1: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:20:29.03 ID:9vj/tai40


穏乃「えっ!?」

憩「せやから、気を付けてな。えっと…阿知賀の先鋒は玄ちゃんやったっけ?」

玄「は、はい…けど、ヒトじゃないって一体どういう…?」

晴絵「比喩だろ。これほどの実力者をもってしてもヒトじゃないと言わせるほどの化け物ってことだ」

宥「うう…が、頑張ってね玄ちゃん…」

憧「マジかー…荒川さんでもダメなの?」

灼「…なら、もっと強くなればいい」

晴絵「そういうことだな。じゃ、帰ってまた練習だ。練習試合を受けて頂きありがとうございました」

「「「「「ありがとうございましたー!!」」」」」


憩「あ、いや、ヒトじゃないってのは比喩じゃなくて…行ってもうたか」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417519219




2: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:21:24.98 ID:9vj/tai40


【月曜日】

淡「ねえ、テルー、なんで水槽に入ってるの?」

魚?「今日は魚類の気分」

菫「人型、せめて牌を掴める生き物になれ、麻雀が打てないだろうが」

照?「大丈夫、このままでも誠子に指示を出して麻雀を打つことは出来る」

誠子「いや、私も打ちたいんですけど…」

照「私が入る卓に誠子が居てもトブだけ。私と誠子が同卓することはない」

誠子「いや、それはそうですけど!?」




3: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:21:53.88 ID:9vj/tai40


尭深「…今、水槽の中には一糸まとわぬ宮永先輩がいるんですよね」

照「なっ!?」

淡「あ、そういえば、制服そこに脱いであるもんね」

照「た、尭深の変態!なんでそういうこと言うの!?」

尭深「水槽の中の宮永先輩を視姦し放題…」

照「う…うう…淡!元に戻るから私をそのド変態から隠して!!」

淡「はーい!」




4: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:22:29.79 ID:9vj/tai40


菫「いつもすまんな渋谷、変な役回りをさせて」

尭深「…いえ、素ですから」

誠子(素なの!?)

菫「いや、それでも大分助かっている。お前を虎姫に誘って良かったよ」

尭深「いえ、私こそ、虎姫で多くのことを学ばせて頂きました。宮永先輩がどういうことで恥ずかしがるかとか」

菫「そう言ってもらえると気が楽になる」

誠子(気付いて!弘瀬先輩気付いて!尭深相当酷い発言してるから!)


照「まったく、尭深は油断も隙もない…」

尭深「次に魚になるときは教えて下さいね。特製のお茶で水槽を満たしておきますから」

照「む…それは楽しそう」

誠子(特製のお茶って成分はなんですかねえ?)

尭深「ええ、きっと楽しいですよ…」

菫「そういうのは部活以外でやってくれよ、部活中は魚類になられたら困る」

照「魚類になることで水の流れと同化する練習をしている。これは牌の流れを掴む練習になる」

淡「マジで!?」

菫「嘘だ、ツノが垂れてる」

照「くっ…さすが菫、一瞬で見破るとは」

誠子(魚類になることがそもそもおかしいと思ってくれる人間が一人もいないんだけど、誰か助けてくれ)




5: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:23:00.20 ID:9vj/tai40


【火曜日】

尭深「今日は昨日に続いて宮永先輩が魚類になりたいということだったので、水槽を特製のお茶で満たしてみました」

照「さすが尭深、気が利く」

尭深「覗いたりしませんから、存分に泳いでくださいね」

照「うん」

ガラッ

誠子「ダメだって!絶対なんか入ってるから飲むな!」オサエテル

淡「えー!?だってこれ見よがしに特製お茶とか書いてあるんだよ!?飲みたい飲みたいー!!」ジタバタ

誠子「ダーメ―だー!!あっ、尭深、ちょうどいいところに来た!淡が水槽のお茶を飲もうとしてるから止めてくれ」

尭深「ダメ!淡ちゃん、これは普通に飲むと流石に危ないから!」

照「えっ!?」

尭深「エラ呼吸の摂取量に合わせて濃度を調節してるから、普通に飲んだら丸一日ぐらい発情したままになっちゃうよ!」

淡「ええっ!?そ、それは困るよ…」

誠子「ほらな、やっぱり盛ってただろ?」

淡「タカミー、もうちょっと欲望を抑えようよ…」

尭深「水槽のお茶を飲もうとしてた人に言われるの!?」





6: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:23:41.61 ID:9vj/tai40



照「えっと、尭深?」

尭深「はい?…………あ」

照「正座」

尭深「い、いえ、落ち着いて下さい宮永先輩、エラ呼吸なら安全なんです、ちょっと興奮するぐらいで。夜にちょっと火照った体を鎮める宮永先輩の情事が見れるかもとか期待する程度の効き目しかないんです、あわよくば襲ってくれたりとかまでは期待できないんです本当に」

照「もう一回言うね。正座」

尭深「…はい」

誠子「よく尭深と相部屋に住めますね先輩」

照「片づけとかしてもらって助かってはいる。私はヒトじゃないから襲われる心配もない…というか寝る時はスライムだから襲うに襲えないし」

尭深「宮永先輩に触手プレイされたい…(それぐらいはしないと相部屋解消されちゃいますから)」

淡「タカミー、建前と本音が逆だよ、そしてその本音はマジで漏らさないで欲しかった」

ガラッ

菫「揃ってるか?練習を始めるぞ…って、また何かやらかしたのか渋谷?」

照「あ、菫」

尭深「ええ、危険な薬を子供の手の届くところに置いてしまいまして…」

菫「そうか、薬品の管理はしっかりしてくれ」

尭深「はい」

照「部室は淡とか誠子みたいな子供もいるんだから、危険な薬は置いちゃダメだよ」

尭深「反省してます」

誠子(なんで私まで子供カテゴリに放り込まれたんだろう…)

淡「セーコはともかく、私は子供じゃないもん!ぶーぶー!」

照「私から見たら似たようなもの。淡も、あんな怪しいものを飲んじゃダメ」

淡「はーい」

誠子(魚類になってその怪しい液体の中で泳ごうとしてた人が言うのか?)

照「私、ヒトじゃないから」

誠子「心を読まれた!?」



8: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:24:28.30 ID:9vj/tai40


【水曜日】

花?「ねえ、菫。菫の名前の由来って、花の菫だよね?」

菫「ああ、そうだな。偶然にも今お前が変化してる花だな」

照?「じゃあ、花になったり出来ない?」

菫「私は人間だぞ?」

照「諦めるのは良くない。私の妹は人間だけど花になることが出来る。菫が花になればお揃い」

菫「お前の妹なら、そいつもヒトじゃないだろ」

照「…これは盲点」

淡「ていうか、テル。花になったんなら種で増えたり出来ないの?」

照「咲は出来るかもしれないけど、私は元々花じゃないから無理かな」

菫「というか、人間に戻れ、練習にならん」

照「誠子が私を抱えて打って、私が指示した牌を切ればいい」

尭深「…宮永先輩の花、綺麗ですね。もっと近くで見て良いですか?」

照「いいよ」

尭深「…めしべまではっきり見えますよ…本当に綺麗…」

照「――っ//////無し!さっきの発言無し!尭深は見ちゃダメ!」

尭深「宮永先輩のめしべから、甘い蜜の香りがします…」

照「嗅ぐなあああああ!!!」葉っぱパンチ

尭深「ふふ…葉っぱで叩かれたぐらいじゃ痛くもかゆくもないですよ」

照「す、菫、助けてえええええ!」

菫「自業自得だバカ、だが、その辺でやめてやれ渋谷」

尭深「はい」

照「淡、あっちの私の服があるところまで私を持って行って」

淡「はーい」




9: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:25:16.02 ID:9vj/tai40


照「酷い目に遭った…」

淡「うーん…」

照「どうしたの淡?」

淡「いや、さっきのテルの話なんだけど…」

誠子(ああ、そういえば、妹がいるとか初耳だな。やっぱり気になるのか。家庭の事情がありそうだから聞くべきか悩ましいところだけど)


淡「諦めなければ私も別の生き物になったり出来るのかな?」

誠子「そっちかよ!?」

照「きっと大丈夫。昔、北海道に、ネットゲームをやりこむあまり、自らをノートパソコンに変えた凄腕のゲーマ―が居た」

淡「なにそれ凄い!」キラキラ

誠子(しかも人間やめた実例あったの!?)

尭深「あ、私変身できますよ」

誠子「は?」

尭深「宮永先輩への愛があれば、種族の壁など脆いものです」

照「…尭深は、その行動力を麻雀に向けたら、淡を抑えて次期エースになれた」

尭深「時期エースになれば宮永先輩と結ばれるというならそうしますけど…」

照「で、何になれるの?私でも変化できる種類はそう多くないし、なんにでもなれるわけじゃないよね?」

尭深「そうですね、お茶になれます」

誠子「ですよね」

尭深「えいっ」ポンッ



ペットボトル「どうですか!?」



10: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:25:59.28 ID:9vj/tai40


照「…これは凄い…伝説のゲーマー沢村さんですら半年以上かかったと聞くのに…」

誠子「見た目は普通のお茶だな…」ヒョイ

尭深?「ひゃうっ!?せ、誠子ちゃん!?」

誠子「まだ未開封か。開けて良い?」

尭深「だ、ダメッ!初めては宮永先輩がいいの!」

誠子「は?」

照「なら私が開ける。蓋開けるの好きだし」

誠子「いや、ちょっと待って下さい、私の予想が正しければ、この蓋は…」

照「…ん?」ブチッ

尭深「ああああああああああーーーー!!!!」

照「うわっ!?尭深、大丈夫?」

尭深「はあ…はあ…はい…大丈夫、です…あんっ!蓋をそんなにいじられると…ああっ!」

誠子(…最悪の予想が当たった…)ドンビキ



照「…で、肝心の中身だけど…」

尭深「」ドキドキ

照「この臭いは嗅いだことがある気がする」

尭深「」ビクッ

照「…淡が飲もうとしてた水槽のお茶に似ている」

尭深「…さすがですね、先輩。これが私の特製お茶です」

誠子(あの時点で変化を習得してたのか…)

照「…薬は?」

尭深「入ってません。あの薬は無味無臭です。料理に混ぜられるようにそういうものを選びました」

照「じゃあ飲んでみる」

尭深「み、宮永先輩とキス…」ドキドキ

誠子(飲み口が口なのかよ…)




11: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:26:32.20 ID:9vj/tai40



照「」トン

【コップ】

照「」トポトポ

【半分ぐらいまでお茶が入ったコップ】

尭深「あれ?」

照「」ゴクゴク

照「深みのある味わいと香り、尭深の普段のお茶よりおいしい」

尭深「そ、それはありがたいんですけど、宮永先輩?」

照「…なに?」

尭深「なんでコップで飲んでるんですか?」

照「…それが普通だと思うけど?」

淡「テルー、私も飲みたいー!」

照「どうぞ」

淡「テルと間接キスだねー」ゴクゴク

照「間接キスぐらいで騒がないの、中学生じゃないんだから…」

淡「えへへー…って、なにこれ、すっごく美味しい!」

照「尭深特製お茶の正体がこれ」

淡「そうか、究極のお茶を煎れる方法、それはタカミー自身がお茶になることだったのか…」

菫「おーい、そろそろ練習始めるぞお前たち」

「「「「はーい」」」」




12: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:28:47.88 ID:9vj/tai40


【木曜日】

鳥「ロン、8000」チュンチュン

淡「うー…ダブリーしてるのに普通に和了って来るとか反則だよー…」

鳥「淡はまだまだ甘い。配牌が悪いぐらいじゃ私は止められない」

菫「ダブリーで足止めもしてるはずなんだがな」

鳥「淡のダブリーは役なしの上に待ちが変わらない槓をしないといけないから大抵待ちが悪い。怖くない」

尭深「さあ、オーラスですよ」

ガラガラ

鳥?「ごめん菫、配牌とって」

菫「だから人型になれと言ってるのに…ほら」

照?「文句言いつつ取ってくれる、菫は優しい」

菫「取らなきゃ対局が進まんだろうが」

照「私がくちばしで掴めるのは一牌だけだからね。めっちゃ頑張れば二牌まで咥えられるけど」

菫「いや、だから人型で打てよ」

照「…そうだね、せっかくだから人型では使えないこれをお披露目しようか」


ギギギギギ


尭深「」ゾワッ

淡「うそっ!?なにこれ…私の配牌が…」

菫「っ…頭が痛い…おまえ、こんなものを隠してたのか…」

照「さあ、始めようか…ヒトならざる者の宴を―――」





13: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:29:37.99 ID:9vj/tai40


19p19s1689m東南西北白発

照「うんしょ、うんしょ」パタパタ

打:6筒

淡「…そ、それ、ポン!」

照「上家の淡に鳴かれると忙しいんだけど…」チュンチュン

菫「だから人型になれと…いいからツモれ」

照「うんしょ、うんしょ…」パタパタ

ツモ:1筒 打:8筒


菫(二巡目だが…嫌な予感しかしない)

1248p3345s257m東中 ツモ:東

打:8筒

菫(自分の勘を信じよう、あと15巡あるのにオリきれるかは知らんが、ここからベタオリだ)




14: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:30:11.30 ID:9vj/tai40


尭深(…大丈夫、あの得体のしれない力の影響下でも、配牌は来てくれてる)

1999p111999s111m ツモ:中

尭深(和了ってしまえば関係ない…清老頭、行きます!)

打:中


照「ロン」

尭深「え…?うそ、まだ2巡目…」

照「手牌を倒すために羽アタック、羽アタック」ペシンペシン

菫「面倒だから私が開けるぞ」パタン

照「ありがとう」

尭深「ちょ、ちょっと…これ…」

照「32000。トビだね尭深」パタパタ

淡「こ、こんなの…人間じゃない…」ガタガタ

菫「…驚いたな、普段の力も十分馬鹿げているのに、ここまでか」

尭深「そ、そんな…私が、オーラスで逆に役満を喰らうなんて…」


誠子(多分驚異の新能力を披露して味方すら戦慄するって感じのシリアスなシーンなんだけど、宮永先輩が鳥になってるせいで凄くシュールな絵面なんだよなあ…)




15: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:30:59.15 ID:9vj/tai40


【金曜日】

菫「今日は普通に人間なんだな」

照「今日はそういう気分」

菫「そうか…ところで、一昨日お前が言っていた話なんだが」

照「何の話したっけ?」

誠子「えっと…花になってた日でしたっけ?」

淡「頑張ればヒト以外になれるって話だったよね!私もあれから練習してるんだよ!」

菫「そうだな、確か花になれる奴は実在すると言っていた」

照「うん、私の妹。名前は咲」

菫「それだ、おまえ、妹いたのか?」

照「…………あ」

菫「…………」

照「…私に妹はいない」

淡「そっか、居ないのかー。残念、テルの妹と遊んでみたかったのに」

菫「照、『私に妹はいない』の2つ前の自分のセリフを読み返してみようか?」

照「『うん、私の妹。名前は咲』…これがどうかした?」

菫「妹がいるんだな?」

照「何をどう解釈すればそうなるのか理解できない」

菫「さっきのセリフの何をどう解釈すれば妹が居ない事になるのか逆に教えてくれ」

照「…私の妹の名前が咲であるという情報だけでは私に妹がいるということにはならない」

淡「むー…むむむ?確かに…?」

誠子「これはとんでもないごまかし方してきましたね。力技で押し切る気ですよ」

尭深「誤魔化されそうな子が一人いるけど…」

菫「で、長野大会で天江衣に役満ぶち当てた長野の無名校の大将の名前が宮永咲というんだが…この宮永咲の直撃はまぐれだろうか?」

照「実力だと思う。咲なら天江さんとも5分以上に戦えてもおかしくない。子供の頃は私相手に毎回プラマイゼロとかやってたぐらいだし」

菫「子供の頃は妹とよく打っていたのか?」

照「うん」

菫「麻雀をよく打つ妹がいたんだな?」

照「…わ、私に妹はいない」

誠子「ここにきてまだシラを切れるって凄いですね」

淡「うーん…妹がいるのかいないのか…テルの発言からはどっちとも取れるよ…」

尭深「どっちとも取れるんだ…」



16: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:31:34.67 ID:9vj/tai40


菫「ちなみに、お前の妹、嶺上開花とか得意だったりするか?」

照「うん。私が教えた役だし、山の上に花が咲くってことから、自分の名前にかけて好んで使ってた」

菫「で、天江衣から数え役満の直撃か」

照「嶺上開花が得意だから、槓することも多くて、大明槓の責任払いとかも良く使ってたよ。咲なら天江さんからでも直撃を取れると思う」

菫「直接やったら勝てるか?」

照「咲があの頃のままなら、今の私は勝てるはず。あの子が同じように成長していて、プラマイゼロをやめていたら勝ち目はないと思う」

菫「大した化け物だな」

照「自慢の妹です」

菫「で、妹がいるんだな?」

照「わわわわわ、わたしに、いいいい、いもうとはいなななな…」

誠子「居るんですよね?」

照「…はい」




17: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:32:08.28 ID:9vj/tai40


淡「今のテルの発言で確定したよ!テルには妹がいるんだね!」

照「…バレてしまっては仕方ない。確かに私には同じ親から生まれた年下の女性がいる」

淡「むむっ…妹ではない可能性が出て来た?」

誠子「そろそろお前にも突っ込まないと収集がつかないから言っとくが、宮永先輩が言ったのは妹の定義だ」

淡「そ、そうなの?まあ、私は分かってたけどね」

尭深「淡ちゃんは黙ってようね?ほら、ウネウネパワー溜めてていいから」

淡「わーい!」ウネウネ

菫「…別に隠すようなものでもないだろう?喧嘩でもしているのか?」

照「…うん」

菫「家庭の事情に深入りするものではないかもしれないが、仲直りをする気はないのか?」

照「…今更、そんなこと」


誠子「あ、そうそう、知ってます?龍門淵って、団体で負けた上に個人の代表も居なくて、どことでも練習試合が出来るんですよ」

菫「…照の相手が務まる天江衣が居る高校と練習試合が組めるのか…これは行く価値が十分にあるな」

照「…龍門淵に行くだけだよ?妹に会いに行くわけじゃないから」

尭深「ふふ、そうですね…で、いつ行きます?」

菫「そうだな、先方の都合次第だが、可能な限り早く行こう」

淡「今週行こうよー!ほらセーコ、電話かけて!」

誠子「はいはい…」




18: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:32:43.67 ID:9vj/tai40


【土曜日】

照「…二つ返事で承諾してもらえるとは…龍門淵って暇なのかな?」

菫「まあ、いいじゃないか」

淡「ふふふ、昨日からずっとウネウネパワーをためてるんだよー!」

尭深「凄いね、なんか髪の毛がタコみたいな動きしてるよ」

誠子「宮永先輩のせいで霞んでるけど、淡の髪の毛も大概だよな。どうなってんだそれ?」

菫「おい、車内で騒ぐな。迷惑になる」

淡「はーい」

照「ちなみに、なんでウネウネパワーをためてるの?」

淡「それはもちろん、種族の壁を破るためだよ!」

誠子「…ソウデスカ」

照「どう、破れそう?」

淡「あ、そういえば溜めるだけ溜めてて試してなかった」

尭深「試してみたら?案外すんなり行けるかもしれないよ」

淡「ん~じゃあやってみる。テルに掴まってていいかな?テルの力が借りられる気がするんだ」

照「どうぞ」

淡「えへへ、じゃあ行くよー!ウネウネパワー解放!!!!」


 カッ





19: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:33:14.60 ID:9vj/tai40


タコ(照の肩に乗ってる)「こ、これは…」ウネウネ

照「タコだね…おめでとう淡」

淡「えへへ、やったよテルー!!!」ウネウネ

尭深「…誠子ちゃん?」

釣竿(何故か亦野さんが座ってた座席に置いてある)「…うん、なんとなくこうなる予感はしていた」

照「誠子も、淡と一緒に種族の壁を越えたんだね」

菫「…これで、ヒトは私だけか」

釣竿「いや、私はヒトでいたいんですけど…てゆうかこれどうやって戻るの?」




20: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:33:53.96 ID:9vj/tai40


一「ともきー?どこに居るの?」

?「さっきからずっと目の前に居る。いい加減現実を認識してほしい」

一「そんなこと言われてもボクの目の前にはノートパソコンしかないよ?」

?「それが私だと何度も言っている。休日をもらって久しぶりにネットゲームをやっていたら力を入れすぎた」

透華「久しぶりですわね、智紀のこの姿は」

純「…なあ、国広君…」

一「純くん、世界に何が起きてるの?」

純「知らん…ったく、今日は白糸台が来るってのに…」



鳥「久しいな、同志よ」パタパタ

ノートPC「あなたが来ると聞いて待っていましたよ」

鳥「ネットゲーム界の帝王、沢村智紀、我が盟友よ」

ノートPC「高校麻雀界の頂、宮永照、我が盟友よ」

照(鳥)「てなわけで久しぶり、沢村さん」

智紀(PC)「照さんもお元気そうで」


『おい、照、勝手に飛んでくな!亦野と渋谷と淡を抱えてる私にお前の制服まで持たせるつもりか!?』


一「…純くん、どうやらボク達は少数派らしいよ」

純「…らしいな。ヤバイ、帰りてえ…」




21: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:34:25.69 ID:9vj/tai40


衣「…人外の闘牌、堪能させてもらったぞ」

照「さすがだね、天江さん。私についてこられるなんて」

衣「そちらのタコもなかなかのものだったぞ…しかし惜しいな。麻雀には面子が四人必要だ、あと一人が足りん」

透華「申し訳ありません。私も本来の力が出せれば良いのですが、自分の意志では発動できませんので」

智紀「…一人、こころあたりがあるはず」

衣「うむっ!衣は咲を呼びたいぞ!」

菫「そうだな、照の練習が主な目的だ。こちらとしてもレベルが高いメンバーで打てるのはありがたい。なんなら出向いても良い」

透華「そうですの!?では、今すぐにでも!ハギヨシ!車を出しなさい!」

一「透華、アポは?」

透華「そうですわね…では竹井さんにアポを…あら?明日の方が都合がいいそうですわ。今日は我慢してくださいまし」

純(インハイ出場校同士の練習試合は禁止なんだが…もうどうでもいいや)




22: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:35:14.29 ID:9vj/tai40


【日曜日】

長野県某所、とあるインハイ出場校にて

?「思い出したよ、私が一番お姉ちゃんと仲が良かった頃のことを」

【咲-Saki-】咲「思い出したよ、私が一番お姉ちゃんと仲良しだった頃のことを」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414285874/







23: ◆jBL8Qe1.Ns 2014/12/02(火) 20:37:16.92 ID:9vj/tai40

人外てるてると白糸台のほのぼの一週間を書こうとしたらなんか繋がった。
どうしてこうなったのか…


元スレ
SS速報VIP:【咲-Saki-】憩「宮永照はヒトじゃない」-B