SS速報VIP:サクラ「サスケくんの肛門でお菓子作りを?」 サスケ「ああやってみるぞ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421406982/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:16:22.82 ID:Xs8TKipZ0

サクラ「でもそんな事できるの?」

サスケ「やらなければわからない」

サクラ「・・・うーん」

サスケ「どうだサクラ」

サクラ「やってみようか・・・?」

サスケ「そこに材料がある。順番に入れるぞ」

サクラ「うん!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421406982




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:19:39.52 ID:Xs8TKipZ0

サスケ「まずはその缶詰を開けろ」

サクラ「これね」

サスケ「これを俺の肛門に挿れろ」

サクラ「フルーツか・・・どんなお菓子だろ」トポトポ

サスケ「くっ・・・」

サクラ「だ、大丈夫!?」

サスケ「いや平気だ」

サクラ「次はどうすればいい?」

サスケ「次はそのシロップと水を合計で250ccにしろ」

サクラ「うん」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:22:44.90 ID:Xs8TKipZ0

サクラ「できた!」

サスケ「そして鍋にシロップと水、粉寒天を入れ沸騰させるんだ」

サクラ「何分ぐらい?」

サスケ「1分って所だ」

サクラ「1分ね」

サスケ「お前は作った事あるか」

サクラ「お菓子?」

サスケ「ああ」

サクラ「肛門では無いけど普通のなら少しは」

サスケ「そうか・・・」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:26:01.88 ID:Xs8TKipZ0

サクラ「1分!」

サスケ「それを容器に入れ冷やして固める」

サクラ「また時間かかりそうだね」

サスケ「焦るな。焦りは禁物だ」

サクラ「そもそも何作るの?」

サスケ「・・・」

サクラ「サスケくん?」

サスケ「・・・秘密だ」

サクラ「秘密か・・・」

サスケ「それよりも冷やしている間に次の段階がある」

サクラ「それって?」

サスケ「これだ」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:30:07.06 ID:Xs8TKipZ0

サクラ「白玉粉と砂糖をボールに入れて柔らかくなるように少しずつ加えて混ぜて・・・」

サスケ「・・・」

サクラ「ん?」

サスケ「いや・・・上手いものだなって」

サクラ「そう?」

サスケ「ああ」

サクラ「白玉粉・・・これって」

サスケ「丸めたら適当な大きさに分けて少しだけ潰し湯の中に入れろ」

サクラ「何作るかわかった気がする・・・サスケくんが」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:35:37.03 ID:Xs8TKipZ0

サスケ「浮かんで来ただろ」

サクラ「このだんごを冷水の中に入れて冷やすんだよねサスケくん!」

サスケ「あ、ああ」

サクラ「それでさっきの寒天を」

サスケ「冷えていたら適度な大きさに」

サクラ「切ってサスケくんの肛門へ」ポトポトポト

サスケ「勘がいいな。どうした?」

サクラ「ううん何となくよ」

サスケ「何となくか」

サクラ「そう、何となく!」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:38:24.93 ID:Xs8TKipZ0

サクラ「そろそろいいわね。ダンゴ入れるよ」

サスケ「ッッ!」

サクラ「えーっと後は」

サスケ「この粒餡と赤えんどう豆を入れて」

サクラ「やっぱり・・・あれか」

サスケ「俺が作りたい物がわかったか?」

サクラ「え?さ、さあ」

サスケ「多分・・・喜ぶ」

サクラ「うん!楽しみにしてるねサスケくん!」

サスケ「・・・しばらく待つか」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:40:55.18 ID:Xs8TKipZ0

カカシ「ナルトお前また」

ナルト「・・・」

カカシ「あれは幻術だ・・・それでいいでしょ」

ナルト「そうだってばよ」

カカシ「しかし・・・」

ナルト「それ以上はやめてくれってば!俺ってば!」

カカシ「・・・」

ナルト「なあカカシ先生ェ」

カカシ「?」

ナルト「俺ってば・・・2人の顔が直視できねェってばよ」

カカシ「俺もだ・・・」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:44:55.58 ID:Xs8TKipZ0

サクラ「もういいかな?」

サスケ「いやもう少しだ」

サクラ「サスケくんって甘いもの好き?」

サスケ「いや・・・」

サクラ「そっか」

サスケ「・・・」

サクラ「今度さ私の肛門でお菓子作ってほしいな・・・」

サスケ「これは上級者向けだお前にはまだ早い」

サクラ「・・・」

サスケ「来る!そこにある器を用意しろ!」

サクラ「はい!出してサスケくん!」

サスケ「くっ・・・!くぅぅ・・・!」ボトボトボトボチャ



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:49:30.89 ID:Xs8TKipZ0

サスケ「完成だ」

サクラ「うわぁ美味しいそう!」

サスケ「白玉餡蜜・・・お前が好物だって聞いたから・・・」

サクラ「サスケくん・・・言ってくれれば」

サスケ「俺はこうする事でしか表現ができない・・・すまない」

サクラ「嬉しいよサスケくん・・・上手く言えないけど凄く嬉しい」

サスケ「食うか」

サクラ「うん!」

サスケ「今度はお前の肛門で何かを食べたい」

サクラ「いつか教えてくれる?」

サスケ「ああ、教えるさ必ずな」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:53:21.96 ID:Xs8TKipZ0

数年後

サラダ「今日のオヤツは?」

サクラ「白玉餡蜜よ」

サラダ「また白玉餡蜜?」

サスケ「これはパパとママが始めて作ったお菓子だ」

サラダ「へえ・・・肛門?」

サクラ「うん!肛門よ!」

サスケ「サラダもいつか」

サラダ「うん!パパとママの言いたい事はわかる・・・でもね」

サラダ「肛門で作るより普通に作った方がいいと思うよ?これだけは」

サクラ「だってサスケくん・・・」

サスケ「・・・それもそうだな」








元スレ
SS速報VIP:サクラ「サスケくんの肛門でお菓子作りを?」 サスケ「ああやってみるぞ」