、まだ今日のうちに何かしようかな?」

>>27
1:翌日へ
2:まだ何か安価行動する



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 18:11:34.47 ID:R13olIZq0

2

男の友人に電話して「女に浮気された」と相談する



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:19:16.74 ID:Mh9bdAroO

男「よし、噂を広めよう」ピポパ

プルルルルルル

友人「もしもーし」

男「よ、友人…ちょっと相談乗ってもらっていいか」ドヨーン

友人「な、なんだ。いいぞ」

男「女に浮気された」

友人「…へ?あ、あの女さんが?」

男「ああ。俺がいないときにしっぽりはっぽりしてやがった」

友人「マジか…。大人しいし、あんなにお前にべったりだったのに。信じらんねー」

男「で、もう別れたんだけどさ。なんかしつこくストーキングされてるんだよね」

友人「うわぁ…。ひでえなそりゃ」

男「自分が悪いと思ってないんだろうな。はぁ…ほんとどうにかなんねーかな…」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:24:26.93 ID:Mh9bdAroO

友人「浮気相手は?」

男「…あんま言いたくないけどな。隣のクラスのチャラ男だ」

友人「うわ、あいつか…。つまみ食いされたって感じか」

友人「わかった。俺らにできることがあれば、協力するよ」

男「ああ、頼む…。俺がなに言っても聞かないし…。ほんとノイローゼになりそうだ」

友人「因果応報って言葉を身に染みさせてやるよ」

男「ありがとう。心強いよ。またな」ピッ



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:26:08.98 ID:Mh9bdAroO

男(よし、これで噂は広まるだろう。正義感に酔った人間のやることは恐ろしいんだぜ^^)

男(今日のうちにまだ何かやろうかな?まだ日もくれてないし…>>32)



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:27:22.15 ID:s7vgEmR9O

姉に泣きつく



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:34:17.77 ID:Mh9bdAroO

男「姉に泣きつこう」

~男家~

男「ねーさん…」スタスタ

姉「どーしたの男?」

男「ちょっと相談乗ってもらっていいか」ドヨーン

姉「な、どうしたの!?は、話してごらん」

男「女に浮気された」

姉「…へ?あ、あの子が?」

男「ああ。俺がいないときにしっぽりはっぽりしてやがった」

姉「えー、あんないい子がねぇ…。相手は?」

男「あんま言いたくないけどな。…チャラ男だよ」

姉「あー、なるほど…。で、今はどうしてるの?」

男「で、もう別れたんだけどさ。なんかしつこくストーキングされてるんだよね」

姉「あ、それはいけない」



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:37:37.16 ID:Mh9bdAroO

男「俺がなに言っても聞かないし…ノイローゼになりそう」

姉「あー、メンヘラったか…。そういうやつには、ガツンと思い知らせてやらないと」

男「どうしよ…もう学校行くのも嫌になりそう」

姉「よしわかった。ちょっと明日懲らしめたげるよ」

男「うん、頼む…ありがとう」

姉「じゃ、待ってなよ」 スタスタ



男「やったぜ。」



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:39:03.12 ID:Mh9bdAroO

男(あとはどうする?>>40)



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:27:22.21 ID:Vyh/FBYHO

浮気相手の女に近づく



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:41:40.05 ID:Mh9bdAroO

男(チャラ男の彼女に近づくか…)



男(調べたところ、今の彼女は委員長さんらしいな)

男(つい3週間前に付き合い始めたみたいだ。どうする?何する?>>43)



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:42:53.61 ID:7K04guvAo

レイプ



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:45:47.27 ID:Mh9bdAroO

男(委員長をレイプか…怖いな)

男(というか、チャラ男の報復が怖い)ゾクゾク

男(手口はどうするかな)ドキドキ

1:覆面で襲いかかりレイプ
2:手口を自由に指定
3:委員長レイプは止め、別の行動を指定



49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:46:31.44 ID:wo6YezVtO

3、とりあえず会話をもつ



59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:50:32.55 ID:Mh9bdAroO

男(休日に会うと怪しまれるし、明日にしよう)

男(自然に近づくことにするか)

男(あとはどうする?>>61)



61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 18:51:52.84 ID:R13olIZq0

妹と遊ぶ



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:57:10.68 ID:Mh9bdAroO

男(妹と遊ぶか)

男「妹ー、あそぼ」ガラッ

妹「んー?いーよ。スマブラやろー」

男「おっけ」



ダイ! テン! クー !

男「くそ!やられた」

妹「兄貴あんまし強くないね」

男「くっ」



男(夜になった)



66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 18:59:11.27 ID:Mh9bdAroO

男(中学生の妹には、女みたいなビッチにはなってほしくないな)

男(だがわからん。女は高校に入ってから豹変するからな…不安だ)

男(夜20:00。何かする?>>68)



68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 19:00:58.65 ID:y6lyWGHhO

妹の携帯を覗く



70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 19:04:38.71 ID:Mh9bdAroO

男(妹は風呂に入ってるな。携帯を覗こう)

男(パスワードは誕生日)ピポパ

男(さて、メール履歴は…>>71)

コンマ末尾指定
2~5:女の子とのメールばっかりだな
6~8:男友達ともメールしてるのか
9:いっちょまえに彼氏いるのかよ
0:げげっ!チャラ男とメールしてる!
1:あ~う



71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 19:05:05.91 ID:8QopFwviO





75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 19:08:53.37 ID:Mh9bdAroO

男「orz」

男(ファアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアック)

男(もう女なんていやだ…これは家族会議だな)ヘロヘロ

男(もう部屋から出よう)スタスタ



妹「兄貴、風呂はいりなよ」

男「…」サワンナヤクソガ

妹「ん?なんか言った?」

男「何も」スタスタ



77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 19:11:18.05 ID:Mh9bdAroO

男(見なかったことにしよう)

男(…)

男(きっと何かの間違いだ)

男(今日は最後に、>>79するか)



79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 19:13:28.72 ID:3jF9fsr3O

妹の所業を両親に報告



81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 19:17:31.76 ID:Mh9bdAroO

ガラッ

男「母さん…」

母「ん、どうしたの?」

男「妹ってさ、最近帰りが遅い事ない?」

母「そうねぇ…友達の家に泊まることもあるみたいだけど」

男「それにさ、やけにあいつ金回りがいいと思わないか?」

母「ええまぁ、いつも見た事ない服着てるし…」

男「実はさっき、携帯のメールをこっそり見たんだけど…。ほらこれ、妹の携帯の画面撮った写真」

母「」



85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 19:22:56.21 ID:Mh9bdAroO



父「orz」

母「こんなことする子に育てた覚えはなかった」

父「orz」

男「どうする…?」

父「信じたくない…」orz

母「厳重に叱らないと!」

男「あ!それはマズイ!携帯を覗いて変なメールがあったってだけで問い詰めたらグレるぞ!」

母「た、たしかに」

男「動かぬ物的証拠を掴むまで待つんだ。できるな父さん」

父「認めん、わしは認めん…!娘の無実を、かならず証明する…!」プルプル



男(あ~うorz)

男(あんなに可愛かった妹が、いつの間にこんな…中学生の分際で!)

男(もういいや、今日は寝る…)ドサッ



96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:02:52.99 ID:Mh9bdAroO

~翌朝~

男「さて、どうなるか…」スタスタ

幼馴染「よーっす、男」ポン

男「おう…幼馴染」

幼馴染「元気ないねー、どったん?」

男(なんて話そう…>>98)



98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:04:46.02 ID:GMUVKu9Oo

助けを求める



100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:22:03.16 ID:Mh9bdAroO

男「幼馴染、助けてくれ!」

幼馴染「な…どーした?」ポンポン

男「実は…」

…回想…

~学校にて~

男『さて、部活も終わったし…帰るか』スタスタ

幼馴染『ん?なんか落ちてる』

男『これは…女の弁当箱?そういや探してたっけなあいつ』

幼馴染『あらら…』

男『俺、帰りにこれ届けてくるわ。んじゃ』

幼馴染『おつ~』



~女の家~

男『鍵空いてる。もう帰ってきてるのか』

男『おーい女、弁当箱落ちて…』

ギシギシアンアン

男『…ん?なんか聞こえる』

男『しかも、玄関に知らない靴が…誰のだ?』



101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:26:22.90 ID:Mh9bdAroO

男『まさか…』スタスタ

男『女に限って、そんなことは…』

男『この部屋か』ガチャ

男『』

女『あんっ! あんっ!もっとお尻ぶってぇ!///』アンアン

チャラ男『ホンットに変態だなぁお前は!おら蝋燭たらしてやる!』ポタポタ

女『あへえぇぇ!いいのぉ、それいいのぉ!』アンアン

男『おい』

女『』

チャラ男『』

男『何やってんだクソザル共がああああああああああああああああ!!!!!!!』



男「って事があってな」orz

幼馴染「うわぁ、あの後そんな事が…」




107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:30:58.08 ID:Mh9bdAroO

幼馴染「別れたの?」スタスタ

男「ああ。でもあいつ、いまだに俺をストーキングしてるみたいで」スタスタ

幼馴染「はぁ!?」

男「ノイローゼになりそう…どうしたらいいかな?」

幼馴染「ワガママな女だねぇ。自分が何やったかわかってないんじゃない?」ピポパ

男「なにしてんの?」

幼馴染「メール。友達に。ちょっと女さん、しめてやらなきゃ」ピポパ

男(心強い)



男(さて、学校に着いたぞ。どうするか…>>109)



109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:31:45.60 ID:GgMkWNFcO

委員長を呼び出す



112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:33:53.42 ID:Mh9bdAroO

男「委員長~」

委員長「あ、おはようございます、男くん。どうしたのかな?」

男「>>115」



115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:35:23.71 ID:mjBDnJzW0

チャラ男に彼女寝取られたので何とかしてください



120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:40:30.23 ID:Mh9bdAroO

男「チャラ男に彼女寝取られたので何とかしてください」

委員長「…はい?」 キョトン

男「俺さ、女さんと付き合ってたんだけど、チャラ男が女さんを寝取ったんだ」

委員長「 ふ ざ け な い で ! 」バンッ

男「」ビクッ

委員長「 チ ャ ラ 男 く ん は 私 の 大 事 な 人 で す 私 だ け の 人 で す 」ワナワナ

男「お、おい…」

委員長「そ゛ん゛な゛事゛あ゛り゛え゛ま゛せ゛ん゛!!」

男「見てよこれ、その時の写真」ピッ

委員長「」



121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:44:08.80 ID:Mh9bdAroO

委員長「いつの…いつの写真ですか…!」プルプル

男「先週木曜日の」

委員長「orz」ズーン

男(さて、何て言うか…>>123)



123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:45:42.22 ID:s7vgEmR9O

お前からもチャラ男に何か言ってくれないか?



129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:48:36.66 ID:Mh9bdAroO

男「お前からもチャラ男に何か言ってくれないか?」

委員長「…わかりました」スクッ

委員長「教えてくれて、ありがとうございます…」スタスタ

男(どっか行こうとしてる…)

>>132
1:呼び止めてなにか言う
2:行かせて次の行動を指定



132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:51:26.11 ID:slBqjsCLO

2
女をぶん殴る



135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:55:53.08 ID:Mh9bdAroO

男(女はどこだ…)キョロキョロ

女「…」ゴシゴシ

男(普通に教室にいた。席に座ってる…ん?)

『腐れマンコ』『梅毒くっさ』『死ね』

女「…!」プルプル

男(机に落書きされてやんの。幼馴染がやったのぁな?ざまぁwww)スタスタ

女「あ…お、男くん、おはよ…」プルプル

男「ふんっ!」腹パン

女「おぐえっ!」



136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:58:03.85 ID:Mh9bdAroO

男「よう糞ビッチ。尻の調子はどうだ?火傷がうずくか?」

女「げほっ、がほっ!う、お、おどご、ぐ…がほっ」プルプル

男(さて、何しようか>>139)



139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:00:07.04 ID:22xx+4bzO

妹をチャラ男に紹介する



142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:04:25.29 ID:Mh9bdAroO

男(…)

男(なぜここで妹をチャラ男に紹介するのだ!?意味がわからん!)

男(クソが、まあいい安価は絶対だ。チャラ男とこに行こう)スタスタ

女「げほげほ、お、おとご、ぐん…」プルプル

男「なんだ?もう一発欲しいのか変態マゾ女」

女「あ゛う゛…は、話しかけてくれて、あ゛り゛がと゛ぉ゛…!」プルプル

男「うわキモ。性病で頭おかしくなったか?」スタスタ…



143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:05:53.58 ID:Mh9bdAroO

~隣のクラス~

チャラ男「でさ~その女が笑えんのよwww」

DQN1「ハハハばかじゃねーのwww」ゲラゲラ

不良1「頭わるwww」ゲラゲラ

男(さて、どう話しかける?>>145)



145: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:07:58.54 ID:EPNNHtq+O

お前ヤリチンなんだろ?
いい女紹介してやるからついて来いよ



151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:14:51.23 ID:Mh9bdAroO

男(結局委員長とはどうなったんだろ?)

男「お前ヤリチンなんだろ?いい女紹介してやるからついて来いよ」

DQN1「あ?」ガタッ

不良1「何お前」ガタッ

チャラ男「まあ座れって。はろー」

男「よ」

チャラ男「どしたん突然?君がオレに女を紹介?へぇ、面白い事いうねwww教えてよwww」

男(くそ、あれでも一応俺の大事な妹なんだ、危険が及ばない安価を頼むぞ…!>>153)



153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:15:43.50 ID:t+tHVWKGO

教える



158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:20:00.94 ID:Mh9bdAroO

男「こいつ。どーよ?」つ携帯

チャラ男「うわ、かっわ!いいねーウブそうで。何歳?つか誰?」

男「中学生。俺の妹」

チャラ男「ふーん。…からかってんの?」

チャラ男「あのさ、もう謝ったじゃん俺?土下座したし、何発か蹴り入れられたじゃん?もう付きまとうのやめとかない?」

不良1「あーあ、また変なのにつきまとわれてんの?www」

DQN1「お前よその女食うのも程々にしねーとバチ当たるぞwwwつーかお前今彼女いるんだろ?www」

チャラ男「いるいるwww委員長ちゃんねwww」

男(さて、なんて言うか?何するか?…どうすんだよマジで>>160)



160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:22:55.82 ID:2v1KeL3XO

最近こいつ調子こいててさ
お前って女落とすの得意だろ?
骨抜きにしてくれや



163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:26:01.93 ID:Mh9bdAroO

男()

男(>>160ゥゥウウウウ!てめえ俺の妹に恨みでもあんのかあああああ!)ワナワナ

男(クソァ!言うしかねえ!)

男「最近こいつ調子こいててさ。お前って女落とすの得意だろ?骨抜きにしてくれや」

チャラ男「へー。何企んでんの?」

男(ホラ来たあああァァァ!もうやけくそだ!>>165)



165: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:26:51.50 ID:s7vgEmR9O

え?企みなんてあるわけないだろ?



167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:31:07.92 ID:Mh9bdAroO

男「え?企みなんてあるわけないだろ?」

チャラ男「ハハハ、まあパスだ」

男「」

チャラ男「ヤらせてくれる中学生なら、まあ捕まえようと思えば捕まるし。そんな針の入った餌出されたって釣られねーよ?」ヤレヤレ

チャラ男「ま、もう済んだことだろ。後ろ向きな男はモテないぜ、お前も新しい女見つけたら?」ゲラゲラ

男(…次の安価。>>169)



169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:33:06.79 ID:bagW5QZTO

あっそ、自信ないなら他に頼むわ



170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:34:57.72 ID:Mh9bdAroO

男「あっそ、自信ないなら他に頼むわ」スタスタ

チャラ男「ハハハ、まだ言ってやがる」



~昼食休み~

男(さて、何をするか…>>172)



172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:36:18.84 ID:s7vgEmR9O

ホモ友に相談



176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:40:48.98 ID:Mh9bdAroO

男「なあホモ」

ホモ「ん?」

男「相談があるんだ」

ホモ「なんだい?まさか女ちゃん関係?」

男「え、知ってんの?」

ホモ「ああ。なんか今スゴい事になってるらしいぜ」

男「へぇ、どんな?」

ホモ「…」

男「?」

ホモ「体育倉庫。ついてくるか?」

男「>>178」



178: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 21:41:24.28 ID:MKdMDHg40

行く



180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:46:30.52 ID:Mh9bdAroO

男「行く」

ホモ「…そうか。まあ、暴れるなよ」スタスタ



~体育倉庫~

ホモ「こっそり覗けよ、こっそり」

男(…)チラッ


「ははは!こいつ本当にドMじゃねえか!尻叩くと締まり良くなるぞ!」

「うわー、キモーイwwwはーいチーズwww」パシャッ

「あぁ、あへぇ…!やらぁ、やめへぇ…!」

ホモ「見えるか!」

男(女の声…おおう、ここまでやるのかwwwこっわwww)

男(せいぜい悦んでろよビッチ!さーて、どうすっかな?>>182)



182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:47:15.88 ID:3kd6QWrw0

放置



185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:53:03.69 ID:Mh9bdAroO

男(ほっとくか。今のあいつは、なにがなんでも俺の気を引きたいみたいだからな)

男(放置しとこう。もう、顔も見たくねぇ)クルッ

ホモ「戻るのか?」

男「ああ。せいせいしたわwww友人、姉貴、幼馴染、マジGJ!」



~教室~

男(はぁー、愉快愉快。ま、これで当分俺にちょっかい出すこたないだろ)

そこへ誰かが来る…>>187
1:友人
2:委員長
3:幼馴染
4:自由安価




187: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 21:54:12.39 ID:R13olIZq0

1



191: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:59:16.23 ID:Mh9bdAroO

友人「よ、男」

男「やあ友人。ありがとな」

友人「お、もう聞いてるのか?」

男「あ、ああ、まあ…」コホン

友人「女さんに言っといたよ。、
男はお前につきまとわれて嫌がってる、ノイローゼになりそうだって言ってる、次に男が何か言ってきたらお前をタダじゃおかないって」

男「…ん?」

友人「目の前でチョップで瓦を割ってやったら、ビビってたぞ。まあ、また何かされたら俺に言え」

男「…あ、ああ。サンキュー」



194: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:02:23.01 ID:Mh9bdAroO

…放課後…

男(さて、どうしよう?誰かに話しかけるか…>>196)

1:女に話しかける
2:友人に話しかける
3:委員長に話しかける
4:幼馴染に話しかける
5:チャラ男に話しかける
6:部活に行く
7:自由安価



196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:03:11.28 ID:s7vgEmR9O

4



200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:11:40.14 ID:Mh9bdAroO

男「や、幼馴染」

幼馴染「おいっす。調子はどうだい」

男「気分は晴れたよ。ただまあ、人って怖いなーって」

幼馴染「ああ。まあ、元々クソビッチだし?あのくらいして当然でしょ。むしろ悦んでんじゃない?」

男「かもな。虐めてくれる男には飽きないだろwww」

幼馴染「…これからどーすんの?」ポンポン

男「うーん…>>205」

1:もう全部忘れて、普通の日常に戻るよ
2:俺から女になんか言ってやる
3:チャラ男が反省し足りねえ、生き地獄味わわせてやる
4:委員長に会ってくる
5:幼馴染、俺もう女性を信用できないよ
6:自由安価



205: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:13:45.09 ID:ndVZqaLxO

6、チャラ男と妹と女を体育倉庫に閉じ込める



209: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:19:58.14 ID:Mh9bdAroO

男「…」スクッ

幼馴染「ちょ、どうしたの?」

男「まだだ、まだ俺は何もやってねえ!俺自身の手で、やつらに最後のとどめを刺す!」

幼馴染「…男」ポン

男「お、幼馴染?」

幼馴染「…全部終わったら、あたしのとこに来なよ。慰めてやるくらいなら…できるから」

男「…ありがとな」



男「作戦たぁあーーーぃむゥ!!!」

男「さっきのアドリブ妹爆弾作戦は失敗に終った!それは俺の計画不足が原因!」

男「今度はよく計画を練って、あの2人を奈落の底へ叩き売り緒としてやる!!この怨み晴らさでおくべきか!」



210: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:20:44.15 ID:Mh9bdAroO

男「というわけで!とびっきりの復讐をしてやる!>>210-220で募集だァ!」



227: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:53:44.98 ID:Mh9bdAroO

男(大前提として、俺はあいつらを道連れに破滅するつもりはない。あいつらは地獄に落ちて、俺はのうのうと生きる)

男(そして、リスキーな犯罪に手を貸してくれそうな共犯者は…期待できそうにない)

男(ホモは同性愛者ではあるが、まともな奴だ。チャラ男を掘る役を引き受けてはくれないだろう)

男(委員長は…多分、うすうすチャラ男に遊ばれてることは分かっていたんだろう。復讐するっていうタイプじゃない、泣き寝入りするんじゃないかな)

男(強いて挙げれば、幼馴染の知り合いとかか?女をぶち犯したのも、幼馴染の差し金っぽいし)

男(その上で俺がやることは…>>230)

【ルート分岐】
1:幼馴染と付き合い、地雷女をチャラ男へ紹介する。
2:女と寄りを戻した振りをして、チャラ男とセックス中に金玉を切り落とさせる。その後はポイーで
3:その前に確かめたいことがある



230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:55:13.54 ID:s7vgEmR9O

2



232: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 22:59:16.52 ID:Mh9bdAroO

【ルート分岐:「BAD END」および「TRUE END」が消滅】

男(さて…女は早退したみたいだな。今ごろ自宅か?)

男(どう接触しようか…>>234)

1:会いに行く
2:電話でどこかへ呼び出す
3:自由安価



234: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:02:16.24 ID:OJfBtBGyO

2男家に



237: 少しだけやる 2014/09/15(月) 23:22:08.68 ID:Mh9bdAroO



プルルル プルルル

『男…くん…?』

男「よ、女」

『…どう、したの?』

男「どうしたんだ?いきなり早退して」

『…!』

男「ん?」

『…な、なにも…聞いて、ないの?』

男「>>239」

1:風のうわさで、聞いたよ
2:何かされたのか?
3:セリフ指定



239: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:23:23.30 ID:+cViBZUTO

3
うちに来いよ、今日誰もいないから



240: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:28:46.60 ID:Mh9bdAroO

男(妹は友達の家にお泊まり。姉は部活で他県に遠征中、両親は妹の監視。誰もいない)

男「うちに来いよ、今日誰もいないから」

『…』

男「まさか、こんな事になるなんて…思わなかった。ごめんな」

『ひぐっ、ぐすっ…!』

『行く…絶対行くからぁ…!待ってて…!』

男(よし)

…夕方6時…

ピンポーン

男「ほい」ガチャ

女「…」

男「上がれよ」

女「…おじゃま、します…」



241: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:31:11.30 ID:Mh9bdAroO

~男の部屋~

男「ほら、お茶持ってきたぞ」スッ

女「…あ、あり、がと…」プルプル

男「…」

女「…え、えへ、へ、お、男くんのお部屋に…

女「…」

男「俺の部屋がどうした?」

女「…ご、ごめんなさい!お、怒らないで!」プルプル

男(さて、よりを戻すくっさい演技でもしますかね)

男「>>243」



243: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:33:33.52 ID:o8qS/DVGO

怒ってなんかないよ(笑顔で女の頭なでなで)



247: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:38:06.07 ID:Mh9bdAroO

男「怒ってなんかないよ」ナデナデ

女「…!」

男「ごめんな、ひどいことして…」

女「…あ、あぁ…!」ポロポロ

男「やっぱ俺には、お前しかいない」ナデナデ

女「お、おとこ、くん…!」ウルウル

女「…う、ひっぐ、ひっく…!」

男「お前は俺だけの女だ」ギュッ

女「わ…あ、あああああんっ!」ビエエエエエン



248: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:42:50.18 ID:Mh9bdAroO

女「おとこくんっ!おどごぐんっ!すきっ!だいすきだよおぉっ!」スリスリ

男「…」ポンポン

女「わ゛ぁ゛っ…あ゛あ゛あ゛っ!ごめんなさい、ごべんなざいっ!わああああっ!」ギュウウウウ

男(さて…どうするか>>250)

1:くっそ優しいラブラブセクロスする
2:おしおきSMセクロスで性欲を満たしてやる
3:だが誠意を見せろ。チャラ男とやるふりして、金玉切り落としたら許してやる(1,2の後でも選択可)



250: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:46:24.46 ID:pKHrx6bjO

1で3



253: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:50:31.02 ID:Mh9bdAroO

男「んっ…」ドサッ

女「あ、男くん…!?///」

男「辛かったよな」チュッ

女「…♥」



男「ふぅ…」スッキリ

女「はぁ、はぁ…♥男くん…♥だいすきぃ…♥」 ギュッ

男「…でも俺は正直、またお前に裏切られるのが怖い」

女「…」



254: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:54:37.05 ID:Mh9bdAroO

女「…もう、絶対、しないよ…!」

女「ひっぐ、ひっく…!うぅ、わたし、男くんにあんな酷いこと、したのに…!」

女「許してくれて、ありがとぉ…!抱いてくれて、ありがとぉ…!好き、大好き…!」スリスリ

男(調子乗んな汚物女が。許されると思うなよ、お前はこれから地獄に落ちるんだ)

男「…話してくれるか?チャラ男との馴れ初め」

女「…うん。わかった…」



255: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 23:59:08.18 ID:Mh9bdAroO

男(女からいろいろ聞き出した)



~数週間前、女の家にて~

女『はぁ、はぁ…男くん、男くんっ…///』クチュクチュ

女『おとこ、くんっ…!はぁ、はぁ、縛ってっ…私を、叩いてぇ…!あんっ!』クチュクチュ

女『ん…んんんーーっ!』ビクビクッ

女『…はぁ、はぁ…』ポスッ

SMエロ雑誌『』ズモモモモ

女『…こういうこと、男くんとしてみたいなぁ…。でも、お願いしたら嫌われそう…。変態だって思われそう…』



256: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:03:33.70 ID:zqd3zTFPO

~学校~

女『さて、教科書は…っと』サッ

SMエロ雑誌『』ドォオオン

女『…って、きゃあああああああっ!!!』

委員長『?』クルッ

幼馴染『どーかしたの?』

友人『なんだなんだ?』

女『~~っ!/// …な、なんでも、ないですっ!////』ガサッ

女『…か、カバンに入れてきちゃった… 。はわわ 、今の誰かに見られてないかなぁ…!?』キョロキョロ



257: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:08:01.03 ID:zqd3zTFPO

~帰り道~

女『…♪』テクテク

『やあ、女さん』ポン

女『…!ち、チャラ男くん…』

チャラ男『さっきからカバン開いてるよ。留め具壊れてるんじゃね?』

女『え!?…わああああっ!?』カチャカチャ

チャラ男『嘘だよ』

女『え、な、な…よかった…ふぅ』

チャラ男『しかしすごい反応だねー。何か隠してたの?』

女『やっ!べ、別に…!』アセアセ

チャラ男『これとか』つSMエロ雑誌

女『』



258: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:15:28.80 ID:zqd3zTFPO

女『な、なんでぇ…!なんでチャラ男くんが知ってるのぉ…!?べ、別クラスなのにぃ…!』プルプル

チャラ男『はは、顔に書いてあったよ』壁ドン

女『…!だ、誰にも言わないで、お願い…!』ドキドキ

チャラ男『…ふふ、こーいう事、されたくてたまんないんでしょ?』ツツー

女『あんっ!///…だ、ダメ!お、男くんがいるのっ!私には!』プルプル

チャラ男『ふーん。でも恥ずかしくて言えないんだ?』サスサス

女『あふぅっ…//// はぁ、はぁ、男くん、真面目だから、こ、こんな事、言えないっ…!///』ハァハァ

チャラ男『しかも…おやおや』スカートペラッ

女『!?///き、きゃあああああっ!?』バッ

チャラ男『へぇ、ドMな上に露出狂ときたか。真面目な男くんなら、幻滅しちゃうだろうねぇ』

女『…!い、言わないで、誰にも…お願いします…!///』スカートギュウウ



261: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:19:59.41 ID:zqd3zTFPO

チャラ男『大丈夫だよ、女さん』ナデナデ

女『…!』ビクッ

チャラ男『ちょっとこっち来て』クイクイ

女『…うん』テクテク



女『こ、ここって…』

チャラ男『そ。俺の家』

女『…だ、だめ…私には…私には男くんがぁ…!』プルプル

チャラ男『そんな事言って。もう膝まで垂れてきてるよ?』クチュッ

女『っあああああっ♥』ガクッ

チャラ男『一回だけなら、だれにもばれやしないよ』

女『…はぁ、はぁ…!だめ、だめ…!』プルプル

チャラ男『こっち来なよ。来いって』グイイイッ

女『あうっ!』



264: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:28:40.07 ID:zqd3zTFPO

~チャラ男の部屋~

チャラ男『来いってば』グイグイ

女『っ…!』ズルズル

チャラ男『そぉい!』ポイッ

女『きゃあっ!』ボスンッ

チャラ男『はぁ、はぁ、ばらされてもいいのか?』ハァハァ

女『…そ、それは、イヤ…!』フルフル

チャラ男『じゃあなんでここまで着いてきたんだ?』

女『そ、それは、チャラ男くんが無理矢理…!』プルプル

チャラ男『そう。君は俺に脅迫されて、無理矢理連れてこられた』

女『…はぁ、はぁ…!』

チャラ男『だから抵抗できない。君は何も悪くない。俺が全部悪い』

女『う、うぅ、お、男くん…!』プルプル

チャラ男『俺はあいつらを君より強い。だから君がいくら抗っても、何もできない』

女『…!』ガクガクブルブル

プルルルルルル

チャラ男『もしもし。ああ委員長?』ピッ

チャラ男『ああ今俺…』

女『た、助けてえええええええっ!!』

チャラ男『お』



267: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:33:48.97 ID:zqd3zTFPO

女『い、委員長さんっ!私いまチャラ男くんに乱暴ぼ…

ピッ

チャラ男『おいおい、電話中に何すんだよ』

女『き、聞いてるよチャラ男くんっ!委員長さんと付き合ってるんでしょっ!?お、おかしいよこんなのっ!!』ハァハァ

チャラ男『さあどうかな?委員長ちゃんとの関係を保つために、こっそり発散してんのさ俺も』フゥーッフゥーッ

女『こっそり発散って…そ、そんなの駄目だよぉっ!』

チャラ男『それ、君が言える?』

女『』



269: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:40:17.58 ID:zqd3zTFPO

チャラ男『君だって男くんとの関係を保つために、こっそり発散してるんでしょ?さっきのエッチな本とかで』

女『で、でも、私はこんな、こんな!』アセアセ

チャラ男『発散しなかったら、男くんにSMプレイさせて嫌われちゃうかも…。そう不安なんでしょ?』

女『あ、う…!』

チャラ男『同じだよ。俺と君は、おんなじなんだ』

女『だ、だからって…!』

チャラ男『変わらないよ。俺たちはこれから、一緒にオナニーするだけ。隠した性欲を発散するだけで、普段君がやってる事と変わらない』

女『う、うぅ…!』

チャラ男『しかも妄想じゃなく実際にやるとしたら、一人でするよりずっと効果的だよ。間違いなくね。そうだろ?』

女『…!お、おかしいよ…!』

チャラ男『そうだね。俺たちはどっちもおかしいんだ。だから、普通のやつらに合わせる必要なんてない』グイッ

チャラ男『おかしい奴同士、おかしい事しようぜ!』グイグイ

女『き…きゃあああああああっ!!!!!』



274: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:45:06.82 ID:zqd3zTFPO



チャラ男『ふぅ…』コンドームポイッ

女『ひっく、ひっぐ…!』プルプル

チャラ男『どうだった?初めて本当にやるSMセックスは。あえぎ声止まらなかったろ?』

女『ごめんなさい…男くんごめんなさい…ごめんなさい…!』ガクガクブルブル

チャラ男『あはは、後悔してる?』

女『…』コクン

チャラ男『またしたくなったら、いつでも声かけなよ』

女『…だ、誰が…!』

チャラ男『もうすぐ暗くなるな。帰り送ってってやるよ』ナデナデ

女『…』



275: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:54:48.16 ID:zqd3zTFPO

…数日後…

~放課後、廊下~

幼馴染『それでさー、男の奴ったら…♪』テクテク

委員長『あらあら♪』テクテク

女『…』トテトテ

チャラ男『よ、女さん』ポン

女『』ジュンッ

チャラ男『お、今濡れちゃった?』クチュッ

女『う゛っ…う!?////』ビグンッ

チャラ男『声出すとばれるよ』ヒソヒソ

女『!?』キョロキョロ

幼馴染『…』スタスタ

委員長『…』スタスタ

女『…ば、ばれて、ない…?』ハァハァ

チャラ男『それにしても…相変わらすの露出狂っぷりだね。また俺としたい?』クチュクチュ

女『ん゛う゛っ!////そ、そんな、わけ…!』ハァハァ

チャラ男『ついてこいって』グイッ

女『あうっ!』





281: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:03:55.67 ID:zqd3zTFPO

女『ま、待って!わた、わたし!弁当箱、弁当箱落としたのっ!ど、どこかに!』アセアセ

女『じ、じゃあねっ!私、お弁当箱探すから!』タタッ

チャラ男『男にばらすぞ』

女『』ピタッ

チャラ男『そうそう、君は男に嫌われないために、身を犠牲にしなきゃいけないんだ。そうだね?』

女『…』プルプル

チャラ男『それに弁当箱?そんなの明日になれば見つかるって。いいから来いよ』グイッ

女『…』ズルズル

~女の家~

女『』ガクガクブルブル

チャラ男『お邪魔しまーす。っと、上がるよ』

女『や、やっぱり、だめ…!』プルプル

チャラ男『ん?何、ばらされたい?』お尻ナデナデ

女『うあっ!////』ビクン

チャラ男『おやおや、こんなに濡れて…可哀想に。すぐお尻たたきながらバックでやってあげるからね』

女『はぁ、はぁ…!』

チャラ男『じゃ、行こうか。おっと』

チャラ男『邪魔者が来るとまずいね。ドアに鍵しめとこう』カシャン



282: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:09:19.47 ID:zqd3zTFPO

チャラ男『ついでに俺の靴も隠しておこう』ガサガサ

チャラ男『これでよしっと。じゃ、いこっか』グイグイ

女『…』ズルズル

~女の部屋~

チャラ男『うわぁ、すごいSMグッズ。昨日これでオナニーしたの?』

女『わ…悪い…!?////』プルプル

チャラ男『いや全然。むしろちゃんと発散してるようで何より』ドンっ

女『あうっ!』ボスンッ

チャラ男『じゃあ今から、これ全部使ってしばいてやるからな』

女『』ゾクゾクゾクッ

チャラ男『じゃあ、ちょっとシャワー浴びてろ』

女『…?』

チャラ男『いいから』

女『…う、うん』スタスタ…



283: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:12:51.73 ID:zqd3zTFPO

~浴室~

ジャーッ… キュッ

女『…』ガラッ

チャラ男『おおー、バスタオル一枚とかエロいね。シャワー浴びながらオナニーしてたの?』クチュッ

女『んっあああああああ♥♥♥♥♥』ビクビクッ

チャラ男『うへぁ、すごい反応。しかもおまんこヌッルヌルだな。我慢できなくて、シャワー浴びながらしてたんだ』

女『はぁ、はぁ…』

チャラ男『今度は妄想じゃなく、ホントにしてやるよ。…来い』グイッ

女『…はぁ、はぁ…///』トテトテ



284: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:16:26.06 ID:zqd3zTFPO



女『あんっ! あんっ!もっとお尻ぶってぇ!///』アンアン

チャラ男『ホンットに変態だなぁお前は!おら蝋燭たらしてやる!』ポタポタ

女『あへえぇぇ!いいのぉ、それいいのぉ!』アンアン

男『おい』

女『』

チャラ男『』

男『何やってんだクソザル共がああああああああああああああああ!!!!!!!』



男「なるほど…」

女「…ごめんなさい、変態で、ごめんなさい…」

男「そんな事、はやく俺に言えよ。そんな事くらいで嫌ったりしねぇよ」ナデナデ

女「ほ…ほんと!?///」パアア



286: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:23:21.58 ID:zqd3zTFPO

男(ホントなわけねえだろクソビッチがあああああああああ!)

男(なんだかんだ自分に言い訳して、結局ついていってんじゃねえか!)

男(あー気持ち悪い!手頃な言い訳を探して自分を甘やかすその性根が気持ち悪い!男くんに嫌われるかもー!だなんて、悲劇ヒロインのつもりか!?)

男(結局てめえは、俺を裏切ることより俺に嫌われないことを取った!結局自分の見栄を優先した!自分の快楽を優先した!)

男(こんな産業廃棄物のゴミ女は地獄に送って処分すべし。慈悲はない)

男(待ってろ、チャラ男!てめえをこのビッチと一緒に、永遠に光の届かない場所へ放り込んでやる!)



290: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 07:55:40.35 ID:XBnONe7do

※最終ルート分岐
選択肢でHAPPY END、BAD END、TRUE ENDのいずれかが確定

男(さて…どう始末をつけてやろうか)
>>291-300で多数決

1:女にチャラ男とやらせて、金玉を切り落とさせる。第三者を装って通報し、女はあえなく御用となるのだ(生き地獄)
2:↑だけじゃ不安だ。幼馴染に協力してもらって、口封じをしよう(殺害声明)
3:最後まで他人任せじゃ気にくわない。俺自身の手で全てのケリをつける!



291: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 07:56:55.95 ID:z0WDnsaCO





302: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 08:48:09.36 ID:562bZ8z+O

【BAD ENDルート確定】

男「お前が本当に変われたか…過去にケリをつけられるか、証拠が見たい」

女「…何をすれば、いいの?」

男「今日から3日後に、チャラ男の家に行け」

女「…」

男「そして、あいつとセックスしろ」

女「…!」

男「ただし、やってる最中に…これで奴の金玉を切り落とせ」つ包丁

女「!?」

男「その後、お前もそれを使って手首を切れ」

女「な、な…?」



304: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 08:55:09.79 ID:562bZ8z+O

男「それが終わったら、このロケット花火に火をつけて、窓から投げろ。それが合図だ」つロケット花火

女「…」

男「それが鳴ったら、お前を病院に連れていってやる。…いいか?」

女「そ、そんな、こと…」ガクガクブルブル

男「…やれないなら、いい。期待した俺がバカだった」スッ

女「あ…!」

男「じゃあな、女。やっぱり俺は、どうしてもお前を信用できない。ごめんな」スタスタ

女「待ってえぇ!」ギュゥ

男「フヒ」

女「や、やる…!やるよ男くん…!」プルプル

女「やるから…一人にしないでぇ…!」ガクブル

男「…頼んだぞ」



306: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 08:59:57.50 ID:562bZ8z+O

…翌日…

男「なんて話をしたんだ」

幼馴染「…それ、あたしに喋っていーの?」

男「お前にしか話せないからな」

幼馴染「ふふ、そだね。あたしはいつでも、男の味方だからね」ポンポン

男「…ただなぁ、女がチャラ男の金玉切るのはいいとして、リスカするのは期待できないんだよね」

幼馴染「そーだな。…だったら、どうする?」

男「口封じしないと、俺の指示がばれるんじゃないかなって」

幼馴染「…手、貸したろっか?」ポン

男「え」



311: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:19:30.06 ID:562bZ8z+O

幼馴染「要するに、チャラ男も女も二度と口がきけなくなればいいんだ」

男「そうだな」

幼馴染「…じゃあ、女さんには死んでもらおうよ」

男「!?」

幼馴染「…振られた結果、間男を道連れに自殺。…動機としては十分だと思わない?」

男「地獄へのハネムーンで仲良くカップル成立ってか!いいねぇ!」

男「だが女がくたばるのは当然として、チャラ男は簡単に殺したら面白くないな…」

幼馴染「だったら簡単♪車のバッテリーを拾ってくればいーんだよ」

男「なんで?」

幼馴染「硫酸を取り出して、チャラ男に飲ませちゃえばいい」

男「天才か」



312: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:27:22.75 ID:562bZ8z+O

~その日の夜~

姉「男」

男「ん?なんだ姉さん?」

姉「…チャラ男の奴を、ぶっ飛ばしてきてやろっか?」

男「お、なんだ突然」

姉「どいつもこいつも、弱そうな女のほうばっか叩いて、強そうなチャラ男にはビビって手を出さないじゃん」

姉「本当に地獄を見るべきは、チャラ男の方だよ。姉さんに任せな」

男「…いや、いいよ」

姉「でも…!納得いかないでしょ!?」

男「いや、いいんだ本当に。全部解決するから」スタスタ

姉「…?」

男「ありがとな。でも、もういいんだ」

姉「あ、それと」

男「?」

姉「妹がボロを出した」

男「あ~う」



313: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:33:38.44 ID:562bZ8z+O

~妹の部屋~

妹「」ブツブツ…

男「妹」ガラッ

妹「!…何よ…来ないでよ!」プイッ

男「スマブラやろ」

妹「…うん」



PKスターストォーム!

妹「…兄貴、強いね」ピコピコ

男「だろ」ポチポチ

妹「…」

男「お前は、誰かを裏切ったわけじゃない」

妹「え…」

男「別に俺は、妹に綺麗なままでいろとか、そういう理想を押し付けるつもりはない」ポチポチ

妹「…一騎やられた」チュドーン

男「お前も得して、相手も得した。それだけの話。…ただ、身の丈に合わないことをしすぎたんだ、お前は」カチカチ

妹「…そだね」



314: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:36:38.31 ID:562bZ8z+O

男「領分っていうか、身の丈に合った事で我慢しろ。俺が言うことは、それだけ」

妹「…優しいね、兄貴」

男「惚れたか?」

妹「うん。抱いて」

男「ばーか。パンツ見えてんぞ」ピコピコ

妹「見せてんの」ポチポチ

男「…今日は早く寝ろ」バキューン

妹「うん」チュドーン



315: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:45:05.98 ID:562bZ8z+O

…翌日…

女「あんっ♥ああんっ♥好きっ、男くん大好きぃぃいいっ♥」クチュクチュ

男「…」ジー

女「はぁはぁ、お願い男くん…ほ、ほしいのぉ…!////」ハァハァ

男「…それは、明日お前が俺に、愛の証明ができたらな。それからのご褒美だ」ナデナデ

女「…うん、うん…!////あ、あーっ…♥男くん男く…ひっ!んんんっ♥♥」ビクンビクン

男(何が愛の証明だ気持ち悪い、舞台のお姫様気分か?てめーは明日くたばるんだよ!)



…さらに翌日…

男(いよいよ、今日が作戦決行の日だ)

男(地獄への片道切符!各駅停車1名様、直行1名様!)

男(…女、そしてチャラ男!今日がてめーらの命日だ!首を洗って待ってろ!)




317: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 14:24:53.78 ID:562bZ8z+O

男(今は土曜日の10:00…作戦決行は20:00)

男(それまでに何かやっておきたいことはあるか?>>319)

1:誰かに会いに行く
2:何かをしに行く
3:釈然としないことがあるので確かめる



319: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 14:36:05.84 ID:0kFZLSzmo





320: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 14:38:47.01 ID:562bZ8z+O

男(なんだか釈然としないことがある)

男(それは…)

↓1~3まで



321: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 14:41:35.14 ID:M4O7/5A2O

何故女はSMにハマったのか



322: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 14:44:02.16 ID:FAs9dJSEO

なんで幼なじみはこんなに可愛いのか

ヤンデレ幼なじみと幼い頃結婚の約束したのを今頃思い出す




323: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 14:49:13.23 ID://iPLqQX0

何故まわりの人間がここまでしてくれるのか。



325: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 16:05:43.94 ID:562bZ8z+O

男(まずは至極どうでもいいが、何故女がSM好きになったのか確かめよう)

~女の家~

男「まだ学校に来れなさそうか?」

女「…い、行ったら、また乱暴される…!やだよぉ…!」ガクガクブルブル

男「SM好きなんじゃないっけ」

女「…!そ、それは…」アセアセ

男「ごめん、そういうつもりじゃないんだ」ナデナデ

女「…うん」

男「なんで好きになったの?」

女「…ちっちゃい頃、たまたまそういう本が落ちてるのを見て、その…」

男「…興味に目覚めちゃった、と」

女「う、うん」

男「SMグッズ…こんなに隠してたのか」

女「…秘密にしててごめん」

男「今夜、全部終わったら、これ全部使っていっぱいいじめてやるからな」ポンポン

女「は、はうぅ…////」ドキドキ

男(地獄の閻魔様に舌でも引っこ抜いてもらうんだな…!)



男「ふぅ、クッソ無駄な時間を過ごしてしまった」



326: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 16:24:09.41 ID:562bZ8z+O

男(あと、なぜ周りのみんながここまでしてくれるんだ?)

男(姉さんや友人、幼馴染はともかく、クラスメートが集団で味方につくのがわからない)



~カフェ~

幼馴染「べ、別にあんたのためにやってるわけじゃないんだからねっ!」

男「」

幼馴染「冗談はおいといて。簡単に言えば、みんな正義のヒーローになりたいからだね」

男「え?」

幼馴染「悪者をやっつけるっていう名目の私刑ってさ、気持ちいいんだよ」

男「あーわかる」

幼馴染「どんなに他人を踏みにじっても、自分が正しいんだから。心のタガが無くなるんだ」

幼馴染「だから気を付けなよ?うっかり女さんに情をかけて変なことすると、男も制裁されちゃうぴょーん」

男「しねーよ」

幼馴染「だよねwww」



327: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 16:27:11.07 ID:562bZ8z+O

男(なんで幼馴染はこんなかわいいんだろう)

男(思い出した。…そうだ、その昔…俺たち…)

男「はは、ところで幼馴染。昔小さい頃、俺ら結婚するって約束したの覚えてる?」

幼馴染「!」

男「…はは、さすがに…」

幼馴染「…男、覚えててくれたんだ」

男「…今、思い出した」



328: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 16:30:21.83 ID:562bZ8z+O

男「はは、まさか覚えてるなんてな」

幼馴染「…まあ、女さんと付き合ってたあたり、男は今の今まで忘れてたっぽいけどね」

男「う」

幼馴染「…はは」

男「幼馴染はどうなんだ?」

幼馴染「! どうって、何がだい?」

男「まさか、今でも俺の事、好きだとか…ははは!そんな訳ないよな!」

幼馴染「…男」ギュッ

男「!」ドキッ

幼馴染「…もし今も好きだって言ったら、どうする?」

男「>>330」



330: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 16:31:31.72 ID:RLDSbz14O

俺は全力で受け止めるよ!



332: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 17:24:55.53 ID:562bZ8z+O

男「俺はその気持ち、全力で受け止めるよ」

幼馴染「…」ギュッ

男(手握られた)ドキッ

幼馴染「…ずっと、ずっと…こういう日が来るの、待ってたんだよなぁ」

男「そ、そうなのか…」

幼馴染「今遊んでそうって思ったでしょ」

男「う」

幼馴染「…大丈夫。あたしは男のこと裏切らないから」

男「…」

幼馴染「もし変な奴があたしにちょっかいかけてきたら、金玉蹴り潰すし」

男「」タマヒュン

幼馴染「…今夜、だね」

男「ああ」

幼馴染「あたしを、信じれる?」ポン

男 「…信じるよ」

男(何かしてみよう…>>334)



334: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 17:33:03.82 ID:HqMFS/bto

手を握って見つめあう



335: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 17:37:06.44 ID:562bZ8z+O

男「幼馴染…」ギュッ

幼馴染「…」ジー

男「…」ジー

幼馴染「男」

男「うん?」

幼馴染「この戦いが終わったら、付き合おう」

男「…ああ」

幼馴染「よかった…。あたしの事、信じてくれるんだな」ギュッ

男「信じるよ…お前だけは」





336: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 17:39:02.91 ID:562bZ8z+O

…15:00 作戦決行まであと5時間…

これからどうする?>>338
1:誰かに会いに行く
2:何かをしに行く
3:釈然としないことがあるので確かめる
4:作戦決行!



338: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 17:55:55.14 ID:hb+AAg3zO

2



339: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 17:56:33.65 ID:562bZ8z+O

何をしに行くか>>340



340: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 18:05:10.74 ID:9ATjhGIoO

仕掛けを作る



343: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 18:54:27.80 ID:562bZ8z+O

男「仕掛けを作るか」

幼馴染「やろ」



男「とはいっても、大したことやらないけどね。はいこれ、幼馴染の家から持ってきた空きビン」

幼馴染「素手で触ってないよね?」

男「もろちん。俺の指紋はついてないぞ。女のはついてるかどうかわからんが」

幼馴染「ハイハイ、んじゃーこれに車のバッテリーから抽出した硫酸を入れましてと」トポトポ…

男「完成!チャラ男くん用、特製サイダー!」

幼馴染「シュワーっていきそーやね」



344: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 18:59:36.25 ID:562bZ8z+O

男「あとは髪が落ちないような特製マスクですね」

幼馴染「ハイできあがり」

男「あとはこれですね。対酸手袋」



男「仕掛け完成!」

幼馴染「できたーぜ」

男「いよいよだな。もうすぐあの色狂い2人はおだぶつだ」

幼馴染「人を裏切ったらどうなるか、身に染みて分からせてやろーぜぃ」

男「おーよ」



男「さて、いよいよ決行時刻!」



345: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:10:09.79 ID:562bZ8z+O

~20:00 チャラ男宅周辺~

男「どれ、女のやつはちゃんとやるかな…」

幼馴染「期待できないなぁ」

男「俺ら普通の高校生に盗聴機なんてものは用意できません」

幼馴染「だから女さんのロケット花火合図だけが頼りなんよね」

作戦を確認する?>>346
1:確認する
2:このまま開始



346: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:10:56.63 ID:xAp4hi0DO

2



347: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:13:24.42 ID:562bZ8z+O

男「じっくり待とう」

幼馴染「失敗する予感…」



30分後

ヒュー バァァン!

男「射ち上がったぞ!」

幼馴染「よっしゃ、いこいこ」ガサガサ



348: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:16:38.95 ID:562bZ8z+O

~チャラ男宅~

男「マスク付けような」

幼馴染「あたしらの髪が落ちる可能性もなっしんぐ。入ろう」

男「どれどれ…」ガチャ

\うああああああああ!があああああ!/

幼馴染「チャラ男の声!マジでやったのか…」

男「廊下だってのにすげー大声…行ってみよう」タタタ

幼馴染「さて、現場の様子は?」ガチャ



349: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:19:56.13 ID:562bZ8z+O

~チャラ男の部屋~

男「…」

幼馴染「…」

チャラ男「うああああああ!あああああああああああああああああ!」ジタバタ

チャラ男の性器「」ゴロン

女「」ドクドク…

男(チャラ男が股間を押さえて、血溜まりで転げ回ってる)

男(女は… 手首からすげー血を流してうずくまってる。…ここまではよし!)



350: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:23:43.87 ID:562bZ8z+O

女「」ドクドク…

男「よ、女」ポン

女「…おとこ、くん…?」

男「よくやったな、女!」

女「うぅぅっ…い、いたい…よぉ…!」ドクドク

女「わ、わたし、男くんのために、頑張った…よ…」ゼェゼェ

女「これ…で…わたしの…こと…」ハァハァ

女「ゆるし…て…くれるん…だよね…?」ドクドク

男「>>352」



352: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:27:06.15 ID:9ATjhGIoO

とりあえず病院な。チャラ男[ピーーー]



353: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:32:44.12 ID:562bZ8z+O

男「とりあえず病院な」

女「…うん…」ニコッ

チャラ男「はぁーっ、はぁーっ、ぐ、うっ、その声、男か!?てめえよくも、こんなああああああ!」

チャラ男「ぐっ…うあぁ…!く、こ、こんな事よくも…!」

幼馴染「…」スタスタ

男(幼馴染が瓶を持ってチャラ男に近づいた)

チャラ男「だ、誰だよ、てめぇ!」ゼェゼェ

幼馴染「はいどーん!」バシャッ

チャラ男「!!?…うっ、ぎゃああああああああ!」ジュウウウ

男(ひえええ、目にぶっかけた!…俺が言うのも何だけど、少し位躊躇しろよ!)ガクガクブルブル



354: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:37:21.82 ID:562bZ8z+O

チャラ男「うっ…ぐうぅ…わかったぞ!てめぇ、幼馴染だな!はぁ、はぁ、口封じにきやがったのか!うr…」ゼェゼェ

幼馴染「はいお口あけてー」グイッ

チャラ男「待て!言わない!俺は何も言わない!だからやめでぐれ!だずげでぐ…」フゥフゥ



355: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:40:12.29 ID:562bZ8z+O

幼馴染 「そーれいっき!いっき!」 ドポドポ

チャラ男「ぐぶっ!…んぐぶううううぅぅぅっ!」ジュワアアア

男「うっ!すげー臭い…ってか、やばいってこれ…」ドンビキ

幼馴染「どんどん飲んじゃえー♪」ドポドポ

チャラ男「ゴボ…ウガギ…ギオゴ…」ジュウウウ

幼馴染「はぁ、はぁ…。これでこいつは喋れない。口は封じたよん」

チャラ男「ブクブクブク…」ドサッ

男「…お、おう…。さんきゅ」

幼馴染「じゃ、帰る?」

男「待て」



356: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:42:08.54 ID:562bZ8z+O

女「」グッタリ

男「まだ…女が…」

幼馴染「あ、そうだったね」

男「女、右手出せ」

女「…」ブルブル

女「ひゅー…ひゅー…おと、こ、くん… さむい、よぉ…」ブルブル

女「て、ぎゅっと、して…あたためてぇ…」プルプル



358: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:46:42.26 ID:562bZ8z+O

男「分かった。あっためてやる」

女「…///はぁ、はぁ、男くん…だいすき…///」ゼェゼェ

男「よいしょ」ドプドプッ

女「!?」ジュウウウ

女「…あぁ、ぁああああ…!て、てが、あづい、よぉ!」ジュウウウ

男「はい。これでこの硫酸ビンは、女が用意したもにのになりました」 ポイッ

男「チャラ男に硫酸をかけた本人の手にも、ちょっとくらいついてなきゃかしいよなぁ?」

女「な…あ、あ…」

男「よし。じゃ行こう、幼馴染」クルッ

幼馴染「やったぜ」クルッ

女「ま、まっ……て…… びょう、いん、は…」ゼェ…ゼェ…



359: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:48:56.96 ID:562bZ8z+O

男「さあ?連れてってもらえるんじゃねーの?司法解剖のときに」

女「」

女「…は、はは…」ブルブル

女「…わかって…た…」

女「…うん、こうなること…わたし、わかってた…!」ウルウル

男「あっそ」

女「おとこ、くん…嘘でも、もういちど…優しくしてくれて…ありがとぉ…!」ブルブル

男「…」



360: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:51:32.34 ID:562bZ8z+O

女「わた、し…やく、に…た、て」ボソボソ

女「…」ボソボソ

男「あー?ゴミがまだ何か言ってやがる。気持ち悪い」スタスタ

幼馴染「聞こえない聞こえない。いこいこ」スタスタ

女「…」



361: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:54:00.79 ID:562bZ8z+O

女「しあ…わ、せに、なって、ね…」

バタン

男「…」ハァハァ

幼馴染「…」ハァハァ

男「よし、逃げよう」タタタッ

幼馴染「らじゃ!」タタタッ



362: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:56:30.95 ID:562bZ8z+O



男(翌日、近隣住人の通報で、女の死体と重症のチャラ男が発見された)

男(チャラ男は失明していて、声ももう出ないようだ)

男(俺らも警察の事情聴取を受けたが…最終的に、女がチャラ男と心中したという線で捜査は打ち切られた)



363: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 20:01:02.31 ID:562bZ8z+O



~幼馴染の家~

幼馴染「へー…。あの時チャラ男の耳にも硫酸が入ってたらしーよ。音もまともに聞こえないらしい」

男「…全部、終わったな」

幼馴染「うん。復讐はこれにて閉幕」

男「委員長の奴、今日もチャラ男のお見舞いだってさ」

幼馴染「よくやるなぁ」

男「…幼馴染」

幼馴染「なぁに?」

男「>>364」



364: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 20:02:31.36 ID:O5ijagcPo

これでお前が居なくなれば完全犯罪だな



367: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 20:06:05.77 ID:562bZ8z+O

男「これでお前が居なくなれば完全犯罪だな」

幼馴染「ふふ、そーだね。どーしたい?」

男「…完全じゃなくて、いい」

幼馴染「ふぅん?」

男「俺を置いて、どこかに行ったりしないでくれよ…」

幼馴染「だーいじょぶだって」

男「…ありがとうな」

幼馴染「いえいえ、どーいたまして」

男「好きだ。付き合ってくれ

幼馴染「…」



368: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 20:07:28.34 ID:562bZ8z+O

幼馴染「あたしも、大好きだよん」ポンポン

男「幼馴染…」ギュッ

幼馴染「…これからは、ずっと一緒にいよ、男」

男「…うん…」ギュー






369: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 20:10:34.50 ID:562bZ8z+O

男(こうして俺たちは、クソ共への完全な復讐を成し遂げた)

男(俺は一生、絶対に、幼馴染を不幸にしたり、裏切ったり、悲しませたりしない。…そう誓った)




BAD END



374: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:12:40.37 ID:562bZ8z+O

オマケ



幼馴染「はぁ、はぁ…っ」ハァハァ

男「…ふぅ…」

幼馴染「ん…。男…」ギュッ

男「…幼馴染…」ギュッ

幼馴染「嬉しい…やっと、男とひとつになれた…///」 ハァハァ

男「ああ、うん…」

幼馴染「…ごめんね」

男「え?な、何が…」

幼馴染「処女じゃなくって、さ」

男「…いいよ。俺だって初めてじゃないし」ナデナデ

幼馴染「…男。あたしは、未来永劫ずっと男だけのものだよ」ギュー

男「…ああ」



375: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:19:22.55 ID:562bZ8z+O



女『はぁ、はぁ…。おまたせ…』トテトテ

男『よ、女。その白いワンピース、似合ってるな』

女『!/// …えへへ、ありがとう/// き、今日のために、か、買ってきたんだ。えへへ///』

男『…しかし、川辺でピクニックなんてほんと久し振りだなあ…。小さい頃、幼馴染たちといっしょに来て以来だ』

女『えへへ…私、川で遊ぶの好きなんだ』



376: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:24:49.84 ID:562bZ8z+O

女『さ、さっそく入ろ!冷たくて気持ちいいよっ♪』靴ヌギヌギ

男『川底は浅いな。…靴は揃えて置いておこうな』

女「…」

男『女?』

女「いいや、脱ぎっぱなしで」ポイッ

男『お、おい、ちょっと…はぁ、仕方ないなぁ』ヌギヌギ

女『…あ、見て見て!男くん、蟹さんだよ!小魚も泳いでる!』パシャパシャ

男『うおお!けっこうでかいな。…鍋にして食えるかな』

女『えへへ、案外美味しいかもねっ♪』



377: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:29:42.71 ID:562bZ8z+O



女『ふう、お腹減っちゃったね。お弁当にしよ』パカッ

男『お、女が作ってくれた弁当か!楽しみにしてたんだ!』

女『…あ。持ったまま遊んでたから、お弁当が寄っちゃった…』

男『おいおい…。でもよく落とさなかったなぁ』

女『落とさないよ』

男『あはは、そっか』

女「ちゃんと、鞄にいれてたから」

男『うんうんいい子いい子』ナデナデ

女「お弁当箱…落とすはず、ないよ」

男『わかった、わかったって』ポンポン



378: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:33:51.03 ID:562bZ8z+O

男『うん、美味しい!』モグモグ

女『よかったぁ!////』モグモグ

男『あー、でもピクニックって楽しいもんだな』モグモグ

女『ほんと!?』

男『ああ、ほんと。ゲームやってるより、ずっと楽しいや』

女『…それはね、こうやって、ふたり一緒だからだよっ////』ニコッ

男『…あはは、そうだな!』ニコッ



380: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:38:14.68 ID:562bZ8z+O



カァカァ

男『日もくれてきたな。今日はもう帰るか』

女『ねえ、見て男くん。あの川の向こう』

男『うん?』

男『…わぁ』

女『綺麗だね、夕焼け…♪』

男『…ずっとこうして、二人で眺めてたいな』

女『…////』

男『/////』

女『…うん。そうだね…。ねえ男くん、これからも、たまにこうやってピクニックに行こう?///』

男『…ああ』ギュッ

女『…男くん』ギュッ

男『ちょ、女!?///』ドキッ

女『…好き…///』



381: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:44:02.91 ID:562bZ8z+O

男『…ああ、俺もだよ、女』

女『…男くん、だいすき』スリスリ

男『うん…』ナデナデ

女『…えへへ、私、子供のころね、この辺ですごいもの拾っちゃったんだ』

男『へぇ、何?』

女『…ひ、ひみつ!////』

男『何だよー!…気になるなぁ』

女『教えたらきっと男くん、私のこと嫌いになるもん』

男『ならねーよ。なになに?』

女『…ごめん。聞かなかったことにしてくれたら、嬉しいかな…あ、あはは…』

男『そっか。わかった』



382: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:49:00.20 ID:562bZ8z+O

男「もしかして、SM系のエッチな本とか?」

女『』

男「え、図星?」

女「なんで、わかったの…?」

男「そりゃあ、知ってるから…。あれ?いや、ん…?」

女「そうだよ」

女「知ってなきゃ、私の秘密…わかるはず、ないよ」

男『お、女?』

女「えへへ、もしかしたら、私が拾ってるとこを見た人に教えてもらったのかもね」

男『…はいはい、この話おしまい!』

男『さて、帰ろ。お母さんが心配するぞ』チャプ

女『うん。また来ようね!』チャパッ



383: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:53:32.50 ID:562bZ8z+O

男『なあ女、ちゃんと家の鍵閉めて出てきたんだろな?』

女『うん、もちろん!』

男『それじゃあ安心だな。泥棒とか入ったりしない』

女「…そうかな」

男『心配しすぎだって』

女「中から誰かが開けたら、泥棒さんも入ってこれるかも」

男『どうやって中に入るんだよ!ありえねーって!』

女「…」ボタボタ

男『ん?』

女『男くん、大好きだよ。ずっとずっと…大好き』

男『な、ど、どうしたんだ』アセアセ



384: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:56:54.70 ID:562bZ8z+O

女「ねえ、男くん…」ドボドボ

男『うわあああ!?な、なんだよその手首!ち、血がいっぱい出て…!?』

男『どこかで切ったのか!?ま、待ってろ女!今すぐ救急車呼んでやる!』ピポパ

女「…はぁ、はぁ…いい…の、男くん…」ゼェゼェ

男『お、おい…!』

女「私の…ことは、もう…いいの…。でも、お願い…」フラフラ

男『女!?おい、女!しっかりしろ!死ぬな!』



385: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:57:26.98 ID:562bZ8z+O









女「気付いて…!」










386: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 22:03:21.29 ID:562bZ8z+O



~幼馴染の家~

男「うわあああああああああ!!!!!!!」ガバッ

幼馴染「きゃあっ!?」ビクッ

男「はぁ、はぁ…なんだ、夢か…」ハァハァ

幼馴染「…ど、どーしたん?」

男「…あ、ああ。あんな事した後だからかな、すげー嫌な夢見た」

幼馴染「どんな?」

男「…あのクソ女との馴れ初め、的な。なんか幽霊みたいで、怖かった」ハァハァ

幼馴染「…」ギュッ

男「幼馴染…」

幼馴染「あいつは死んだ。もういないよ」ナデナデ

男「…ああ、そうだ。俺がぶっ殺してやったからな」

幼馴染「もし幽霊になって出てきても、またあたしがやっつけたげるさ」ポンポン

男「…心強いな」ギュー



387: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 22:07:27.07 ID:562bZ8z+O

男(そうだ。あのクソッタレ女は、俺がこの手で廃棄処分してやったんだ)

男(…もうあんな奴のことなんて忘れよう)ポスッ

幼馴染「男…大丈夫、心配ない…心配ねーよ」ポンポン

男(俺はこれから幼馴染と一緒に、幸せに過ごすんだ…)ガバッ

幼馴染「んっ♥」ドサッ



おしまい


元スレ
SS速報VIP:男「浮気した彼女を安価で虐めまくる」