SS速報VIP:サクラ「肛門を酷使しすぎて入院するなんて」 サスケ「お前は何も心配しなくていい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420030025/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 21:47:05.84 ID:m9DmcJcO0

サクラ「でも半分は私の責任でしょ?」

サスケ「俺がこっちの世界に引き込んだんだサクラが責任を感じる必要がない」

サクラ「サスケくん・・・」

サスケ「それよりお前も俺のように無茶な事はするな」

サクラ「大丈夫だよ。サスケくんと一緒じゃない時はなるべくしてないから」

サスケ「それならいい」

ナルト「・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420030025




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 21:52:18.76 ID:m9DmcJcO0

サクラ「お腹空かない?リンゴでも剥こうか?」

サスケ「ああ頼む」

サクラ「けどサスケくんの肛門でも壊れる時があるんだね」

サスケ「俺だって人間だ」

サクラ「・・・そうだよね」

サスケ「どうしたサクラ?」

サクラ「え?何でもないよ」

サスケ「全ては俺の責任だから気に病むな」

サクラ「うん・・・」

ナルト「・・・」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 21:56:23.17 ID:m9DmcJcO0

サクラ「できた」

サスケ「うっ!」

サクラ「サスケくん!?」

サスケ「こ、肛門が!」

サクラ「痛いのね!?すぐに誰か呼んでくるから!」

サスケ「ま、待て」

サクラ「こんな時は強がっちゃダメだよサスケくん」

サスケ「ち、違う・・・側にいてほしい」

サクラ「私が?」

サスケ「頼むサクラ」

サクラ「本当に大丈夫?」

サスケ「すぐに痛みはおさまる・・・だから」

ナルト「・・・」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 22:05:16.97 ID:m9DmcJcO0

サスケ「痛みが止んだ・・・」

サクラ「凄い汗だよ」

サスケ「驚かせたか・・・悪かったな」

サクラ「別に驚いてないけど・・・どうして私を」

サスケ「俺には家族がいない。随分前に話したな?」

サクラ「うん」

サスケ「俺にとって再びできた繋がりは第7班で出会ったサクラ、ナルト、カカシ・・・」

サスケ「その中でサクラは初めて俺の性癖は暴露した唯一の存在」

サクラ「死の森だったよね・・・」

サスケ「俺はお前の気持ちに応えると言っただろ?お前は俺にとって一番大切な」

サクラ「うん」

サスケ「・・・」

ナルト「・・・」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 22:14:22.30 ID:m9DmcJcO0

サクラ「大切な?」

サスケ「・・・いや何でもない」

サクラ「そう・・・」

サスケ「すまなかったな引き止めて」

サクラ「いいよ気にしなくても」

サスケ「もう遅いから帰った方がいい」

サクラ「じゃあ明日も来るからね」

サスケ「ああ待ってる」

サクラ「それとねサスケくん」

サスケ「?」

サクラ「弱い部分だって見せてもいいんだよ?」

サスケ「ああ・・・そうだな」

ナルト「・・・」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 22:20:13.20 ID:m9DmcJcO0

キバ「お?見ろよあれ」

シカマル「おいナルト」

ナルト「キバ、シカマル」

キバ「何やってんだ病室の前で」

ナルト「サスケェ」

シカマル「そういえばサスケも入院してんだよな」

キバ「何やったんだあいつ?何となく検討はつくけど」

ナルト「それだけは口が裂けても言えねェ・・・」

シカマル「まあ言いたくなければいいけどな」

キバ「入らないのか」

ナルト「俺ってば入っちゃいけねェ気がするんだ」

キバ「サクラの声が聞こえる・・・ナルトお前」

シカマル「めんどくせぇな・・・あいつらも」

ナルト「・・・」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 22:28:21.55 ID:m9DmcJcO0

サクラ「サスケくん!」

サスケ「サクラか・・・早いな」

サクラ「どう肛門の調子は?」

サスケ「徐々に回復している気がする」

サクラ「よかった。本当に」

サスケ「何かいい事でもあったのか?嬉しそうだぞ」

サクラ「実はサスケくんに見てほしい事があって」

サスケ「俺に?」

サクラ「いつもサスケくんに教えられてばかりだから今日は私がやりたいの」

サスケ「肛門で?」

サクラ「うん!」

サスケ「ならやってみせろ」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 22:37:49.33 ID:m9DmcJcO0

サクラ「まずはリンゴを剥いて・・・そして切る」

サクラ「切ったリンゴをこうして・・・ん・・・!挟んで」キュッ

サクラ「こうやって肛門の力を強弱させれば・・・」

サスケ「亀の首のように出すやつか」

サクラ「あ・・・知ってたんだ」ヒョコヒョコ

サスケ「それは初歩中の初歩だ」

サクラ「何だ・・・せっかく新発見したと思うのに」

サスケ「だが自分自身でそれを見つけるなんて・・・成長したなサクラ」

サクラ「色々考えてねサスケくんが元気になる方法を・・・それで肛門が浮かんで」

サスケ「いやその気持ちだけで俺は十分だ」

サクラ「ふふ、ありがとうサスケくん」

サスケ「お前は平気か?俺は元気なんだからお前も俺の事は気にせず元気になれ」

サクラ「うん」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 23:13:49.75 ID:m9DmcJcO0

サスケ「そのリンゴ」

サクラ「え?」

サスケ「・・・食ってもいいか」

サクラ「いいよ」

サスケ「・・・綺麗な肛門だ」

サクラ「いつも見てるのに?」

サスケ「いつも以上に綺麗に見える・・・肛門の綺麗汚いは心で決まるものだ」

サスケ「お前は心が綺麗だ」

サクラ「そ、そうかな?ナルトには厳しいしサスケくんには甘い私が綺麗なんて・・・」

サスケ「波の国で俺が仮死状態になった時・・・お前は泣いてくれた」

サスケ「俺が暴走した時・・・お前は体を張って俺を止めてくれた」

サクラ「だって私・・・サスケくんが好きだから」

サスケ「それは前に聞いた。いただくぞ」ムシャムシャ

サクラ「アッ・・・」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 23:28:28.22 ID:m9DmcJcO0

サクラ「サスケくんは」

サスケ「俺か?俺もお前が好きだ」

サクラ「それって肛門?」

サスケ「前にも言っただろ。お前の気持ちに応えるって」

サスケ「人として俺はお前が好きだサクラ・・・肛門とか関係なくな」

サクラ「・・・サスケくん」

サスケ「俺の肛門が治ったら俺もリンゴを入れてお前に食べさせてやるからな」

サクラ「楽しみにしてるねサスケくん!だから1日も早く元気になって!」

サスケ「約束する。絶対に」

サクラ「約束か・・・指切りする?」

サスケ「いや俺のやり方ならどうすると思う?」

サクラ「私の肛門に指を突っ込む?」

サスケ「ああ」

ナルト「・・・」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 23:34:20.38 ID:m9DmcJcO0

キバ「いいのか?」

ナルト「こういう時は何も言わず立ち去るのが一番だってばよ」

キバ「元気出せよ!お前も知ってるだろ?ヒナタがお前に惚れてるって」

シカマル「どいつもこいつも誰かに惚れただの好きだのめんどくせぇな・・・」

キバ「だからヒナタに」

ナルト「そんな半端な気持ちじゃダメだってばよ」

キバ「何で」

ナルト「俺ってばまだヒナタの想いを受け入れるほどの器がねーんだ」

ナルト「ヒナタにも失礼だ」

キバ「そ、そうか」

シカマル「帰ろうぜ。何か奢ってやるからよ」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 23:40:49.46 ID:m9DmcJcO0

サスケ「・・・よし!肛門の調子も元通りだ」

サクラ「サスケくん入るよ」

サスケ「サクラか」

サクラ「どう?」

サスケ「肛門の調子が戻った。退院できる」

サクラ「やったー!」

サスケ「だが喜んでる場合じゃない」

サクラ「どうして?」

サスケ「酷使せずに楽しむ方法を見つけるぞ俺達で」

サクラ「私達ならきっと見つけられるよねサスケくん?」

サスケ「ああ・・・とその前に、リンゴ食うか?」

サクラ「うん!」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 23:46:57.05 ID:m9DmcJcO0

サスケ「どうだ?」

サクラ「美味しいよ」

サスケ「昨日から温めておいたからな」

サクラ「昨日から?ダメだよ無理しちゃ」

サスケ「昨日から調子が良かったからつい」

サクラ「調子がいいからって肛門に一日中物を入れるなんてまたぶり返すだけだよサスケくん」

サスケ「でも俺は」

サクラ「お願いだから無茶はしないで」

サスケ「・・・」

サクラ「ね?」

サスケ「・・・わかった。無茶はしない」

サクラ「約束だよ?」

サスケ「大丈夫だ約束するから俺の肛門に指を突っ込んでくれ」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 23:55:11.93 ID:m9DmcJcO0

数年後

サラダ「パパとママって何で結婚したの?」

サクラ「何でだっけサスケくん?」

サスケ「肛門が常に俺達を繋いでくれた」

サラダ「また肛門のお話?」

サスケ「そうだ」

サラダ「って事はパパはママの肛門目当てで結婚したんだ・・・」

サスケ「いやパパはママをそんな目では一度も見た事ない」

サクラ「そうよパパもママもね結婚するまでお互いの肛門しか触れた事がないから」

サラダ「どうして?」

サスケ「お互いそっちの方は奥手だった・・・」

サクラ「肛門は触れてもそれとこれとは話が違うからね」

サスケ「サラダも心の底から好きになった相手にだけ身体と肛門を許すんだぞ」

サラダ「うん!」








元スレ
SS速報VIP:サクラ「肛門を酷使しすぎて入院するなんて」 サスケ「お前は何も心配しなくていい」